« ちょっと儲かった | トップページ | アハーン・ヌア »

2022年9月 8日 (木)

久々の270°カフェ

2022/09/07(久々の270°カフェ)

奥さんの希望で久し振りに270°カフェにやって来た。
ここの売りは小高い丘の上にある眺望の良さ。


220907f
270°Cafe

右側の階段を登って行く。
前に来た時(約1年前)は上の白い建物しか無かった。
その下の黒い部分は増設されたらしい。
(儲かっているのかも)
(今日も建物内のテーブルは満席(1女+4女+2男+男女)、外の席にも6人ぐらいのファラン+1タイ人のグループが居た)
今回行ったのは上の白い建物。


220907e
上からの眺望

この眺めの良さがここの売りらしい。


220907k
本日の昼食

 こっち側が奥さんの注文。

自分は2時間程前に朝ご飯を食べたのでそれ程お腹が空いて無いが奥さんが居ると大体食べ切れない程の注文に成る。
しかもここは1品毎の量が多い。


220907d
本日のメニュー各種

左上、コームーヤーン。
コームーヤーンは店によっては脂身ばかり多い事があるが、ここは肉の部分が多くて美味しい。

右上、カオパット・サパロット(パイナップルご飯)。
奥さんの大好物。奥さん曰く「チーウィット・タマダー」の方が美味しい。
自分もそう思うが、ここのもまあまあ美味しい。日本人には食べ易い料理だと思う。
パイナップルをくり抜いた中に、パプリカや豚肉と炒めた(?)ご飯が入っている。

右下、スパゲッティカルボナーラ。
これだけ、自分の注文。他3品は奥さんの注文。
(他に、飲み物は、自分はアメリカンの上に桃が乗せて有るもの、奥さんはカフェ・モカだったと思う)
まあ、他のものも一緒に食べるのだけど。
チェンライで食べるスパゲッティカルボナーラは何処も同じ様な味で、凄く美味しいという事は無いが外れも無い。無難な選択。

左下、サーモン・サラダ。
カオポート(トウモロコシ)などのサラダの上にサーモンの刺身が乗っている。
ゴマダレ見たいのが掛っているのだけど、刺身には全く合わない。
刺身自体は美味しいので「惜しい!」と思っていたら、奥さんも同じ事を思ったらしく、「醤油とワサビが欲しい」とスタッフさんに頼んでいた。


220907g
スタッフさんが追加で持って来た醤油とワサビ

箸もスタッフさんにお願いして持って来て貰った。
(タイでは、食事の時、普通はスプーンとフォークしか出ない)
「コー(ください) タキアップ(箸)」と自分がタイ語で言った積りだったのだけど通じなかったので、手でチョキを見せたら分かったらしいが、奥さんが言い直していた。
(今、グーグル翻訳で発音を聞いたら、「コー タキヤ」と言ってたので今度はそれで言ってみよう)

同じ刺身でも、ゴマダレで食べるのとワサビ醤油で食べるのでは全然別の物。
ゴマダレで食べたサーモンは美味しいとは思えないが、ワサビ醤油で食べたサーモンはメッチャ旨かった。
奥さんもこの違いが分かるように成ったのは喜ばしい事だ。

まあ、全体的には美味しかったが、元々奥さんは少食だし、自分もしっかり食べた朝ご飯がまだ残って居たのでそんなには食べられない。
なので、カオパットサパロットとサーモンサラダの半分ぐらいは包んで貰って家へ持ち帰った。
いつも思うが、こういう事が普通に出来るのはタイのいいところ。

と言っても、食べ切れない程注文するのは、自分は嫌いだが。

もしかしたら、タイ人て「食べ切れない程」というのが好きな民族なのかもしれない。
食べ放題のお店(タイではビュッフェと呼んでいる)が多いのもそういう人が多い為かも。
それは、もしかしたら、昔の(今でも?)貧しさの裏返しかもしれない。

自分的にはもう十分だと思ったが、それで満足しないのが奥さんで。


220907h
ケーキのショーケース

持ち帰りでケーキを3個買った。
チェンライのケーキってどこも美味しくない。
「パラボラ」とか昔、某日本料理屋に有ったケーキはまだ「ましな方」だが、日本で食べるケーキと比べたら・・・。
パンもクリームも全然・・・。
(これは自分の感覚です。チェンライのケーキ類に肯定的な考えを持たれる方も多いです。)


220907b
右下がケーキのショーケース

店内には綺麗なドライフラワーが沢山飾って有る。


帰り道、最近では珍しい動物に出くわしたので写真を撮った↓。


220907a
水牛(クワーイ)、2022年9月7日、チェンライの旧空港付近にて

人を「クワーイ」に例える事は、タイでは酷く馬鹿にした言葉という話を何かの本で読んだ記憶がある。

道路沿いに車を止めて車の中からこの写真を撮ったが、クワーイさんが突然怒って車に突っ込んで来たら怖いと思って、急いで撮って移動した。
この体でこの角で車に突進して来たら、車のドアぐらい突き破られそうな感じ。

という事で、本日のお会計は1238バーツとチップ40バーツでした。
今、円がどんどん安く成っていて1バーツが3.9円ぐらい。
(今日のバンコク両替所の最優良レートで1万円が遂に2600バーツを切って、2555バーツ)
(対ドルだと8日午前2時現在、1ドル144円ぐらい)
それで計算すると (1238+40)×3.9=4984≒5000円。

ケーキのお土産付きでも、たかがチェンライの昼食に2人で5000円はちょっと勿体ない気がするが、奥さんは「安いね(安くていいね)」と言っていた。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

« ちょっと儲かった | トップページ | アハーン・ヌア »

旅行・地域(チェンライ・北タイ)」カテゴリの記事

コメント

チェンライの少数民族の住む村々をトレッキングしたときに小高い山からの眺めや国民党だかのムラに行く途中の眼下のチェンライの眺めとか凄く良かったです。
このカフェも、そちら方面からの眺めですか?
チェンライは山の中に沢山の民族が村を造っていてトレッキングするのには面白いです。
トレッキングといえばミャンマーのチェントンは、もっと沢山の民族の村があって、どこの馬の骨ともわからない観光客にも凄くフレンドリーでインパクトが強かったです。
自分の実家も四方を山に囲まれていてもハイキングに出かけようなんて思わないけど、チェンライやチェントンのトレッキングは楽しかったです。
特にチェンライは、山への道路事情が良いので、車で、こういう眺めの良いカフェに気軽に行くことが出来て良いですね。

近々、御家族で日本にも(北杜の山にも)いらっしゃるんですね。

コメントありがとうございます。

チェンライ県の北の方には山岳民族の暮らす山が多いですが此処は比較的町の中の小高い丘、という感じです。

チェンライの街の近くにはこの他にも、アクアテールカフェとかアカコテージとか景色のいい飲食施設は多いです。

前回、初めて訪れました。
噂通り眺めは最高でした。
カルボナーラ、サラダ、魚のから揚げ等、どれも美味しかったです。
宿泊施設もあるんですって?
次回は、彼女と夜景を見ながらなんていうのも良いですね。

zurru様、コメントありがとうございます。

上手く行くといいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ちょっと儲かった | トップページ | アハーン・ヌア »

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼