« タイの強み、タイ人の強み | トップページ | 多拠点生活 »

2022年6月 1日 (水)

2拠点生活

2022/06/01(2拠点生活)

5月中旬頃から新しい家へ移った。
と言っても、引っ越しとかは特にしてない。
以前住んで居たコンドーもほぼそのまま残って居る。

家具、ベッド、家電製品、食器、などは殆ど新しく買い揃えた。
なので、コンドーにも生活に必要なものは残っていて、今でもコンドーで普通に生活出来る。
冷蔵庫は点けっぱなしだし食べる物も有る。Wi-Fi も有る。

新しい家はチェンライ市の南側、1020 号線沿いに在り、近くにはランムアン市場やホームセンターのホームプロが有る。
新しい家は広くて快適なのがいい。

しかし、問題はセンタンや BIG-C に徒歩5分ぐらいで行けたコンドーから比べれば立地が不便に成った事。
更に問題は、遊びに行く時に不便な事で、今迄は暮らして居たコンドーの徒歩圏で遊ぶ事が多かったので、それをどおするか。

遊びの習慣は、そう簡単には変えられないし、変える気も無い。
そこで、遊ぶ時の拠点はコンドーのままにして置く事を考えた。

ここで、問題は新しい家とコンドーの行き来をどおするか。
生活の基本は新しい家だが、週に数回(1~2回)はコンドーを拠点とする。

その為には、コンドーまでの距離約4km、それ程遠い距離では無いがそれをどおするか。

幾つか考えた。

① 歩く。

歩けば1時間ぐらいだと思うが、暑いタイで1時間歩くのはきつい。
直射日光の当たる昼間は辛過ぎるし、曇りの時は大雨に降られる危険もタイは大きい。
夜なら何んとかなるかもしれないが、やはり1時間はきつい。

② 自転車。

日本なら4kmぐらい自転車で苦にならない。
しかし、新しい家からコンドーまでの道を自転車で行くのはかなり危険だし大変。

自分がいくら気を付けても、タイ人の運転する車やバイクに引っ掛けられる危険性は大きい。
タイ人って安全運転っていう考えが薄い(無い?)。

途中の 1020 号線は片側2車線で歩道が無い。
路肩は有るが、そこまでハミ出して走る車も有る。
人や自転車などが路肩に居ても、減速せずにギリギリに突っ込んでくる感じがする(多分)。

「多分」と付け足したのは、歩行者も殆ど居ないが、自転車はまず見掛けない為。
(タイ人も自転車は「危ない」というのを感じているのかもしれない)

なので、自転車で通行した時、車がどういう対応をするか読めない。
ただし、今迄見て来たタイ人の運転からして、路肩にもスレスレで減速せず突っ込んで来る車が多い気がするし、中にはスレスレでなく、ぶつかって来る車もあると思う。
道の多くは、路肩の先は溝なので、車が突っ込んで来たら避けようが無い。

例えそれが1000回に1回の確率でも、減速してない車と接触して転倒すれば、そこで大怪我をしたり下手して死んじゃったら困る。
(以前調べた数字では、タイの交通事故死亡率は千葉県の数倍有った。更にタイの中でもチェンライ県はベスト3に入るぐらいだった)
(チェンライの運転手は茨城や千葉のヤンキーのお兄さん達より無謀な運転手が多い気がする)
(自動車教習所の初期レベルの運転手もたまに居る。おそらくインチキして免許を取ったか、免許を持ってない人だと思う)

途中の国道1号線沿いは歩道の有る区間が多いが、チェンライの(タイの)歩道は人が歩く事を余り考慮してない。
まして、自転車の事など全く配慮されてない。

露天商が道いっぱいに衣類を並べていたり、障害物や植物に占拠されていたり、自転車を降りなければ通れない段差が有ったり、兎に角、折角歩道(らしきもの)が有っても歩道の機能を果たしていない。

車道を通れば、先に書いた 1020 号線の自転車走行と同じ危険がある。

それでも、裏道を通ったりして自転車で行き来するという方法も検討の余地はあるが(?)。

③ 車(シビック)で行き来する。

コンドーの駐車場に車を泊めて目的地まで歩いて行く、或いは、一旦部屋に入って時間を潰してから目的地まで歩いて行く。
(朝早くからの用事が有る時は、前日の夜にコンドーに泊まる事も有る)

遊んだ帰りに徒歩でコンドーに戻って1泊してから、次の日に車で帰る。
(特に、飲み会をした時はコンドーで1泊しないと危険)

④ タクシーを利用する。

チェンライは流しのタクシーは殆ど無いので、タクシーの場合は予約が必要。
まだ、この手は使った事が無い。

尚、新しい家とコンドーの間には、バスやソンテウ(タイの小型の乗り合いバス)は無い。

⑤ 奥さんに送り迎えして貰う。

これが一番簡単だが、奥さんの都合もあるし、遊びに行く時なので頼みにくいというのがある。

比較的無駄が無くて頼み易いのは、娘の学校の送り迎えに便乗する方法。
コンドーは新しい家から娘の学校へ行く通学路の途中に有るので、娘の送迎の車に乗って途中下車したり、途中乗車したり。

例えば、朝9時頃から用事が有る時に、娘の登校時に同乗してセンタンの前で自分だけ降りてコンドーで時間調整してから歩いて目的地に出掛ける。

遊びが終わったら、直接奥さんに迎えに来て貰うか、一旦コンドーに戻って都合のいい時に迎えに来て貰う。
1泊して翌日に奥さんが娘を学校に送った帰りにコンドーに寄って貰うとか、娘を迎えに行ったついでにコンドーに寄って貰うという手もある。


まあ、色んな方法が有るので、これらを組み合わせてコンドーと新しい家の約4kmの距離を行き来している。


今回は、9時にコンドーから徒歩15分ぐらいの所に(遊びの)用事が有って、娘の登校のついでにセンタンの前まで奥さんに送って貰った。
(コンドーは道路を挟んでセンタンの向かい側に有る。徒歩5分ぐらい)
センタンは車での通学路の途中に有るので無駄が無い。

学校は8時始まりで、センタンの前は7:40頃通過する。
約束は9時からなので、直接行っては早く着き過ぎるので一旦コンドーに寄って、時間調整してから8:40頃にコンドーを出た。


220601a
家の車庫

シビックとCRVが有るが、シビックの方が運転し易いので殆どシビックに乗っている。
自分はCRVは殆ど運転しない。
なので、車で出掛ける時は奥さんの都合を聞いて、シビックに乗っていく。

今回は奥さんの運転で朝の7:30頃出発して、娘の学校へ向かった。


220601b
住宅団地内の道



220601c
センタンの前の陸橋

ここで自分だけ降りて、陸橋を渡って一旦コンドーへ向かった。

今回は1日中遊ぶ予定だったので、夜はコンドーに泊まる事にした。
その場合、コンドーに居る時に暇で困らない様にパソコンを持って来た。

自分の場合、パソコン中毒みたいなところが有るので、コンドーと新しい家を行き来する時はパソコンも一緒に持って行く。
なので、そういう面でも、重い物を持っての、徒歩や自転車は使いずらい。

尚、Wi-Fi はどちらの家にも 3bb を入れてある。

後、週に2回ぐらいは1人に成れる時間が有った方が良い。
奥さんや娘に気を使わなくていい時間は自由で気楽。
毎日だと寂しい気がするが、週に2回ぐらいならそういう時間は有っていい。

まあ、まだ新しい家で暮らし始めたばかりなので、今後、どのように生活スタイルが変化するか分からないが、今の所、新しい家とコンドーの2つの家を行き来する2拠点生活はこんな感じです。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

« タイの強み、タイ人の強み | トップページ | 多拠点生活 »

タイの生活、チェンライの生活」カテゴリの記事

コメント

2つの生活拠点に意味があるから、ありだと思います。
名人さんの日本の3つの拠点は今後どうなるんでしょうか?
そちらのほうが、いつも気になってます。

コメントありがとうございます。

この後に「多拠点生活」というタイトルで書く予定です。

タイの暴走運転もあぶないですが、最近は日本の老人運転も怖いですよ。
ウインカー出して真っ直ぐ来たり、逆走したり、信号が赤でも気が付かなかったり

デカチンコ様、コメントありがとうございます。

自分も注意しないといけないですね。
咄嗟の判断力が落ちたり、普通に走っている時でも周囲の状況を誤認したりすることは、年齢と共に増える気がします。

迷人様 おはようございます。
コンドと家との2か所での生活のスタートですね。それぞれに長所と短所が有りますね。タイもガソリン価格や電気代が高くなり、一般的に家はコンドよりも市外に有り部屋も広いのでガソリン代や電気代の出費が増えますね。またタイは蛇、サソリ等が居るので私はコンドの方が良いです。

プーケットはチェンライと違って土地が狭いので道も狭く、駐車場を探すのも大変です。なので車は殆ど使用しないで🛵(日本の教習所で教官から怒られながら免許取得しました)ばかりです。慣れるととても便利です。

タイの方の運転は最悪‼️ですね。自己中で周囲の事など気にしませんね。車間距離は全く取りません、信号無視、スピード違反(馬鹿みたいに飛ばす)、センターラインオーバー、一時停止無し、飲酒運転など幾らでも有りますね。
そして事故ったら何だかんだと言い訳ですからね(雨が降っていたから滑ったとか)。。。と文句を言ってもどうにもならないので、最近はタイの方の運転方法に慣れて予測運転しています。またタクシーも危ないので空港へも🚌を使っています。どうしてもタクシーを利用する時は少しくらい高くても信頼できる運転手さんに連絡します。

よっちゃん様、コメントありがとうございます。

チェンライに来た初めの頃にバイクの移動を考えましたが、初めて乗った時にブレーキとアクセルを間違えて隣の家の垣根に突っ込んだので、それ以来、奥さんからバイク禁止を言い渡されました。

金銭的には家が増えると固定費が増えるので勿体ないですが、そんなに長く生きられるとは思ってないので、まあいいかなと・・・。

基本的にタイ人は無責任人間なので、事故が起こっても相手のせい、ぶつかっても避けないお前が悪い、なので事故は起こるべくして起こる感じがします。

タイで たった4kmだったら私ならスクーターとヘルメットを迷わずに買います。 気兼ねなく好きな時間にサッと移動出来て、近場の移動にも大変便利。 娘さんも欲しがるかもしれませんね。

たけし様、コメントありがとうございます。

スクーターは便利そうですね。

コロナ前は、シリムンタホテルからセンタンへ行くのに無料巡回ソンテオが走っていました。
近い将来復活して欲しいし、新たに出来たムーバーンにも新路線を開設願いたいですよね。
今はグラブタクシーに頼るしかないのが残念です。

zurru様、コメントありがとうございます。

センタンの無料巡回ソンテオが有れば便利ですね。
兎に角、チェンライは公共交通が発達してないので不便です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« タイの強み、タイ人の強み | トップページ | 多拠点生活 »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼