« 利確継続中 | トップページ | 銀杏の黄葉 »

2021年11月30日 (火)

こんな物を食べてます3

2021/11/29(こんな物を食べてます3)

11月28日の1食目は、始めからブログに載せる積りで家に有る食材を集めた。


V2111282
11月28日、12時頃

しじみの味噌汁の素と豆腐、玉子と納豆と葱、子持ちししゃも、レンチンのご飯。


V2111281
11月28日、12時頃

焼豚、黒豆、海苔、野菜セット。


V2111283
11月28日、12時頃

12時だが本日の1食目。

ブログに載せる積りで用意したので、ちょっと張り切っておかずを集め過ぎた。
黒豆、海苔、納豆、葱、玉子、シシャモ、豚肉、ご飯、味噌、豆腐、しじみ、ワカメ、人参、キャベツ、もやし、玉葱、ニラ。
食後に日本茶も飲んだ。

タンパク質は、魚、豚肉、玉子。豆類は黒豆と大豆。海草類は海苔とワカメ。野菜は葱、人参、もやし、玉葱、ニラ。
他に豆腐やお茶も有って色んな栄養が揃っている気がする。

インスタント食品や、ほぼインスタント食品、最初から材料が揃っていて、炒めるだけとか、混ぜるだけ、レンジでチンするだけ、の様な出来るだけ手間を掛けない食事が自分流。
手間をかけて美味しい物を作ろう、ではなくて、出来るだけ手間をかけずに美味しい物を食べよう、という考え。

コスパも重視する。美味しければ外食でも構わない。
食材費や手間、美味しさや栄養を含めたコスパを重視する。

文明人としては料理ぐらい出来なければならないと思うが、かといって手間をかけるのが偉いとは思わない。
まあ、自分で用意すれば欲しい物だけ、欲しい量を集められるとか、組み合わせも味付けも好きな様に出来るとか、色々利点はある。

タイでは外食ではなかなか日本人の満足出来る味の物が無いので、自分で作るという面があるが、日本では出来ている「おかず」も含めていい食材が集め易いので自分で食事を用意するのもいい。
なので、同じ様に家で食べる食事でも、タイと日本では意味が違う気がする。


上の中で一番手間が掛かったのが納豆で、工程としては、

葱を洗う→切る→食器に入れる→玉子を割って食器に入れる→納豆を練る→小袋の辛子と醤油を納豆に入れる→再び練ってから食器に入れる→食器の中の葱、玉子、納豆を混ぜる、

こんな感じ。

一番手間が掛からなかったのが、黒豆と海苔。
包んであるプラスチックを開ける、だけ。

この中では納豆が一番美味しかった。2番目はレンジでチンしたシシャモ。
まあ、日本で、一人暮らしで、自分の好きな食材だけを買って有るので、みんな美味しい。

これだけの材料をタイで(チェンライで)集められるかと考えると、ほぼ出来る、という事に成ると思う。
でも、黒豆とか、ミックス野菜とか、レンジでチンのししゃもとか、焼豚とか、探すのに苦労するものも有りそうだし、玉子だって「生で食べられる玉子」も探せば有るが、普通の玉子はちょっと怖いし、日本の様に小分けした食材も少ない。

1人分の食事を作る材料をタイで集めるのは難しいと思うし、日本より高く付きそうな気がする。多分、味も微妙に落ちる。


次は外食。


V2111291
毎度お馴染みの、くら寿司

銀杏の黄葉のピークはもう少し先。
(銀杏の黄葉などの写真を沢山撮ったので、それは次回(?)の記事にて)


V2111292
鰻丼、11月29日、14:30頃

鰻のお寿司は既に食べたが鰻丼はまだ食べて無かったので今回は鰻丼。

鰻は多分中国産かな?。
国産の鰻の方が柔らかくて風味が有って美味しいのは間違いない。
中国産は薬品が混ざっているとか悪い噂も有るし・・・。
まあ、日本のお店で出すものだから、そんなに(ユーチューブで噂されている程)悪い物じゃ~ないだろう。
自分としては、一応、美味しかった。
タイで食べる鰻とほぼ同じだと思う。
(「作」の鰻重はこれよりちょっと美味しい気がする。タイ人の作る鰻丼はこれより不味い事が多い気がする)

あと、意外と茶碗蒸しが美味しかった。
鰻丼セットは味噌汁か茶碗蒸しか、どちらかを選択出来るが、茶わん蒸しをまだ食べて無かったので茶碗蒸しを選択した。
余り期待はしていなかったが、中に、ちょっとだけど蟹や貝(のくずみたいの)が入っていて寿司屋の茶わん蒸しらしくて美味しかった。


以上、自分の独断と偏見と味覚による日・タイの日本食の比較でした。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。


応援のポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

« 利確継続中 | トップページ | 銀杏の黄葉 »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

黒豆、海苔、野菜、
名人さんの健康に対する前向きな姿勢が伝わってくるような名人メニューだと思います。

うな丼については、多くのお店が鰻を蒸してから焼くと言う方法を取っていますが、その料理方法にしてしまうと、鰻の旨味が逃げてしまい、鰻の美味しさは十分の一になってしまいます。(はっきり言えば不味くて、こんな鰻は江戸っ子は食えねーぞ!
バカヤロー!)

鰻は直接、炭火で焼いて、お店の秘伝のタレで食べると言うシンプルな料理方法が一番美味しいです。

鰻丼、鰻重、食べるのなら焼き方にこだわった方が良いです。

コメントありがとうございます。

調理方法までは考えが及びませんでした。
確かに、炭火で焼いた鰻は美味しそうなイメージがありますね。

くら寿司は調理場が見えないので、どういう調理の仕方をしているのか分かりませんが、多分、セントラルキッチンで大量に蒸して作った物を冷凍して置いて、それを温め直している気がします。
少し、焦げ目らしき跡が見えるので、焼いた時の物か、何らかの方法で焦げ目をつけたのか・・・?。

まあ、価格を考えればしょうがないか、という気もします。
因みに、このセットは1100円で提供されています。

栄養満点のお食事で感心致しました。ご自分一人だけの食事に面倒くさがらずにこれだけ作られるのはご立派です。わたしなど主人が留守のときは菓子パン等で済ますこともあります。(男の料理教室の成果ですね。)

m子様、コメントありがとうございます。

今日はブログに書こう、と思って用意したらちょっと多く成りました。
全ての食事を書いている訳では無ので、ご飯とおかずが1~2品という事も結構あります。
しかし、それを書いても面白くないと思うので、そういうのは余り書きません。

1~2品でも、これは日本らしいとか、自分の思い入れの強い物、何か言いたい事がある物は記事にしますが・・・。

日本での食べ物の記事は、日本在住の方より、タイ在住の方が読まれる事を意識して書いています。

こんにちは。

数日で直ぐにATKじゃダメになりそうと言うのは受ける側としては困るけど逆の言い方をすれば直ぐに事の重要性を把握して対応しているタイ政府としては安心感ある。逆に今回は日本政府も対応早かったが自分達で判断ができない高官政治家がいまだに舵を取っているのが不安。

そう言えばPCR検査ですが、ここを見ている方の中でタイへ行かれる方もいると思うので
迷人様は前回タイへ戻られた時に72時間以内の検査ですがPCR検査でしたか?
RT-PCR検査のはずですがどうなのでしょうか。

Kazu様、コメントありがとうございます。

今回の日本政府の対応は早かったですね。意外でした。

すいません、PCR検査とRT-PCR検査の違いが分かりません。
タイの隔離ホテルでは鼻に綿棒を差し込む検査でした。
タイを出る前の病院での検査は鼻と喉に綿棒を突っ込む検査で、結果の判明まで6時間ぐらいでした。
ついでに言うと、日・タイを往復した方はご承知でしょうが、成田空港の検査は唾を取る方式でした。

私メもPCR検査は全部同じだと思ってました。

DNAを対象にした検査PCR(Polymerase Chain Reaction)法です。
目的の病原体等の遺伝子が含まれていなければ検出できません。
なので以前から言われた陰性なのに体調で病院行ってよく調べたら陽性反応でたのはPCR検査だったからのようです。

新型コロナウイルス(RNAウイルス)の検出に用いられているものがRT-PCR(Reverse Transcription PCR)法で、ウイルスのRNAからDNAを合成してPCR法にて増幅、検出します。

知り合いからタイへはRT-PCRですと言われて日本大使館に聞いたらPCRではなくRT-PCRなので入国時にPCRだと入れないかもしれませんと言われて、成田空港の検査ならRT-PCRです。

迷人様 こんばんは。

日本の食事は何でも美味しいですよね。
お陰でLDLコレステロールが200以上になり、胃カメラ検査で逆流性食道炎も見つかりました。
朝は逆流性食道炎の薬💊、夜はクレストール💊です。😭

帰国時、日本入国に必要なコロナ陰性証明書はRT-PCR法で大丈夫てした。またタイ入国時のコロナ陰性証明書もRT-PCR法なら大丈夫だと思います。

新宿のチームメディカルクリニックならタイ🇹🇭入国に必要な英文証明書も発行してくれて16000円で、来週検査に行きます。

よっちゃん様、コメントありがとうございます。

いよいよタイへお戻りですか。
来週なら、現行のルールと同じで1日隔離ですね。
オミクロンとか不確定要素があるので、日本の用事が終わったら早くタイに戻った方がいいかもしれないですね。

逆流性食道炎は自分も成った事があります。
その時は、食べ過ぎに注意したり、少し運動をしたら治りました。

健康食ですね。

お写真をみても肥満とは無縁であられ、コレステロール、血糖値等の成人病検査項目はすべて問題なし、ではないかと。老生は、どれも年々、悪化の一途です。

P様、コメントありがとうございます。

実は昨日健康診断の結果が届きまして、血糖値等の成人病検査項目はすべて問題ありでした。
一つ良かったのは胃腸の調子がずっと悪かったので大腸癌を心配してましたが、それはセーフでした。

日本大学は東洋医学科というのがあるそうです。
その日大卒の皮膚科の医者は食事指導もしてくれてツムラの漢方薬を処方してくれました。

僕の理解した範囲では西洋医学は例えば脂肪肝治療薬を飲むと、ミサイル攻撃で肝臓の脂肪は取れます。でも、これは一時的で薬を止めれば、元に戻ります。
東洋医学の考え方は、そういう枝葉の部分を治すのではなく、幹の部分を頑丈にすれば枝葉は治癒できるということのようです。

これは抗がん剤と丸山ワクチンの関係に良く似てます。
抗がん剤は現在ではポイント攻撃ミサイル型の新薬が出ました。それでガンに勝っても、その後、細胞のがん化に負ければ、ガンの再来です。
丸山ワクチンは正常細胞を強化し、ガン細胞を消滅させるという理論です。

漢方薬は捕食として役立ちます。

名人さんのような食事療法が一番ですが、僕のように外食派は捕食としての漢方薬は有効だと思ってます。。

コメントありがとうございます。

今、思うのは「健康寿命を延ばす」という事です。
単に長生き出来ればいい、というものじゃない。そう思ってます。

では、具体的にどおすれば良いか。
テレビを見ていると、如何にも良さそうなサプリの広告が多いですが、余りに種類が多過ぎてどれが本当に効くのか、分からないです。

「今なら初回申し込みの方に限り、通常4900円のところ1900円でお届けします」みたいな広告はどうも胡散臭いように見えます。

健康診断の数値からみても、自分の実感から言っても、かなり危ない線に来ていますが、どおしたらよいものか分からないです。

ネットで調べても色々な事が書かれているので、何が真実か判断出来なくて困って居ます。

本当にバランスの良い食事をされていますね。
これなら様々な数値が改善され、完全に健康になってタイへ.戻ることができるのではないでしょうか。
最後のうな丼、よだれが出そうです。

zurru様、コメントありがとうございます。

日本に居る時は食事のバランスはとり易いですが、食べ過ぎない様にするのは難しいです。
あと、今(12月15日)は寒く成って来たので、外出(運動)も少なく成りがちです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 利確継続中 | トップページ | 銀杏の黄葉 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼