カテゴリー「日・タイ、往復」の119件の記事

2022年8月 7日 (日)

色々あるね(無事チェンライ到着)

2022/08/04(色々あるね)(無事チェンライ到着)

「色々あるね(2転3転)」の続きです。
ノックエアがチェンライ空港で起こした事故により、チェンライ空港が閉鎖に成って自分が搭乗を予定していたエアアジアのバンコク→チェンライ便が飛べなくなって、行き先がチェンマイに変更され、その対応でどうしようか、という話です。


(昨日、8月3日)成田→スワンナプームの ZIPAIR便はほぼ定刻通り17:05頃出発して21:45頃バンコク・スワンナプーム空港に着いた。
イミグレの入国チェックはいつも通り、指の指紋認証(?)をされたり。
だだし、TM6 のカード提出は無かった。今までは飛行機の中で記入用紙を配られたが、それも無かった。
コロナ関係のチェックは予想通り特に無し。
(備考。チェンライに着いてからの作業で、TM30 の手続きは「リエントリーパーミットを使った再入国の場合は、手続き不要だった)


220806a
スワンナプーム空港、2022/08/03 22:20 頃

そこからタクシーでラッチャダーの定宿のホテルへ。


220806b
ラッチャダーの定宿のホテルの部屋、8月3日、23:00頃

このホテルは安い分ちょっとサービスが悪くて、フロントが20:00で閉まる。
しかし、予約して置けば守衛さん(ヤーム)が手続きをしてくれるのでチェックインは夜中でも出来る。
ここの予約は奥さんに頼んだので、ちゃんと話が伝わっているか少し心配だったが、タクシーが着くと直ぐに守衛さんがやって来た。
話はちゃんと伝わっていた。

宿泊料700バーツと保証金1000バーツを払って、宿帳(?)見たいのを書いてから、鍵を受け取って部屋へ。
部屋にはペットボトルが置いて有るだけ。

ちょっとお腹が空いて居たので、水を飲んで、日本から持って来たチーズを食べた。

で、落ち着いてからチェンライへ戻る作戦を考えた。
考えたと言っても、いい案は浮かばない。

変更されたエアアジアの便はチェンマイ着20:10。
チェンマイ→チェンライのバスを探したが、チェンライ行きのバスは18:00か18:30が最終らしい。
もっと探せば、有るかもしれないが自分が乗った事の有るVIPバスは20:10ではもう無い。
そこで、考えた方法が3つ。

① チェンマイで1泊して5日にVIPバスでチェンライに行く。

② 4日の夜にチェンマイ空港に誰かに迎えに来て貰う。或いはチェンマイからタクシーなどでチェンライへ行く。

③ バンコク→チェンマイのエアアジア便は捨てて、4日の夜行バスでバンコクからチェンライに行く(5日の早朝チェンライ着)。

②の方法が一番早いし楽だが、誰に迎えに来て貰うかが問題。
余り高くない値段でタクシーとかロットゥーでチェンライに行ければいいが、その情報は持ってないので分からない。
チェンマイに着いてから、当日チェンライに行く交通機関を探すのはハードルが高いし無いかもしれない。

普通に考えれば①が一番妥当な作戦だが、ホテルを探すのも面倒だし、ホテル代も掛る。VIPバスのチケットは多分ネットで買えると思うが、取り敢えずその方法が分からない。
それにこういう事情(チェンライ空港が閉鎖に成っている)だから、VIPバスは既に満席に成っているかもしれない。

③の方法も、バスのチケットの買い方が分からない。
モーチットのバスターミナルに行けばチケット売り場は有るだろうけど、これも満員に成っている可能性があるし、もしチケットが取れたとしても、バンコク→チェンライのバス旅は13時間程掛るらしいので体力的につらい。

まあ、取り敢えず考えるのも面倒に成ったので、寝る事にした。

そして、今日4日(このブログは実際は6日~7日に書いてますが、4日を「今日」としています)、バンコクでする用事もあるが、それが終わった後のチェンライ行きの作戦も考えなければならない。

先ずは②の一番楽な方法で、知り合いのチェンライのタクシーの運転手さんに電話したが繋がらなかったので、奥さんに電話して「チェンマイに迎えに来てくれる?」。
そうしたら奥さんは渋々ながら「迎えに来てもいい」という話に成った。

しかし、夜に片道4時間ぐらいの運転は少し危険がある。出来ればプロのドライバーの方がいい。
で、暫く経ってからもう1度、知り合いの運転手さんに電話したら(この運転手さんタイ人だけど日本語が話せる)「迎えに来てもいい」と言うので迎えに来て貰う事にした。
料金も随分リーズナブルだった。

バンコクの用事は意外とアッサリ終わったが、1つ、奥さん依頼の、シャネルの化粧品の購入が残った。
これが、なかなか見付からないので、空港(エアアジアの飛ぶドンムアン空港)で買う事にして空港へ向かった。

空港には14:30頃着いたが、チェンマイ行きのエアアジア便は19:00発なので、暫く休憩していた。
でも、何か問題が起こるといけないと思って(到着地がチェンライからチェンマイに成ったチケットの変更は、電話で口頭で確認しただけで、ドキュメント類は無いので)、15:20頃、チェックインの窓口へ行った。

そうしたら、ここで大逆転。
16:20発の便(バンコク→チェンマイ便)で行けば、チェンマイでチェンライ行きのバスにフリーで乗れます、どうしますか?、みたいな事を言われた。
これは、断る手は無い。
早速、その変更(19:00発の便から16:20発の便への変更)をして貰って、ボーディングタイムが15:40なので、時間が少ししかない。
で、チェックインをして急いでボーディングゲートへ向かった。
(その前に、予約した運転手さんに「エアアジアでバスを出してくれるので、迎えは要らない」と連絡した。こういう時、日本語が話せる相手だと、ちゃんと通じるのでいい)

ちょっとした問題は、奥さんから頼まれたシャネルの化粧品を捜す時間がまた無くなった事。
(でも、ちょっと見た感じシャネルのお店は無かった気がする)

で、16:20発のチェンマイ行きの便に無事乗れたのでもうほぼ心配は無い。
ただ、チェンマイに着いた後、バスまでどう行くかが分からなかったが、多分、係員さんが「チェンライ行き」とか書かれたプラカードでも持って空港で待機しているのだろうと思った。

結果、その通りで、預入荷物を受け取るターンテーブルの前で、エアアジアの赤い服を着たお姉さん達がプラカードを掲げていた。


220806c
無事に乗れたチェンライ行きのバスの中

隣の席が空いていたので、全然窮屈じゃない。
かなり快適だった。


220806d
チェンライに行く途中のバスの中から



220806e
無事にチェンライ空港に着きました

奥さんから、途中で電話が掛かって来て、「何で空港なんだ」「(家の)近くで降りろ」みたいな事を言って来たが、みんな空港に行くのだし、だいいち家の近くは通らない。荷物だってバスの下の荷物室に置いて有ってそう簡単に「降ろしてくれ」とは言えない。

こういうところは家(うち)の奥さん面倒くさい。

元々はバンコク→チェンライの便なのだから、ドンムアン空港からチェンライ空港まで、途中バス乗車が有って4時間ほど余計に時間が掛かっただけで、エアアジアとしてはちゃんと仕事をしている、と説明したが理解はして貰えなかった。
(悪いのは、エアアジアではなく事故を起こしたノックエアで、エアアジアとしてはいい仕事をしたのではないかと思う)
(ノックエア、潰れるか、チェンライ便を廃止すればいい)


最後にちょっとした疑問が残った。

日本の成田空港で Trip.com の係の方と電話で話した時、「チェンマイ空港からチェンライ空港へのバスでの振替輸送もあります」と一言いって貰えれば、こんなにバタバタする事は無かった。

この時点で、エアアジアの方針が固まって無かったのか、Trip.com への連絡をして無かったのか、Trip.com 内での連絡の不備なのか、或いは、自分のタイのスマホの情報は Trip.com に知らせて無かったので、例えば、4日に分かっても、自分への連絡が出来なかったのか?。
(でも今確認したら、メールも来てなかった)

まあ、今回は結果オーライだったが、コロナとか事故とかあると、国際間の移動は面倒な事も多い。
(今回はタイの国内線の問題だったが、例えば、日本の国内線で似た様な事が起こっても、日本国内なら情報が集め易いので対応が取り易いと思う)



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年8月 5日 (金)

色々あるね(2転3転)

2022/08/04(色々あるね)(2転3転)

2転3転どころじゃない4転5転も・・・コロコロと状況が変わった。
チェンライ空港の閉鎖に関する続編。

自分がまだ日本に居た昨日、8月3日、タイ・バンコクへ行くZIPAIR便に乗る為に成田へ向かった。
チェンライへ戻るのは1泊して翌日の8月4日。

日本を飛び立つための準備、航空機のチケットやコロナのワクチン接種済み証明書、パスポート(再入国許可入り)やタイでの生活費、お土産など、準備は万端。

タイでの1泊の宿の予約や8月4日のバンコク→チェンライ便(エアアジア)も確保済み。
もう何も心配する事は無い・・・ハズだった。

実は、この前の記事「色々あるね(チェンライ空港閉鎖)」を読まれた方は既にご承知おきかもしれませんが、表題の通り、今日8月3日までチェンライ空港はノックエアの起こした事故の後始末で閉鎖されている。
しかし、自分がチェンライに行くのは8月4日で、そのチケットも確保済みなので問題ないハズだった。

閉鎖期間が伸びるとか、空港閉鎖の混乱により予定した便が予定通りに飛ばないとか、確保したハズのチケットがダブルブッキング等でトラブルに成るとか、そんな心配は少し有った。

しかし今は、成田空港に着いて、搭乗手続きも済ませ、出国する為のチェックも終わり、出発ゲート近くの椅子に座って搭乗開始を待つばかり。
ちょっと暇な時間が有りそうだったので、空港Wi-Fi を使って出発前の状況をブログにでも書こうと思ってパソコンを立ち上げた。

Wi-Fi を繋いでブログを書き始めようとした時、明日のバンコク→チェンライ便を予約した Trip.com からメールが来ているのに気が付いた。


220805a
Trip.com から届いたメール(一部編集してあります)

エッ!・・・ブログを書くどころではなくなった。

問い合わせ先の電話番号が書いて有ったのでそこに電話するが、「只今大変混みあっております」が繰り返されるだけでなかなか繋がらない。

今直ぐ困るわけでは無いが、タイに着いてからでは担当者に繋がらない電話の電話代もバカにならないし、こういう事は早く手を打った方がいい。
やっと繋がった窓口の方の感じは良かったが、後から解った事だが、状況は良く把握してなかったらしい。


私・・・チェンライとチェンマイは名前は似ているが全然違う所です。

いろいろ話したが細かい事は忘れた。尚、言葉は正確に覚えてないので要約。

私・・・別の時間の便、例えば、5日でもいいですが(チェンライ行きは有りませんか)。

私・・・今、成田に居てこれからバンコクへ行く便の搭乗が始まります・・・アッ、今、搭乗が開始されました・・・時間が有りません。

窓口・・・5日も6日もチケットは取れません。

窓口・・・チケットをキャンセルして返金にするか、チェンマイへの変更を受け入れるか、どうされますか?。

この時点で、窓口の担当者がもう少し正確な情報を伝えてくれれば良かったのだけど、多分、窓口の担当の人は知らなかった(ていうか、エアアジアもどう対応するか決めて無かったのかもしれない)。

状況が良く分からない中での難しい選択だったが・・・。

私・・・変更通りのスケジュールを確保して下さい。

この電話だけで(ネットでの変更手続きや航空会社への直接の連絡などをしなくて良い事の念押し)変更手続きを確定させて、予約番号も変更がない事を確認して電話を切った。
その時点で、殆どの人の搭乗が済んでいた。

まあ、しょうがない、タイについて落ち着いたら後の事は考えよう。

一応、チェンマイ行きのスケジュールを確保したのは、それを取り消してしまうと、チェンマイ行きの便ももしかしたら満席に成って手の打ちようが無くなると思った為。
チェンマイとチェンライは遠い(車で約3~4時間)が、チェンマイに居ればバンコクよりは何んとか成る。

バンコクに着いてからの続きは次回のブログにて。


追記。

成田空港の搭乗前の空港を撮った写真。


220805e
成田空港、搭乗待機場所

パソコンを開いてこれからブログを書こうと思ったら、エアアジア便の変更メールが見付かって、ブログどころではなくなった。

以下は、そのブログに載せようと思った写真。


220805c
成田空港は何故か結構混んで居た、8月3日、午後3時半頃

右側の列はラーメン屋に並ぶ人の列。


220805b
マクドナルドは何故か閉鎖中

ラーメン屋に行列が出来る程客が居るのだから営業すればいいのに・・・?。


220805d
シャネルも閉鎖中

人は結構居たが、お店は半分ぐらい閉鎖中だった。
ここはまだコロナの後遺症(?)が残って居るらしい。

奥さんにシャネルの化粧品を買って来いと言われたが、休みの為出来ず。
この事が後で、面倒な事に成った。


以上、成田空港の様子でした。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年8月 1日 (月)

色々あるね(チェンライ空港閉鎖)

2022/08/01(色々あるね)(チェンライ空港閉鎖)

昨日チェンライの友人からこんな↓LINEメールが送られて来た。


220801a
空港でのノックエアの事故を知らせるメール

またノックエアかよ・・・。

ノックエアは数年前問題に成って、暫くは「ノックエアだけは乗らない」と思っていたが、最近はあまり気にせずに時間のいい便は乗る事もあった。
しかし、また事故を起こした。

乗っていた人は怖かっただろうな~。

自分は4日にバンコク→チェンライの便に乗る事を予定していたが、ノックエアが「当分の間運航禁止に」成っても他の航空会社の便に乗るだけなので関係ない、と思っていた。

しかし、今日、こんなニュースが飛び出して来た。


220801b

8月3日午後10時まで滑走路を閉鎖・・・まあ、自分がチェンライに戻るのは4日なので問題無い・・・?。

しかし、よく考えて見ると閉鎖が3日までに終わるとは限らないし、仮に4日から空港が再開されたとしても、1日~3日までの飛行機に乗れなかった人が4日に集中するかもしれない。

自分は4日にバンコクの空港でチケットを買ってチェンライへ行く積りだったが、満員で乗れない可能性があるかも・・・?。

バンコクからチェンライに行く方法は、飛行機の直行便が使えない場合、バスで行くとか、チェンマイまで行ってそこからバスなどでチェンライに来るとか幾つか方法が考えられるが、空港の再開を待って4日にチェンライへ来る人も多そうな気がする。

という事で、4日にチケットを買おうとして「満席です」と断られない為に、先に予約してしまう事にした。
4日のバンコクでの作業が何時に終わるか見通せなかったので、遅めの出発便を予約すればいい。
空港はスワンナプーム発でもドンムアン発でもどちらでもいい。

もしかしたら、もう4日の便は全て満席に成っている可能性もあるかもしれない、兎に角早く予約した方が良さそうだ。

そう思って、ネットで直ぐに予約した。

予約はアッサリ取れた↓。


220801c
予約完了の画面

事故の影響(?)で、ちょっと高く成っている気がしないでもない?。
(尚、10940 円には預け入れ荷物25㎏を含む)

この後「発券され次第メールにてお知らせします」とされているメールも来た。
メールで来た、「航空券予約確認書」も「旅程表」も問題無かったので、後は、これをプリントして持って行けばいいハズ。

だけど・・・心配性の自分は・・・空港閉鎖で混乱して、便が中止に成ったり、チェックイン出来なかったりするという不安も少しある。

大丈夫だろうな~?。

兎に角、やっとコロナの規制も緩和されて来て、そろそろ問題なく行き来が出来るように成りつつある、と思ったら、今回も別の問題が出て来た。
まあ、チェンライに行く日が今日(1日)とか明日で無くて良かった。
昔はバスで夜中にチェンライ⇔バンコクの行き来をした事が有ったが、暫くやって無いのでやり方も忘れたし、夜行バスの10時間ぐらいは今と成っては結構きついと思う。


追記(8月2日)

ちょっとした興味で、今、Expe○○○ でバンコク→チェンライの便をチェックしたら、2日は該当なしだった(これは正しい)。
しかし3日は便が有る。
3日はチェンライ空港が閉鎖中のハズだから、おかしい(間違っている)んじゃないの?、と思ったが、よく見たらチェンマイやプーケット乗り換えで、乗り継ぎ2回、所要時間が38時間とかに成っている。
確かに、それなら出発は3日でも到着は4日に成るから、可能ではあるが・・・?。

Expe○○○ 何考えているんだ!。
大体、ハ○○・エア・システムなんて怪しい会社を載せるなよ、と思う。
まあ、おかしな事には普通気が付くだろうから間違って予約する人は居ないと思うが・・・1人ぐらい居るかな・・・?。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


日本退去時の注意点

2022/08/01(日本退去時の注意点)

日本からタイに戻る時、通常は数ヶ月、日本の家を空ける事に成るので、その間に問題が起こらない様に各種の作業をしておかなければならない。
数日で戻るならそれ程心配は要らないが、期間が長いので旅立ち前の作業を忘れると数か月後に帰国した時にとんでもない事になっている恐れがある。
また、後から、作業漏れが心配に成る事も有る。

その為に、作業漏れが無いように、心配な時に後から確認できるように、退去の作業を効率的に行う為に、チェックシートを作っている。

チェックシートの内容はその都度少しづつ変わるが、大体はこんな感じというのを以下に示す。

「そんなの興味が無い」という人も居ると思うが、人によっては少しは参考に成るかもしれないし、日本とタイの2重生活がどんなものであるかを知る手がかりには多少なると思う。

尚、セキュリティーに関する作業は、一部非公開、一部曖昧な表現にしてある。
(自分の使っているチェックシートとは多少異なる)


<<<家を出る数日前から準備する作業(大体作業順)>>>


☑1 車の電源を切る(バッテリーの配線を外す)。車の鍵も閉める。

☑2 バンコク→チェンライのチケットの予約。

時間が不確定な時は事前購入なし。当日購入。
今回はバンコクで作業が終わる時間が不確定なので、国内線のチケットは空港で乗る前に買う積り。
(変更&追記、エアアジアのチケットを購入済)

☑3 バンコクの宿の予約。
(一気にチェンライまで行く時は不要)
(今回はラッチャダーの定宿を予約済み)

☑4 月曜のプラゴミ捨て、火金の可燃ごみ捨て、土曜のペットボトル捨て。最後の回は残さない様に必ず捨てる。
(タイへ戻る日が近づいたら、ゴミが残りそうな物は買わない)
(日本からタイへ行く日は、ゴミ捨ての事を考慮すると、火曜日が一番、水曜日も可)
(バンコクに1泊する時(両替などをバンコクでする時)は、金土の出発は好ましく無い)
(今回の帰国の最後のゴミ捨て、火曜の可燃ごみ捨てを月曜の夜中にした)

☑5 冷蔵庫の物は出来るだけ食べ切る。残りそうな食材は出来るだけ買わない。

☑6 魚を焼くガス台のグリルの中身(網など)を洗う。

☒7 加湿器の中を洗う。
(今回は加湿器は使用してない)


<<<家を出る直前にする作業(大体作業順)>>>

□10 ネズミ捕り関係の仕掛け。

今迄は、基本ネズミの侵入は無かったのだけど、前回の帰国時にネズミに侵入されて、ネズミ捕りで獲った。
そして、タイに戻る時に念の為ネズミ捕りを仕掛けて置いたら、帰国した時に2匹捕らえていた。
今回の帰国中にネズミの侵入は無かったが、念の為、今回もネズミ捕りを仕掛けていく。
ネズミの侵入場所はほぼ分かっているので、そこにネズミ捕りを仕掛けて、更にそこの扉を閉めて置けば、多分大丈夫だと思う。
餌に成る様な物も無いし。

□11 風呂などのガス系統の温水器のスイッチを切る。

☒12 加湿器を切る。
(今回は加湿器は使用してない)

□13 洗濯機の水道の元を閉める。

□14 風呂の水は抜いたか確認。

□15 缶詰やインスタント麺など腐らない食べ物はいいが、腐りそうな食べ物は冷蔵庫の冷凍室に入れる。

基本、そういうものは残さない様にするが、もしも残ってしまった場合は冷凍室に入れる。
菓子類など、持って行ける物はタイへ持って行くか、途中で食べる為に持って行く。
醤油などは冷凍室には入れない。

□16 冷蔵庫を除く全ての電源を切る。

トイレの電気も切る。
(チャイムは一応切らない)

□17 目薬、頭の薬、はちゃんと持ったか。歯ブラシ、ひげそり、サンダルは持ったか。
目薬と頭の薬は付けたか。
ウインドブレーカーは持ったか。

□18 最重要品の再確認。

パスポート、財布、現金、鍵、など。

コロナの規制が多かった時は、タイランドパスとか保険の加入証明書とかPCR検査の陰性証明書とか、色々必要だったが今は要らない。
ただし、今回の出発時はワクチン接種証明書が必要。
チケット(ZIPAIRの場合は領収書)は無くても平気だと思うが、色々な情報が書かれているので、一応、必ず持って行く。

□19 (外にある)水道の元栓を閉める。

以前は水道の元栓は閉めなかったが、もし、家の中のどこかの蛇口などが水漏れ、最悪破裂して、少しならいいが数ヶ月に渡って水漏れしたら大変な事に成るので元栓は閉める様にした。

□20 ☑2階の鍵閉め。☑2階の雨戸とその鍵閉め。1階の雨戸とその鍵閉め。1階の台所の鍵閉め。○○の鍵は内側から閉める。○○は閉めない。以下、セキュリティー関係の詳細は秘密。
最後に、玄関の鍵2ヶ所。


今は大体こんな感じ。

以下、補足説明。
番号は □ の後に書かれている番号と対応。

1.バッテリーの配線を外して置かないと、始動出来なくなる事が多い。
バッテリーの状態や日本の家を空ける期間にもよるが、切っておくに越した事はない。

17.朝と夜に目薬と頭の薬を付けなければならない、これを結構忘れる。
特に、旅立ちでバタバタしている時は尚更。

ウインドブレーカーは、たまに忘れるが、これが有ると空港や機内やホテルで寒い時に重宝する。

18.重要品としては、他にもカードとか印鑑とか有るが、それは別に一覧表を作ってチェックしてからタイへ持って行く。

基本、家には重要な物は残さない。
盗られて困る物は有るが、盗って得する物は置かない方針。
例えば、テレビとか盗まれたら困るが、盗んでも手間やリスクの割には盗んだ人は得をしない。

上記1~20の他に、除草剤の散布等の雑草対策は帰国中のどこかで必ず行う。
以前、コロナで9ヶ月間帰国出来ない時が有って(2019/11/17~2020/08/16)その時は1mぐらいの雑草が生い茂って、大変な事に成った。
でも、そんなに成ったのはその時1回だけ。
ちゃんと除草剤を撒いて置けば多分半年ぐらいは雑草は目立つほどは生えない。
今回は一部ビニールの蓋を被せる実験中。

その他に、昔は日本帰国中は日経新聞を取っていたので、タイに戻る前には必ず料金の支払い&契約解除をしていた。
1回、契約解除期間中に新聞を配られた事が有って、帰国したら郵便受けが新聞でいっぱいに成っていて焦った事があった。
その時は厳重注意して、それからは新聞は取ってない。
(でも、長く日本に居る時は新聞見たい)

尚、郵便受けは数百通郵便物が届いても収められるよう大きな段ボール箱に郵便物が落ちる様にしてある。
多い時だと(冊子を含めて)200通ぐらい溜まる事があるが、多分、500通ぐらいは大丈夫だと思う。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年7月15日 (金)

コロナ予防接種証明書

2022/07/14(コロナ予防接種証明書)

本題に入る前に、今の日本の感染状況について。


220714d
今日(7月14日)のヤフーニュースに出ていた記事

なんか感染者数が大変な事に成っている。
正確な時間は忘れたが夕方のニュースでは、今日の東京都の新規感染者数が16662人で3日連続で1万人越えと言っていた。

ザックリとした数字で言うと、東京都の新規感染者数は自分が帰国した7月1日(約2週間前)で4000人、7月8日(約1週間前)で8000人で今日が16000人。
1週間で倍々ゲームに成っている。

前々回は2021年1月28日(約1年半前)に成田からタイへ行っているが、その2週間ぐらい前に2000人を超えた(東京都の話です)日が有って、この時は気を付けないとコロナに罹ってタイへ行けなくなる、と思った。
しかし、まだ確率的には大分低いと思った。

前回は2021年12月28日(約半年前)にタイに行っているが、その2週間ぐらい前までは1日20人~30人ぐらいで、コロナは収まった様に見えたので前々回のような危機感は無かった。
(自分が渡タイした直後に2022年1月から急に増えて、2月初めには東京都の1日の感染者数が20000人を超えた)

しかし、今は前々回(2021年1月13日~17日)の10倍近い感染率。

累計では全国で1000万人を超えて日本の人口の12人に1人は感染経験者だと言うのだから、これは、自分が罹る可能性は十分に有る。
(渡タイ間際は3回目のワクチン接種が一番効いている頃なのはちょっと心強い)

しかも、感染してもコロナの症状が現れずに治ってしまった人も居るだろうから実際にはもっと大勢の人が罹患していると思う。

今一番流行っているのはBA5という変異株らしいが、これはどの程度危険なものか、そんなに重症患者や死亡者は出てないみたいなので(←ちゃんと調べて無いです)、罹患者数から感じる数字ほどの危険は無いと思いたいが・・・?。


此処までが前置きで、ここから本題。


220714a
本日(7月14日)取得した、新型コロナウィルス感染症予防接種証明書

2021年10月30日に1回目、2021年11月20日に2回目、そして今回2022年7月8日に3回目。
3回共ファイザーのワクチン。

タイではワクチン接種をしてない。3回共日本にて。
2回目から3回目まで7ヶ月半程間が有るのは、色々面倒な規制が有って約半年間帰国しなかった為。
最近やっと規制が緩和(タイから日本と日本からタイの両方)されて来たので大分帰国し易く成った。

大きいのは、日本入国では、前回、前々回の帰国では公共交通機関が利用出来なかったので、タイで成田から自宅までのハイヤー等の予約が必要だったが、今回は、普通に電車で家へ帰れた。

逆に、今度タイへ戻る時は、タイランドパスが不要に成った事とコロナの保険に入らなくて良くなった事。
バンコクでの15日間のホテル滞在(2021年1月28日~)や、1泊のホテル滞在(2021年12月28日)も不要に成った。
(でも、次回の渡タイ(多分8月3日)は別件でバンコクで1泊する予定)


タイ側の規制の変更点については、タイ大使館のページに以下の様な記載が有る↓。


220714e
タイ大使館のページより、7月1日からの入国規制の変更点をまとめた内容

要するに、タイランドパスとか医療保険の加入義務は無く成ったが、ワクチン接種証明書またはPCR検査(等)が必要と言う事で、今日取りに行った「新型コロナウィルス感染症予防接種証明書」が必要と成る(という事だと思うけど・・・勘違いしてないよね?)。
(もしかして、自分が酷い勘違いをしていたらコメントで指摘して下さい)


兎に角、今回は規制の問題とは関係なく、安全の為にコロナワクチンの接種は受ける積りで帰国した。
帰国した時点で家の郵便受けにはコロナの接種券が入っていたので、直ぐにコールセンターに電話して受診日をなるべく早く、ワクチンはファイザー指定で予約した。
モデルナなら早く受けられたらしいが、なんとなくファイザーの方が良さそうな気がしたので。

帰国した日の7月1日に電話して、8日に接種を受けて、今日14日に杉並保健所に行って証明書を受け取った。

郵送での申請も出来たらしいが「2週間ぐらい掛かります」と言われた。
直接取りに行けば1時間ぐらいです、と言われたので、2週間待つよりは取りに行った方がいい。

(スマホで申請して電子データで受け取るのが標準らしかったが、どうもそういうのより「紙」の方が安心)

郵送だと切手とか返信用封筒とかを用意しなければならないのも面倒だった。
もし申請書類に不備が有れば更に時間が掛かるし、直接行けば問題が有ってもその場で対応出来る。
実際は10分程待たされただけで、あっけなく取れた。

と言う事で、また1つ日本滞在中にしなければならない予定が片付いた。

前回と前々回の渡タイは渡航72時間以内のPCR検査が必要で、それがOKに成るまで不安だったが、今回はPCR検査は必要ないので、その点はいい。
(渡タイ間際の忙し時に面倒な時間を取られる事も無いし、PCRの検査料も必要ない)

もっとも、その前に熱が出て来たら困るけど。
熱も無いのに突然PCR検査で「陽性です」と言われる心配は無い。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年7月 4日 (月)

ZIPAIRの機内にて

2022/07/01(ZIPAIRの機内にて)

搭乗時間に遅れそうに成ってちょっと焦った。
手荷物検査とイミグレの出国検査が思った以上に時間が掛かって、走って搭乗待合室に向かった。
そのゲートはE10で、これが何と一番遠くのターミナルの更に一番奥。
手荷物もパソコンなどが結構重くて、走るのは大変だった。
他に、女の子2人も自分と同じ様な感じで「死んだ死んだ」などと言いながら走っていた。

まあ、ちゃんと乗れたのでもう安心。


220704f
ZIPAIRの機内

コロナが流行り出してここ2年程、機内はいつもガラガラだったが今回は4割ぐらい埋まっていた。
3人続きの席で1人も居ない座席も有ったが、残念ながら自分の並びの席は窓側に白人のご婦人が座っていた。
自分が予約した時は空席だったので、後から、座席指定されたのかもしれない。
(3人続きの席で誰も居ない席も有るのだから、そこを予約すればいいのに)

最初に機内放送で、「座席の移動はしないで下さい」とアナウンスされたので席を変える事は出来ない。
今迄のコロナ期間中は3人続きの席で自分1人だったので、横に成って寝られたが今回はそれが出来ない。
(後からトイレに行く時に見たら、結構横に成って寝ている人が居た)

無事飛び立って、暫くして周りを見たらスマホを使っている人が居る。
もしかしてWi-Fiが出来るのか?。
今迄も有料の機内Wi-Fiを使った事は有るが、ここは無料Wi-Fiが有るらしい。


220704o
スマホにWi-Fiが繋がった

Wi-Fiが使えると暇潰しにはいい。
(明日の朝からの活動の事を考えると、寝られるのが一番いいのだけど)

更に暫くして、食事が出て来た。


220704g
鶏そぼろご飯

セットメニューで座席指定や預け入れ荷物と一緒に予約してあった。
LCCの場合、食事は取らない人の方が多いが、自分は取る事の方が多い。

まあまあ美味しかった。

食事には小さなペットボトルの水が着いて来るが、全部飲んでもまだ喉の渇きが収まらなかったので、コーラでも飲みたいと思った。

で、客室乗務員さんに聞いたら、機内販売は「スマホから注文して下さい」と言って、操作方法を教えてくれた。


220704h
機内販売のスマホの画面

コカ・コーラゼロを右下のカートに入れて、後は持って来たら300円払えばいいと思ったら、300円はカード払いに成るらしい。

・・・面倒くさい・・・

「じゃあ、要らない」と言おうと思ったが、此処まで説明してくれたCAさんに悪いので、カード払いをする事にした。
カード番号を入れたり、氏名を入力したり・・・。
たかが300円のコーラを注文するだけなのに何と面倒な事か・・・。
(こんなサービス考える奴バカじゃね!!!)


220704j
CAさんが持って来てくれたコーラ

写真の上の方に「機内販売はこちらから」とあって、注文は下のQRコードを読み込むところから始める。
(自分は既にWi-Fiを繋げていたのでちょっと手順が違ったが細かい手順は忘れた)

(空港でMysosのファストトラックのQRコードを見せなければならないし、今時、スマホぐらい使えないと帰国も容易でない)
(全く・・・爺さんにとっては面倒くさい時代に成ったものだ!!!)

と言う事で(←どういう事だ?)、食事も済んだし、寝難い姿勢だけど仮眠をとる事にした。


220704k
明るく成り始めて暫く経って

毎度お馴染み富士山・・・いよいよ日本。

尚、この少し前にちょっとした相手の都合で通路側の席から窓側の席に移動した。


220704m
陸地も見えて来た

どこだか分からないが、成田空港へ向かっているのだから九十九里の何処かかな?。

という事で、日本帰国、ZIPAIRの機内編でした。

成田では・・・↓。


220704a
事前にパソコンで作ったQRコード

本来はスマホで作ってその画面を見せるものだが、自分はパソコンで作ったQRコードをスマホの写真に撮って、その画面を見せた。

原因は不明だが、以前に帰国した時にMysosがスマホに既にダウンロード済だったのが問題だったのかもしれない。
Mysosのコールセンターに電話して、パソコンでの作成方法を聞いて、「そのQRコードを写真に撮って、空港のチェックで見せればOKです」と言われた。

これは、推測ですが、成田に着いてしまえば「QRコードが無いから入国出来ないです」とは言われないと思う。
単に、住所・氏名や連絡先、座席番号、パスポート番号を事前入力するだけなので、空港でやれば係員に何か言われるかもしれないが、だからといって、入国拒否は無いと思う(多分)。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願い致します。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年6月30日 (木)

スワンナプーム空港にて

2022/06/30(スワンナプーム空港にて)


220630d
スワンナプーム空港、2022年6月30日(木)、PM9時頃

明日(7月1日)の朝、成田到着予定でスワンナプーム空港4階の出発エリアで待機中。
タイに来たのは昨年の12月28日なので約半年振りの帰国。

既にカウンターでのチェックインは終わり、後は ZIPAIR 便の搭乗開始を待つばかり。

此処までにした準備としては。

① 6月7日(火)に ZIPAIR のチケットをネットで購入。

40840 円。
比較的間際に買ったので、思ったより高かった。
因みに、その経験から8月3日にタイに戻る便のチケットは6月23日に予約して 34466 円だった。
(行も帰りも、23kgまでの預け入れ荷物、座先指定、食事、のオプションを含む料金)。

② リエントリーパーミットが取って無かったので、チェンライのイミグレで6月24日にマルチで取得。3800 バーツ。

③ 3日前(27日)、チェンライ→スワンナプームのチケットをネットで購入。

④ 一昨日(28日)、シーブリン病院にてPCR検査を受ける。

受診&陰性証明書作成料1700バーツ。
(前回(2021年10月)は3300バーツだったので安く成った)
09:00頃受けて、15:00頃、陰性証明書(日本語・英語併記)受け取り。
(念の為、日本外務省作成の用紙と記入見本をシーブリン病院へ持って行ったが、シーブリン病院にも有るらしい(未確認))

⑤ 先程(20:30頃)、ZIPAIR のカウンターにて搭乗手続き。

チェックインカウンターの開始は出発時間の3時間前だが4時間ぐらい前から数人並んでいたので、自分も10番目ぐらいで列に並んだ。
チェックインカウンターのOPENは20:15で、20:30頃に自分の番が来て2分ぐらいで終わった。

見せた書類は、パスポートと、PCR検査の陰性証明書、だけ。
ZIPAIRからのメールに、mysos の事前登録をするように書いて有ったが、実際はカウンターでは何もチェックされなかった。
(7月1日追記。バンコクを出る時は何もチェックされなかったが、成田でファストトラックに住所・氏名やパスポート番号を登録したQRコードのチェックはされた)
(自分は mysos を使わないイレギュラーな方法でパソコンで作ったQRコードをスマホの写真に撮って置いたので、それを係の人に見せて問題なかった)

という感じで、(多分)後1時間半もすれば搭乗が開始されて、明日の朝7:30頃には成田空港に到着する予定。

(7月1日追記。ちょっとのんびりし過ぎて、搭乗口に向かう前に、X線の荷物検査で係官が何か気に入らなかったらしく3回もX線検査をされて結局問題無かったがそこで予想外の時間を取られた。その後の出国チェックも混んで居て、搭乗時間ぎりぎり(実際は2~3分過ぎていた)に搭乗待合ロビーに着いた。ちょっと焦った。でも、更に10分ぐらい遅れて来た人も居たようだった)

なんか今、日本はチェンライより暑いらしいので、それがちょっと嫌かも。


220630e
スワンナプーム空港3階の飲食街

外人が多くて(←国際空港だから当たり前か)面白い。
結構ハッとする様な美人が居る(この写真とは関係ありません)。


220630b
外人が多い

アジア人と白人が多い。イスラム人や肌の色が黒めの方も居る。
空港に居る人は大体標準体型か太目が多い。貧相な感じの方は目立たない。
身長は自分より低い方の方が多い。
(外国人が多いと、どうも比べてしまいます)


220630a
(現時点で)3階飲食街の一番外れに有るマクドナルドの斜向かい

ブログを書き始める前に、AOT(会社の名前らしい)の充電スタンド(フリー)の横の席にて。
(写真の左上に充電用のコンセントが有る)

パソコンに電気を充電。自分はジュースとサンドイッチで充電。

このジュース135バーツもしたのだけど、美味しかった。

と言う事で日本の皆様、暫く(約1ヶ月程)お騒がせしますので宜しくお願い致します。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願い致します。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年6月 8日 (水)

日本帰国便のZIPAIRの予約

2022/06/07(日本帰国便のZIPAIRの予約)

そろそろ日本に帰国しないと色んな用事が溜まっているハズなので6月末頃に帰国しようと思っていた。
ただ決断力の無さと、面倒くさがりの性格の為、チケットの購入を先延ばしにしていた。

そんな時、何となくブログ村の「タイ注目ブログランキング」を見て居たら「ジップエアの最安値、あっという間の2万超え」という記事が目に留まった。

余り決断を先延ばしにしていたら、チケットが値上がりしそうだし、万一満席にでも成ったら困るし、ちょっと調べて見るか。
まあ、まだコロナの影響が有るので満席になる事は無いと思うが、調べておいた方が良い。

という事で、ネットで「ZIPAIR 予約」で検索して、「ZIPAIR公式サイト」を開いて調べて見た。

ZIPAIRのサイトで「スワンナプーム発→成田」の便を調べると、今日の日付から数ヶ月先の日付までの日別の運賃が載ったカレンダーが出て来る。
そこで6月末頃の状況を調べると↓。


220607b
ZIPAIRの日別の料金表の一部(関係ない所は編集して削除してあります)

エ~、もうこんなに高く成ってるんだ・・・。
もっと早く予約して置けば良かった!。
(2万円台ぐらいかと思っていた)

多分、1万円ぐらい損したな。

実は、この時点では値段と予約に必要な条件を確認するだけで、実際の予約は諸条件を再確認してからする積りで居たのだが、取り敢えず28日と30日が他の日と比べて4000円程安かったので、30日で(仮の)予約作業を進めた。

すると・・・「残りあと1名」みたいなメッセージが出て来た(正確にどう出たかは忘れた)。

エッ!、そうなの?!、・・・じゃあ今予約するか。

という事で「仮」の積りが「本当の」予約をする事に成った。

入力する内容は、パスポートの情報とか、座席の指定とか、食事の選択とか、メールアドレスとか、最後の方に入金用のカード情報とか、特に難しい事は無い。

ZIPAIRの入力画面は、他の航空会社や旅行会社の入力画面と比べても使い易い。
ただ、最初は「仮」の積りだったので、入金用のカードが手元に無かったり、カードの暗証番号を正確に記憶してなかったりで、ちょっと手間取ったが、探すのに少し時間が掛かっただけで問題なく予約は出来た。

その後、暫くして予約完了の領収書もメールで届いた↓。


220607a
ZIPAIRから届いた領収書メール(ブログに収める為に若干編集してあります)

(座席指定とか食事とか預け入れ荷物とかのオプションを選択したので、カレンダーの値段より高く成っている)
(往復8万円だったら、LCCとは言えないか?)

という事で、次回の帰国はチェンライ発6月30日、成田着7月1日早朝に(ほぼ)決定。

しかし、まだ考えておかなければならない事項は多い。
(ただし、以下のルールに関する部分は自分の記憶に頼っていて、現状の再確認はしてないです。明らかな誤りが有ればコメントで教えて頂けると有難いです)

今回は、公共交通機関が使えるハズだから、今迄の様に、成田からのハイヤー等の予約は要らないハズ。
ただし、今のルールではスワンナプーム空港で搭乗する前にコロナのPCR検査は必要。
(前日か前々日にチェンライのシーブリン病院でするか?)

チェンライ空港→スワンナプーム空港のチケットの予約も(多分)必要。
(これは、出発日が近づいてからする積り。バンコクで用事が出来て数日前に行く可能性も有るので。)

リエントリーパーミットも取らなければ、折角取ったVISAが無駄に成る。
6月30日は90日レポートの期限が過ぎているので、それがどうなるか?(これは無視して多分大丈夫だとは思う)。

奥さんや娘の重大イベントで自分が居なければならない事は無いか。いつまでにタイに戻らなければならないか?。
(奥さんの許可も取ったので、今の所、3ヶ月ぐらいは自分が居なくても大丈夫だと思うが)

あと、タイに戻る時の事を考えると、そのチケットも予約して置いた方がコストを安く出来るが、何となく先に予定を決めるのは面倒。
今の所、今回は1ヶ月ぐらい滞在する積りなので、日本に着いてからタイへの戻りのチケットを買うと、今回の帰国便と同様に多分3万円以上に成るのでどおしよう・・・?。

更なる考慮点は、タイ入国に関する規制が7月或いは8月(或いは9月)でどうなっているか。
タイランドパスは必要か、コロナ保険は必要か、など。
現時点で色々な予測は有るだろうが、過去の事を考えるとコロコロ変わるので、どのタイミングでどのようにタイに戻るかも難しい。

もう一つ、日本の友人にも事前に連絡しておきたいが、LINEが繋がってない友人も居るので、それも考えないといけないし。
このブログを読んでいてくれるといいのだけど・・・。

やっぱり、帰国ってなんだかんだ面倒くさいが、コロナ騒動が落ち着いて来たので以前と比べれば遥かに楽だし、不確定要素も減っている。
(以前は、直前まで飛行機が飛ぶか飛ばないかを心配しなければならない時も有った)
(実際、予約した飛行機が飛ばない事も数回有った)


余談。


220607c
新しい家の事務スペース

まだ机と椅子しかないが、その内ラックとかプリンターとかを揃えてブログの記入とか、株の資料作成とかは此処でやる積り。
割と広いので、作業効率は上がるかもしれない。

もう1つの案としては、トレーニング機器を此処に置いて、事務室ではなくジム室にする。
ただし、この案はまだ奥さんの賛同が得られてない。
「高い機械はダメ」みたいな感じ。

今回のブログも此処で書きました。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年12月20日 (月)

テスト&ゴー停止?

2021/12/20(テスト&ゴー停止?)

表題の様な話がコメントで来た。

・・・まさか!・・・

早速ネットで調べたら、既にユーチューブやタイランドハイパーリンクスに上がっていた。


L3_20211220223701
テスト&ゴー停止も視野(タイランドハイパーリンクスのページを一部編集してあります)

これは全く予想外だった。

実は、きょうの昼間、チェンライの友人から、「オミクロンの新規感染者が60人出たので、また2週間隔離になるかもしれない」みたいな情報が入ったが、「2週間隔離は無いと思う」と返信している。

見通しが甘かったかな~。

まあ、正式に決まった分けでは無いし、現時点でこれといった対応の取りようが無いので、情報に注意して様子を見守るしかない。

困った!。


タイ関連のブログ集へのリンクです。
応援のポチッ、宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年11月19日 (金)

いつタイに戻ろうか

2021/11/19(いつタイに戻ろうか)

こんなコメントを読者の方から頂きました。
それに関連して、自分の今の考えを纏めて置きたいのでブログ記事にしました。


ーーーーー頂いたコメント(一部編集してあります)ーーーーー

迷人様

昨日やっと Thailand Pass を取得しました。
結構大変でした。

私はパヤオのチェンカム近くに、リタイアメントビザを取らずに年9ヶ月ほど住んでいたのですが、昨年3月に日本に帰国してから、入国が許可される日を今か今かと首を長くして待っていました。
私のThailand pass取得までの苦労と体験談をお話します。

まず申請は出国の1ヶ月までにするのが無難です。

まず、ワクチン接種証明書取得、タイで1日隔離ホテル予約と確認書類取得、海外旅行保険などの取得には、それぞれ1週間ほど掛かります。
海外旅行保険はネットで予約した方が絶対安価ですし、途中で延長する場合もタイでネットで出来ます。

もちろん往復航空券の取得も必要です。

これでThailand pass申請の必要書類は整うのですが、問題はタイ大使館から申請書ダウンロードして入力時に、書類を添付する画像はjpegで5メガ以内でないといけないということです。
世界中の申請者がこの面倒臭さに怒ってます(私もそのひとりですが…) 。

私は一回めの申請で上手くいかず再度申請し直しましたが、再申請は一からやり直して1週間かかります。
つまり申請から2週間かかってしまったので、迷人さんも余裕を持って申請されることをおすすめします。
私は申請が当初予定してたフライトに間に合わず、再度取り直しました。

ーーーーー(ここまでが頂いたコメント)ーーーーー


ーーーーー自分の返信コメント(一部編集してあります)ーーーーー

Koji様、コメントありがとうございます。
こういう体験談をコメントで頂けるのは有難いです。

自分も前回(今年の1月)COEの申請には大変苦労しました。
タイランドパスに成って大分簡略化されたと聞いていましたが、やはり、それなりに大変みたいですね。

自分はタイへの再入国許可を取ってから帰国しているので、往復航空券は要らないと思いますが、ワクチン接種証明書とか1日のホテルとか、保険は今の所必要ですよね。

なので、する事は。

① ワクチン接種証明書の取得・・・これは明日(20日)、2回目のワクチン接種が終わるので、その時聞いてみます。直ぐ貰えるのか、何日間か待たされるのか。何処で貰えるのか。タイの要求するフォーマットに合っているのか。

② 航空券の購入。

③ 1日隔離ホテルの予約と確認書の取得。

④ 保険の加入とその証明書の取得。

⑤ タイランドパスの申請と取得。
添付ファイルはPDFでもいいのか?。

⑥ 渡航前72時間以内のPCR検査は必要なのか。必要ならその実施。

⑦ タイへ。

手順としてはこんなものかと思ってます。
(まだ、ちゃんと調べた分けではないです)

ただ、③と④は条件から外れればいいな、と思ってます。
特に③は空港で検査してホテルは必要なくなるらしい気配はある様に感じてますが・・・?。
保険も(多分)どうせ使わないので無駄なお金は払いたくないです。

あと、バンコクで解放されたあと、直ちにチェンライへ行けるのか?。1週間ぐらいの待機期間は必要なのかも、自分は分かって無いです。

兎に角、状況は流動的(規制が緩和される可能性が有る)(規制が強化される可能性は小さい)なので、もう少し様子をみて決める積りです。

あと、自分の日本での作業がどうなるか、いつどこまで終わらせるかも見えてないので、そこも不確定要素に成ってます。

ーーーーー(ここまでが自分の返信コメント)ーーーーー


以上、頂いたコメントとその返信ですが、このブログの読者様には興味を持たれる方が多い話題だと思ったので1本の記事にしました。
尚、自分の誤りや、不足する情報を持たれている方、関連情報をお持ちの方が居りましたらコメントで教えて頂けると有難いです。


余談。

昨夜、麻雀旅行から帰って来て、今朝(19日の朝)その事を記事に書こうかと思ってましたが、先に興味のある話題が出て来たので、この記事を先にしました。

追記。

今、ユーチューブをみて居たらこんなの↓が有って、ちょっと参考に成ったので紹介しておきます。

B1_20211119132601

この他にユーチューブで「タイ渡航11月」などで検索すれば、沢山出て来ます。

幾つか見てみれば、現在の状況を把握出来そうです。



ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼