« 金価格2000ドル突破 | トップページ | 60代最後の »

2020年8月 6日 (木)

遂に30000バーツ

2020/08/06(遂に30000バーツ)

何となく和成興大金行の金価格の表示を見ていたらスルスルと上がって遂に買取価格が30000バーツに成った。


F50
和成興大金行の買取価格が30000バーツに成った瞬間

2020年シンハーコム6日、12時31分53秒(タイ時間)。
30000の数字が出そうだったので、十数秒前から「30000」に成ったらパソコン画面のCOPYを取ろうと待ち構えていた。

タイの金価格のレートは、円・バーツの交換レートと同様、お店によって違う。
此処は(和成興大金行は)レートがいい事で有名なので、この時点でまだ30000バーツに成ってない店が多いと思うが、そのうち30000を超えたら、きっと金行に金製品を売りに来るタイ人が殺到すると思う。

金(きん)はまだ値上がりすると思って買いに来るタイ人も居るだろうが、儲けを確定しようと売りに来るタイ人が多い気がする。
1バーツ(15.2g)とか細かく金製品(ネックレスが多い)を買っていたタイ人は大喜びだと思う。
30000超えは、タイ人にとってはドル価格のトロイオンス当たりの2000ドル超えより、意味が大きい。


F51
チェンライの金行、2020年8月6日、タイ時間14:00頃

ここはまだ30000を超えて無いが、客はいつもより多かった。
顔の無い人(写真中央)も来ていた。


この後、更に金価格が値上がりしたので追記する。

6日の日本時間23:00頃(タイ時間21:00)の状況↓。


F54_20200806230701
6日、日本時間午後11時頃のタイの和成興大金行の金価格


F55
6日、日本時間午後11時頃のアメリカの金価格


何か凄い勢いで上がっている。

もしかしたら、アメリカでの2000ドル超えや、タイでの30000バーツ超えは、今回の金価格上昇のゴールではなく、これからの大幅上昇のスタートかも知れない。

取り敢えず、ゴールドマンサックスの(7月28日の)予想の2300ドル。その後は1~2年先の3000ドル。
タイだったら、40000バーツ超え。
日本だったら、1g10000円超え。

さて、どうなるか・・・物語は続く・・・。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


« 金価格2000ドル突破 | トップページ | 60代最後の »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 金価格2000ドル突破 | トップページ | 60代最後の »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼