カテゴリー「料理・食べ物」の250件の記事

2019年7月17日 (水)

健康に良さそうな食事

2019/07/17(健康に良さそうな食事)

兎に角、体重を減らす事。併せて、動脈硬化や糖尿病の進行を止める事。

動脈硬化や糖尿病、高血圧は進行を止める(遅くする)事は出来ても、なかなか「治す」のは難しいらしいが、取り敢えず出来る範囲でやってみる事にした。

で、先ずは食事の改善を試みた。


P12
7月15日、朝食

リンゴ酢、キャベツ、ローストビーフ、モズクとシラス、枝豆、アーモンド。

酢は血糖値の上昇を抑える効果が有るらしい。キャベツに掛けて食べたが、酸っぱくて美味くない。
ご飯は、写真に写っている量の半分しか食べなかった。

減量と並行して、「筋トレ」もやっている。それにはタンパク質の摂取も必要という話なので、少しは牛肉や豚肉、玉子や乳製品も摂っている。

タイに居る時はコンドーのフィットネスジムで筋トレとルームランナー(有酸素運動)(20分×2回)を週に2~3回やっているが、日本では手近な所にジムが無いので、筋トレは、スクワットと腰を余り曲げない腹筋と腕立て伏せ(大体30回×3)を2日置きにやる事にした。
有酸素運動は、毎日散歩を30分~1時間ぐらい。

(全部、素人考えでやっているだけですから、人に勧めるものではないです)


P13
7月15日、夕食

オクラ、鰹節、納豆、しらす、イワシ、アーモンド、黒豆、緑茶。

しらすとイワシで、親子魚(?)。兎に角、青魚は健康にいいらしい。
納豆とかオクラとかネバネバ系もいいらしい。


P14
7月16日、朝食

豆とヒジキの煮物、オクラ、ナッツ、キャベツ、ローストビーフ、鮭。
尚、ご飯は写真の半分しか食べない。

兎に角、野菜は沢山摂った方がいいらしい。ヒジキは鉄分・ミネラルが有っていいらしい。


取り敢えず、こんな感じでここ数日やってみたが、続けなければ意味が無い。
少なくとも、今回日本に居る間は出来るけれども、タイに行ったら上の様な食材を揃える事は難しい。
1人暮らしなら、自分のいいように出来るが、妻子が居るとそうも行かない。

まあ、あと10日余り、日本で思う様にやって見て、タイへ行ったらまた考える。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





2019年7月16日 (火)

体重を減らさねば

2019/07/16(体重を減らさねば)

帰国して直ぐ、7月1日に健康診断をした。大体の結果は、当日中に分かったが、詳しい健診結果を先日送って来た。
かなり悪い結果だった(らしい)。
(健康診断の結果の見方がイマイチ分からない)

動脈硬化が進んでいるらしい。糖代謝も悪いし、今回は下がったが元々血圧も高い。中性脂肪値も高め。身体計測ではメタボリックシンドロームと成っている。

ここ1年間、運動は結構した積りだったので、もっと改善される事を期待していたのだが、かえって悪く成った所も有る。

要は、運動量に対して食べ過ぎて居る。それが、長年に渡って蓄積されてどうにもならない状態になって来た、という事だと思う。

さあ困った、あと最低10年ぐらいは、ちゃんと動ける状態を維持したい。


思い返せば、父も50代で糖尿病を患って、食事や食べ物には異常な程(?)神経を使っていた。
それまでは、がっしりした体型だったが、数ヶ月でほっそりした体型に成った。
自分もそういう事が必要と成る時期がいよいよ来たのか?。

多分、父は意志が強かったのだと思う。
もしかしたら、病気のせいで痩せたのかも知れないが、多分、食欲に自制心が勝っていたのだと思う。

自分もずっと以前から、糖代謝障害の疑い有りとか、生活習慣の改善を健康診断の度に指摘されていたが、ズルズルと今日まで来てしまった。
自分にはどうやら父程の意志の力は無い様である。
食事も注意したし、運動もして来た積りだったが、体重を見れば70kg前後の状態から、ここ数年変わってない。

2年程前は73kgの時も有ったので、それから比べればまだましだが、体重が減っているとは言えない。増えるのを何とか止めている状態。

10年程前に、64kgまで減量した方がいいです、と言われた事が有ったので、取り敢えず、そこまでは減量してみようと思う。
ただし、目標を立てるのは簡単だが、実績を出すのは難しい。
しかし、そうも言っていられない状態(らしい)ので、それで、数値がどうなるか、そこで、また考えて見る事にする。

基本は、有酸素運動とカロリー制限なのだろうけど、その他にも、血をサラサラにする食材とかも有るらしいので、その辺も考慮して食事のメニューを考えて見ようと思う。

また、カロリー制限と言っても朝食はしっかり取った方がいい、とか色々条件が面倒くさい。

減量とは別に(?)、健康を維持する為には筋力も必要らしいので、筋トレも1年余り続けているが、筋力を付ける為にはタンパク質の摂取も必要らしいので、減量とのバランスが分からない。


P11
7月14日の夕食

緑茶、カボチャとさつまいものサラダ、ナッツ、納豆ともずく、鯖寿司。

青魚は血をサラサラにするのでいいらしい。ナッツ類もビタミンEとかあっていいらしい。大豆、特に納豆も血をサラサラにする効果が有るらしい。海藻も良く分からないがいいらしい、低カロリーだし。カボチャやさつまいももビタミン・ミネラル・繊維が有っていいらしい。

何だか良く分からないが、ネットで調べて良さそうな物を集めて見た。ご飯の量もお寿司3個なので少なめ。

以下、「健康に良さそうな食事」へ続く(予定)。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





2019年7月14日 (日)

夏は鰻だ

2019/07/14(夏は鰻だ)

日本に帰国して約20日、東京は(日本は?)はっきりしない天気が続いている。
殆ど曇り、時たま雨。日が射す事も稀にあるが、直ぐに曇ってしまう。日照時間の少なさは記録的らしい。
まあ、汗がだくだく出る猛暑よりも曇りの方が自分は好きだが、ちょっとは晴れてくれないと洗濯物を干す時が無い。
エアコンを点けなくても丁度いい気温なので、電気代が少なくて済むのはいいが・・・。

まあ、でも、そろそろ夏は来る・・・今週いっぱいはまだ「曇り時々雨」みたいな天気が続きそうだけど・・・。

で、「鰻」。鰻の旬は冬という説も有るが、自分のイメージとしては鰻は夏の物。

吉野家の鰻の広告を見たら食べたく成った。


P1_20190714171101
鰻重とセット牛小鉢味噌汁

吉野家だし、鰻も1枚盛りだし、セットで1080円なので、そんなに、たいそうな物じゃない。
でも、一応、鰻。久し振りに食べた鰻は、ちゃんと鰻の味がした。美味しかった。
昔、チェンライの「○月」で食べた鰻丼よりは美味しかった。

実は、何故か、吉野家の紅生姜も結構好き。牛丼や牛皿には無くてはならない物だと思っている。

鰻、牛皿、お新香、みそ汁、個々の食材はそれ程では無くても、総合的に見てチェンライではこれだけ美味しい物はなかなか無い。


日本滞在、あと2週間余り、さて次は何を食べようか・・・。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年7月12日 (金)

本日の回転寿司

2019/07/11(本日の回転寿司)

散歩を兼ねてくら寿司へやって来た。
家からは20分ぐらいかかる。


R1_20190711143201
青梅街道沿い、くら寿司

折角日本に居るのだから寿司ぐらい食べたい。


R2
イカ


E3_20190711143501
アサリのみそ汁


R4
鯖とイベリコ豚


R5
マグロ、はも天、しまあじ


R6
つぶ貝

7皿(13個)食べてお腹は、一応、いっぱいに成った。
寿司は好きな食べ物なので、それぞれ、一応、美味しかった。
特に、鯖、はも天、しまあじ、は美味しかった。

でも、店を出た後に、美味しかった~、という余韻が残らなかった。
本当に美味しいと思った時は食べ終わった後にもっと満足感が残るのだけど、それが無かった。

回転寿司でも美味しいお店はあるが、全体的にイマイチのお店も多い。

マグロ何て1個200円もした割には・・・。

日本に居る間にもう一度他のお店に行かなければ・・・。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





2019年7月 9日 (火)

本日の一品(桃)

2019/07/08(本日の一品)(桃)

折角日本に居るのだから、日本でなければ食べられない物を食べようと思う。
で、多分、毎年、1年に1回ぐらい七夕の頃、桃を食べている気がする。
(バンコクなら有るかも知れないがチェンライでは「桃」は余り見掛けない)


T11_20190708235701
本日の一品、桃

見た目は美味しそう。桃の甘酸っぱい香りがしている。

暫く食べてないので忘れていたが、そうだ、桃ってこんな香だったのだ。

剥いて見た。


T12_20190709000201


やっぱり、甘い香りがする。

ところで、桃って普通どういう剥き方をするんだっけ・・・?。

まあ、こんな剥き方でも、ほのかな酸味と上品な甘味が調和して美味しい桃だった。




ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年6月30日 (日)

毎日ジョナサン

2019/06/30(毎日ジョナサン)

記念すべき(?)帰国第1食目、いつもは荻窪駅前の松屋のカルビ焼き肉定食を食べる事が多いのだか、今回は↓。


B21
2019年6月27日、ジョナサンのランチ

ハンバーグとコロッケ。690円。

その翌日(28日)の昼食↓。


B31
2019年6月28日、やっぱりジョナサンのランチ



B32
チキンとアジフライ

ただし、今回はランチ(690円)にきびなごサラダ(431円)を付けて1121円。


B33
きびなごサラダ

29日は外食せず、西友ストアで買った、鶏甘酢餡かけ、トマト、キャベツ、納豆、玉子、などを家で食べる。

翌30日の朝食、再びジョナサン。


B11_20190630141001
2019年6月30日、ジョナサンの朝食

さば塩朝食(723円)にジョナサラダ(270円)を付けて993円。



B12_20190630141201
さば塩朝食

納豆か玉子の選択だったので納豆を選択。

白米、焼き魚、海苔、漬物、みそ汁、納豆・・・これぞ日本の朝めし。
(玉子が有れば完璧だった?)


B13_20190630142001
さば塩

脂が乗っていて美味しい鯖だった。


B41
ジョナサン

ジョナサンに良く行く理由は、コスパや味や種類がまあまあで家から比較的近い、というのも有るがもう一つ↓。


B42
株主優待のカード

優待が使えるのが大きい。

タイは物価が安くて暮らし易いという話も有るが、自分の場合は日本の方が、むしろお金は使わない気がする。
まあ、厳密に比較した分けでは無いが、1人ならそんなにお金は使わない。

奥さんと娘を連れて来ると凄く金が掛かるが・・・。



ポチッ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年6月19日 (水)

男の料理教室(ラメン・ヘーン)

2019/06/18(男の料理教室)(ラメン・ヘーン)

「冷やし中華」なんですが、そのままの題名では面白くないので、「ラメン・ヘーン」。

今日は毎月1回の料理教室の日。

朝、家を出る時、奥さんに、「今日は、ラメン・ヘーン(汁なしラーメン、と言った積り)を作って持って来るから」、と言って出掛けた。

そういう話を、料理教室のメンバーにしたら、「冷やし」だから、「ラメン・イエン」、或いは、「バミー・イエン」ではないかと言われた。
まあ、タイには無い料理なのでタイ語は無い(と思う)のだけど、奥さんはラーメンは日本でもタイでも食べる(タイでは、8番ラーメンやルナ、FUJIでもたまに食べる)ので、ラメン・ヘーンで(大体の)意味は伝わった様だった。


K11_1
マクロで買い出し中

先ずは、マクロで材料の仕入れ。写真は鶏肉売り場。

冷やし中華って、茹でた麺を冷やした上に、鶏肉やハム、玉子焼きやキュウリ、支那竹などを細く切った物を載せてつゆを掛けるだけなので特に難しくは無い。
チャーシューやカニを載せるとちょっと高級(?)に成る。


K21
ハムを切る

これは包丁の切れが勝負。切れの悪い包丁では細く切るのは難しい。


K22
薄焼きの玉子焼き

薄く焼いた玉子焼きも細く切る。

ただし、これは冷やし中華に載せてはいけない・・・錦糸玉子・・・だって。

コラ、Yさん、駄洒落を言ってないで真面目にヤレ~!。


K23
鶏肉を茹でる

茹で上がったら、これも筋に沿って細長く成るように毟る。

茹で汁は、「つゆ」のベースとして使う。


K24_1
細く切ったキュウリ

キュウリも細く切る。

ハムとか玉子焼きとかキュウリとか、細く切るような緻密な作業、精密作業はSさんの得意技。


K25
細く切ったレタス

冷やし中華の具材にレタスを使うのは珍しい・・・?。

まあ、特に決まりは無いし、冷やし中華の具材って割と何でも合うので・・・。
(自分としては、玉子焼きは必須で後は何でも)


K26
「つゆ」作成中

鶏肉のゆで汁に麺つゆや酢、味醂、醤油、砂糖などを混ぜて秘伝(注)のつゆを作る。

(注)「秘伝」なので教えません・・・実は、単に調合割合を忘れただけです。


K27
麺を茹でる

これは単に茹でるだけなので簡単。

で、茹で上がった麺は水で冷やしてお皿に盛って、いよいよ冷やし中華作成の最終工程。

自分の分は自分で盛り付ける・・・ここからが皆さんのセンスの見せどころ。

因みに、本日の具材は、玉子焼き(黄色)とハム(ピンク)、鶏肉(クリーム色)、キュウリ(緑)とレタス(緑)、の細く切った具材が5種類。

それに、Sさんが持って来てくれた三つ葉と紫蘇。あと、ゆで玉子。

ここで、迷人が考えた・・・何か、色が足りない・・・欲しいのは「赤」・・・紅生姜が有れば・・・。

誰かが、生姜が無いか・・・しょうがないね~、と言ったが先生のお宅に紅生姜が有ったので持って来てくれた。

これで、必要な色は揃った。



K31_1
本日の冷やし中華

さて、どれが一番センスがいいか・・・。

正解は右下です(単に、自分が作ったという理由ですが)。

まあ、そう言う事とは関係なく↓。


K32_1
食事中

冷やし中華を美味しくいただきました。

本日の食事会、先生1人、生徒4人、ゲスト2人、の7人でした。


追記。

麺に関する質問を頂きましたので↓。


K51
マクロで購入した麺


ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年6月17日 (月)

本日の夕食

2019/06/16(本日の夕食)

まあ、特に変わった夕食では無いですが、暫くブログを更新して無かったので、こんな感じで生活してます、という事で。


L1_4 
本日の夕食

今日は珍しく家族3人(私、妻、娘)一緒の夕食(夕食に3人揃うのは週に2回ぐらい)。

アジフライ、串カツ、チンゲン菜とベーコンの炒め物と多分豚の内臓の揚げ物。上の写真には無いが、この他に辛子高菜、イワシのトマト煮(?)。

今日は昼間から結構間食をしていたので、お肉系の揚げ物3種類と炒め物のおかずはちょっときつい感じがしたが、奥さんが作ったものなのでしょうがない。
作る前に、聞いてくれればいいのだけど、そういう事はしない。

奥さんも娘も少食なので、見た瞬間、これは余るな(食べきれないな)と思った。


L2_1
アジフライ

これは自分の好物。神戸屋ステーション(日本食材のお店)で買った物を揚げた物。

タルタルソースを掛ける事も有るが、今日は「作」で貰ったウスターソースが有ったのでそれを掛けた。

娘も、結構好きらしい。


L3_1
「作」で買った串カツ

昼間、昼食を(1人で)食べに「作」に行った時にテイクアウトした物。


L4_1
ベーコンとチンゲン菜の炒め物

この組み合わせは結構いいと思うのだけど、上の揚げ物2品と組み合わせると、油物が多過ぎる・・・ていうか、脂っこいものばっかり。

どうも家(うち)の奥さん、全体のバランスとか量とかを考えるのが苦手らしい。

しかも・・・↓。


L5_1
何かの内臓の揚げ物(らしい)

奥さんは、「タプ・トート」と言っていたから、レバーの揚げ物の様な・・・?。

何か、見た目が悪い・・・牛か馬のウ○コ見たい・・・。

如何にも不味そうだが実際食べて見ると・・・やっぱり、不味い。

奥さん曰く、「日本のは美味しいのに(これは余り美味しくない)」。この場合、奥さんが美味しいと言っているのは、日本の焼鳥屋のレバーの事らしい。

確かに、全然違う。


L6_1
辛子高菜

脂っこいおかずだけには耐えきれないので、すこし違う物。

神戸屋ステーション(日本食材のお店)で買った辛子高菜。でも、これも、ちょっと脂の臭いがした。


L8
イワシのトマト煮(?)

結局、奥さんは、アジフライも串カツも食べず、イワシのトマト煮(缶詰)を食べていた。

これは余り美味しくないのだけど、不味い物が好きなタイ人だからしょうがない・・・?。

まあ、イワシだから健康にはいいと思ったので、奥さんには「スカパーク・ディー・クン」と言っておいた。


食事中に、まだ何か揚げている様な音が聞こえて来る。

私 「まだ何か作ってるの?」

奥さん 「ピザ・イープン」(お好み焼きの事を奥さんはそう言う)

私 ・・・もう、そんなに食べられないよ、と思う・・・

・・・なかなか、終わらない・・・ず~っとパチパチ揚げる音が聞こえて来る・・・

娘 「(揚げてるの)忘れないでね(と母に)(タイ語)」

私 「もう、真っ黒に成ってるよ(日本語)」・・・この意味は奥さんには(多分)分からない。どっちみち、もうお腹いっぱいだから、出来ても出来なくても(真っ黒焦げに成っても)構わない、と思う。

暫くして、奥さんが台所に向かった。


L7
お好み焼き

後で、この写真を見せたら、奥さんは笑っていた。失敗したとは思ったらしい。

食べられない事はないか・・・?・・・でも、誰も食べなかった。

この後どう成るのだろう・・・明日あたり捨てるか、自分が食べるか・・・?。

美味くなさそうだな~。


追記。

結局、この真っ黒なお好み焼き(?)は翌日、自分が食べた。
焦げた所は削って食べた。

4つ前の写真の牛か馬のウ○コ見たいな物は、パーンの家の近所のお兄さんの家の犬の餌に成った。
奥さんの話に寄ると、犬達は喜んで食べたらしい。



ポチッ↓。



にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2019年6月 1日 (土)

ソンブーンシーフードで夕食

2019/05/30(ソンブーンシーフードで夕食)

今回一緒にバンコクを旅行中の友人達の内の1人が、「ソンブーンシーフードに行きたい」、と言うので一緒にやって来た。



Q12-2
ラッチャダーのソンブーンシーフードにて、2019年5月30日撮影

此処に来るのは3年ぶりぐらいだと思う。ラッチャダーSoi3の定宿に比較的近いので家族連れで2年に1回ぐらいは来ている。
顔見知りのお爺さんの従業員もいて、「元気にまだ仕事をしてるんだ」、と思っていたら軽く挨拶に来た。


Q15
プーパット・ポンカリー

(自分のイメージでは)ソンブーンシーフードと言えば此れ↑。

ただし、いつもは殻付きの蟹だったが、今回は注文を取りに来た方が、「殻無しがいいか?」、と聞いて来たので殻無しのプーパット・ポンカリーを注文した。

プーパット・ポンカリーは美味しいのだけど、手がべちゃべちゃに成って食べるのが面倒くさいのが欠点だったが、これなら食べ易い。
ただ、殻が無いのはちょっと寂しい気もする。でも、まあ、食べ易い方がいい。

他には、こんな物↓を注文。


Q12-1
豚肉、カシューナッツ、玉葱などの炒め物

ピーナッツとかカシューナッツとか、ナッツ類の入って居る料理は割と好きなので良く注文する。


Q14
カナーと豚肉の炒め物

豚肉が(前の料理と)被ったが、これはこれで美味しい。カナー(だと思う)はタイの野菜では割と好きな野菜。ハーブでないのがいい。
オイスターソース炒めだと思う。



Q13
何かの魚をカリカリに揚げた物

ガパオやニンニク等とやや甘酸っぱいタレが掛かっている。まあ、普通に美味しい。

魚の見た目はナマズみたいなのだけど良く分からない。
ガパオ、そんなに好きではないが、揚げて有るのでハーブ臭さは気に成らなかった。


ソンブーンシーフードの料理は、「タイ料理」、か聞とかれたので、「タイ料理だ」、と一応は答えたが実は良く分からない。
中華料理の様な気もするし、中華風タイ料理、或いは、タイ料理風中華料理・・・?。
まあ、どっちでも美味しければいい。日本人には食べ易い料理だと思う。
ただ、ちょっと脂っこい。
あと、このお店のいい所はメニューに日本語が併記して有るので注文がし易い。

2人で来たので、今日は、4品とご飯を少し、あと飲み物だったが、このお店は4人ぐらいで来て、5~6品注文した方が色々食べられていいかもしれない。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村


2019年5月30日 (木)

Soi3のケバブ

2019/05/29(Soi3のケバブ)

スクンビットのソイ3辺りは何故か中東の香りがする地域。
変な煙草(らしき)お店とか、アラブっぽい外装・内装のお店が多い。


Q1
Soi3のケバブ屋

自分が初めてケバブを食べたのは14年程前だったと思う。
娘がバムルンラート病院に入院している時に、夜、お腹が空いて何か食べ物を探していた時に見付けた。このお店のケバブがとても美味しかった。
その時はまだケバブという料理を知らなくて、後で、あの美味しい食べ物は何だったんだ、とネットで調べて分った。
その後も、この付近に用事が有って来た時に、ここのケバブを買って食べた事が数回ある。

チェンライに移ってからは、ここのケバブを食べてないので、食べるのは10年ぶりぐらいに成る。


Q2
肉の塊をローストしている

多分鶏肉だと思う。近付くとちょっと暑い。

注文すると、この焼き立ての肉をそぎ落としてナン(?)の様な物に他の具材と一緒に包んでくれる。
ナンの様な物はローティと同じ物だと思う。それを練乳等で甘くすればローティ、肉などを包めばケバブ・・・違うかな・・・?。


今、日本からやって来た友人達とバンコクに居る。
昨日は、夜中の2時頃まで飲んでいて、その前の日もチェンライで結構飲んだので、今日は酒を抜こうと思った。

夕方からは、自分ともう一人を除く4人はまた飲みに行ったが、そういう分けで自分はパスした。
しかし、お腹は空いている。

で、ケバブを買いに来た。

暫く来てないので、もしかしたらもうお店が無いかも知れない、とも思ったが、お店は今も有った。

先客が1人居て、中東系らしきお兄さんが肉を削って何かを作ろうとしている。どうやらケバブを作っているらしい。
丸いパン生地のような物の上に今、削った肉や何かの具材を乗せて、クルクルと巻いた。間違いないこれはケバブだ、と思った時、もう一人の中東系のお兄さんが、注文を聞いて来たので、出来上がりつつあるケバブを指さして、「あれと同じ物」「1つ」、と言って注文した。
(何か中東系のお兄さんに声を掛けられると、それだけで怪しい感じがしてしまうが此処のお兄さん達は多分真面目な商売人なのだと思う)

ケバブは巻いて出来上がりでは無く、巻いた後少し焼いて出来上がり。1つ65バーツだった。2個頼めば良かったかなと思った。


Q3_1
果物売り屋

一応、腹の膨れる物はGETしたが、それだけでは寂しい。直ぐ近くに果物売のオジサンが居たので、スイカを購入。20バーツ。


Q4_1
ケバブ売り場と果物屋

両方合わせて85バーツの夕食(?)。

2つのビニール袋を持ってホテルへ。


Q5_1
本日の夕食、2019年5月29日

ホテルはキッチン付きの部屋なので、お皿やナイフ・フォークも置いて有る。
袋のままで食べた方が簡単なのだけど、折角なのでちょっと気取って、お皿に載せて夕食タイム。

予想通りの美味しい味、覚えていた味だった。
ケバブの中身は(多分)鶏肉が主体で、あと玉葱とトマト、ピクルス(だと思う)とパクチーも少し入っていた。
お肉のジューシーさとトマトやピクルスの酸味もいいし、鶏肉以外の野菜類にも適度に火が通っているのがいい。
それをら包むパン生地(?)も具材の美味しさを上手く引き出している。

ケバブとスイカの相性も良かった。

僅か85バーツ(約300円)の夕食だったけど、かなり満足。欲を言えば、こんなに美味しいのだったら2個買えば良かった。


チェンライにケバブ屋さんが有ればいいのだけど、自分が知らないだけで何処かに有るのか?。
チェンライは山岳民族は居るけど中東系の人は余り見掛けないので無いか?。
でも、モスクの様な建物は有るので探せば何処かに有るか?。
でも、美味しい物はタイ人は嫌いだから、チェンライには、やはりケバブは無いか・・・?。


ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼