カテゴリー「料理・食べ物」の217件の記事

2018年10月11日 (木)

男の料理教室(マグロの握りなど)

2018/10/09(男の料理教室)(マグロの握りなど)

本日(9日)の料理教室は、茶碗蒸し、お稲荷さん、マグロの握り寿司、潮汁と、ちょっと欲張りぎみ。

しかし、茶碗蒸し以外はそんなに手の込んだ物はない。

最終的な出来上がりはこんな感じ↓。

.
G53
本日の昼食


.
G51
解凍中のマグロ

マグロの握り寿司は(塩水で)解凍したマグロを切って、酢飯と一緒に握るだけ。
美味いか不味いかはマグロ次第。

.
G52
お稲荷さん用のご飯

このご飯はかなり甘口に味付けした。

自分は甘口のお稲荷さんが好きなのでちょうど良かった。

お稲荷さんも、あぶらげの中にご飯を突っ込むだけなので別に難しくは無い。
ただ油断し過ぎると、あぶらげが破れる。


潮汁は鮭のカマなどを、塩や酒で味を調えて煮る。
一応、鮭の出汁のスープには成るが、自分としてはちょっと物足りない味だった。

理由は分からない。材料の選択に失敗したか、調味料の選択を間違えたか。
兎に角、不味くは無いが、濃厚な旨味のあるスープを期待した割には物足りなかった。

今日の料理は全体的にタイでの料理の難しさ、いい材料を揃えるのが難しい、という面が出た。

マグロの握り寿司は、殆ど90%ぐらいはマグロの良し悪しで決まる。そういう点で、タイで美味しく作るのはなかなか難しい。
せめて、回転すしの中トロぐらいの材料が有ればいいのだけど。

でも、まあ、料理教室はみんなでワイワイガヤガヤ冗談を言いながら作るのが楽しいので、そういう意味では十分に目的を果たした。


料理と食事の後は↓。

.
G55
食事の後はお茶

料理をしている時、食べている時も話はするが、終わって一段落して、お茶を飲みながらのよもやま話がまたいい。

情報交換という程のものでは無いが、人の噂話や、チェンライやタイや日本の政治・経済・生活情報など、諸々の話が聞ける。

1人で孤立していては幅広い情報が入って来ないし、広い情報・知識を持っていた方が生活を豊かにする事が出来るし、ゆとりも持てる。

日本の場合とは少し状況が違うが、チェンライの様な外国の田舎では邦人同士の付き合いは有った方がいい。

今日は、(まあ)美味しい物も食べられたし、色々な話も聞けた。十分、有意義な時間は過ごせた。

後は・・・

家ではお腹を空かせた幼子が、食べ物を運んで来る父の帰りを首を長くして待っている。
(そんな事も無いかな・・・まあ、イメージです)

この料理教室のいい所は、料理を多めに作ってお土産として持って帰れる、というのがある。

.
G57
本日のお土産

お稲荷さん、マグロの寿司、茶碗蒸し。

凄いだろ~、タイのカイトゥン(注)じゃないぞ、日本の茶碗蒸しだぞ。しかも、具沢山だぞ。蒲鉾も椎茸もエビも銀杏も入っているぞ。
(注)(タイにも、カイトゥンという茶碗蒸しみたいな料理がある)

そう思って持ち帰った茶碗蒸し・・・家では、全然人気が無かった・・・なんでだ・・・?。

タイ人は、こういう味のハッキリしない物は好かないのか、家の奥さんの味覚が変なのか、・・・?。


余談(一瞬の出来事)。

今(10月11日)あった話。

きょうはお昼ご飯を「作」で1人で食べた。
帰りに、奥さんと娘にお土産として、カキフライと牛丼を買って帰った。

作のマスターが玉子を1個付けてくれた。牛丼には生玉子を掛けて食べる。娘もそうして食べるのは好きなので何の違和感も無かった。

で、奥さんとテーブルに向かい合って食べようとした時、突然、奥さんが「ワッ」とか「キャ」と叫んだ。

奥さんは、生玉子をテーブルでコンコンと叩いて割っていた。茹玉子と勘違いしたらしい。一瞬の出来事。

テーブルの上には、ドロッと、生玉子が広がった。

確かに、タイ人は生玉子は食べないからね、茹玉子と思ったらしい。

食習慣の違いというのは、なかなか乗り越えられない壁である。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年10月10日 (水)

男の料理教室(茶碗蒸し)

2018/10/09(茶碗蒸し)

本日の料理教室は、茶碗蒸し、お稲荷さん、マグロの握り寿司、潮汁、と盛りだくさん。

全部を1本の記事では大き過ぎるので、一番工程の多かった茶碗蒸しとそれ以外に分けて書きます。

先ずは、例によってマクロ(卸のスーパーマーケット)に10時に集合して材料の仕入れ。

.
G21
エビを物色中

エビ以外の食材の仕入れ過程は省略して、先生の家の料理の場面に飛びます↓。

.
G22
茶碗蒸しの具材1

エビ、銀杏、鶏肉、はマクロで購入。

蒲鉾は日本食材の専門店、神戸屋STATIONにて購入。

銀杏はタイ人は砂糖やココナッツミルクと一緒に煮てスイーツとして食べる。
なので、気を付けて買わないと、砂糖シロップ漬けなんてのも売っている。

味は、日本で売っている銀杏とは少し違う、というのが食べた後の皆さんの感想だった。自分も、タイで売っている銀杏は苦みが少なく感じた。
食べ慣れているせいだと思うが、日本の銀杏の方がいい。タイの銀杏はちょっと物足りなかった。

.
G23
茶碗蒸しの具材2、椎茸

先生が干し椎茸を水で戻して置いてくれた。

.
G26
玉子は攪拌した後、濾す


.
G27
出汁と混ぜた玉子

出汁は玉子の量の3倍弱。玉子1:出汁2.8 ぐらい。

尚、出汁は昆布、白だし、かつを出汁、酒、味醂、などの材料で作る。
(この辺は先生が用意してくれたので、自分でやるのは難しそう)
(我が家の場合、それ程料理をやらないので、調味料等が揃って無い)

.
G28
切った具材を茶碗蒸しの容器に入れる

蒲鉾、エビ、鶏肉(皮付き)、銀杏、椎茸、等の具材を容器に入れる。具沢山の茶碗蒸し。
手前の白い容器が今食べる分。奥の銀紙の容器がお土産としてお持ち帰り用。

尚、三つ葉は今回無い。鶏肉は先に湯通し(?)しておく。

銀杏は1個入れようという人と、2個でいいんじゃないという意見が大勢だったが、銀杏好きの自分は5個入れましょうと提案して、妥協して3個にして貰った。

こういう好みの違いが出た時は、昔からたまに(?)自分が使う手は、「杉並(区)はこうだ」、或いは「東京はこうする」、或いは「関東はこうです」、と言う。

実は、これ、大概の場合根拠が有る分けでは無くて(本当に東京はこうである、という事を知っている分けでは無くて)、ただ言って見ただけ、という場合が多いが結構説得力を発揮する事がある。

寛大な心の持ち主の皆さん、「東京がそうならしょうがないな~」、と思ってくれるのかも知れない?。

.
G32
蒸し器に入れて、アルミホイールで包む

具材入りの容器に、玉子と出汁の混合液を入れて、蒸し器にならべて、アルミホイールで包む。
後は、蒸し器で蒸すだけ。

.
G33
出来上がった茶碗蒸し

ちょっとスが入っている。
油断して話に夢中に成って、少し、温度管理が甘かった。
ま、少しです。味には影響してないです。
で、食べた感想で、「まあ・・・美味しい」と言ったら、「まあ」、は余計だと言われました。

ま、美味しかった。

銀杏の苦みが(足り)無いのが少し寂しかった。エビと椎茸は美味しかった。蒲鉾と鶏肉はまあまあ。

全体的には、立派な茶碗蒸しだった。

これ、でも家では蒸し器も無いので作れない。折角教わった茶碗蒸しだけどしょうがない。
まあ、「男の料理教室」の目的は料理を覚える事だけじゃないので、無駄な時間にはならない。十分に有意義な時間が過ごせた。

次回の予告編を兼ねて、本日の昼食↓。

.
G34
本日の昼食

マグロの握り寿司、お稲荷さん、生姜、潮汁、茶碗蒸し。

実は、自分としてはこの中では「お稲荷さん」が一番美味しかった。ちょっと甘口のご飯が良かった。

食べ物の上手い不味いは、一番は材料の良し悪しだと思うが、元々の好きか否かの好みも大きい。料理の巧拙はその次ぐらいだと思う。
好きな食材を、組み合わせを間違えずに、炒めたり、煮たり、すれば大体美味しく成る。
ここでのポイントは組み合わせ。作った料理をレシピとして覚えておくのもいいが、どんな味に成るかの想像力が大切。

タイではやはり、いい材料を揃えるという点では、日本で料理をするのと比べて、どおしてもハンデがある。
この「男の料理教室」もそのハンデを背負っている。
(タイで長く暮らしていると、その違いが分かり難く成る、と言う事はある様だ)

漫画の「美味しんぼ」の様に、料理の巧拙でそんなに画期的に美味しく成る事は殆ど無い。
もし、そういう事が出来ればこれは凄い事だと思う。

因みに、自分が今までで一番凄いと思ったのは、「ラーメン」の回だった。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月26日 (水)

本日の秋の味覚(栗)

2018/09/26(本日の秋の味覚)(栗)

今日(26日)、タイへ戻る。この記事がUPされている頃は多分、飛行機に乗っている。
(沖縄辺りかな?)
(この記事は、26日の12時に公開されるよう設定しました)

.
N1_2
25日11時頃の台風24号の様子。

タイへ行く飛行機の針路に近付いて来ているので、ちょっとヤバそう。

でも、速度は遅そうなので、多分大丈夫とは思うけど・・・。

飛行機は、多少なら迂回できるだろうし・・・。


今、書いて居るのは25日の14時頃で、明日は早朝から成田へ向かうので、日本で何か出来るのは実質今日(25日)が最後。

数日前から書き始めた、秋の味覚シリーズがまだ完結していないので、日本に居る間に完結させたいと思った。

あるアンケートの秋を感じる食べ物のベストテン(注)の内、まだ第一位の「栗」の記事が無い。

(注)
① 栗 、 ② さつまいも 、 ③ さんま 、④ 松茸 、⑤ 柿 、 ⑥ 梨 、 ⑦ きのこ 、 ⑧ かぼちゃ 、 ⑨ ぶどう 、 ⑩ りんご


で、今回のお題は、いよいよ秋の味覚シリーズの最終回、「栗」。

.
N3
マーケットで売っていた栗

前回のエリンギを売っていた所と同じ「秋の味覚コーナー」。今回は、栗の部分をやや大写しで。

.
N5
買って来た栗


.
N6
水洗いしてお鍋に入れた栗

後は、茹でるだけ。

.
N7
剥いた栗と縦に切った栗

栗は好きだけど、剥くのが面倒くさい。なので、最近はタイで食べる天津甘栗みたいのか、袋に入った剥き栗を食べる事が多い。

(天津甘栗は爪でプチっと皮が剥けるので楽)
(タイの名前は忘れたが(バンコクの)ヤワラーへ奥さんと行くと、よく買って帰る)

母が元気だった頃は、こういう茹でた栗を食べたがここ10年ぐらいは殆ど茹でた栗は食べてない。

兎に角、茹で栗の弱点は剥くのが面倒くさい事。

1個剥いたけどやはり面倒なので、縦に切って食べる事にした。
この食べ方、家は昔から「剥く派」だったのだけど、有る時、親戚の子が家に来て食べたのが、この縦に切る方法だった。

縦に切って、小さいスプーンでほじって食べる。

剥くより簡単なので自分は、「切る派」、に成った。

この栗も美味しかったけど、天津甘栗と比べると、ちょっと甘さが物足りない。
(天津甘栗も当たり外れが大きいので、当りの場合の話です)

昔と比べると、随分贅沢に成っている。

子供の頃は、台風などの後に栗拾いに行って、取って来た栗を茹でて貰って食べた事もあるし、茹でずに生で食べた事も有る。

北杜市の小淵沢の家には栗の木が有って、10月末頃(?)になると沢山出来るのだけど、何も農薬等を使って無いので、虫食いが多くて今では取って食べたりはしない。

まあ、確かに、栗には色々な思い出が有って、秋を感じさせる食べ物ではある。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月25日 (火)

本日の秋の味覚(きのこ)

2018/09/25(本日の秋の味覚)(きのこ)

あるアンケートの秋を感じる食べ物のベストテン。

① 栗 、 ② さつまいも 、 ⑥ さんま 、 ④ 松茸 、 ⑤ 柿 、 ⑥ 梨 、 ⑦ きのこ 、 ⑧ かぼちゃ 、 ⑨ ぶどう 、 ⑩ りんご

きのこは7位にランクインされていた。
で、本日のお題はきのこ。その中で、エリンギのバター炒め。

先日マーケットへ行ったら、こんなコーナーが有った。

.
O1_2
秋の味覚コーナー(?)

くり、さつまいも、まいたけ、エリンギ、などの秋の味覚が揃っている。

と言っても、エリンギは1年中いつでも有るが・・・それを言ったら今時、他にもそういう物は有る。

まあ、秋の味覚のきのこの代表(注)と言う事でエリンギを取り上げた。
(注)(きのこの代表と言えば「松茸」じゃないの、と思う人も居るかも知れないが、松茸は味(香?)の割には高過ぎる)(自分としては、そんなに無理して欲しいものじゃない)

.
O2
エリンギ

実は、チェンライでもエリンギはよく食べる。

センタンの地下で薄く切ったエリンギを焼いて売っているのを、買って来て食べる事が多い。

自分では料理した事が無かったので、ネットで調べたら、「エリンギのバター醤油炒め」、というのが有った。

材料も揃っているし、簡単そうなのでそれを作る事にした。

.
O3 
薄く切ったエリンギとバター

料理と言っても、切って、塩胡椒とバターで炒めて、醤油を掛けるだけなので簡単。

.
O5 
エリンギのバター醤油炒め

あんまり期待してなかったのだが、これが実に美味しかった。ちょっと大げさに言うと、目から鱗の美味しさだった。

プリプリとした食感とバターの風味が最高。醤油もいいし、塩胡椒のアクセントもいい。

タイで食べる、辛いタレに付けて食べるエリンギもいいが、こっちの方が数段美味しかった。
(元々のエリンギの品質もいいのかも知れない)

バター、チーズ、クリーム等、乳製品が大好きな娘に作って上げたら喜ぶかも知れない。
今度、チェンライに戻ったら一度作って見ようと思う。

何でも、やってみるものだね・・・。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2018年9月24日 (月)

本日の秋の味覚(さつまいも)

2018/09/24(本日の秋の味覚)(さつまいも)

きのう(23日)は秋分の日だったらしい。

秋分の日はお墓参りなどをする日らしいが、自分は何もしていない。

きのうは、最近では珍しく晴れ間も有ったが、もう夏の暑さでは無い。半袖で歩いていて丁度いいぐらいの気温だった。秋分の日と言うぐらいで、少しは秋っぽくなった気がする。

.
S1
やきいも

マーケットでこんな物を見付けた・・・ほっかほか出来立て、やきいも。

某アンケートによると、さつまいもは秋を感じる食べ物の2位にランクされている。

これは、「秋の味覚シリーズ」として書くしかないか・・・?。

多分ブログを書いて無かったら買わなかったが、買った方が評価が書きやすいし、別に嫌いじゃないし食べてもいい。
そう思って買った。

ブログは原則的に生活の一部を切り取って書くものだと思っているが、逆にブログを書く為に行動の一部を変える事も有る。

ある俳句の先生がテレビで、俳句を始めると物の見方が変わる、世の中が面白く成る、というような事を話されていたが、ブログも同じで、書いていると物事の興味の範囲が広がる。

趣味っていうのは、ある意味無駄な事をする事だと思っているし、そういう余裕は大事だと思う。
現実的な利益ばかり追うのはつまらない。

.
S2
買って来た、やきいも

まあ、凄く美味しいという程のものでは無いが不味くはない。
(もうちょっと甘味の強い方が良かったかな~という気はした)

焼き芋っていうのは何故か女性が好きらしくて、他界した母なども、そんなに回数は多くは無いが食べていた。
家の(タイ人の)奥さんも好きらしくて、昔、井の頭公園に行った時に石焼き芋の屋台が有って、買って上げたら喜んでいた。

因みに、タイにもさつまいもみたいな芋が有って、黄色っぽいのや、紫の芋が有る。
味は、さつまいもに極めて近い。もしかしたら、さつまいもの一種かも知れない。
日本のさつまいもと比べると小振りだが、味はほぼ同じ。

(タイの)田舎では日本の様に蒸かして(茹でて?)食べる事が多いが、ココナッツミルク(と練乳)に浸けて食べる事もある(これ、日本の女性にも受けると思う)。

.
Sl4
ブアックマンケーオナームカティ

このブログの過去の記事、「2016/09/09(タイの田舎の甘い物3選)」、より。

.
S3
やきいも
、食べかけ

折角買って来たやきいも、勿体ないので全部食べるのだけど、ちょっと糖質が多過ぎる気がした。
さつまいも自体は、色々ないい栄養素を含んでいるらしいのだけど、ダイエットという視点から見ると、ちょっと心配。

.
S4
きのうの夕食

という事で、これをおやつ(或いは間食)として食べるにはカロリーがあり過ぎる。

そう思って、きのうの夕食はこう↑なった。

ちょっと無理があるかな~・・・でも、刺身も焼き芋も美味しかったからOKという事で。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月22日 (土)

本日の秋の味覚(梨)

2018/09/21(本日の秋の味覚)(梨)

今日(9月21日)は急に寒くなって、東京は11月上旬の寒さだと天気予報で言っていた。
(一時、エアコンの暖房を入れました)

いよいよ秋らしい天気に成るのか・・・と思ったら、また暑くなるらしい。

東京は此処のところ雨が多くて洗濯物が溜まってしまった。

と、そういう話は置いといて、今回の秋の味覚シリーズの4回目は「梨」。


実は、秋の味覚シリーズの記事を書く前にネットの記事で、あるアンケートの結果を参考にした。

それによると、秋を感じる食べ物のベストテンは以下の様になっていた。

① 栗 、 ② さつまいも 、 ③ さんま 、④ 松茸 、⑤ 柿 、 ⑥ 梨 、 ⑦ きのこ 、 ⑧ かぼちゃ 、 ⑨ ぶどう 、 ⑩ りんご

梨は6位・・・まあまあ、秋を感じる食べ物の様だ。自分もそう思う。

.
T2

梨も、まあまあ好きな果物。

タイでも割と良く食べる(奥さんが好きらしい)(でも、これも、日本の梨の方が若干美味しい事が多い)。

.
T3
剥いた梨

梨はこういう剥き方が普通なのだろうけど自分はよく輪切りにする。

その方が簡単に切れて捨てる部分も少なくて済むので無駄が無い様な気がする。

まあ今回は、ブログに載せるので一般的な剥き方にした。

この梨も甘くて、ジューシーで美味しかった。
(昔の梨はもっと酸っぱかった様な気がするが良く覚えてない)

梨の甘さってのはそれ程強くは無いがほのかに甘い上品な感じがする。
果物の中ではぶどうの味に近いような。

.
T4
本日の夕食

特に意味は無いのだけど、マーケットで買ったお稲荷さん3個と梨1個が本日の夕食。

夜は、余り高カロリーにならないよう注意しているので、梨1個食べると、あとはそんなに食べられない。

梨とお稲荷さん・・・意外と合うと思ったのだけど・・・変かな・・・?。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月21日 (金)

本日の秋の味覚(柿)

2018/09/21(本日の秋の味覚)(柿)

柿は自分の最も好きな果物の1つ。強い甘さがいい。

.
U1
市場の柿売り場

自分のイメージから言うと、もう少し赤みが掛かった柿の方が美味しい気がする。

.
U2
買って来た柿

このぐらいの色の柿が美味しそうに見える。

.
U3
ひっくり返すとこんな感じ

もうちょっと橙色で綺麗な方が美味しいかな・・・?。見た目(色)としてはイマイチ・・・?。

.
U4
剥いて見た

イメージしてたより、かなり白っぽい。種なし柿。

しかし、味は、ちゃんと甘くて一応合格点だった。

5段階評価の4ぐらい。100点満点の評価だったら79点ぐらい。

80点に1点足りないのは、やはり自分の基準からいうと、完全な甘さには少し欠けていた。

まだ、時期的に早かったのかも知れない。

.
U5
お茶と一緒に柿を食べて見た

これは、結構いい。

柿の甘さとお茶の渋さが、味を消しあうのではなく、お互いがお互いの味を引き立てる。

柿の甘さで口の中を満たしてからお茶を飲むと、お茶の渋さが柿の甘さを、なお一層際立たせて、口の中いっぱいに柿の芳醇な甘さが広がる。
(ワインじゃないけど、そういう感覚に近い物を感じる)

タイにも柿は売っているが当たり外れが激しい。本当に美味しい柿(甘い柿)の見分け方が自分には分からない。
それは、日本でも同じだけど、日本の方が外れが少ない気がする。

ぶどうなら銘柄である程度味は想像できるのだけど、柿に関しては分からない。柿も外れの無い品種とか産地があればいいのだけど・・・?。
(自分が知らないだけか・・・?)


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月17日 (月)

本日の秋の味覚(さんま)

2018/09/17(本日の秋の味覚)(さんま)

前回から始めた秋の味覚シリーズの2回目。今回のお題はサンマ。

秋刀魚て書くぐらいだから秋の味覚にサンマは外せない。それにサンマは元々自分の好きな食べ物で、最近のマイブーム、健康食品というテーマにも青魚のサンマは合っている。

.
Y1
サンマ

さんま大、1本240円。

今年は豊漁に成りそうと聞いている。既に何回かサンマを食べている。
北海道の地震の後は(関係性は良く分からないけど)暫くマーケットに売っていない時が有ったが、今は、普通に売っている。

.
Y2
本日の夕食

メインはサンマ。他に、大根のサラダ、カボチャ、ホタテ貝など。

以前は、スープとしてみそ汁を付ける事が多かったが、最近は塩分の摂り過ぎにならないように、余りみそ汁を飲まなくなった。

この中でカボチャも秋の味覚と言えるが、カボチャは結構いつでも売っているし、冬至に食べる物という説もあるので、秋の味覚というには説得力が弱い気もする。

実は、このカボチャもそうなのだけど、自分の場合、1人の時は殆ど料理はしない。

.
Y5
本日のカボチャなど

カボチャは袋に入って売っている調理済みのカボチャ。
このカボチャ、甘味の強いカボチャだった。砂糖でも入っているのかな、というぐらいの甘さ。タイにもカボチャは多いけど、甘味は少ない。

ご飯はレンジでチン。大根サラダも初めから出来ている物を買っただけ。ホタテもレンジでチン。お茶はティーバッグ。

料理らしき物はサンマを焼いた事だけ。大根おろしぐらい欲しい所だけど、大根を買って来ておろすのも面倒なので、今回はそれも無し。

まあ、大根サラダが有るからいいか(←「そういうものじゃない」という声が聞こえて来そうだけど)。

カボチャも緑黄色野菜で健康食品だし、ホタテもプラズマローゲン(最近覚えた健康にいいらしい成分)が入っているらしいので認知症の予防には効果があるかも知れない。

栄養バランスとしては、まあまあじゃないかという気がする。

食べ物だけでは、秋の雰囲気がイマイチ伝わらないと思うので、タイ在住の方に、もう一つ秋らしい(?)写真を添えます。

.
Y9
家の近所の妙正寺公園、2018年9月17日撮影

ほんの少し、秋らしい感じがして来た所もある。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

本日の秋の味覚(ぶどう)

2018/09/17(本日の秋の味覚)(ぶどう)

日本は(東京は)1週間程前までは最高気温が30℃を超す夏の暑さだったが、11日辺りから少し涼しく成って、ここ1週間の最高気温/最低気温は

9月11日 24/19 12日 24/18 13日 27/19 14日 25/21 15日 22/19 16日 27/20 で

今日17日の杉並区の予想気温は、最高31℃、最低22℃、と少し暑く成っているが猛暑だった今年の夏は去ったという感じがしている。

自分としては、最低気温18℃~最高気温28℃の辺りが一番すごし易いので、今はいい季節。
(少し寒がりです)

秋と言うにはまだ早い気もするが、気の早い市場ではもう秋の味覚が沢山出回っている。

昔と比べると、食べ物の季節感は少し減って来たが、それでも日本人は食べ物で季節を感じる。

今回の日本滞在も残す所あと10日余りと成った(26日にバンコクへ行く)。
この間、折角の秋の味覚を味わって見ようと思う。
あと、数回、秋の味覚シリーズでブログを書きます。

第一回目はぶどう。

.
Z1
ぶどう、2018年9月17日撮影

写真のぶどうは巨峰。

初めて巨峰を食べたのは30~40年程前だったと記憶している。粒が大きく甘味が強い、凄く美味しいぶどうだと思った。

丁度その頃、父が山梨に家を建てたので、山梨=巨峰(山梨県は桃の里で有名だがぶどうの里でもある)で、車で山梨に行った帰りに石和(いさわ)辺りで巨峰を買って東京に帰った記憶がある。

当時の物価から見て、巨峰はかなりの高級品だったと記憶している。

その後、巨峰より更に大きくて甘いピオーネという品種のぶどうが売り出されて、これは更に美味しかったが、初めて巨峰を食べた時ほどの衝撃は無かった。

ぶどうに関して思い出すのは数年前に奥さんと娘を連れて、山梨の家へ行った帰りに、初めてぶどう狩りをした事。

「○○狩り」見たいのは、割と家族に受ける企画で日本に連れて来た時は、たまに行う。

子供の記憶には残りやすい行事だと思う。

.
Z2
市場(西友ストア)のぶどう売り場

タイにもぶどうは売っているけれども、日本で売っている物の方が甘味が強くて美味しい。

因みに、チェンライでもぶどうを作っているのを見た事がある(マイモーン・カフェ)。

.
Z12_1
マイーモーンファームカフェのぶどう(緑)

マイモーンファームカフェはチェンライ県パーン郡に有る。

.
Z12_2
マイモーンファームカフェのぶどう(紫)


余談。

ぶどうの食べ方について。

自分は巨峰などの大きめのぶどうは皮を剥いて、種は吐き出して食べる。
昔(?)の小さいぶどうは、指でプチっと実を口に入れて、種を吐き出して食べる。
タイで買うぶどうは中間ぐらいの大きさのなので、皮を剥くのが面倒なので皮ごと食べる。種はやはりペッと吐き出す。

人によっては、種は吐き出さずに種ごと食べるという人もいるようだし、皮は剥くのが面倒なので、皮ごと食べる人もいると思う・・・?。

いずれにしても、ぶどうは非常に美味しい果物だけど、食べるのが少し面倒という欠点がある。
(一番、食べ易いのはバナナかな)

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月12日 (水)

大戸屋でサンマとカブ

2018/09/11(大戸屋でサンマとカブ)

ネットでこんな↓記事を見付けた。

.
D1_2
ネットのニュース

出足好調のサンマ・・・定食店チェーンの大戸屋は3日、「生さんまの炭火焼き定食」を発売した・・・。

で、久し振りに大戸屋に行ってサンマを食べたく成った。

日本で1人暮らしだと、こういう時は身軽でいい。

大戸屋はタイでは10回ぐらい行った事が有るが本場(?)の日本では数回しか行った事が無い。

.
D2
荻窪駅西口付近。

大戸屋はナムコのゲームセンターのあるソイ(横丁)を入った所に有る。

.
D3
荻窪の大戸屋

大分以前に此処に来た時は改装中で閉まっていた。

今日は、ちゃんと営業していた。

.
D4_2
大戸屋の入り口

大戸屋は和定食が中心のお店。魚料理なども多い。

タイでもバンコクのセンタンなどに出店している。タイで食べられる和食としてはいい方なので、割と入る事が多い。チェンライには無い。

.
D5
テーブルに置いて有った「生さんまの炭火焼き定食」のメニュー

右の機械で注文をするものらしいが、テーブルの上に「さんま定食」のメニューが置いて有ったので、水を持って来たお姉さんに、メニューを指さして「これ下さい」。
(殆ど、お姉さんが操作してくれた)

年寄りはこういう機械苦手なんだから・・・。

そしたら、後から来たオジサンも使い方が分からなかったらしく、お姉さんに操作方法を聞いていた。

これぐらいの機械使えなくてどうするんだよ・・・。

.
D8
大戸屋の店内(1階)

1階に10席ぐらい、2階席も有るらしい。

落ち着いた感じの造りに成っていて、自分的にはいいと思う。

自分が来た時(11:15頃)には、ここ(1階)には先客が1人居ただけだったが帰る頃(12時少し前)には1人客で満席に成った(ただし、相席は無いのでテーブル数と同じ人数。座席数の半分)。

.
D6
サンマ定食の操作手順

注文が済んでから、お姉さんのやった手順をおさらいしてみた。

左上、「(季節)限定メニュー」を選択。
右上、「サンマ」を選択。
左下、サンマ1本か2本を選択。
左下、定食か単品かを選択。定食を選択。

.
D7
オプション色々

左、ご飯の量を選択。自分は「普通盛り」を選択。
右、「とろろ」を追加。
その他に、白いご飯か雑穀ご飯かの選択も出来る。自分は「雑穀ご飯」を選択。

.
D9
サンマ定食、雑穀とろろご飯付き

ウイキペディアによると大戸屋は店舗で調理したものを出すらしい。
そのせいか、ジョナサンやサイゼリヤや吉野家などと比べると、かなり待たされる、という感じがした。

この辺は、何か工夫しないと客離れが起こるかも知れない。

.
D10
サンマ

肝心の味は・・・自分がマーケットで買って家で焼いたサンマやイワシの方が美味しい。
これは、調理の巧拙では無く、素材の差。ハッキリ言って、このサンマちょっと痩せていた。

.
D11
雑穀とろろご飯

オプションで、白米から変更した、雑穀とろろご飯、これは美味しかった。


さんま・雑穀とろろ定食、1060円。

こういう感じの和定食を出すお店は少ない(?)ので、選択肢として、たまには来てもいい、というお店だった。


因みに、きのう(9月10日)、大戸屋HDの株を2219円で100株買った。本日(9月11日)の終値は2222円。
まあ、これは優待目当て買った株(外食無料化計画の一環)なので、細かい値動きは気にしない。

来年の6月頃に2500円分の食事券、さらにそれから3年後には3000円分加算されて(長期保有株主優遇)5500円分の食事券が貰える様に成るハズ(1回1100円として5食分)なのだけど、会社が潰れたり、荻窪店が無くなったり、しなければいいのだけど・・・。

一抹の不安はある・・・でも、タイの大戸屋は結構繁盛している様なのだけど・・・。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼