カテゴリー「料理・食べ物」の314件の記事

2021年6月22日 (火)

お茶漬け

2021/06/22(お茶漬け)

娘の新学期は始まったが、学校での授業は半分交代で1日置き。
登校しない日はネットで授業が有るが、拘束はそれ程厳しくないらしい。

テレワークで働いている方はどうなのだろう・・・?。
結構、休み気分で「のんびり」していたりして・・・日本の会社員はそんな事ないか・・・。

月水金の週と火木の週が有る。その他にも臨時の休校日なども有って、学校には週に2回ぐらいしか行かない。
今日も学校に行く必要の無い日で娘はまだ寝ている。奥さんも寝ている。

自分は少し早く起きて、株式市場の値動きなどを眺めていた。
昨日の急落のかなりの部分を取り返していた。
今は、タイに居る間は日本株の取引はしないと決めているので、暴落してもいいけど帰国後まで待って欲しい、と思っている。
(帰国したら利の乗っている株を一部売る積り)
しかし、思い通りにならないのが株だし。

まあ、今日は、今のところ昨日の急落の分をかなり戻しているので、株価ボードを眺めていて、いい感じだった。


「勝ったり負けたり」が面白いゲームのもう一つの方は最近はかなり好調で、「勝ったり勝ったり」に成っているが、コロナで世間一般が自粛中なので、ブログには書き難い。


そんな分けで(←どんな分けだ)、自分以外はまだ誰も起きて来ない、お腹も空いて来たので「一人御飯」をする事にした。


Y1_20210622135301
本日のお茶漬け

自分の好物の一つで、日本でもタイでも良く食べる。

例えば、「お酒を飲んだ翌朝は」、お茶漬け。
昨日はとあるゲームで勝って、気分良くお酒が飲めた。


Y2_20210622135401
お茶漬けの3大具材

お茶漬けの具材としては、鮭フレークが一番。
次に、高菜漬けの様な漬物。

この2つの組み合わせは最強だと思う。
これに海苔が加われば、なおいっそう良い。

という事で、お茶漬けの3大具材は、鮭、漬物、海苔、に決定。

実は、他にもいい物があるかもしれないが、今は考えるのが面倒臭い。


Y3_20210622140001
本日の朝食

最初、本日の朝食はお茶漬けだけにしようと思ったのだけど、それではちょっと寂しいのでアメリカンブレックファスト風のおかずを追加。

これを書いていたら、珍しくコーヒーが飲みたくなった。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年6月21日 (月)

食卓の国境線(カルビ焼肉)

2021/06/20(食卓の国境線)(カルビ焼肉)

最近は自分と娘の日本食連合軍が合同演習(注)の成果で強力に成って来た。
(注)(自分が料理を教えて娘に作らせたり、一緒に作ったり)
その為、奥さんのタイ料理軍は孤立を深めている。

タイ軍は戦いの場に現れない事も多いが、今回は日本軍がタイ軍を招待する形で共通のテーブルを囲んだ。
タイ軍の孤立を避けるため、欧米軍にも一部参加して貰った(オムレツ)。


Z1_20210621012701
本日の昼食

 自分の領域(日本軍本体)
 娘の領域(日本軍支援部隊)
 奥さんの領域(タイ軍)

日本軍のメイン部隊はカルビ焼肉。
奥さんは宗教的理由で牛肉は食べないので、ここが私と娘の連合軍と奥さんの単独軍との決定的な違い。

今回は日本軍の合同演習にタイ軍が参加した形なので他はほぼ同じだが、日本軍の主食が日本米のご飯なのに対して、タイ軍の主食は赤いご飯(注)。
(注)(タイ人がたまに食べる「カオサンヨット」という赤みの掛かったご飯。自分はこのご飯も結構好き)


Z6_20210621014701
左上、カルビ焼肉。左下、オムレツ。右上、豆苗のサラダ。右下、辛子高菜。

カルビ焼肉はエバラ焼肉のタレを付けて。
ちょっと固かったけど、肉の味、自体は良かった。

オムレツはケチャップを付けて。これだけ欧米料理(?)。
玉子焼きは日本にもタイにも有るが、醤油を掛ければ日本料理、何かの草を混ぜたり脂でギトギトに揚げるみたいに作ればタイ料理、ケチャップをつければ欧米料理(?)。

豆苗のサラダは和風玉葱ドレッシングを掛けて。
ゴマドレッシングを掛ける事が多いが、いつも同じでは詰まらないので、今日は玉葱ドレッシング。

辛子高菜。日本料理だけど、何故か奥さんも気に入っている。辛いからか、タイにも似た様な漬物が有るからか(?)。

この他に、海苔と鮭フレーク。

海苔は韓国製。自分と娘は良く食べるが、タイ人の奥さんも少しは食べる。
海苔はタイでも色々なお店で普通に売っているので、タイ人も食べる人が多いのか(?)。

鮭フレークは、自分も奥さんも娘も良く食べる。
今日は(カルビ焼肉が無くて)おかずの少ない奥さんが主に食べていた。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年6月13日 (日)

角煮

2021/06/12(角煮)

8番ラーメンの角煮ラーメンを最近よく食べる(と言ってもまだ4回ぐらい)。
昔から豚の角煮は好きなのだけど、作った事は殆ど無かった。

今日は、娘が休み中なので一緒に角煮を作ってみようと思った。
(学校はコロナの影響で新学期の開始が遅れて6月15日からに成ったらしい)
(半分のクラスは6月14日から)
で、TOPSで角煮用に豚肉を700gぐらい買って来た。

後は、ネットでレシピを見て作るだけ。
醤油、酒、砂糖、生姜、は既に家に有る。


B1_20210613140101
下ゆで中

レシピによると、角煮は脂を落とすための下ゆでに3時間もかかる。
(30分茹でて30分冷ます、を3回繰り返す)
かなり面倒くさいが、まあ、レシピ通りに作る事にした。

あとレシピには「米のとぎ汁で下ゆでする」と書いて有るが、何かタイの米を洗った水って汚そうなので普通の水(料理には洗い物以外に水道水は使わない)で茹でた。


B2_20210613140801
娘はホウレンソウとベーコンの炒め物を作成中

角煮は時間は掛かるが、切ったりする物は余り無いので料理中は時間が空く。
今、お腹が空いている娘は4時間も待てないので、取り敢えず「今」食べる物を作っている。
(脂落としの茹でに3時間+その他1時間)

それから、約3時間後。


B3_20210613142901
完成した角煮

まあ、一応、美味しかった。
娘は「脂が美味しい」と言っていた。
味覚は何故か自分に近い。逆に言うと、奥さんとは全く違う。

この先、いつも日本食っぽい物が食べられる分けじゃないし、余りにも日本食に馴染むと、タイでの生活には不利かもしれない。
今は自分の方が(奥さんに付き合って)タイ料理を食べる事が多いが、娘は不味そうなタイ料理には殆ど手を付けない。

で、今日の料理の自己評価。
レシピ通りに作ったハズなのだけど、何故か味が薄かった。
次は、今日のレシピをベースに後は「勘」で味を調整して作ればもっと美味しくなると思う。
もしかしたら、豚肉自体の旨味が足りない様な気もする。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年5月30日 (日)

桃かピーチか

2021/05/29(桃かピーチか)

TPOSで何か果物を買おうと捜していたら、「PEACH」が有った。


H1_20210530154401
PEACH

オッ、桃か、チェンライで桃は珍しい。
ROYAL PROJECT という事は王様の農園で作ったものか?。
4個入りでちょっと小さめだけど買って見よう。


H2_20210530160201
桃?

家に帰って奥さんに・・・桃を剥いてよ。

奥さん・・・桃は無い。

桃のケースを見せて・・・これ、桃、これが食べたい。

奥さん・・・これは桃じゃない、ピーチ(奥さんの発音はピーと聞こえる)。

私・・・(桃もピーチも同じだろ~、と思う)


H3_20210530160801
ピーチ

食べてみた。

自分のイメージしていた桃の味とは違うが、桃の仲間であろう事は分かった。
しかし、酸っぱくて固くて、期待していた桃では無かった。
固いのはまあいいが、酸っぱ過ぎて甘くない。

しょうがないので練乳を掛けて食べたら、まあまあ食べられた。

チェンライでは、桃とピーチは違うものである事が分かった。
奥さんは「桃」は日本で食べて知っているので、奥さんの言う「(ピーチは)桃じゃない」、というのはある意味正しい。

バンコクには「正しい(?)桃」は売っているかもしれないが、チェンライには多分無い。
(以前TPOSに桃が有った気がするが、ハッキリ覚えていない)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年5月16日 (日)

ちょっと違う

2021/05/14(ちょっと違う)

娘が「天丼が食べたい」、と言うので、作(チェンライの和食のお店)に連れて来た。


Q1_20210516220501
エビ天と天丼

娘は「天丼」、を注文。

何か食べたい物が有る時、最近は材料を買って来て家で作る(娘に作らせる)事が多いが、天ぷらやフライの様な揚げ物は家で作るのは面倒なので食べに来た。

自分もエビ天が食べたいと思ったので、エビ天と天ぷらうどんを注文。


Q2_20210516221301
本日の昼食

ここまでは、エビばっかし。

しかし、一緒に着いて来た奥さんは、散々迷った挙句にすき焼きを注文した。

一般的にタイ人はエビが好きな人が多いし、奥さんもエビは好きなハズだが、天ぷらとかフライは何故か好まない。
以前、日本で天ぷら屋に連れて行った時も、鶏の天ぷらを注文していた。

なにも天ぷら屋まで来て鶏の天ぷらを食べなくてもいいのに。
鶏が食べたいならKFCに行けばいい。

奥さんはエビを食べる時は殆どクンパオ(焼いたエビ)。


また、「すき焼き」、と言っても、牛じゃなくて豚のすき焼き。
実は、「作」のすき焼きは、牛か豚が選択できる。
奥さんは、いつも「豚」のすき焼き。
牛が食べられないなら、無理して豚のすき焼きなど食べる必要が無いのに。

タイ人には家の奥さんの様に、牛を食べない人が多いのかもしれない。
(宗教的理由で、「豚」を食べないとか「牛」を食べないとか、ビーガンとか、そういう人達・・・面倒くさい)


Q3
豚のすき焼きの具材

野菜は肉の下に隠れている。


Q4
すき焼き?

奥さんのすき焼きの作り方は、いきなり水をドバドバと入れる。

娘曰く「すき焼きじゃないね」。

これを見て閃いた。
「タイスキというのは元は日本のすき焼きから来たものだ」という話を聞いた事があるが、これは正にタイスキ。
タイスキというのは日本のすき焼きが徐々に変化してタイスキに成ったのかも知れないと思っていたが、もしかして、タイではいきなりタイスキに成ったのかもしれない。


結局奥さんは、具材の半分も使わなかった。
基本的に、田舎のタイ人は日本食を理解出来ないのだと思う。


Q5
本日のビール

余った具材は持って帰って、夜、煮込んでビールの友とした。



ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年5月 6日 (木)

ペペロンチーノ

2021/05/05(ペペロンチーノ)


S1_20210506031101
ペペロンチーノの作り方のユーチューブ

先日、何となくユーチューブを見ていたらこれ↑にぶち当たった。

・・・なんか美味しそう・・・食べてみたい・・・

かといって作るのも面倒だな~と思っていたが、娘とBIG-Cに買い物に行った時に、一応材料だけは買って置いた。

で、今朝、娘が「何か作るか?」、と言って来たので、ペペロンチーノを作る(作らせる)事にした。
一応、料理を教える、という事にしてあるが、「パパが作るのが面倒くさいだけだろ」、ってバレてる。

しかし、自分もペペロンチーノなんて(多分)食べた事も無いし、当然作り方は分からない。
なので、パソコンを開いて、作り方を見せてから作り始めた。


S2_20210506032201
昨日 BIG-C で買った材料

スパゲッティ、ニンニク、鷹の爪、オリーブオイル。

作る前に、奥さんに、一応、食べるか聞いたら、少し食べる様なので 2.5 人前作る事にした。


S3_20210506032601
ニンニク切断作業中

「ニンニクを細かく切るにはどうすればいいのか」、聞かれたが、そんな事わからない。
「いっぱい切ればいいのだよ」
(包丁で潰せば良かったのか?)


S4_20210506032901
ニンニク炒め中

ユーチューブの絵を真似て炒めている。


S5_20210506033001
スパゲッティを茹でる作業開始

IH ヒーターだから、鍋からはみ出したパスタが焦げる心配はないのでやり易い。


S6_20210506033601
ペペロンチーノほぼ完成

鍋で茹でたパスタを、フライパンに移して茹で汁と共に更に茹でる。
水気が少なく成ったらほぼ出来上がり。

鍋を振って、パスタを舞い上がらせるなんて芸当は出来ない。


S7_20210506033901
完成したペペロンチーノ

途中でニンニクと一緒に炒めた唐辛子(ぺペロン)を飾りで乗っけて出来上がり。

まあ、不味くは無かったけど、具の無いスパゲッティってちょっと物足りない。
和食なら、美味いか不味いかの判定が(ある程度は)出来るのだけど、ペペロンチーノって、過去に食べた記憶が無いので、良く分らなかった。
ちゃんと作れば、もっと美味しい物なのかもしれない。

せめて、粉チーズでも掛ければ、と思ったがあいにく粉チーズは家に無かった。


ちょっと、物足りなかったので、後から、もう1つ作った。


S8_20210506035401
アサリのスパゲッティ

殻付きのアサリは無かったが、アサリの剥き身が有ったので、一応、スパゲッティ・ボンゴレの積り。
さっきは使わなかった調味料として、醤油と胡椒、それに鮑ソースを入れて作成。

自分は、アサリは大好物なので、これはちょっと良かった。
娘も、一応、「美味しい」、と言っていた。

いつも、日本風の料理ではつまらないと思って、今回はイタリアンに挑戦したが、完成形の味の評価が出来ない料理は作るのが難しい。


余談。

昨日(4日)の夜食はピザだったので、「2食続けてイタリアンだったね」、と、娘に話したら、「イタリアンって何」って聞かれた。
「フランスと違うの」、とも聞かれた。
イタリアとフランスは別の国だと教えたが、それは分かっていたらしい。
なので、「ピザやスパゲッティはイタリア」、「フランスはパン」、と教えたが、これが正しいのかは分らない。

もし、「ドイツは?」と聞かれたら、「ドイツはジャガイモとソーセージ」と答えたと思う。
「イギリスは?」と聞かれたら、「無い」と答えるか「フィッシュ&チップス」と答えるか「サンドイッチ」と答えるか迷う。
「スペインは?」と聞かれたら、「パエリア」かな?。
「ロシアは?」と聞かれたら、「ボルシチ」か?。
「アメリカは?」と聞かれたら、「ハンバーガー」かな~・・・?。


ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年4月26日 (月)

本日の手抜き料理

2021/04/26(本日の手抜き料理)

最近、娘に指示して作らせて、食べる、という楽をしていたが、今は、娘も奥さんも居ないので自分1人で何とかするしかない。


X2_20210426161201
アスパラガスとベーコンの炒め物

しょうがないので、昨日、娘に指示して作らせたものと同じものを作る事にした。
アスパラを洗って、ベーコンとアスパラを切って炒めるだけだから簡単。

味を調える為に、塩と胡椒とニンニク(チューブ入りのおろしニンニク)を入れてフライパンの上でかき混ぜれば出来上がり。
自分が自分用に作るのだから、塩加減とか味付けも問題ない。

アスパラはベーコン巻きとか有りそうだけど、そんな面倒な事はしない。
一緒にフライパンにぶち込んでジャ~っとやるだけ。
油も使わない。ベーコンの油で十分。

美味しく出来ました。


X1_20210426161101
本日の昼食

アスパラガスとベーコンの炒め物だけでは寂しいので、スモークサーモンと納豆を追加。

全体的に「量」は少なめ。腹八分目ではなくて腹七分目ぐらい。
食べ終わった後、まだ食べ足りないと思うぐらいが、今の自分の健康にはいい気がする。

食材の種類としては、肉(豚肉)と魚(鮭)、アスパラガス、ネギ、大豆(納豆)、マヨネーズ、米(日本品種)、などがバランス良く有ると思う。
それぞれの味の相性もいい。

・・・自画自賛・・・

チェンライでも、作ろうと思えば、結構、日本と変わらない味の物が作れる。
因みに、マヨネーズだけは日本から買って来た物。

隔離期間中に使おうと思って日本から買って来たが、隔離期間中に使わなかったので、今、使っているキューピーマヨネーズ。
チェンライでもキューピーマヨネーズは売っているが、味が違う物が多い。
(チェンライで売っているキューピーマヨネーズは日本と同じものも有るが、違う物の方が多い)
(長くチェンライで暮らして居る人の中には、この味の違いが分からなくなった方も居る)

納豆はタイ製のもので、最初はタイ製は不味いと思ったが、慣れて来てタイ製でも、そこそこ美味しいと思える様に成った。
(もしかしたら、最初の頃食べた納豆より、納豆自体が美味しくなったのかもしれない。良く分らない。)

アスパラガスは割とタイでも良く売っている野菜で、奥さんが買って来る事も多い。
タイでは(家では)、ノーマーイファラン(直訳すると「西洋人の筍」)と言い、自分も日頃そう言っているので、このブログを書くとき一瞬その名前が出て来なかった。
(マムアンとかサパロットとかリンチーとかンゴとか、一瞬、日本語が出て来ない食べ物もたまに有る)
(マンゴー、パイナップル、ライチ、ランブータン)


X3_20210426172901
食後のお茶

ンでもって、食後は日本茶。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年4月15日 (木)

サバの煮つけ

2021/04/15(サバの煮つけ)

今日の朝食はサバの煮つけ。

その前に、昨日の夕食。


C1_20210415152301
昨日の夕食(鍋焼きうどん&ライス)

昨日は、ちょっとしたイベントで、知り合い達と出掛けた。
チェンライの人達と何かイベントをする時って、結構、朝が早い事が多い。
昨日も朝8時集合だったので、7時に起きて、7時50分頃、車で出掛けた。

朝7時に目が覚める事は有るが、7時に起きるのは結構辛い。
チェンライの知り合いの人達って何故か朝起きるのが早いらしい。

集合時間の8時に少し遅れて、集合場所の某日本食店に到着。

ちょっとしたイベントを行った後、某日本食店に戻って来たのが夜の7時頃。
朝7時から夜7時まで活動していたので結構疲れた。
昼食は摂ったけれども、お腹はかなり空いていた。

お店はソンクラーン休暇でお休みだったが、頼み込んで鍋焼きうどんを作って貰った。
それだけでは足りないと思ったので、ライスも追加。
ラーメンライスではなく、鍋焼きうどんライス。

たまにはこういうのもいい。
デンプン系をタップリ摂る食事って、満腹感がある。
疲れた体が生き返ったような感じがした。


で、ここからが本題、今日の朝食。

朝7時半頃、いつもはまだ寝ている娘が、珍しく早く起きて来て、朝ご飯を食べたがった。
(因みに、奥さんはまだ寝ている)

3日前にマクロで買った、鰻とサバと牛肉が冷凍してある。
娘にその中から1つを選ばせた。

娘の選択はサバだったので、「サバの煮つけ」を作る事に。


C2_20210415160501
マクロで買ったサバ

多分、ゴマサバだと思う。

これを、水、酒、みりん、砂糖、醤油、生姜、で煮て「サバの煮つけ」を作った。


C3_20210415161301
サバの煮つけ(1人分)

おかずがこれだけでは寂しいので、サラダも作った。


C4_20210415161401
レタスと人参のサラダ

ドレッシングはゴマドレッシング。


C5_20210415161501
本日の朝食

サバの煮つけは娘に作らせる積りだったが、娘がしたのはサバを切ったぐらいで、あとは殆ど自分が作ってしまった。
まあ、作り方は教えたし、サバはまだ2個あるので、次は娘に作らせる。

しかし、やっぱり、和食って最高!。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年3月31日 (水)

人参切っても指切るな

2021/03/30(人参切っても指切るな)

センタンのTOPSに娘と買い物に行った。
「何か欲しい物が有れば買ってあげるよ」、と言ったら「肉じゃがが食べたい」、と娘。

ジャガイモ、玉ねぎ、人参は3日前にクリームシチューを作った時の材料がまだ残っているので、肉さえ買えば材料は揃う。

始め牛肉で作ろうと思ったが、豚肉が安売りしてたので、今日は豚肉の肉じゃがを作る事にした。


Img_2721
肉じゃがのレシピを確認

娘と肉じゃがを作るのはこれで3回目だが、一応、ネットで作り方を確認。

ジャガイモが1個しかなくて、レシピ通りには作れないが、大きめのジャガイモだし、足りない分は人参と玉ねぎを多めにすればいいだろう。
娘に、各野菜を一口大に切るように指示。


L2_20210330233801
玉ねぎ準備中

指を切らないかちょっと心配だが、それぐらい出来なければ(娘は、もうすぐ高校2年生)。


L3_20210330234001
人参準備中

皮むきはピーラーで。
人参の皮むきは自分もピーラーを使うが、娘は殆どの皮むきにピーラーを使う。

まあ、ピーラーの方が安全。

実は、自分は、ピーラーを使ったのはチェンライで料理教室で使ったのが、多分、初めて。
以前は、人参の皮むきも包丁でしていた。
(もしかしたら、何処かで使ったかもしれないが、記憶にない)


L4_20210330234801
材料の準備完了

後は煮るだけ。


L5_20210330234901
肉じゃが作成中

レシピに従って、最初、豚肉を少し炒めて、野菜を入れて少し炒めて、煮汁を入れて煮る。
煮汁は、水、醤油、砂糖、料理酒、みりん、あごだし、で作った。
量は一応レシピを目安に、大体の勘で。

尚、普通、具材として白滝を入れるが、娘はコンニャク系が嫌いなので白滝は入れない。
自分としては、白滝は有った方がいいと思うが、無くてもそれ程違和感は無い。

途中までの作業は娘にやらせたが、調味料の調合と味見は自分がやった。

途中で、ちょっと豚の臭みが気に成ったので、急遽、生姜を追加。


L6_20210331000201
本日の夕食

肉じゃがは良く出来た。
途中でちょっと気に成った豚肉の臭みも出来上がりでは問題なかった。

肉じゃがだけでは寂しいので、特製の「じゃこサラダ」を追加。
この「じゃこサラダ」、つい最近自分のメニューに加わったもので、以前からきゅうりにカツオ節を掛けて食べる事は有ったが、先日TOPSで「じゃこ」を見付けて、作ってみたら簡単で美味しいし、栄養的にも良さそうなので良く作る様に成った。ちょっとだけ「ゆずポン酢」を掛ける。


因みに、この時、奥さんは、「お腹が空いてない」、と言っていたので、ジャガイモと人参と玉葱と豚肉をちょっとずつ皿に取って、「チム(味見)」として食べさせた。
牛肉の肉じゃがは食べられないが、豚肉なら奥さんも食べられる。
(後で、1皿食べていた)

でも、和食系は基本的に馴染まないらしい。

・・・娘がこっちの側に入ってくれて良かった・・・

娘は、どちらかというと、こっち側。
バターとかチーズとかお肉が好きなので、洋食系も大分入っているが、基本的に和食系らしい。

奥さんの「食べる」(「作る」ではない)タイ料理がテーブルに並べてあっても余り手を出さない。
むしろ、自分の方がナムプリックとか、ケーンなんちゃら、とかを食べる事が多い。


今日は、娘と、ちゃんとした(?)和食が食べられて良かった。
国籍不明料理や、タイ料理を妥協して食べるのと違って、ホントに旨かった、という満足感が有った。


備考

今日の料理、ほぼ和食ですが、材料はタイで揃えた物です。
(日本品種の)きゅうりはセンタンの王様のお店で買った物。カツオ節、じゃこ、豚肉、玉葱、人参、ジャガイモ、はTOPSで買った物。
日本米は日本食材のお店、神戸屋STATIONで買った物。
醤油(キッコーマン)、みりん、など調味料もTOPSで買った物。

今日の夕食の材料で日本で買ったものは、緑茶(伊藤園)とあごだし、の2つのみ。
尚、じゃこはタイ製だけど、味は日本と同じ。元々タイ人が食べていた物なのか?。

チェンライに越して来た頃は、和食らしきものは余り食べられなかったが、最近は、材料も揃うように成ったし、娘も戦力化して来たので、ちゃんとした(と思う)和食を食べる機会が増えた。

市内に移って来て、TOPSやBIG-C、日本食材店等に行き易くなったのも大きいし、TOPSなどでも日本食に使える食材が増えたとか、食材の品質が向上して来た、というのもあると思う。

さて、次は、クリームシチューの2回目か、麻婆豆腐か、魚料理か。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年3月 8日 (月)

またまた和食店

2021/03/07(またまた和食店)

夕方、センタンに買い物に出かけた。

空が黄色い。


X1_20210308105301
黄色い太陽(右側の建物がセンタン)

煙害(PM2.5など)の影響で光が遮られて太陽が霞んで見える。

この時期チェンライは大都会のバンコクより煙害が酷い日が多い。
これと比べれば、東京の空気なんて綺麗なもの。


X2_20210308105401
センタンの前の歩道橋より国道1号線を見る

目で見た感じと写真とは少し違うが、大体こんな感じで空が黄色く見える。


歩道橋を渡れば、そこはセンタン(セントラルプラザ)。


X3_20210308111201
センタン内に数ヶ月前に出来た和食のお店

買い物をする前に、お腹が空いていたので先に腹ごしらえ。
奥さんが、「新しいお店が出来た」「まだ入った事が無いので入ってみよう」みたいな事を言うので来てみた。


X4_20210308111701
センタンGフロアーの和食店の店内

自分が一旦日本に帰国した去年の8月には、このお店はまだ無かった。

メインは寿司屋らしい。

店名は多分「まいし」。
イマイチ意味が分からないが、どういう意味なのか?。


X5_20210308113401
注文の品が出て来て早速写真を撮る奥さん

どうも奥さんが和食店に入りたがる時は写真を撮る事が、主たる目的、らしい。
特に和食が好き、という分けでは無いと思う。


X6_20210308113801
自分は鰻丼を注文

自分がひとくち鰻を食べた後、奥さんが聞いて来た。

奥さん・・・「美味しぃ?(日本語)」
私・・・「ワーンパイ(甘過ぎる)」
奥さん・・・「タイ語、ダ~メ」

鰻のタレが甘すぎるので、それをタイ語で言ったら、奥さんは、お店の人に聞かれるのを心配したらしい。
日本で穴子寿司を注文するときは「甘ダレ付けて」、と言って注文するが、鰻と穴子は違うし、この鰻のタレは甘すぎて鰻の味が飛ぶ程だった。


X8_20210308115201
奥さんはサーモン丼

「作」のサーモン丼は刺身だが、ここは焼いた鮭が乗っていた。

尚、うな丼もサーモン丼も、セットで注文すると、カニカマのサラダとキムチとみそ汁が付いて来た。

因みに、サーモンセットが199バーツ、鰻丼セットが149バーツ。他にお茶30バーツとお茶もどき甘味飲料30バーツを注文して408バーツ。それにサービスチャージ(注)が10%付いて合計449バーツ。
(注)(サービスチャージていうのはインチキ臭くて嫌いだ)
不味いお茶が有料だったり、サービスチャージが付いて支払額がかさ上げされたり、これなら「作」の方が美味しい分だけずっと得だと思う。

4人テーブルが5個有って、最大収容人数は20人。
日曜日という事もあったと思うが、客は結構入っていた。

味は、普通のタイの和食店レベルだと思う。
(要するに、日本人から見るとイマイチな味)

まあ、折角できた和食店だから頑張って欲しい。

店内の上の方に大きく、「まいしまいしまいしまいし」と書かれているが、これが1文字ずれて「しまいしまいしまい」と、ならなければいいが。


追記。

今、読み返していて気が付いた・・・何か変・・・?。
最初の写真の「海苔なし巻き寿司」のチャージが無い。
伝票をよく見たら、「Bento set B+」、と書いて有るので、この「B+」が海苔なし巻き寿司の事かもしれない。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼