カテゴリー「日・タイ、往復」の64件の記事

2018年10月14日 (日)

11月の航空券購入、ちょっと焦った

2018/10/13(11月の航空券購入、ちょっと焦った)

今(10月13日)はチェンライに居るが、10月26日の帰国を予定している。

その分のチケットは既に購入済なのだけど、タイへの戻りのチケットをまだ手配して無かった。

大体11月21日(水)ぐらいにタイに戻ろうかと思っていた。
この日程に大きな意味は無いが、成田→バンコクは水曜日が一番都合がいい(理由はちょっと複雑なので省略)。

で、いくらぐらいに成るか、取り敢えずエアアジアの価格を調べて見た。
(自分の場合、安い航空券を探すので、最近は大体エアアジアかスクート)

.
D1_2
11月21日のエアアジアの成田→ドンムアンの価格表

最初、検索の仕方が分からなくて(実は今でもよく分からない)出て来た表が此れ↑。

エッ?、全部経由便?。直行便は無いの・・・?。ここで、ちょっと焦り・・・。

それに随分高い。


よく見たら、この画面の上の方に「直行便」を選択するボタンが有ったので、それをクリックすると、以下の画面↓が出て来た。
(以前は、直ぐに直行便が表示されたけど、変わったのかな?。何か間違えたのかな?)

.
D2_3
11月21日のエアアジアの成田→ドンムアンの価格表(直行便)

直行便が出て来たのはいいけど随分高い。20556円じゃないよね・・・20556バーツだよね?。

エッ・・・?。何でこんなに高いの・・・?。何か操作を間違ったかな・・・?。

しかも上のカレンダーによると、11月21日の次の日は「×」に成っている。もうチケットが売り切れたって事・・・?。まだ1ヶ月以上も先なのに・・・?。

理由として考えられる事は、ロイカトンか・・・?。

しかし、困った。片道に2万バーツ何て出したくない。しかも、エアアジアの価格って、預入荷物とか座席指定とか色々追加してると、絶対に最初の表示価格よりかなり高く成る。

画面の上のカレンダーの様な所にカーソルを合わせると、その日の最低価格が表示された。

それによると、1週間前の11月14日(水)は8700バーツに成っている(直行便の価格だった)。

少し安心・・・でも・・・20556バーツよりは随分安いけれど、それでも高い。

預入荷物料金等が加算されればもっと高く成るハズ。

次に、スクート便がどうなのか調べて見た。

以前スクート便のチケットを買った時は、スクートからメールでプロモ―ションの連絡が来たので、そこから入ったが、今回は、そういうメールが来てないので、グーグルで適当に探してエクスペディアのページから入った。

11月14日(水)の価格を調べた画面が以下↓。

.
D3_2
エクスペディアの搭乗便選択画面

やっと、自分が思っていた価格が出て来た。

成田を朝9:35発の便に乗るには、荻窪駅始発(4:30頃)ぐらいの電車に乗らなければならない。朝が弱い自分としてはちょっと辛いけど、まあ、しょうがない。

17682円なら、エアアジアより大分安いし、多分エアアジアよりも座席スペースは広い。7時間20分ぐらい我慢すればいい。

これに決めた。

後は、画面に表示される要求に従って、氏名や支払い関係の情報を入力して、最後は予約OKの画面が出た↓。

.
D4
エクスペディアの予約完了画面

取り敢えず一安心だけど、メールが来なかったり、なかなか来なかったりした事が過去にある。それで予約が取れなかった事は1度も無いが、メールが届いてそのフライトスケジュールを確認するまではまだ心配。
(心配性です)

「数分以内に確認メールが送信されます」、と書いて有るが10分以上経ってもまだ来ない。

やっぱり心配。

結局、確認メールは20分後ぐらいに届いた↓・・・ヨカッタ・よかった・良かった。

.
D5
エクスペディアから届いた予約確認メール

.
D6_2
メールに記載されていた航空券の概要(編集してあります)

結局、最終的には18482円だった。このぐらいはしょうがない。

という事で一応予約は取れたのだけど、ここで2つの疑問。

1つは、さっき知り合いから指摘されたのだけど、エクスペディアを通して買えばエクスペディアの手数料を取られるので、直接スクートのホームページから買うより高いんじゃないの、という話。

これは、分からないが、そんなに違わない気がする。

もう1つは、エクスペディアの様な予約纏めサイトから入ると、座席の指定や機内食の指定が出来ないのだけど、これはどおすればいいのか?。

運が良ければ、搭乗前に「通路側」と言えば通路側が取れる可能性は大きいが出来れば確定させて置きたかった。
また、今回、昼間の便(9:35~14:55)なので、昼飯も食べたいのだけど、事前予約は出来るのか・・・?。

要は、(予約纏めサイトからではなく)スクートの予約サイトから入った方がいいという事なのか・・・?。

エアアジアはエアアジアの予約サイトから入るので、荷物の重量、座席、食事、保険の有無、等色々指定出来るけど(その分高く成る)、スクートのやり方はまだ良く分からない(プロモーションの時はやったのだけど覚えてない)。

どおすれば、効率良く、各航空会社の価格の差や日程や条件による価格が分かって、諸条件を入れられるのか。

エアアジアだけでも、かなり頻繁に予約ページの操作性が変わるので、折角覚えても次に予約する時は方法が変わっている。

その他にも、ネット予約には以下の様な心配が有る。

① 今回はちゃんと確認メールが来たけれど、確認メールが来ない事もある。それでも今まで1度も乗れなかった(予約が取れてなかった)事は無いが、その辺の確認の仕方が分からない。

② エクスペディアで予約が取れれば、その航空会社の予約が必ず取れるのかも気に成る。タイミングで他のサイト(例えばスクート自体のサイト)から先に予約が入って満席に成って、後から来たエクスペディアの予約が取れない、何て事は本当に無いのか?。

③ エクスペディアだと、「発券処理中です」というメッセージが出る事があるが、処理中と処理完了の違いはどこで分かるのか?。予約完了メールが届けば間違いないと思うが、予約完了メールが届かない事も今まで有った、それでも取れてなかった事は1度もないので、その辺の事情が分からない。

④ エアアジアのサイトでは、処理が途中でフリーズして、最後の「完了」のメッセージが出なくても予約は取れていた事が以前度々有った。

⑤ 最後の支払いの所で、カード会社のページに飛んでパスワードを要求されるサイトとカード番号とセキュリティコードの入力だけで支払いが済んでしまう(?)サイトとの違いも分からない。

⑥ 家のWi-Fiは最近1日に数回切れる。もし、支払いの確定処理中に切れたらどうなるかも心配。

⑦ 今は少し減ったけど、もうすぐタイムオーバーに成ります見たいなメッセージが出て来て急かされるのも嫌いだ。機械のくせに人間様を急かすなよと思う。

⑧ もう一つ大嫌いなもの・・・突然、英語のメッセージが出て来たり、全面が英語に成る画面が出て来たりする。
こっちは、日本人なんだから英語なんかで言って来ても分からないだろ~と思う(自分だけか?)。

兎に角、自分にはネット予約というのは使いずらい。色々苦労が絶えない迷人のお話でした。

朝4時に家を出て、空港に着いたら、「予約が取れていません」、何て言われたら立ち直れない程のショックだと思う・・・まだ無いけど・・・。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月23日 (日)

タイへ戻る日が近付くと気に成る事

2018/09/23(タイへ戻る日が近付くと気に成る事)

3日後の26日(水)に成田発10:00のスクート便でタイ・ドンムアン空港へ向かう。タイに戻る日が近付くと気に成る事が幾つか有る。

① まず今の季節、台風の動向が気に成る。

幸い、今まで(往復)100回近く(片道だと約200回)タイへ行っているが台風で欠航した便は無い。

(注)-----------------------------------------------------------------------

50歳から67歳まで、1年に約5回、18年間。48歳~49歳の時も数回行っている。

大体 5回/年 ×18年 = 90回 。 

1年に4往復の年も有るが、6往復した年も有る。48~49歳の分を加えれば大体100往復弱。

片道だと、約200回、日・タイの間を飛んでいる。

----------------------------------------------------------------------------

今回は台風24号が近付いている。

.
R1
台風の接近を知らせるニュース


.
R2
台風24号の進路予想図

成田発26日10:00の便なので沖縄や台湾付近を飛ぶと思われる26日の昼頃(飛行機が沖縄~台湾辺りを飛ぶ頃)には、まだ台風の暴風雨圏には入ってなさそうなので多分大丈夫だとは思うが、多少の影響、多少の遅れ、は有るかも知れない。

進路が変わったり、早まったりする危険はあるが、今のところ、もろにぶつかる可能性は低そうだ。


② これは、どうにもならない事で、心配してもしょうがない事なのだけど・・・。

円・バーツのレートが今、余り良くない。

自分の場合、株などを持っている関係で、どちらかと言うと普段は円安の方が好ましいのだけど、バーツに両替する時だけは円高であって欲しい。
(そう都合良くは行かないけど)

.
R4
23日(日)のバンコクの円・バーツ両替レート

両替は4日後、27日(木)にバンコクで行う予定。

前回の両替は約2か月前の7月28日に1万円が2995バーツだった。

自分の場合、1万円が3000バーツを超えるかが1つの目安で、3000を超えればいい、それ以下だとちょっと悲しい、というイメージが有る。
前回は2995で3000にほんの少し足りなかったけど、まあまあいいか、と思ったのだが、今回はたった2ヶ月でかなり悪く成った。

下手をすると、2800バーツ台にまで落ちるかも知れない。

それでも、為替は読めないし、ここで円をキープしても更に落ちる事も考えられるので両替はする。


③ ホテルの予約がまだ取れてない。

ホテルは定宿のホテルを前日に予約するか、当日空港から電話で予約するか、直接行くかのどれか。

定宿のホテルを予約するのが一番簡単なのだけど、そこはちょっと不便な場所なので、もうちょと便利な場所にしたいという気もあるし、まだ決めてない。

ホテルに関しては、泊まる所が無くて野宿、或いは、空港で過ごしたと言う事は無いが、予約したホテルに行ったら部屋が空いてない、と言う事は数回有った。

そういう時は、行ったホテルで近所のホテルを紹介して貰ったり、奥さんの(バンコク在住の)お兄さんに取って貰ったりした。
(1泊700バーツの宿が空いて無くて、近くの1泊3000バーツぐらいのホテルに泊まった事もある)

空港で電話して、思った所が取れなかった(空き室が無かった)時は、タクシーの運転手さんに適当な所へお任せで連れて行って貰った事も有る。

まあ、今回は予定ではドンムアン空港着15:00なので、余程の事が無い限り何とか成るだろう~、とは思っている。

ただ、重いキャリーバッグを持ってバンコクの街をウロウロするのは嫌だな。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年9月 9日 (日)

ドンムアン空港の中国語(続編)

2018/08/30(ドンムアン空港の中国語)(続編)

前回の記事、「ドンムアン空港の中国語」、の続きです。
(出来れば、こちら↑を先にお読み下さい)

もう1回、念の為にお断りしておきますが、自分は英語も中国語もタイ語も分かりません。
なので、間違っていてもご容赦下さい。
(コメントやメールで教えて頂ければ尚いいです)

.
E6
空港内の両替所

外币兑换・・・外貨両替

グーグル翻訳によると、こう成っていた↓。

.
E61_3
グーグル翻訳の画面

币」は「幣」かな・・・?。兑」は「脱」かな・・・?。

どうも中国の漢字は簡略化されているので日本語の漢字との対応付けが難しい。

.
E7
先程の両替所の左下に有った案内

パスポートを見せてね、という意味だと思うのだけど、これは難しい。
パスポートは中国語の繁体では「護照」だけど、簡体では「护照」らしい。どっちにしても自分には分からない。

日本の存在感がもっと大きければ、「パスポートをお見せ下さい」とか、日本語の表示も併記されるのだろうけど、ここは中国に負けている。
これは、もう、中国に太刀打ち出来ない、と思う。

なので、英語でも中国語でも、携帯をかざせば直ちに翻訳してスマホの画面に日本語が表示される(或いは音声でアナウンスされる)機能が早く欲しい。
(ゴーグルの様な翻訳機でもいいかも知れない。3秒見つめてまばたきすれば、翻訳された日本語がゴーグル上に表示される様な・・・)
まあ、このぐらいの英語、please show your passport or id は殆どの日本人は分かると思うけど・・・。

でも、ここで言う ID ってのは何だ?。何の ID ?。タイ人の身分証明書=バットプラシャーションの事かな?。

そう言えば、タイ語の表記が無いのはちょっと変だ?。
外国に旅行して来たタイ人が余った外貨をバーツに両替する事だって有ると思うのだけど・・・。

ここはタイなのだから、タイ人にも分かり易くしなければ・・・そういう所がタイ人って少し変だと思う。

・・・次々と、色んな事が気に成る迷人でした・・・。

.
E8
4階にあるレストラン街への案内版

「商店」は日本と同じだ。その隣の漢字は良く分からない。「食」に「館」だからレストランで間違いないと思うけど「〇館」の「○」がどういう字なのか分からない。

因みに上のタイ語 ร้านค้า และ ร้านอาหาร は ラーンカー ラ ラーンアハーン。
ラーンはお店、ラは「~と」(AND)の意味、ラーンカーは商店、ラーンアハーンは食堂。
グーグル翻訳では「ショップやレストラン」と訳された。

.
E9
トイレの洗面所に有った使用方法の説明

これは、絵を見れば分かる・・・って言うか、普通、絵を見なくても分かるだろ~。

余程の未開人で使い方が分からない人が居るのかな・・・?。

この中国語は日本語とほぼ同じなので、中国語の気がしない。

.
E10_2
おむつ交換台

トイレの中に有った設備。

たまには、日本語が中国語に勝つ(?)事も有る。

でも、中国人も、「交換台」の意味は分かるかな・・・?。

まあ、絵を見れば殆どの国の人は分かると思うけど。

こういうの(製品に日本語の説明がある物)タイで暮らしているとたまに有る。

水道の蛇口に「押す」とか使い方が書いて有ったり、コンビニのショーケースに「開く」とか書いて有ったり(正確に何て書いて有ったかは覚えてない)。

そういうのが有ると、日本人としては少しニヤリとする。
(タイのテレビのコマーシャルでも突然日本語が入る時がある。「オイオイ、タイ人にはそんな事言っても分からないだろ~」、と思ってニヤリとする事も有る)

 

まあ、言葉の問題というのは海外で暮らす者にとっては大きな問題で、特に、自分の様に英語が苦手な人間にとっては、空港などでは相当なハンデに成る。

で、タイの場合、漢字が分かる日本人である事がほんの少しは役に立つ事も有る、というお話でした。

早く、自動翻訳の技術がもっと分かり易く、使い易く成って普及しないか、と思っている迷人でした。

ログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

ドンムアン空港の中国語

この記事は9月9日に書いていますが、写真は8月30日に、日本帰国前にドンムアン空港で撮ったものです。


2018/08/30(ドンムアン空港の中国語)

日本とタイの往復も、もう随分やっている。このブログにも色々書いているので、今回はちょっと視点を変えて、空港内の表示言語に注目して見た。



以前から思っていたのだけど、タイの空港ってやたらと中国語の表示が多い。

ドンムアン空港は国際空港だから、英語表記は当然として、かなりの割合で中国語が併記されている。

日本の空港でも中国語表記がされているものも多いがタイ程じゃない。
韓国語が併記されているものも多い。日本の場合、中国が特別扱いされている様には感じられない。

しかしタイでは、中国が特別扱いされている様に感じる。中国語の扱いが大きい。
タイの空港の場合、英語表記と並んで中国語表記が標準という感じに成っている。

これは、どういう事なのか・・・?。

① 中国はアメリカに次ぐ大国という認識で中国語を併記しているのか。

② 空港利用者で中国人の比率が英語圏に次いで多いのか。

③ 中国は地理的にも近く、タイ国内に中華系のタイ人も多い。しかも、中華系タイ人はタイの政治や経済の中枢にいる人が多いので、そういう権力を握っている人達(タイのルールを決める人達)から見れば中国に親近感を持つ人が多い為か。

まあ、多分②が1番の理由なのだろうけど、③もある気がする。もしかしたら①もあるかも知れない。


前置きは、このぐらいにして実際にはどう成っているのか↓。

以下、基本的に英語もタイ語も中国語も分からない人間(自分の事です)のつぶやきですから、間違っていても笑わないで下さい。

.
E1
ドンムアン空港の連絡通路

チェンライから来た便を降りて、到着出口&荷物受け取り場所に向かう通路。

旅客到達・・・「達」の字が「达(注)」に成っているけど、(日本語的に)大体読めるし、意味も通じる。
(注)グーグル翻訳で字を拾ったのだけど、ちょっと違う。点の数が2個に成っていた。

行李
領取・・・こうりりょうしゅ(?)。行李って日本語もあるし(注)領取も漢字の意味から受け取るって事だと思えるし、何となく分かる。

(注)行李とは、竹や柳、籐などを編んでつくられた葛籠の一種。


英語でも分かるけど、自分は中国語の方が日本語みたいで分かり易い。

これ、どうなんだろ~・・・結構、中国語の方が分かり易いと思う日本人が多いんじゃないか?。

.
E3
預入荷物の受け取り場所

ทางออก、Exit
、出口・・・出口は中国語でも出口(チューハオ)らしい。これは(日本語と同じなので)分かり易い。でも Exit ぐらいは英語の苦手な自分でも分かる。
ทางออกタンオーク)も分かるけれど、自分はちょっと(10秒ぐらい)考えないと分からないかも。

.
E4
預入荷物の受け取り場所に有った案内板


洗手間・・・トイレの事を「お手洗い」って言うから何となく分かるが Toilets の方が分かり易い。「間」はこの字でいいのか分からない。
(まあ、絵🚻を見れば分かるけど・・・この絵は国際標準なのか・・・?)

失物招領処(?)・・・処がちょっと違うけど、多分、この字だと思う。失くし物はこっちに取りに来て、という意味かな~?。

Baggage Service だとグーグル翻訳では「手荷物サービス」ってなるけどイマイチ意味が分からない。

.
E5
国内線の預入荷物受け取り場所を出た所

国際到達・・・国际到达・・・国際線の到着はあっちだ、という意味だと思う。
international arrivals 国际到达 のどっちが分かり易いかは微妙。

因みに、英語の苦手な自分は最初 ARRIVALS の意味が分からなかった。
DEPARTURES とどっちが出発でどっちが到着か分からなかったが、Globe の DEPARTURES の歌を思い出して分かる様に成った。

約見点・・・グーグル翻訳では以下の様に成ったけど、これはちょっと難しかった。

.
E11_2
約見点

約束を見る地点、っていう意味か・・・?。

まあ、こんな事調べても特に役には立たないと思うけど、何が書いて有るのか分からない、意味が分からない、というのは気に成るので調べて見た。

因みに、日本の空港にも中国語表記がされているものも有る。例えば↓。

.
E2_2
成田空港第2ターミナルの地階(2016/01/15の成田空港第2ターミナルの記事より)

航站楼・・・ターミナルビルって意味らしい。
(「站」は「駅」の意味なのか・・・?)
(「楼」はグーグル翻訳だと「建物」と訳される。「塔」の意味も有るらしいので大きい建物はみんな「楼」なのか?)

右側に中国語と韓国語の表記が有る。

タイの案内板と比べると文字の大きさが違う。

この写真の案内板は(日本の案内版は)

日本語 > 英語 > 中国語 = 韓国語 

だけど、タイは大体

タイ語 = 英語 = 中国語

で、日本と比べると相対的に中国語の扱いが大きい。

これは、単に文字の大きさの違いという事では無く、タイでは中国の存在感が日本よりも大きいと言う事だと思う。


だから・・・どうした・・・と言われても困るのですが・・・。

まあ、タイに居ると、日本人ってのは、英語も中国語(漢字)も読めるので便利な事も有ると思う事が有る。稀には、日本語が読めて便利だと思う事も有る。

次回、もう少し例をあげます。今回は此処迄。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ここまでお読み頂き、谢谢(簡体)。しかも、ポチッとして頂き、謝謝(繁体)。
.

2018年7月28日 (土)

ドンムアン空港に到着

2018/07/27(ドンムアン空港に到着)

エアアジアXJ603便は、ほぼ定刻通り19:00にドンムアン空港に到着した。

.
A31
降機直後のドンムアン空港

写真の時間は日本時間で表示している。タイ時間は19:06。
(以下、写真の表示時刻は日本時間。タイ時間はマイナス2時間)

.A33
ドンムアン空港のイミグレへ向かう通路

自分は、ちょっと急いでイミグレへ向かうが、タイ人は動く歩道で立ち止まる人が多い。
(新宿の都庁へ向かう動く歩道では、日本人はみんな速足で歩いて行く)

今回、前の方の座席(8C)だったので、飛行機を出るのは早かった。イミグレへ向かう通路の途中で他の便の乗客らしき人達が沢山いたが、速足で抜いて行った。

自分が付いた時はイミグレ前で並んでいたのは、20~30人だったが10分ほどで後ろに100人ぐらい並んだ。
多分、急いで歩いたおかげで30分はイミグレの待ち時間を節約出来た。

列には、仕切りが有って、ディズニーランドの待ち行列の様にジグザグに並ぶが、途中で中国人(らしき人)がズルして、仕切りを潜って近道をした。
老夫婦の様な中国人は、後ろに居たファラン(白人)に怒られて、その後ろに行ったが、それでも10人ぐらいはズルして抜いて、知らんぷりをしていた。

これも中国人らしきお兄さんは、仕切りを潜って近道をしたが、ファランの2~3人に怒られて、元の所に帰らされた。

ズルをする中国人、直ぐ怒るファラン、どちらも民族性が表れている。

ちょっと、変わった見方だけど、横暴な白人に対抗するのに図太い中国人っていうのもいいかも知れない。
(今回のケースは明らかに中国人(らしき人)が悪いけれども、白人の自己本位というのはアジア人から見れば目に余る。基本的にバイキングの子孫の野蛮人)
.

A35
ドンムアン空港

着陸した時は深い青色の空だったが、もう黒い空に成っている(19:08)。

.
A37
ドンムアン空港、イミグレと税関を抜けた出口

.
A39_2
ドンムアン空港第1ターミナル(国際線ターミナル)到着フロア

.
A45
空港内の両替所のレート

10000円が2816バーツ・・・これは成田空港内の両替所のレート(10000円が2638バーツ)よりかなり良心的なレート。

.
A47_2
タクシー待ちの行列

日本からタイへ来る時の行列(注)もこれが最後。

(注)(エアアジアの搭乗カウンターの行列、手荷物チェックでの行列、成田のイミグレでの行列、飛行機に乗る前の行列、ドンムアンのイミグレでの行列、最後にタクシー待ちの行列)

日・タイの行き来で、面倒くさい行列もこれが最後。

兎に角、無事に予定通りバンコクに着いた。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

成田空港にて

2018/07/27(成田空港にて)

荻窪の家を9時頃に出て成田へ向かう。

JR中央線→JR山手線→京成線、経由で成田第2ターミナル駅11:40頃着。

.
A11
成田空港第2ターミナル、11:49

写真右、「N」の奥()がエアアジアの搭乗カウンター。

今日は14:25発のエアアジアXJ603便でバンコク・ドンムアン空港へ向かう。

.
A13
国際線出発(南口)

此処を入って、手荷物検査。

今日はその後、イミグレの手前で税関にちょっと寄る(現金の持ち込みが今回多めだった為)。

イミグレも空いていて、アッサリ通過。

前回入国する時(顔認証システムに変わって)入国印を押されなかったが、出国は従来通り、イミグレの係官と対面で審査されて、出国印も押された。

.
A14
イミグレを出て搭乗待合室へ向かう通路

今回は96番ゲート。途中には、高級なブランドショップが立ち並ぶが自分には関係ない。

.
A15
両替所

両替所が有ったので一応写真を撮って置いた。

1バーツ3.79円。いつもは1万円が何バーツに成るかで把握しているので、

1÷3.79×10000=2638 ・・・ これはかなり悪いレート。

米ドルが(お店側から見て)売りが113.64円、買いが108.12円、(113円で売ってあげます、108円で買ってあげます)、は分かるけど、トルコリラが、40.83円で売ってあげます、4.83円で買って上げます、っていうのは意味が分からない。

トルコリラって、そんなに信用のない通貨なのか・・・?。

1年ほど前に、トルコリラの債券の購入を証券会社に勧められた事があるけど買わなくて良かったかも知れない。

.
A17
お土産物屋

いつも賑わっている。タイ人のお客さんも多い。
籠いっぱいにお土産を入れた客が2列で、各20人ぐらい並んでいた。物凄く儲かるお店だと思う。

自分も奥さんに頼まれたキティちゃんのカステラを捜したが、既に売り切れだった。

.
A18_2
獺祭

別のお店で、人気の日本酒、獺祭を売っていた。

実は、自分も荻窪のルミネで買ってキャリーバックに入れて持って来てある。

値段を比較してみると、荻窪で買った物が2572円。空港が2381円。
同じ物だと思うのだけど、8%の消費税分空港の方が安いのか、酒税は関係ないのか、良く分からない(知っている方がいたら教えて下さい)。

.
A20
これから乗るXJ603便

搭乗時間は搭乗カウンターで言われた時刻より十数分遅れたが、出発はほぼ定刻通りだった。

.
A22
エアアジアの機内に有ったタイの入国カードの書き方

参考までに、入国カードの書き方の写真を撮ったので載せておきます。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年6月25日 (月)

ドンムアンから成田へ

2918/06/24(ドンムアンから成田へ)

今回の帰国便、ドンムアン→成田の出発時刻は今日(6月24日)の午前0時45分。

スクート航空の窓口での搭乗手続きは前日の午後10時頃に済ませた。

.
O1
スクート航空の搭乗券

Boarding Time が 0000 に成っている。

これは搭乗時間が0という意味ではなくて、午前0時0分と言う意味(←そんな事、説明しなくても分かるか)

因みに、今回のドンムアン→成田の片道料金は、食事と座席指定料込みで5015バーツ。1バーツ3.606756円で計算して、18088円。自分としてはかなり安く買えた方の値段。

.
O2
これから乗るスクートの飛行機

ほぼ予定通りに搭乗は開始された。

.
O3
搭乗中

座席は11C。前の方の席で通路寄り。

自分の場合、トイレに行き易い通路側を予約する事が多い。

今回はお坊さんの2人と相席だった(お坊さんが11Aと11B)。タイ人ならワイ(手を合わせる動作)ぐらいするのだろうけど、自分はしない。
(タイの航空会社の場合、お坊さんは相席しないと思っていたが、自分の勘違いか?。スクートはシンガポールの会社だからお坊さんの特別扱いは無いのか?)

まあ、巨漢のファランとか怖そうなファランのオバサンでなくて良かった。
流石にタイ人でも、お坊さんはマナーがいい。

飛び立って暫くして食事が運ばれて来たので搭乗券を見せて、食事(と水)を受け取った。
何となく国際線の場合いつも食事は予約(注)するが、周りを見ていると食事を摂る人は殆ど居ない。夜行便で食事を摂るのはLCCの場合1割ぐらいかも知れない。
(注)(最近殆どLCCなので、食事の付く飛行機には乗らない)

食事を摂って後は寝るだけ、目が覚める頃には日本に着いているハズだが、今日はなかなか寝付かれなかった。
(もっとも椅子に座っているので、どっちにしても、ちゃんとは寝られないけど)
それでも、その内ウトウトして来て、明け方、機内放送が煩くなるまで寝ていた。

いつもは、最低1回はトイレに行くのだけど、今回は面倒くさいので行かなかった。
(だったら、窓際の席の方が良かった・・・?)


.
O4
成田第二ターミナル

成田に着くとホットする。狭い飛行機の座席から解放されて、見慣れた風景。

同じ空港でも、昔、タイの空港に着いた時は、「高揚感」が有ったが、日本の空港に着いた時は、「解放感」。

やはり、日本の方が気が楽で落ち着く。

.
O5
成田空港の風景

今回、入国手続きで初めて顔認証システムを経験した。

いつもの様に、イミグレの係官の居るゲートではなく、白い機械が10台ぐらい並んでいるゲートに案内された。

ちょっと戸惑ったが、大体やる事は分かったので、パスポートの顔写真のあるページを開いて、機械のガラスの部分(読み取り部分)に当てる。ただそれだけ。

どうやら、パスポートの写真と、自分の顔を機械が見比べて同一人物と判断するらしい。

自分は空港以外も含めて、初めて顔認証というものを経験した。

係官にパスポートを預ける分けではないので、入国スタンプが押されない。
ちょっと不安だったので、顔認証の案内をしていた係官に聞いたら、入国印は要らなくなったらしい。

まあ、入国印は無くても困らないか・・・?。

何かの時に、外国に居た事の証明に入国印が有った方が安心な気がしたが、実際、入国印を見せる事は殆どないし、仮に何かあっても、タイの入出国の印は有るのでそれで証明できるだろう。

.
O6_2
税関のチェックが終わって外に出た所

税関のチェックもパスポートを見せて申告書を渡しただけで、問題なく通過。

後は、電車に乗って荻窪へ帰るだけ。

と言う事で、これから7月27日まで、日本での生活が始まります。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年6月 9日 (土)

久々のエアアジアのネット予約

2018/06/09(久々のエアアジアのネット予約)

暫く前に、エアアジアのネット予約が上手く出来ない事が有って(注)、それからエアアジアのネット予約はしていなかったが、大分日が経っているし、ちょっとやってみようと思って、今日、チェンライ→ドンムアンの予約をやってみた。

(注) ------------------- 2018/03/12 の記事より -----------------------

理由はよく分からないが、(エアアジアの)ネット予約が途中で出来なく成る。

今迄も似た様な事はあったが、やり直して出来た。しかし、今回は何回やり直しても出来ない。
(エアアジアの顧客窓口に電話して、履歴をクリアしてやって見て下さい、と言われたので、そうしたら少し先に進んだが、結局、最後の所で出来なかった)

(注) 終わり ---------------------------------------------------------

.
Z2_3
エアアジアの予約の最初の画面

始めに、出発地、目的地、出発日等をを使って入れる。

次に、検索をクリックして、その後、画面を進めていくと、見慣れない画面が出て来た。

ちょっと、やな感じ・・・また、拒否されたのか・・・?。

.
Z4
謎の画面(編集してあります)

(自分の場合)こういうのが困る・・・英語、分からないんだから~。

ロボットが何だって言うんだ・・・?。

しょうがないので、この画面を開いたまま別の画面でグーグル翻訳を開いて調べてみた。

.
Z6_3
グーグル翻訳の画面

なんだか良く分からないが、何となく分かった。

エアアジアの画面に戻って、「Please slide to verify」、の所をスライドしたら、次の画面が出て来て、その後は問題なく、予約の最終段階まで進めた。

しかし、ここで思う事・・・何で日本語で表示しないんだ。
自分なら日本語へ画面ごと(か文単位で)変換するサブルーチンを作って、そこに飛び込んで表示するシステムを考える。
コンピューターやソフトの技術が進んでいるのだから、なんとかならないものかと(英語の判らない)自分は思うのでした。

.
Z8_2
エアアジアの予約の最終画面

この画面の前に、クレジットカード会社の支払いの画面で(カードの)パスワードを入力して承認されて、チケットの購入が出来た。

予約番号6桁が振られて、確認メールも直ぐ(注)に届いた。

(注)5分ぐらい後に、気が付いたら来ていたので、1分ぐらいで届いたのかも知れない。

.
Z10
届いた予約確認メール

無事に20日のチェンライ→ドンムアンの予約が取れた。

料金は1166バーツ(預入荷物あり、座席指定なし、保険なし)なので、まあまあだった。

しかし、こういうネットを使った手続き、歳と共にだんだん苦手に成っていく気がする。困ったものだ。

まだ、バンコクでの宿の予約もしてないので、これから、やらなければならない。
これも、面倒くさい。


余談。

6月23日(土)に日本に帰国する(日本到着6月24日朝)。その前に、日本から友人達がタイに遊びに来ているので、バンコクで合流する事に成っている。

今回は、その為の、6月20日、チェンライ→ドンムアンのチケットを買った。 

日本に行くチケットは既にスクート航空のチケットを購入済。
因みに、バンコク(ドンムアン)→成田、のチケットは3月31日(約3か月前)に5015バーツ(1÷0.29×5015≒17300円)で購入した。



ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年4月21日 (土)

初めてのSCOOT航空

2018/04/21(初めてのSCOOT航空)

只今、空の上。スクート航空の機内にてブログを書いています。

スクート航空に乗るのは、今回が初めて。機内の Wi-Fi を使うのも今回が初めて。

.
B1
成田第二ターミナル、スクート航空のチェックインカウンター

本日は、奥さんと娘を連れての日本旅行を終えてタイへ戻る日。
朝4時に起きて、奥さんと娘を連れて来るのはなかなか大変だったが、此処まで来れば一応一安心。
ただ、初めてのスクート航空なので、ちょっとした不安は有った。

しかし、受付のお姉さんも日本人だったし、チェックインの手続きは他の航空会社と同じだったので特に問題は無かった。

預け入れ荷物も既定の20kgに収まる、19.1kg~20.9kgで問題なし。

航空会社の決まりは知らないが、例えば20kgが上限とすれば20.9kgまではOKな様だ。

重たい荷物を3つ預けて身軽に成った。
(駅の階段などでは、1つずつ3回運んだりしたので、結構大変だった)

その後、軽い食事をして、手荷物検査やイミグレも無事通過して、次にお土産。

奥さんが欲しいと言った、キティちゃんのカステラを買おうと思ったが、AKIHABARA、というお店はレジが長蛇の列で、レジ待ちで10分以上かかりそう。
搭乗券に指定された搭乗時間まで10分ぐらいしか無かったので、安全を見てそこで買うのはパスした。

指定された83番ゲートの手前にもお土産物屋が有って、そこは空いていたし、娘の希望のキティちゃんのチョコレートも有ったので、そこでお土産を買った。

キティちゃんのチョコレートを4つ、奥さんはカステラを4つ買った。

一応、娘の希望も奥さんの希望も、時間ギリギリで出来たので此処までは上出来。

後は搭乗を待つだけ。

.
B2
これから乗るスクート航空機

さて、飛行機の中はどんなものだろう・・・?。

あのエアアジアより安いチケットだったので、多少、狭かったり、汚かったり、サービスが悪かったり、という事は考えていた。

だだ、飛行機何て乗ってしまえば、後は座って居るだけで目的地(バンコク・ドンムアン空港)まで連れてってくれるのだから、それでいい、というのが自分の考え。

.
B3
スクート航空の機内

機内は、意外に(?)綺麗だった。

家族3人で14のABC。自分が窓側、娘が真ん中、奥さんが通路側。家族3人で続きの席で、隣に知らない人と接してないのがいい。

前後の座席間隔も、もしかしたらエアアジアより広いかも知れない。全体的に綺麗だし、快適だった。
(まあ、狭い座席に座って6時間じっとしていなければならないのだから、「快適」、というのは変かも知れないけど、比較の問題です。それ程窮屈では無かった、といういい方の方が正しいかも知れない)

これで、あの値段なら(自分は)エアアジアよりこっちの方がいい。

最初の期待値が低かったので、余計に気持ち良く感じた。

.
B4
順調に飛行中

陸地と海の境界線辺りを飛んでいるが何処だか分からない。

で、この窓、光を遮る上げ下ろし出来る物が無い。
最初、日光が差し込んで、眩しくて暑くて嫌だな~と思った。もしかしたら、LCCだから、そういう設備を省略して経費削減をしているのか・・・と思った。
しかし、そんな物省いたってコストに影響するようには思えない。第一、そんなもの、飛行機を買う時に標準装備で付いて来そうだし・・・?。

暫くして、前の席の窓を見て、分かった。

.
B10
透明度が調節出来る窓
左上が一番透明な状態。右上が透明度が少し落ちた状態。左下が透明じゃなく成った状態。右下は、にこちゃんマーク見たいな謎のスイッチ(?)。

前の席の窓が真っ黒に成っている。これは何か仕掛けが有るのかも知れない。

怪しいのは、窓の下にある丸い物。ひっとしてこれで透明度が調整出来るの・・・?。

試しに、にこちゃんマークの口みたいな所を押して見たら、左側の青い光が下に移動して窓が段々暗く成った。

へ~凄い、こんなの初めて見た!。

娘と2人で、こんな会話を交わした。

もしかしたら、こんなの常識で、LCCしか最近乗ってない自分が知らないだけ・・・?。

透明度を調節するボタンを押して、実際に透明度が変わるまでに少し時間が掛かるのは何故なのか・・・?。
電気でも流して結晶の状態でも変化させているのか・・・?。
温かい風でも入れて温度を変化させているのか・・・?。
ちょっと気に成る。

.
B5
機内食

機内食はLCCなので有料。チケットをネットで予約する時についでに3人分予約しておいた。

これは、そんなに美味しい物では無かった。

.
B21
機内ではネットも使える

手順は、よく覚えて無いが、色々やっている内に繋がった。ただし有料。

.
B22
このブログ(ココログ)も機内で書いてます

通信速度に何段階か有って、試しに一番安いのにしたのでレスポンスはちょっと悪いが途中で通信が途切れたりはしてない。

ちゃんと使える。

長く成ったので、今回は此処まで。

あと2時間ぐらいでドンムアン空港に到着予定です。
ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年3月13日 (火)

SCOOT航空のネット予約

2018/03/12(SCOOT航空のネット予約)

今回の帰国はエアアジア便で来たが、まだタイへの戻りの便の手配はしていない。

で、戻りの便もエアアジア便を第一候補に考えたが、ちょっと問題が有ってエアアジア便の予約が取れない。

理由はよく分からない。ネット予約が途中で出来なく成る。
今迄も似た様な事はあったが、やり直して出来た。しかし、今回は何回やり直しても出来ない。
(エアアジアの顧客窓口に電話して、履歴をクリアしてやって見て下さい、と言われたので、そうしたら少し先に進んだが、結局、最後の所で出来なかった)

で、他の航空会社で何かいいのが(安いのが)ないか探していたら、自分の希望する日程ではSCOOT航空の方がエアアジアより安いらしい(注)事が分かった。
(注)(飛行機の値段って、手荷物料とか預け入れ荷物料とか、座席指定料とか、保険とか色々あって、簡単に比較は難しい)

で、試しに、SCOOT航空のチケットの購入をやって見る事にした。

グーグルでスクートで検索して、こんな↓のを見付けた。

(以下は、自分が今回1回だけやった記憶で書いているので、間違った事を書いているかも知れません。その点を含んで読んで下さい)

.
W1_2
スクートで検索した画面

検索の1番上ではなく、広告が3つぐらい有って、その次に出た画面。

何で、最初から成田(NRT)発になっていたのかは分からない。
(自分が、ネット検索で「成田」を入れた情報を何処かから受け取ったのか、デフォルトで成田なのか、地図情報を得ているのか、自分には分からない)

次にの「東京都(NRT)発のスクート便」をクリックすると、下の画面が出る。

.
W2
目的地、日付、人数、等を入力する画面

左上から

片道を選択。
人数▲で大人3人に。
目的地は「バンコク」と入力すると幾つかの候補が出て来る。その中から「DMK バンコク」を選択。
日程はカレンダーの絵をクリックするとカレンダーが表示される。右の▲で1日毎の変更も出来る。

前後の安い日程も表示される。
(自分の様にそんなに細かい日程には拘らない人間にはこの機能はいい)

画面の下の方には、その日の幾つかの便が出て来るので、希望の時間の便を選べる。


その後は、画面の指示に従って、食事の選択とか座席指定とか手荷物・預け入れ荷物の選択とかWi-Fiの選択とか色々有って、最後は支払い方法の選択画面に成る。

食事は種類が少なくて、しかも、高い気がした。
座席指定はタダだと思ったら、料金が掛かっていたらしい。

.
W3
支払い方法の画面

基本運賃25200円×3、3人分の食事が4080円(高い)、1人分のWi-Fiの最低料金が560円(使って見ないと分からない)、座席指定料が2880円(座席指定を入力した時はタダだと思っていた)。

合計で83120円と成っているが、結局は85520円に成った。

この後、カード会社の承認画面に入って、そこで、カード会社のパスワードを入力して、承認後、予約済みの画面が出た。

.
W4_2
予約済み画面

予約は予約完了メールがお客様に送信された時点で完了します、と成っていて、直ぐ(10分ぐらいだったと思う)予約完了メールが届いたので、多分、大丈夫だと思うけど、やはり初めての事なので、少し不安は残る。

.
W5_2
予約完了メールに添付されていた旅程の詳細情報

まだ実際に搭乗してないので、SCOOT航空の良し悪しは分らないけど、ネットの予約のシステムはエアアジアのものより使い易い気がした。

4月の終わり頃に、実際の搭乗記を書くかも知れないです。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼