« 巨大なサソリ | トップページ | 帰国作戦(その他色々) »

2021年3月21日 (日)

帰国作戦(先ずはVISA)

2021/03/21(帰国作戦(先ずはVISA))

ちょっと前(50日程前)にタイへ戻ったと思ったらもう日本への帰国の話かよ、と思いますが、まあ色々と有りまして・・・。

先ずはVISAの話。
先日(2021/03/18)メーサイのイミグレでVISAを取って来た。
(チェンライ市内のイミグレでもVISAは取れるのに、と、ある方に言われましたがその説明は省略)

実は、今回VISAが取れるという確信が無かった。
いつもは、ロングステイVISAの更新をチェンライで1年毎に行っていたが、今回、コロナの影響で日本に帰国している間にVISAが切れてしまった。
VISA無しでタイに戻れないかを期待したが、それもダメそうだったので、しょうがないので日本で「タイ人の配偶者」の資格で3ヶ月のVISAを取ってタイへ入国した。
(当然、バンコクで15日間の隔離はあった)
(備考。今はルールが変わってVISA無しのタイ入国も可能です)
VISAの有効期限は2021年4月27日。

タイ人の配偶者の資格で取ったVISAが、普通のロングステイVISAとして継続出来るのかが分からなかった。
日本で取ったVISAのタイプは「NON-IMM O」なので多分継続出来る様な気はしたが。

保険の事も気に成っていて、今のCOE(タイ入国許可証)を取るためには「コロナにも対応する10万米ドル以上の補償が必要」で、それは滞在期間を満たすものでなければならない。
4月27日までは日本で取った保険で保証されているが、それ以降は無い。

もしかしたら、「保険期間が切れるので滞在期間の延長は出来ません」、と言われるかもしれないと思った。

もう一つ、1年程前から、日本で取った「NON-IMM OA」のVISAの人は、タイで健康保険に入らなければならない(補償金額は調べてない)というのも有って、知り合いには、そのために保険に入ってVISAの延長をした方も居た。
もしかしたら、ここで引っかかるかもしれないと思った。
まあ、その場合には新たにタイで保険に入ればいい(多分)。

また、自分が日本で取ったVISAのタイプは「NON-IMM OA」では無くて「NON-IMM O」なので、元々保険に入る事が必要ないものではないか、とも思った。

要するに、良く分らないし、ちゃんと調べてもいない。
考えるより、やってみた方が早い。

もし、延長が出来ないなら4月27日に帰国すればいい。
帰国すれば、それなりの用事も有るし、元々6月下旬頃には日本に居る必要が有るので、その前に帰国する積りでいた。それが少し早まるだけ。


という事で3月18日(木)に奥さんとメーサイのイミグレへ出掛けた。

資料は何を用意したらいいのか分からなかったので、一昨年のVISA更新をした時のメモや、ネットで調べたり、知り合いが言っていた資料を揃えて、持って行った。

先ずは、銀行に寄って、100バーツ入金してから通帳に記帳して貰う。ついでに、そのCOPYもして貰った。残高証明書も作って貰った。
(一昨年VISA更新をした時、更新日当日の記録が必要だと言われたので、100バーツ入金してから記帳した)
(一昨年辺りから、申請日の何か月前から何か月後までは80万バーツ以上とか、それ以外は40万バーツ以上の残高がなければならないとか成ったので、面倒なので常に80万バーツ以上は預金してある)

居住を証明するために、居住地での家族との写真とか、居住地の地図とか、コンドミニアムの売買契約書とかも、持って行ったがそれは必要なかった。

必要だったのは、居住地のタビアンバーン、奥さんとの婚姻証明書、パスポート、パスポートに閉じてあるTM6、奥さんのIDカード、銀行の預金通帳と残高証明書、以上の物の現物とCOPY。


メーサイのイミグレには13:30頃着いて、ガラガラだった。
1組ご夫婦らしき方が居たが、特に何かしている様子は無かった。

普通は、番号札を取って待つのかな、と思ったが、自分達が着いて受付の係らしき女性に用件を告げると、先ずは銀行関係の資料とパスポートの提示を要求された。

2~3分で、それが一応問題ないと判ったらしく、次に申請書を書かされた。
申請書は一応下書きをして来たが、係の女性が付きっ切りでテキパキと「此処にはこの日付」、とか「ここは(日本語で)サイン」、とか指示してくれたので簡単に3枚ぐらいの申請書とか承諾書みたいな物が出来た。

COPYして来た書類の中から必要とする物を受付の係の女性が選んで、審査官らしき女性に渡す。
ちょとして、「此処に来て」、みたいな感じで窓口に呼ばれて幾つか質問された、「職業は何をしていた」とか「何年ぐらいしていた」とか聞かれた。
奥さんが横から「株をやってます」とか言ったのを遮って「コンピューターのプログラマーを28年間やってました」、と自分が答えた。
「コンドミニアムは自己所有か」という質問には、奥さんが答えていた・・・「証拠を見せろ」と言われても、ちゃんと売買契約書は持って来ているぞ。
折角だから、見せたかった。


イミグレに着いてからここまでが大体20分ぐらい。そのあと1時間ぐらい待たされてパスポートが返却された。
パスポートには2022年4月27日までの滞在を許可する印が押されていた。それと、2021年3月18日の日付の90日レポートの受け取り票みたいな紙が添付されていた。
(90日レポートは特に書いてないが、VISA申請した日が90日レポートを提出した日とみなされるらしい)
(或いは、係のお姉さんに言われるままに書類を書いたとき、90日レポートも書いたのかな?)
(次回の90日レポートの提出は90日後の2021年6月16日と書かれていた)


S1_20210320231301
①右、日本で取ったVISA。②左上、赤、タイ入国時のスタンプ。③左下、今回イミグレで取ったVISA。

① 2020年12月23日に日本で取った、「NON-IMM O」のVISA。2021年1月28日のタイ入国印(青)が押されている。
② 2021年1月28日のタイ入国印(赤)。滞在期限は3ヶ月、2021年4月27日(青)に成っている。
③ 2021年3月18日にメーサイのイミグレで手続きした延長VISA。2022年4月27日まで滞在可能。


これで、暫く落ち着いてタイに居られるように成った。
取り敢えず一安心。

例年4月~5月上旬は家族を連れて日本に行くが、昨年と今年はコロナの影響でそれは出来ない。
奥さんは呑気に「日本に行けないのか?」、と言っているが、そんな事をしたら「隔離」も有るし下手をすれば娘の新学期に間に合わない。
第一、外国人(タイ人の奥さん)が簡単に日本に入れるのかも分からない。

4月末に帰国しても日本はまだコロナが収束してないだろうから、チェンライに居た方が制約が無くていい。
なので、5月以降もタイに居た方が色々いい。
しかし、日本にも用事が有るので6月の終わり頃には帰国する必要が有るが、コロナの影響が多分まだ残るので、国家間の移動は問題も多い。
次回は、その点も考えて、タイ⇔日、の移動をどおするかを考えてみたい。

以下、「日本帰国作戦(その他色々)」へ続く。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



« 巨大なサソリ | トップページ | 帰国作戦(その他色々) »

ビザ・年金・等、手続き関係」カテゴリの記事

コメント

よかったですね。

それにしても「奥さんが横から「株をやってます」とか言ったのを遮って「コンピューターのプログラマーを28年間やってました」、と自分が答えた。」のくだり、おくさまに2021年タイブログ、ユーモア大賞を。

P様、コメントありがとうございます。

どういう意図で質問されたのかが良く分りませんでしたが、「株」、と言うよりは、「プログラマー」、の方が良さそうだと思いました。
ホントは28年間プログラマーをやっていた分けでは無いですが、「システムエンジニアを何年」、とかいちいち言うのも面倒だったので、一括りに「プログラマーを28年」、で済ませました。

迷人様  おはようございます。
チェンライのイミグレはプーケットと違ってとても親切で良いですね。プーケットのイミグレが不親切という訳ではありませんが何時も皆さん忙しそうで。。。
90日レポートはドライブスルーなので🛵に跨がったまま出来ますので良いです。

今は80万バーツ以上の預金を一年間、ずっと80万バーツ以上を維持しないとVISAの更新は出来ないみたいです。タイランドエリートとO-A VISAだとタイ再入国が所定の手続き(コロナ保険に入る、隔離のホテルを予約するなど)を踏めば許可されるとネットで書いて有りましたがどうなのでしょうかね❓
O-A VISAでは医療保険加入の義務も有りますが、保険会社はイミグレ指定になり、一度帰国したらコロナの保険にも入る必要があり、医療保険が重複するのは。。。困ります。どうなるのですかね❓

よっちゃん様、コメントありがとうございます。

今回はお客が少なかったせいもあって、サービスが良かったです。
多分、日本のタイ大使館領事部も含めて、今までで一番サービスが良かったです。

コロナで日⇔タイ移動の手続きや、PCR検査・隔離・自宅待機など、色々面倒に成ってますが、ルールに合わせて、一番良い方法を選択するしかないです。

隔離生活なんて、何度もしたくないですもんね。
日本にたびたび戻らなくて済むのは、何よりです。
私も、検疫隔離が4月から10日間になるのを確認したので、申請の準備を始めました。
ワクチンクーポン早く届かないかな。打てれば隔離7日間ですからね。

10月になれば、普通に出入国可能となるようなので、ご家族で紅葉を楽しまれては如何でしょうか。

とっくなむ様、コメントありがとうございます。

4月から隔離期間が10日に成って、日本がその「対象国」に成れればいいですね。

ワクチンは、一応、6月末には65歳以上の高齢者向けのワクチンが確保できる「見込み」に成っているようですね。

10月から普通にタイへの出入国可能に成る、と言う情報は自分は未確認ですが、そう成って欲しいです。

あと、日本側の規制が帰国の時どうなっているか、タイ出国前にPCR検査が必要とか、公共交通機関の使用禁止とか、14日間の自宅待機とかいった規制がなくなっているか。

自分は、ワクチンの確保とか、第4波がないかとかは、まだ疑っています。

でも、タイ側日本側の規制が無くなれば、10月には、家族を連れて日本旅行がしたいです。

後6日間、とてもエキサイティングな日々になりそうですね

シコシコとMUFJを200~300株くらい買いたいと狙っています

ワクチン接種証明書があれば、隔離期間の短縮や、高額医療保険加入の条件が外れると思っています。
でも肝心なワクチン接種が良くて秋ごろとの事(;_;)
早く以前のように戻って欲しいです。

zurru様、コメントありがとうございます。

日本のワクチン接種はいつから出来るのでしょうね。
一応、自分は住民票が日本に有る(東京都杉並区)し、65歳以上の高齢者枠で受診票は送られて来ると思いますが、来てみない事には。
あと、証明書が貰えるのかも心配です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 巨大なサソリ | トップページ | 帰国作戦(その他色々) »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼