カテゴリー「日・タイ、往復」の71件の記事

2018年12月 4日 (火)

スクート航空の予約確認

2018/12/04(スクート航空の予約確認)

「日⇔タイの航空券購入」の続きです。

余談。上記の記事が日本ブログ村のタイ情報で(一時的に)1位に成ったので、ちょっと続編を書いて見ました。


ネットでチケットの購入操作を行って、予約番号が出ればほぼ問題ないハズなのだけど、心配性の自分は必ず予約の確認を行って、プリントもして証拠を残す。
(プリントした方が、後で見て、何時出発とか食事の予約はどうしたかとか確実に分かるので便利)

スクートのホームページから予約した場合の確認の方法は2つある(もしかしたら他にもあるかも知れないけど、今、自分の知っている範囲では2つ)。

一つはスクートの「予約の確認・変更」のページから行う方法。
もう一つは、予約してから半日後ぐらいにスクートから「スクートをご利用いただきありがとうございます」、というメールが届くので、そこにある「予約の管理」から、「予約の確認・変更」のページへ入って行う方法。

どちらも、「予約の確認・変更」のページへ入る事には変わりは無いが、メールから入ると、予約番号が既にセットされているので、操作が楽。
(予約の最後に、予約番号のメモを忘れてもメールが正しく届けば分かる)
メールの「予約管理」からではなく、直接Googleなどから入る時は、予約番号の入力が必要に成る。
(なので、予約番号は最初にメモしておいた方が、やはりいい)


文書だけでは分かり難いので、実際の例をあげます。

.
B13
を選択してスクートの「予約の確認・変更」画面を出す。


.
B14
予約の確認・変更の最初の画面

予約詳細の欄に V8WE3D の様な予約番号を入れて、メールアドレス欄にmeijinn2018@nifty.com の様なメールアドレスを入れて、右下の「予約の確認・変更」ボタン(上の表には出ていないが右下に有る)をクリックすると、予約状況を表す画面に切り替わる。

.
B15
予約状況を表す画面

この表の下の方に、荷物、座席、食事等の予約内容が表示されている。
予約内容の追加・変更等も出来る。

氏名等の情報は右下の「乗客の詳細を編集する」をクリックすると出て来る。


メールから入る場合は以下↓。

.
B16_2
予約してから半日後ぐらいにスクートから来たメールの一部

「スクートをご利用いただきありがとうございます」、というメールから「予約の確認・変更」の画面へ入る事も出来る。

右下の(黒っぽい)「予約の管理」をクリックすると、3つ前の表の「予約の確認・変更」の画面に入る。
この場合は、(予約の確認・変更の最初の画面に)予約番号とメールアドレスが初めからセットされている。なので簡単。

その後の(予約の確認・変更の画面の)使い方はGoogleから入った場合と同じ。


以上。この記事も今回使って見てその内容を記録しただけで、勘違いや記載内容に誤りがある可能性は有ります。
あと(エアアジアのネット予約などの)過去の記憶では、ネット予約の操作性は割と頻繁に変わるので、今の使い方がいつまで有効かわ分かりません。
この記事の誤り等により、予約のトラブルが生じた場合でも責任は取れませんので、あしからず。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年12月 3日 (月)

日⇔タイの航空券の購入

2018/12/02(日⇔タイの航空券の購入)

航空券購入手続きの詳細は、30行程下の<日⇔タイの航空券の購入>より記載してあります。

---------------------------------------------------------------------------

日タイの往復は会社を退職してタイに良く来るように成ってからは1年に5往復程。それを大体17年間続けて来た。

それ以前にもタイに来た事が有るし、5往復以上した年も有るので通算すると、大体90往復ぐらいに成る。
5回/年 × 17年 + 約5回 ≒ 90回

当然、その都度チケットを買っているが未だに、どの様に買えば一番いいのか分からない。

最初の5回ぐらいは日本発券で往復の航空券を買っていた。
ANAが多かった。
最初にANAの(スターアライアンスの)マイレージカードを作った。

日タイを頻繁に往復するように成ってからはタイ発券で往復の航空券を買うように成った(バンコクのHISで買っていた)。

初めの頃は、ANAやユナイテッドが多かったけれどもユナイテッドの東京⇔タイ便が無くなったので、デルタ便を利用する事が多く成った。
変わったところではビーマン・バングラデシュ航空なんてのもある(これは、その当時の最安値だった)。

他には、プロモーションの時のシンガポール航空(スターアライアンス)とか、タイ航空(これもスターアライアンス)、JALやノースウエスト航空を使った事もある。
(スターアライアンスのマイレージはANAの無料の航空券とか、ビジネスクラスへのグレードアップで利用した)

兎に角、この頃はHISの窓口で安い航空券を聞いて、後は出発時間とかを考慮して決めていた。ほぼ似た様な条件ならスターアライアンスの航空会社を選択していた。

3年程前からはエアアジアのチケットをネットで買うように成った。
エアアジアなどのLCCのチケットをネットで買う利点は安い事、これに尽きる。

ネット予約の場合、旅行会社の窓口に出掛けず家で買えるという利点があるが、自分の場合、ネット予約は結構気を使うので一長一短。
旅行会社の窓口で、担当者と口頭で条件を話して買った方が(たとえタイ語でも)気が楽、というのはある。

エアアジアやノックエアの国内線の予約を旅行会社の窓口でする事も度々ある。

旅行会社を通して国内線のチケットを買う場合、感覚的に200バーツ程高いか・・・?・・・ネットでも、クレジット会社の為替手数料を取られるので、そんなに違わないかも知れない。

1年程前からはスクート航空を利用する事が増えた。

LCCのチケットの値段は買うタイミング等によって随分違うので一概には言えないが、エアアジアよりスクートの方が安い事が多い気がする。座り心地も若干スクートの方がいい様な・・・。
なので、最近はスクート航空を利用する事が多い。

尚、LCCの航空券は今までは全て片道で購入している。往復で買った方が若干安い事もあるらしいが、自分は往復で買った事は無い。

タイに来る時、帰りの(タイ→日本)の航空券を持っていない(買っていない)と成田で、航空会社のカウンターで、帰りの航空券の有無を問われる事は良くあるが、VISAが有るので問題ない。

自分の場合、ネットでチケットを買うのは苦手で、いつも(ちゃんと買えたか)心配だし、ドンムアンや成田で乗り遅れないかも心配だけれど、今まで予約ミスをした事や、乗り遅れた事は1度も無い。
(日程を変更して、高い変更手数料を取られた事はある)
(タイの国内線は、スケジュールが変わって無駄にした事が1回だけある)

で、前置きが長く成りましたが、今、次回の帰国のチケットをネットで購入した。

---------------------------------------------------------------------------

<日⇔タイの航空券の購入>

今回、スクートの航空券をスクートのホームページより購入した。

今までは、スクートからプロモーションの案内が来た時にそこで示されているページから入って予約したり、エクスペディアから入って購入していたので、スクートのホームページから入るのは初めて。

尚、スクートのホームページからの予約の方法は「たびいちドットコム」のページを参考にした。

.
B1_3
たびいちドットコムのページ

慣れている方は直接スクートのホームページにアクセスして予約した方が早いが、ちょっと不安な場合は一度この説明を読んだ方がいいかも知れない。
(分かり易すく、丁寧に書かれていると思います)

ただし、予約の方法って割と頻繁に変わるので、今(2018/12/02)の時点では有効だが先の事は分かりません。

尚、このブログの記述は慎重に書いていますが、絶対に誤りが無いとは言い切れません。
万一、間違った記述が有って、何かトラブルが起きても、責任は取れませんのであしからず。

.
B2_2
Googleでflyscootと入れる

一番上に出て来る、「Flyscoot.com-Latest Deals~」を選択する。

.
B3_2
スクートのホームページの最初の画面

右上の「EN」(英語)と成っている所で日本語を選択する。

.
B4_3
右上の言語が「JA」に成った画面

日本語に成った画面で、「片道」、「バンコク・ドンムアン」から、「東京成田(NRT)」まで等の入力(実際にはダイアログボックスでの選択)を行う。

ここで「フライトを検索」をクリックすると、以下の画面に変わる。

.
B5
フライト選択画面

今回は2月27日のフライトで決まりなので「月全体を見る」必要は無いが、「月全体を見る」をクリックすると、以下の画面が出る。

.
B6
月全体を見る、の画面

最初に指定した日付を中心に1ヶ月ぐらいの最安値が見れる。

ただし、1日に複数便有る内の最安値なので、希望の時間の便がこの値段とは限らない。
(大体、その日の最安値便は真夜中の出発便とか不便な便が多い)

最安値を見る必要のない時(乗りたい日程が決まっている時は、フライト選択画面の下の方に出て来る出発時間別(便別)の表より、希望の便を選択する。

.
B7
フライト便の選択

今回は、バンコク・ドンムアン0時30分発→成田8時15分着の便を選択。5140バーツ。

16:25発の便など16699バーツで最安値の便の3倍以上する(経由便らしい)。
また、自分は飛行機何て安けりゃいいと思っているので、ビジネスクラスという選択肢は(今のところ)無い。
将来、6時間も座って居るのが辛くてしょうがなくなったらビジネスクラスも考えないではないが、今は辛くても6時間ぐらい我慢する。

.
B8_3
バンコク・ドンムアン発0時30分を選択した画面

この後は、画面の誘導に従って、搭乗者情報(性別、氏名、生年月日など)、食事の選択(食べるか食べないか、何を食べるか)、荷物の情報(預入荷物の有無、キロ数、等)、座席の選択などを行う。
(座席の選択や食事の選択、預入荷物などはそれぞれ課金される)

最後の方で、支払いの情報を入れる。
.
B9
支払い情報

の部分にカードの情報を入れる。

料金は最初の5140バーツに、フライバック1100、食事425、座席指定300、で6965バーツ。
それに支払い手数料180バーツが加わって7145バーツ。
(最初の料金の大体40%増しだけど、これは荷物や食事の選択の仕方によるので一概には言えない)

尚、この画面で右上のをクリックすると以下の様な明細が出る。

.
B10
料金の明細

最終確認後、「購入」をクリックすると、クレジット会社の認証画面が出る。
ここで、クレジットカードのパスワードの入力をして送信すると、「ただいま照会中です・・・」のメッセージが出て、間もなく V8WE3D の様な予約番号(?)が出て処理は終了する。

尚、前回スクートを利用した時に成田の窓口で聞いた話では、この6桁の予約番号さえ判れば、チケットのコピー等は要らないという話だった。
(それも、判らなくてもOKかも知れないけど、予約番号ぐらいは控えて置いた方がいい)

為替レートの取り扱いとか、良く分からないけど、7145×3.5≒25000円ぐらいか・・・?。
(自分のカードは日本のカード)

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年11月14日 (水)

成田に到着

2018/11/14(成田に到着)

3時間しか寝てない。

寝過ごすと大変なのでアラームを2つ掛けて置いた。AM3:50にそのアラームがけたたましく成り出して目が覚めた。

先ずは歯を磨いて・・・忘れ物無し、不要な電気OFF、戸締りOK。今回は念の為、水道の元栓も閉めた。

家を出た時、外はまだ真っ暗。

重いキャリーバッグをガラガラ引いて荻窪まで歩くのは大変だな~、と思っていたら運よく、タクシーが赤信号で止まっていた。

・・・日本は・・・手を上にあげてタクシーを止めるのだよな・・・。

タクシーに乗り込んで・・・日本は自動ドアなので、「バン」と閉めたらダメだよな・・・。

荻窪駅到着4時半頃。

.
I11_4
荻窪駅、東京方面始発4時39分

運よくタクシーに直ぐ乗れたおかげで始発に間に合った。こんな朝も早よから、結構乗客が居る。

JRから日暮里駅で京成に乗り換えて↓。

.
I12
京成から見えたスカイツリー

少し、薄明かりに成って来た。

特急のスカイライナー、速いので、なかなか上手く写真が撮れない。
(ブレブレの写真が5枚ぐらい有り)


で、成田に着いて、先ずは搭乗手続き↓。

.
I14
スクートの搭乗手続きカウンター

スクートのカウンターは成田第二ターミナルの一番端の方のBカウンター。

エコノミーの窓口は4つ程あるのだけど、自分の直感で「あのオバサン怖そうでやだな」、と列の前の方に来た時ドキドキしていたのだけど、隣の感じのいいオバサンの所に成ったので良かった。

いつものお約束(?)で、帰りの航空券の事を聞かれるが、VISAが有るので全然問題ない。

荷物も20kgの制限に対して19.9kg、まるで量った様な正確さ(実は、荷造りした時に量ったのですが)。
(ただし、エアアジアの時、「21kgを超えなければOKです」、と言われた事が有るので、もう1kgぐらい詰め込めたかも知れない)

最後に、「通路側です」、と言われてラッキーって感じ。
普通は予約する時、通路側を指定するのだけど、今回は予約してなかった。しかも乗ってから分かった事だが、この席、エコノミーとしては最高の席だった。
予約料も節約に成ったし。

無事、搭乗手続きが済んだらお腹が空いている事を思い出した。

どこで食べよう・・・。

.
I15
B1のドトールコーヒー

ホットドックが好きなのでここ結構利用する。

.
I17
ジャーマンドッグとカフェオレのセット

440円・・・しかし、ジャーマンドッグ1個では足りなかった。もう1個追加で注文。+220円。

.
I21
搭乗待合室へ向かう通路

途中で、お土産でも追加で買って行こうかとも思ったけど、キティちゃんのカステラが無いので止めた。
(奥さんからいつもリクエストされるのだけど、今日で3連敗・・・(売り切れで?)いつも売ってない)

.
I25
これから乗るスクート便


.
I1_2
成田のフリーWi-Fiの画面

実は、このブログ、成田のフリーWi-Fiで書いていたのだけど、書き終わる前に搭乗が始まってしまったので、今は、ドンムアンのフリーWi-Fiで書いてます。

.
I28
本日の座席

ちょっと分かり難いですかね・・・?。

下の方に見えるのが自分の膝です。前に座席が無い(障害物が無い)ので、足を伸ばせる。他の席と比べるとゆったり座れる。窮屈感が少ない。
(実は、この並びの窓側が最高にいい席。前の壁との間隔は広いので、ゆったり座れるし、トイレに行く時も、隣の人に立って貰わなくてもすり抜けられる)


と言う事で、実は今ドンムアンなのですが、そろそろパソコンのバッテリーが切れそうなので、今回はここまで。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年10月28日 (日)

日本到着(成田、松屋、自宅)

2018/10/26(日本到着)(成田、松屋、自宅)

2018年10月26日、10:05成田空港へ着陸。

.
T51
到着ゲートからイミグレへ向かう通路、10:18

年々、飛行機の中で座って居るのが辛く成って来る。特に、最後の2時間ぐらいが一番辛い。早く着け~、早く着け~、と思っている。

空港に着いて飛行機から出るとホッとする。

.
T52
成田空港

ここの写真、毎回撮っている。イミグレへ向かう通路でここが一番視界が開けて空港らしい写真が撮れる。

ここで写真を撮って居る観光客らしい人も結構居る。

.
T53
空港の保安区域からの出口、10:32

イミグレ、税関等は写真撮影禁止なので写真は無し。

入国時の顔認証システムも、もう慣れたので戸惑う事は無く、無事通過。パスポートを機械にかざしてカメラ(?)の方に顔を向けるだけ。イミグレの職員は居るが、入国スタンプは要らないので素通り。

着陸からここまで大体30分。今日は早い方。
(奥さんなどが居ると、外国人はイミグレで結構混んでいる時が有る)

.
T61
荻窪駅、13:00

成田空港の保安区域外からここまで大体2時間半。着陸時間からだと約3時間。
JRの特急とか京成のスカイライナーなどを使えばもう30~40分短縮出来るが、今回はそれはしてない。
(京成は優待券が有るので無料。なので、電車賃は日暮里~荻窪間だけ)

.
T62
松屋

で、待望の荻窪駅前の松屋。

成田に着いた時は、機内食も食べていたので、それ程お腹が空いてなかったが、ここまで来る3時間の間にお腹が空いた。

で、松屋に駆け込んで、予定通り↓。

.
T63
カルビ焼き肉定食、650円、時刻は13:09

今日の深夜0:30頃、ドンムアン空港で立てた計画↓

「今日の10:30頃には成田に着いて、13:30頃には荻窪の駅前で松屋のカルビ焼き肉定食。14:30頃には風呂に入って居る予定」

より、約20分程早いがほぼ予定通り。

腹が減っている時に、カルビ焼き肉はホントに美味しい。日本に帰って来た、食べ物の美味しい街に着いた、という実感が湧く瞬間。
(ファストフードで感激する迷人)

因みに、ご飯には紅生姜、サラダにはフレンチドレッシング、みそ汁には七味唐辛子、
カルビ焼き肉にはバーベキュー味のタレとおろしポン酢タレの両方の味を楽しむのが迷人流の食べ方。

.
T71
これからお風呂

家に着いて、先ず雨戸を空けて、暖房のスイッチとネットのルーターのスイッチを入れて、その他、TOTOのトイレの起動とか、ガス系統の温水装置の起動とか、風呂のお湯はりとか、色々やって風呂が沸いたのでこれからお風呂。

チェンライのコンドーには風呂が無い(温水シャワーのみ)ので、帰国して、家に着いて、先ず風呂に入るとホッとする。家に帰って来た~と思える瞬間。

当初予定(14:30)よりは40分程早かった。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年10月27日 (土)

ドンムアン空港のコンコース(25番ゲート付近)

2018/10/26(ドンムアン空港のコンコース)(25番ゲート付近)

コンコースのメインの通りから21番~26番のゲートへ向かうソイに入ると、最初に有るお店は珈琲屋↓。

.
T24_2
珈琲屋

その隣は↓。

.
T25
寿司屋

その隣は↓。

.
T31
KIN DONBURI

この食堂は1回、入った事がある。

兎に角、ソイに入るとお店は飲食店が多く成る。

.
T32_2
もう遅いので閉まっているお店


.
T41
メインの通りのスタバはまだ営業中だがソイの中のスタバはもう閉っている


.
T42
デイリークイーン

さっきチェンライ空港のデイリークイーンで、奥さんと娘と一緒に、ホットドックとコーラを食べたのでもういらない。

.
T33
子供の遊び場

深夜なのに遊んで居る子供が3人ぐらい居た。

成田空港にも似た様な施設がある。「子供を大切にする国」というアピールにはいいのかも知れない。

.
T34
やっと25番ゲートが見えて来た

スクート便の出発ゲートの25番になかなか辿り着かないと思ったら結局1番奥だった。

.
T35
25番ゲート

XW102便、02:20 TO 东京 東京の字が違ってるけど読めるからいい。

兎に角、予定通りにスクート便に乗れて、成田に無事帰国しました。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

ドンムアン空港のコンコース(メイン通り)

2018/10/26(ドンムアン空港のコンコース)(メイン通り)

イミグレと手荷物検査を通過すると搭乗ゲートへ向かうコンコースに出る。

.
T11
登場ゲートへ向かう通路、時刻は1:04

スクート便の出発予定時刻は2:20だが、搭乗時刻は1:35なので、あと30分程時間が有る。

もう搭乗ゲートへ行くだけで、特にする事も無いので写真を撮りまくった。

.
T12
免税店

コンコースへ入ると先ず最初に目に入るのがこの免税店。
(この、「免税店」という表示は、多分、中国人用の表示だという気がする)

.
T13
OMEGA

前の写真の向かいにはOMEGAの時計屋

きっとアラブや中国の大金持ちが、「暇だから時計でも買おうか」って軽い気持ちで買うのかな・・・?。

.
T14
JIM THOMPSON

オメガの並びにはジムトンプソン。タイではよく聞く名前。衣類とかバッグのお店か?。

なんか、あんまりセンスの良くない感じがするのは自分だけ・・・?。
(タイっぽい田舎臭さ?)

.
T15
LEVIS

更に、ジムトンプソンの並びにはリーバイス(奥さんの発音ではリーワイ)。

海外に出掛けて着る服をここで買うのかな・・・?。

そういえば、成田にはユニクロが有ったような。

リーバイスは奥さんの好みらしくて、タイのセンタンでもたまに買っている。日本で木更津のアウトレットでも買わされた記憶がある。

.
T16
両替屋

(レートの)いい両替屋か悪い両替屋かの判別は、売りと買いの差で大体判る。

ここは(タイとしては)あんまり・・・。

.
T17
STARBUCKS COFFEE

コンコースの左右には飲食店も多い。

スタバの隣はS&P。向いはマック↓。

.
T18
マクドナルド

タイなのでワイをする人形が立っている。

.
T21
FUJIは閉まっていた

もう深夜の1時過ぎだから閉まっていても不思議じゃない。

.
T22
燕窩

これもタイの空港でよく見かけるお土産。買った事ないのだけど、美味しいのかな?。

.
T23
25番ゲートへ向かう通路

今回のスクート便の搭乗ゲートは25番なので、此処で大通りからソイ(注)に入る。
(注)(タイに長く居過ぎて日本語より先にタイ語が出る。日本語だと「枝道」、「支道」?)


写真が10枚を超えたので、以下次回。
ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年10月25日 (木)

帰国準備&ドンムアンにて追記

2018/10/25(帰国準備&ドンムアンにて追記)

今日の夜チェンライからドンムアン空港へ、明日の早朝(2:20)ドンムアンから成田へ向かう(成田着10:25予定)。

今回はそれ程大きな用事は無いが、帰国期間が10月26日~11月14日(?)と比較的短いので手順よく作業をこなして時間を有効に使わなければならない

この場合、「手順」というのは大切でそれを間違えると、やりたい事、やるべき事が中途半端に成って、また直ぐに日本に戻らなければならない、何て事もある。

前回の帰国時も手順を間違って、本来前回の滞在中に出来た事が、今回に先送りに成った。
(この辺は、ホント手際が悪いと思う)

兎に角、帰国準備はしっかりやらないといけない。

そうは言っても、腹が減っては・・・。

.
T1
本日の朝食

帰国日が近付いて来ると日本から買って来た食材も無くなって来る。

おかずラー油は今回で使い切った。
サケフレークはあと少し残っている(娘が食べる)。
お茶のティーバッグもあと3袋。
S&Bのラー油は3分の1ぐらい残っているが1ヶ月に1瓶ぐらい使うので買って来る必要がある。
醤油はまだ十分ある。
サラダドレッシングはまだ半分残っているので別の種類のドレッシングを買って来よう。

ちょっと話は変わるが、このソーセージ日本の会社製らしく「粗挽き」って書かれていたので美味しいと思ってTOPSで買ったのだが、美味しくなかった。
どうやら日本製ではないらしい(タイ語が沢山書いて有った)。
日本食材のお店(STATION)で買った「粗挽きソーセージ」が美味しかったので、期待したのだが当てが外れた。
ソーセージも日本とタイとでは美味しさが全く違う食材の1つ。

まあ、帰国準備といっても、タイから日本に行く時は買って行く物もないし、タイに居る間にしなければならない事も少ないので、それ程大変ではない。

あえて言えば、VISAの取得とかリエントリーの取得とかを含めれば少しはする事が有るが、それは既にやってあるので、今更慌てる事はない。

.
T2
チケットのプリント

今回はネットで買った後に、まだチケットのプリントをしていなかったので、エアアジア(チェンライ→ドンムアン)とスクート(ドンムアン→成田)のプリントをした。

今回のちょっとした不安。

エアアジア便がドンムアン着23:00で、スクート便がドンムアン発2:20なので、この間3時間20分。
ただし、スクート便のチェックインは出発時間の1時間前までなので、実質2時間20分。なので、ギリギリ2時間の(エアアジア便の)遅れは大丈夫だと思うけど、それ以上だと乗り遅れる。

実は、最初にもっと早くドンムアンに着くチェンライ→ドンムアンの便を予約しようかなと思ったのだけど、ちょっとした理由により、この便にした。

まあ、乗り遅れる確率は3%ぐらいは有るかな(33回に1回ぐらいの乗り遅れ)と思っている。

.
T3
綺麗にした部屋

暫く部屋を空けるので、整理。

この整理は単に部屋を綺麗にするだけではなく、日本へ持って行く物の忘れ物が無いかのチェックを兼ねる。

他には・・・。

① 奥さんに(自分が)居ない間の生活費(?)を渡す。

此れが、不思議なのだけど、ある程度お金を置いて行かないと、「金が無い」、という電話が掛かって来る事が結構ある。

十分なおこずかいを毎月渡しているハズなのだけど、蓄え(貯金など)が本当に無いのか、凄く不思議。

② 日本から買って来る物の(&持って来る物の)確認。

自分は、パソコンのトナー、ねるねるねるね(確かそんな名前だったと思う)(子供のお菓子)、アンダーシャツ、ラー油、ティーバッグ、など。

奥さんからは、水切りネット、サランラップ、ビタミンC、日焼け止め、キティちゃんのクッキー、を買って来てと言われた。

日本で考えるよりタイに居る時に考える方が思い付く事が有る。

③ 日本でする事の確認。

麻雀の予定、飲み会の予定、眼科受診(皮膚科もついでに)、至急の手続き。

ある程度は手順を事前に考えて置いた方が、日本でする事を手際よく行える。特に役所関係の手続きとか、申請してから待ち時間が10日とか20日とか掛かるもの、郵便やネットで手続きして、書留郵便で受け取る必要のあるもの等は、日本に着いて直ぐにやる必要が有るので事前に把握しておく必要がある。

友人との約束も再確認して、ある程度、滞在中の日程を把握しておく。

④ 後は荷造り。

.
T5
最終形はこんな感じ

上のショルダーバッグにパソコンや大事な物を入れる(手荷物用)。

エアアジアの手荷物の(国内線の?)重量制限は7kgで、計ったら8kg弱、有ったけど、多分大丈夫だと思う。
(スクート便の国際線は10kgなので問題ない)

預入荷物がスカスカ(余裕がある)なので、もし量られて何か言われたらその時考える。

携帯の電気も日本に着くまで切れない様に充電。


で、此れから奥さんの運転でチェンライ空港へ向かいます。


ドンムアン空港の FREE Wi-Fi にて追記(2018/10/26 0:26)

今、搭乗手続きが終わった。

.
T6_2
ドンムアン空港第一ターミナル、パスポートコントロール付近

後は、此処から入って、イミグレ→手荷物検査→搭乗待合室→スクート便へ搭乗するだけ。もうひと安心。

エアアジア便の遅れも無かったし、手荷物の重量検査もされなかった。

今日の10:30頃には成田に着いて、13:30頃には荻窪の駅前で松屋のカルビ焼き肉定食。14:30頃には風呂に入って居る予定。

ついでに、今(26日、タイ時間0:40)、ニューヨークの株価を見たら随分上がっていた。
きのう(25日)は日経平均がまたまた急落してどうなるかとワクワクしていたが、週末ちょっと盛り返すのかな・・・?。

それも、日本の家に着く頃には大体結果が出ている。そういうのも楽しみ。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年10月14日 (日)

11月の航空券購入、ちょっと焦った

2018/10/13(11月の航空券購入、ちょっと焦った)

今(10月13日)はチェンライに居るが、10月26日の帰国を予定している。

その分のチケットは既に購入済なのだけど、タイへの戻りのチケットをまだ手配して無かった。

大体11月21日(水)ぐらいにタイに戻ろうかと思っていた。
この日程に大きな意味は無いが、成田→バンコクは水曜日が一番都合がいい(理由はちょっと複雑なので省略)。

で、いくらぐらいに成るか、取り敢えずエアアジアの価格を調べて見た。
(自分の場合、安い航空券を探すので、最近は大体エアアジアかスクート)

.
D1_2
11月21日のエアアジアの成田→ドンムアンの価格表

最初、検索の仕方が分からなくて(実は今でもよく分からない)出て来た表が此れ↑。

エッ?、全部経由便?。直行便は無いの・・・?。ここで、ちょっと焦り・・・。

それに随分高い。


よく見たら、この画面の上の方に「直行便」を選択するボタンが有ったので、それをクリックすると、以下の画面↓が出て来た。
(以前は、直ぐに直行便が表示されたけど、変わったのかな?。何か間違えたのかな?)

.
D2_3
11月21日のエアアジアの成田→ドンムアンの価格表(直行便)

直行便が出て来たのはいいけど随分高い。20556円じゃないよね・・・20556バーツだよね?。

エッ・・・?。何でこんなに高いの・・・?。何か操作を間違ったかな・・・?。

しかも上のカレンダーによると、11月21日の次の日は「×」に成っている。もうチケットが売り切れたって事・・・?。まだ1ヶ月以上も先なのに・・・?。

理由として考えられる事は、ロイカトンか・・・?。

しかし、困った。片道に2万バーツ何て出したくない。しかも、エアアジアの価格って、預入荷物とか座席指定とか色々追加してると、絶対に最初の表示価格よりかなり高く成る。

画面の上のカレンダーの様な所にカーソルを合わせると、その日の最低価格が表示された。

それによると、1週間前の11月14日(水)は8700バーツに成っている(直行便の価格だった)。

少し安心・・・でも・・・20556バーツよりは随分安いけれど、それでも高い。

預入荷物料金等が加算されればもっと高く成るハズ。

次に、スクート便がどうなのか調べて見た。

以前スクート便のチケットを買った時は、スクートからメールでプロモ―ションの連絡が来たので、そこから入ったが、今回は、そういうメールが来てないので、グーグルで適当に探してエクスペディアのページから入った。

11月14日(水)の価格を調べた画面が以下↓。

.
D3_2
エクスペディアの搭乗便選択画面

やっと、自分が思っていた価格が出て来た。

成田を朝9:35発の便に乗るには、荻窪駅始発(4:30頃)ぐらいの電車に乗らなければならない。朝が弱い自分としてはちょっと辛いけど、まあ、しょうがない。

17682円なら、エアアジアより大分安いし、多分エアアジアよりも座席スペースは広い。7時間20分ぐらい我慢すればいい。

これに決めた。

後は、画面に表示される要求に従って、氏名や支払い関係の情報を入力して、最後は予約OKの画面が出た↓。

.
D4
エクスペディアの予約完了画面

取り敢えず一安心だけど、メールが来なかったり、なかなか来なかったりした事が過去にある。それで予約が取れなかった事は1度も無いが、メールが届いてそのフライトスケジュールを確認するまではまだ心配。
(心配性です)

「数分以内に確認メールが送信されます」、と書いて有るが10分以上経ってもまだ来ない。

やっぱり心配。

結局、確認メールは20分後ぐらいに届いた↓・・・ヨカッタ・よかった・良かった。

.
D5
エクスペディアから届いた予約確認メール

.
D6_2
メールに記載されていた航空券の概要(編集してあります)

結局、最終的には18482円だった。このぐらいはしょうがない。

という事で一応予約は取れたのだけど、ここで2つの疑問。

1つは、さっき知り合いから指摘されたのだけど、エクスペディアを通して買えばエクスペディアの手数料を取られるので、直接スクートのホームページから買うより高いんじゃないの、という話。

これは、分からないが、そんなに違わない気がする。

もう1つは、エクスペディアの様な予約纏めサイトから入ると、座席の指定や機内食の指定が出来ないのだけど、これはどおすればいいのか?。

運が良ければ、搭乗前に「通路側」と言えば通路側が取れる可能性は大きいが出来れば確定させて置きたかった。
また、今回、昼間の便(9:35~14:55)なので、昼飯も食べたいのだけど、事前予約は出来るのか・・・?。

要は、(予約纏めサイトからではなく)スクートの予約サイトから入った方がいいという事なのか・・・?。

エアアジアはエアアジアの予約サイトから入るので、荷物の重量、座席、食事、保険の有無、等色々指定出来るけど(その分高く成る)、スクートのやり方はまだ良く分からない(プロモーションの時はやったのだけど覚えてない)。

どおすれば、効率良く、各航空会社の価格の差や日程や条件による価格が分かって、諸条件を入れられるのか。

エアアジアだけでも、かなり頻繁に予約ページの操作性が変わるので、折角覚えても次に予約する時は方法が変わっている。

その他にも、ネット予約には以下の様な心配が有る。

① 今回はちゃんと確認メールが来たけれど、確認メールが来ない事もある。それでも今まで1度も乗れなかった(予約が取れてなかった)事は無いが、その辺の確認の仕方が分からない。

② エクスペディアで予約が取れれば、その航空会社の予約が必ず取れるのかも気に成る。タイミングで他のサイト(例えばスクート自体のサイト)から先に予約が入って満席に成って、後から来たエクスペディアの予約が取れない、何て事は本当に無いのか?。

③ エクスペディアだと、「発券処理中です」というメッセージが出る事があるが、処理中と処理完了の違いはどこで分かるのか?。予約完了メールが届けば間違いないと思うが、予約完了メールが届かない事も今まで有った、それでも取れてなかった事は1度もないので、その辺の事情が分からない。

④ エアアジアのサイトでは、処理が途中でフリーズして、最後の「完了」のメッセージが出なくても予約は取れていた事が以前度々有った。

⑤ 最後の支払いの所で、カード会社のページに飛んでパスワードを要求されるサイトとカード番号とセキュリティコードの入力だけで支払いが済んでしまう(?)サイトとの違いも分からない。

⑥ 家のWi-Fiは最近1日に数回切れる。もし、支払いの確定処理中に切れたらどうなるかも心配。

⑦ 今は少し減ったけど、もうすぐタイムオーバーに成ります見たいなメッセージが出て来て急かされるのも嫌いだ。機械のくせに人間様を急かすなよと思う。

⑧ もう一つ大嫌いなもの・・・突然、英語のメッセージが出て来たり、全面が英語に成る画面が出て来たりする。
こっちは、日本人なんだから英語なんかで言って来ても分からないだろ~と思う(自分だけか?)。

兎に角、自分にはネット予約というのは使いずらい。色々苦労が絶えない迷人のお話でした。

朝4時に家を出て、空港に着いたら、「予約が取れていません」、何て言われたら立ち直れない程のショックだと思う・・・まだ無いけど・・・。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月23日 (日)

タイへ戻る日が近付くと気に成る事

2018/09/23(タイへ戻る日が近付くと気に成る事)

3日後の26日(水)に成田発10:00のスクート便でタイ・ドンムアン空港へ向かう。タイに戻る日が近付くと気に成る事が幾つか有る。

① まず今の季節、台風の動向が気に成る。

幸い、今まで(往復)100回近く(片道だと約200回)タイへ行っているが台風で欠航した便は無い。

(注)-----------------------------------------------------------------------

50歳から67歳まで、1年に約5回、18年間。48歳~49歳の時も数回行っている。

大体 5回/年 ×18年 = 90回 。 

1年に4往復の年も有るが、6往復した年も有る。48~49歳の分を加えれば大体100往復弱。

片道だと、約200回、日・タイの間を飛んでいる。

----------------------------------------------------------------------------

今回は台風24号が近付いている。

.
R1
台風の接近を知らせるニュース


.
R2
台風24号の進路予想図

成田発26日10:00の便なので沖縄や台湾付近を飛ぶと思われる26日の昼頃(飛行機が沖縄~台湾辺りを飛ぶ頃)には、まだ台風の暴風雨圏には入ってなさそうなので多分大丈夫だとは思うが、多少の影響、多少の遅れ、は有るかも知れない。

進路が変わったり、早まったりする危険はあるが、今のところ、もろにぶつかる可能性は低そうだ。


② これは、どうにもならない事で、心配してもしょうがない事なのだけど・・・。

円・バーツのレートが今、余り良くない。

自分の場合、株などを持っている関係で、どちらかと言うと普段は円安の方が好ましいのだけど、バーツに両替する時だけは円高であって欲しい。
(そう都合良くは行かないけど)

.
R4
23日(日)のバンコクの円・バーツ両替レート

両替は4日後、27日(木)にバンコクで行う予定。

前回の両替は約2か月前の7月28日に1万円が2995バーツだった。

自分の場合、1万円が3000バーツを超えるかが1つの目安で、3000を超えればいい、それ以下だとちょっと悲しい、というイメージが有る。
前回は2995で3000にほんの少し足りなかったけど、まあまあいいか、と思ったのだが、今回はたった2ヶ月でかなり悪く成った。

下手をすると、2800バーツ台にまで落ちるかも知れない。

それでも、為替は読めないし、ここで円をキープしても更に落ちる事も考えられるので両替はする。


③ ホテルの予約がまだ取れてない。

ホテルは定宿のホテルを前日に予約するか、当日空港から電話で予約するか、直接行くかのどれか。

定宿のホテルを予約するのが一番簡単なのだけど、そこはちょっと不便な場所なので、もうちょと便利な場所にしたいという気もあるし、まだ決めてない。

ホテルに関しては、泊まる所が無くて野宿、或いは、空港で過ごしたと言う事は無いが、予約したホテルに行ったら部屋が空いてない、と言う事は数回有った。

そういう時は、行ったホテルで近所のホテルを紹介して貰ったり、奥さんの(バンコク在住の)お兄さんに取って貰ったりした。
(1泊700バーツの宿が空いて無くて、近くの1泊3000バーツぐらいのホテルに泊まった事もある)

空港で電話して、思った所が取れなかった(空き室が無かった)時は、タクシーの運転手さんに適当な所へお任せで連れて行って貰った事も有る。

まあ、今回は予定ではドンムアン空港着15:00なので、余程の事が無い限り何とか成るだろう~、とは思っている。

ただ、重いキャリーバッグを持ってバンコクの街をウロウロするのは嫌だな。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月 9日 (日)

ドンムアン空港の中国語(続編)

2018/08/30(ドンムアン空港の中国語)(続編)

前回の記事、「ドンムアン空港の中国語」、の続きです。
(出来れば、こちら↑を先にお読み下さい)

もう1回、念の為にお断りしておきますが、自分は英語も中国語もタイ語も分かりません。
なので、間違っていてもご容赦下さい。
(コメントやメールで教えて頂ければ尚いいです)

.
E6
空港内の両替所

外币兑换・・・外貨両替

グーグル翻訳によると、こう成っていた↓。

.
E61_3
グーグル翻訳の画面

币」は「幣」かな・・・?。兑」は「脱」かな・・・?。

どうも中国の漢字は簡略化されているので日本語の漢字との対応付けが難しい。

.
E7
先程の両替所の左下に有った案内

パスポートを見せてね、という意味だと思うのだけど、これは難しい。
パスポートは中国語の繁体では「護照」だけど、簡体では「护照」らしい。どっちにしても自分には分からない。

日本の存在感がもっと大きければ、「パスポートをお見せ下さい」とか、日本語の表示も併記されるのだろうけど、ここは中国に負けている。
これは、もう、中国に太刀打ち出来ない、と思う。

なので、英語でも中国語でも、携帯をかざせば直ちに翻訳してスマホの画面に日本語が表示される(或いは音声でアナウンスされる)機能が早く欲しい。
(ゴーグルの様な翻訳機でもいいかも知れない。3秒見つめてまばたきすれば、翻訳された日本語がゴーグル上に表示される様な・・・)
まあ、このぐらいの英語、please show your passport or id は殆どの日本人は分かると思うけど・・・。

でも、ここで言う ID ってのは何だ?。何の ID ?。タイ人の身分証明書=バットプラシャーションの事かな?。

そう言えば、タイ語の表記が無いのはちょっと変だ?。
外国に旅行して来たタイ人が余った外貨をバーツに両替する事だって有ると思うのだけど・・・。

ここはタイなのだから、タイ人にも分かり易くしなければ・・・そういう所がタイ人って少し変だと思う。

・・・次々と、色んな事が気に成る迷人でした・・・。

.
E8
4階にあるレストラン街への案内版

「商店」は日本と同じだ。その隣の漢字は良く分からない。「食」に「館」だからレストランで間違いないと思うけど「〇館」の「○」がどういう字なのか分からない。

因みに上のタイ語 ร้านค้า และ ร้านอาหาร は ラーンカー ラ ラーンアハーン。
ラーンはお店、ラは「~と」(AND)の意味、ラーンカーは商店、ラーンアハーンは食堂。
グーグル翻訳では「ショップやレストラン」と訳された。

.
E9
トイレの洗面所に有った使用方法の説明

これは、絵を見れば分かる・・・って言うか、普通、絵を見なくても分かるだろ~。

余程の未開人で使い方が分からない人が居るのかな・・・?。

この中国語は日本語とほぼ同じなので、中国語の気がしない。

.
E10_2
おむつ交換台

トイレの中に有った設備。

たまには、日本語が中国語に勝つ(?)事も有る。

でも、中国人も、「交換台」の意味は分かるかな・・・?。

まあ、絵を見れば殆どの国の人は分かると思うけど。

こういうの(製品に日本語の説明がある物)タイで暮らしているとたまに有る。

水道の蛇口に「押す」とか使い方が書いて有ったり、コンビニのショーケースに「開く」とか書いて有ったり(正確に何て書いて有ったかは覚えてない)。

そういうのが有ると、日本人としては少しニヤリとする。
(タイのテレビのコマーシャルでも突然日本語が入る時がある。「オイオイ、タイ人にはそんな事言っても分からないだろ~」、と思ってニヤリとする事も有る)

 

まあ、言葉の問題というのは海外で暮らす者にとっては大きな問題で、特に、自分の様に英語が苦手な人間にとっては、空港などでは相当なハンデに成る。

で、タイの場合、漢字が分かる日本人である事がほんの少しは役に立つ事も有る、というお話でした。

早く、自動翻訳の技術がもっと分かり易く、使い易く成って普及しないか、と思っている迷人でした。

ログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼