« OISHIラーメン | トップページ | エアアジアの返金2件 »

2020年8月 9日 (日)

在留抑制?

2020/08/09(在留抑制?)

最近VISAの更新が出来なかった、という話をたまに聞く。

具体的な例は、個人を特定する話にも成るし、自分が状況を正確に分かって無いし、もしかしたら問題が有った方自身が、何でVISAが取れないのか分かって無い場合もある様なので(具体的な例は)書かないが、そういう話をたまに聞く。

とは言っても、ちょっと書くと、VISA取得のカテゴリーの変更(ロングステイVISAから家族VISAへ)を要求されたりとか、健康保険の加入の有無や保証金額でVISA取得に問題が生じたりとか、銀行に預けて有るお金の出し入れに関して問題視されるとか、そういう事が有るらしい。
(ここ、具体的事実を正確に把握してないので、質問されても答えられません)

何年か前に、VISA取得の為に銀行預金の最低額を引き上げられた事が有ったが、その時は、ただ金額の問題なのでまだ良かったが、ここ2~3年で、外国人のロングステイを安易にさせない、という方向に動いている様に見える。

どうも聞いていると、去年はOKだったものが、今年はダメと言われるケースが有るらしい。
(念の為もう一度言うと、自分も個々のケースの状況をきちんと把握してないので、「そんな気がする」、というレベルの話です)

VISAの種類によって健康保険の保証金額が上げられたり、とか、銀行に預けて置く預金の期間が変更されたり、とかは1年程前に出来たルールで、この頃から外国人のロングステイを抑制する方針変更がなされたのかも知れない。

以前なら、問題が有っても逃げ道が有って、何とかタイに滞在する事が出来たものが、最近は逃げ道が無いケースが増えた様に感じる。

しかも、それが、今回のコロナ騒動と重なって一層問題をややこしくしている。

まず、現状ではVISAの更新が出来ない場合、9月26日まではVISAが無くてもタイに合法的に滞在出来るらしい。
一見、それはVISAに関する縛りが弱まった様にも見えるが、9月26日が近付いた段階、及び9月26日が過ぎた時の事を考えると大きな問題に成る。

今までは、ミヤンマー、ラオス、カンボジア、などにいわゆるVISAランをしていた人も居ると思うが、国境が閉鎖されていて、いつ閉鎖が解除されるかが分からない。

日本に帰国する事は出来るが、一旦帰国したら、再びタイに戻って来るのは相当ハードルが高く成って居る。
現状では、一般の人のタイ入国は不可能に近い。

ビジネス関係でタイに入国をされる場合は、航空券の手配とか、14日間の隔離のホテルの予約とか、10万ドル(?)相当以上の健康保険の手当てとか、コロナに感染してない事の証明の手続きとか、それらを揃えて日本のタイ大使館(領事部?)へタイ入国手続きの申請とかは、事務面でも資金面でも会社の協力が得られると思うが、個人でそれをやるのは相当ハードルが高い。

要するに、今、VISAの更新を拒否された人は、一旦日本に帰国するにしても、簡単には再びタイに戻って来れない。

希望的観測としては、VISA無しの人のタイ滞在可能期限が9月26日とハッキリしているので、逆に、そこに近づけば何らかの緩和処置とか救済処置とかが取られるかも知れない(と仲間うちでは話し合っている)。

あるいは、これも内輪の希望的観測かも知れないが、メーサイ⇔タチレク間の行き来が可能に成れば、ミヤンマーとタイの間のVISAランは従来通り可能に成る、という話も有る。

兎に角、ここチェンライでは情報を正確に把握している人は居ない様で、皆さん自分の希望的観測を交えて話しているので、何が真実なのかを見極めるのが難しい。

イミグレの担当官の裁量で扱いが違うような事は以前から有ったが、それがコロナ特別ルールと、自分が感じている「ロングスティを抑制する方向」、と重なって余計に状況を複雑にし、ロングスティヤーを不利な状況に追い込んで居る気がする。

以前は、観光客の誘致の為の行政による無料の「観光促進ツアー」、みたいのも有って、その頃はタイとして外国人が来る事を歓迎している雰囲気は有ったが、今は逆に、外国人の訪タイを抑制する方向、或いは、選別する方向に動いている様に見える。

此れが、コロナの為の一時的なものなのか、今後も継続するものなのかは分からないが、健康保険の額に関する規制や、VISA更新の時に要求されるタイの銀行への預入期間の変更が行われたのはコロナ騒動の起こる前なので、やはり方向性としては外国人の在留抑制、或いは、選別、に動いている気がする。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



« OISHIラーメン | トップページ | エアアジアの返金2件 »

ビザ・年金・等、手続き関係」カテゴリの記事

コメント

迷人様 こんにちは。
タイも段々と居づらくなるのですかね❓
チェンライに住んでいる日本人の方で、Oビザを更新に行ったら80万バーツを一年間維持していなかったと言われて更新出来なかったと。。。

以前は更新前の3ヶ月、更新後3ヶ月は80万バーツを割ることは出来ないとなっていたはず❓❓一年間80万バーツを維持する必要はなかったはずなのに、いつの間にか80万バーツを一年間維持に変わっていたと。。❓

タイのビザは難しいですね。係官次第とか❓
90日レポート等でプーケットのイミグレに行くと、係官のオッチャンに日本に帰ったらマルボロ❗️買って来てね❗️
タイに戻って来てイミグレに行くと、あれ、マルボロは❓と言われますよ。でもとても親切な係官です。
マルボロ、I〜2カートン位でポンポンとスタンプ押して👌なら安いものですがね。。

よっちゃん様、コメントありがとうございます。

ルールが安定してないのが困ります。

あと、言いがかりとしか思えないような事を言い出す担当官も居ますが、相手は「お代官様」、だと思って我慢してます。
逆に、資料が揃ってなくて、こちらに問題が有る、と思ってもOKに成る時もあります。

まあ、此処はタイ。タイに住むという事は、そういう不合理もある程度は受け入れるしかない、と思ってます。

日本には無いいい点も沢山有るので・・・。

近年、軍政権は”犯罪者の海外逃亡先”のイメージを払拭すると共に、役に立たない貧乏な外国人を整理したい意向だと聞きました。
今後、外国人の選別が進む気がします。
さほど裕福ではない外国人でも、タイの貧困層の方々に一杯タンブンして、貢献している人も居るのにね。
9月26日と言う日が気にかかります。
(因みにこの日付は、伊勢湾台風到来の日、地元では決して忘れられない日です)

zurru様、コメントありがとうございます。

やはり、「選別」、って意図が有りそうですね。
手続き上の問題が大きく成ってます。


コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« OISHIラーメン | トップページ | エアアジアの返金2件 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼