カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の544件の記事

2020年9月25日 (金)

帰国出来ない、戻れない

2020/09/24(帰国出来ない、戻れない)

このブログではタイから日本への移動を「帰国」、日本からタイへの移動を「戻る」、と表現しています。
今回は、そんな話です。


急に寒くなった。


E1_20200924171901
東京都杉並区、家の近所、2020年9月24日、15:40頃撮影。
環状8号線の中央分離帯にある樹木。少し秋らしく成って来た。

おとといは半袖で丁度良かったが、きのうはTシャツでは少し寒かった。
きょうは2枚重ねで着て長袖でも寒い。もう1枚、ジャケットが欲しい様な寒さ。

まだ気温の戻りはあるだろうが、もうそんなに暑い日は来ない気がする。
自分はこのまま、冬に成るまで、或いは、冬の間中、日本に居る事に成るのかも知れない。

今、自分は日本に居る。その事で昨日、「タイに行けない、ぼやき」、という記事を書いたが、今日はその関連で自分と自分以外の話。


日・タイの移動が制限されて困っている人は、チェンライの関係者でも相当数居る。
それは、大きく分けて2通りのパターンがある。

一つは、今日本に居て、チェンライに戻りたいが戻れないケース。
もう一つは、今タイに居て、一時帰国したいが、色々な制約が有って簡単には帰国出来ず、様子を伺っているケース。

先ずは、日本からタイに戻れなくて困っているケース。
(勝手に自分が推測しているだけで「困って無い」かも知れないが)

チェンライ日本人会にも日本に帰国中でタイに戻れない人が5名ほど居るらしい。
多分、チェンライ全体ではその何倍も居ると思う。

定住者では無くて季節的にチェンライを訪れる人で「来たくても来れない」人も相当数いると思う。

季節的に訪れる人は、寒季に訪れる人が多い様で、例えば11月~3月ぐらいに滞在する人は、丁度コロナが流行り出した頃(2月~3月頃)に帰国していて、その頃はまだ日・タイ間の移動規制も余り無く、帰国して暫くしてから日・タイ間の移動規制が厳しく成ったが、その規制がまさか、今年の寒季まで(11月頃まで)続くとは思っていなかったと思う。

チェンライ定住者で2月~3月頃に一時帰国して、3月か4月頃に戻る予定が移動規制で戻れなく成った人も、まさか、こんなに長く規制が解除されないとは思っていなかったと思う。

自分の様に、簡単にはチェンライに戻れない事を承知の上で、諸事情により止む無く一時帰国した人も居ると思うが、そういう場合でも、用事が終わればチェンライに戻れないのは困る。
(自分の場合11月頃までは元々日本に滞在する積りで来た)

この先どうなるかはまだ分からないが、一般の旅行者がVISA無しでタイに入国出来る状態には当分(半年かそれ以上?)ならないと思う。

特別な入国許可を取って、(2週間の隔離などの)特別な条件をのんで、タイに戻る事は、今は(8月頃からは)可能性は有るが、普通のチェンライ定住者がその「枠」でチェンライに戻れる様に成るのはまだ先だと思う。
(金銭面とか非常に無理をすれば、或いは、余程運が良ければ、今でも何とか成るかも知れないが、可能性は低い)

ここまでが、チェンライに戻れなくて(来れなくて)困っている人の例。
次は、チェンライから帰国出来なくて困った(困っている)人のケース。

チェンライ在住者で、日本に一時帰国する為に3月とか4月にチケットを手配していたが、飛行機が飛ばなくて帰国出来ず、そのままタイに留まった人。

3月~4月頃に一時帰国する人は結構多い。この頃(3月~6月頃)はLCCとかタイ航空とか、予定されていた便が次々にキャンセル成った時期で、無理をすれば、チケットを取り直して帰国出来た(注)かも知れないが、一旦帰国してしまうと、今度はタイに戻って来る目途が立たなくて、帰国を諦めたり、先延ばしした人がいる。
(注)(一時期は、国内線も飛んで無くて、県をまたぐ陸路の移動も禁止されていて、バンコクまでさえ行けない時があった)

自分も4月と6月に帰国を先延ばししたが、自分の場合はどおしても帰国しなければならない事情があったので8月に帰国した。
ただし、これは少数派だと思う(帰国便がガラガラだった事からも想像が付く)。

帰国してしまうと、今度はいつチェンライに戻って来れるか分からないので、多少の用事が日本に有っても、今の時期の帰国を諦めた人が多数派だと思う。

つい最近聞いた話では、9月26日に(コロナ特例の)VISAの自動延長が切れるので、一時帰国するという人も居るようだ。


困った、或いは、困っているケースをもう少し加えて、細分化すると。

① 必要があって一時帰国したが、チェンライにいつ戻れるか目途が立たなくて困っている人。

② 一時帰国を予定していたが、予約していた便が飛ばなかったので、帰国を諦めた人。

③ 必要があって一時帰国をしたいが、一旦帰国すると今度はいつタイに戻れるか分からないので、タイに居て帰国の機会を窺っている人。

④ バンコク→地元空港の直行便が無くて、仮に羽田空港とかに着いたとしても容易に自宅等には行けないので、タイに居て帰国の機会を窺っている人。
日本側の規制緩和(具体的には隔離期間前の公共交通の利用禁止の解除)を待っている人(この該当者は自分は知らない)。

⑤ 季節滞在者で今は日本に居るが、チェンライに遊びに来れなくて困っている人。或いは、これから困るであろう人。
(自分の知っている範囲で、寒季にチェンライに来る人は3人居ます)
(そういう人は、多分、自分が知らないだけでもっと沢山居ると思う)

⑥ ちょっと意味合いが違うが、今、チェンライに居てVISAが切れていてコロナ特例処置で9月26日にまでは居られるが、その後はどう成るか分からない人や、コロナとは別の理由でVISAのチェンライでの更新が出来ない人(注)も、日・タイの移動規制の影響は大きいかも知れない。
(注)(VISAの更新要件が今年から少し厳しく成ったので、それで一旦帰国せざるを得ない人も居るかも知れない)
また、ミヤンマーやラオスへの陸路も閉じられているので、ビザランが出来なくて困っている人も居ると思う。


ここまでは、主にチェンライの在住者や季節的にチェンライへ来る人を対象に例を挙げましたが、タイが好きでタイに旅行に来られなくてつまらなく思う人や、企業関係者で日・タイの行き来が簡単に出来なくて困っている人も多いと思う。って言うか、そっちの人の方が遥かに多いが、今回はチェンライに関係する邦人を記事の対象とした。

チェンライの邦人は殆ど個人の資格で暮らして居る「生活者」。
殆ど帰国しない長期滞在者が多数派なので、そういう人はコロナによる日・タイの移動規制の影響を余り受けてはいないが、今回例を挙げた様な、コロナ禍の影響を受けて困っている(或いは、困った)人も多い。
(日本に行って生活費を持って来る積りが、それが出来なくてちょっと困っている人も居ました)

まあ、自然災害なので、しょうがない、と思うしかないか。

今回のコロナ禍で、亡くなったり、重症化したりという直接的被害を受けた人、失業したり、倒産したりという様な経済的被害を受けた人、その他にも、外出自粛で鬱病など精神的被害を受けた人など、被害は色々有るが、国をまたぐ移動が出来なくなった事で受けた被害というのもある。

また、今回のコロナ騒動は日・タイの2拠点で暮らすという生活スタイルは、「日本だけで暮らす生活スタイルには無いリスクがある」という事を感じさせた事件だった。

あと、まだ隠れている重大なリスクがないか、という心配も有る。
(コロナ菌が更に悪性に変異するとか、日・タイの移動制限が予想を超えた長期に及ぶとか、日本または世界の経済が破綻するとか)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年9月23日 (水)

タイに行けない、ぼやき

2020/09/23(タイに行けない、ぼやき)

「ぼやき」ですから感じた事を書きます。良く調べて書いているものでは無いです。


こんな記事が今日のヤフーニュースに載っていた。


F3_20200923102301
9月23日(水)6:43、朝日新聞デジタル

日本が外国人の受け入れを一部緩和するというニュースらしい。

実は、今日の「ぼやき」は、直接的にこのニュースがどうのこうの、という話ではなくて、早くタイも外国人(具体的には日本人、もっと直接的に言うと自分の様な日本人)の入国規制を緩和して欲しいな~、という話。

今のタイの入国規制は非常に厳しい。
少しずつ入国枠は増えている様だし、入国可能な条件も多少は緩和されつつある様だが、それでも自分にとってはハードルが高い。高過ぎる。

全く不可能ではない(一応タイ人の配偶者は入国資格が有る)にしても、隔離施設の予約を取って、高額の健康保険に加入して、コロナも保険の対象に成るという特別の書類を作って貰って、各種の資料を作成して提出して、それでも受け入れ枠があるのでそこに入るには、タイ大使館(?)の受け入れ枠の発表をこまめにチェックしたり急いで申し込んだり、直前にPCR検査を受けて、陰性の証明書を書いて貰ったり、しかも多分その殆どの書類を(自分の苦手な)英語で作らなければならない。

ちゃんと調べてないので分からないが飛行機の予約はどおする、なんてのもある。

以前、日本でタイ滞在のVISAを取っていた事があって、十数年それをやった。
確かにちょっと面倒では有ったが、書類さえ揃って居ればVISAの発行を拒否される事は無かったし、結果として1度も拒否された事は無かった。
正確な記憶は無いが、殆どVISA申請に行ったその日にパスポートを預けてVISA入りのパスポートが郵送で届けられた。
(初期の頃1~2回ぐらいはその場で申請書の書き方が分からなかったり、書類が不備で出直した事があったかも知れない)

しかし、今回は「枠」があるので、きちんと手順を踏んで書類を揃えても枠がいっぱいに成ってしまえば、入国許可はおりない(らしい)。
出国直前のPCR検査何て言うのもタイミングが難しそうだし。

タイ入国後の2週間隔離も大変そうだけど、そこまで行ってしまえば、ほぼ入国は出来ると思われるので、それは余り気にしていない。
隔離のホテル代や飛行機のチケット代はかなり高そうだけど、それは、まあしょうがない。

高額の健康保険代は払いたくないが・・・。


気持ちとしては、「何でそんなに厳しくするんだ」とまるでタイが嫌がらせをしている様に感じるが、ここで最初のニュースの話に戻って、実は日本の方がもっと厳しい入国規制をしているので、タイの仕打ちを批判出来ないという気持ちにも成る。

感染が殆ど無い国(タイ)が、感染者の多い国(日本)からの入国を規制するのは道理にかなっていると思うが、タイと比べると何百倍も圧倒的に感染者数の多い日本が感染者が殆どいないタイからの入国者を厳しく規制する事が理にかなっているのか?。

それを考えると、日本人のタイ入国が厳しく規制されても、タイに対して不満は言えない気がして来る。

もっとも、タイから出国したミヤンマー人が帰国して本国でコロナの感染が見付かったとか、そういう話もあるらしいので、タイ国内の検査体制にも多少の疑問はある。
(日本にもあるが、実はもっと感染者が沢山居て、ただちゃんと調べてないだけでは、という疑惑)


まあ、タイの立場から言うと日本人を含む外国人は入れたくない、というのは分かるが、ちゃんと検査して、2週間隔離するのだから、その条件をのめる人は「枠」なんて事は言わずに、国内の受け入れ態勢を整備して入国出来る様にしてくれたらいいのに。


多分、今のコロナって、自然には収束しないと思う。
ワクチンが出来るとか良い治療薬が出来て初めて収束に向かう気がする。多分、殆どの人はそう思っていると思う。

そうなれば、入国規制も段々無くなるハズだが、そこまで待てない(例えばあと半年とか待てない)という事もあるので、自分としては、大勢の方が「もういいじゃん」「多少、危険は有っても100%防がなくてもいいじゃん」「コロナに罹っても死亡率は低いし」「旅行者に感染者が混ざる可能性はお互い様だし」という気持ちに成ってくれないかな、と思う。

まあ、当面は空港での抗原検査の様な隔離と比べると負担の小さい検査はやるべきだと思う。
出来れば、それぐらいのチェックで入国出来る様にして欲しい。

しかし、それでは不十分と考えるなら、隔離施設の拡充や隔離地域を作って多くの人を受け入れる様にして、兎に角、強く入国を希望する人は入国出来る体制を作って欲しい。

もっとも、アメリカ、インド、ブラジル、ロシア、ペルー、コロンビア、メキシコ、スペイン、フランス、イギリス、イタリア、など未だに感染者の多い国や死亡率の高い国からの受け入れは規制を続けた方がいいかも知れない。

白人の国は感染率や死亡率が高いのが気に成る。
もしかしたら、そういう国のコロナ菌は悪性度が強いのかも知れない。
そこはアジア人の国とは違う注意が必要だと思う。
(インド以西は日・中・韓・ベトナム・タイとは違う気がするので、この場合はアジアに含めない)


兎に角、自分の都合で言うと11月上旬ぐらいにはタイに戻りたいので、何とかならないものかと思う。

でも、難しいだろ~な~・・・。

タイの新規感染率がほぼゼロっていうのが、逆に、国境を開放するネックになりそう。
タイ国内の感染率が日本と同じくらいなら、日本人もタイ人も危険性は似た様なものなので、入れても入れなくても同じ、という考えも取れるかも知れないが、折角(ほぼ)ゼロに成ったのに、ここで日本人を入れたら元に戻ってしまう、という心配は当然ある。

その分(その危険)は入国時の厳重なチェックで担保して、そこを通過した者は安全という方向に持って行って欲しい。
そのチェックを受ける前に、日本でのハードルを高くして、受け入れ枠とか、(タイミングなどの)難しい書類の作成要求とか、そういうのは勘弁して欲しい。

隔離ホテルの料金とか、コロナ防疫協力金とか、ある程度、金が掛かるのはしょうがない。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年9月18日 (金)

国勢調査

2020/09/18(国勢調査)


I0
国勢調査のお願い

こんな物↑が郵便受けに入っていた。
多分、調査員か誰かが家の郵便受けに入れて行ったのだと思う。

「国勢調査には回答の義務があります」、と書かれてあるので回答しなければならないらしい。
まあ、「義務」で無くても、回答はしたが。

たまたま日本に居る時に国勢調査が有ったので、回答する事が出来た。
もし今タイに居たら、国勢調査が有る事も知らなかったと思う。
このブログはタイで読まれている方も多いので、「日本ではこんな事をしてます」みたいな感じで記事にしてみた。

タイに居る日本人は「国勢(?)」の対象には成っていないらしい。
逆に、日本に居る外国人は「国勢」の対象に成っている。

もう少し、詳しく言うと、10月1日時点で日本に居て、もう3ヶ月以上住んで居るか、3ヶ月以上住む予定の人が対象らしい。
自分の場合8月18日に帰国したので、今日で丁度1ヶ月目。あと2ヶ月日本に居れば、目出度く(?)日本在住者の対象と成る。

まあ、多分、あと2ヶ月でタイに戻るのは(コロナの影響で)難しそうなので、ここは日本在住者という事にして置く。
10月は毎年帰国するが日本滞在期間は1ヶ月ほどなので、もし、今年、コロナが無ければ日本在住者としてカウントされないところだった。

別に、国勢調査にカウントされなくても困る事は無いが、折角なので(たまたま日本に居たので)・・・。

自分と同じ様にタイから日本に一時帰国していて、タイに3ヶ月間以上戻れず、国勢調査の対象と成った方もこのブログの読者さんには居るのではないかと思う。


回答はネットでパソコンから行った。
スマホやパソコン、郵送や調査員の訪問でも出来るらしいが、パソコンが一番簡単らしかったのでパソコンで回答した。

スマホより画面が大きい分、パソコンの方が操作性がいい(と思う)。

3ヶ月以上は住まない、という事にして放って置くと、調査員が訪問して来て却って面倒くさそうなので、回答して置いた方がいい。
また、もしこの時期、帰国して居なかったら調査員さんは何回来ても留守の家が有って困ったと思う。
以前(5年前?)、知り合いが国勢調査の調査員をしていて、「留守の家が有って困る」、という様な話をしていた。

今、気が付いたが、北杜市と大網の家にも国勢調査の調査票が来ているかも知れない。
(別荘は非居住者の家として調査対象外に成るのか?)

まあ、ネットでの回答は簡単。
自分は、初めからブログの記事にする積りで、途中経過をコピーしながらだったので30分ぐらい掛かったが、単に回答するだけなら10分か15分ぐらいで出来たと思う。

ただし、自分の場合、今回の対象者が自分1人だけなので簡単だったが、家族が同居していれば、その人数分ぐらいの倍数で回答数は増えるし、自分以外の事で頭に入って無い事が有れば調べる必要がある。
また、仕事に関する質問もあるので、仕事をしている世帯員が居れば回答数も増える。


I1_20200918113401
Googleで「国勢調査オンライン」で検索



I3_20200918111401
国勢調査オンラインのページ

「国勢調査オンライン」のページを開いて後はその案内に沿って回答していくだけ。

国の調査にしては、このオンラインの国勢調査システムは分かり易く、良く出来ていた。

設問は全部で16問ほど(仕事が無いと11問ほど)で、それを世帯員全員について回答する。

例えば、質問はこんな感じ↓。


I11_20200918115701
7番目の質問

「○○○○さん、(XX歳)」は第3問で氏名(漢字)を入れている、第5問で生年月日を入れているので、システムの方で自動的に表示して来る。

今、この回答をしている家にはもう55年ぐらい住んで居るが、3ヶ月以上の不在期間があるとそれ以前の分はクリアされるので、国勢調査上は「現在の場所に住んで居る期間」は1年未満に成る。

自分の場合、日本に住民票が置いてあるが主に海外で生活している、という特殊ケースだが、日本国内在住でも住民票の住所と実際の住所が違う人が結構いるようで、国勢調査は実際の居住地を重視した調査という事らしい。


殆どの質問は即答出来たが、唯一迷ったのは「5年前(平成27年10月1日)の居住地を選択して下さい」、という設問で、毎年10月は帰国して日本に居る事が多いが、平成27年の10月1日に日本に居たかタイに居たかなんて覚えて無い。

4年前の記録は有った(家計簿の様な物を書いていて、それを見れば何処に居たかぐらいは分かる)のだが、5年前の記録は見付からなかった。
まあ、多分、帰国中だっただろう、という事で「現在の居住地と一緒の場所」と回答した。

でも、この回答、国勢調査の意図からしたら誤りかも知れない。
国勢調査の「居住」というのは3ヶ月以上同一場所に暮らして居るという意味かもと、回答を送信した後に思った。

まあ、それぐらいは統計の誤差という事で・・・。

兎に角、本日、日本の人口、1億2600万人分の1にはカウントされた。

目出度し、めでたし、メデタシ・・・?。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年9月15日 (火)

車検

2020/09/15(車検)

今年の1回目の帰国は3月を予定していたが、コロナの影響で帰国しそびれていた。
無理をすれば、帰国出来ない事も無かったし、日本行のチケットも取ってあったのだけど、色々考えて帰国を引き延ばした。

結局、1回目の帰国は予定より大幅に遅れて8月の18日。

3月20日頃に期限が来ていた車検には間に合わなかった。
ただし、行政もコロナの影響を考慮して、車検の期限が4月末に延びたり、6月末に延びたり(ここ正確に記憶してない)したが、なかなか日・タイの行き来が正常化しなかったので帰国を躊躇っていた。

流石に8月も過ぎると、車検の事も含め各種の税金や年金等の手続き、家の周りの状況の確認、その他諸々で心配が大きく成ったので帰国する事にした。
(うっかり帰国すると今度はタイに戻るのが困難という状況が有ったが、それ以上に帰国しない事の「心配」の方が大きく成った)

帰国して、先ずは2週間は(コロナ対策の為に国から求められた)自宅待機。
その後、色々な手続きを開始するが、中でも、期限が大幅に切れてしまった(本田のフィットの)車検をどおするか。

車検切れ何て今まで経験した事が無い。
まさかもう乗れない何て事は無いと思うが、税金も払って無いし廃車扱いに成ってたら相当面倒な事に成るかも、と思った。

だいいち、車検場に持って行きたくても、道路を走らせるのは違反に成るからどおすればいいのだ・・・?。

結果から言うと、それ程、手間はかからなかったのだが初めは大変な事だと思っていた。

先ずは、いつも車検を頼んでいる本田の販売店に電話して、車検をして貰う事に成った。
車検の業者(?)は、特別の許可証(?)みたいのが有るらしく、車検切れの車で道路を走って車を運ぶのは問題ないらしい。

暫くして、税金を払った証明書が必要と言われたが、去年の11月頃から日本に居ないので、税金など払っている訳が無い。
200通ぐらい来ている郵便物の中から、自動車税の納付の通知や、それの督促状を探したが見付からない。

しょうがないので都税自動車コールセンターに電話して聞いたら、車検がされてないので納税の通知を送らなかった、という様な事を言っている。
これ、納税が先なのか、車検が先なのか、という疑問があるが、どうすればいいか聞いたら、「都税事務所に払いに来れば良い」と言うので払いに行った。


K1_20200915143901
東京都杉並区都税事務所

数年前に母が亡くなった後で土地家屋の名義変更の作業の一部で、ここは来た事が有る。

9月7日、自動車税34500円を払った。手続きは全然待たずに数分で終わった(納税証明書を受け取れた)。

その後、本田に電話して「用意が出来ました」と話し、9月9日に担当者が家まで車を取りに来た。
納税証明書と古い車検証等と車検の前金50000円を渡した。

担当者は、フィットのナンバープレートを赤で数字が書いて有るプレートに取り換えてから、乗って行った。
業者の特別の許可証みたいな物とはこういう物なのか、と思った。

「タイなら、ナンバープレート無しの車も結構走っていますよ」、と担当者と話した。

で、昨日、9月14日に「車検が終わった」ので車を取りに行った。


K2_20200915145501
本田の販売店

追加の料金は87925円。

此処までで、自動車税34500円、車検費用50000+87925円、合計で172425円掛かっている。

この後の作業としては、車検証自体はまだ本田に届いていないので18日に取りに行かねばならない。
(担当者は「郵送で送りましょうか」と言っていたが、ついでの時に取りに行く事にした)

もう一つ、面倒なのが、任意保険も切れているので、それをどおするか。

それも含めれば、総額で20万円を超える。

奥さんや娘を日本に連れて来た時は結構使うのだが、今年の様にそれも無い年は殆ど乗らない。
殆ど乗らない車の固定費に20万円は結構痛い。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年9月 8日 (火)

アニソン

2020/09/06(アニソン)

テレビで「アニメソング総選挙」なる番組をやっていたので、知っている曲が有るかな、と思って見ていた。

漫画は良く読んだのだけど、テレビアニメは子供の頃を除いて、そんなに見た事は無い。
それでも、上位に入る様な有名な曲は結構分かった。


N3_20200908161101
アニメソング総選挙2位~10位

世代別に集計して、世代別の順位に係数を付与して、全世代の総合順位を算出したらしい。

この中で全く知らないのは4位の「デジモンアドベンチャー」、6位の「とある科学の超電磁砲」、9位の「涼宮ハルヒの憂鬱」、10位の「炎炎ノ消防隊」。
この4つは、今調べて見たら、ほぼ2000年以降のもので、一部の例外を除いて自分がタイに来るように成ってからのもの。
やはり、異国で暮らす様に成ると、日本の事は分かり難く成る。

2位の「紅蓮華」はアニメ「鬼滅の刃」のテーマソングらしい。
タイで娘から聞いて、前回帰国した時(約1年前)にコミックを1巻~17巻まで買ってタイに持って行って読んだ。
アニメは見ていないが、アニメソングはユーチューブで聞いていい曲だと思ったので、カラオケをチャレンジしてみたのだけど、娘に「パパ音痴」、と言われた。


Lisaさんの歌う「紅蓮華」

まだ読んでない18巻から23巻(?)までの「鬼滅の刃」は今度タイに戻る時に買って行く積りだけど、その前に、いつに成ったらタイに戻れるか、という問題がある。

今、ふと思ったのだけど、チェンライに居る邦人の殆どは「鬼滅の刃」を知らない。
ついでに言うと、(あんなに流行った)米津玄師さんの「Lemon」も知らない邦人が多かった様だ。
(「石原さとみ」さんのテレビドラマ「アンナチュラル」は数回見た事が有る)

チェンライに居る邦人は、時が「昭和」で止まっている人が多い。
日本から遠く離れた異国の地で暮らして居ても自分は日本の「今」の文化を捕捉していたい。

3位の「宇宙戦艦ヤマト」は懐かしい。漫画もアニメもアニソンもいい。このくらいの時代の物は無理なく受け入れられる。
佐々木功さんの歌声もいい。

5位の「タッチ」は漫画は見たがアニメは見ていない。でもアニメソングは何故か聞いた記憶がある。

7位の「進撃の巨人」は深夜番組で見た。面白いと思ったが、なかなか分かり難いストーリーだった。
タイでも映画館で見た(実写とアニメの合成)けど、タイ語吹き替えなのでイマイチ分かり難かった。日本語でタイ語字幕なら良かったのに。
(「石原さとみ」さんとか、故「三浦春馬」さんが出ていた)

8位のシティーハンターも懐かしいアニメだけど、自分の頭の中ではキャッツアイとごっちゃに成っている。
っていうかキャッツアイがシティーハンターのアニソンかと思っていた。古いアニメだと記憶のすり替わりも有る。

1位は「新世紀エバンゲリオン」の「残酷な天使のテーゼ」だった。
エバンゲリオンは最近NHKのBSで3話ぐらい見たが、アニソンは記憶が無い。

自分はガンダムとかエバンゲリオンの世代ではなく、ゲッターロボとかデビルマンとかバビル2世の世代。

因みに、自分が一番気に入ったアニソンは。

♪ あれは~誰だ、誰だ、誰だ、 あれは~、デビル、デビルマン、デビルマ~ン、 裏切~りものの~名を受けて~、全てをすてて~戦うおとこ~ ♪

他には、WANDSの「世界が終わるまでは」がアニソンとは今まで知らなかった。
スラムダンクというアニメは知っていたが見た事が無かった。でも、「世界が終わるまでは」は昔から知っていて好きな曲だった。


N5_20200909013701
アニソン総選挙14位のWANDS、「世界が終わるまでは」

テレビアニメでは無いが、娘(&奥さん)と見に行ったディズニーアニメの「アナと雪の女王」で松たか子さんが歌った「Let It Go」も印象に残っている。
(チェンライのカラオケでもタイ人の女の子が英語版を歌っていた)


アニメソングってテレビドラマの主題歌に似ているけれども、割とテーマ性がハッキリしていて元気の出る歌が多いので好きな曲が多い。
こういうのも「文化」だと思う。

逆に言うと、それが理解できない人は・・・。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年9月 7日 (月)

帰国20日目

2020/09/07(帰国20日目)

8月18日に帰国して20日余り、やるべき事はまあまあのペースで進んでいる。
今は、タイの状況は把握して無いが、いずれにしろ普通の方法では簡単に戻れると思ってないので、まだ日本に居る時間はタップリ有ると思う。
なので、そんなに焦らずに過ごしている。

結果から言うと、今の所大きな問題は起こって無い。
致命的な見落としも無かったようなので、日本への帰国は10月頃か、もう少し後でも良かった。
しかしそれは今、日本に居るから言える事で、やはりタイにずっと居る分けには行かなかった。

(4月か6月に帰国しなかった事による)経済的損失は結構有ったし、帰国が延びれば延びるほど損失は大きく成ったと思う。
投資に関するものはタイミングの問題が大きいので、1つ大きなタイミングを逃したのだけど、逃した事が致命的事態を招く可能性も有るが、多分そうならない可能性の方が遥かに大きいので、まあ、しょうがない。

8月は記録的な暑さだったらしいが、8月中は殆ど家の中に居た(原則は外出出来なかった)ので暑さは余り関係なかった。
9月に入ってからも3日ぐらいまでは暑かったが、ここ2~3日で少し暑さが落ち着いた。

さっき(6日PM10時頃)まで雨が降っていたが今(7日AM2時頃)は止んでいる。
九州の方には、非常に大型の台風が来ているらしく、NHKはずっとその気象情報をやっていたが、東京は影響無さそう。


O1_20200907020401
本日の夕食

本日の夕食はPM6:30頃、近所のジョナサンにてステーキなど。

因みに、左上は本日の深夜食。テイクアウトで若鳥のみぞれ煮。


O2_20200907020401
近所のジョナサン

そろそろ寿司とか天婦羅とかが食べたくなって来たので、明日あたりは荻窪駅付近まで行って見るかな。
(家からの徒歩圏で1番飲食店が集積しているのがJR荻窪駅近辺。2番目が西武線井荻駅付近)

ここ数日は、外食はジョナサン、食材の購入はセブンイレブンしか行ってない。
あと、出掛けたのは銀行と郵便局と、除草剤を買いにホームセンターへ、あと、クレジット付きのスイカカードが4月に期限切れで使えなくなったので、残金の払い戻しに駅のATM(VIEWアルテのATM)へ。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年9月 2日 (水)

外食

2020/09/02(外食)

昨日まで自宅待機期間中で外食は出来なかった。

まあ、提出期限が迫っている郵便物の投函や、支払期限の迫っていたり過ぎていたりする税金等の支払いなどは、どうしようか、というのが有って夜遅くにコンビニに行って支払いをするとか、そのついでにコンビニで弁当やおにぎりや冷凍食品を買おうか、とか考えた事は有ったが、流石に、外食は無理でしょ、って感じだった。

で、今日からはその制約が無くなったので、早速、外食に出掛けた。


P1_20200902151801
東京都杉並区、家の近所

外食1回目は近所のジョナサン。午後0時頃。


P2_20200902151801
ジョナサンの入口付近

タイと同じ様に、アルコール除菌用の消毒液が置いて有った。


P3_20200902151801
この席に座った

暫く(9ヶ月)来ないと、店内の様子も少し変わっている。

注文はタブレットでする様に成っていた。
そんなにでもないが、慣れて無いので少し面倒くさい。
まあ、慣れればこっちの方が便利かも知れないけど。


P4_20200902151801
本日の席

隣の席との仕切り板が有った。

やはりコロナで日本の様子も少し変わっている。

客は結構居た。
コロナの影響で飲食店は空いていると思ったが、テーブルは8割がた埋まっていた。
ただし、4人席に1人しか居ないテーブルも有ったので、座席数から見れば4割ぐらいの客数。

まあ、以前より(コロナ前より)は若干客が少ないかな、ぐらいの感じ。
ジョナサンは中年以上の女性客が多いのだけど、相変わらず賑やか(うるさいという程でもない)だった。


P5_20200902151801
マグロ丼と牡蠣フライなど

昼はランチを食べる事が多いのだが、今回はちょっと贅沢(?)にマグロ丼と牡蠣フライとほうれん草のソテーの3品にドリンクバー。


P6_20200902151901
マグロ

まあまあ美味しかったけれども、期待した程でも無かった。

牡蠣フライは好物なので美味しかった。
「作」の牡蠣フライが最近以前より美味しくなったので、それと同程度の美味しさ・・・かなり美味しい。


P7_20200902151901
支払いはクーポン券にて

左の3枚が有効期限が9月30日のもの15000円分。
右の4枚が有効期限が来年の3月31日のもの18000円分。

折角有るので使うけれども、他にもいっぱいある(大戸屋、くら寿司、ハイディ日高、ドトールコーヒー、吉野家、てんや、マクドナルド、サイゼリヤなど)ので使い切るのは結構大変そう。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2020年8月25日 (火)

保健所からのメール

2020/08/22(保健所からのメール)

外国帰りの人間がコロナを発症してないかの確認のメールが来た。
(普通はLINEの方が多いらしいが自分はメール対応)


R1_20200825014901
杉並保健所から来たメール

朝8:30に来たメールを15:00頃までに返信する。
報告は後半の5問のみ。

この程度の作業は何でもない。こんな事でコロナの感染の広がりが防げるなら協力します。

9月1日まで、自宅待機中の迷人でした。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2020年8月20日 (木)

スクートからメールが来た

2020/08/19(スクートからメールが来た)

以下の記事は、事実関係をちゃんと調べずに書いてます。
その点を注意してお読み下さい。


スクートは潰れたと思ってたんだが、その(?)スクートからメールが来た。


U1_20200820121301
2020年8月19日に来たスクートよりのメール

死者からのメール?。

ちょっと調べて見たら、シンガポール航空の子会社のスクートとタイのノックエアの合弁会社としてノックスクートが設立されたらしい。
(ここで登場する会社は、シンガポール航空、スクート、ノックエア、ノックスクートの4社?)
自分が4月に使う予定だった、ドンムアン⇒成田、の便はコロナの影響でキャンセルされたが、その後、「スクートが潰れた」、と聞いた。

この、潰れた「スクート」というのは「ノックスクート」の事なのか、それともシンガポール航空の子会社の「スクート」の事なのか、或いは両方なのか?。

このメールが来た事を考えると「スクート」は生きていて、死んだのは「ノックスクート」だけと考えると辻褄が合うが、良く分からない。

自分宛てにメールが来たという事は、自分が予約したのは「スクート」で、乗る予定だったのは「ノックスクート」だったのか?。
お金を払ったのが「スクート」だったとすれば、もし「スクート」が潰れて無ければチケット代は返金されるのか?。
(もしかしたら、もう返金されているのかも知れない。まだ、カード会社の明細を見ていない)
(或いは、生きているかも知れないスクートのページも調べていない)

これと関連して、ノックエアも潰れたと聞いたが、取り敢えずそれは、自分のチケットとは関係なさそう。

因みに、19日に来たメールの最後はこう↓成っていた。


U2_20200820133101
スクートから来たメールの最後

最後も「スクートより」、と成っているので、やっぱりスクートから来たメールなのか。それともシンガポール航空が送って来たのか?。


別の話で、タイ航空も潰れたと聞いたが、先日(8月18日)奥さんが乗ったスワンナプーム⇒チェンライのチケットはエクスペディア経由で買ったタイ航空のチケットで、運行はタイスマイルの便だった。
(タイスマイルはタイ航空の子会社らしい。親が死んでも子は死なないという事なのか?)
(チェックインはタイスマイルのカウンターで行なった)
潰れた会社(タイ航空)のチケットを買うのはちょっと不安だったが、この便は予定通り運行されて、奥さんは無事にチェンライへ帰れた。
(タイ航空は死んだあとも動き回るゾンビみたいなものか?)
(或いは、冥界から霊波で子供をコントロールする魔物か?)

因みに、その後、タイスマイルも潰れるという噂を聞いたのだが、それは事実なのか?。


ついでにエアアジア。

エアアジアは潰れてないし、5月に成田⇒ドンムアンで取ったチケットは、5月の便はキャンセルされたが、その分の料金をエアアジアのクレジットに入れた分は、8月16日のチェンライ⇒ドンムアンの便(エアアジアの国内線)で使えたし、その国内線はほぼ満席だった。

そこだけ見ると、エアアジアは(このコロナ禍にあっても)健闘している様に見える。
(ただし、国内線乗り放題みたいな格安プロモーションで、客数ほどは儲かって無いかもしれない)

まあ、エアアジアには何とか頑張って貰って、もう一つのキャンセルされた便(6月末のドンムアン⇒成田と7月末の成田⇒ドンムアンの往復チケット)の返金(これは、エアアジアのクレジットでは無くて、カード会社への返金を依頼した)もやって貰いたい。

8月16日に乗ったエアアジアの国内線の搭乗率を見ると、エアアジアは持ち直せそうな気もするのだけど、「エアアジアは早晩潰れる」、見たいな情報もあるので、実際はどう成るのだろ~?。

ここを乗り切れば、競合相手も減って、今まで以上に儲かる会社になる可能性はあると思うのだが。
何とか頑張ってLCCの火を絶やさないで欲しいと思う。

自分は、コロナが収まれば、以前の様に大勢の人が空を飛ぶ状態に戻ると思っている。
1年先か2年先かは分からないが、コロナ騒動が完全に鎮静化すれば、暫くは却って反動で乗客が増える気もする。


「あつものに懲りてなますを吹く」、という言葉も有る。

コロナが流行り出す兆しが出た頃、不用意に外国人を入国させたのは失敗だっかかも知れないが、これだけ国内で感染が広がった今、しかも空港での抗原検査をする様に成った今(8月頃から羽田と成田でその日に分かる抗原検査が行われるように成った)、14日間の隔離とか公共交通の使用禁止なんてしたって意味が薄い(「意味が無い」とは言わない)。
14間の隔離も公共交通の使用禁止も、それを課せられる立場から言うと負担が大き過ぎる。

(まあ、何処だかは分からないが、特に危ない国は有ると思う。そういう国・地域は例外でいい。)


国内での感染がほぼ0のタイが、神経質に外国人の入国を規制するのは理解出来る・・・14日間の隔離はしょうがないとして、もっと大勢の人を受け入れて欲しいとは思うが。


この記事、何か最初の方と最後で視点がズレてしまいましたが、まあ、こういう事もあります。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年8月18日 (火)

擬陽性の恐怖

2020/08/18(擬陽性の恐怖)

今回の帰国で、羽田空港でコロナの抗原監査を受けるが、最初はそれを怖いとは思わなかった。
(羽田空港は7月29日より唾液によりコロナの有無を調べる抗原検査に移行した)

タイなんて新規感染者がほぼ0で、しかもバンコクの様な人の多い都会では無く、田舎のチェンライでコロナに感染する訳がない。
99.9999%ぐらい(百万分の1ぐらい)の確率でコロナには感染してない。
だから問題ない。そう思っていた。

しかし、帰国する数日前、タイから帰国した日本人がコロナに感染していたというニュースが流れて来た。
タイで感染する可能性は自分と同じでほぼ0なので、多分、空港の何処かか帰国便の機内で感染したのか、と思って、仲間内でもそう話していた。

確かに、タイは0でも、国際線の保安エリア内や飛行機の中は危ないかも知れない。
此処は少し注意をした方がいい。
しかし、それがそんなに危険な事とは思わなかった。

万一(実際には10万分の1ぐらいか?)それでコロナに罹っても重症化する可能性は小さいし、治せばいいだけの問題で、仮に重症化して、最悪、死んだとしてもそれは運命でしょうがない。他の病気で死ぬ可能性より特別にコロナが危険な分けじゃない。

しかし、帰国前日、或る方のユーチューブを見て怖くなった。
抗原検査でコロナの感染を疑われた方は、実は感染してなく「擬陽性」、であったらしい。
まだ、確定はしてないらしいが、要するに濡れ衣。

しかし、影響は甚大であったらしい。
日本の保健当局(?)からタイの保健当局(?)に連絡が行って、その方の家族やその方の住んで居たコンドーの全員がコロナ感染の疑いを掛けられて調査されたらしい。

そういった例が、これ1件だけでなく他にも有ったらしい。

もし、自分が羽田の抗原検査で擬陽性であろうが本当の感染であろうが、疑いを掛けられたら終わり。
最悪、自分の住むコンドミニアムの全員が隔離対象に成ったり、最近会った知り合いや、そのご家族が隔離対象に成ったり、行ったお店が感染のクラスターの疑いを掛けられたりするかも知れない。

この場合、擬陽性か真性かというのは大した問題では無い。疑いを掛けられたら終わりで自分の周りの人を巻き込んで大問題に成る。
後で擬陽性だと分かっても、もう大勢の人を犠牲にした後で、それは取り返しが付かない。


兎に角、空港内や機内では細心の注意を払う。
後は、擬陽性の疑いを掛けられる可能性を減らすにはどおすればいいか。
ネットで調べたが分からなかった。

兎に角、体力が落ちると危ない(擬陽性の疑いを賭けられ易くなる?)ので抗原検査が終わるまでは体力を消耗をする事は避けるとか、抗原検査は唾を取る検査なので口の中を清潔にして置くとか注意した。
(実際は、そんな事、役に立たないと思うが、他に対策も思い付かなかった)


X3_20200818142801
降機して最初にコロナの抗原検査の概要説明をする部屋に通される

ここに来る前に機内で渡された「質問票」や「申告書」を書いて置く。
(バンコクで全日空機に乗った後、直ぐにCAさんが持って来た)


X1_20200818143401
質問票

飛行機の座席番号を入れるのは機内感染の疑いがある時使うのかな。


X2_20200818143501
申告書

ハイヤーはチェンライに居る間にネットで依頼して置いた。
滞在期間は8/18~9/1の待期期間を入れる。
(9/1を入れなかったら係員が書き込んでいた)

この他にも記入を必要とする用紙が有った。


抗原検査は基本的に唾を取って容器に入れて、それを検査官に渡すだけなので、そこは誤魔化しようがない。
指定された作業を行うだけ。

(抗原検査の検体採取室の写真も撮ったのだけど、その中に「撮影禁止」の張り紙が写っていたので非公表)


後は、待機ルームで結果の発表を待つ。
自分が行った時、待機ルームには60人程の人が待っていた。


X4_20200818145101
結果の発表を待つ、待機ルーム

検査は連番で行なわれているらしく、自分は73番目で、検査結果が送られてくると7~8名の番号が呼ばれて1人ずつ結果を教えてくれる。で、呼ばれる番号は殆ど連番で呼ばれるが稀に欠番が有る。

係りの人が「16番、17番、19番、20番、21番、22番、の方・・・」、とか言って結果の分かった人は列に並んで結果を聞く。

アレ・・・18番はどおしたんだ・・・?。
5分ぐらい経ってから18番の人が1人だけ呼ばれた・・・エッ・・・ヤバいんじゃないの・・・?。
もしかして「陽性?」・・・?。

「擬陽性」、って言葉が頭をかすめる・・・意外と、擬陽性って多いのか・・・?。

(ここ、自分がそうだったらやだな~、と妄想しただけで、本当はただ順番が狂っただけかも知れないけど)

兎に角、試験の発表を聞くような気持ちで待っていたら、66番ぐらいから始まって、連番で自分の番号の73番が最後に呼ばれた。

・・・ヨシッ!・・・

声には出さねど、アクションも起こさねど、心の中でガッツポーズ。
係官の説明も単純に「陰性です」。

・・・あ~良かった・・・。

心配し過ぎかな・・・?。

尚、検体を提出してから結果判明までの時間は1時間弱だった。
(当然、混み具合によって待ち時間は違うと思う)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼