カテゴリー「料理・食べ物」の240件の記事

2019年5月22日 (水)

男の料理教室(海老フライ)

2019/05/21(男の料理教室(海老フライ))

久々(3ヶ月振り)の男の料理教室の記事。
4月は、夏休み(?)でお休み。3月はビーフシチューだったのだけど、記事にしてなかった。

折角なので、3月のビーフシチューの写真↓。


X1_1
ビーフシチュー、2019年3月18日撮影

これも美味しかった。


で、今月のお題はフライ。

今日は、海老フライ、牡蠣フライ、イカフライ、アスパラ、玉葱、の5種類のフライを作る。ちょっと(かなり?)欲張り気味。

まずは、10時にマクロ(卸のスーパーマーケット)集合で、材料の仕入れから。


X11_2
マクロ、玉葱売り場

料理とは関係無いが、5人の内3人がサングラス着用。1人が眼鏡。自分だけ何も無し。
このメンバーはサングラスが流行りらしい。
因みに、集合の時は全員帽子を被っていた。

仕入れの後は先生のお宅で早速、料理を開始。


X12_1
海老フライの準備

海老は、綿を楊枝で取って、首をねじ切って、殻を剥がして、尻尾の半分ぐらいを切って、水を出して、お腹に切り込みを入れて、反対側に海老反りさせるという工程。

結構、面倒くさい。


X15
綺麗(?)に揃った海老


X16
玉葱とアスパラガス

アスパラは日頃ノーマーイ・ファランと言っているので、最初、日本名が出て来なかった。それぐらい、タイでも普通に有る食材。


X18
海老に粉を付ける1



X19
海老に粉を付ける2



X21
海老を揚げる

揚げる作業の大半は自分がやった(写真は自分、撮って貰った)。

一番厄介なのがイカで、時折、パチンと跳ねるのでちょっと怖い。

因みに、家ではこういう面倒な作業は(殆ど)しない。海老フライを食べたければ外食か(日本なら)スーパーで買う。その方が手間が掛からない。


X22
揚げている


X25
フライの出来上がり1

右から、海老、アスパラ、玉葱


X26
フライの出来上がり

手前ら、牡蠣、イカ。

左上の、ちょっと黒い牡蠣は、ちょっと失敗作。


X28
フライ丼

写真用に天丼風にフライ丼の盛り付けをした。

でも、フライはこれでは食べにくいので、お皿に盛り直して食べた。



X29
本日の昼食

特性のタルタルソースなどを掛けて。

1人、海老2個、牡蠣2個、イカリング2個、玉葱1個、アスパラ1個。結構ボリュームが有ってお腹がいっぱいに成った。

男の料理教室の有った日はいつも体重が増えるので、この後2日ぐらいはエクササイズとダイエットを頑張らないといけない。

まあ、このメンバー、いつも会っている(週に1~2回)人も居るが、月に1度、今回の場合は2ヶ月振りに会った方も居て、料理作業中の会話や、一段落して食事中の会話は(異国の地で暮らす者同士)貴重な会話に成っている。


ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年3月13日 (水)

あ~旨かった

2019/03/12(あ~旨かった)

日本滞在も今日が最後。明日は朝早くから、荻窪→成田→ドンムアン→ラッチャダーの宿で、タイへ戻る。

今回の帰国、約2週間と期間の短い事もあったのだけど、まだ美味しい物を余り食べてない。

ラーメンとか、牛丼は結構食べているし美味しかった。中華や洋食、飲み会でも美味しい物は食べた。しかし、まだ、カレーも天婦羅も寿司も食べてない。

で、午後7時半頃、お腹が空いたので何か美味しい物を食べに行く事にした。

さて、何にしよう。あと1食。最後の1食。

天婦羅も捨て難いがやはりここは寿司しかない。お刺身は飲み会の時に、ほんのちょっと食べたけど、まだ寿司は食べてない。折角日本に居るのだから寿司ぐらいは食べなくちゃ。

で、駅の付近に有る寿司屋を目指した。

.
O51
荻窪駅へ向かう青梅街道、3月12日、午後8時頃

目指す寿司屋↓。

.
O52
元祖寿司

このブログでも過去に書いている。自分は、回転寿司としては割と美味しいお店だと思う。

大手の「くら○司」、何てのも色々バラエティーが有って悪くは無いが、「寿司」としては、此処の元祖寿司の方が美味しい(と自分は思う)。寿司らしい味のする寿司。

.
O53
元祖寿司の店内

ここの寿司職人さんは愛想の悪い人がたまに居るのだけど、写真のおじさんは感じのいい寿司職人さんだった。

.
O54_2


先ずは、回って来たサバを取る。

.
O55
イワシ(だったと思う)

アジだったかも知れない。

みそ汁は、アサリ。

.
O56
ガリ

牛丼屋では紅生姜、カレー屋では福神漬け、寿司屋はガリ。
(天婦羅屋のキュウリの漬物や中華屋のすりおろしニンニクも好きです)

.
O57
ハマチ

実はブリとハマチの違いが良く分からない。

.
O58
ハマチ(だったと思う)

身がいっぱい有ったので、流れて来たのをつい取ってしまった。

.
O59
シャコ

実は、これが大好物。追加注文を2回して、計3皿も食べてしまった。

自分は、シャコは「甘だれを着けて下さい」、と注文する。

.
O61_2
美味しそうなのが色々流れて来ます

回転寿司で、自分は注文するのと、流れて来たのを取るのと半々ぐらい。

.
O62
中トロ

最後は、今日の中で一番高い中トロ。380円。

やっぱり高い物は美味しい(←380円ぐらいで、えばるな、と突っ込まない様に)。

一口で飲み込んでしまっては勿体ないので、口の中でグルグル回して、全体で味わった。

今日は、(日本の食事の)最後だし、お腹も空いていたので、いつもは7皿ぐらいしか食べない所、10皿も食べてしまった。

1884円。まあ、タイで600バーツ出しても、なかなか此れだけ旨い物は食べられない。

お店を出て思わず、「あ~旨かった」、と呟いたのでした。

・・・小さな声でね・・・これ、大声で言ったら危ない人に成っちゃうから・・・。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年2月26日 (火)

美味しいの?

2019/02/24(美味しいの?)

BIG-Cに買い物に行ったついでにS&Pでパンやピザを買って来た。

.
Z1
本日の夕食

ピザ、オレンジジュース、キュウリの酢漬け、マカダミアナッツ。

ピザだけでは物足りないのでジュース。野菜が無いがサラダを作るのも面倒なのでキュウリの酢漬け。それでも、まだ寂しいのでマカダミアナッツ。

あんまりバランスが良くないが、本日の夕食は手抜きで。

.
Z2
ピザの拡大図

本日のピザの具材はカニカマ。

カニカマ~・・・?。

具材にカニカマはないと思うが、タイ人、カニカマが好きなのでアリらしい。
自分的には、サラミソーセージとかが乗っていて欲しかった。

.
Z3
改良型ピザ

ベーコンを乗っけてレンチン。
これで、ちょっとはマシな味に成った。

一転して、奥さんの夕食↓。

.
Z4_2
ご飯、イワシのトマトソース煮、ネーム

奥さん、トマトソース煮とネームを茶碗に入れて、ご飯と混ぜて食べていた。

美味しいのか・・・?。

見た目は如何にも不味そうだけど・・・。

美味しいと言って食べていたので、意外に美味しいのかも知れない・・・でも、食べて見る気にはならなかった。

しかし、これでは野菜が無い・・・そう思って見ていたら・・・。

.
Z5_2
奥さん風、混ぜご飯

神戸屋ステーションで先日買った、高菜風味の漬物も一緒に混ぜて食べていた。

.
Z6
パンにブルーベリージャム

自分は、ピザだけでは物足りなかったので、パンにブルーベリージャムを付けて食べた。

パンは、見た目と違って美味しくないパンだったが、ブルーベリージャムをタップリ付けたので、一応美味しくなった。

タイでは、食べる物に苦労するのか、何でも有りで苦労しないのか・・・味覚は狂って来そうな気がする。

因みに娘は、改良型ピザだけを食べてました。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年2月22日 (金)

イサーン料理らしい

2019/02/21(イサーン料理らしい)

昨日、奥さんと出掛けた帰りに、飲み会(水曜会)の場所まで車で送って貰った。
その時、奥さんも一緒に来たかったらしいが、ここは男同士の付き合い、女性は要らない。という事にして、一緒は断った。

どうも家(うち)の奥さん、変な性格で(?)酒も飲めないのに男同士の飲み会に参加したがったり、逆に、奥さんの友達同士の、例えばカラオケに自分を一緒に来させたがる。

困ったものだ・・・時々、大喧嘩にも成る。

そんな事が有って、今日も一緒に出掛ける用事(買い物)が有ったので、昨日の埋め合わせに、「食事はキンセープ・キンヌア(昨日の飲み会のレストラン)でする?」、と誘った。

.
D1
キンセープ・キンヌア

家から歩いて15分ぐらいだが、今日は他に買い物が有るので車で行った。

奥さんの話に寄るとイサーン料理という事らしが、西洋料理っぽいメニュー(例えばスペアリブ)も有る。
イサーン料理の専門店というよりは、「イサーン料理も有るよ」、といった程度のお店らしい。
(自分は何がイサーン料理で、何が北タイ料理か、何がバンコクのタイ料理なのか分からない)

.
D2
お店の中

12時頃。写真には写って無いが他に2組程お客さんが居た。

.
D3
ナムピックオーン、ケープムー、コームーヤーン

最初にコームーヤーン(豚の喉の肉を焼いたものらしい)が出て来た。このお店でも、ガウガウでも、タイ料理のお店で飲むときは、コームーヤーンを頼むのは定番。
今日は、飲まないけど、色々選ぶのが面倒だったので注文した。

コー(喉)ムー(豚)ヤーン(焼く)、と言っても、必ずしも喉肉ではないらしいが、そこには拘らない。
ただ、この料理、当たり外れがあって、外れだと脂身ばかりの物が出て来る。脂身より肉の部分の方が遥かに美味しい。今日の肉はまあまあだった。

ナムピックオーン、ケープムーは奥さんの注文。ケープムーは香ばしくて、カリカリしていて、それだけ食べても、おやつ代わりに美味しい。

右上の白いのはカオニャオ。奥さんの主食。

.
D4
自分はカオパット・クン

エビ炒飯。

.
D5
本日の昼食

かなり豪華(?)。

.
D6
チムチュムの具材

此れは、イサーン料理らしい。

チムチュム・タレー(海鮮)と言って注文したのでエビやイカや貝や魚が入って居る。他には豆腐、豚肉、モツ、ルークチン(練り物)など。

.
D7
チムチュム作成中

中央の野菜はパックブン。

鍋は、球形の茶色の陶器(チムチュムで使う直径10cmぐらいの小さな容器の下に火が入っている)ものを想像したのだけど、金属製の鍋で、思ったよりずっと大きかった。
具材の量も多くて、2人(特に奥さんは少食)では、食べ切るのに苦労しそうだと思った・・・結局、3分の1ぐらい残した。

野菜は肉類とは別に、籠に入って、これも沢山有る。
パックブン(空心菜)やキノコ類、白菜や臭い葉っぱ(臭い葉っぱは奥さんも嫌いなので入れない)。

.
D9
野菜の籠など

パックブンやウンセン、白菜、と臭い葉っぱ(右側の方)が籠に入って居る。
臭い葉っぱは何かのハーブらしいが、タイのハーブ系は自分は嫌いで、幸い奥さんも嫌い(種類にもよるけど)なので、この点では喧嘩にならなくていい。


さて、何に付けて食べるか・・・。

お店からは、3種類の唐辛子入りのタレを出してくれたが、まだ、どのタレを付ければいいのか、そこまでは分からない。

一応、醤油を頼んだら持って来てくれた(写真下、左側)が、何かしょっぱいだけの醤油で、これもイマイチだった。

この辺は(どういうタレを付ければ一番いいか)今後の課題に成る。


一生懸命食べたのだけど、結局、全部は食べ切らず、テンモーパン(スイカのスムージー)は持ち帰った。
他に、コームーヤーンの半分ぐらいと、ナムピックオーン、ケープムー、の3分の2ぐらいは持ち帰った。

無駄なく、持ち帰れるのはタイのいい所だと思うが、日本人ならそんなに食べ残す程注文しないというのもある。
まあ、今日はチムチュムの量が予想外だったので、食べ切らなかったという面もある。

お会計は、飲食で598バーツ。他にチップを少々。


最近1日置きに飲み会が有って、食べる量も多いので、1日置きにエクササイズをやっても間に合わない。さっき体重を量ったら72kgに成っていた・・・どおしよう・・・困った・・・。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年2月 6日 (水)

食卓の国境線(アジフライなど)

2019/02/06(食卓の国境線)(アジフライなど)

久し振りの「食卓の国境線」、シリーズ。

今日は、割とハッキリと国境線が分かれた。

.
M1_4
本日の夕食

 自分の領域   奥さんの領域   娘の領域

結論から言うと、今日の夕食はなかなか美味しい夕食だった。

メインはアジフライ、チンゲン菜とツナの炒め物。他にバナナ。
(このバナナは日本人会のMさんに頂いたもの。家に生ったものらしい)
ここまでが、自分と娘のおかず・・・割と日本風。

左側の、ケーン・キアオ・ワーン・ムー、ケーン・ペット・パックブン、サイウア、ムーヨーが奥さんの領域。
コテコテのタイ料理(?)。

ただし、ブログを書く為と、奥さんに気を使って自分も味見程度(各1個)には食べた。

娘はタイ料理系は全く食べず。

娘曰く、「だって日本の方が美味しいもん」・・・君は正しい!。

.
M2
食事中

大体、食事の位置関係はこの位置に成る。壁側が自分、その正面が娘、娘の隣が奥さん。

食べ物も、タイ料理系が奥さんの前、日本料理系が自分と娘の前。

右下、お茶を飲むのは自分だけ。

.
M3
アジフライ

神戸屋STATION(日本食材のお店)で買ったアジフライ(中国産らしい)(注)を揚げただけだけど、美味しかった。
(自分は、元々アジフライ好きです)
(注)(今気が付いたけど、輸入元が神戸市灘区~と成っていたけど、神戸屋と神戸市って何か関係があるのかな)

下に敷いて有るのは、自分が日本から買って来た敷紙。
(これは、奥さんも覚えたらしい)

ソースも日本から買って来たタルタルソース。

奥さんの作る揚げ物、油断していると裏が真っ黒焦げ何て事も有るが、今日はそういう事も無く、丁度良く焼けていた。

自分が2.5匹、娘が1.5匹食べた。作った奥さんに、「食べる?」、と聞いたのだけど、要らないらしかった。

.
M4
チンゲン菜とツナの炒め物

いつもはベーコンと一緒に炒めるのだけど、ベーコンが無かったので、代りにツナを使ったらしい。

これが意外と美味しかった。

「あ、これ、美味しいね~」

.
M5
奥さんのおかず

奥さんは自分の作ったおかずには全く手を付けず、全て買って来たタイのおかずだけで食べていた。

左上から時計回りで、ムーヨー、サイウア、ケーン・キアオ・ワーン・ムー、ケーン・ペット・パックブン。

ムーヨーとサイウアはどちらもソーセージみたいなタイ料理。
サイウアは自分も他におかずが無い時は食べる。ちょっと辛いが食べられない程じゃない。
お腹が空いていれば美味しいと思う事もある。

ケーン・キアオ・ワーン・ムー・・・どうも奥さんの言う料理名は信用ならないが、そう言っていた。
ケーン・キアオ・ワーンはタイカレー。で、中に豚肉(ムー)が入っているので、そういう名前らしい。

ケーン・ペット・パックブン・・・直訳すると、汁・辛い・パックブン(空心菜)ってなるけど、いい加減に言ってないかい・・・?。
確かに辛いし、パックブンは入っているけど豚肉だって入っている。ケーン・ペット・ムー、或いは、ケーン・ペット・ムー・パックブン、でもいい気がするが・・・?。

兎に角、この4つ、不味い順に
キアオ・ワーン・ムー、ケーン・ペット・パックブン、ムーヨー、サイウア。


最後に、(自分が)食べなくても作ってくれた奥さんに感謝。
(これ、美味しいね~、というのを10回以上は言ったな・・・言うのはタダだから)

まあ、今日の夕食は美味しかったし、奥さんも娘も機嫌が良さそうだったので良かった。
太り過ぎがちょっと心配だけど・・・。
1時期68kgぐらいまで減量したのが、また71kg近辺にまで戻ってしまった。
(でも、まだ、最大73kgぐらい有った時よりはいい)


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年2月 5日 (火)

男の料理教室(鯖の味噌煮)

2019/02/05(男の料理教室)(鯖の味噌煮)

.
P11
マクロの出入り口付近

今日は中国正月の元旦らしい。
卸のスーパーマーケットのマクロにもそれらしい飾り付けがしてある。
チェンライでも、商業・流通関係は中華系の影響力が大きい。

しかし、中国正月の元旦とはいっても、ここはタイ、お店は平常通り営業している。
でも、駐車場が比較的空いていたり、店内もやや人気が少なかった。

我々、男の料理教室のメンバーはそういう事とは関係なく、今回も10時に集合して、食材の仕入れ。

.
P12
材料の仕入れ中

きょうのメニューはメインが鯖の味噌煮。副菜が肉豆腐。あと、あぶらげのみそ汁、大根の浅漬け。

鯖(冷凍もの)、豚肉、豆腐、味噌、大根、長ネギ、などを購入。

.
P13_2
解凍中の鯖

中央に斑点が無いので、一応、真サバらしい。

.
P21
解凍した鯖を捌く

まずは先生がお手本。エラの辺りからザックリ。反対側からもザックリで、首(?)を切り落とす。

その後、ヒレを切ったり、切腹したり。

.
P22_3
ヒレを切っているところ

ハサミで切る方が簡単。

古希のお父さん奮闘中。

因みに、お父さんの赤い服は還暦の赤いちゃんちゃんこでは無く、中国正月を祝って(?)奥様とお揃いで赤い服にしたらしい。

確かに、帰りに古希さんのお宅にちょっとお寄りした時、奥様も同じ赤い服でした。

・・・仲のいい夫婦なのか・・・。

.
P23
煮込み前


.
P31
煮込み中

灰汁を取りながら煮込む。

.
P32
本日の昼食

途中経過大幅省略で、いきなり昼食。

浅漬け、みそ汁、肉豆腐、鯖の味噌煮。

今日は、男の料理教室の中でも和風指数の高いメニューだった。和食好きの自分としては満足。

.
P33
サバの味噌煮

美味しいのだけど・・・トロッとした味噌の照り照り感が、ちょっと足りなかった様な・・・?。

脂の乗りも、もうちょっと欲しかったか・・・。

タイで、チェンライで、こんなに美味しい料理を食べられるのは嬉しいが、荻窪の西友ストアのパックで売っている鯖の味噌煮の方が美味しいのは何故だ。

和風料理に近付けば近付く程、タイで日本の味を再現するのは難しくなる。

タイ人の作るインチキ日本料理よりは遥かにいい(美味しい)が・・・。

.
P34
本日のお土産

料理はいつも多めに作ってお土産として持ち帰る。

今回も、鯖の味噌煮や肉豆腐を持ち帰って家で食べた。

ここの料理を家へ持ち帰るのは、家族に(奥さんと娘に)日本料理を紹介するいい機会と成っている。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年2月 3日 (日)

作で豪華な夕食

2019/02/02(作で豪華な夕食)

家族で「作」に行く時は奥さんが言い出しっぺに成る事が多い。
今日も、奥さんが言い出した。

午後7時頃・・・。

奥さん・・・作に行く?。

私・・・いいけど。

奥さん・・・じゃ~7時半ね。

こんな会話が、日本語とタイ語で有って、「作」に行く事に成った。

しかし、奥さんの言う7時半は、7時半じゃない。放って置けば何時に成るか分からない。

7時45頃に自分が、「作に行くんじゃないの?」、と急かして、結局コンドーを出たのは8時少し前。

家(うち)の奥さん、多分、急かさなきゃ、「作」の閉店時間ぐらいに、「行こう」、と言い出しかねない人だから・・・。

車の運転はいつものように奥さん。面倒なので自分は滅多に運転しない。
(奥さんの方が上手い、事にしてある)
(日頃から、「おだてて」、あります)

作に行く時間としては、8時は遅めなので先にマスターに電話して、「これから行きます」「牛のタタキと串カツ」、と注文。


普通は、コンドーから5分ぐらいで「作」に着くのだけど、今日は道路がメチャクチャ混んでいた・・・っていうより、信号の数百メートル(?)手前から信号待ちの長い列で、なかなか先に進まない。こんな事は街に移って来て初めて。

で、もう1回「作」に電話して、「道路がメチャクチャ混んでいて、いつ着くか分からない」、と連絡。ついでに奥さんの「牡蠣フライ」を注文。娘は、まだ何を食べるか決まらない。

信号に近付けば近づく程、車は全然進まない。「作」の営業時間内に着くのか心配に成るが、まあ、マスターとは知り合いなので、作って待っていてくれるだろ~。

結局、普通は5分ぐらいの所を45分ぐらい掛かった。


信号の所で混んでいたのは、近くで、お祭りの様なものがあって、BNK(日本のAKBみたいなもの)のメンバーが6人来ていてコンサートをやるので、みんなが集まって来たらしい。

(真偽の程は分からない。娘と奥さんがそう話していた)

タイ人ってホントお祭り騒ぎが好きだね。まあ、日本でも何かの行事で道がメチャ混みって事はあるけど、ここは「ど田舎」のチェンライ。

「作」には、日本人の顔見知りの2組、3名の、先客が居た。この方達が来た時はまだ、今ほど渋滞はしていなかったらしい。


テーブルには電話で頼んだものが、既に並べられて居た。

娘は、なかなか決まらない様で、自分の頼んだ、「牛のタタキ」、を食べたがったので、一緒に食べる事にして、他に、折角なので刺身を頼んだ。

.
R1
本日の夕食、2019年2月2日、21:00頃

最後に特上の刺身セットを頼んだので、久し振りに豪華な夕食。

.
R2
牛のタタキ

何故か、娘は大好きらしい。

食べ方も、「(下の方に有る)玉葱を肉で包んで、生姜を付けて食べるのだよ」、と教えたら、娘は、「(前にも聞いたので)知ってるよ」、と言われた。

どうも、タイ人の女の子の好きな食べ物とは思えないのだけど、まあ、半分日本人だから、いっか。

.
R3
串カツ

此れを注文したのは、多分、今回で6連続に成ると思う。

美味しいです。お勧めです。

.
R4
奥さん注文の牡蠣フライ

普通は、自分か娘が注文する事が多いのだけど、今日は何故か奥さんが先に注文したので、娘は注文出来なかった。

でも、少食の奥さんは4個は食べないので、自分も食べた。

.
R5
特上の刺身盛り合わせ

タコ、エビ、貝が2種類、ハマチ、イクラ、サーモン、マグロ、しめ鯖。あとホタテとイカが有れば最高なのだけどそれは無い。

こういうのは、娘への食育だから、色々食べて何が美味しいか分かって欲しいが、娘は、牛のタタキや串カツの方が気に入ったらしい。

まあ、少しはお刺身も食べていたけど・・・お刺身はむしろタイ人の奥さんの方が食べていた。

自分は、牛のタタキに串カツ、牡蠣フライ、お刺身色々、と食べて、ちょっと食べ過ぎだけど、どれも好きな物なので良かった。


で、本日のお会計は1060バーツ。

1バーツ3.5円で計算すると、1060×3.5≒3700円。

日本で家族3人でファミレスに入ってもこのぐらいは掛かるけど、タイとしては豪華な方かな。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年1月28日 (月)

本日のイチオシ(作の串カツ)

2019/01/27(本日のイチオシ)(作の串カツ)

毎週1回ぐらい作に食事に行く。

.
V1
作、2019年1月27日(日)19:50頃

今日は家族3人で来た。

自分のお目当ては↓。

.
V2
串カツ、2本で80バーツ

サクサクした香ばしい感じと、美味しいお肉が自分の味覚にマッチして、4回連続で作に来る度に注文している。

ご飯のおかずにもいいし、酒の摘まみにも合う。

辛子もいいし、トンカツソースでもいい。

娘にちょっと食べさせたら、もう少しちょうだい、と言われたので娘も気に入ったらしい。

.
V3
本日の夕食

メインは牡蠣フライ。

これも、作ではお気に入りのメニューで3回に1回ぐらいは注文する。

.
V4
娘はカレーライス

シンプルなカレーライス。娘は良く注文する。

よく考えて見たら、チェンライでは「作」以外で、(外食で)カレーを食べた事が殆ど無い。

バンコクの様にココイチが有ればいいのだけど・・・。

.
V5
携帯家族

娘はゲーム。奥さんは写真。その様子を自分はデジカメで撮って居る。

我が家族の場合、食事の前に写真を撮るのが半ば儀式の様に成っている。直ぐには食べられない。

.
V6
奥さんはすき焼き

ただし、肉は豚肉。すき焼きと言えば「牛肉」だと思うのだけど、奥さんは牛肉は(殆ど)食べない。

でも、この豚肉もちょっと美味しかった。
(通常の作で出す豚肉が切れていて、肉そば用の豚肉だった)

.
V7
すき焼き作成中

半分ぐらいは自分が食べた。

.
V8
すき焼き、そろそろ終わり

最後は残っている玉子も入れて、きれいに全部食べた。

今日は、串カツ、牡蠣フライ、豚スキ、と色々食べて、かなりお腹いっぱい。

腹が出て来るのが心配だけど、まあ、今日は美味しかったから良かったという事にする。

・・・1週間前から再開(注)したエクササイズを頑張らなくっちゃ・・・。

(注)昨年の11月まで、コンドーのフィットネスジムでやっていたエクササイズを12月に風邪を引いたりして体調が不良だったので休んだ。1月に成って体調は良くなったのだけど、怠け癖がついて暫くしていなかったが、1週間ほどまえからエクササイズを再開した。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年1月24日 (木)

タイ風麻婆茄子

2019/01/24(タイ風麻婆茄子)

.
X1
本日の夕食

麻婆茄子、石狩鍋もどき、花鰹キュウリ。

石狩鍋もどきは、サーモンの切り落としにネギとジャガイモを加えて味噌煮にしたもの。

作ったのは初めて。

サーモンの切り落としを買ったので、どう料理しようかと迷ったが、味噌で煮る事にした。
臭みをどう取るかが難問で、ネットで調べて、塩を振ったり、熱湯を通したり。
ネギと一緒に煮たり、ついでにジャガイモを入れたり。それでも臭みが残るので生姜を入れたり。

一応、まあまあ食べられるレベルには成った(っていうか、ちょっと美味しいと思った)が、まだまだ改良の余地は有る。
鮭は切り落としじゃない方がやっぱり美味しそうだ。

.
X2
タイ風麻婆茄子

こんな料理が有るかどうかは知らない。

実は、以前、麻婆茄子を作ろうと思って、葱でも入れようかと思ったのだけど、葱が無くて、適当に冷蔵庫にある野菜を入れた。

それが、ガパオ、だとは知らなかった。

これが、意外にも美味しかった。味覚が少しタイ人に成ったのかも知れない。更に意外にも奥さんや娘にも受けた。

なので、今回は、間違ってではなく意図的にガパオを入れた麻婆茄子を作った。

料理の進化の一部は、「間違ってやったら美味しかった」、というのも有るかも知れない。

タイ料理でガパオライスというのが有るのが、今回の料理は、ガパオ麻婆茄子⇒タイ風麻婆茄子という事にした。

(奥さんが作ったので、ちょっと脂がきつかったのが惜しかった)

(今、ネットで調べたら、「ガパオ風マーボー茄子」っていうのが既に有った)
(新発見じゃなかったらしい・・・残念!)

.
X3
麻婆茄子の素

以前にもこのブログに載せたYAMAMORIの麻婆茄子。普通にTOPS(センタンなどによくあるタイのスーパーマーケット)で売っている。

.
X4
花鰹きゅうり

日本語の料理名が有るのだろうけど、調べるのが面倒なので適当に命名。

(日本品種)のキュウリに花鰹と醤油を掛けただけ。

サッパリしていて日本人好みの味。脂が使って無いのがいい。

以上、本日の夕食でした。

尚、タイ風麻婆茄子は奥さんの作成、キュウリは切る所まで奥さん。石狩鍋もどきは自分の作成。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年1月23日 (水)

奥さんの作った夕食

2019/01/22(奥さんの作った夕食)

うたた寝をしていたら、奥さんに夕食だと起こされた。

見てビックリ、一応それらしく出来ている。こういう事は珍しい。

.

Z1
本日の夕食

色々有る様だけど、よく考えて見たら、料理したのは目玉焼きとシメジ炒めだけだが、一応夕食の食卓らしく成っている。しかも、変なタイ料理が無い。

目玉焼きは暖かいご飯の上に移して醤油をちょこっと掛けて少しかき混ぜて食べると美味しい。

シメジ炒めはちょっと脂っこいが、奥さんの味覚としてはしょうがない。

お茶(日本茶)とリンゴが多少、脂っこさを緩和してくれる。

上の方の茶色は、イワシのケチャップ味(缶詰)。これは日本に有ったかな~?。
油断をすると、ピックキーヌー(メチャクチャ辛い唐辛子)の切れ端が入っているので危ないが、それさえ注意すれば食べられる。

実は、一番良かったのは、(日本品種)のキュウリで、奥さんからは、ただ切っただけの状態で出されたが、これに花かつおと醤油をかけたら日本の味に成って実に美味しかった。

奥さんの出すおかず(買って来た物、料理した物を含めて)全体的に脂っこい事が多いので、キュウリとか豆腐とか、野沢菜といった日本の物が有るとサッパリした感じで全体のバランスが良くなる。

きょうは、奥さんとしては上出来だった(元々、期待値が低いです)。
.
Z2
玉子かけご飯に近い感じ

基本的に奥さんの(タイ人一般も同様?)作る目玉焼きは、最初の写真の左上(奥さん用の目玉焼き)の様に、良く「揚げて」あって、液状部分が殆ど無い目玉焼き。

自分や娘は液状部分が多い、半生、の目玉焼きが好きなので、2種類の目玉焼きを作ったらしい。

この、玉子のトロッとした所をご飯に混ぜて食べる食べ方は、自分は結構好きで、日本でもたまにやる。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼