« マンネリ | トップページ | 奥さんのふりかけ »

2022年2月23日 (水)

アカ族のおにぎり

2022/03/23(アカ族のおにぎり)


220222a
アカ・コテージで出て来た「おにぎり」

グーグルで「おにぎり」をタイ語に翻訳すると「ข้าวปั้น(カオパン)」となる。
ข้าวปั้นを画像検索すると、ほぼ日本のおにぎりと同じ絵が出て来る。
タイのセブンイレブンにも売っている日本風のおにぎりや、少し太めの三角おにぎり。

そういえば以前タイで大流行したBNK48の「恋するフォーチュンクッキー」(AKB48のと同じ)の振り付けも日本と同じで「おにぎり」だった。
タイでも日本の「おにぎり」は良く知られた物らしい。


220222d
BNK48の恋するフォーチュンクッキー
日本と同じ「おにぎり」の振り付け

タイにはもち米で作ったカオジーという「焼おにぎり」に近い食べ物は有るらしいが、日本のおにぎりの様な物は一般の家庭で余り(全く?)作らないようだ。
タイ米ではパサパサしていて握るのが難しいし、カオニャオ(タイのもち米)では硬過ぎるからだと思う。
(チェンライでは移動する時に持ち運ぶ炊いた米は、竹で編んだ籠に入れたり、今ではビニール袋に入れて持ち運ぶのが普通)
(自分の経験した狭い範囲の考えなので、「違う」という事が有ればコメントで指摘して下さい)


今日は、マクロと日本食材店(神戸屋STATION)へ買い出しのついでにアカ・コテージにやって来た。
マクロもSTATIONもアカ・コテージも、チェンライ市の北側、コック河から北へ8kmぐらいの所(かなり大雑把な表現)に有る。


220222f
アカ・コテージ(レストラン)から見える風景
右端の白はワットホイパカンの大仏

ここへ来るのは3回目。
(初めて来た時の記事「網に座るカフェ」)
眺望の良さや、コスパの良さ、味もちょっと珍しいがまあまあ美味しいというのが気に入っている。
(お勧めです)

写真の左下、オレンジや黄色の座布団の置いて有る網の席は高所恐怖症の少し入っている自分は怖い。


220222g
ファランも結構多い

写真に写っている5~6人の他に4~5人のファランも来ていた。
ファランの多いお店は、日本人にとってもいいお店、となる可能性が高い。


220222h
アカ・コテージの店内

写真では空いて居る様に見えるが実際は結構混んでいた。

広々とした半オープンスペースの店内で、小高い山の上に有るお店からの眺望はいい。


220222l
自分の注文した料理、本日の昼食(160バーツ)

ご飯はないが、フライドチキンとフライドポテトで十分1食分の量はある。
味も、辛くないし、変なタイ風の味付けも無いので普通に美味しい。

チーズ味のソースとか3種類のソースもまあまあ美味しい。


220222m
奥さんの頼んだミルクコーヒーとチョコクリームケーキ(各80バーツ)
自分の頼んだストロベリーティー(80バーツ)

このストロベリーティーはちょっと美味しいと思う。
酸味と甘味と微かなお茶の感じがいい。

ナッツの乗っているチョコクリームケーキも甘過ぎず、美味しい。


220222k
奥さんの注文した料理(180バーツ)

キュウリ、人参、インゲン豆みたいな野菜や何かの草。
ナムプリックが緑と赤の2種類。
チキンスープ(大根などが入っている)。
コームーヤーン。
と、最初の写真のおにぎりみたいのが2個(右側、バナナの葉で包んである)。


220222o
おにぎり見たいのに赤いナムプリックを乗せた

実はこれが「アカ族のおにぎり」なのか、単にこのお店で出しているだけ、というものなのかは調べて無い。
ただ、アカ・コテージ(この場合のアカはアカ族のアカ)で出しているおにぎりのような物なので「アカ族のおにぎり」という表題にした。

米は雑穀米のような感じだった。
塩味のような味は特に付いてなかったので、ナムプリックを付けて食べてみた。
素晴らしく美味いという物ではないが、おにぎりだと思うとちょっと懐かしい感じがする。

昔話に出て来るおにぎりは竹の皮に包まれたイメージだが、タイではそれがバナナの葉になる。

日本を思い出させる物としてはこんな物↓も有った。


220222p
奥さんがトゥアという食べ物

全体の写真では隠れていて写って無いが、奥さんが「トゥア」という物が有った。

最初奥さんが「トゥア、トゥア(豆、豆)」と言って「食べてみろ(タイ語)」と言うのでちょっとだけ食べてみたらナッツの様な感じでは無かった。
ちょっと辛い食べ物。

その内、奥さんが「ナットウ、ナットウ」と言い始めた。
奥さんの日本語はナッツ類は全て「ナットウ」なので何かの種類のナッツかと思ってもう一度良く味わって食べたら、

ン!・・・納豆・・・?

こんな感じ。

かなり辛くて唐辛子味だったが納豆だった。

タイの山岳民族って、食べ物が日本に似ている物があるという話は聞いた事があるし、カーオプックなど確かに日本の食べ物に近い物が有るのは知っていたが、山岳民族の「納豆」は初めて食べた。

アカ族は顔も日本人に近いし、「納豆」も食べる人達だと思うと親しみを感じた。
日本人とアカ族やリス族などの山岳民族とは繋がって居るという学説は聞いた事が有るが、そういう事もあるかもしれないと改めて思った。

自分の感じでは、タイ人というのは南や西の人達との混血が進んで、日本人とは少し違っている。
しかし、タイ北部の山岳民族はそういう事が無くて、中国大陸の何処かで日本人との共通の祖先を持っていて、それをそのまま受け継いでいる(という説がある)。
なので、顔つきが似て居たり食べ物の共通点が有ったりする、そんな感じがしている。

バンコクで見る日本人顔には中華系が多い気がするが、チェンライに多い日本人顔には山岳民族系が多い。

そう思って、ここのスタッフさんの顔を見ると、心なしか日本人顔の人が多いような・・・?。

兎に角、ここはお勧めです。
チェンライに暮らして居るなら1回は行ってみる価値があると思います。


「ブログ村」のランキングに参加してます。「ポチッ」と応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

« マンネリ | トップページ | 奥さんのふりかけ »

料理・食べ物」カテゴリの記事

コメント

アカ・コテージの周辺をグーグルマップで見ていて気付いたんですが、
空港前のから1号線の交差点(新BIG-Cの)を直進して郊外地をぐるって回って
また1号線に接続する外環道みたいな道路は全通しているんでしょうか?
市街のバイパスなら空港寄りのがあるし、いまいち目的がわからない道路ですが。

ねまき猫様、コメントありがとうございます。

131号線、全通してます。

確かに、利用者の少ない道路ですが、広くていい道だし、信号も少ないので、コンドー(センタンの辺り)からアカ・コテージに行く時は遠回りに成りますが利用してます。

アカ・コテージ、良さそうですね。
行ってみたいと思います。
ご紹介、ありがとうございます。

コロナのせいかSNSなどを見るとオープンエアなカフェが流行ってるようです。
Phahee Valley という山のカフェが写真で見るとよい雰囲気でした。

チェンライ市内の山岳民族博物館(タナライ通)の学芸員さんの話では、
一部の山岳民族(ヤオ=ミェン等)と日本人のDNAは近いそうです。
上野の科学博物館にもそのような記述があったと記憶しています。

二十年位前チェンライで聞いた話では、
タイを旅していた若者が山岳民族の女性に恋をして結婚しようとしたが、
女性の戸籍がなかったのでできなかったという。
当時はまだ戸籍がない山岳民族の人が居たというのに驚きました。
で、どうしたのか気になるところですが、それから先は話してくれた人も
知らないという。

ワクチン三回打ちましたので、早くチェンライに行きたいです。

かおるパパ様、コメントありがとうございます。

山岳民族の人の顔は普通に日本人顔の人が多く、女性の場合は綺麗な人が多いです。
戸籍の問題は良く分からないですが、山岳民族でもタイの戸籍が取れる事があるようで、少しずつ減って来ている気がします。
コロナの感染者数はなかなか減らないですが、重症化リスクが低いなどの理由で、各種の規制は緩和される方向に有るので、3月ぐらいから日・タイを行き来する人が増えるといいと思ってます。

アカ族の納豆は、市場で見かけますよね。
見た目は、日本の納豆に似てるんですが、ネバネバが足らないですが、僕はメーサイにいた頃は、アカ族納豆は、良く食べました。

メーサイにいた頃は、アカ族の女の子は沢山見ていたので可愛いと思いました。
アカ族とタイヤイと混じっていたり、アカ族と他の民族と混じっていたりする子たちもいて可愛かったです。

バンコクの駐在員さんたちの中にはアカ族の娘を妾にして、せっせとメーサイやチェントンに通っていた人たちもいました。それほど昔懐かしい日本人日本人に見えるんでしょう。

メーサイに通っていた日本人はタイ・ビザを取らせて日本へ連れて帰ってアカ族の娘と結婚した人もいました。

コメントありがとうございます。

チェンライには山岳民族の方と結婚されて暮らして居る方も結構居る様です。
個人差が大きいので一概には言えないですが、タイ人よりも山岳民族の方のほうが性格がいい人が多いような気がします。

住友金属鉱山、強いですねえ ドンパチだと非鉄株が買われるのでしょうか?

P様、コメントありがとうございます。

売買はホントに下手くそです。
昨日5393円で売って、今見たら今日は急騰してました。
慌てて今日もまた5583円で売りました。
残り700株。
今年の初めには1500株持っていたのに・・・売らずに持ち続ければ良かったです。

逆に、代りに買ったセコムが現時点で-3.87%と急落して、評価損に成ってるし。

ラフ族ではタイ米でなく陸稲米山の米をつくります。形も長くなく日本マイに似ています。新米は特に美味しくオフというにおもちと一緒にバックいっぱいにもらって帰ります。旧正月の楽しみはこの餅つきとラフの正月祭りが楽しみです

とみ様、コメントありがとうございます。

山間地の栽培に適した米らしいですね。
一度食べてみたいです。
(もしかしたら、写真のおにぎりが陸稲米だったりして?)

実は山岳民族の違いとか良く分からないです。
自分のイメージは丘の上に建てられた大きなブランコで遊んで居る、というものです。

チェンライからタチレクに向かって国道1号線を直進する途中左側にナンレーという看板がありますから道なりに行くとラフ族の部落があります。高床式の家で農業で暮らしています。滝があり静かできれいなところですよ。言葉はラフ語とタイ語です

とみ様、情報ありがとうございます。

メーサイの近くの山岳民族の村には行った事がありますが、何族だったかは気にしてませんでした。
山岳民族=日本人顔、というのはその村の人達の印象がかなりあります。

奥さんの関係でタイ人の村や家にはたまに行きますが、タイ人と山岳民族の人達の交流は少ないので、山岳民族の村を見る機会は余り無いです。

以前も紹介されていたこのお店、本当に気になります。
眺めも良いし、このおにぎりも美味しそう。
山岳民族の女性は綺麗とのコメントがありますが、店員さんはアカ族の方ですか?
期待しちゃいます(^^♪

zurru様、コメントありがとうございます。

聞いて無いですが、勝手にそう思っているだけです。
奥さんもそう思ったみたいなので、全員ではないかもしれないですが山岳民族の人が居ると思います。

普通の日本人の美少女みたいな方も居ました。

山岳民族の人は戸籍がないとのことでしたが以前はタイ国民として認められていなかったので無国籍でしたが今は国民ですので普通に病院にも行けます

とみ様、コメントありがとうございます。

あるお店のスタッフさんが山岳民族の方で、その方は4年程前にタイの国籍を取得しました。
なので、まだ国民身分証明書を持たない方もある程度居るような気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« マンネリ | トップページ | 奥さんのふりかけ »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼