« ホタテのバター焼き | トップページ | 一人牡蠣鍋 »

2020年11月11日 (水)

風が吹くと桶屋が儲かる

2020/11/11(風が吹くと桶屋が儲かる)

異変に気付いたのは一昨日(9日)の夜、22:40頃だった。
日経平均の先物の値が700円ぐらいの急騰をしている。
ニューヨークダウの値も1500ドル近い急騰をしていた。
それに反してNYの金価格は1トロイオンス当たり1900ドルを大きく割る急落をしていた。

何が有ったのか!・・・?。

理由は23:00から始まるテレビのWBS(ワールドビジネスサテライト)を見て直ぐに分かった。
ファイザーが新型コロナに効くワクチンを開発したらしい。
ニューヨーク株の急騰にはバイデンさんの大統領当選が確実に成ったという情報も重なったらしいが、新型コロナワクチンの開発成功の影響が大きかったらしい(とWBSで解説者の方が言っていた)。

新型コロナワクチンの開発成功⇒新型コロナの流行が収まる⇒経済が活性化する⇒NY株が上がる、日本株も上がる⇒リスクONに成る、金利も上がる⇒安全資産である金(きん)価格や円が下がる。

大体こんな感じじゃないかと思う。

「風が吹くと桶屋が儲かる」理論が正しいとしても、風が吹いてから桶屋が儲かるまでにはかなりの日数を要するが、今回、ワクチン開発成功のニュースが流れてから、株価や金(きん)、為替レートの大変動は一瞬にして起こった。


H1_20201111022001 
NY株の急騰のニュース(10日1:13発)

「過去最高値を9カ月ぶりに上回った」


H2_20201111022201
日本株の急騰のニュース(10日9:10発)

「約29年ぶりに2万5000円を突破」


H3_20201111022701
11月10日の日経平均のチャート

朝方は9日の終値より、一時440円程高く成ったが、結局10日の終値は9日比66円高ぐらいだった。
しかし、11日の2:30頃の時点で日経平均先物の値が約500円程値上がりしている(下の表参照)ので、11日の9時スタートの東京市場は高く始まりそうな感じ。


H4_20201111024401
11日2:30頃の日経平均先物の値段

まあ、株を持っていれば、株が値上がりする事は嬉しい。
今は、株の持ち高を減らしているので、そこを考えると値下がりしてくれた方が面白みが出て来るので、単純には喜べないが自分の持ち株が上がるのは嬉しい。
10日の値上がりは、日経平均で見るとちょっとだが、自分の持ち株は全体で2%強値上がりしたので良かった。

しかし、日経平均が値上がりしても、日経平均ほど自分の持ち株が上がらなかった日がここ数ヶ月多いので、パフォーマンスは最近良くない。
日経平均が29年ぶりの最高値更新と言っている割には、自分の持ち株の合計はコロナ前の金額を超えて無い。

少し、売り買いをしているので単純に比較できないが、株を売って入金した分はそのまま証券会社の口座に預けて有る。
で、それを加えた金額はコロナ前より減っている。


H5_20201111031101
金価格(茶色)と原油価格(緑)のチャート

原油価格が急に上がり出したのと金価格が急に下がり出したのがほぼ同じタイミングである事が分かると思う。
その起点と成ったのがファイザーがワクチン開発に成功したという(100%成功とは言ってないが)発表。
(実際にはどういうタイミングでどのように発表したのかは調べて無い)
厳密には比較して無いが、原油価格の値上がりのチャートとNYダウの値上がりチャートは同じ様なタイミングに成っていたハズ。

1トロイオンス当たり1960ドルだった金価格があっという間に1860ドルぐらいまで落ちた。
上の表は10日の12時頃まの表であるが、11日の3時頃の時点で1880ドルぐらいなので、少し戻しているが、一旦急落した後は余り変わっていない。

(自分の持ち株の)株が上がるのは嬉しいが、大体、株が上がる時は金(きん)が下がる事が多い。
要はリスクオンで株高、金安。リスクオフで株安、金高に成る事が多い。

今回の場合は自分にとって総合的に見てどうなのかというのは、ちゃんと計算して無いので分からないが、残念ながら多分マイナスだと思う。
金価格の下落が大き過ぎる。
(でも、金価格はそのうち戻るような気がしている)

「株高、金安」は関係ない人も多いと思うが、チェンライに暮らす(海外に暮らす)人にとっては、「株高、金安」(リスクオン)と同時に起こり易い「円安」、「円と比較したバーツ高」、という影響は大きいと思う。

自分の場合、ドル建ての債券を少し持っているので、その分は円安をカバーできるが、全体から見れば小さい。
(海外で暮らす様に成ってから、資金の分散を考える様に成った)
(年金を十分に貰っている人はいいが、自分の様な低所得者・低年金者は苦労しています)

H6_20201111033901
円・バーツの両替レートの推移

10日9:07のレートは前日よりガクンと落ちて1万円が2910バーツだった。
(尚、この時点での最優良レートは「スーパーリッチ タイランド」(多分プラトゥーナムだと思う))

まあ、円・バーツのレートも悪くなる時も有れば良く成る事もあるから・・・。


ちょっと話は変わるが、ファイザーって会社は凄い。

もう10日程早くワクチン開発の(多分)成功の話が出ていれば、もしかしたらトランプ大統領が再選していたかも知れない。
(同じ事を9日夜のWBSの解説者が言っていたが、自分も同じ事を思っていた)

自分は余り関係ないけど、ファイザーが以前開発したバイア○○の薬で人生が変わった人がチェンライの邦人には少なからず居ると思う。

もしかしたら、このコロナワクチンが普及して、(隔離無しの)タイ入国が可能に成るかも知れない。
まあ、そう成るとしても4月以降だと思うけど。

ワクチンの完成は、株価、金価格、円・バーツの両替レート、日タイ間の入出国規制解除など、多方面に渡り非常に大きな影響を与えそうな気がする。
失業が解消される人も居るかも知れない。特にタイや日本で接客業や観光業に従事していた人など。

邦人同士、或いは、邦人とタイ人との関係などにも影響を与える。
ファイザーの製品が無ければ、人生が変わっていた、或いは、変わっちゃう人も居るかも知れない。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




« ホタテのバター焼き | トップページ | 一人牡蠣鍋 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

「株高、金安」(リスクオン)と「円安」、「円と比較したバーツ高」との関係にはまったく気がつきませんでした。どうしてなのでしょうね。

日本空港ビルディング、今日も凄かったですね。ロゼッタは下げ止まりしたようですね。

P-tak様、コメントありがとうございます。

9日~10日の各種指標の動きは教科書通りの分かり易い動きでした。
奇麗にこういう動きをする事は逆に珍しいぐらいです。

日本空港ビルディングはここ2日で急騰してますね。京成も似た様な動きをしてますが、JALUX、ANAは今日は下げたので、空港関連でも皆同じでは無いようです。何でなのか理由は分からないです。

日経平均の今日の上げ幅は1.78%でしたが、自分の持ち株の主要9銘柄の合計は2.4%の値上がり、全ての持ち株でも2.4%と同じ値上がり率でした。

今日の値上がりで、自分の持ち分の日本株の合計はコロナ前の水準に戻った見たいです。

自分にとってもう一つの注目点は何故か香港株(AIAとチャイナテレコム)がここ数日(?)で値上がりしてまして、これが結構大きいです。

後は、金価格が元に戻ればいいのですが、全てが上手く行く事は滅多にないので、まあ、気長に待ちます。

それともう一つ、今日、エーアイを買い増そうと思ってチャートを見ていたのですが、踏ん切りがつきませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタテのバター焼き | トップページ | 一人牡蠣鍋 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼