« ペペロンチーノ | トップページ | ちょっと違う »

2021年5月 9日 (日)

スパゲッティ・ポーク

2021/05/08(スパゲッティ・ポーク)

休み中の娘が暇そうにしている。
自分もコロナで余り外に出ないので暇である。
奥さんも暇そうにしていた。

という事(?)で、3人で出掛ける事に成った。

自分はパーンの家へ行きたかったが、奥さんが「パーンには月曜日に行く」、と言うので、今日は 270°Coffeeに食事に行く事にした。


R1_20210509035001
途中、旧飛行場の滑走路を横切る水牛の群れを発見

これだけの水牛の群れに出会うのは珍しいので、写真を撮った。

此処は、週に2~3回散歩するコース。
夕方は、結構、此処でジョギングや散歩をする人が多いが、昼間は暑いので人は殆ど居ない。


R2_20210509035801
草を食む水牛(クワーイ)

どういう目的で飼っているのか・・・?。

昔(10年以上前)はパーンの家の辺りでも結構見かけたが、最近は余り見なくなった。


R5_20210509040601
270°Coffee

270°Coffee は旧飛行場の近くの小高い丘の上に有る


R6_20210509041201
270°Coffee の駐車場

駐車場からは階段(右の)か、左側から回り込む(左の)か、2つの行き方がある。


R7_20210509041901
カメラを向けたら飛び跳ねた娘(右側)

約2か月前(2021/03/09)に来た時よりも明らかに空の色が青い(PM2.5 が無くなっている)。

冷房がきいている店内か、開放的な外の席かちょっと迷った。
今日は今の季節としては涼しい方だったが、それでも暑いので店内の席へ。


R8_20210509042601
270°Coffe の店内

席の数としては外の方が倍以上有る。

自分達が来た時は他に客は居なかったが、食事をしている間に3組7人来たので、全部で4組10人。
土曜の3時頃で結構客が居た。
ここのロケーションの良さが人を引き付けているのだと思う。


R10_20210509043701
コームーヤーンとスパゲッティポーク

上。ここのコームーヤーンは美味しい。

下。スパゲッティカルボナーラを注文したら出て来たスパゲッティ。

まあ、間違いでは無いのだけど、自分のイメージしていた物とは違った。
豚肉がてんこ盛り。
この豚肉が旨ければいいのだけど、これがあんまり・・・。

タイでは、注文するものに困った時はスパゲッティカルボナーラを注文する事が多いが、それは、スパゲッティカルボナーラは何処で食べても比較的外れが無いから。
しかし、ここのは「外れ」だった。

このスパゲッティ、写真では分かり難いがかなり大盛。
自分は食べ物を残すのが嫌いだが、珍しく半分近く残した。

「これは、スパゲッティカルボナーラと言うよりはスパゲッティ豚肉だね」と言ったら、娘が「スパゲッティポークでしょ」と言っていた。
つい先日、娘に作らせて食べた生姜焼きに似ているが、味は全然不味い。

よく考えて見ると、タイって豚肉が美味しい料理が余り無い。
日本なら、トンカツとか、生姜焼きとか、角煮、とか有るし、中華(?)のチャーシューも美味しいが、それに匹敵する食べ方がタイには無い(?)。
コームーヤーンは当たれば美味しいが外れもあるし、ケーンケームーやラープイサーンもそんなに美味しい物じゃない。
ムーピンは脂っこい。
カームーはタイ料理としてはちょっと美味しいが、あくまで「タイ料理としては」、というレベルだし。

料理の仕方に問題があるのか、元々の豚肉が不味いのか。多分、その両方だと思う。


R12_20210509051601
左、カオパット・ムー。右、カオパット・サパロット。中央下、ナムピック・ナンパー。

ここはカオパット(タイ風チャーハン)も量が多い。普通の 1.5 人分ぐらいある。

左が娘が頼んだ豚チャーハン。右が奥さんが頼んだパイナップル・チャーハン。
両方に豚肉が入っているが、この豚肉もイマイチだった。

左のチャーハンにも、右のチャーハンにも黄色い物が入っているが、左の黄色は玉子、右の黄色はパイナップル(サパロット)。
両方とも、マナーオを掛けて食べた。

カオパットサパロットは奥さんの好物で奥さんは良く注文する。
そういう時、自分も味見をするが、パイナップルの甘みと酸味が有って、自分も結構好き。
この、カオパットサパロットもまあまあ美味しかった。

カオパットサパロットはパイナップルの果肉をくり抜いた中に盛り付けて来る事が多いが、そういうのはタイらしくていい。
ここのは、パイナップルが入っているだけで、そういう意味では趣に欠けていた。


R14_20210509055001
食事中の奥さん

右の飲み物がやたら背が高くて、しかもストローで更に高くなるので、飲み難そうだった。


R18_20210509055101
本日の昼食

右はサーモンサラダ。

この他に、各自が1つづつ飲み物(自分はラテローン、奥さんはカフェラウニーナームマパーオ、娘が桃の飲料)を頼んで合計 1172 バーツだった。

ここは、お店の感じは洒落ているが、料理は、所詮タイの田舎の人が作った物、という感じ。
でも、ロケーションの良さ(眺望の良さ)はチェンライ市内のお店では抜きん出ているので、そこに存在価値が有る。


ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



« ペペロンチーノ | トップページ | ちょっと違う »

旅行・地域(チェンライ・北タイ)」カテゴリの記事

コメント

日本の豚肉にもばらつきがあります。

安売りのスーパーで買ったものは喉を越しません。
ある程度の価格のついたものは美味しいと思います。高級スーパーのものはとても美味しいです。

  (注) 日本では美味しさと価格は正比例すると思っています。

牛肉の同じです。

でも、我々が美味しいと思うものは外人にはダメなようです。
トランプに至っては、かたいアメリカ産牛の赤肉がご所望でした。バイデンも、日本からの賓客に対し、ハンバーガーでのおもてなしでした。

P様、コメントありがとうございます。

タイでも牛も豚も値段の高い方が美味しい傾向はあるみたいです。
でも、高くても不味い肉も有るので難しいです。
一度美味しかったブランドを覚えて置いて買えば、間違いは少ないですが、いつまでもそのブランドが無かったりするので、やはり難しいです。

和牛って海外でも人気があると思ってましたが、そうでもないのですかね?。

このお店はどれも量が多いのでしょうか?
奥様やお嬢さん、この量を完食されたんでしょうか?
私はコームーヤンとビールだけで十分です。

zurru様、コメントありがとうございます。

このお店、どれも量が多い、です。
奥さんと娘のカオパットが先に出て来て、どうせ食べ切れないと思って結構食べた後に、スパゲッティが出て来て、その量が多くて、しかも不味かったので、結局、スパゲッティはかなり残しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ペペロンチーノ | トップページ | ちょっと違う »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼