« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月の19件の記事

2021年10月31日 (日)

成田到着

2021/10/15(成田到着)

夜行便でバンコクから飛んで来た。


L1_20211029162901
もう直ぐ日本

何処だか分からないが、夜が明けて陸地が見えて来た。


L2_20211029163101
遠くに富士山も見える

自分は(関東の人間は?)富士山が見えると、日本に帰って来たという感じがする。
(見えない時も多いが)
(関空やセントレアは何処かな?・・・関空→淡路島?、セントレア→志摩半島?)


L3_20211029164301
陸地もハッキリと見えて来た

房総半島(千葉県)の東側だろうか?。


L4_20211029164701
空港も見えた

多分、左上が空港第二ビル方面への通路だと思う・・・?。


L6_20211029170801
成田空港へ着陸

ZIPAIRは第一ターミナルなので多分その辺。


L7_20211029171101
ボーディングブリッジ(搭乗橋)

なんかサンドワームの口みたいのが近付いて来た。


L8_20211029172201
飛行機に接続されたボーディングブリッジ

ここを通って空港内に入るとコロナ関連の各種手続きが待っている。

コロナの陰性証明書を見せたり。
唾を取って、PCR検査用に提出したり。
スマホから、質問票Web入力した分のQRコードの写真を取られたり(?)(実は、やって貰って、何をされたのか良く分らない)。
MySOSやCOCOAのインストールをして貰ったり(本来は自分でやるのかもしれないが、やって貰った)。
MySOSの使い方を教わったり。

その後、PCR検査の結果を待って、陰性なら解放(釈放?)されて、イミグレへ。
最後は通関を通って保安エリアの外へ(娑婆へ)。
拘束される時間は大体1時間半。

そんな感じ。もしかしたら順番は少し違っていたかも知れない。


L9_20211029183801
保安エリアの出口

解放されたら何をしてもいいようだが、自分はルールを守って公共交通機関は利用せず、コロナ対応がされている京成スカイライナーの窓口へ。
(スカイライナーと上野からのハイヤー料金を合わせて20000円)


L10_20211029174301
成田発上野行の京成スカイライナーのコロナ対応の特別車両(8号車)

一般の乗客とは分けられている。

しかし・・・1車両に乗客は自分1人。1車両貸し切り。

成田からハイヤーとか家族や知り合いが迎えに来ている人も居ると思うけど、もしかしたら、普通にJRや京成に乗って帰宅した人も居るんじゃないかと思う・・・?。
空港の保安エリアを出てしまえば、後は、見かけ上自由に動ける。
何を利用して移動しても多分、分からない。
(COCOAで経路は分かるのかな?)

まあ、コロナ関連の手続きの途中で「何で帰りますか」という事を2回程聞かれたので、そこで適当な事を言うのはちょっと嫌な感じはするが。

という事で(?)無事に帰国して家に帰れました。


余談。

「公共交通機関を利用出来ない」というのは海外から帰国しようとする者にとって、最大のネックに成る事もある。
自分の様に都内に家が有れば20000円程で帰れるが、地方で暮らす方(海外からの到着便がある空港から遠くに家の有る方)にとっては大きな障害に成る。

電車も国内線も乗れないのだから、ハイヤー代はメチャクチャ高く成る。
それで、帰国出来ない方もチェンライには居る。

もっとも、20000円でも結構痛い・・・バンコク→成田の航空券代と、成田→自宅、の移動コストが殆ど変わらない。

帰国便に乗る72時間前と帰国直後に空港でPCR検査をしてるのだから、危険性は日本国内にずっと暮らす人より低い様な気がするのだが。
尤も、新種のコロナを持ち込む可能性を考えれば、しょうがない様な気もするが。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年10月29日 (金)

日本行の便はガラガラ

2021/10/14(日本行の便はガラガラ)

今は10月29日で帰国後14日目の隔離最終日ですが、話はちょっと遡ります。
尚、以下の記事は10月14日時点で書きます。


昨日(13日)チェンライからバンコクにやって来た。


N01
2021年10月13日、18時頃、バンコク・ドンムアン空港

バンコクへは奥さんと2人でやって来た。
チケットは、昨年コロナで使えなかったエアアジアのチケットをバウチャーに振り替えた分が有ったのでそれを使って購入した。
なのでタダ。

・・・タダじゃないか・・・?・・・昨年、お金を払ってるのだから・・・。


N02
ドンムアン空港内

国内線に乗るのにコロナの陰性証明書は不要だと思って来たが、やはりチェンライ→バンコクではコロナの陰性証明書は不要だった。
ただし、奥さんがバンコク→チェンライで戻った時は、色々、煩かったらしい(それでも戻れた)。

実は、今時、国内線なんてガラガラだと思っていたが、チェンライ発16:40の便は結構混んでいた。

奥さんは、飛行機に乗っている時から「お腹が空いた」と言っていたので、ドンムアン空港で適当なレストランを探したが見付からなかったので、直接ホテルへタクシーで。

この後の様子は、「2021/10/13(屋台村の夜)」に記載済。


で、今日14日。

奥さんを連れて来たのは、ちょっとした用事をバンコクでする為だったが、その詳細は省略。


N03
バンコク・ヤワラーの屋台にて昼食

この後2ヶ所程回って、用事を済ませた。
やはり、チェンライの様な田舎暮らしでは不便な事も多い。

用事も終わって、再びドンムアン空港に戻って、4階の食堂街でちょっと時間潰し。
奥さんは何か食べて居たが自分はコーヒーだけ。

奥さんをチェンライ行きの便に乗せるため、保安エリアの入口まで連れて行って見送った。
今度会うのは2~3ヶ月後ぐらいか。
(11月~3月ぐらいは日本は寒いので余り長くは居たくない)

その後、日本行のZG052便はスワンナプーム発なので、自分はスワンナプーム空港へ。


N1_20211029140801
スワンナプーム空港4階の出発便掲示板

自分の乗るZG052便は、23:30発、ZIPAIR、TOKYO行き、Fカウンター。
国際線はキャンセルが多いが、23:30発アムステルダム行きとか、23:30発仁川行きとか、タイ航空の23:50発TOKYO行きとか、飛んでいる便も有る。

この後の空港内での出来事は「2021/10/14(空腹人、スワンナプーム空港内を走る)」に記載済。


N2_20211029143901
スワンナプーム空港、国際線保安エリア内

イミグレの先の保安エリア内のお店も、仕切りがしてあって営業してないお店が多かった。


N3_20211029144201
少ないが、営業しているお店も有る



N4_20211029144301
コーヒー屋(?)も営業していた

食事は1階のマジック・フードポイントで済ませたが、もし、それが無かったら此処で少し腹ごしらえが出来た。
まあ、保安エリア内は高いから滅多に利用しないけど。

搭乗待合室付近で暫くブログの下書きなどをしていたが、時間を過ぎたのでZG052便に搭乗した。

普通は、搭乗開始されると乗り込む人の列が出来るのだが、今回は列が無かったので油断していたら時間が過ぎていた。

中に入ったらガラガラ。


N16
ZG052便の機内はガラガラ

この写真は乗った直後ではなく、かなり日本に近付いてから撮ったもの。
深夜便で来たが、もう夜が明けている。


搭乗してから、搭乗手続きカウンターで貰った「質問票Webの到着前入力」という冊子を見た。


N17
質問票Webの到着前入力

飛行機が飛び出す前に書いて置こうと思ったのだが、見ると、最初にダウンロードが必要らしい。
「搭乗前のダウンロードが必要です」と書かれている。
もう搭乗しちゃったけど、飛び立ってないから機内でダウンロード出来るかなと思って、慌ててダウンロードしたら出来た。

それから一旦スマホの電源を切った。


N21_20211029150801
バンコク上空、10月15日午前0時頃

飛行機は無事出発、今回のタイ滞在は8ヶ月半ぐらい。
あと6時間余りで、8カ月半ぶりの帰国になる。

落ち着いてから、スマホの電源を入れて、先程ダウンロードした「質問票Web」の入力を行った。

1ヶ所、何回やってもエラーに成る所があって、便名(?)の入力なのだが「ZG052」と入れるとエラーに成る。
「4桁を超えてます」みたいなエラーメッセージが出るので「ZG52」と入れてもエラー。
小文字とか大文字とか色んな組み合わせでやってもエラーに成るので、CAさんに聞いてみた。

「052」と入れて見て、と言われたので、その通りやったらOKに成った。
航空会社名はZIPAIRと入れているので、後は番号(数字)だけを入れれば良かったらしい。

そんな事が有ったり、夜中に予約してあった「牛丼」を食べたり、後はガラガラなので3席使って横に成って寝ている内に明るく成って来た。

いよいよ日本。「2021/10/15(成田到着)」に続く。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年10月28日 (木)

AIに監視される社会

2021/10/28(AIに監視される社会)(MySOS)

朝8時頃、まだ睡眠中。

夢の中で「ピコピン」という音が聞こえて来た。

・・・(MySOSの)呼び出し音に似てるな~・・・?。

ここで、夢から引きずり出された・・・これは夢じゃない・・・現実だ!。

電話に出なければならない・・・手を伸ばしてスマホを掴む。
目を開けてスマホの操作をするが起きたばかりは小さな文字は読めない。
(起きて5分とか10分とか経てばちゃんと見える様に成るが、暫くは、小さい文字はボケて見える)

目を細めてスマホの文字を読もうとするが、ハッキリとは読めない。
まあいつもの事なので、多分、自宅待機中に毎日来る「入国者健康確認アプリ」の「現在地報告」であろう。


M1_20211028143401
成田空港で説明を受けた「MySOS」の冊子の一部

左がスマホの画面の例で、「現在地報告」の最初の画面。

操作は簡単、「現在地報告の確認です。今直ぐ~」の所を閉じて、「現在地報告」をタップして、その後出て来る「ご協力ありがとう~」の後の「OK」をタップするだけ。
10秒もかからない作業。

しかし、問題は成田空港で係の人から「5分以内」で応答して下さいと言われた事で、そのまま放って寝ている分けには行かないし、1日中常に気にしていなければならない。

1回目の呼び出しは9時過ぎが多いが、今朝は8:05頃に呼び出された。

・・・朝8時は普通寝てるだろ~!・・・(普通、起きてるか・・・?)。

昨日は(正確に言うと「今日の」)AM3時頃まで起きていたので朝8時は熟睡中・・・それを否応なく起こされた・・・かなり腹が立った。

ここで起きても良いが流石に8時は早い(?)のでまた眠りについた。

この後、10時くらいに次の呼び出し、「健康状態の報告」か「AIによる顔の確認」が来て起こされる事もあるが、今日は、10時に地震があったのでそれで起きた。

「顔の確認」は10:07頃に来た。


M2_20211028150201
成田空港で説明を受けた「MySOS」の冊子の一部

右がスマホのビデオでAIが顔を確認している画面。

このビデオ画面に入る時、手順が違ったり、待ち時間が数十秒あったりする事があるが何故だかは分からない。

兎に角、毎日、「現在地報告」が2回ぐらい、「顔の確認」が1回ぐらい、「健康状態確認」が1回、の呼び出しが来る。

呼び出しが来るのは、8:00頃~19:00頃の間。
19:00頃~翌8:00頃までは、今のところ呼び出しは来ていない。
流石に、夜中に起こしては悪い、という常識はある様だ。

現在地の報告は1回目が8時~12時ぐらいに1回と、その後に1回来る事が多い。
顔の確認は10:00~15:00ぐらいに来る事が多いが、2回来る事も有るし、夕方に来る事もある。
健康状態の確認は10:00~15:00ぐらいの間に1回の事が多いが、夕方に来る事も有る。

どういう基準で呼び出し時間を決めているのかはよく分からないが、ある程度の時間の範囲を決めて、問い合わせ頻度も決めて、更にランダムにやっているのかもしれない。

居所確認アプリ(MySOS)と接触確認アプリ(COCOA)との関連は分からないが、GPSの位置情報と、ビデオによる顔認証で、帰国者が勝手に出歩かない様に監視している、自分からすると「監視されている」、という事だと思う。

システムが本当にちゃんと機能しているのかは分からないが、監視されている立場から見ると、良く出来ている。
誤魔化して、自由に出歩くという抜け道が無い様に見える。

MySOSの解説書などを読むと、システム製作者の、「しっかり監視しているので、勝手に動き回るなよ」というメッセージと威嚇が感じ取れる。


厚生労働省の厳格な表現では、

「入国した次の日から起算して 14 日間は、事前に申告いただいたご自宅又はご自身で確保したホテル等にて待機していただきます。その際、自宅・ホテル等の待機場所からの外出や、公共交通機関(不特定多数が利用する電車、バス、タクシー、国内線の飛行機、旅客船など)を使用しないでください」

と書かれているので、原則、外には出られない事に成っているが、
MySOSの一部の画面には、

「不要不急の外出を控え、やむをえず外出する場合にはマスクを着用し、公共交通機関を使わないでください」

とされているので、近場の散歩や買い物はOK、と解釈した。


しかし、このシステム、GPSと顔認証AIを使ったシステムには、ちょっと怖いものを感じた。

国などが、個人の監視システムとして使用すれば、体制にとって都合の悪い者を監視する強力なツールに成りうる。
設置された監視カメラの映像やAIによる危険人物の判定・指数化などを組み合わせれば更に強力な監視ツールになる。
(そんな映画も有った様な)
(危険人物のAIによる判定には、犯罪歴、ブログなどのネット情報の分析、放送の分析、論文などの分析、などが使える気がする)
(兎に角、人間では不可能な膨大なデータの解析が出来そうなので、人間だけの監視よりよりもずっと厳しい管理が出来そうな気がする)

まさか、人間に発信機を付ける何て事はしないだろうが、発信機能を持つ機器の携行を義務付ける(今回のスマホがそれに近い)ぐらいの事はありそうな気がする。

そういう社会が出来れば犯罪は減るだろうが、権威を持つ者に都合のいい社会、一般には窮屈な社会に成るかもしれない。

もしかしたら、強権的な支配構造を持つ一部の国では、もう既にそういう監視システムの運用が始まって居るのかもしれないし、そういう話も聞く。

と、まあ、明日(29日)が監視される最終日で、明後日からは謹慎処分(?)を解かれる迷人が、朝8時に起こされた事を根に持って、こんな事を考えたのでした。

余談。

MySOSシステムに使われているAIは、もしかしたら顔認証システムだけかもしれないが、オペレーター(人間)に調査を促すような判定をAIがしているかもしれないなんて、ふと考えた。
もっとも、AIの仕掛けは分からないので単なる思い付きですが。

でも、何らかの機械的方法(アルゴリズム)で、呼び出しや、判定(勝手に動き回っている人の捕捉とオペレーターへの通報)はしている気がする。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月27日 (水)

未払金詐欺らしい

2021/10/27(未払金詐欺らしい)

以前、「還付金詐欺らしい」電話が掛かって来た事が有ったが、今回は未払金詐欺らしいメッセージが届いた。


Img_4132
スマホ画面に出た謎のメッセージ

日本に9ヶ月間程居なかったので、その間に何か問題が起きたのかと思って、直ぐに指定された番号に電話した。
しかし、「この番号は使われてません」、みたいな応答が返って来る。
番号を間違えたかと思って再度電話したが同じ。

これはちょっと怪しい。
NTTファイナンスサポートセンターの電話番号を調べて確認する事にした。


Hakusi2_20211027124101
グーグルで調べた結果

これで、ほぼ詐欺メールである事は確定。
一応、念の為に「電話にご注意下さい~」の所を開いて見た↓。


Hakusi2_20211027124901
NTTファイナンスで詐欺を警告する知らせ(一部編集してあります)

正にとほぼ同じ文面のメッセージが来ていた。

危なかった・・・?。
メッセージで指定された番号に電話して繋がらなかったから良かったが、繋がったら騙されていたかも知れない。

全く!・・・日本も・・・油断も隙もあったもんじゃない・・・

年寄りは騙され易いのだから、・・・気を付けなければ・・・


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

チェンライでPCR検査

2021/10/12(チェンライでPCR検査)

今は日本に帰国して13日目の10月27日ですが、この記事は帰国前のタイに居た時のメモを基に書いてます。


コロナの検査をするのは、昨年の8月に帰国した時に空港でやった分、1月にタイに行く前に日本でやった分、2月にタイのASQホテルでやった分を合わせれば今回は6回目か7回目に成る。

もうコロナ検査のプロだね←←←そんな事自慢してどうする・・・。

という事で(?)、今回は日本へ帰国する為にタイで(チェンライで)コロナの検査を行う。

帰国の為のバンコク発成田行きの便に搭乗する為にはコロナの陰性の検査証明書の提示が必要と成る。
外務省のページに、有効な「出国前検査証明」フォーマットが載っていて、そこに、「日本語・英語(PDF)」の所定のフォーマット、が有る。

なので、そのフォーマットをコピーして行って、「この書式で陰性証明書を書いてね」と検査機関に言えばいいのだろうと見当を付けて、パソコンからプリントして置いた。

その後、知り合いに、たまたま聞いたら、自分が検査を受けようと思っている「シーブリン病院」には、事前にそのフォーマットは用意されているという話だった。


R1_20211012233001 R2_20211012233001
検査証明のサンプル

この証明書は、帰国便の搭乗手続きの時と、帰国直後のチェックの時に必要。


帰国便に乗る2日前(10月12日)にチェンライのシーブリン病院にPCR検査を受けに行った。
1ヶ月程前に娘が歯科で此処に来た時に、ついでに、PCR検査の有無とか検査場所とか、検査を受けてから陰性証明書が受け取れる時間とかを聞いて置いた。
10時までにPCR検査を受ければ、その日の午後3時以降に証明書が得られるという話だったので、朝の9時頃家を出た。

何故か奥さんも一緒について来た。
まあ、奥さんが一緒の方が、何かタイ語で聞かれた時に役に立つ。

シーブリン病院はコンドーから1㎞ぐらいと近い。車で行ったので直ぐに着いた。


R11_20211026235001
シーブリン病院のPCR検査施設

写真左側が実際の検査場所。右側は受付。

検査場は本館とは別棟になる。
コロナの感染を警戒して別棟にしたのかもしれない。

此処に着いて、手続きをしようとしたら、奥さんもやりたがった。
奥さんとは明日(13日)、バンコクに一緒に行く事に成ってはいるが、日本に行くのは自分1人だけなので奥さんが受ける必要は無い。
タダなら別だが、検査料は3300バーツ。日本円で約1万円、は勿体ない。
なので何とか説得して自分1人だけ検査を受ける事にした。それでも奥さん、やりたそうだった。

受付で日本の外務省(?)の陰性証明書の指定フォーマット見せて、「こういうのが必要です」と言ったら、予想通り同じ物を提示された。
これは、言語が違うだけで、もしかしたら世界共通フォーマットなのかも知れない。
(シーブリン病院にも、日本語・英語併記の陰性証明書が置いて有った)


R12_20211027002101
PCR検査中(綿棒を口の中に突っ込まれる迷人)

奥さんに「写真を撮っておいてね」と言ってあった。

受付の部屋には4~5人居たが、自分の番は直ぐに来て仮設(?)のPCR検査場で粘液を採取された。
(仮設の検査場は、多分、元々は駐車場を仕切ったものだと思う)

完全防護服のお姉さんに綿棒を鼻と口に突っ込まれた。
結構、思い切り突いて来たので、思わず顔を後ろに反らした。


この後、お礼に(?)付き合ってくれた奥さんと食事をしてから一旦コンドーへ。


午後3時、今度は結果の受け取りに。
まさかコロナに感染はないよな、と思いつつ結果を受け取ったが、当然(?)陰性で良かった。

此処で、結果の陰性証明書を見て、外務省のサンプルの物は「拡散増幅検査(LAMP法)」に成っているが、受け取った物は「拡散増幅検査(RT-PCR法)」に成っていたので、外務省のサンプルを見せて「此処が違うけど大丈夫?」と聞いたら、LAMP法に書き換えた証明書を新しく作ってくれた。
病院がくれた別の用紙にはRT-PCR検査と書かれていたので、多分、最初のRT-PCR法が正しいと思うが、よく分らない。
兎に角、LAMP法と書かれた陰性証明書を受け取った。

自分が言った(積りの)「此処が違うけど大丈夫」はそういうタイ語ではなく、指差しと何となくのタイ語なので、多分意味は通じて無かったと思う。
親切なタイ人(いい加減なタイ人)は客がLAMP法と書かれた書類が欲しいと言っているのだから、(事実と異なっても)そうしてあげよう、という事では無かったかという気がする。

もう一つ、こんなんでいいのか?、と思った事がある。

陰性証明書の上の方の記入欄、氏名とかパスポート番号とか生年月日とか性別欄など検査を受けた人間の情報欄は「自分で書いてね」と言われた。
「交付年月日」から「性別」の所までは全く白紙の陰性証明書を渡された(最初の検査証明のサンプルを参照して下さい)。
それだったら、例えば、奥さんにPCR検査を受けさせて、個人情報の所だけ自分の情報を書く事も出来る。
病院には記録が残っているだろうから、問い合わせればウソはバレるだろうけど、書類の上だけでは絶対に分からない。

まあ、なんかちょっと不安は有ったが、こうして陰性証明書はGET出来た。

今は(10月27日は)ちゃんと帰国してこのブログを書いているので、結果的にはOKだったのだけど・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月25日 (月)

ZIPAIRの予約

2021/10/26(ZIPAIRの予約)

10月15日、早朝に成田に帰国した。
今(10月25日)は帰国11日目。まだ自宅待機中。
帰国前後のメモや写真を取って置いたので、何回かに分けてその記録を書きます。


今回の帰国の前に準備した事、

①リエントリーパーミットの取得(関連記事「写真館で申請写真」)、
②バンコク→成田の航空券の購入(今回の記事「ZIPAIRの予約」)、
③チェンライ→バンコクの航空券の購入、
④PCR検査(次回の記事「チェンライでPCR検査」)、
⑤成田から荻窪までのハイヤー等の予約(関連記事「帰国準備中(迷惑メール)」)。

この他にも細かい準備は有るが、大枠はこの5つ。

①~⑤の順番は必ずしもこの順でなくてもいいが、今回はこの順で準備した。
④のPCR検査は搭乗日時の72時間前という制約が有るので、それ以前には出来ない。
(PCR検査を済ませてから③のチケット購入をしようと思っても取れないのが心配だった)
(逆にPCR検査で陽性に成ったら先に買ったチケットは無駄に成るが、確率的にはかなり低いと思うので、それはしょうがないと思う事にした)

①は必ずしも必要ないが、次回タイに戻る時の事を考えると、取って置いた方が良い。
空港で取る事も出来るハズだが、事前に取って置いた方が安心なので、これは、10月7日に取った。

次に、②の日本行チケットの購入。ここからが今回の記事の本題。

先ずは日程を決めなければならない。
ちょっとバンコクでやりたい事も有ったので、土日は避けた。
そうすると、PCR検査の日を含めて3日必要なので、月火水か、火水木か、水木金。
行く週は10月11日(月)~15日(金)の何処か。
月曜日はチェンライでやりたい事も有るので、火曜日にPCR検査、水曜日にバンコクへ、木曜日(14日)出発にした。

日本行の便をネットで調べる(注)と、出発時間が朝の早い時間の便と、夜の遅い時間の便が有った。
(注)(Googleで「バンコク 成田 フライト」で検索して Skyscanner や FlyTeam などのページを見て大体の値段や時間を調べた)

朝早く空港に行く(実質的には午前3時とか4時にホテルを出る)のは大変そうだし、14日はバンコクでゆっくりしたい(バンコクでやらなければならない用事も有った)ので夜遅い便で比較的安そうな便がZIPAIRに有ったので、その予約(購入)をしてみる事にした。

深夜便だと日本着は翌日の朝に成るが、翌日でも金曜なので土日は避けられるし、自分の場合、大体いつも深夜便に乗る。

という事で先ずはGoogleで JIPAIR のページに入る↓。

T1_20211010042101
ここから ZIPAIR公式サイト に入る

スペル間違ってたけど、Google がちゃんと意図を分かってくれた。
(余談ですが、JIP と間違えたのは、ちょっとした訳が有ります)


T3_20211010042801
ZIPAIR公式サイトの初期画面

ちょっと編集してあります。

デフォルトが「往復」なので、「片道」を選択。
(次にいつタイに戻って来るかは分からない)

出発地がいきなりバンコクなのは、何回かやったのでどっかのメモリーに記憶されたのかも。
到着地はをクリックして東京・成田を選択(それしか無かった)。
後は航空券を探すをクリックして、その次の画面から色々条件を入力する。

日程、性別、氏名、生年月日、電話番号、パスワード(事前にZIPAIRの会員登録をしました)、席タイプ、パスポート番号、有効期限、発行国、預入荷物の有無の選択、座席指定、食事の指定、メールアドレス、などを入力する。

次に支払方法を入力して。


T5_20211010044501
クレジットカードの情報の入力

此処で、「お支払いする」をクリックすると、カード会社の認証画面に飛んで、そこで、カードのパスワードを入力する(事に成るハズだった)。

実は、この操作、8日の夕方にやったのだけど、「エラー」で弾かれて先に進めなかった。
カード会社に問い合わせをしたが、時間外で連絡がつかず、翌日(9日)の朝、カード会社に連絡して聞いたところ、「当社に、アクセスした痕跡が無いです」みたいな事を言われた(実際に何て言われたかは忘れた)。

兎に角、カードは問題なく使える、ような事を言われたので、もう一度、最初からやり直したら(9日)、今度はちゃんとカード会社の認証外面が出たので、パスワードを入力したら、「予約完了の画面」↓が出た・・・良かった!。


T12
チケットの予約完了の画面

その後、予約完了のメールが来て↓。


T14
予約完了メール

このメールのPDFを開いたら↓。


T16
メールに添付された領収書(26918円)

領収書もちゃんと来たので、これで帰国便の予約(購入)は完了。


余談。

1回目にやった時、何故エラーに成ったかは未だに分からない。
例えば、チェンライでブログを書いている時も通信エラーの様に成る事が結構ある(ネットが瞬間的に切れる事も多い)ので、チェンライー日本間では、通信の品質に問題が有るのかもしれない。

兎に角、こういう端末操作は自分は苦手(昔はそれに近い仕事をやっていたのだけど)。

また、日本のカード会社のカスタマーセンターに電話して問い合わせをする時、「只今電話が大変混みあって折ります」みたいなメッセージでなかなか繋がらないのも、結構ドキドキする。
大昔の話だが、プリペイド式の携帯電話で国際電話した時、残高が無くなって困った事が有った。
今は、どうなのかは分からない。多分大丈夫だと思うけど、余り長いと切れるのかな?。

今回も10分ぐらい「大変お待たせいたして折ります」のメッセージが繰り返されて、「困ったな~、いつ繋がるのだろ~」と思った。
繋がった後、先にタイからのフリーコールの番号を聞いたが、試しにもう1回昨日と(多分)同じ操作を行ったら予約出来たので、結局使わなかったけど。

まあ、自分の様な爺さんにはネット予約より、対面の方が簡単と思える事も多い。
ZIPAIRの予約も次回以降からは、そんなに迷わないと思うが、操作中にエラーが出ると神経が疲れる。

でも、ZIPAIRの予約システムはエアアジアと比べれば操作性はいい。

エアアジアの予約システムは、入力の画面数が多い(画面が細か過ぎる)事と、モタモタしているとタイムオーバーで切れる事、誤入力したとき英語が出て来る事、一度誤入力すると回復が難しい事など、顧客の操作の容易性を十分に配慮してない。


次回は「チェンライでPCR検査」について書く予定です。
更にその次に、チェンライ→バンコク→成田→自宅を一気に書くか2回に分けて書く予定です。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月24日 (日)

空腹人、スワンナプーム空港内を走る

2021/10/14(空腹人、スワンナプーム空港内を走る)

いよいよ日本帰国の最終段階。
ZIPAIRの搭乗手続き。

ここで躓くと、今までの苦労や、投資(?)したお金がパーに成る。
普通に考えれば、問題ないハズだが、PCR検査の陰性証明書にほんの少し不安が有ったので、早いとこクリアしたいと思っていた。

で、ZIPAIRのチェックインが行われる予定のFカウンターのそばの椅子に座って待って居た。
チェックインの開始時間が分からなかったので、出発便の情報掲示板を見たり、カウンターに人の動きが無いかを見ていた。

ZG052便は23:30発の予定なので、3時間前にチェックイン開始なら、20:30からチェックインの手続きが始まる。
果たして、20:30に係員らしき人達が来て、カウンター内で待機したように見えた。
情報掲示板にも、チェックインオープンの表示が出た。

が、まだ誰も並んで居ない。
自分の経験では、エアアジアなど、搭乗手続き開始の時間には既に結構人が並んで居るが、チェックインカウンターの周りにはまだ誰も居ない。
(後で分かったが、乗客が非常に少ない便だったので、チェックインする人自体が殆ど居なかった為だと思われる)


O1_20211023234401
ZIPAIRのチェックインカウンター(チェックインを済ませた後に撮影)

カウンターに近付いて担当のお兄さんと目が合ったら、どうやら、チェックインOKらしい。
(多分、自分がチェックイン1人目だった)
で、用意したパスポートを提示して、「PCR検査の結果は必要ですか」、みたいな事を何となくのタイ語で話したら見るらしいので、先日シーブリン病院で書いて貰ったコロナの陰性証明書を見せた。

係員のお兄さんは、隣のお兄さんと何やら相談したので、ちょっと不安がよぎったが、直ぐにOKに成って、チェックインは出来た。
最後に、「質問票Webの到着前入力をお願します」という数枚の用紙を渡された。

無事、搭乗手続きが出来たので一安心。

ZIPAIRはLCCだが、機内での食事は予約してある。
しかし、それまでにはまだ時間がある。
安心したら強い空腹を感じたので、搭乗前に何か食べて置こうと思った。

キャリーバックは預けたので、持っているのはショルダーバッグだけ。
身軽に成って動き回り易く成った。


O2_20211023234901
スワンナプーム空港3階の食堂街

国際線搭乗手続きフロアは4階なので、下の階、3階の食堂街に行けば何か有るだろう。
そう思って3階に行ったが、お店は全部閉まっている。ていうかお店自体が無い。
コンビニぐらい無いかと思って、明るい光が見える方まで歩いて行ったが光の元はコンビニでは無かった。

どうやら、この階では食べ物にありつけそうも無い。
端の方に掃除のオバサンらしき人が居たので、「腹が減ってしょうがない」「何処かに食堂はないですか」と聞いたら1階に有ると教えてくれた。


O3_20211023235701
エスカレーター

エスカレーターを乗り継いで1階へ行った。

しかし、食堂らしき物は見当たらない。別に食堂でなくてもいい。コーヒーショップとサンドイッチでもいい。
しかし、それも見当たらない。

少し焦っていた。まだ時間は有るが、そんなにゆっくりもしていられない。速足で歩きまわった。

エスカレーターの近くに居た、職員らしきオバサンにまた聞いた、「この辺に食堂は有ります?」。
オバサンは食堂の有る方を指差して教えてくれた。

しかし、指差してくれた方に食堂は見当たらない。進んで行くとトイレの案内が有った。この先はトイレか?。
しかし、これは勘違いでトイレも先に有るのだが、さらにそのかなり先に食堂が有った。


O4_20211024000801
空港の一番端にある食堂の入口

そういえば此処、過去に何回か来た事が有る。
MAGIC FOOD POINT て、ドンムアン空港にも有ったがその系列店かもしれない。

閉店時間が心配だったが、どうやら24時間営業らしい。


O5_20211024005201
客は少ないが、ちゃんと営業している様だ

やっと何か食べられそうだ!。これはかなり嬉しかった。

気分としてはラーメンを食べたかったので、それらしいお店を探した。


O6_20211024005501
クィティオ屋

こういう庶民的なタイ料理のお店では、カオマンガイを食べる事が多いが、今日は麺類が食べたかった。


O7_20211024005701
本日の夕食(夜食?)

クィティオ・バミー・サイムー(かな?)とコーラ。

下の青い紙は10バーツのクーポン。
今時、紙のクーポン食堂は珍しい(?)。今は殆どカードだと思う。

お腹が空いて居たし、食べたいと思っていたラーメンに近い物が食べられたので一応満足。

という事で、食べ終わって4階に戻って、搭乗待合室へ向かったのでした。


備考。
この記事は搭乗待機エリアで空港Wi-Fiを使って途中まで書いたものを、今(2021年10月24日、AM1時頃)杉並の自宅で書き終えたものです。
最後の方は9日前の事を書いたので、細かい事は忘れていました。
食事の値段も普通はメモを取りますが、今回はメモが無かったので、多分クィティオが55バーツでコーラが20バーツだったと思うのですが、ハッキリ覚えてません。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月21日 (木)

FIRE

2021/10/21(FIRE)

初めての英語タイトル。

FIRE・・・FIREって言葉を聞いた時、fire って火の事?、火事の事?、と思った。
それにしては、会社を退職する話とかにFIREって言葉が出て来るので、何でそれがFIREなんだ?。
多分、自分がFIREのスペルを勘違いしていて、FIREは別の単語なのか、あるいは、お尻に火がついて会社を辞めるとか、そんな意味で使われているのかとも思った。

fire をグーグル翻訳で翻訳すると、「火災」「火」「火事」「射撃」とかの意味が出て来る。
これでは、最近よく聞くFIREの意味がやはり分からない。

グーグルで「fire」を入力すると、「fire とは」というのが有ったので、それで検索してみた。
すると・・・。

FIREは「Financial Independence, Retire Early」を略した言葉で、「経済的自立と早期リタイア」という意味らしい。

別に、お尻に火がついて収拾が付かなくなって会社を辞める、という事では無いらしい。

なんか最近流行っている言葉らしいが、なんの事はない、自分が20年前にやった事だ。
っていうか、チェンライの知り合いの殆どがFIRE人だ。
新しい事でも、珍し事でも、何でもない。


まあ、ちょっと思い付いたので自分のFIRE人生(?)について語ってみたい。

自分の場合、最近よく聞くFIREというのとはちょっと違うが、結果としては今の FIRE に似ている。

今の FIRE は、「早期リタイヤを目指して計画的にお金を貯める、そのお金を投資で運用して増やす、生涯に使うお金を計算してリタイヤ出来る見通しが立ったらリタイヤする」そんな感じのものだと思う。
最初から「早期リタイヤ」という目標が有って、そのために資金管理と運用を行う、そういう事。

しかし、自分の場合は最初から早期リタイヤという目標が有った訳ではない。
資金の運用、投資はしたが、それも老後の蓄えという気持ちも有ったが、どちらかというと、ゲームのコイン集め感覚に近かった。

ちょっと考えが変わって来たのは、1990年頃から(正確に覚えてない、もう少し前からだったかも知れない)、遊びでやっていた株が儲かり出した事。

・・・このお金で何か出来るかもしれない・・・。

バブル景気の頃も少しは儲かったが、「凄く」なったのはITバブルの時。
この頃はほぼ100%儲かった。
証券会社の担当の方が、半分お世辞だろうけど「○○さん、どこから情報を仕入れているのですか?」と驚くくらい連戦連勝だった。

株の話を会社でする事が有って、「○○そんなに儲けたって使い切れないだろ~」と言われた。
この言葉は第1のターニングポイントに成った。

確かに、「もう給料が無くても一生お金に困らない」。
同時に、折角集めたゲームのコインの何か有効な使い道はないものかと考えた。

そんな時、在職25年で10日間の休暇が与えられた。
リフレッシュ休暇で何処か旅行にでも行きなさい、という事だったと思う。一時金のようなものも出た。

ここで、タイ好きの先輩に頼んで一緒にタイに旅行にやって来た。
これが第2のターニングポイントに成った。

・・・面白かった・・・

まるで昭和にタイムスリップしたような懐かしい感覚が心地よかった。
もう、会社なんか辞めて、ここでのんびり暮らすのもいいかな、と思った。

旅行から戻って、それでも仕事は普通に続けていたし、特に、リタイヤする為の準備というのはしなかった。
次に、旅行に行く時の為にタイ語の勉強をした事を除いては・・・。

約1年半後、第3のターニングポイントがやって来た。
会社が「50歳の社員に対し、今辞めれば退職金を少し上乗せする」という噂が聞こえて来た。
50歳目前の自分としてはこれはチャンスかもしれない。

別に、肩たたきをされた分けではないが、会社が、辞めたい方が居れば応援するので辞めて下さい、と言っているようなものなので、辞め易い。
退職金の上乗せ分は大した事はないが、何もない時に退職を言い出せば、元々の退職金が削られることを考えればやはりチャンスだ。

実は、この時、大儲けしたハズの株価はITバブルが弾け掛かって、大分目減りしていたのだけど、まだ、残っている。
自分は独り身だし、退職金、将来の年金、当面の失業手当、それに株資産などを足せば何とか成る。将来的にお金が不足すればその時、働いてもいい、そう思った。

退職を申し出た後暫く、3ヶ月程仕事は続けたが、その間も株は下がり続けてヒヤッとしたが、もう後戻りは出来ない。


という事で円満退職して、暫くは空港に近い成田に引っ越して、タイと日本を行ったり来たりの呑気な生活を楽しんだ。
その後、子供が出来たり、奥さんが出来たりして、タイに比重を置くように成って、成田のアパートは引き払って日本の本拠地は元居た杉並に戻した。
タイの方も最初はバンコクだったが奥さんの希望でチェンライに移った。

生活費の方は、暫く下がり続けた株もリーマンショックの前までに少し戻った。
大きかったのは、リーマンショックの時、株の持ち高を減らしていた事で、リーマンショックでのダメージが比較的軽く済んだ事と、その後の反転期に資金をつぎ込んで、その分の収穫が結構あった事。
自分にとってはリーマンショックはその後1年程度でみればかなりのプラスになった。

最近は何故だか良く分らないが、株価が高くなっているので、最近の生活費もなんとかなっている。
(実際には年金も有るし、そこに奥さんとか子供の加給年金も付くのでそれは意外と大きい)

まあ、株とか資産なんてフワフワしたもので、「一転して○○」なんて事も有るのでこの先も安泰とは限らないが。
しかも、リタイヤした最初の頃に考えた「将来的にお金が不足すればその時、働いてもいい」、という考えは、今となっては成り立たない。
自分の労働価値なんて二束三文にもならなくなった(高齢だからね)。
しかし、あれから20年経っているので、寿命とか考えるとそろそろ「逃げ切り」という気もする。

今敢えて、問題点を言えば配偶者の底なしの金遣いで、これはコントロールがちょっと難しい。


まあ、それ程計画的にFIREした分けではないが、結果的にはFIREした形に成って、もし、50の時にFIREしていなければ、今頃は天涯孤独で家で逼塞していたかもしれない。
(FIREと天涯孤独は直接の関係は無いが、FIREで吹っ切れて、自由にタイで動き回れた事が大きい)

配偶者や子供に気を遣う事もない生活も、それはそれでいいかもしれないが・・・?。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月18日 (月)

帰国4日目

2021/10/18(帰国4日目)

10月15日(金)の朝、成田空港に着いて今日は4日目。

帰国準備の話や帰国途中の出来事など、まだ書いてない事は色々あるがそれはその内書くとして、今は現状をざっくりと記して置く。

先ず、帰国に当たって一番心配していた家の事、泥棒に入られてないかとか、ガラスが割れたり、水漏れしたりとか、家の何処かに破損した所はないかとか、そういう事は無かった。

鍵を開けて家に入ると、電気もガスも点いたし水も出た。

家の中の異変といえば1つ。
風呂場に(多分)ネズミの糞が沢山落ちていた事。
家を空けた8ヶ月半の間の何処かで紛れ込んだが、エサは何も無い(?)ので出て行ったのだと思う。

コロナが無い時は、空港から電車で帰って、荻窪駅前の松屋で「カルビ焼肉定食」を食べるのが恒例だったが、今回はコロナ対応のハイヤーで来て、自宅以外で降りる事は建前上出来なかったので、途中、何処にも寄れず、買い物もしていない。

お腹が空いて居るが8ヶ月振りの家には食べる物もない。
(インスタントラーメンと乾パンは有った)

しょうがないので、先ずは近所のジョナサンへ何か食べに行く事にした。

尚、2週間は自宅待機だが、外出は全くダメという事ではないらしい。

成田空港でスマホに「入国者健康居所確認アプリ(MySOS)」というのをインストールされ(係のお姉さんがやってくれた)そこに出て来るメッセージの一部に、「極力外出は避けて、出掛ける時はマスク・・・公共交通機関は使わずに・・・」というような事が書かれていた。
なので、生活の為の必要最低限の買い物や食事はOKと解釈した。

この「MySOS」アプリ、かなり煩わしい。
「居所確認」の通知、「健康状態確認」の通知、「居所確認で顔の確認」の通知、の3種類の連絡対応をしなければならない。

「居所確認」は受け取ったら直ぐに「現在地報告」をしなければならない。なので、朝9時頃寝ている時でもスマホが鳴れば出なければならない。
「健康状態確認」は直ぐに出る必要は無いらしいが、スマホが鳴れば出るので同じ事。
「顔の確認」も通知が来れば出なければならない。

昨日は、居所確認が2回、健康状態が1回、顔の確認が1回の計4回通知が来た。
いつ来るか分からないので、(寝ている時、昼寝している時、風呂に入っている時、ウ○コしてる時も)常に気にしていなければならない。
なんか、人権侵害のような気もする。

大体、帰国する3日前と帰国当日にコロナの陰性である事の検査をしているのだから普通の日本人より安全だと思う。
(非常に感染率の高い地域とか、日本で流行ってない新型のコロナの有る地域なら別だけど)

まあ、ルールだからしょうがないし、こんな非常時に国家間の移動をするなど「もってのほか」という事なのだろう。

基本、外出は出来ないので、暫くは家で出来る事を先にやる事にして、先ずは溜まっていた郵便物、約200通の整理から始めた。
最初は、「税金など役所関係」「株関係の会社からの通知」「広告、その他」に分類した。

コロナのワクチン接種の連絡が来ていたので、真っ先にその対応。
2週間は原則外出禁止なので、そこにワクチン接種の申し込みをする事は出来ない。
なので、外出解禁を待って10月30日と11月20日の2回分のワクチン接種の予約をした。
どうせやるなら、と思っていたファイザーなのは良かった。

それ以外には、株関係の手続きを幾つかやった。
例えば、イオンがキャンドゥに対して株の公開買い付けを実施したのでその対応とか。
(これは、たまたま帰国のタイミングと重なったって幸運だったかも。ちょっとだけど儲かりそうな気配)

税金・年金関係の通知も26通程来ていて、その内の何通かは「滞納・督促」の連絡だと思うので、次にはこれをやらねばならない。

まあ、大変な面もあるが、1人暮らしで気ままに好きな様に時間を使えるのでその点はいい。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月14日 (木)

屋台村の夜

2021/10/13(屋台村の夜)

奥さんとちょっとした用事があってバンコクにやって来た。
今日はプラディパットという1泊700バーツのホテルに宿泊。

此処は、バンコクの北側、パヤータイと言われる地域でバンコクの中心部からは少し外れている。
東京で言えば北区赤羽よりやや北側、埼玉県蕨市や川口市までは行かない感じか。
地方都市の雰囲気が漂っている。

奥さんと一緒にバンコクに来る時はラッチャダー・ソイ3のMホテルが定宿だが、電話をしたら宿の営業は今は停止中という話だった。
次に、スクンビット・ソイナナ辺りの過去に4~5回宿泊したホテルに電話したら、ここは電話自体が通じない。
やはり、コロナの影響で4~5年前とは大分状況が変わっているのか、たまたまか?。

次に6年前に宿泊した事がある、プラディパットというホテルに電話したら、やっと予約が取れた。
まあ、明日はタクシーで出掛ける積りなので、ホテルの場所は何処でもいい。


P1_20211014001801
プラディパットホテル

チェンライからはエアアジアで来たが奥さんは、飛行機に乗った時から「お腹が空いた」と言っていた。
それを、バンコクに着いたら、とか、ホテルに着いてから何か食べようね、と引き延ばしていて、いよいよホテルに着いたので何処かに連れて行かねばならない。
奥さんはバイヨークスカイのビュッフェに行こうとか、ソンブーンシーフードに行こうか、とか言っているが、(多分)そろそろ閉店時間。
結局、それも諦めて、では、どうする?。

ホテルの窓から外を見たら1軒、クィティオの屋台らしきものが見えた。
しょうがない、他になければそこに行こう。そう思って、奥さんを連れて外に出た。


P2_20211014005201
暗闇の中に何かの屋台

ここなら何かしらの食べ物はあるだろう。

しかし、周りを見ると此処の右側へ少し行った所に何やら明るく輝いている一角がある。

ひょっとしてこれは・・・。


P3_20211014010001
空腹人達の夜のオアシス?

誘蛾灯に引き寄せられる虫の如く、自分と奥さんは光に引き寄せられて行ったのでした。


P4_20211014011001
夜のオアシス(本当は屋台村)入口付近

これは予想以上に大きな屋台村だ。

その一角に席を取り、そこで食事を摂る事にした。


P5_20211014012301
奥さん、食事中



P6_20211014012401
迷人も食事中



P7_20211014014801
本日の夜食

オムライスの下にあるソーストンカツは最初チキンかな?と思って食べたが、日本のトンカツとほぼ同じ味でかなり美味しかった。
あと、一番上のヤムウンセンかソムタムみたいのは、牡蛎みたいな貝が入っていて、タイ料理をそれ程好きでない自分としても、意外と美味しかった。

値段は、上記4品と甘いお茶もどき飲料とコーラを含めて、全部で494バーツ。
まあ、屋台としてはこんなもん。
面白がって、注文し過ぎた?。

こういう雰囲気、タイらしくて好きです。
夜風が涼しくて気持ちがいい。

予想外にいい屋台村がホテルの近くに有って、ちょっとした観光気分も味わえて、ちょっと得をした気分。
6年前に来た時はこの屋台村の存在に気が付かなかった。
もしかしたら、それ以降に出来たものかもしれない。


ちょっと注意をして見ていて気が付いた。

ビールなど酒を飲んで居る人が居ない。
ピッチャーの置いて有るテーブルが多いが、それはビールではない。
ムーカタのスープの様な物。
透明なガラス瓶に入っている様な、ビールみたいに見えるのも、よく見るとプラスチックに入った甘茶系飲料らしい。
そう言えば、酔っぱらって大きな声を出す人も居ない。
皆さん、友人や家族同士、彼氏と彼女で大人しく食事をされている。


P8_20211014020601
食事中の皆さん

タイの人って、こういう場所で大きな声で騒ぐ人は元々少ないが、それにしても静かで落ち着いた雰囲気で食事をされていた。
(チェンライの邦人は、高齢者が多いというのも有るが、大きな声で騒ぐ方も結構居る)(自分も)


P10_20211014021201
酒類を売っている(?)お店

酒類を売っているお店が有ったので、皆さん、此処で買って飲んで居るのかと思ったが、見ていると買っている人が居ない。
近寄って見ると、売ってはいるがテイクアウト専用だった。

折角、ビールを飲むにはいい所なのに、お客によってはちょっと残念かも知れない。
自分は、元々今日は飲まない積りだったので関係ないが・・・。


という事で、さあ明日(14日)は忙しいぞ。


追記。
実は、今、2021年10月14日(タイ時間)22:50、この記事をスワンナプーム空港で読んでます。
次の記事が書き掛けですが、もう搭乗開始なので、それは帰国してから書き上げる事にします。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月13日 (水)

帰国準備中(迷惑メール)

2021/10/13(帰国準備中)(迷惑メール)

帰国準備中です。

本当に必要なのかイマイチ疑っているが、今は、帰国後の公共交通機関の使用は出来ないらしい。
前回、昨年の8月に帰国した時もコロナ対応のハイヤーを予約してから帰国した。

で、今回は京成トラベルを利用してコロナ対応をしてある、京成スカイライナーとハイヤーで杉並の自宅に帰る事にして、「京成スマートアクセスプレミアム」(20000円)というのを申し込んだ。

京成トラベルのホームページから申し込んで、「お申し込みを受け付けました」と成った。

この時点でまだクレジットカードの情報(支払い情報)は入力してない。
後は入金を指示したメールが来るものと思っていた。

申し込みをしたのが夜中だったので、日本時間の11時(タイ時間9時)にメールを見た。しかし、まだ来ていない。

ちょっと心配だったので、質問文書を書いて、念の為、確認のメールを送った。
しかし、それから2時間待ったが何の連絡も来ない。

ますます、心配に成ったので、直接日本に電話して聞いてみる事にした。

「京成スマートアクセスプレミアム」のページにはフリーダイヤルしか載ってないので、他の京成トラベルのページからスカイライナーの窓口の電話番号を調べて国際電話をした。

これは直ぐに繋がった。
番号がここでいいのか初めに聞いたら、電話に出た方は既に状況を理解していた。
自分が朝送った、確認メールを見ていたらしい。

「ご予約は出来て折ります」「返信のメールは迷惑メールに有るかも知れません」「入金は当日、窓口でもOKです」みたいな事を言われた。

良かった、一安心。

それから「迷惑メール」を見たら・・・来ていた。


Q1_20211013143201
迷惑メールと判定されたメール(一部編集してあります)

「迷惑メールに入っている可能性もあります」と言われたって、このメール自体が迷惑メールに入っているのだから分からない。
(京成から来たメールは全部、迷惑メールに入っていた)

実は、迷惑メールに入っていたのを気付かなくて困ったという経験は過去に無い。
「迷惑メールに落ちているかもしれない」という事は全く思いもしなかった。
(もしかしたら、過去に気が付かなかった事があったかもしれない)


只今、アタフタ・ドタバタと帰国準備中です。

PCR検査でコロナの陰性も確認して証明書も貰ったし、国内線・国際線のチケットも買ってあるので、問題は無いハズですが、何か見落としが無いか不安はあります。
一番はPCR検査の内容と書式が合っているかですが、外務省のページからサンプルをコピーして、同じ物がシーブリン病院にも用意してあったので多分大丈夫だと思ってます。
しかし、作成過程でちょっと ? な事があったので、それが少し引っかかってます。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月11日 (月)

アクアテールカフェ3

2021/10/10(アクアテールカフェ3)

ちょっとした用事が有って空港付近に来たついでにアクアテールカフェに寄った。

お腹が空いて居る時、自分の場合は出掛ける前に食べる、というのがデフォルトだが、奥さんの場合は出掛けた先で食べるのがデフォルトらしい。
というより、自分は家で食べるのが普通と思っているが、奥さんは外で食べるのが普通と思っている節がある。
或いは、自分の場合、食事は作って食べる物と思っているが、奥さんの場合、食事は買うものと思っているらしい。
(タイ人の屋台好きの理由の一つはここから来ている気がする)

お腹が空いた時、自分は「何を作ろうか」と考えるが、奥さんは「何処に食べに行こうか」と考える。

なので、何かの用事で出掛けた時、奥さんに「お腹が空いたので、何処に行こうか」と誘われる事が多いが、その時、自分はお腹が空いてない事が多い。

今日も、自分は昼ご飯に牛丼を食べてお腹が空いてなかったが、奥さんは牛丼を食べないので、お腹が空いて居た様で、用事が終わった時、「何処かに食べに行こう」という話に成った。
しょうがないので、コーヒーぐらいなら付き合ってもいいか、という事で「アクアテール行く?」と言って、此処にやって来た。

アクアテールカフェは空港からは比較的近い。


S1_20211011014401
アクアテールカフェ

此処は小高い丘(?)の上に有って、雰囲気がいい。
飲み物や食べ物も種類は少ないが、そこそこ美味しいし、値段的にも雰囲気を加味すればコスパはいい。


S2_20211011014701
いつものお約束、記念撮影

まあ自分もブログを書いているので写真は撮るが、奥さんはそれ以上にSNS用に写真を撮りまくる。


S3_20211011014901
アクアテールカフェの店内

自分の注文は手前のカフェラテだけ。
他の3つ、ケーキとオムライスみたいのと、アイス・モカは奥さんの注文。
まあ、全部で290バーツだから、そんなに高くない。
スタバだったら軽く500バーツは超える。


S4_20211011015301
本日のメニュー

奥さん、3品も注文して、そんなに食べられるのかよ?、と思ったが、本当にお腹が空いて居たらしくて結構食べた。
まあ、オムライスみたいのは自分が半分手伝ったし、アイス・モカは半分以上残して持ち帰りしたが。


本日の新発見は此れ↓。


S5_20211011015801
綺麗な蝶々?

テーブルの上に瓶が置いて有って、中に蝶々らしき物が居る。
最初、動かなかったので死んでいるのかな?、と思って瓶を手に取って見たら、突然バタバタと動き出した(瓶の中で飛び回った)。

生きているのか?、本物の蝶々か?。


S6_20211011020201
蝶々?

動かなく成ったので良く見ると、どうやら本物ではない。
羽の模様も薄い金属の様な素材に書いたものらしい。

それにしても良く出来ている。

瓶の中を飛び回る様はまるで本物の蝶々のよう。
こんなの初めて見た。

静電気か何かで、人が瓶の蓋に触れると反発して羽をバタバタさせて飛び回るように見えるらしい。


S7_20211011020801
羽を開いて止まっている蝶

自分は余り物を欲しがらない方だが、このおもちゃ、欲しいと思った。


今日はもう1匹、動物との触れ合いがあった。


S8_20211011021101
なついて来た(?)子猫



S9
アクアテールカフェに居た子猫

掴み上げたいと思ったが、奥さんが動物に触れるとうるさいので、軽くタッチしただけ。

この後、直ぐに手を洗わされた。

カマキリやトンボは平気で手掴みするのに、犬とか猫は汚いと思っているらしい。
まあ、正解かもしれないが。

タイって意外と(?)犬とか猫の多い国です。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

2021年10月10日 (日)

新しい家(台所)

2021/10/10(新しい家)(台所)

チェンライ郊外に準備中の「新しい家」は建売を買ったので建物自体は最初から出来ているが、内装や外装工事はまだ続いている。

今回は「台所」編。


U1_20211008110501
キッチンにする予定の部屋、2021年6月6日撮影

給排水の準備は出来ているが、まだ流し台も、調理器も、換気も、作業台も、収納も、何も無い。ガランとした空間。


U5
キッチンらしく成って来た部屋、2021年10月6日撮影

左に流し台、右に調理台などを設置済み。中央の箱は冷蔵庫。

ここの内装は近くの HOME PRO で買った物で揃えた。
奥さんが、同じムーバーンに住む友人の家の内装を見て(ほぼ)同じ物で揃えた。

内装も外装も基本的に奥さんの好きな様にさせている。
自分が口を挟むと喧嘩に成るし、無理に自分の意見を通しても、結局後で奥さんのしたい様に改修する事に成るので、無駄を避ける為に好きな様にさせている。

パーンの家でも、今のコンドーでも、随分無用な設備にお金を使った。
暮らしの為に必要な設備と考えると口を挟みたくなるが、奥さんの虚栄心と趣味の為に「お金をあげている」と思う事にしている。
そう割り切らないと、頭が痛くなる。
今回の新しい家の内装や外装に掛るお金の何割かは、「暮らしに役立つ為」というよりは奥さんを「一時的に満足させる為」のもの。

そもそも、新しい家を持つ事自体にそれ程の意味を感じていない。
ていうかマイナス。
初期コストの他に、管理費や維持費がコンドーと新しい家の両方に掛って来る。
街の中心部(?)から離れる事によって、センタンやBIG-C、「作」などにも歩いて行き難く成る(歩いて行けなくなる?)。

新しい家を買った利点は、少しは(注)、奥さんの虚栄心に答えられた事。
(注)
でももう既に近所の家を見て、「あそこの家は8百万バーツ(8ラーンバーツ)だとか、あそこの家は10百万バーツ(10ラーンバーツ)するベンツが有るとか言い出していて結局切りがない。

この話を知り合いにしたら、「でもタイは安いよね」と言われた。
確かに日本ならちょっといい感じの家の値段は2000万円とか3000万円では済まないかもしれない。
(タイは家は安いが、車は日本より遥かに高い)
でも、ここは(土地の安い)チェンライの田舎。

新しい家を買ったもう一つの理由は、娘に部屋を与えたかった為。

一番いいのは、今のコンドーで部屋の近くにもう1部屋借りるか、買うか、する事だったが、それは奥さんに拒否された。

今のコンドーは出歩くにも便利だし、フィットネスジムも使い易い。
新しい家のムーバーンにもジムは有るが歩いて3分ぐらい掛かる。


と云う様な愚痴はこの辺で止めといて・・・。


U7_20211008125501
調理台と収納、排気設備

左のスペースには冷蔵庫を置く予定。
加熱はIHヒーターで行う。
(ここはガスにするか迷った)
収納が比較的多めで使い易そうなのはいい。

排気ダクトは写真中央の銀色の排気管から右側に有って、外に排気する様に成っている。(
排気ダクトが見えない様に板で閉じられたが、これは自分の予想外の事で、排気管の左側の部分()は収納スペースにしたかった。
排気ダクトが見えないというのも自分は不安を感じる。
(煙が漏れるとか、火事とか、虫の隠れ家にならないか、という心配)

それでも、排気に関する設備は今のコンドーから比べると格段に進歩した。
コンドーの設備(これも奥さんが手配)は排気用のファンと排気管は有るが、外に繋がる排気ダクトが無いので、何の為の排気設備か、殆ど役に立たなかった。
これは、「排気ダクトが無いと、排気管だけ有っても役に立たないよ」と再三奥さんに念を押したのでやっと理解したようだ。


U9_20211008131601
流し台

右の空きスペースにも冷蔵庫を置く予定だったが、今、考えた事は「電子レンジを何処に置くか」。
IHヒーターの横の窓際かな?。


と、こんな具合でまだまだ準備中の状況です。
そろそろ自分はタイを離れようと思っているので、タイに居る間にどこまで出来るか。
基本的に奥さんの好きな様にさせるので、自分が居なくても構わないハズですが、次に訪タイする予定の12月末か1月末頃には、もう完成(?)しているハズ。


余談、娘との会話。

娘・・・ママは(新しい家が出来て)その台所が使える様に成ったら料理をすると言ってたよ。

私・・・すると思う・・・?。

娘・・・(否定的な意味の無言)

もし、新しい家が出来て奥さんが料理をする様に成ったら大進歩だ!・・・まあ、無いと思うけど・・・。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月 9日 (土)

ひまわりの芽の玉子とじ

2021/10/07(ひまわりの芽の玉子とじ)


V1_20211008044201
本日(10月7日)の昼食

ちょっと食べてから写真を撮ったので、少なく成ってます。

今回の目玉は「ひまわりの芽の玉子とじ」。
これは、自分のオリジナル(他にも同じ食べ方をする人は居ると思うけど)。

最近「ひまわりの芽」を良く食べる。
日本ではどうなのか知らないが、タイでは流行っているらしい。
で、ネットでひまわりの芽について調べて居たら、「炒めて食べる」と言う事がチラッと書いてあった。
家(うち)はこれは奥さんの好物で生のままサラダで食べていたが、「炒める」という手も有ったのか。

取り敢えず、ベーコンと一緒に炒めたら旨いかなと思ったが、それだけでは物足りない。
玉子も一緒に入れたらもっと美味しく成るかもしれない。
で、味付けはどおする?。
鮑ソースで味付けしたら更に美味しく成りそう。

と言う事で、作ってみた。
フライパンを使う。
最初にベーコンで油を出して、いい感じになったらひまわりの芽を入れて炒める。
その時、鮑ソースで味付けする。
ほぼ炒め終わったら、最後に溶き玉子を流し込んで、玉子がふわっと固まって来たら完成。

試食してみたら、結構いける。
最初は、鮑ソースを入れ過ぎてちょっとしょっぱかったが、娘にはうけた。
それが1週間ほど前の話。

で、娘に催促されてまた作った。
作り方は前回と同じだが、今度は鮑ソースの量を減らして、途中で味見もちゃんとして作ったので、前回以上に美味しかった。


他には。

シャインマスカットとブルーベリーのフルーツ。
この組み合わせが今一番気に入っているフルーツの組み合わせ。

キュウリの浅漬け。
日本品種のキュウリと塩と旨味調味料を瓶に入れてシャカシャカやっただけのもの。
2日前に作ったものだが、水分も適度に抜けていて、塩も旨味もいい感じで浸み込んで、このぐらいが一番美味しい。
もっと沢山あったのだが、娘がぼりぼり食べてしまって、「写真撮るから」と言った時はもう3つしか残って無かった。

ワカメと豆腐の味噌汁。
旨味調味料も使ったが、一応、カツオ節で出汁を取った。

カレーコロッケ。
マクロで買ったものを揚げただけ。


全体的に、肉や魚が少ないが、ベーコンが少し有って、玉子も1人1個分あるから、まあまあかなと。
(昼食は娘と2人で、「ひまわりの芽の玉子とじ」に玉子を2個使っている)
野菜・果物類も、ひまわりの芽やキュウリ、ブドウ、ブルーベリー、それにコロッケ(ジャガイモ)があるから足りている。
敢えて言えば、塩分が若干多いかもしれない。
まあ、昼食としてはこんなもんでいいかなと。
あとは朝食や夕食で足りない物を補えば・・・。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月 8日 (金)

写真館で申請写真

2021/10/06(写真館で申請写真)

そろそろ日本へ帰国するに当たって、先ずはリエントリーパーミットを取る事にした。
リエントリーパーミットを取る為には、申請書が必要で、申請書には写真を貼らなければならない。

日本ならスピード写真で撮るところだが、チェンライにはスピード写真は(多分)無い。
なので、各種申請書類に必要な写真は写真館で撮っている。

タイの場合、人件費が安いので料金は日本のスピード写真とほぼ同じ。
写真館で撮ると、ちょっとした加工をしてくれるので便利なところもある。


Img_3961
写真館で加工中の写真

実際はTシャツを着て写真を撮っている。
それに、上手い事、顔とYシャツなどをくっ付けてくれる。

合成画面の下の方に実際に着ている横縞のTシャツと腕が写っている。
首とYシャツの位置を、違和感の無い様にピタリと併せるのが写真屋さんの腕。

まあ、それ程難しいとは思わないが・・・。

スーツとネクタイの組み合わせは色々有って、写真のブルーのネクタイってのは自分のセンスには合わないが、この写真は申請書に貼って提出するだけで、VISA申請の時の写真の様にパスポートに残るものでは無いので、まあ、何でもいい。

あと、ルールは忘れたが、タイのイミグレって姿格好にうるさいところがあるので、Tシャツよりは襟付きの方が無難だと思った。
(チェンライのイミグレは入館時、原則Tシャツ禁止。襟付きでなければならない。短パンも不可)


W2_20211008033401
写真館の入口付近

KONICA EXPRESS とか PHOTO EXPRESS と書かれている。

コニカミノルタと何か関係があるのか?。

場所はウィアンインホテルの近くでチェンライ市のほぼ中心。


W3_20211008034001
左にウィアンインホテルの看板が見える

この写真を撮る直前にサムロー(人力三輪車)が通ったので、写真に収めようと思ったが、もたついている間に通り過ぎてしまった。残念。
代わりに、右にトゥクトゥクを入れた。


W4_20211008034401
撮影中

撮影室は2階に有る。
髪を梳かして、緊張して撮影。
顔の傾き加減とか、目線とか、細かく調整される。

因みに、後ろでこの写真を撮っているのは奥さん。


W6_20211008034701
ハイ終了

お疲れ様でした。


W7_20211008034801
写真を加工中のおじさん

今日は空いて居た。
他にコピー客が1人いただけで、写真の客は居なかった。

此処には10回ぐらい来ているが、今日は今迄の内で最短の6~7分で出来上がった。
申請用のサイズに合わせて4×6cmでカットしてくれて終了。
料金は200バーツ。大体700円だから日本のスピード写真と同じくらい。


翌日(10月7日)チェンライ空港付近のイミグレに行って、リエントリーパーミットの取得は無事終了。
因みに提出資料は、申請内容を記入して写真を貼った申請書、パスポートのコピーとパスポート、出国カード(TM6)の半券のコピー。
料金は、今回はシングルで取ったので1000バーツ。

客は数人居たが、殆ど待たされず(2~3分待たされただけで)資料を提出。
コピーした書類のサインや写真の下に電話番号を書かされた後、少し待たされて(3~4分)呼ばれたので1000バーツ払ってリエントリーの印を押されたパスポートを受け取って終了。

尚、今回のリエントリーの期限は、VISAの期限と同様の2022年4月27日。

イミグレに居た時間は、申請書の記入時間も含めて15分ぐらいだった。
尚、申請書は家で下書きして来た内容をイミグレでTM8の申請用紙に転記した。

記入内容自体は「2019/10/20 TM30・VISA・RE-ENTRY(RE-ENTRY)(新)」で書いた内容と同じで変わってない。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年10月 6日 (水)

そうだ日本、行こう

2021/10/06(そうだ日本、行こう)


X1_20211006232701



X2_20211006232801



X4_20211006232901

ユーチューブで漫画を見てたら帰国したく成った。

もういい加減、コロナで身動きが取れないのも飽きた。

「そうだ!帰国しよう!」

表題はJR東海のキャッチコピー「そうだ京都、行こう」のもじり。

やっぱり、チェンライの様な田舎に長く居ると、都会のビルやネオンが恋しくなる。
(漫画の街はちょっと昭和が入ってるけど)


X7_20211006233801



X8_20211006233801
「都会が恋しい」イメージ

自分の料理の知識の10%ぐらいは、この漫画で仕入れた。


以下は、JRの「そうだ京都、行こう」のパクリ。


X11
そうだ日本、行こう

今なら紅葉も見れる。


X12_20211007024701
そうだTOKYO、行こう

自分の場合だと(自宅が東京なので)KYOTO じゃなくて TOKYO。


ブログ村ランキングに参加中。


ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年10月 4日 (月)

新しい家(寝室の収納)

2021/10/04(新しい家)(寝室の収納)

タイの家は押し入れが無いので、収納が少ない。
タンスの様な家具を買う方法も有るが、取り敢えず内装工事をして収納場所を作った。


① 奥さんの部屋

Y1_20211001214901
奥さんの部屋の収納

3つある寝室で一番広い。他の2つの寝室を合わせたより広い。

物がどんどん増える奥さんの性格を考えると、2面取った収納場所も直ぐにいっぱいに成りそうな気がする。


Y3_20211001215301
別の角度から見た奥さんの部屋の収納

左の収納の右奥は洗面所兼トイレ兼シャワールーム。


② 自分の部屋

Y5_20211001220601
自分の部屋の収納

ちょっと奥行きを深く取り過ぎたかも知れない。
部屋が広ければ問題ないが、部屋の広さの割には収納が出っ張り過ぎたかも。

まあ、使って見なければ分からないところもある。

左奥が娘の部屋。

自分の部屋と娘の部屋の間に、湯船の有る風呂兼トイレ兼洗面所が有る。


③ 娘の部屋

Y7_20211002183801
娘の部屋の収納


④ 2階の部屋の配置図

Y10
2階の部屋の配置図は大体こんな感じ。

赤の矢印から撮った写真が以下↓。

Y9_20211002183801
奥さんの部屋の中から撮った写真

写真右側の作業室を中心に各部屋が繋がって居る。
作業室は階段で1階のリビングとも繋がって居る。


ちょっとした懸念。

実は、備え付けの収納スペースは有った方が本当にいいのか、ちょっと分からなくなっている。
内装工事をして収納スペースを作ると、タンスなどを置くより見た目はスッキリするし、スペースも隙間なく使えるのでいいと思って寝室には全て収納スペースを付けた。
まあ、確かに便利だとは思うが、備え付けにせず、ラックやタンスなどを買って置いた方が後々の変更が容易で柔軟性のある部屋の使い方が出来るような気もする。
確かに、奥さんの部屋の様に広い部屋なら備え付けの収納スペースは有った方がいいが、自分や娘の部屋の様に十分な広さの無い部屋では、大きすぎる収納スペースは邪魔になるかもしれない。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年10月 3日 (日)

奥さんの居ない日は

2021/09/29(奥さんの居ない日は)

奥さんの居ない日は好きな物が食べられる。

今日、奥さんはパヤオの友人の家へ遊びに行っている。
家に残されたのは自分と娘の2人。水曜日だけど、娘は、ネット授業で勉強の為、学校へは行かず家に居る。

という事で昼飯。
昨日、マクロで買ったサバが有ったので、それを食べる事にした。

昼飯は1人で。娘はまだ寝ている。


Z71
日本から買って来た「レンジで煮魚カップ」を使ってサバを煮る事にした

レンジでチンするだけなので簡単かと思ったが、思った程簡単ではなかった。
まあ、慣れてないというのもある。

カップより魚の方が大きいので切らなければならないとか、タレを魚に掛けてカバーシートに上手くタレを浸み込ませるとか、ちょっと面倒臭い。
別に、フライパンでやっても結局手間はそう変わらない。


Z41_20211001023201
本日の昼食(この写真は「マクロで買い物」でも使った写真)

「サバ」と「もやしみたいな野菜(ひまわりの芽)」と「納豆」。
なんか健康に良さそうな物ばかりの組み合わせ。

尚、「もやしみたいな野菜」も昨日(28日)マクロで買った物。
「和風たまねぎドレッシング」と「ゆずぽん」と「納豆」はTOPSで買った物。

チェンライで揃う材料でも日本食に拘ります。


で、夕食はこんな感じ↓。


Z73
本日の夕食

この前の記事「マクロで買い物」を読まれた方はお気付きかもしれないですが、「サーモン」と「ブドウ(シャインマスカット)」と「もやしみたいな野菜」は昨日マクロで買った物。

後の食材は、ワサビ、醤油、ゆずぽん、麻婆豆腐の材料の豆腐、豚ひき肉、玉葱、生姜、麻婆豆腐の素など、全てTOPSで買った物。
ついでに言うとご飯(日本米)もTOPSで買った物(マクロの日本米は未だ使ってない)。

これも健康に良さそうな日本食(麻婆豆腐は中華?)の組み合わせでした。

尚、麻婆豆腐はレシピを教えて娘に作らせた。
玉葱を使ったのは葱を切らしていたためで、ネットで玉葱を使った麻婆豆腐のレシピを調べて、娘に作らせた。


Z34_20211001014201
サーモン

前にも使った写真だけど、このサーモンの刺身はメチャクチャ旨かった。
本日のメインディッシュは麻婆豆腐ではなくて、こっち(サーモンの刺身)。


と言う事で(?)奥さんが居ないと、気兼ねなく日本食が食べられる。
また、マクロで買い出しした後は日本食の食材が豊富にあって嬉しい。

次は、サバのから揚げか、カキフライか、鰻重か、サーモンの刺身もまだ残っているし、シャインマスカットもまだ有る。
マクロで買った物ではないが、銀鱈も2枚有る。

海苔、ワカメ、味噌、納豆、大根、かつをぶし、鯖缶、イワシ缶、椎茸、味醂、料理酒、麺つゆ、ソーメン、うどん、ラーメン、なども有る。
娘も暇そうにしている。
(娘が暇だと、料理を作らせる事が出来る)

という事で、まだまだ、美味しい日本食を食べられる日々は続きそう。
まあ、奥さんが頑張って(?)居る時は少しはタイ料理に付き合わされるが・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


 

2021年10月 2日 (土)

マクロで買い物

2021/09/28(マクロで買い物)

前回の記事「チェンライのマーケット」の続きです。

9月28日にマクロで買った物を纏めました。
チェンライで(タイで)日本食に使えるどんな食材が手に入るか、いくらぐらいで買えるか、などの参考に少しは成る気がします。

尚、10月1日にコンドーの近くの、TOPSとBIG-Cで見て価格比較の参考に成りそうな商品はその価格を併記しました。


Z21_20211001012201
マクロの売り場

大部分の商品は倉庫の様にうず高く積まれている。


① 日本米

Z31_20211001012701
左の日本米を買った。

5kg、210バーツ(1kg当たり43バーツ)。

他に、4銘柄程あった。

因みに、日本米はTOPSで、コシヒカリの無洗米が2kg410バーツ(1kg当たり205バーツ)、福井米が2kg375バーツ(1kg当たり187.5バーツ)だった。
(なんか全然値段が違う・・・もしかしたら見間違ったかも)


② サーモン

Z32_20211001013901
サーモン

366g、261.75バーツ(1kg当たり715バーツ)。

因みに、BIG-Cでは、96gを171.75バーツで売っていた(値札に1kg当たり1790バーツと書かれていたので、計算は合ってる)。
TOPSでは、132gを283バーツで売っていた(値札には1kg当たり2150バーツと書かれていた、これも計算は合っている)。

値段だけで見ると、TOPSが一番高く、BIG-Cがそれよりやや安い、マクロは更にその半値以下。
しかし、マクロの刺身は今迄タイで食べたトロサーモンの刺身の中でも美味しい方の刺身だったので、TOPSの物やBIG-Cの物がその値段並みにマクロの物より特別に美味しいとは考え難い。


Z33_20211001014001
刺身売り場

マグロとサーモンを売っていた。
近くに、ワサビと醤油も売っていた。


Z34_20211001014201
マクロで買ったサーモン

366gの内の150gぐらい。美味しかった。
まだ半分以上冷凍保存してある。


③ うなぎ

Z37_20211001014801
うなぎ

1パック(約143g)、175バーツ。


F1_20210919195101
鰻重、2021年9月19日撮影

以前同じ物を買って料理した物が上の写真。
1パックの半分ぐらいを料理した物。75gぐらい。


④ サバ

Z40
サバ

1パック(550g)、139バーツ。

丸ごとのサバも売っていたが開くのが面倒なので「3枚おろし」のサバを買った。


Z41_20211001023201
右が今回マクロで買ったサバ

タレは以前、銀鱈を買った時のタレが残っていたのでそれを使った。
まあまあ美味しかった。

まだ3枚残っている(冷凍してある)。


⑤ カキフライ

Z44
カキフライ

1パック(10個、350g)、218バーツ。
1個当たり、21.8バーツ。

フライにして食べる。
同じものを以前に買って食べた。
牡蛎は好物なので美味しかった。
ただ、揚げ方が下手なのか、材料のせいかは分からないが、「作」で食べるカキフライの方が若干美味しい。


⑥ 牛肉

Z47
ケースに入った牛肉

写真と買った牛肉とは対応してない。

1パック(250g)、159バーツ。

牛肉は部位や産地が色々あるが、ちゃんと確認しないで見た目で買う事が多いので、失敗する事も多い。


A1_20210929012301
牛皿、2021年9月28日撮影

250gの牛肉を全部使って、玉葱などと煮込んで牛丼風の味付けにして娘と食べた。
(「2021/09/28 牛肉タップリ」に記載)
ちょっと固めだったが、美味しかった。
牛皿にするには、もうちょっと脂身の多い肉を、もっと薄切りにした牛肉の方が良かったと思う。


ここまでは、魚介類・肉類で買った物。
次は野菜・果物。

Z50
左側が野菜・果物売り場

写真には写ってないが、野菜・果物売り場の奥が魚介類売り場、更にその奥が肉類の売り場。
右側中央にはコメ売り場があるが、日本米の売り場は此処ではなく、倉庫の様に成っている売り場の中に有る。

コメ売り場の先の冷凍ケースの中に、加工されたウナギやサバやカキフライが置かれている。
その辺りには自分の好物が多い。


Z51
野菜売り場

前の写真の一番左側。
この辺は結構小分けしてあるが、単位の大きい物もある。


⑦ もやしみたいな野菜

Z57
もやしみたいな野菜

1袋(150g?)、19バーツ。

レシートを娘に読ませたら「トン・オーン・タンタワン」と言っていたが、日本語で何という野菜か分からない。
1袋で丼1ぱいを3回ぐらい食べられる(要するに丼3はい分ぐらいある)。
これは何故か、奥さんのお気に入りの野菜。

1つ前の写真の中央部分にも写っている。

6つ前のサバの食事の左側の野菜がこの野菜。
BIG-CやTOPSでも良く買う。


⑧ ブドウ(シャインマスカット)

Z55
ブドウ(シャインマスカット)

1パック(約480g)、139バーツ。

ブドウの種類は知らないで買ったのだけど、食べて見て凄く美味しいブドウだと思って、「もしかして、シャインマスカット?」と思った。
で、今、ブログの写真を見て分かった・・・やはり、シャインマスカットだった。
(一番目立つ所に大きく書いてあるじゃん・・・英語は嫌いだからちゃんと読まない・・・そういう事ではダメですね)
で、これも今、ネットで調べたら、タイには韓国産や中国産のシャインマスカットが輸入されて来るらしい。
暫く、このブドウを食べるのがクセに成るかもしれない(気に入ったので)。

追記。

TOPSでもシャインマスカットを売っていた。
山梨県産の物で、350gで859バーツだった。
マクロと比べると約8倍の値段。
日本産だから高いという事なのか、それにプラスしてTOPSのマージンが大きいのか?。


⑨ ロンコン

Z59
ロンコン

1kg当たり59バーツのロンコンを量り売りで1.716kg買って、101.25バーツ。

ロンコンは奥さんの大好物なのだけど、自分や娘は殆ど食べないし、1週間は持たないと思うので(美味しく食べられるのはギリギリ5日ぐらい?)1.7kgも食べられないと思うのだが、奥さん曰く「安い」という話しで沢山買ったらしい。

まあ、1.7kg、100バーツ、300円ちょっとだからいい。

因みに、TOPSでは1kg当たり79バーツで売っていた。


マクロでは食品以外のものも売っている。
今回買った物では↓。

⑩ ティッシュ

Z61
ティッシュ

32個入り、179バーツ。

写真のピンクの物をいつもはBIG-Cで買っている。
BIG-Cには犬マークのピンクのティシュは135バーツの物と195バーツの物の2種類売っていて、写真と(多分)同じ物は195バーツだった。


上記の他に今回買った物を写真無しで列挙すると。

○ ブルーベリー・・・125g、79バーツ。

○ ロールパン・・・15g×10個、60バーツ。

○ 玄米茶・・・300g、229バーツ。

○ ヨーグルト・・・1パック、78バーツ。

○ 玉子・・・10個、48バーツ。
(品質表示のタイ語が分からないので比較出来ないが、同じ10個入りのパックで、TOPSは49~107バーツ、最多価格帯は71バーツ。BIG-Cは39~85バーツ、最多価格帯は69バーツだった)

○ ソーメン・・・400g、60バーツ。

○ カップラーメン・・・1パック6個入り×3、 237バーツ。1個当たり約13.67バーツ。
(多分、同じ物、日清のトムヤムラーメンがTOPSで1パック3個、50バーツで売っていた。1個当たり16.67バーツ。これもTOPSの方が高い)

○ ブラウンケーキ・・・400g、220バーツ。

○ ゆずヨーグルト・・・6個、116バーツ。

以上、今回の買い物、しめて2728バーツでした。


余談。マクロでは見なかったが、いつも買っている豆腐がある。同じものがTOPSで29バーツ、BIG-Cで27バーツだった。やはり、TOPSの方がBIG-Cより若干高い。


おまけ。

どういう理由か分からないが、レジで清算した時に窓口で何かくれる様な事を言われて・・・。

Z64
奥さんがカップ麺を2個貰っていた。

大して美味しくもないカップラーメンを18個も買ったので、おまけに2個くれたのかな・・・?。

でも、なんか、ちょっと得した気分・・・?・・・27バーツ分ぐらい(清算金額の約1%)だけど・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼