« 皿洗い | トップページ | またまた和食店 »

2021年3月 7日 (日)

クンバーンマイ(新築祝い)

2021/03/04(クンバーンマイ)(新築祝い)

ขึ้นบ้านใหม่ グーグル翻訳すると「新しい家」、と訳されるが、タイ人は「新築祝い」、の意味で使っているらしい。

奥さんの叔母さんの家で新築祝いが有るので一緒に来るよう言われた。
面倒臭いので余り行きたくはなかったが、何故か奥さんはタイ人の集まりに自分を参加させたがる。
まあ、タイ人の社会で暮らして居るのだから、タイのしきたりにはある程度は付き合わなければ、と思い参加する事にした。


Y1_20210307025401
新築の家

今時の新築はこんな感じの家が殆ど。
木造、高床式の家の新築祝いには出た事が無い。


Y9_20210307033301
以前は、こんな感じの家が多かったのだけど

新築の家の隣の建物。
コンクリで一部補修してあるが、昔の木造高床式の家はこんな感じ。

右のテントは新築祝いの会場の一部。


Y2_20210307025801
左上、家のリビングにはピラミッドパワーみたいなのが有った

三角錐の起点には、何か意味あり気に、バナナとかココナッツとかカボチャが置いて有る。
五穀豊穣を祈願する、とか、豊かに成りますように、と願うとか、そんな感じのものかな?。

そういえば、このピラミッドパワーの様なものは、自分達がパーンの家で新築祝いをした時も有った。
(約15年前にチェンライに越して来た時に建てた自宅がパーン郡にある)


Y3_20210307032801
ピラミッドパワー?、2021年3月4日、12:45頃

何かの目的を持った「結界」か・・・?。


Y6_20210307034301
新築の家の中で、ちょっと食事

ガイヤーンとカオニャオ。

いつもは短パン、Tシャツなのだけど、今日は奥さんの指令で、襟付きシャツに長ズボン。
おまけに、サンダルではなく靴を履いて来た。


Y4_20210307035301
用意して頂いたご馳走1

まあ、別にご馳走が食べたくて来た分けではないが、折角なので、右のガイヤーンとカオニャオを頂いた。


Y5_20210307035601
用意して頂いたご馳走2

ヤム・プラードゥ・フーという物らしい。
人参とピーナッツと青マンゴーと魚の何かのサラダみたいな物らしい。
日本人としては食べ易い物だったので、これも少し頂いた。


Y7_20210307035801
外では皆さん歓談中

こういう事で地縁、血縁などの結束を図るのがタイ流だと思う。


Y8_20210307040101
奥さんの一族

カラオケをやっているのが1番上のお兄さん。
その右隣がお母さん。
右側で写真を撮っているのが2番目のお兄さん。

自分もこの一族に属するのか、そうじゃないのか・・・?。

2番目のお兄さんの仕事は、移動カラオケ屋なので、こういう宴会はお手のもの。


自分は、こういう宴会に出るといつも心配なのは、いつ終わるか、いつ帰れるか。
幸い、今回は2時間ぐらいで奥さんが「帰る」、と言ったので助かった。

「何時頃までやるの?」と聞いたら、「多分、午前0時頃まで」だって。
お客さんが来るのは夕方から夜に成ってからが多いらしい。
まだ、10時間ぐらいやるのか・・・カラオケ係のお兄さんは帰れないから大変だな~。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



« 皿洗い | トップページ | またまた和食店 »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

素敵なおうちですね。屋根が二層に分かれているのはどうしてなのでしょうか?屋根と屋根の間から湿気を逃がすとか。あるいは日本の「うだつ」のようなものなのでしょうか?それから、日本と同じような瓦が使われているのでしょうか?

ところで、「一族」とありますが、奥さまは色白なので、中華系でありましょう?
であれば、婿殿もみな、当然に、一族なのではないでしょうか?

P様、コメントありがとうございます。

1階か2階か聞いたのですが、説明を理解できませんでした。
1.5階みたいな事を言っていた様ですが、意味が分からず、追及もしませんでした。

妻のお婆さんの代までしか知りませんが、中華系、という話は聞いた事が無いです。
チェンライの田舎のタイ人の一族だと思います。

お兄さん達の若い頃の写真を見た事が有りますが、ジャニーズ系でも通りそうな、かなりいい顔立ちでした。
北タイには中華系でなくても日本人の様な顔立ちの人や色の白い人が居ます。
タイヤイや山岳少数民族になると、更にその比率が上がるようです。

やっぱり、チェンライは良いですね。
日本は閉塞感いっぱいだし・・・

山岳民族博物館の学芸員に聞いたのですが、一部の山岳民族、特にヤオ族(瑶族:ミェン)は、日本人とDNAが近いそうです。(中韓よりも)
科学博物館にも、そのような展示がありました。

漢族の圧力により、山に逃げて雲南からメコンを下った種族と、海を渡って日本に行った種族、ルーツは同じなのかも。

タイに行けないので、お写真で楽しませていただいております。

かおるパパ様、コメントありがとうございます。

科学的な事実は知りませんが、直感的には、北タイやビルマのシャン州には、非常に日本人に見た目が似ている人達が居ると思ってます。

素敵な家ですね。
中二階のような構造は、暑さ対策に効果的な気がします。
これらの料理は自家製?
それとも他所より購入してそろえるのでしょうか?
準備が大変でしょうに!

zurru様、コメントありがとうございます。

ピーナッツの乗っているヤム・プラードゥ・フーは近所の市場で買った物らしいです。
他のものは、近所の人の手助けで作った物と思われます。

田舎は、新築祝いや葬式などは、地域の協力で行われる面が有ります。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 皿洗い | トップページ | またまた和食店 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼