カテゴリー「日・タイ、往復」の91件の記事

2020年8月11日 (火)

エアアジアの返金2件

2020/08/11(エアアジアの返金2件)

非常に反響の大きかった(アクセス数が飛び抜けて多かった)「2020/06/21(エアアジアの返金)」の記事に関して、そこから状況が進展したわけでは無いですが、その時に書かなかった「もう一つの返金要求」も含めて現在(8月11日)の状況を纏めました。


コロナ騒動に成る前にエアアジアのチケットを2つ予約していた。
この便は2つ共コロナ騒動の為、飛行がキャンセルされた。

1つは5月9日発の 成田⇒ドンムアン の便(仮に予約番号をQQQQQQとする)。

もう1つは6月25日発の ドンムアン⇔成田 の便(仮に予約番号をYYYYYYとする)。
(YYYYYYが「2020/06/21(エアアジアの返金)」で返金要求した便)

QQQQQQは片道だが家族3人の予約、YYYYYYは自分一人だが往復の予約。

因みに、もう一つ、4月10日発の ドンムアン⇒成田 の便の予約も有って、これはスクート便だった。
スクートに関しては完全(?)に潰れてしまったので、返金やスクートのクレジットへの入金は半ば諦めている。
(一応、返金される事には成っていたハズだが、その後何も連絡が来ていない)
(もしかしたら、クレジットカードへの返金がなされている可能性も有るが、確認して無い)


① QQQQQQは6月12日にエアアジアのチャット(AVA)で、エアアジアのクレジットアカウントへの入金を依頼して、
7月8日にクレジットアカウントの発行が完了したというメールが届いた。


C1_20200811163401
7月8日にエアアジアから来たメール(一部編集してあります)


試しに、エアアジアのページから会員ページに入って、クレジットアカウントの状況を確認してみた↓。


C21_20200811191701
QQQQQQの金額が発行されたクレジットアカウントの内容(一部編集してあります)

思っていたより金額がほんの少し多いが何故だか分からない。

実は、エアアジアのクレジットアカウントって使った事がないのだが、今度、タイの国内線で使ってみようと思う。


② YYYYYYは6月21日にAVAで、(三井住友VISAカードの)クレジットカードへの返金を依頼して、
今日(8月11日)確認したところ依然「処理中(Status : In Progress)」だった。

以下↓はAVAとのやり取り(一部省略)。

C2_20200811170101
AVAのスタート画面


C4_20200811170401
AVAに返金処理を依頼した時に振られたケース番号を入力。
その後、メールアドレスを入力。

すると、以下の様な返答が来た。


C5_20200811171201
返金処理(YYYYYY)の現在の状況は「処理中」

まあ、当初から返金処理の完了は11月~12月ぐらいの積りだったので、予定通り。
(予想より早く終了していたり、処理内容が変わったり、消えたりはしていなかった)

因みに、日本語で回答出来ないか試しに聞いてみた↓。
(以下のAVAからのメッセージは、「なんか、ややこしそう」という事を示す為に載せただけで、読んでも詰まらないです)


C12_20200811172901

C13
何かの初期設定をすれば出来るらしいが、面倒なのでしてない。

英文の回答はグーグル翻訳で調べた。


まあ、今回のコロナ騒動で潰れてしまった会社も有るので、エアアジアは(まだ?)潰れてないだけ「まし」かも知れない。
今年の末頃にYYYYYYの分の返金、40000円ぐらいがクレジットカードに戻ればいいな~と思ってます。



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年7月26日 (日)

いつ帰国するか

2020/07/26(いつ帰国するか)

コロナ騒動の始まる前に、4月10日に帰国して5月9日にタイに戻るスケジュール(家族旅行)と、6月24日に帰国して7月29日にタイに戻るスケジュール(1人旅)の2回の帰国を予定していたが、そのどちらの便もコロナの影響で飛行機が飛ばなかった。

帰国のチケットは4月はスクート便、6月はエアアジア便を取っていた。
どちらの便もキャンセルに成ったが、無理にでも帰ろうと思えば6月は(他の航空会社の便で)帰国出来たと思うが、情勢が好転しないか様子見で帰国しないで居た。

7月の最初の時点では、7月の半ばぐらいまでには日本に帰国する積りでいたが、なかなか帰国の条件が緩和されないので、どうしようかと迷っている内に、日本でまたコロナ感染者が増えだしたので、また、もう少し様子を見ようと考えが変わった。

今は、ことコロナに関しては日本よりタイの方がはるかに安全だし、タイ国内の規制はかなり緩和されて来たので、日本よりもタイの方が居心地がいいと思う。

それでも、日本でやらなければならない用事も有るので、一旦は帰国しなければならない。
現時点では8月中旬頃の帰国を考えている。

因みに、8月中旬とした理由は、10万円の給付金の締め切りが杉並区は8月24日という話(国際電話で聞いた)だったので、娘の分と合わせて20万円、折角帰国するなら、せめて飛行機代ぐらい出る時期に帰国しようと思った事による。
(自分と娘は杉並区民。事情を考慮しての締め切り期限の延長は出来ませんと言われた。ネットの申請は終了したとも言われた)

あと、心配だった家の周りの状況も国際電話で確認して問題ない事が分かったので、急いで帰る必要は多少薄れた。

まあ、今日本に帰っても2週間の自宅待機とか、それが解けても飲み会とか麻雀とかやり難い雰囲気だし、出歩くとコロナに感染するかもしれないし、あんまり楽しい雰囲気は無い。

(タイからの帰国者に対して「自宅待機」を要求するというのは間違っていると思うがルールなので順守はする)
(しかし、現時点では感染者数から言って、日本のほうが100倍以上、多分500倍ぐらい危険なのだから、タイからの帰国者に対して自宅待機を要求するというのは、おかしい)

更に、用事が終わってタイに戻って来ようとしても、タイ側の入国規制は厳しいので、先ずいつから戻れるか(9月からか、10月からか、もしかしたら来年に成るか)も不明確だし、例え戻れたとしても(飛行機に乗ってタイに来れたとしても)8月とか9月ぐらいなら、多分14日間のホテル待機とかありそうだし、いろいろ困難な条件が多い。
(タイにいつ戻って来れるのか、というのが最大の懸念事項)


例えばの計算。

コロナ給付金が貰えるまでに帰国すれば、片道+片道(現時点では先の確定的な予測が出来ないので往復チケットは買えない)のチケット代が、チェンライ⇔スワンナプーム⇔(多分)羽田で15万円ぐらい、これに、羽田→荻窪のレンタカー代と、タイでの隔離中のホテル代、合わせて給付金の20万円では足りないかも知れないが、まあ、それに近い金額で何とか成るような気がする。

ただし、戻りのチケット代はLCCが飛べば安くなるかもしれないし、エアアジアのクレジットが使えるかも知れない。
タイ側の受け入れで14日間の隔離の規制が解ければ隔離中のホテル代は要らなくなる。

この辺のホテル事情は理解してないのだけど、多少料金が高くてもある程度の快適さの有るホテルじゃないと嫌だし。

あと、日本出発前のコロナの感染検査とか、医療保険の問題とかもあるし、そもそも、日本の感染者がこれ以上増え続ければ、9月10月を過ぎてもタイ側が日本人の入国を許可しない可能性が大きいし。

自分としては、一般旅行者も受け入れる様に成れば一番いいが、タイ人の配偶者の資格でタイへ入国出来る様には成りそうな気配が有るのでそれに期待している。
ただし、その場合には2週間の隔離とセットに成ると思う。
(例えば、10月からは一般の旅行者も入国を認めると分かれば、ちょっと長いけど、8月帰国、10月タイに戻りでもいい)

兎に角、まだチケットは買ってないので、まだまだ様子を見て帰国時期を判断しようと思っている。

もし、8月に帰国したとして、当分(例えば3ヶ月以上先とか)タイに戻って来れない様なら、8月の帰国も諦めるという選択肢も残して置く。
(日本には用事が有るので1ヶ月ぐらいの滞在は必要と思うが、必要がなくなれば速やかにタイに戻って来たい)

当初予定の4月に帰国出来ない事によって、例えば、車検の期間が過ぎてしまったとか、なにか年金や税金関係のするべき手続期間が過ぎていたりとか、庭の雑草が大変な状態に成って居るとか(此れは、現時点では近隣からは苦情が出ていない事は確認した)、株の関係で権利の消失が有るとか(ある事は間違いないが大きな損失は多分無いと思う)、日本で受けていた医療が受けられないとか、兎に角、問題は山積している。

郵便物が見れないので、重要な事項の見逃しがないか、というのが一番心配だが、こういう状況なので、まあ、しょうがない。

実は、無理をすれば3月に帰国できる機会は有って、その時に帰国して居れば、上に挙げた様な問題(日本に対する心配)は無かったが、逆に、4月5月6月7月と家族と離れ離れに成ったし、この先も、もっと長く会えないと思うので、3月に帰国しなかったのは多分、正解だったと思う。

同じ事が、8月の帰国に対しても言える分けで、8月に帰国した場合、一応9月か10月にはタイに戻って来れる事を想定しているが、これが、来年まで延びる様なら、もう少し先まで帰国を延ばすという選択肢も考えられる。

まあ、日本とタイの2拠点を持っている事は、いい面もあるがリスクも大きい事を今回の事件で痛感した。

補足。

日・タイの移動がこれだけの長い期間、自由に出来ないという事態は想定していなかった。
以前、赤シャツ隊がスワンナプーム空港を占拠していた時に、父が倒れて、母から「日本に帰って来てくれ」、と言われた時に困った事が有ったが、今回の困難はそれ以上。
(この時は、他のルートでの帰国も考えたが、父の状態が少し回復して、次にいよいよ危ない、という時には空港の占拠は終わっていた)



日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年7月 9日 (木)

エアアジアの返金(途中経過)

2020/07/09(エアアジアの返金)(途中経過)

非常に反響の大きかった記事「2020/06/21(エアアジアの返金)」に関するメールがエアアジアより来ましたので一応紹介しておきます。


Y1_20200709235901
エアアジアからのメール

一応、忘れられてはいない様だ。

実は、本当に返金されるかは半信半疑だったが、少しは期待が持てそうな感じに成って来た。


それとは別に、この記事、理由は分からないのだけど、(多分)過去最高のアクセス数が有った。


Y2_20200710002501
No.1 の「チェンライ雑記帳」はホームページなのでアクセスが多いが、
No.2 の「エアアジアの返金」が4132アクセスと、次の No.3の 750アクセスと比べても異常に(?)多い。

何処か、非常に人気のあるブログか何かから紹介されたのかな・・・?。

まあ、6月21日の記事のコメントも含めて、皆さんの関心の大きかった記事だと思いましたので、途中経過(と言っても、入金されるまでは進展してませんが)を載せました。


追記。

エアアジアから来たメールの「こちらから返金リクエストのステータスをご確認いただけます」の「こちら」を押してみたら以下の様なページにリンクした。


Y3_20200710032601
エアアジアのAVA(?)

この後、予約番号を入れたら氏名を聞いて来た。
自分は返金作業の状態がどう成っているか知りたかっただけで、予約番号を入れれば情報は十分なハズで、例えば、「処理待ちの2000件の内の1500番目です。100人の手続きに約1日かかります」、とか、そういう回答が欲しかったのだが、なんか変だ。

エアアジアのクレジットに誘っている様にも見える。

氏名とか入れて行ったら、最後に、「ありがとうございます」「エアアジアバーチャルオールスターラヴァー。クレジットへのリクエストを受け付けました」とか表示されて、クレジットカードへの返金が取り消されるかも知れない。
なんか怪しげな感じがしたので、取り消した。

エアアジアオールスターラヴァーとかクレジットアカウントのリクエストとか、何か分かりにくい言葉を使って誤魔化している様な気がする。
(基本的に文章として正しいのか?)
(日本人をバカにしてないか?)

もっと分かり易い普通の日本語を使えよ、と思う。

それに、こちらのメールアドレスに対して送って来るのだから、こちらの請求を(多分機械が)見て送って来ているハズ。だったら「こちら」とか回りくどい事を言わないで、正直に現状がどう成っているのか吐け。

・・・コメントで、「私は返金されました」、というのを頂く事を期待してます・・・。



応援ポチッ、宜しくお願いします↓↓↓

ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年6月21日 (日)

エアアジアの返金

2020/06/21(エアアジアの返金)

多分、出来たと思うのだけど、もしかしたら何か勘違いしてるかも知れないので、このブログの通り返金処理をしたけれど出来なかった、と言われても責任は持ちませんので、その点はご承知おき下さい。

6月25日、ドンムアン発、成田行の、エアアジア XJ600 便がコロナの影響でキャンセルに成ったので、その分の返金処理をネットでした。

尚、以下の操作内容の例示は、操作中にコピーしたものの他に、後からブログ用に再操作してコピーしたものも有るので、もしかしたら間違ったものが有るかも知れないです。


L1_20200621164801
グーグル等でエアアジアの画面を探す

多分、色んな入り方が有ると思うが兎に角、以下のページに入る。
(今回は、グーグルで「エアアジア 払い戻し」で検索して、「新型コロナウィルス感染症(Covid-19)による~」のページに入った)


L2_20200621172701

この画面からチャットボット AVA(アヴァ)に入るには、右上の赤い服を着たエアアジアのCAさんの辺りをクリックする。


L3_20200621174701 

AVAから右の様なメッセージが帰って来るので「COVID-19によるフライト変更」をクリックする。

「フライトの変更」っていうと、日程を変える事の様な感じがするが、ここをクリックして進めた。

このページの左下(1つ前の表に出ています)に、「チャットボットAVAから「COVID-19によるフライト変更」を選択後、以下のカテゴリーを選択してお手続きください」、と書かれているのでそれに従った。

その後、カテゴリーは、1の「エアアジアによるフライト欠航」、を選択。


L4_20200621181201
オプションの選択画面

ここで「返金リクエスト」、を選択。


L5_20200621184201
返金リクエストの後も、チャットボットAVA、が色々聞いて来る

AVAの指示に従って、氏名、Eメールアドレス、予約番号を入力。
尚、入力は全て予約した時と同じ内容を(半角英数字で)入力した。

最後に、一番下の「こちらをクリックしてください」、の箇所をクリックするとライブチャットの画面に入る。
(ライブチャットの画面をエアアジアはオールスターと呼んでいるらしいが意味不明)


L11
ライブチャットに接続中の画面

繋がるまでおよそ6分53秒お待ちください、って成っていたが大体それぐらいで繋がった。


L12_20200621191501
ここからライブチャット開始

どう書くか、余り考えていると、急かされる。

予約番号はチャットボットAVAでも入力済だが、確認の為にもう一度聞いて来るのか?。

基本的疑問。
これ、日本人の担当者に繋がってるのかな?。
この担当者は日本から応答してるの?。
まさかAIじゃないよね?。

初めてやるが、普通に日本語で通じる様なので良かった。


L13
氏名と生年月日を入れた後の返信

慌てて入力したので、氏名+生年 と 月日 を別々に入れたのだけど、ちゃんと理解してくれた。
やはり、相手はAIじゃなく人間らしい。


L14
「それでは返金処理で依頼させて頂きます」

「依頼する」のは自分なので、ちょっと日本語が変な気がするが、まあいい。
意外とあっさり終わった。
まあ、年内ぐらいに返金されればいい。

と、ここまでやって、実は「クレジットカードへの返金」って良く分からない。
クレジットカードはVISAなのだけど、「返金」ってした事が無い。
4~5ヶ月後に何か連絡が来たら考える。
もし、何も連絡が来なければウヤムヤに成ってしまいそうでちょっと心配。

まあ、コロナ騒動って色々面倒くさい。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年3月31日 (火)

遂にフライトキャンセル

2020/03/31(遂にフライトキャンセル)

そう成るんじゃないかと思っていた、4月10日のドンムアン発、成田行きの便がやはりキャンセルに成った。


Z10_20200331135301
昨夜(2020年3月30日夜)来たスクートからのメールの一部

英語で来る所が気に入らないが、まあいい。

Cancellation of your Scoot Flight(スクートフライトのキャンセル)の後に英文が有って、Google 翻訳すると↓。


Z11_20200331140501
4月10日のスクート便のキャンセルを知らせる内容

スクートトラベルバウチャーてのが良く分からないが、次にチケットを買う時に使えるものなのかな?。

自分からは何もしなくていいのかな?。

30日以内にメールか何かで連絡が来るのかな?。

「未使用のフライト部門の返金」って何処までなのかな?。

良く分からない事もあるが、まあ、全面的に損にならなくて良かった・・・?。

しかも、以前のブログで書いたけど、奥さんと娘の分のチケットも有って、その分に対しても同じメールが来ているので、キャンセルに成って良かった面もある。
(こういう時は、都合のいい方の事を考えた方が、ストレスは少なくて済む)

ついでに書くと、日本からタイへの戻り便はエアアジア(3人分一緒のチケット)で、これも既にフライトキャンセルに成っているので、何かしないと100%損に成るのか・・・?。
現時点で、未対応。


まあ、日本での受け入れの問題や、タイの国内の移動制限など、不確定な要素、ストレスの溜まる要素も多かったので、(今は)帰国出来ない事がハッキリして、或る意味スッキリした。
当面、面倒な事を考えずに済むのはいい面もある。

90日レポートは3月5日に出したばかりだし、VISAの期限切れはまだ当分先だし、バーツも3月6日にチェンマイで両替して当面必要なお金は有るし、調べたら、薬も5月の中旬頃までは有りそうだし、日本で何かの手続きの遅れが有っても、致命的なものは無いと思うので、今は、ちょっとゆっくりしようと思う。

ただし、4月に入ったら(明日から4月)、日本での手続きの遅れの影響の調査や、必要なら日本への電話対応を行わなければならない。
困るのは、日本の家の郵便ポストに入っているであろう郵便物が見れない事で、見落としが心配、というのは有る。


チェンライでどう過ごすかというのもある。
家に籠る事が多く成ると思うが、ただ単に家に籠っているだけではストレスが溜まる。
家には、奥さんと、学校が休みの娘も居るが、ここのケアも考えないといけない。

自分はといえば、カラオケも当面中止に成ったし、4月の料理教室も中止に成った。
自分は日本に帰る積りでいたので、出席は予定していなかったが、日本人会の新年度の懇親会(?)も中止になった。

お店が、やってない(と思う)ので、飲み会や食事会、コーヒー屋、にも行き難い。
仮にお店が開いていたり、誰かの家でやるにしても、この自粛ムードの中、敢えてやるのも、やり難い。
実際に、そこで感染が起こる可能性も100%否定はできない。

日本人経営のお店に行って、食事でもしながら情報交換というのも、閉まっていたり、テイクアウトだけに成っていたりで難しい。

・・・困った・・・

そうは言っても、ず~っと家に籠っているのも、(健康やストレスに)良くないので、何か考えなければと思う。

例えば。

① 少し距離をとってオープンエアの場所で、少人数で飲み会をやる。

② お互いに事前に家で検温して、問題ない少人数のメンバーだけで何かの催しをやる。

③ 家族でコロナに感染しそうもない所に観光に行く。

④ 常に殺菌ジェルを持ち歩いてこまめに消毒する(今もやってます)とかマスクをする(今やマスクもチェンライの街の常識)。

兎に角工夫をして、ある程度の安全性を確保した上で、何かアクションを起こさなければ、と思う。
(100%の安全保障は出来ないが、安全確保の努力はして)

まあ、一人でブログを書いたり、株価の動きを見ているのが、一番安全だとは思うのだけど・・・。
(株価の動きを見ているのは楽しいが、見ていると買いたくなるという難点がある)
(既に、それで大分損をしているし)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年3月26日 (木)

飛ぶのかな~スクート

2020/03/26(飛ぶのかな~スクート)

まだ、この先どうなるか分からないが、一応4月10日に帰国する積りでスクート便を予約してある。

予約情報をスクートの画面から確認すると↓。


E3_20200326181801
スクートの予約確認画面(少し編集してあります)、2020年3月26日チェック

此れだけ見ると、まだ4月10日の便はキャンセルはされてない様に見えるし、スクートからもキャンセルに成ったというメールは来ていない。

ただ、「LCCはみんな飛んでない」、という話も聞こえて来たので気に成る。

もし、今、予約できる状態に成っていれば、スクートはまだ4月10日に飛ばす気があるのだろう、と思って予約画面を覗いて見た。


E1_20200326182801
1ヶ月分の最低料金を示す表

此れを見ると4月6日までは、飛んでいないのか、満席でチケットを売っていないのか・・・?。
ただ、4月7日からは、最低料金も表示されているので飛ぶ様に見える。

4月10日が予約できるか見て見ると↓。


E2_20200326183601
スクート便予約画面(編集してあります)

チケットも売っている様だ。
ただし、自分は既に買っているので、此処までしか見ていない。この先に進めるとどんなメッセージが出るかは分からない。

まあ、現時点で見ると4月10日は飛ぶ事に成っているらしいが、この1つ前の表で4月6日までが空欄に成っているので、スクートもコロナの感染状況や乗客の状況、タイ当局の動向などを見て、この先キャンセルにするか否か、考慮中の様な気もする。

何となく、キャンセルされる可能性の方が高いと思っているが、絶対にいつ迄に日本に帰らなければならない、という事もないので、様子を見ようと思っている。

ただ、日本から持って来ている薬があと何日持つか、とか、日本に置いて有る車の車検期限が過ぎてしまう、とか、郵便受けが一杯に成って溢れかえる、とか、なにか重要な手続きを逃す、とか、家の状況の点検とかもしなければならないので、出来れば4月10日には帰国したい。

もう一つの懸念は、帰国した場合、1ヶ月ぐらいでタイに戻りたいが、数か月タイに戻れない可能性も大分出て来たので、それも頭が痛い。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年3月15日 (日)

どおしよう、日本帰国

2020/03/15(どおしよう、日本帰国)

何となく、日本ブログ村のタイ情報ランキングを見ていたら、ねまき猫さんのブログの、「あはっ!欠航キタ-------」、って表題が目に留まった。
中を見たら、「エアアジアの欠航の連絡メールが来た」、という話。

エッ!、と思って自分のメールを見たら、自分にも来ていた。


N2_20200314154201
昨日(3月13日)エアアジアから届いたメール

フライトキャンセル通知、ぐらいは分かるが全文英語なので詳しくは分からない。
(日本のユーザーに送るメールなのだから、日本語ぐらいちゃんと書けよ、と思う)

グーグル翻訳で訳して見た。


N4_20200314154601
エアアジアから来たフライトキャンセル通知のグーグル翻訳(前半部分)

ハッキリとは分からないが、日本に帰国した後の5月のタイへの戻りの便がキャンセルに成ったらしい。


実は、当初予定では自分は3月17日(火)にチェンライを出て18日(水)の朝、成田に着く予定でいた。
3月18日のドンムアン→成田のスクート便は予定通り飛ぶらしいので帰国は予定通り出来るが、(タイへの)戻りのエアアジア便が運休に成ったらしい。


3月18日に帰国日を設定したのは、日本に置いて有る車、本田のフィットの車検が3月22日に切れるので、それまでに帰国しなければ、というのが1番の問題だったのだけど、コロナの騒動で、車検の期限が4月30日まで伸びた。
なので、今、急いで帰国する必要は無くなった。

日本には、色々の用事が有って帰国するが、もう一つの目的は、麻雀とか飲み会とか、日頃ご無沙汰の日本の知り合いとの交流にあるので、この時期、麻雀も飲み会も自粛とかあるので、そんなに出来そうもない。
折角、帰国しても十分に遊べない。

それに、コロナに関してはチェンライより東京の方が危なそうだし、そういう点でも東京に居る時間は、今回は必要最低限にしたい。
チェンライでのんびり、遊んで居た方がいい。
この時期、チェンライはPM2.5で空の色が黄色く霞んでいる、という別の問題はあるが・・・。

しかし、近い内に帰国しなければならない事には変わらないので、4月10日に帰国する事に変更した(24日間の先延ばし)。

(3月22日から)4月30日まで延びたとはいえ車検はしなければならないし、その他に保険関係の手続きとか、投資関係の整理とかも有るし、目や頭の薬も取りに行かなければならない。
覚えて無いが、年金関係や税金関係の手続きも何かあるかも知れない。この時期、年度代わりでやる事が結構多い。
家の状況なども確認したほうが良い。


スクートからも2月19日にメールが来ていた。


N7_20200315190401
スクートから2月19日に来たメール

エアアジアのメールは英語で来たが、スクートは日本語で案内が来た。
スクートの方が会社として優秀なのかも知れない。
(日本を含む国際線を飛ばしていて、日本語表示もまともに出来ない航空会社って・・・)

スクートは無料で出発日の変更が出来るらしいので、3月17日の出発を4月10日に変更する手続きを、ネットで行った。


まだ、色々な事が流動的なので、どうなるか分からないが、4月10日に帰国して、戻りの便が有るのか?。
日本からの入国がタイで禁止に成ったり、14日間の隔離とか成ったりする可能性も有る。

戻りの便は新たにチケットを買わなければならない。
乗客が少ないせいでスクート便のチケットは安く成っている様だが、もしかしたら、(チェンライに戻りたい)4月下旬~5月上旬ころは、フライトがキャンセルされているかも知れない。


あと、もう一つの不確定要素に家族の日本旅行が有る。

チケットは、4月10日成田へ出発(スクート便)、5月9日タイへ戻り(エアアジア)、で買ったが、5月9日のエアアジア便は多分フライトキャンセルに成る。
一応、自分が4月10日ドンムアン発にしたのは、もしかしたら、家族3人で日本へ行けるかも、と思った為で、その場合は家族3人のタイへの戻りのチケットを買わなければならない。

この場合、タイに戻って自宅待機を2週間するとなると、娘の学校の新学期が5月11日頃からなので4月27日頃にはタイに戻らなければならないが、奥さんのVISAを取らないとすれば、4月24日戻りぐらいの日程がいいかも知れない。
この場合、(日本滞在がMAX15日間なので)車検とか色々、自分の用事をこなすのがタイトなスケジュールに成る。

ディズニーランドが閉鎖中とか、観光面でも制約を受ける事が予想されるし、一番困るケースは、日本からタイへの入国が出来なくなって、新学期に間に合わない事も考えられるので、ギリギリまで、状況を確認して判断する。

まあ、妻子の日本行は今の所難しそうなので、「今回は中止」、と言ってある。
(自分1人なら、5月でも6月でも7月でも日本で暮らせる)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年2月 1日 (土)

ドンムアン⇔成田のチケット購入

2020/02/01(ドンムアン⇔成田のチケット購入)

航空券はどうすれば有利に買えるのか、実は、良く分からない。
日・タイの行き来は年に4~5回有るし、妻子を連れて行く事も有るので、チケットを上手く買えるかどうか、という問題は大きい。

自分の場合、一番は価格の安さで、次に乗り心地(座席の広さなど)、あと、その他のサービス(成田か羽田か、出発時刻とか、預入荷物とか、食事とか、日程変更の可否とか)も少しは考慮する。

当然、「時期」は有るので、いくら有利でも乗る必要のない時のチケットは要らない。
でも、激安だったら短期間でも娘とか連れて行ってもいい。
(3月~5月以外の季節に、家族を日本へ連れて行く事は滅多にないので、10月ぐらいに安いチケットが有れば、短期の日本旅行をしてもいい)

日・タイの往復をするように成って、最初の頃は、「安心」を重視して日系の航空会社(日本語が通じる)を選んだが、慣れてくれば別に日系に拘る必要は無い。
それに、最近(?)はLCCでも、結構日本語の話せるCAさんも居る。

「安さ」という点ではやはりLCCだと思うが。
ただし、最近、ANAやJALなどのレガシーキャリアは使ってないので、今はどうなっているのか分からない。

LCCでも、チケットの買い方(プロモーションとか買う時期など)によって、随分値段が違う。倍以上の差が出る事は普通に有る。
同じ様な条件(或いは、同じ便)でも、価格の差はレガシーキャリアよりもLCCの方が大きい(と思う)。

で、自分の場合、実際はどうなのか。
たまたま、今、予約済みの日・タイのチケットが6件程有るので、それを比較してみた。

サンプル数としては少ないが、同じ(或いは、同じような)条件で、買い方によってどの程度の差が出るのか、値段に焦点を当てて比較してみた。

先ずは、現時点で購入済みの、日⇔タイ間のチケットの一覧表↓。

 購入日  利用日 1人当たり単価(片道) 会社 出発空港 出発時間 食事 備考
2019/12/20 2020/03/18 24168円 スクート ドンムアン  0:30 無し  
2020/01/07 2020/03/18 34960円 スクート ドンムアン  0:30 無し 変更前
2020/01/31 2020/04/10 58520円 スクート ドンムアン  0:45 無し 変更後
2019/11/30 2020/05/08 19480円 エアアジア 成田 14:25 有り 18周年記念セール
2019/11/30 2020/06/24 21966円 エアアジア ドンムアン 23:55 有り 18周年記念セール
2019/11/30 2020/07/19 21966円 エアアジア 成田 20:40 有り 18周年記念セール

全て座席指定、預入荷物も全て有り(20kgか25kg)の料金。なので、食事の有無以外は条件はほぼ同じ。
(フラットシートとかは滅多に使わない。最安値の席を使う事が多い)

備考欄の「変更前」「変更後」は一旦買った後に、出発日を変更する必要が生じた「前」と「後」。
最初に買った時(変更前)に予約変更可能オプション(1人840バーツ)を付けたので、変更前に支払った金額は変更後に繰り越された。なので、変更後の料金は、変更前料金+変更後の便との差額支払い分(34960円+23560円=58520円)。

備考欄の「18周年記念セール」は、確か(?)2019年11月末までの限定セールだったと思う。

下の2行は、往復で買ったので、ネットの操作上は1連の操作。
行き(ドンムアン→成田)の預入荷物が20kgで戻り(成田→ドンムアン)の預入荷物が25kgなので、本当は戻り方が高いが、面倒なので往復分を2で割った数字。

こうやって見ると、買う時期(基本的に早い方が有利)や出発日によって全然違う。

(今回の場合の)最安値を100とすれば、上から、124、179、300、100、113、113、に成る。
スクートかエアアジアかとか、予約変更可能オプションとか、食事の有無とか、条件は少し違うが傾向は少し掴めた気がする。
尚、同じくらいの条件なら、自分は、エアアジアよりもスクートを選ぶ。
(スクートの方が乗り心地がいい気がする)

4月10日ドンムアン発の奥さんと娘の便が、今回の最安値(19480円)の3倍に成ったのは、娘の学校関係のスケジュールに不確定要素が有った為で仕方がない面も有るが、最初から分かっていれば、日程変更が可能な、レガシーキャリアにしておいた方が良かったかも知れない。

また、前回の記事「スクート便の予約変更」にも書いたが、2019/12/20 に買った3月18日ドンムアン発の料金と、2020/01/07 に買った同じ便の料金が、予約変更可能オプションを考慮しないと、全く同じ条件で2000バーツ(約7600円)違う。
昨年の12月20日から、今年の1月7日までの18日間で、同じ条件のものが、7600円「も」高く成った計算に成る。


尚、チケットの入手の仕方は、
以前はバンコクのHISの店頭でANAなどのレガシーキャリアのチケットを買う事が多かったが、ここ数年はスクートやエアアジアなどのLCCのチケットをネットで買う事が多く成った。
(旅行会社に行って対面で買う方が楽か、家でネットで買う方が楽か、という問題は有るが、一番はネットでLCCを買った方が安いと思っている)

ネット予約はエクスペディアなどのサイトから入る事も有るが、大体はスクートやエアアジアのホームページ(?)より、直接入る事が多い。
エクスペディアなどの旅行の纏めサイトから入るのと、直接、航空会社のサイトから入るのでは、どちらが有利(一番は価格が安い事)かは分からないが、直接航空会社のサイトから入った方が、座席とか、保険とか、預入荷物の重量とか、食事とか、細かい指定がやりやすい気がする。

あと、以前、エクスペディアでタイの国内線のチケットの購入で「発券中です」というメールが来て、そのまま変化なく、結局、よく分からなかった事が有る。
なので、エクスペディアにはちょっと不信感が有る。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




スクート便の予約変更

2020/01/31(スクート便の予約変更)

なんか損した様な気もするのだけど、調べるのも面倒なので、事実だけを書き留めます。

読者の方が、チケットを買う時の参考に成れば・・・ならないか・・・?。
操作を間違えた様な気もするし、結構、高く買ってます。


4月に予定している家族での日本旅行、自分は用事が有るので妻子より先に、3月18日午前0:30ドンムアン発、成田行きのスクート便のチケットを買った。

購入日は 2019/12/20 で、購入条件は、座席指定、預入荷物20kg、食事なし、で6360バーツだった。
1バーツ3.8円で計算すると6360×3.8=24168円。
(このぐらいは、まあ、しょうがないと思う)

奥さんと娘の分のチケットの購入は、娘の(タイの)学校関係の用事がいつ迄にケリが着くのか分からなかったので、暫く保留していたが、娘が「パパと一緒で大丈夫」と言うので、2020/01/07 に自分と同じ、3月18日午前0:30ドンムアン発、成田行きのスクート便のチケットを買った。

購入日は 2020/01/07 で、購入条件は、座席指定、預入荷物各20kg、食事なし、日付変更可能なオプション付き、で1人当たり9200バーツだった。
1バーツ3.8円で計算すると9200×3.8=34960円。

もし、日付変更可能オプションを付けなければ、1人当たり、8360バーツ(31768円)だった。
(同じ条件で比較すると、2019/12/20 に買った時より 2020/01/07 に買った時の方が1人当たり2000バーツ高く成っている)
(やっぱりLCCは早く買った方が有利らしい)

日付変更オプションを付けたのは、娘は「大丈夫」と言っているが、娘は中学から高校の変わり目で、何か不測の事態が起こる可能性も有るかも知れないと思った為。

尚、座席指定は自分が先に座席指定した席(通路側)の隣とその隣の席(窓側)が空いていたので、3人並びの席が取れた。

・・・しかし・・・

奥さんと娘のチケットを購入した数日後、娘が、「4月7日に学校に行かなければならない」、と言い出した。

・・・3月18日で大丈夫と言ったじゃないかよ、もっと、しっかり確認してから言ってくれよ・・・。

しょうがないな~、出発の日程を変更するしかないじゃない。
まあ、日付変更オプションを付けて置いて良かった。

それでも、また何か学校行事の変更を(娘が)言って来るかも知れない。
疑い深く成って居る自分は、直ぐにはスケジュールの変更をせず、今日まで(2020/01/31 まで)放って置いた。

もうそろそろいいだろ~。
で、今日、パソコンから、日程変更の操作をする事にした。

・・・しかし・・・出来ない・・・やり方が分からない・・・途中から英語に成る、なお分からない・・・。

以下、参考画面は操作方法自体が間違っていたかも知れないです。


U1_20200131212601
最初はこんな画面から?


U2_20200131212701
こんな画面が出たのでSearch flightをクリックしてみた


U3_20200131212901
こんな画面も出て来た

オイ、コラ、スクート・・・言語選択で日本語を指定しているのに、こんな長い英文出すなよ。


U4_20200131213001
上の英文のグーグル翻訳

どうも、こんな内容が書いて有るらしいが、此れを無視して、先に進もうとしたら、パソコンがフリーズした。

何か操作を間違ったのか・・・?。

色々、試してみたがどうも上手くいかない。何度やってもフリーズする。
しょうがないので、コールセンターに電話して聞いてみる事にした。

しかし、自慢じゃ無いが英語やタイ語でのやり取り何て出来ない。
幸い、日本語対応が有ったので、日本のコールセンターに電話した。国際電話。

音声ガイダンスで下手な日本語が流れて来る。それに従って番号を入れていくと「只今大変込み合っています」、みたいな案内が流れて来る。
その案内自体も、一応日本語なのだが、下手くそで聞き取り難い。

おいおい、国際電話だぞ早く繋がってくれよ・・・大体、こういうコールセンターって繋がらないんだよな~・・・と思いながら待つ。
途中で、変な日本語の音声ガイダンスが流れる。
音声ガイダンスでこのレベルの日本語じゃ、繋がっても話が通じるか、少し、不安に成る。
でも、先ずは繋がらないと・・・。

結果、3分待ちぐらいでオペレータと繋がった。自分的には思ったより早く繋がった。
しかし、相手はインドネシア人(単なる「感じ」です)みたいな日本語で、言っている事が聞き取り難い。
それでも、対応は悪くは無い。ちゃんとこちらの話を聞いてくれる。

で、結局、電話だけで日程の変更が出来た。

出発日を3月18日から4月10日に変えただけで他の条件はほぼ同じ。
ドンムアンの出発時刻が0:30から0:45に変更に成ったが、それは誤差の範囲内。
座席も、奥さんと娘が隣同士に成る様に座席指定して、荷物も各20kg、食事なし。

この2人分のチケットが30800バーツで、既に払って有る分が18400バーツなので、差額の12400バーツが今回の追加支払い分と成るらしい。

・・・片道、1人分15400バーツって随分高くないかい・・・?。


U5_20200131224201
2人分の支払いの明細(コールセンターで予約変更後、数分で届いたメールより)

運賃27040+手数料と空港諸税1430+旅客情報処理費70+予約変更料1680+座席指定料580=30800バーツ

1月7日(初めの予約の時)に既に払った分18400+1月31日(日程変更)に払う分12400=30800バーツ

計算は合っている。
高く成ったのは往路運賃27040(1人当たり13520)バーツと高く成った為らしい。
高く成ったのは予約時期(1月7日→1月31日)の為か、出発日(3月18日→4月10日)の為か、両方の影響があるのだろうけど、それにしても1人片道15400バーツ(1バーツ=3.8円で計算すると58520円)はメチャクチャ高い。

先に行く(3月18日)自分の片道24168円と比べると倍以上する。
奥さんと娘に関しては、自分の事で無いので、スケジュールを、「早く」、「自由に」、決められないのが痛い。

実は、この他に、5月8日の家族3人での成田→ドンムアンのチケットと、6月24日の自分一人のドンムアン→成田のチケットと、7月29日の成田→ドンムアンのチケットも既に買って有って、こっちはもっとずっと安い。

価格を比較してみたので、その記事は次回・・・これは、ちょっと面白いかも知れないです・・・。


まあ、なかなか大変なんです。以下の「タイ情報」をポチっとして頂けると、ちょっとは元気が出ます。



ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2020年1月 7日 (火)

4月の一時帰国計画(スケジュール)

2020/01/07(4月の一時帰国計画)(スケジュール)

毎年4月頃に家族を連れて日本に一時帰国している。
これが結構手間が掛かる。
スケージュールの設定や航空券の手配やVISAの手配、それに加えて今回は各種パスポートの更新もしなければならない。

先ずは、スケジュールの設定。

今回は3月22日に日本に置いて有るフィットの車検が切れるので、その前に車検出しをしなければならない。
3月20日~22日は日本は休みなので、その前の3月17日に自分は日本に行く事にした。
その分のチケットは既に確保済み(ドンムアン→成田、座席指定、荷物20kgで6360バーツぐらい、スクート便)。

他にも、この時期に日本でしなければならない事があるかも知れないが、段々そういうスケジュール管理が苦手に成って来た。
もしかしたら、見落とした大事な用があるかも知れないが、2年前に介護施設に居た母が他界してからはかなり用事は減った。
尚、昨年からは確定申告も止めたので、その分も大分楽に成った。

4月に家族を連れて行くのは娘の学校が3月の中旬頃から5月の上旬頃まで休みに成る為で、毎年この時期に奥さんと娘は40日間ぐらい日本に滞在する。
割と期間が長いのは、奥さんが出来るだけ長く日本に居たがる為で、30日間ぐらいの滞在スケージュールだと、奥さんからクレームが入る。
まして、VISA無しの15日間では満足しない。
(自分としてはVISA無しの15日間ぐらいにして欲しいと思うが)

奥さん・・・「タイは暑い」「もっと長く日本に居たい」。

自分・・・まあ、君たちは遊んで居るだけだから、色々考えて連歩くお父さんは大変なのだよ・・・と言いたいが言わない。


この時期、一つの問題は丁度タイに戻るのに都合のいい4月末~5月上旬頃が日本のゴールデンウイークと重なって、LCCでも航空運賃が高騰する。
なので、早めにチケットを手配して、5月8日のタイへの戻りのチケットは3人分既に購入済み(ドンムアン→成田、座席指定、食事、荷物20kg×3、込みで56040円、昨年の11月末頃にエアアジアの18周年記念SALEで購入)。

後は、奥さんと娘のタイ発日本着のチケットが未購入。
一般的にはチケットの購入は早い方がいいが(条件のいいチケットが買える可能性が高い)、娘の学校関係等の用事がイマイチはっきりしないのでまだ買ってない。

無駄に成る可能性は数%あるが、そろそろ買わないと・・・。
(スケジュール変更可能なチケットの買い方もあるが、どっちが得かは難しい)

自分としては4月10日ぐらいかなと思って提案したら、奥さんに「もっと早い方がいい」と言われた。
奥さんは娘の用事の可能性を考慮してない。

いっその事、自分と一緒に3月17日という手もある。
奥さんの場合出入国手続きがかなり危なっかしいので、一緒ならそういう心配は無いが・・・。

ちょっと詳しい経緯は忘れたが、奥さんと娘、2人で来日した時、日本で出入国の係官に「どこに行くのか」聞かれて、奥さんは「東京」と答えたらしい。
係官としては「どこのホテルに泊まるのか」とか「旦那の家が東京都杉並区に有るのでそこに行く」とかいう事が聞きたかったと思うが、単に「東京」では、殆どの入国者が東京だろうから、係官も「しょうがないな~」と思っただろう。

そういう事が分からない人なので、危なっかしい。
当然、入国カードなども自分では書けないので、事前に自分が書いたものを転記させる。

普通はスッと通れる所でつかまるので、保安区域から出て来るのはいつも一番最後の方。
成田の空港保安区域からの出口で、長い時間心配しながら待たされる事が多い。

で、まだスケジュールが決まらない。


このシリーズ、次回は、奥さんと娘のタイのパスポートの話と、娘の日本のパスポートの話、奥さんのVISAの話などを書く予定。
娘の日本のパスポートの取得がちょっと面倒な事に成っていて、今、その対応中です。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼