« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

2022年4月の15件の記事

2022年4月30日 (土)

TM30・VISA・RE-ENTRY(VISA申請書)(新)

2022/04/29(VISA申請書)(追記)

この記事は最初2018年に書いたもの(
黒字)を2019年に書き加えて(赤字)、更に2022に追記した(青字)したものです。

尚、この記事は(パソコンからは)ブログの右サイドバーの中程に在る「VISA等タイの手続きの仕方」の中の「04 タイVISA申請、申請書」をクリックする事によりいつでも見れます。
なので今直ぐこの記事を読まなくても、必要のある時に見る事が出来ます。

(どちらかと言うと、VISA申請の前に自分が読んで便利な様に書いて有ります)

ただし、VISA申請手続きの変更があるかも知れませんし、勘違いもあるかも知れないので、「この記事の通りに申請したが、許可が下りなかった」、と言われても、責任は取れませんので、その点はご留意下さい。


2018/10/04(TM30・VISA・RE-ENTRY)(VISA申請書)
2019/10/09追記
2022/04/29追記

以前から何度も書いているが自分は英語が苦手だ。タイ語の読み取りも殆ど出来ない。故に、タイのVISA申請書の様な書類の作成は大の苦手。

まあ、探せばネット上に同じ様に苦労した人の書いたブログなどに記入例とかも載っているので、それを参考にしたり、グーグル翻訳で単語の意味を調べたりして、何とか書いている。

VISA申請に記入が必要な書類は、今の時点(注)で、チェンライのイミグレで、裏表の有る申請書が1枚(TM7)と、表面だけの承諾書の様なものが1枚。要するに、以下の3ページの記入と提出が必要だった。

イミグレの入り口付近に有る申請書類入れには「TM7」の引き出しが有り、そこにVISA申請関係の書類が置いて有る。
此処には、「TM7(VISA申請書)」の用紙と、「承諾書(?)(STM2)」の用紙と、新たに(?)、「The Acknowledgment of Penalties for a Visa Overstay」、という書類の3枚がホチキスで綴じて有った。
2022年も同様に3枚がホチキスで綴じられていた。

申請に関する書類としては、この3枚、(TM7だけ裏表で)4ページを記入した。

新しい書式はグーグル翻訳で、「VISAの超過滞在に対する罰則の承認」と訳された。
新しい書式は「何を書くのか聞いたら」、下から2行目に漢字のサインと、上の方に日付、その4行下に、「(Mr) toro yamada」、見たいに氏名を書くだけでいいと言われた。
(2022にこの書式、「VISAの超過滞在に対する罰則の承認」、のサンプルを記事に追加しました)

(注)(タイの申請書類って、その時々で増えたり減ったり、書式が変わったりが結構多いので、毎回同じとは限らない)

.
I31
TM7表面(2018年10月3日にチェンライ・イミグレにて受け取った用紙)

此れが、いわゆる申請書だと思う。

.
I32
TM7の裏面

写真は此処に貼る。
枠の中には、4×6cm と書かれているが、実際の枠は 3.5×4.5cm しかない。
自分は、4×6cm の写真を貼った。
2022年も同様。

.
I33
承諾書(?)

これ、書き方が分からなかった。上のタイ語の部分は書かなくていいらしい。
下の英語の部分は名前とか年齢を書いて、後は分からないので教えてくれ、と(VISA申請の時に)係官に言ったら、ムッとした様で何も答えなかった。
(そっと100バーツでも渡せば良かったかな~・・・でも、今は、そういうの受け取らないという話も聞いているし・・・)
でも、そのままで(書かなくても)、VISAは取れた。

この部分、書き方の解る方がいましたら、コメント等で教えて頂けると有難いです。

下の英語部分の3行目のDeteに日付、9/oct/2019。
そこから2行目に、(
Mr)  taro Yamada みたいに名前。
その下に、国籍、Japan
その下の、「滞在を継続する理由(?)」、は、何を書いたらいいか分からなかったが、Retirement Life と書いた。
(最初、Living wiht a Thai family って書こうと思ったのだけど、余計な事を書くと、「家族の証明」とか言われると面倒臭そうなので簡単に)
一番下にサイン。

一応、これで通ったが、係りの人がチェックして無かったようにも見えた。
(英語、苦手です)

2022年も同様。


220430b
VISAの超過滞在に対する罰則の承認


で、この後に一応VISA申請書(TM7)の書き方の例(TM7の表裏)を載せますが、何せ英語の苦手な迷人ですから、良く分からない部分も有ります。
余り信用しないで見て下さい。
(これを見本にVISA申請して、VISAが取れなくても責任は取れませんからね)
(ていうか、他のブログにも書き方の見本は色々有るので、そちらを見た方が間違いが無いかもです)

 

尚、記入は(黒じゃなく)青のボールペンで書きます。

 

(今回は、最初から青で書いたので問題なかったが、以前、黒で書いたら書き直しを要求された)

記入例は、住所、氏名、パスポートNO.などはフィクションですが、他は大体、実際の記入通りです。

 

.
I34_2
TM7表面例

上から、申請場所、申請日、申請者氏名、年齢、誕生日、生誕地、国籍。

① パスポートに関する情報。

パスポートNO.、発行年月日、発行場所(ここはパスポートに書いて有った発行官庁を入れたのだけど、それでいいのか?)、パスポートの発行年月日。
発行場所は今回は、Tokyo って書いたが、この書き方で正解か否かは分からない。
今回はパスポートに書いて有った発行官庁を書いた。

 (前回の)VISAに関する情報(だと思う)。

 

有効期限、VISAのタイプ。

 

一応、「NON-IMM OA」と書いて問題無かったので、自分の場合はこれでいいらしい。

 

 タイにどうやって来たかの情報(だと思う)。

(スクート航空の)TR869便で来た、成田から来た、ドンムアンに着いた、2018年9月26日に来た。
「Airplane TG0643」「Narita,Tokyo,Japan」「Suvarnabhumi Airport」「28」「Dec」「2021」

下の方のYK98765は、出入国カードの半券(ドンムアン空港のイミグレで提出して、返された出入国カードの左側の半券(出国カード・TM6))のバーコードの下の英数字(でいいと思うのだけど?)。
ここは、次回は入出国カードの運用が変わっているかも知れないが、今回は前回と同様だった。
2022年も同様。

「365」はVISAの延長期間は「365日(1年)」の意味。
(「ว้น」 は 「日」 だから365日でいいと思うが、うるう年でも365でいいのか?)
「365」って書いて出したら、来年はうるう年らしくて、「366」と書き直しをさせられた。

更にその下は、VISAの延長理由で、Retirement Life はリタイアメント生活、と書いた積り。
(これで、問題は指摘されなかった。VISAは取れた)
2022年も同様。

 

あと、サインは漢字。

 

.
I35
TM7裏面例

 

住所と氏名。住所は同じ住所を2回書いている。

 

(実際には、自分の場合市内のコンドーとパーンの家の住所を上の欄に2段書きして、その下の、Address No、Road、Tambol、Amphoeは市内の住所を書いた)
(自分の場合タビアンバーンを2冊提出)

2022年はコンドーの住所だけにした。なのでタビアンバーンもコンドーの分だけ提出。

実際には、自分の住所を書いたが、見本の場合だと、「 30 Phahonyothin Wiang 」、だけど
「234 Moo 30  Phahonyothin  Rob Wiang 」、と書くように言われた。
「xxx Moo xx  Phahonyothin  Rob Wiang 」の形式で書いた。 



以上が、10月3日に提出したVISAの申請書類。
2022年も記入項目は同じ。


もう一度、全体を纏めると、10月3日に提出した資料は以下。

(ただし、これはあくまでも自分の例で、人によって条件が違うので、そこは注意して下さい)
(自分の場合は、50歳以上のロングスティVISA、奥さんの所有する家に住んで居る、80万バーツ以上3ヶ月以上の継続した銀行預金がある、タイへの出入国は度々行う、今回のVISA取得は初めてではなく継続(1年の延長)である、という条件)

次回は、申請時の直近3ヶ月以上80万バーツの条件が、申請前後各3ヶ月80万バーツ、年間を通して40万バーツ以上に変更になるかも知れないので、要注意。
例えば、今VISAが取れたからと油断して貯金を下して80万バーツを切ると、来年困るかもです。

一部の方の意見で、申請時に有った口座から3ヶ月以内に下すと、たとえ80万バーツ以上残高が有っても、次回の更新時に問題に成る、という方も居ますが、今年の9月14日にメーサイイミグレの担当者が日本人会のVISA勉強会に来た時の説明によれば、80万バーツを下回らなければ引き出しは可能という話でした。

自分は面倒なのでVISA更新用に80万バーツ以上を置きっぱなしにしている口座を持っている。


① VISA申請書等2枚。
1枚はTM7(裏表記入)。1枚は承諾書らしきもの。
今回は、新しい書式が追加されて3枚。
2022年も3枚。

この他に、申請書類のチェック中に係員から、もう1枚の書類の記入を要求された。
何の書類か分からなかったが、「此処にサインしてくれ」とか言われたので、その通りにサインして渡した。


②パスポートの現物とCOPY。

TM6の半券とTM30を取った時に貰った用紙はパスポートに綴じてある。
次回は、TM6とかTM30の運用が変わっている(或いは廃止に成っている可能性も有る様な?)。
2022年はTM6とTM30と90日レポートの時に受け取ってパスポートに閉じて有った紙片のコピーを提出した。
(TM30と90日レポートの紙片のコピーはイミグレで手続き中に指摘されて、奥さんにイミグレの近所でCOPYを取って来て貰った)

因みに、自分の場合、パスポートの2-3Pで1枚、16-17Pと18-19Pで1枚、20-21と22-23で1枚、24-25と26-27で1枚、30-31とTM6の半券で1枚の計5枚のCOPYを提出した。

.
I36
30-31(上)とTM6(下)のCOPY例

の部分にTM6のNO.が書いて有る。このNO.を申請書(TM7の表面の下の方に転記)
(他にNO.らしきものは無いので多分この英数字でいいと思う)
TM6(入国カード)のバーコードの下の「AB12345」見たいな英数字を記入する

③ タビアンバーンの現物とCOPY。

④ 奥さんのバットプラシャーションとそのCOPY。
タイ人の配偶者のいない方の場合は分からない。

⑤ 預金残高証明書と通帳の現物とCOPY。
年金を合算して80万バーツ以上にする場合は、当然、他の書類も必要だと思うが、自分は分からない。

③④⑤は2022年も同様。
ただし、通帳は申請日の入金記録の有る物。

以上①~⑤の書類を用意して、10月3日にチェンライの(空港付近の)イミグレへ14:30頃到着。
                    10月9日                        13:30頃
                    4月27日                         8:35頃
(服装は、一応襟付きシャツ、長ズボンに靴・靴下を履いて行った)
(場所により、服装の使い分けは気を付けているので今まで問題に成った事はないが、タイ人って結構そういう事にうるさい)
(見た目に拘る人達)

最初に、入り口付近に置いて有る順番待ちの紙片を取る。
番号札は2種類あるので、VISA申請用の札か確認した方がいい。
自分は61番目で、その時、電気の番号表示器には54が表示されていた。
2022年は先客が1人しか居なくて、直ぐに手続きに入ったので、番号札を受け取る必要は無かった。
先にCOPYして来た書類やその現物(タビアンバーンなど)を渡して、申請書は慌てて記入した。


下書きして来た申請書の転記、待ち時間等の後、提出して、審査と決済で15分ぐらい。
全部含めて30分ぐらいで手続きは終了した。
15:00頃にはVISA発行料1900バーツを払って、新しいVISA印入りのパスポートを受け取って帰れた。
今回も1900バーツは変わらず。今回は混んで居たので終わったのは16:20頃。
通帳に今日の分の記録が必要と言われたので、SCBに100バーツの預金とその記帳をしに行ったので、終わったのは10:30頃だった。
VISA発行料1900バーツは変わらず。
パスポートは明日取りに来るように言われた。


因みに、新しいVISAの有効期限は2019年11月12日。
                     2020年11月12日
                     2023年04月27日
古いVISAの有効期限は2018年11月12日なので、今回の様に40日前に更新しても、365日の起点は、古いVISAの有効期限日からの計算に成る。
(早くにVISAの更新をしても、有効期限は短く成らない(損しない))。


で、実は、自分の場合これだけでは済まない。
次のタイの出国が10月26日(チェンライ発25日)を予定しているので、このままでは折角取ったVISAが出国すると失効してしまう。

それを防ぐには、再入国の許可(リエントリーパーミット)を取らなければならない。
効率を考えると、VISAの申請に続いて(同じ日に)リエントリーパーミットを取った方が無駄が無かったが、今回、準備不足でそこまで手が回らなかった。
(英語の得意な人なら、その場でササさッと書いて、写真を貼って申請出来るが、何せ英語が苦手なので対応が遅れる)

尚、リエントリーパーミットの手続きはタイ出国直前に空港でも出来る(帰国直前にドンムアン空港でリエントリーパーミットを取った事もある)。
リエントリーパーミットの手続きは、チェンライイミグレでも平日ならいつでもOK(VISAの様に月・水の縛りは無い)。

この時は親切な係官で、自分は質問に答えただけで、殆ど書いてくれたので楽だった。
(住所は自分で書いた。写真は持っていた)

でも、万一リエントリーパーミットが取れないと帰国は出来るがVISAは無効に成るので、やはり事前にチェンライのイミグレで取って置いた方がいい。

なので、もう一度、10月10日(水)頃チェンライのイミグレへリエントリーパーミットを取りに行く予定。


このシリーズ、2018/10/12頃の「(TM30・VISA・RE-ENTRY)(RE-ENTRY)」へ続く予定。

尚、リエントリーパーミットは1年マルチで取る。
シングルだと1回しか使えない。自分の場合年に5回ぐらい帰国するのでマルチじゃないといちいち面倒くさい。
1年VISAと1年マルチのリエントリーパーミットが有れば、1年間はタイへの出入りが自由に成る。


お願い。VISA申請書の記入等に関して、間違いが有れば、コメント等で教えて頂けると有難いです。



ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2022年4月28日 (木)

TM30・VISA・RE-ENTRY(VISA取りの準備)(新)

2022/04/29(VISA取りの準備)(追記)

この記事は最初2018年に書いたもの(
黒字)を2019年に書き加えて(赤字)、更に2022に追記した(青字)したものです。

ただし、及び紫で書き加えた部分も、今後更に変更があるかも知れませんし、勘違いもあるかも知れないので、「この記事の通りに申請したが、許可が下りなかった」、と言われても、責任は取れませんので、その点はご留意下さい。



2018/10/04(TM30・VISA・RE-ENTRY)(VISA取りの準備)
2019/10/09
2022/04/27

9月28日(金)にTM30の手続きを行った後で、TM30の手続きをしてくれた親切な係官にVISA申請に関する質問を幾つかした。

先ず、VISA申請をチェンライのイミグレで出来る曜日。これは、以前と同じ月・水だった。
(これはチェンライのイミグレだけの特殊要因だと思う。同じチェンライ県でもメーサイのイミグレは平日ならいつでもOKだったハズ)
メーサイ・イミグレは平日ならいつでもOK。
(なので、チェンライ県で月水以外の日にVISAの申請をしたい時はメーサイに行くという手もある)
チェンライのイミグレでVISA申請が出来るのは、今も、月・水で変わらず。
因みに、チェンライ・イミグレの営業時間は 8:30~16:30 昼休みが 12:00~13:00。

2022/04/27(水)も変わらず。


次に、いつから申請が出来るか。多分、1ヶ月ぐらい前からだろうと思っていたが、45日前から出来るという話だった。
(自分の場合そう言われて、実際に40日前にVISAが取れたが、ブログによっては30日前から、というのも有った。VISAのカテゴリーによっては違うのかも知れない。イミグレの地域によって違う事はないと思うけど?)
丁度、今日、TM30の申請に行った9月28日から出来るが、チェンライのイミグレはVISAの申請が出来るのは月・水なので、10月3日(水)にVISA申請をしようと決めた。
VISA申請が可能な期間は45日前からというのも変わらず。

後、自分の場合はパスポートの有効期限が2024年7月と、まだ先なので気にして無いが、有効期限が1年ぐらいに迫っている場合には、他に何か手続きが必要かも知れない。

VISA申請までには、①自分の写真を撮る事、②パスポートやタビアンバーンなど必要書類のCOPYを取る事、③直前に銀行の預金残高証明書などを貰う事④申請書を書く事、
など作業が幾つかある。
①~④も変わらず。

④は当日イミグレで書いてもいいけど自信のない人は書いて行くか、下書きぐらいはして行った方がいいと思う。
書き方の分からない所は、親切な係官なら丁寧に教えてくれるが、感じの悪い係官も居る。

基本的に2018年も2019年も2022年も必要書類や手続きに大きな変更は無い。

① 先ずは写真。

写真は「襟付きの服装で撮る様に」と親切な係官に言われた。
(後で、気が付いたのだけど、イミグレの中に来庁する時の服装についても細かく規定した紙が貼って有った)
(基本、短パン不可、Tシャツ不可、らしい)

写真はチェンライ市内(ウィアンインホテルの近く)の写真屋で撮った。

.
Img_4915
写真館にて

いつもは短パン・Tシャツなのだけど、今日は、上は襟付き、下は写真には関係ないので短パン。

4cm×6cmのVISA申請書用の写真8枚で200バーツ。
2019年10月も同様(昨年と同じ場合は以下、「同様」と略)。

日本のスピード写真と同じくらいの値段。
(8枚も要らないのだけどセット料金らしい)
(正確な記憶が無いが、自分の場合VISA申請用に1枚、リエントリー申請用に1枚必要だったと思う)
(VISAだけなら1枚で足りたと思うが、ミスする事も有るので数枚あった方が安心)

.
I12
出来上がった写真

アレ・・・?。スーツ着てネクタイしてるぞ・・・?。

奥さんに、「何か言ったの?」、って聞いたら、奥さんは特に指示してないらしい。VISA用のきちんとした写真という事で、写真屋さんが気を利かしてスーツとネクタイを着せてくれたらしい。

ま、いいけど・・・。

だったらTシャツで来ても良かった。

それにしてもこの写真上手い。ブログではモザイクにしたから分からないけど、首の辺りに合成した違和感が全く無い。

写真の関係は2022/04/27も同様。
写真屋さんの料金も200バーツで、値上がりして無かった。



② COPY

パスポート、タビアンバーン、奥さんのバットプラシャーションを各2部づつしたが、VISA申請の時に係官が受け取ったのは各1部だった。
(奥さんのバットプラシャーションが何故必要なのかイマイチ分からなかったが、提出したものを受け取ったので、奥様の居る方は必要らしい?。タビアンバーンの補足資料として必要なのか?)
同様にCOPYは各1部で良い。
2022年もCOPYは1部で良かった。
今回の場合は既に取ってあるVISAの更新(1年延長)なので、COPYは1部で良かったが、新規にVISAを取る時はCOPYは2部必要かもしれない。

尚、COPYした原本は持参して提出する(チェックが済んだら、当然、返してくれる)。
パスポートはVISAの申請が認められればVISAのスタンプが押されたものが即時(今回は書類の審査から含めて決済に15分ぐらいだった)返却される。
同様
2022年は翌日だった。

パスポートのCOPYページは基準がイマイチ分からないが、最初の顔写真のページは必須、他は、今回のVISAの更新に関係するページと言う事だと思う。
COPYの最後に、入国の時に書いた入国カードの半券(TM6)(注)もパスポートと一緒にCOPYした。
(注)(入国時のイミグレでパスポートに綴じられているハズ)
前回のVISA更新からの1年分のヒストリーでいいと思ったのだけど、一応2年分ぐらいのCOPYを予備に持って行ったら、その分の提出も要求された。
この基準イマイチ分からない。

今回はTM6の取り扱いも前回と同じだったが、次回は入国時のTM6の扱い自体が変わるかも知れない。

2022年は前回のVISA更新から1年分のヒストリーで良かった。
TM6のCOPYも必要。


追記。
TM30を取った時に貰う紙片のCOPYも有った方がいいかも知れない。自分は、パスポートにホチキス止めされていた(TM30を取った時にイミグレの係官が止めた)ものだけで問題なかったが、あるブログによると必要と書いて有った。
(多分、自分でTM30の申請をしてない時は注意が必要という事らしい)

TM30の取り扱いも次回は変わっているかも知れない。

TM30の時の紙片と90日レポートの時の紙片のCOPYは取らなかったら、取る事を要求された。
イミグレの近くのCOPY屋に奥さんに取りに行って貰った。

あと、自分はタイに連続して90日以上居た事が無いので分からないが、90日以上の滞在中にVISAの更新をする場合には、90日レポートの関係の書類(とそのCOPY?)も必要かも知れない。
逆に、この場合はTM30は必要ないのか・・・?。これは、自分は該当しないので知らない。
これは、単なる推測です。90日以上の滞在中にVISAの更新をした人に聞けば分かると思います。

(TM30と90日レポートの)両方ある時は両方の紙片のCOPYが必要らしい。


③ 預金残高証明書など

過去3ヶ月間80万バーツ以上の預金残高(注)が常に有った証拠として、銀行の預金残高証明書と預金通帳の氏名等の記入の有るページと3ヶ月分以上の記帳部分のCOPY。
(注)VISAの種類によって○○万バーツ以上の○○の数値が違う。また、年金などとの合算も出来るらしいが、自分は面倒なので80万(注)バーツ以上の預金残高を持つようにしている。

今回は、「同様」、だったが、次回から記帳部分のCOPYが変わるかも知れない。
今回は、申請日前3ヶ月間80万バーツ以上必要なだけだったが、今後、80万バーツは更新後3ヶ月は引き下ろし不可。及び、年間を通して40万バーツ以上が必要に成るので、当然、記帳の必要部分は変更に成ると思われる。
(尚、年金などとの合算の場合は、為替レートの変動にも注意を払う必要が有ると思われる)


(注)
(現時点で80万バーツがMAXのハズ)
(VISAの代行取得業者のホームページなどを見ると、80万バーツの預金残高が無くても、割増料金を業者に払えば何とかしてくれるらしい。実際にそうしている方から、話を聞いた事も有る)
(チェンライに代行業者が居るのか居ないのかは知らないが、自分の知っている範囲では、代行業者に頼んだという話は聞かない)(まあ、探せば何処かには居ると思う)
(チェンライではなく他の地区の業者に頼んだ、と言う話は聞いた事がある。バンコクだったかパタヤだったと思うが正確に覚えてない)

イミグレにVISA申請に行く当日にSCB(サイアムコマーシャルバンク)に行って100バーツ入金して記帳して貰った。通帳の表紙部分のCOPYと直近3ヶ月の記帳部分のCOPYは、お願いして銀行のCOPY機でして貰った。
尚、預金残高証明書は発行手数料を200バーツ取られた。
同様

2022/04/27日は前日の26日に100バーツの入金と記帳、預金残高証明書を取って、27日にイミグレへ行ったら当日の記録も必要と言われて、一旦SCB(サイアムコマーシャルバンク)に行って100バーツ入金して記帳した物を再度イミグレに提出した。
そこまで当日に拘る意味が分からない。こういう所はタイ人て頭が悪いと思うが、イミグレには逆らえない。
まあ、今回は当日の100バーツを追加した通帳はイミグレでCOPYしてくれたので、それはサービスしてくれたのだと思う。


ここで、ちょっと引っかかったのは、SCBは今日入金した分は明日にならないと残高証明書には反映出来ないと言う事で、自分の提出した資料は、通帳のCOPYと残高証明書に今日入金分の100バーツの違いが有る。しかし、これは、VISA申請の時には特に問題にされなかった(気が付かなかっただけかも知れない)。

尚、今日入金した分が直ぐに残高証明書に反映出来る銀行と、翌日まで待たないと反映出来ない銀行があるらしい。
知り合いに聞いた話では、バンコク銀行は今日の分を反映出来るらしが、SCBはダメだった。
なのでSCBの場合、通帳の記帳部分と残高証明書の数字を合わせるには、預金(多分、引き出しでもヒストリーが記帳されればOKだと思う)する日と残高証明を取る日と2度手間に成る。
記帳した日や残高証明を取った日とVISA申請に行く日との日程が空き過ぎれば、その間の残高を満たしている証明が出来ない。
しかし、同じ日なら全く問題が無いが、ある程度の間隔は有っていいらしい。
3日とか7日とか・・・自分は、調べるのが面倒だったので、同じ日にやった。
同様。何日前ならOKかは聞かなかった。

銀行の預金残高証明書を取る時に3ヶ月にするか1年にするか聞かれたみたいだが、実は、銀行の担当者が何を言ったか良く分らなかった。
銀行の担当者は3ヶ月ではVISAの更新が出来なかった人が居るので、1年の方がいい、といったらしい(実は何を言ったか良く分からない)ので1年にして貰った。
3ヶ月だと手数料が200バーツで1年だと400バーツという話だったと思うが、取り敢えず400バーツ払った。

ちょっと手順が前後して記述している所があるが、申請書の記入については大事な所なので、次回、「TM30・VISA・RE-ENTRY(VISA申請書)」にて。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

一仕事終えて

2022/04/27(一仕事終えて)

実はVISAの有効期限が今日までだった。
普通は1ヶ月前程に更新するが、今回はサボっていてギリギリの更新と成った。

更新は一応OKだったみたいだがパスポートをイミグレに預けて「明日(28日)、受け取りに来て下さい」という話に成った。
VISAの更新には奥さんと2人で行ったが、今回は奥さんが良く動いてくれた。

その話はまた別にブログに書く積りだが、今回の話はその後の話。

手続きは10:30頃に終わった。
自分も奥さんもまだ朝ご飯を食べて無かったので、良く協力してくれた奥さんに感謝して「食事に行く?」「どこでも、好きな所でいいよ」と言った。
奥さんの選択は「チーウィットタマダー」。

チーウィトタマダーに行くのは久し振り。
コロナ騒動が始まってからは来てないので、2年半振りぐらい。

余談。
過去のブログを調べたら 2019/12/20 に来た記録が有ったので、多分、それ以来。
ブログを書いていると昔の記録が調べ易いという利点がある。
「チーウィット」という文字列で簡単に検索出来た。

チーウィットタマダーはチェンライでは比較的いい方のレストランで、値段もやや高め。
ロケーションもコック河の川沿いのいい所に在る。
お店も比較的綺麗で味もまあまあ。


220428a
チーウィットタマダーの入口付近

車は飾りで置いて有るらしい。


220428b
チーウィットタマダーの店内

建物は幾つか有って、ここはメインの建物の1室。
天井が高い建物は解放感が有る。

他にはファランが1人、端の方の席でお茶を飲んでいた。
自分達の座ったテーブルの横に写真が置いて有って、どうやらオーナー御夫婦の写真らしい。
旦那さんはファランらしい。
なので、お店も何となくタイじゃなくて洋風な洒落た感じ。
(チェンライには、こういう出資者がファランていうお店が他にも割と有るらしい)

席としては川沿いのテーブル席の方が多いが、割と客がいた事と、室内の方がエアコンが効いて涼しそうだったので今日は此処にした。


220428c
本日の朝食(?)、2022年4月27日、11:00頃

時間的には昼食に近いが本日の1食目なので朝食(?)。


220428f
ブレックファストメニューの一つ

自分はブレックファストメニューの中のサーモンという記述に目が留まって、(時間が「朝食」には遅いかなと思ったが)「此れ出来ます?」と聞いたらOKだと言うので注文した。

玉子の下にパンが置いて有る。

多分玉子を4つか5つ使っていたと思う。
美味しかったが、玉子を食べ切れなかった。


220428g
奥さんはカオパット・サパロット

パイナップル入りチャーハンみたいな物。
奥さんの好物で、此処では良く注文する。

自分が注文しようと思っていたら先に奥さんが注文したので、自分は別の物にした。
このエビフライは太くて食べ応えのあるエビフライで美味しかった。
(2本の内、1本は奥さんが食べて、1本は自分が食べた)

チャーハンの量も多くて、奥さんは次のヤムウンセンを主に食べたので殆ど余ったので、包んで貰って持ち帰った。
持ち帰ったものは娘の昼食に成った。

あと、このサラダのミニトマトも美味しかった。


220428h
ヤムウンセン

250バーツのヤムウンセン。
ヤムウンセンとしてはかなり高めの値段。

まあ、美味しいのだけど・・・。

エビ、イカ、ムーヨー、挽肉、ピーナッツ、なんかの草、ウンセンなどが和えてある。
唐辛子も入っているが、自分の食べられるレベルの辛さ。

他には、奥さんが「スエーデン茶」と言って注文したお茶と、持ち帰りのケーキが1つで1000バーツちょっとだった。

ちょっと洒落た感じのお店で、まあまあ美味しい物を食べて1000バーツを少し超えるぐらいだからそれ程コスパは悪くない。


帰り際、敷地内に大きなカヌンが有ったので写真を撮った。
駐車場にも色々な果物が生って居たので、それも写真に撮った。


220428n
チーウィットタマダーとその駐車場に有った果物各種

左上、カヌン。
右上、ンゴ(ランブータン)。いが栗じゃない。ウニでもない。まだ未成熟なンゴ。成熟すると赤くなる。
左下、クルアイ(バナナ)。まだ小さい。バナナは殆ど季節に関係なくいつでも出来る。
右下、アボガド。まだ小さい。

この他にドリアンはチェンライでは生っているのは見掛けないが、市場では出回り始めた。
マムアン(マンゴー)も生り始めた。パーンの家でも生っている。

という事で、果物の豊富なタイでも、今の季節は特に果物が色々出て来る季節です。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月26日 (火)

白い喫茶店

2022/04/23(白い喫茶店)


220425o
CHANAL

CHANEL に似ているが良く分からない。
チャナルっていうお店か?。

シーブリン病院の裏の方の分譲地(?)に在るお店。


220425h
CHANAL の店内

まだ新しいお店らしい。
白に統一された綺麗なお店。

飲み物とクロワッサンのお店らしい。

天井が高くて解放感の有る店内。


220425k
入口から奥の方を見た店内

床面積の割にテーブルが少なくて広々とした感じ。

写真は撮らなっかったがテラス席も有る。


220425n
色んなクロワッサンが有る。

結構美味しい。

メニューは飲み物とクロワッサンだけの様だったが確認はしていない。

まだ家が建ってない分譲住宅地の中にポツンとある白い喫茶店。
どういう客層を狙ったお店なのか良く分からないが、お店は広々として綺麗で気持ちがいい。クロワッサンもまあまあ美味しいので、また来てもいいと思うお店だった。

チェンライにはこういうオーナーが趣味で作った様な喫茶店が多いが採算が合うのかちょっと気になる。
もしかしたら採算などどうでも良くて、金持ちが道楽でやっているのかもしれない。

(追記。センタンにこのお店と同じCHANALというロゴのクロワッサンの売店が2店舗有った。チェーン店なのか?)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月24日 (日)

ゆっくり買い(株)

2022/04/24(ゆっくり買い)(株)

自分の場合、素人に多い「下がったら買う」という逆張り投資が基本。
たまに、そうでもない時もあるけど。

ただし、下がったからといって慌てて買わない様に注意している。
20年程前、ITバブルの崩壊が始まった時、その事が理解出来ずにある銘柄(富士通)を深追いしてえらい目にあった事がある。
この時は、自分はもう一生含み損を解消する事は無いと思った。

なので、下がって来たからといって直ぐに飛び付く事はしない様に注意している。
とは言っても、買わないでチャンスを逃す事も心配なので、今は大きく下がって来たら少しづつ買って行こうと思っている。

まあ、元々資金も少ないので少しずつしか買えないのだけど・・・。


220424d
2018年12月からの日経平均の月足(27105円は4月22日(金)の終値)

22日(金)も結構下がったし(448円安)、週明け月曜も下がりそうなので、思惑通りに行けば来週は買いたい場面が出て来るかもしれない。
まあ、日経平均で26000円ぐらいに下がって来れば少しは買う銘柄を探そうと思っている。
それでも、あくまでつまみ食い的にちょっとずつ。

更に下がればまたちょっと買い、またまた下がればまたちょっと買い、下げが止まって横這いに成ったり上げて来れば様子見、こんな感じ。
こういう作戦で数週間行けたらいいな、と思っている。
自分としては下げ幅が大きければ大きいほどお祭り気分(楽しくてワクワク)に成る。

逆に売りは、もしAGCが5000円を超えたら売るかも、と思っているが多分無理だと思う。
AGCは21日(木)に4980円ぐらいの時に5000円で指値の売りを出して4995円まで行ったが、あと一値足りず売れなかった(この株価のAGCは5円刻み)。
(過去にあと一値届かずに売れなかったら、そこからどんどん値下がりして後悔した事がある。この時は「日立製作所」だった。今回もそう成りそうな気もする)

AGC の22日(金)の終値は4905円だった。相場が上向きの時なら5000円を付ける可能性はあるが、今は無理そうな気がする。


先月(3月)は普段の年の1年分以上の売買をしたので、今は少し休もうと思っている。


220424e
2022年3月~4月22日までの全取引

住友金属鉱山は全て売り切った(ちょっと早く売り過ぎた)。
三井物産は売り切ってはいないが、ここで一休み。
まあ、両銘柄とも買値の2倍以上で売れているので上出来。

3月に買った、ソフトバンクや古河機械金属は買値を下回っているものも有るが、3月末の配当金を取っているのでそれ程損はしていない。
セコムは買値を上回っているし配当金も取っているので悪くない。
メタリアルやエーアイも3月と4月に買った分は買値を上回っている(過去の買った分を合わせると、平均買い単価は現在の値段を大幅に下回っているが)。


投資という意味では株以外のものも若干ある。
今の情勢はロシアのウクライナ侵略などの影響で為替(米ドル円や豪ドル円)や物(金など)の値段が大幅に動いているので、それも含めて、自分の保有している主な資産の一覧表を作って見た。


220424f
主要資産の成績

順位欄の黄色は買い増しも考えている銘柄。空色は売りを考えている銘柄。

銘柄名欄のピンクは日本株。
緑は香港株。
白地は金と債券。金は1g単位の価格。債権は100米ドル or 100豪ドル単位の円。

倍率欄の橙色は2倍以上、黄色は1倍以上、空色は1倍未満。

今回は、株主優待で持っている株は小さいので除いて有る。
(他も、そんなに大きくはないが)

外国債もちょっとなので今回までは気にして無かったが、ここに来て為替が大きく円安に動いたので、試しに表に入れてみた。
尚、トヨタ米ドル債1は 2023/03/23 満期、利率 2.77 % 。トヨタ米ドル債2は 2026/01/29 満期、利率 0.61 % 。
トヨタ豪ドル債は 2026/01/29 満期、利率 0.56 % 。

「金」は田中貴金属に預けてある。自分が買った時の価格が「買取価格」で「終値」欄が売る時の価格(税金の関係は良く分からないが、買い取った時の書類は残してある)。

外債は保有額は小さいが、利息を受け取った上に、価格も上がっている(現地通貨ベースでは下がっているが、円ベースでは上がっている)ので、僅かだが為替ヘッジの役割を果たしている。
「金」は保管料を取られているが、インフレヘッジや、国際商品なので為替ヘッジの役割を果たしている。


まあ、コロナの収束がなかなか見えないとか、ウクライナ戦争とか、米国金利の上昇懸念とか、原油高とかで、株価等の市場の乱高下の中なんとなくトータルでプラスに成っている。
取り敢えず満足出来るレベルの利食いをしたという安心感も大きい。

此処で株価が大暴落してもダメージを抑えるポートフォリオには成っている気がする。
(ポートフォリオの形はいいと思うが、細かく有るだけで個々は小さい)

逆に、大暴落が有ればチャンスかもしれないと思っている。


220424b
金価格の日足

金価格が上がっているのはドルベースで上がっている事もあるが、円安で上がっているように見える、というのもある。


別の視点から見て、今、一つ大きな問題は対バーツでの円安。


220424c
バンコクの両替屋の最優良レートの推移

昨年の暮れに自分が来タイして両替した時のレートが1万円で2915バーツだった。
それが今、1万円で2660バーツ。

2660 ÷ 2915 = 0.9125 ・・・ 約1割も目減りしている。
しかも、タイの物価は上がっている。多分、原油などの国際商品市況の影響が大きいと思う。
これはダブルパンチ。

自分はタイに来始めて大体20年。
その間1万円が3000バーツか、1バーツが3円(1万円が3333バーツ)ぐらいならいいな~と思っていたが、1万円が2660バーツというのはこの範囲を大きく下回っている。
(今迄もこのぐらいのレートは有った気がするが4000以上の時も有った)

まあ、為替はまた円高に成る可能性も有るが、物価の上昇は止まらない気がする。
兎に角、今この時点でこのレートは痛い。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月23日 (土)

日本から友人が来た

2022/04/22(日本から友人が来た)

2年3ヶ月振りだと言っていた。
それまでは定期的にタイに来ていた知り合いがコロナの規制でタイに来難く成り、暫く来なくなっていた。
「来れなく成った」訳ではないが、短期の旅行者には規制のハードルは高かった。

今の規制は訪タイ時は、テスト&ゴーでの1泊の必要と保険への加入、帰国時は事前にPCR検査が必要な事。
(タイランドパスの申請も必要)

最近の規制緩和で、日本出発前72時間以内のPCR検査の必要が無くなってだいぶ来易くなったと友人は言っていた。
彼の場合、セントレア発で、東京程PCR検査を受けられる場所が多くないらしい。

数日前には別の知り合いからも「タイに来た」という連絡が入った。
日本とタイの規制緩和が短期の旅行者の訪タイを容易にしたらしい。
これからもそういう旅行者、今迄タイに来たくても規制で二の足を踏んでいた方達の訪タイが増える気がする、ていうか既に増えていると思う。

日本もタイもコロナ関連の規制は解除される方向にある様なので、そうなれば更に訪タイ者は増える。
いい事だと思う。


220423a
先ずは再会を祝して乾杯

中央黒の男性が今回のお客さん。


220423d
カレーハウス(?)蘭

カレーハウスと言うよりは日本人御用達の居酒屋(?)。


220423e
本日のお摘み

焼きイカ、炙りサーモン、エビフライ、など。
どれも日本的な味付けで美味しかった。


という事で、チェンライもコロナ禍から正常に戻りつつある。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月22日 (金)

合理的な考えが好き

2022/04/21(合理的な考えが好き)

人の性格には2通りある。
迎合的に生きるタイプと合理性を追求するタイプ。

合理性を追求するタイプは、真実を見ようとする。事実を重視する。客観性を重視する。俯瞰的な見方もする。多角的な見方もする。相対的な見方もする。科学的な見方を心掛ける。

迎合的に生きるタイプは流され易い(以下、迎合派と呼ぶ)。
合理性を追求するタイプは流されまいと抵抗する(以下、合理派と呼ぶ)。

(「迎合派」という言葉はイマイチしっくりこないが、要は、事実を重視する、客観性を重視する、科学的な見方を心掛ける、タイプとは対極にあるタイプ)

迎合派は自分に都合のいい情報のみを受け入れる。
合理派は新しい情報に接した時に疑ってかかる。

都市伝説を信じ易いのは迎合派。

宗教を信じる人は迎合派。
信じない人は合理派。

迎合派は主観を重視する。
合理派は事実や客観性を重視する。

迎合派は視野が狭い。
合理派は比較的視野が広い。

迎合派は多数派。
合理派は少数派。

生きる上には迎合派の方が有利かもしれない。
合理派は孤立し易いので集団の中では不利。

例えば、集団の中でイジメが有った場合、それに乗るのが迎合派。それとは一線を引くのが合理派。

ロシア人でプロパガンダに乗ってプーチンを支持するのが迎合派。正しい情報を得てプーチンを支持しないのが合理派。

ここはタイなのだからタイ人の言う事に従うべきというのが迎合派。タイでタイ人の言う事でも間違っているものは間違っていると思うのが合理派。

伝統的価値観や主流派に付きたがるのが迎合派、右派も迎合派が多い。
多数派の考えを疑ってかかるのが合理派。集団の中で支配力の強い人の意見に必ずしも賛同しないのが合理派。


まあ、人の性格なんて単純に割り切れるものではないが傾向としてはこんなものがあるように自分は感じている。

何故突然こんな話をしたかと言うと、自分は「合理派」だと強く思う事が有ったから。
例え間違った考えだとしても、迎合派の人の様に相手に合わせれば楽だと思うが、自分にはなかなかそれが出来ない。

今現在、自分の周囲には迎合派の人が多い。
なので、自分もそれに合わせて、周囲の感覚に流された方が上手く行くかもしれないが、そういう事にストレスを感じる。

そういう傾向は昔から(若い時から)あったが、最近強く感じる様になった。
それは、タイ人という日本人とはかけ離れた価値観や感覚を持つ人達に囲まれているという事も大きい。
また、此処に暮らす邦人(日本人の高齢の男性)も、平均的な日本人と考え方や感覚が「少し違う」ような気がする、というのもある。

会社に居た頃の仲間はシステム関連の経験者が多く、物事を客観的に見て判断する人が多かった。
事実を正確に認識しようとする人が多かった。
なので、今と比べるとそういう点(合理的な話が通じないという苛立ち)でのストレスは少なかった。

今、自分の周りには合理的に考えればおかしな考えを持ったり、変な事をする人達が居る。
見栄を張る為に無駄な事をするとか、あり得ないものを信じるとか、事実と異なる話を平気でするとか。

そういう人達に対して、何んとか客観的な話に持って行こうとするが、そういう人達はそういう議論を嫌がるし、固定観念から抜け出そうとしないので、話が進まない。

その内、怒り出したり、議論の本質から外れた話をしだしたりする。
こういうのは疲れる。

しかし、もしかしたら、自分が「正しい」「客観的」と思っている事が実はそうでは無くて、単なる「頑固親父」に近付いているだけかもしれないとも思う。

まあ、でも、それでもいいと最近は思う様に成った。
(自分から見た)正論が分からない人には、正面から向き合わずにそれなりの接し方をすればいい。


余談。

麻雀や株は「運」の要素も大きいが長期的に見れば合理的な考えが、トータルで勝利をもたらす可能性が大きい。
迎合派の人がいくら能書きを並べても、最終的には(多分)合理的な考えを持つ方が勝つ。

議論では、人の意見を聞かず、且つ多数派である迎合派の人には負けるが、麻雀や株は結果の数字で何が正しいかハッキリする。


という話とは全く関係なく、本日の写真↓。


220421a
本日の昼食

オムレツとソーセージ、ブロッコリーとトマト

スタバで155バーツ。どれも美味しかった。


220421b
奥さんとセンタンのスタバにて

ケーキの上に乗っているのは紫芋だと思うけど、日本の味に通じるものがあって美味しかった。

全部で625バーツ。結構高いね。


220421c
タラート・ランムアンの果物売り場、2022年4月21日、15:00頃

ランムアン市場の一番奥の3号館が果物売り場。
ここは旬の果物が割と安く手に入る。

ドリアンを買うのは今年2回目。そろそろドリアンの季節。
なお、トゥリアンと言うと通じる。


220421d
ドリアンがいっぱい

こんなお店が3~4店有った。


220421e
タラート・ランムアンの3号館は果物売り場

ドリアンの他、オレンジ、スイカ、ココナッツ、パイナップル、リンゴ、芋、なども売っていた。

基本は卸売りらしいが、小売りもしているお店が多い。

写真に写っているのは3号館の4分の1ぐらいの範囲。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月20日 (水)

新築祝い(準備)

2022/04/14(新築祝い)(準備)

「新築祝い」シリーズの最後は「準備」です。
ブログに書くか書かないか迷いましたが、記録を残して置きたいので書く事にしました。順番が逆に成ってます。


220420a
新築祝いの会場は家と家の前のスペースで

テントやテーブル、椅子などは有料で借りた物をお義兄さん達が運んで組み立ててくれた。
住宅団地の管理事務所には此処でやる事の了承を事前に取ってある。

タイ人の宴会は大人数の場合、こういうテントでの宴会に成る事が多い。
田舎の家の場合、庭が広い家が多いのでテントの設置場所には困らないが、ここは広いスペースが無いので道路にテントを張った。
でも、住宅団地はまだ空き家も多いし、車は殆ど通らないので問題ない。

左の車は氷や水を運んで来たもの。
右側が新しい家。


220420b
会場を準備中

右側は家の駐車場。
奥さんのお兄さんなど、親戚関係の方が色々働いてくれている。


220420c
カラオケの準備中

家の駐車場はカラオケ会場に。
奥さんのお兄さんが出張カラオケ屋を以前やっていた(今もやっている?)ので、こういうのはお手のもの。


220420f
氷BOX

ビールなどを入れて置く為の氷。


220420g
ビールなど

1箱に1ダース入っている。
リオとチャーンビールはタイ人用。
(リオ10ダース、チャーン10ダース、合計240本)
(奥さんの見積もりでタイ人のお客様が40~50人、仮に48人だとすると1人5本飲む計算に成る。アルコールを飲まない人も居るだろうし、ウイスキーも有るので、1人5本は多過ぎる気がした)

酒類以外の飲み物は、コーラ、ナムデーン(赤い水)、ナムキィヤオ(緑の水)など。

実は、ビールの量を巡って奥さんと自分の間にひと悶着有った。
自分は「こんなに要らない」「こんなに飲む訳がない」と主張したが、奥さんの余ったら返せるので問題ない、という話で了承した。

結局、半分以上余った。
(追記。今(4月20日)残りを数えたら飲んだのはリオ2ダース、チャーン4ダース、合計6ダースだった。注文した量の3分の1にも満たない)
(因みに、日本人の飲んだビヤシンは(注文した24本中)11本だった)


220420h
日本人のお客様用のビールなど

自分の友人の日本人には何故かビヤシン派が多いので、ビヤシンが2ダース(24本)。

タイのウイスキーはタイ人用で12本。
(48人だとすると4人に1本)
(他にビールが1人5本)

・・・だ~か~ら~・・・絶対、多過ぎるって・・・。

(奥さんの一族に酒豪は居ないし、友人は女性。飲まない人だって居る)


220420k
近所の奥さんの友達が持って来てくれたウイスキー

「明日、用事が有って来れない」という事で、前日にウイスキーを新築祝いとして持って来た。

中央の赤のチリ産のワインは日本人のメンバーに人気だった。


220420m
自分が日本人のお客様用に用意した飲食物

アサヒのスーパードライ、カマンベールチーズ、ブドウ、ナッツ、おせんべ、ワイン、ジュース類。

メインの摘みは「作(日本食レストラン)」に頼んであるので、この摘み類はそれが届くまでの繋ぎ。


220420n
お菓子

子供も来るだろうからお菓子も少し用意。
(結構、大人も食べて居た)

タイのお客様の食べ物は新築祝いの当日(明日4月15日)に用意なので、この時点ではまだ無い。

あと、お坊様にはお坊様用の食事を用意した。


220420p
お坊様へのお供物や飾り付け用のグッズなど

左側の銀の箱と金の箱は、1ダースのビール箱に銀紙と金紙を張った物で、お客様から頂いたご祝儀を入れる為の箱。

という事で、前日の準備は整ったのでした。


220420r
準備済の会場

テーブルにはテーブルクロスが掛けられている。
テーブルは此処以外に家の敷地の中にも数ヶ所置かれている。

日本のお客様は家の中のリビングでお迎えする予定。

という事で、既に書いた「新築祝い(お坊様)」へ続く事に成ります。
(書く順番が手順前後しました)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月19日 (火)

新築祝い(宴会)

2022/04/15(新築祝い)(宴会)

クン・バーン・マイ(新築祝い)は午前中にお坊様が来て儀式を行い午後からは宴会。

お客様は奥さんの関係が全部タイ人、自分の関係が全部日本人。


220418b
宴会中

酒類はビール(ビヤシン)とワイン各種。
摘みは「作」に作って貰ったお寿司がメイン。
あとはチーズ、おせんべ、ナッツ、イカ、ブドウ、エビフライなど。

日本人用の摘みとタイ人用の摘みは別々に用意して、日本人用は自分が手配、タイ人用は奥さんが手配した。

日本人のメンバーは主に麻雀のメンバーとカラオケ・飲み会のメンバー。
ほぼ全員、前期高齢者。


220418c
タイ人のお客様

タイ人のお客様にはタイ人用の食べ物を用意してあったが、ここのテーブルの上にあるのは、「作」のマスターがサービスで作ってくれたマグロやサーモンの寿司やエビフライ。

タイ人のお客様は奥さんの友人関係や親戚関係。

昔、パーンの田舎で新築祝いをした時は村中総出みたいな感じだったが、出来たばかりの建売の住宅地はまだ地縁がそれ程ないので、近所の人は少なかった。

タイ人のお客様にはホストとして軽い挨拶はしたが話は殆どしてない。

タイのお客様は主に外のテントで、カラオケをやりながらの宴会だった。
今日の日本人のメンバーにはカラオケのメンバーも居たので、カラオケが出来るかもと思ったが、日本語のカラオケの準備が十分でないようだったのでやらなかった。
ちょっと残念。

宴会は15:00頃から始めて23:00頃まで続いた。
日本人の宴会は16:00頃から19:00頃まで。
なかなかこういう機会は無いので、たまには邦人同士の連帯や親睦を深めるのはいい。

次の日。


220418d
新築祝い翌日の朝食

前日の余り物。
タイのお客様用の食事は食べて無かったが、どんな物だったか良く分かった。
意外と、日本人にも合いそうな食べ物だった。

まあ、無事に終わって良かった。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月15日 (金)

新築祝い(お坊さん)

2022/04/15(新築祝い)(お坊さん)

今日は我が家の新築祝い。
奥さんは朝からピリピリと気が立って居て怖い感じ。

タイの新築祝いは儀式の中でも高位に位置するものらしい。
もしかしたら、結婚式に匹敵するぐらいのものかもしれない。

兎に角、奥さんにとっては一生一代の晴れ舞台て感じ。
まあ、新築の家自体それ程必要な物でも無く、半分ぐらいは見栄みたいなものなので、そういう意味では「新築祝い」は奥さんにとっては非常に重要な行事という事に成る。

奥さんは、昨日予約した美容院に朝早くに出掛けて、7時頃家(この場合はコンドー)に戻って来た。

これから新築の家に出掛けるというので、ちょっといつもより良い目の格好したら、「アイロンを掛けてあるこれを着なさい」と服装も指定された。
奥さん自身はお坊さんを迎える時の服装と、その後のパーティの時の服装は違う物を用意してあるらしい。

・・・結婚式のお色直しかよ・・・?


新築祝いの会場には既に奥さんのお兄さん達が来て居て色々な準備をしていた。

9時半頃お坊様お出まし。
自分も何回かご尊顔を拝しているワットホイパカンのお坊様。

入口までお出迎えして、家の中へ。
お坊様は2人、他にお付きの人(?)が7人で全部で9人。

「9」はタイの縁起のいい数字なので9人のお坊様が来るのかと思っていたが、今日はソンクラーンでお坊様もお忙しいので、付き添いの人を合わせて9人にしたのか、単に偶然なのかは聞かなかった。


220415a
儀式中

タイ人は紐で結界みたいのを張るのが好きらしい。
お坊様が何やら呪文を唱えている。


220415b
ロウソクに火をつけて・・・

何をしようとしているのか分からない。

奥さんはお坊様への贈り物(貢物?)を差し出している。
フートーには差出人の名前が書かれていて、中にはお金が入っている。

こういうの何て言うのか分からない「ご祝儀」というのも変だし「寄進」「奉納」「貢物」っていうのも違う気がする。
まあ、「チップ」だと思うが「手間賃」じゃストレート過ぎるし・・・?。
(「お布施」か?)

あと、写真は撮って無いがもっと大きな贈り物を4つぐらいさし上げた。


220415d
これは何をしているのか分からない

魔除けの印を付けて居る様な感じ。
「セコム」のマークみたいなものかもしれない。


と言う事で、みんなで記念写真を撮って新築祝いの前半分は無事終了したのでした。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月10日 (日)

能天気

2022/04/06(能天気)

新築祝い(クン・バーン・マイ)の準備にワットホイパカンに行く事に成った。
今日は珍しく娘も行くというので3人でワットホイパカンへ。


220409a
車の中から撮った巨大仏像と建物

ワットホイパカンは奥さん一押しの寺らしく、自分も10回ぐらい連れて来られている。


220409b
九重の塔とドラゴン

ドラゴンが居て、ちょっと中華系が入ったような感じのお寺。


220409c
九重の塔の中

九重の塔の中は中空に成っていてそこに大仏様が居る。

打ち合わせ(新築祝いの日決め)は奥さんとその懇意のお坊さんに任せて、自分と娘は境内を散歩中。
この塔は階段で上へ登れるが、4階まで登ったが別に面白い物も無かった。

自分は「宗教何て面倒くさいもの」「胡散臭いもの」と思っているが、その考えが娘にうつったらしく娘は「嫌っている」に近い感じ。
奥さんに付き合わされて、仏事に参加するのが堪らなく嫌らしい。

まあ、散歩しながら人形を見るぐらいは・・・。


220409d
奥さんがお坊様と打ち合わせ(?)中の部屋の入口

何故か「福」の字が逆さに成っているが、何か意味が有るのか?。
まさか、単純に貼り間違えただけ、何て事はないよな?。

打ち合わせは無事に終わったらしく、多分、新築祝いにお坊様が来る日時と段取りを決めたのだと思う。


用事は無事に済んだので、次は何かを食べに行こうという話に成った。
で、奥さんの希望で再びラリター・カフェへ。
ワットホイパカンとラリター・カフェは至近距離。
(ついでに言うと、アカ・コテージも近い)

まあ、車の運転も奥さんだし、自分と娘は言われるままについて行くだけなので気は楽。


220409f
ラリター・カフェでこれから昼食

左、娘。右、奥さん。

ラリター・カフェはこういう飲食施設が幾つかに分かれて有る。


220409g
本日の昼食

自分はカオパット・プー、奥さんはラートナー・センヤイ・ムー、娘は玉子とエビのあえ物(?)。
みんなでリンゴとレーズンのサラダ。

前回、(多分)イカにあたって、自分と奥さんはお腹を壊したので、今日は注意してイカのある物は注文しない様にした。


220409k

左上。ラートナー・センヤイのセンヤイは太麺と言うより、餃子の皮に近いような麺だった。

右上。玉子とエビに軽く火が通っている料理。これ美味しかった。

左下。レタスの上にリンゴとレーズンが乗っていて、甘酸っぱいドレッシングが掛かっている。その上にエビフライが2つ。これも、まあまあ美味しかった。

右下。カオパット・プーも美味しかった。

因みに、今日は帰った後、3人とも無事だった。
前回食べたイカはたまたま運が悪かっただけかもしれない。
まあ、タイに暮らして居れば、こういう事もある。


220409n
滝の前にて

折角だし、娘は初めてなので園内を散歩。


220409o
奥さんの写真係にされた娘

こういうところは能天気。いいのか悪いのか?。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月 9日 (土)

久々にガウガウ

2022/04/08(久々にガウガウ)

多分2年振りぐらいだと思う。

コンドーから15分ぐらいの所にガウガウという飲み屋さんが有る。


220408a
ガウガウ
チェンライ市内の BIG-C の近く。

暫くコロナで閉店している期間もあったし、やっとその規制が解除されたと思ったら、コロナの感染者が数人出て2週間ぐらいの閉鎖とかもあった。
その後、やっと行けるかと思ったら、他の所から規制命令が出てまた行けなくなった。
2週間ほど前にやっと規制解除(個人的なものです)されたので今日はガウガウで久々の飲み会。

気の置けない仲間(気を使う必要が無く付き合えある仲間)との飲み会は麻雀の次に楽しいイベント。


0220408c
お店のスタッフさん

スタッフさんとの会話も日・タイのコミュニケーションが図れる貴重な時間。

まあ、それが出来るのも今日のメンバーにもてもてのKさんが居るお陰だけど。

でも、スタッフさんもコロナ前と今では随分変わった。
以前は3人程馴染のスタッフさんが居たのだが、今では彼女1人。

これから段々、以前のように馴染のスタッフさんが増えるのか、そうでないのかは今はまだ分からない。

まあ、タイのいい所はフレンドリーな人が多い事で、それはコロナぐらいでは変わらない。


220408b
ガウガウの店内

この写真を撮ったのは19:30頃でまだお客さんは少ないが、それから1時間後ぐらいには、結構、お客さんでいっぱいに成った。

そろそろコロナなんかで窮屈な思いをしなければならない状態から解放されて、タイらしい生活に戻れればいいと思う。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月 7日 (木)

プラーニン

2022/04/07(プラーニン)

何処かの国の王様がタイに贈った魚が何故かタイの人達にバカ受けして広まったという魚らしい。


220407a
プラーニン(食べかけ)

不味くはないのだが、凄く美味しいという魚でもない。

タイ人の奥さんは大好きらしくて炒めた物を良く買って来る。
家(うち)の奥さん、基本的に料理はしないのでその代わりに「おかず」として炒めたプラーニンを買って来る。

十数年前、まだパーンの田舎(チェンライ県パーン郡)に住んで居た頃、食べた魚はプラートゥ(鯵の干物に似ているが鯖科の魚らしい)が多かったが、プラーニンもたまに食べた。

多分パーンの田舎辺りではプラートゥは普通の魚、プラーニンはやや高級な魚だったように思う。
田舎の人達は川でさで網や投網で取った小魚を炒めて(注)食べたりしていたようだ。
(注)(タイ人の「炒める」は日本と比べると油の量が多くて揚げるに近い。例えば、目玉焼きでもタイ人が作ると周囲がチリチリに揚った目玉焼きに成る)

プラーニンは淡白な味でタイの食べ物としてはましな方で、魚好きの自分としては美味しいと思う事も有る。
他の、訳の分からないタイ料理を食べさせられるよりは「まし」だと思って「美味しいね」と言う事も有る。

しかし、困るのは普通に美味しい和食を食べたいと思っている時に(奥さんが)買って来た時で、折角買って来た物を食べずに自分で他の物を料理して食べるのも喧嘩を売っているようだし、と考える。
尚、この場合、娘はこっちの仲間で「パパ何か作って食べる?」と聞いて来る事もある。
娘は、私か娘自身が作った方が美味しい物が食べられるという事を知っている。

奥さんがその場に居ないときは、プラーニンは放っておいて、食べたい物を食べるが、困るのは奥さんも食べない事が多いこと。

例えば、写真のプラーニンは買って来て3日目のもの。
焼き立てならまだ美味しいが、焼いて3日も経ったものなんて旨くない。
しかも、タイの炒め物ってベトベトの油を使っているのでもう全然旨くない。

しかし、自分の性格上「捨てるのは勿体ない」と思うので我慢して食べる。
何処かの王様も余計な事をしてくれたものだ、と八つ当たり的に思っても自分の国なのでしょうがないか、とも思う。
実際は、これだけタイで普及したのだから、素晴らしいお仕事をされた、という事なのだろうけど・・・。

もっとも、これが無ければタイ人はもっと不味いものを考え出したかもしれない。

兎に角、BIG-Cの隣のシンタニーコンプレックスの前の道端で売っているプラーニンが気に入ったらしくて、1週間に1回ぐらい、多い時は1週間に2回買って来る時も有るので、そろそろ「こんな物、旨くね~」と言った方がいいかもしれない。

ついでに言うと、写真下のサイウアも余り好きじゃない。
こっちの方は日持ちするので、焦って食べる必要は少ないので、まだいいが、食べかけでテーブルの上に置きっぱなしの事も多いので、しょうがなくて食べる事も有る。

最近ユーチューブで、寿命を縮める食品というのを見たが、サイウアは如何にも悪そうな食材で、防腐剤や人口着色料や化学調味料が沢山使われていそうで、あまり食べたくなかった。
まあ、どのみち自分の寿命何てそんなに長くないし、タイなんて所に暮らして居るのでしょうがないと思うしかない。

という事で、本日の朝食は、プラーニン、サイウア、レバー、ヒマワリの芽とブルーベリーのサラダ(玉葱ドレッシング)、カオニャオ、で食べたのでした。
プラーニンは日本人らしく醤油を掛けて食べました。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月 5日 (火)

今日は忙しい日

2022/04/04(今日は忙しい日)

朝8:45頃、外出した。起きたのは7:30頃。

遊びに出掛ける日は気を使う。
食器洗いと居間の掃除を軽くして、トイレ掃除もして、洗濯物は取り入れようとしたがまだ生乾きだったのでせず、ゴミ袋を持って部屋を出て、エレベータ前のゴミ捨て場で捨てた。

これだけやって置けば奥さんも文句を言わないだろう・・・多分・・・?。
(奥さんはまだ寝ている)


220405a
2022年4月4日、08:45頃、チェンライ・センタン付近

今の季節としては幾分気温が低く、空も澄んでいて気持ちがいい。
昨日雨が降ったので今日は煙害が少ない。

待ち合わせの時間は此処から15分ぐらいの所に9時なのでギリギリ間に合うぐらい。

本日の最初の予定は麻雀。

自分の朝1番の仕事(?)は株価の確認をする事。
今日は手持ちの株が気持ちよく上がっていたので気分がいい。
こういう時は麻雀も勝てる気がする。

株価の上昇と麻雀の勝ち負けに因果関係はないが、気分の問題なので多少はあるかもしれない。

実は、前回大負けしているので今日は勝たなければならない。


   迷人  Y  M  S
1回目 -21 -14  +1 +34
2回目 -21 -40  +1 +60
3回目 -51 -10 +48 +13
4回目 -10 -31  +6 +35
5回目  +5 -16 -27 +38
合計 -98 -111 +29 +180

前回の成績

前回は、-98と、大負け。

生活充実、休養十分、のSさんの勢いに抵抗できず惨敗。

なので、今回は負ける分けにはいかない。

   迷人  Y  M  S
1回目 -17 +48 -34  +3
2回目 -36  -9 +10 +35
3回目 +36 -32 -13  +9
4回目 +46 -23 +17 -40
5回目 -34 +39  +5 -10
合計  -5 +23 -15  -3

今回の成績

しかし、今回も-5と惜敗。

3回目までは前回に引き続き気力充実のSさんの独り舞台かと思われたが、結局終わって見ればYさんのひとり勝ちだった。
でも+23の独り勝ちってある意味滅多に無い珍記録。


本日2つ目の予定はカラオケ(&飲み会)。

飲み会は16:00頃から始まったがカラオケは直ぐには始まらない。
誰かが口火を切らないと始まらない。

今日のメンバーは7人。
(メモ、K、K、M、N、N、O、Y、の7人)
いつもの顔ぶれなので代わり映えはしないが色々な話が聞ける貴重な時間だった。
(もうちょっと色々なジャンルの歌が出て来ると面白いのだけど、チェンライの場合殆ど演歌かムード歌謡に成る)


カラオケは19:30頃終わって、家に帰ったら娘が「一緒に何か食べるか?」と聞いて来た。
ちょうどお腹が空いていたので「任せる」と返事。


220405b
本日の夕食

ベーコンとエノキダケの炒め物、玉子サラダ、サーモンの刺身とご飯。
まあまあ美味しかった。


のんびりと暇な1日もいいけれど、たまには麻雀や飲み会、カラオケなどのイベントも有った方がいい。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年4月 2日 (土)

ちょっとカラオケ

2022/04/01(ちょっとカラオケ)

奥さんと夕食に出掛けた。

「から揚げが食べたい」と言っていた娘も誘ったが、着替えて外に出るのが面倒くさいという理由で娘はお留守番。
「お土産を買って来るから」と言って出て来た。


220402a
日本食レストラン「作」、2022年4月1日、20:00頃

「作」に着いた時、マスターはもう晩酌に入りそうな体制だったが、「ちょっと待ってね、もう少しお仕事してね」ていう感じ。
それからもう1組タイ人のお客さんが来たり、テイクアウトの客が来たりしたので、まだまだ8時前後は休めない。


220402b
本日の夕食

なかなか美味しいそうなお寿司だ・・・実際、美味しかった。

因みに、奥さんの好きなカニは今「作」には無い。
こんな所にもロシアのウクライナ侵略の影響が出ている。

作の魚介類は主にバンコクの業者から取り寄せているらしいが、業者にも在庫が無いらしい。
という事は元はロシア産のカニだったのか?。
(推測、ロシア(オホーツク海辺りのカニ?)⇒日本の業者⇒バンコク⇒チェンライ、こんな流通ルートかな?)
(多分、決済手段が無いので輸入が出来ないのだと思う)

という事とは関係なく、折角なので↓。


220402c
梅酒

家の奥さんアルコール類は殆ど飲めないくせに格好付けて飲みたがる。
結局、自分がほぼ2杯飲む事に成るのだけど、それはまあいい。

梅酒を飲みながらゆっくり食事をしている内に後から来たお客さん達は帰った。
酒も少しまわって来た。
もう9時頃だから、他のお客さんも来ない。
という事で↓。


220402d
カラオケ中

♬ わ~れも行く~、さらば~す~ば~るぅょ~ ♬

結局、この後梅酒を2杯追加して合計4杯。ちょっと酔っ払った。

「娘が待ってるから帰るか」と何回か提案したが、奥さん達(家の奥さんとマスターの奥さん)の会話が弾んで居て、「ま~だ」と言われて2~3曲の積りが、なかなか終わらなかった。

6~7人のカラオケもいいが、観客が殆ど居ないカラオケも好きな歌を好きな様に歌えるのでたまにはいい。


220402e
娘へのお土産

イカ揚げ、磯部巻き(6)、カキフライ(4)。

自分も、イカ揚げ少々、磯部巻き2枚、カキフライ1個を食べた。
娘は「美味しかった」と言っていた。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


« 2022年3月 | トップページ | 2022年5月 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼