« 日本から友人が来た | トップページ | 白い喫茶店 »

2022年4月24日 (日)

ゆっくり買い(株)

2022/04/24(ゆっくり買い)(株)

自分の場合、素人に多い「下がったら買う」という逆張り投資が基本。
たまに、そうでもない時もあるけど。

ただし、下がったからといって慌てて買わない様に注意している。
20年程前、ITバブルの崩壊が始まった時、その事が理解出来ずにある銘柄(富士通)を深追いしてえらい目にあった事がある。
この時は、自分はもう一生含み損を解消する事は無いと思った。

なので、下がって来たからといって直ぐに飛び付く事はしない様に注意している。
とは言っても、買わないでチャンスを逃す事も心配なので、今は大きく下がって来たら少しづつ買って行こうと思っている。

まあ、元々資金も少ないので少しずつしか買えないのだけど・・・。


220424d
2018年12月からの日経平均の月足(27105円は4月22日(金)の終値)

22日(金)も結構下がったし(448円安)、週明け月曜も下がりそうなので、思惑通りに行けば来週は買いたい場面が出て来るかもしれない。
まあ、日経平均で26000円ぐらいに下がって来れば少しは買う銘柄を探そうと思っている。
それでも、あくまでつまみ食い的にちょっとずつ。

更に下がればまたちょっと買い、またまた下がればまたちょっと買い、下げが止まって横這いに成ったり上げて来れば様子見、こんな感じ。
こういう作戦で数週間行けたらいいな、と思っている。
自分としては下げ幅が大きければ大きいほどお祭り気分(楽しくてワクワク)に成る。

逆に売りは、もしAGCが5000円を超えたら売るかも、と思っているが多分無理だと思う。
AGCは21日(木)に4980円ぐらいの時に5000円で指値の売りを出して4995円まで行ったが、あと一値足りず売れなかった(この株価のAGCは5円刻み)。
(過去にあと一値届かずに売れなかったら、そこからどんどん値下がりして後悔した事がある。この時は「日立製作所」だった。今回もそう成りそうな気もする)

AGC の22日(金)の終値は4905円だった。相場が上向きの時なら5000円を付ける可能性はあるが、今は無理そうな気がする。


先月(3月)は普段の年の1年分以上の売買をしたので、今は少し休もうと思っている。


220424e
2022年3月~4月22日までの全取引

住友金属鉱山は全て売り切った(ちょっと早く売り過ぎた)。
三井物産は売り切ってはいないが、ここで一休み。
まあ、両銘柄とも買値の2倍以上で売れているので上出来。

3月に買った、ソフトバンクや古河機械金属は買値を下回っているものも有るが、3月末の配当金を取っているのでそれ程損はしていない。
セコムは買値を上回っているし配当金も取っているので悪くない。
メタリアルやエーアイも3月と4月に買った分は買値を上回っている(過去の買った分を合わせると、平均買い単価は現在の値段を大幅に下回っているが)。


投資という意味では株以外のものも若干ある。
今の情勢はロシアのウクライナ侵略などの影響で為替(米ドル円や豪ドル円)や物(金など)の値段が大幅に動いているので、それも含めて、自分の保有している主な資産の一覧表を作って見た。


220424f
主要資産の成績

順位欄の黄色は買い増しも考えている銘柄。空色は売りを考えている銘柄。

銘柄名欄のピンクは日本株。
緑は香港株。
白地は金と債券。金は1g単位の価格。債権は100米ドル or 100豪ドル単位の円。

倍率欄の橙色は2倍以上、黄色は1倍以上、空色は1倍未満。

今回は、株主優待で持っている株は小さいので除いて有る。
(他も、そんなに大きくはないが)

外国債もちょっとなので今回までは気にして無かったが、ここに来て為替が大きく円安に動いたので、試しに表に入れてみた。
尚、トヨタ米ドル債1は 2023/03/23 満期、利率 2.77 % 。トヨタ米ドル債2は 2026/01/29 満期、利率 0.61 % 。
トヨタ豪ドル債は 2026/01/29 満期、利率 0.56 % 。

「金」は田中貴金属に預けてある。自分が買った時の価格が「買取価格」で「終値」欄が売る時の価格(税金の関係は良く分からないが、買い取った時の書類は残してある)。

外債は保有額は小さいが、利息を受け取った上に、価格も上がっている(現地通貨ベースでは下がっているが、円ベースでは上がっている)ので、僅かだが為替ヘッジの役割を果たしている。
「金」は保管料を取られているが、インフレヘッジや、国際商品なので為替ヘッジの役割を果たしている。


まあ、コロナの収束がなかなか見えないとか、ウクライナ戦争とか、米国金利の上昇懸念とか、原油高とかで、株価等の市場の乱高下の中なんとなくトータルでプラスに成っている。
取り敢えず満足出来るレベルの利食いをしたという安心感も大きい。

此処で株価が大暴落してもダメージを抑えるポートフォリオには成っている気がする。
(ポートフォリオの形はいいと思うが、細かく有るだけで個々は小さい)

逆に、大暴落が有ればチャンスかもしれないと思っている。


220424b
金価格の日足

金価格が上がっているのはドルベースで上がっている事もあるが、円安で上がっているように見える、というのもある。


別の視点から見て、今、一つ大きな問題は対バーツでの円安。


220424c
バンコクの両替屋の最優良レートの推移

昨年の暮れに自分が来タイして両替した時のレートが1万円で2915バーツだった。
それが今、1万円で2660バーツ。

2660 ÷ 2915 = 0.9125 ・・・ 約1割も目減りしている。
しかも、タイの物価は上がっている。多分、原油などの国際商品市況の影響が大きいと思う。
これはダブルパンチ。

自分はタイに来始めて大体20年。
その間1万円が3000バーツか、1バーツが3円(1万円が3333バーツ)ぐらいならいいな~と思っていたが、1万円が2660バーツというのはこの範囲を大きく下回っている。
(今迄もこのぐらいのレートは有った気がするが4000以上の時も有った)

まあ、為替はまた円高に成る可能性も有るが、物価の上昇は止まらない気がする。
兎に角、今この時点でこのレートは痛い。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

« 日本から友人が来た | トップページ | 白い喫茶店 »

」カテゴリの記事

コメント

中国株のドル建て(NYダウ市場)の株を買ったら、あれよあれよと上がったことがありました。

名人さんも、中国株が、いくつかあるのですが中国の市場に興味があるのですか?

セコムの投資については、どういう観点から購入されたのですか?

この先、ニューヨーク市場が、いつか、ドカンと凹むことはあるとお思いでしょうか?

コメントありがとうございます。

中国株はIPOを紹介された時に買いました。
日本でもそうですがIPOは殆ど外れが無いです。

セコムは以前から何回か売り買いをしています。
ネット社会が進んでも人の力を必要とする部分も有ると思うので、そこにセコムが入り込む余地が有るのではと思っています。

日本もましてアメリカも株価の予想なんて出来ませんが、今は金利の上昇によりドカンと凹む事があるかもしれないと思っています。

トヨタの米国債・豪債とは思いもしませんでした。さすがですねえ。

$は何年も前に125円で買ったものがみずほ銀行口座に眠ったままです。往復の手数料を考えると未だ赤字です。といったことやあれやこれやで外貨ものは恐ろしいというイメージでした。

P様、コメントありがとうございます。

お金を使うのはタイが多いので、円だけで持っているのは不安が有ります。
なので少しですが分散をしています。

住友金属鉱山、今日あたり買い戻しを検討なさいますか?

P様、コメントありがとうございます。

住友金属鉱山、酷い事になってますね。
26日10:38現在、株価5322円 -9.32%の下げ。

ちょっと買い戻そうかとも思いましたが、今は止めとく事にします。
リバウンドも期待出来る気はしますが、短期の値動きに乗らないのが自分の方針なので・・・。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本から友人が来た | トップページ | 白い喫茶店 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼