カテゴリー「タイの生活、チェンライの生活」の127件の記事

2024年2月11日 (日)

フルーツがいっぱい

2024/02/11(フルーツがいっぱい)

子供の頃(小学生の頃)、バナナを凄く美味しいと思った記憶がある。
この頃の家(うち)の家計ではバナナ何て高くて買えなかったと思う。
最初は誰かのお客さんに貰ったものだった様な気がする。
こんな美味しい物を好きなだけ食べられたらどんなに幸せかと思った。

他にも、自分が子供の頃には果物は比較的高価なもので、好きなだけ食べられるという状況では無かった。
少し大きく成って(中学生の頃)からだが、「熱帯」というのは果物の豊富な地域という知識は有ったので、そこで果物に囲まれて暮らす、テーブルには色とりどりの果物が食べ放題に並べられている、そんな生活に憧れた。


240211a
本日の果物

ブドウと梨とリンゴはマクロとTOPSで買った物。スイカとミカンと(果物じゃないけど)トマトは貰い物。バナナは自家製(パーンの家)。
いつも数種類の果物が家に有る。

日本と違うのは貰い物の果物が多い事で、バナナ、マンゴー、パパイヤ、アボカド、ドラゴンフルーツ、パイナップル、などはよく頂く。
たまに貰うのは、ロンガン(ラムヤイ)、タマリンド(マカーム)、グアバ(ファラン)、ココナッツ(マプラーオ)、ランブータン(ンゴ)など。

1年を通して有る分けでは無いがパーンの家産のバナナ、マンゴー、リンチー、などは出来る時は腐るほど採れる。
家で採れる果物は取れた時、奥さんの親戚や友人に配ったりしている。

家のバナナは(バナナにも色々な種類が有って家で採れるバナナは普通のバナナでチェンライ辺りでは珍しくも無い)近所の親戚にあげるだけで、今では家で食べる事は殆ど無い。
マンゴーも出来る季節にはそこらじゅうの家で食べ切れない程出来るので、腐らしてしまう事も多い。
リンチーは木が2本あって何故か毎年は出来ない(3年に1回ぐらいしか実が生らない)が、出来る年は数百個は成るので、一生懸命人にあげてもなかなか無くならない。

と言う様な感じで、チェンライでも田舎の方なら(或いは郊外なら)、生る時は大量に生るので、知り合いにあげるにしても量が多いので、貰った人が更に小分けしてその知り合いにあげるなどして、結構色々な時期、色々な種類の果物が割と大量に回って来る(買わなくても集まって来る)。

タイの果物で買うのは、ドリアン、マンゴスチン、ロンコン、などが多い。
これらは、チェンライでは余り栽培してないか、たまたま奥さんの交流範囲に栽培している方が居ないのか良く分からない。
まあ、ドリアンはチェンライでも高価だから、好き放題には食べられない。
ロンコンは奥さんの好物なので(季節には)よく買っている。

他に市場でよく買う果物は、リンゴ、梨、ブドウ(自分はシャインマスカットをよく買う)、柿、いちご、ブルーベリーなど。
リンゴ、梨、柿、いちご、などは昔は余り美味しくなかった物が最近はだいぶ美味しく成った。
チェンライでは、リンゴは10年程前から、ブドウはシャインマスカットが出た5年ほど前から、柿はまだ当たり外れが大きい、いちごはここ2年程前から美味しくなった。
(自分の主観なので一般的な話ではない)

尚、これはチェンライで「売っている」果物の話で、産地が何処かの話では無い。
(「チェンライの柿が美味しくなった」などと書くと、「それは中国産だ」とかのコメントを頂くが生活実感から言えば産地が何処かは関係ない)

で、ちょっと説明が回りくどくなりましたが何が言いたかったかというと、子供の頃憧れていた「果物に囲まれた生活」、「好きなだけ果物が食べられる生活」というのは実現した。
子供の頃の夢って、なかなか実現出来ない事が多い中でこの点だけは達成した。

何となく熱帯に憧れた遠い記憶、そういうのが有って今此処に居る、という面も少しはある。
まあ、今は熱帯で無くても、バナナなどは安く成って日本でも好きなだけ食べられるようになったけど。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

2023年12月26日 (火)

寒い朝

2023/12/26(寒い朝)

今回は日本在住の方にチェンライ生活の一端を紹介するものです。

今年も残すところ1週間を切った。
熱帯気候のタイだがチェンライは12月中旬~2月中旬頃が一番寒い季節。
(因みに一番暑いのは4月)

今日の未明から早朝まではここ数日と比べてもぐっと冷え込んだ。


231226a
今朝、2023/12/26 9:00 のチェンライの気温

「寒い」と言っても霜柱が立つとか、吐く息が白くなる、という寒さでは無いが、タイ人やこの地に長く住む日本人にとっては十分寒い。
14℃、このくらいの寒さに成ると、奥さん(タイ人)などは「寒い寒い」と騒ぎ出す。
邦人間の挨拶でも「今朝は寒かったね~」と言葉を交わす寒さとなる。

普段はTシャツで過ごす自分だが、セーターを1枚着たりする。それでもちょっと寒い。


231226e
寒いのでセーターを着ている

タイの家には普通暖房設備が無い。我が家にも無い。
水道から温水が出る設備も無い。
(温水シャワーは結構普及していると思う)

なので、水仕事に使う水も冷たい。
温水が出たらいいのに、と思う。


231226b
水道の水も冷たい

因みに水道の水は何故か直接水道管からでは無く、一旦タンクに貯めた水を使っている。


231226c
水道水を貯めるタンク

ここの住宅団地では各戸にタンクが有る。
何でそうなっているのか、理由は分からない。
水の安定供給に問題があるのかもしれない。

寒いと風呂に入りたくなる。
取り敢えず風呂に入って体を芯から温めたい。

まあ、朝風呂は滅多にしないが、昨日は風呂に入らずに寝てしまった、というのもある。


231226f
朝風呂の準備中

普段は水でうめながら温水器のお湯を入れるが、温水器に入って来る水が冷たいので、お湯もそれ程熱くならない。
多分、外の貯水タンクの水が、昨夜からの冷え込みで水温が下がっているらしい。
普通は写真の青のホースで水を足しているが、今朝は水を足さずに沸かした。
(でも、最終的にぬるゆ好きの自分としては若干熱かったので、少しうめた)

まあ、暇人の利点で十分に時間を掛けて、ゆっくり朝風呂を楽しんだ。

話を聞いた範囲では、日本人でも風呂に入る人はチェンライでは少ないらしい(多分、殆ど居ないと思う)が、冬は特に暖かいお風呂はいいと思う。
夏の暑い時にかいた汗をサッと流してスッキリする為に風呂に入る、というのも有るが、汗を流すだけならシャワーでいい。
タイでは、風呂は流行って無いが、それは普段は暑いので風呂の気持ち良さを感じないのだと思う。


231226d
お茶

寒い時は熱いお茶。
チェンライに居ても日本の文化は大切に。
ただし、熱すぎる飲み物は咽頭がんの原因に成るらしいので、最近は熱すぎないように注意している。

絵的には、お茶にスタバのカップっていうのはミスマッチだが、これは奥さんの趣味なので・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年12月 8日 (金)

将棋の会

2023/12/08(将棋の会)

今日は「将棋の会」。
そろそろ行こうかと思っていたらLINEメールが来た。


231208d


丁度昼時でラーメンが食べたかったので、「作」にメールを送った。


231208e
「作」に送ったメール

これで直ぐに食べられる。


作に着いたら1組が対戦中だった。


231208b
熱戦を観戦中

雑談を交わしながら、将棋を観戦中。


231208a_20231208195601
自分も参戦

将棋をやったのは小学校4~5年の頃でそれからは余りやって無い。
会社に居た頃にチーム戦でメンバーが足りない時に駆り出されて千駄ヶ谷に行った事は有る。

囲碁将棋部の部長が麻雀のメンバーで囲碁のチーム戦にも数合わせで参加した事がある。
麻雀は自分の方が上手かったが囲碁将棋はルールを知っている程度だった。

チェンライの生活では時間は有るので出来るものが有れば参加する、という感じ。


231208c
本日の昼食(半分ぐらい食べた後の写真)

将棋の合間に、来る前に注文したラーメンで昼食。
「食べたい」と思っていたので美味しかった。


まあ、勝ち負けは二の次(レベル的にハンデが有って、勝とうと思っても勝てない)で対局中や見ている時、或いは、終わった後の雑談の方が今のところ主目的という感じ。
でも今はユーチューブなどの解説を見たり、ネットで機械との対戦なども出来るので、ちょっとは勝てる様にしてみるのもいいかも・・・面倒くさいか・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年10月14日 (土)

BIG-Cにて

2023/10/14(BIG-Cにて)

今回も前回に引き続き、日本の読者を意識して書きます。


月に3~4回、BIG-Cに買い出しに来る。

(補足)
BIG-Cとはタイ中に店舗を持つ大型のスーパーマーケットでチェンライには2店舗有る。
(「MINI BIG-C」という、大きいのか小さいのか分からない、コンビニぐらいの店舗も数店有る)
チェンライの比較的市街地に近い所に昔からの店舗が有り、市街地から少し遠い北側の空港近くに10年程前に出来た店舗が有る。
自分が行くのは昔から有る方のBIG-C。


タイミングとしては「水」(飲食用の水は買っている)が無くなった時に来る事が多い。


231014a
BIG-Cの「水」売り場

6Lの水を40バーツで売っている。
家では1日に4Lぐらい使う。
此処に来た時は6個ぐらい買うので、1回買うと大体1週間~10日は持つ。
なので、BIG-Cには7日~10日に1回は来る。

この水を買って使うのはチェンライでは少数派だと思う。
普通は飲食に使う水はトラックで売りに来る「水屋」から買っている家が多いと思う。


今回はBIG-Cで買い物をしていて主に日本食、或いは、日本の会社の製品に関して気付いた点を写真と共に取り上げて見る。
尚、チェンライで日本食に関する食材が一番揃っているのはセンタンのTOPS、その次が日本食材専門店の神戸屋STATION、更にその次が卸のスーパーマーケットのMAKUROで、BIG-Cはその次ぐらいだと思う。

あと、自分は食品の専門家では無いし、料理も全くの素人なので、勘や思い込みで書いて居る部分も有ります。
そこはお含みおきのうえ、読んでください。


231014b
日本米

「ササニシキ」と「みのり」という米を売っていた。
BIG-Cは日本米を売ってない時も多いので、家(うち)はマクロで買う事が多い。

まあ、無理に日本米を食べなくても、カオニャオやタイ米でもいいと思うが、一応、日本米のご飯を主に食べている。


231014c
日本のタレやつゆ

調味料類や「~の素」の類は割と日本製品っぽい物が多い。

しかし、日本語が書かれていて日本製のように見えても、日本の会社の現地法人のタイ製品だったり、タイ・日本以外の製品だったりする物も多い。
まあ、何処の国で作った物でも美味しければいいが、純正の日本製は一味違うと思う事も多い。

基本的な物(補足)はBIG-Cやセンタン、MAKUROの何処かには有る(売っている)。

(補足)
基本的な和風の物=醤油、味噌、味醂、料理酒、ポン酢、麺つゆ、わさび、からし、コンソメ、カレーのルー、麻婆豆腐の素、焼肉のタレ、ウスターソース、ラー油、など。


231014m
インスタントラーメンは出前一丁が一番多い

チェンライで(タイで)売っている日本のインスタントラーメンは出前一丁が圧倒的に多い気がする。
でも、これは、味は日本のインスタント麺だが、多分、日本製ではない。


231014e
ロッテのコアラのマーチとグリコのポッキー

この2つは色んな種類の物を売っている。

上の「タイ土産」の「コアラのマーチ」は買った事は無いが、パイナップル味(中央)とかマンゴー味(右)とか有って、タイらしいので、今度買って見ようかな。


231014f 
冷凍食品のニッスイの「えだ豆」



231014g
明治牛乳

種類が沢山有ってどれを買ったらいいのか分からない。
よく買うのは右下の濃い青ラベルの牛乳でラベルは殆どタイ語で書かれているのでタイ製?。
日本語は唯一「パスチャライズ牛乳」と書かれている。


231014h
魚売り場

和食と言えば魚。
淡水魚もいいがメインは海の魚。

しかし、タイのマーケットで売っている魚はイマイチ馴染みの無い魚で、買い難い。
しかし、写真の鮭(手前)や鯖(奥)は日本でも普通に食べる魚なので、買い易い。

鮭や鯖はグリルで焼いて食べる事が多い。
鯖は煮て食べる事も有る。

醤油を付ければ立派な和食。

ただし、タイで売っている鯖はイマイチ脂が乗って無くて味もイマイチ。


231014i
お豆腐

地元のタラートで売っている豆腐は濃くて美味しいものも有る。
スーパーで売っている豆腐は味が薄くて(多分、大豆の比率が低い→水に近い)イマイチだと思う事も有るが、これに醤油かゆずポンをかけて、カツを節をまぶせば、立派な日本食。

お豆腐は麻婆豆腐の材料にも成るし、煮物の具材にも成る便利な食材。


231014j
伊藤ハムのベーコンとソーセージ

何となく、タイの会社の製品よりは美味しい気がするので、今回、ベーコンを買った。


以上、タイの田舎のチェンライでも結構日本食に使えそうな食材は売っている。
BIG-Cだけでは揃わない物も、センタンや日本食材店(神戸屋)やマクロを探せば何とかなる事も多い。

逆に、地元の市場(タラート)では日本食の材料を揃えるのは(自分は)かなり難しいと思う。
慣れて来れば、一部の食材は地元の市場で調達できると思うが、素人はBIG-Cのようなスーパーマーケットを利用した方が便利だと思う。

飲食の質を落として、地元のタラートで調達した食品で生活する事は可能だと思うが(多くのタイ人はそうしている訳だし)、そこは出来るだけ妥協したくない(我慢したくない)と思っています。


最後に、買い物を終えた後に↓。


231014k
KFCでアイス

奥さんが「アイスクリームが食べたい」と言うので・・・。
1個10バーツ(約40円)・・・安い割には美味しい。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年8月23日 (水)

タイのお惣菜

2023/08/22(タイのお惣菜)

惣菜(そうざい、そうさい)は副食・おかず。総菜とも表記する。本来、惣菜とは家庭で調理される手作りの日常のおかずの意味だが、市販惣菜や宅配惣菜を指すことも多くなっている。
(Wikipediaより)

今回の記事のお惣菜はランムアン市場で買った市販のお総菜の話。
日本もお惣菜は多いが、タイにも色々な種類のお惣菜が有る。
むしろ、まめな日本人より、ものぐさなタイ人の方が、料理の手間が掛からない市販の総菜の利用は多いかもしれない。
(これは、もしかしたら家(うち)の奥さんを見ているからで、一般には違うかも?)

日本の総菜とタイの総菜の大きな違いは、日本の総菜は美味しいがタイの総菜はそんな事はない、という事。
(日本のデパ地下で売っているお総菜はホントに美味しいものが多い)
(因みに、奥さんを日本に連れて行くと、そういうお惣菜を買いたがるので、その美味しさはタイ人でも分かるらしい)
(もしかしたらタイ人はタイのタラートで売っているお惣菜を美味しいと思って買っているのではなく、料理をするのが面倒なので買っているのかもしれない)


230822i
本日の夕食、2023/08/22 19:00頃

ヒマワリの芽のサラダ(左上)と緑茶(右上)以外は、ランムアン市場で買ったお惣菜。
味はともかく、割と豪華(?)な夕食。

① 上中央、何かの貝を多分何かの草と唐辛子と何かの汁で煮込んだもの。
ココナッツミルクが入っているかもしれない。
(黄色いのはターメリック?)
かなり辛いけど、自分は貝類が好きなのでまあまあ食べられる。
でも、タイの貝類て、食べてお腹を壊した事が何回かあるのでちょっと心配。
写真の量で50バーツ。

② 左下、カオニャオ。
もち米のご飯の炊いたものを売っている。
1kg 50バーツ。
家はタイ米は(殆ど)食べない。
日本米は家で炊いて自分は主にそれを食べる。
奥さんは炊いて有るカオニャオを買って来て食べる。今日は自分もこのカオニャオを食べた(手掴み)。
(自分はタイ米よりカオニャオの方が好き)

③ 下中央、ししゃも(だと思う)。
全部、子持ちシシャモだった。
これは、まあまあ美味しい。
油と衣、揚げ方がもう少し良ければもっと美味しくなると思う。
10本ぐらいで40バーツ。

④ 右下、豚肉を焼いた(?)もの。
不味くは無いが、豚肉の旨味が余り無い。
上右から2番目が豚肉のタレ。少し甘くて辛い。
タレを付けないよりは付けた方がいいかも。
タレ込みで100バーツ。


①~④までで240バーツ。
多分、自分の食べる分は100バーツぐらい。
お茶とかサラダを含めてザックリと125バーツとして、今の円・バーツのレートだと、500円。

夕食のコストとしては(日本と比べて)安いと思うが、味を考えると・・・。
尚、カオニャオは2~3日奥さんが食べて、食べ切れない分は捨てる事になると思う。


今日の夕食の食材は家から車で5分、歩いて15分ぐらいの所にある市場(タラート)で買った。

午後5時半頃、奥さんが「買い物に付き合え」と言って来た。
暇だったので、買い物に出掛ける事は問題ない。

奥さんはランムアン市場で、服のお直し、とお惣菜を買いたかったらしい。


230822b
タラート・ランムアン、2023/08/22 18:00頃

タラート・ランムアンはチェンライで1番大きな市場かもしれない。
写真のエリアは小売りのエリアだが、卸売りのエリアは小売りエリアの数倍ある。


230822c
ランムアン市場のお惣菜などの小売りエリア

奥さんとたまに此処に買い物に来るが、奥の方(写真に写ってない左側のエリア)には余り行かない。
殆ど、この入口辺りのお惣菜売り場で300~500バーツぐらいの買い物をする。
(奥の方には料理されてない、肉とか魚とか野菜とかの食材が売られている)


230822e
揚げ物屋

ししゃもは此処で買った。


230822g
焼肉屋

豚肉を焼いたものは此処で買った。


230822h
ローティ屋

ローティは奥さんの大好きなお菓子。
クレープのようなお菓子。
イスラム系のお菓子らしい。


230822j
ソムタムとローティ

どちらも奥さんの好物。

ソムタムはパパイヤサラダと言われるが、写真はパパイヤでは無くてマンゴーを使っている。

ローティは小麦粉を溶かしたものを、バターを溶かした鉄板で薄く焼いて、その上に甘いミルクを掛けた物。
写真では分かり難いが、このローティはバナナがトッピングされている。


230822a
本日の買い物

今迄紹介した物の他に、豚串(右中段)と、カノムチーという麺(左上)と、もう一つ何か(左中段の黄色いの)を含めて、本日のタラート・ランムアンでの買い物は全部で465バーツだった。
約2000円で今日の夜と、奥さんの明日の1日分ぐらいの食糧を買った。

まあ、1日の食費や食材費はこんなもんじゃ済まないけど・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年8月19日 (土)

ウオーキング

2023/08/18(ウオーキング)

チェンマイに居る娘が家に帰って来ている。
来週テストが有ってその前に休みが有るらしい。

という事(?)で、娘と車でウオーキングにやって来た。


230818a
旧飛行場、2023/08/18(金)18:25

昔のチェンライ空港が今はウオーキングやジョギングのコースに成っている。
自分がチェンライに来る様に成った時、約20年前、はもうこの飛行場は使われていなかった。

タイ人って、健康の為に、歩いたり走ったりするような事はしない人達だと思っていたが、ここに来るとそうでもない。
多分、一部の健康志向の強い人達が此処に集まって来ている、という感じ。
多分、余裕のある人達が来ている。
殆どの人が車で来ている。

人が集まり始めるのは強い日射しが去った夕方から。
自分と娘も18:00頃に家を出た。

市内のコンドーに住んで居た頃は歩いて来たが、今は家から車で15分ぐらい。

娘を連れて来たので単純に運動と言うよりは、散歩、見学、遊び、みたいな意味合いもある。


230818b
ジョギングコース(滑走路)の端には公園の様な施設も有る

茣蓙(ござ)を広げて、ピクニックの様に飲食をしている家族連れなども居る。
(日本だとビニールシートだが、タイは「ござ」が多い)

娘が小さい頃は、こういう遊具で遊べたが、18歳の今では無理がある。
でも、ちょっとだけブランコに乗っていた。


230818c
公園の近くには飲食の屋台も沢山出ている
(道路の向かい側にも屋台が沢山出ている)

こういう、いつでもお祭りみたいな雰囲気はタイらしい。


230818e
ウオーキングの記念写真

写真では分かり難いが、後ろの方にセパタクロー(蹴鞠みたいな遊び)をしている人達が7人程居る。
同じ人かどうかは分からないが、ほぼ毎日、同じ時間・同じ場所でセパタクローをやっている。
健康的ないい趣味だと思う。


230818d
ジョギングコースの夕暮れ、18:56

1人の時は1時間ぐらい散歩をするが、今日は娘が一緒だったので30分ぐらいで切り上げた。

いつもパソコンの前に居る事が長いので、こういう、歩きながら遠くを眺めるのは目にもいいような気がする。

娘が「風が涼しいね~」と言った。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年6月20日 (火)

グラブタクシー

2023/06/15(グラブタクシー)

友人から飲み会のお誘いが有った。
そういう時、考えるのは奥さんのご機嫌伺いと、足の確保。

普通は何らかの理由を付けて、送り迎えを奥さんにやって貰う。
しかし、これは結構神経を使う。

幸い(?)今日は奥さんが法事で夕方から夜に掛けて家を空ける事に成っていたので、比較的遊びには出易い状況だった。
足はグラブタクシーを使えばいい。
食事会なら自分の車で出掛ければいいが、飲み会だとそれは難しい。

家から飲み屋さんまでグラブタクシーを使うと大体100バーツぐらい。
日本円で400円ぐらいだから料金的には問題ない。
それで安心して飲み会が出来る。
帰りもグラブタクシーを呼べばいい。

奥さんは自分より1時間ほど早く法事に出掛けて行ったので家に1人残った自分は6時頃タクシーを呼んで、まず、飲み会のメンバーとの合流場所へ向かった。

グラブタクシーは行き先が地図上明確な所なら予約し易いが、今回の合流地点は行った事は有るが、地図上の正確な地点は分からなかったので、「大体この辺」の所を行き先に指定(スマホ上の地図の目的地近辺を指でタップ)してタクシーに乗ってから運転手さんに指示する事にした。
タクシーの助手席に乗って会話しながら合流地点に向かった。

「何処から来たの?」とか「タイには長く住んで居るの?」とか・・・。

タイ人の運転手さんは話し易い人が多い。

合流地点で一旦料金を払って、車を降りたら、その車で飲み屋さんに行くというので、去りそうなタクシーを慌てて抑えて、その車で飲み屋さんへ向かった。
(グラブタクシーの料金は予約する時に決められるが、予約した時の到着地点と若干違うので下車する時に一応交渉した)
(この時は、最初の見積もり料金が90バーツだったが、「100バーツOK?」と言ってから100バーツ渡した)

グラブタクシーのシステムを利用しない時の料金は交渉に成るが、チェンライの場合ボラれることは無い(と思う)。
大体、自分達の行く飲み屋さんの範囲は100バーツを超える事は殆ど無い。
タクシーの運転手さんから見ても効率的に乗客を乗せられるので都合がいいと思う。

合流地点から飲み屋さんまでの料金も100バーツだった。


という事で、3人でやって来た↓。


230620a
居酒屋、蘭

以前は「カレーハウス蘭」という日本語の看板が出ていた。
なので、ここに来る時は「カレーを食べに行く」と言って出て来て、実際にカレーを食べて証拠写真を奥さんにLINEで送ったりしていた。

実態は写真の通り和風の居酒屋。

ただし、昔(2年ぐらい前?)の蘭とは場所も経営者も変わったらしい。


230620b
蘭の店内

自分達が来た時には客は居なかった。
ていうか、帰る時まで他の客は来なかった。
此処を出たのが9時頃なので、もう客は来なかったかもしれない。
自分達が来なければ客は全く無し。

お店の人には悪いが、客の少ない居酒屋だね。
決して、サービスが悪いとか、食べ物が不味いとか、メッチャ高いとか、そういう事ではない(と思う)。
お店の内装もタイのお店にしては雰囲気もそんなに悪くない。

お客が少ない理由は立地の問題か、タイ人には受けないから日本人だけでは客層が限られるとか、宣伝がまだ行き渡ってないのでこれからに期待するのか・・・。

230620c
焼き鳥とチャーシュー

和風の摘みだから、日本人としては美味しいと思う。

今日はお店には若いスタッフさん(女性)が1人居て、ビールを注いだり、自分達の相手をしてくれた。


230620d
飲み会中

9時頃にまたグラブタクシーを呼んで場所を移動。


230620f
2次会

今度はビールのキャンペーンギャルの居る大きなバービヤへ。


230620g
特別なビヤチャーン

キャンペーンギャルから勧められた、限定品のビヤチャーン。
500バーツのところキャンペーンで399バーツだった。
まあ、これが飲みたかったというよりは、馴染みのキャンペーンギャルさんだったので付き合いで注文。

普通のビールの2本分ぐらいの量が有った。
味は、特別なビールと思えば、そんなような・・・?。


230620e
2次会中

1次会で結構飲んで居たので、実は、味など良く分からなかった。

今日は奥さんは外出中のハズだったが、もしかしたらもう帰宅しているかもしれないので、(女性のスタッフさんが一緒に写り込まないように注意して)お店の写真を撮ってLINEで送って、「ちょっと遅くなる」みたいなメッセージを付けた。


10時頃、再びグラブタクシーを呼んで、友人達を先に送ってから家に帰ったのでした。

結局、奥さんはまだ帰宅して無くて、午前1時頃帰って来た。

そうと知っていれば、気を使う事は無かった・・・。

しかし、奥さんは自由に行動出来て、何で自分は監視下に置かれなければならないのか。
これは、絶対間違っていると思うが、いい対策が思い付かない。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年5月 9日 (火)

暑い暑い

2023/05/09(暑い暑い)

チェンライは4月の中旬ぐらいから5月の上旬ぐらいまでが一番暑い季節。
今日も晴天で外の気温は40℃を超えていそう。

例年だと5月頃からは雨も多く降るように成るのだが、今年は雨が余り降らないので余計に暑く感じる。
とは言っても、5月に入ってからは2日か3日に1度ぐらいは夜、雨が降る。

雨が降ると空気中のPM2.5が浄化されて黄色い空が青い空に成るが、雨が降らない日が2日ぐらい続くとまた黄色い空に戻る。
それでも4月中と比べればPM2.5の数値は大分低くなっているらしい。

こんな天気なので日本に居る時とは違って気軽に外に出る事は出来ないが用事が有れば別で、車で出掛ける事に成る。
(日本の様に歩いて出掛ける事はほぼ無い)
(逆に日本に居る時は車で出掛ける事は殆ど無い)
(これがチェンライ暮らしと東京暮らしの大きな差)


一昨日(7日)は恒例(?)の食事会でメリディアンホテルへ出掛けた。
朝8:30現地集合なので、奥さんと2人で8時に家を出た。


230509a
メリディアンホテル

池に面した所もビュッフェ会場だが、今日は外に出ている人は居なかった。
(朝8時半頃だけど、もう結構暑い)
その奥の席がレストランに成っていて、そこがメインのビュッフェ会場。

この日の空の色はまあまあ青空だった。


230509b
朝食会中

きょうのメンバーは自分と奥さんを含めて8人。

ホテルの朝食ビュッフェで食事会って洒落てる・・・?。

因みに1人360バーツ。今は(円安で)1バーツ4円なので、1人1240円。


230509c
自分の分

写真中央のIさん、海外(主に北米らしい)経験が長いだけあって、フォークとナイフの使い方が様になっている。
自分は箸。

左、野菜・果物・ハムの盛り合わせ。
右、クロワッサン・挽肉料理・カリカリベーコン・オムレツ。

このオムレツ、格好が悪い。
他の人のオムレツも見てみたが、綺麗なのは無かった。
料理人下手くそ。
綺麗にオムレツを作れない料理人て、タイでも珍しい。

ビュッフェ(食べ放題)なので、この後も麺類とか色々食べた。

左中、カフェラテ。
ここの(メリディアンホテル)のビュッフェのいい所は、コーヒーの注文に直ぐに答えてくれる事で、飲み切るとまた注文を取りに来る。
実は、コーヒーはそんなに好きじゃないのだけど、折角なのでまた注文する。
今日も3杯飲んだ。
前回は4杯飲んだ。


食事の後は、喫茶店へ。


230509d
NANABAという名前の喫茶店らしい

バナナと関係が有るのか・・・?。
お店の周りにはバナナ畑が有った。
(写真上の方にバナナの木が沢山写っている)


230509e
NANABA

日曜日の11時頃。
店内はほぼ満席だった。

しかし、チェンライて喫茶店が多い。
新規オープンも多いが、閉店も多い。
なので、結構喫茶店に行く機会は多いが、初めてのお店、という事が多い。
ここも、今回が初めて。


推測。

① タイ人てオーナー指向が強い。
(人に雇われるのを嫌がる)

② 考えてから「やる」のではなくて、「やって」から考える(或いは、何も考えない)。
なので、取り敢えず出店する。

③ チェンライは地代も安いし、喫茶店とか軽食のお店とかは、出店し易い。

④ タイ人は自惚れの強い人が多い。
なので、自分がやれば必ず上手く行くと考える。

⑤ で、安易に出店するオーナーが続出するが、諦めも早いので、お店を閉めるのも早い。


つい最近、飲み物屋をやっていた20代中頃の女性がお店を閉めた。
(主に、甘々系のお茶やコーヒー、フルーツなどの飲料のお店)
少し借金をして店舗を借りて飲み物のお店を開いたが、思う様に売り上げが伸びず、2年程で諦めたらしい。
(人伝に聞いた話だが、最初から、全然採算が合わなかったらしい)
最初は寿司なども売る、という話でちょっと期待していたがダメだった。

これは、店舗面積数坪のごく小さなお店の話だが、タイの小金持ち(或いは大金持ち?)とかスポンサーがいる人なら、もう少し規模の大きい、或いは洒落た感じのお店をオープンして見よう、と思うタイ人は結構居る気がする。

実は、チェンライに来る日本人にも似た様な方(飲食店を開いて、それで生計を立てようと思う方)が居る。
「作」とか「ガウマシム」とか安定しているお店も有るが、それ以上にいつの間にか無く成っているお店の方が断然多い。

例を挙げれば幾つも有るが、それは書き難い。


という事で(←どういう事だ!)、朝食会の翌日は夕方から雑談会に出掛けた。

昼頃に、娘が友達の家に遊びに行く、というので娘を車で送って行って(チェンライの田舎は東京と違って車が無ければどうにもならない、というのが面倒くさい)、夕方、今度は奥さんに雑談会の場所まで送って貰った。
(コンドーに住んで居た頃は街の中だったので、歩いて行けたが、今の家はちょっと遠くなって不便)

ここは、カラオケをやる事が多いのだが、今回はカラオケはやらなかったので、夕食会か飲み会か・・・?。
まあ、ず~っと、世間話などをしていたので雑談会という感じだった。
前日の朝食会と併せると、結構な量の雑談をしているが、そういう気楽な感じもいい。

帰りも奥さんに迎えに来て貰って、車で帰った。
この足の問題と、奥さんの監視付きという問題が無ければ、チェンライの生活ももっと伸び伸びとしたものに成るのだろうけど・・・。
まあ、最近、出掛けるのも面倒(人付き合いも大変)と思う事があるので、今ぐらいが丁度いいのかもしれない。


表題の「暑い暑い」とは関係ない記事になってしまいましが、まあ今、チェンライは暑い日々が続いて居る、という事で・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

 

2023年4月28日 (金)

チェンライに着いて

2023/04/28(チェンライに着いて)

4月22日(土)夜、チェンライに戻って来た。
空港には奥さんが迎えに来ていて、いつものように BLACK CANYON でコーヒーを飲んで待って居た。

久し振りのチェンライの家。
遥々日本から買って来たお土産などを、キャリーバックから冷蔵庫に移したり、奥さんに渡したり、棚にしまったり。

取り敢えず、家に着いてホッとしたが、何かもの凄く疲れている。

22日は早めに寝て翌日。
疲れは全然取れて無いし、喉はいがらっぽいし、もしかしたらコロナか、はたまたPM2.5の影響か?。
一応、家に有ったATKでコロナのチェックはしたが陰性だった。

今回、VISAが4月27日(木)に切れるので、それまでにVISA更新をしなければならない。
チェンライのイミグレでVISAの更新が出来るのは月水に限る。
メーサイまで行けば平日は全てOKだが、月曜日(24日)にチェンライでVISA更新をした方がいい。

という事で、VISA更新の準備をした。
パスポートやタビアンバーンや奥さんの身分証明書のCOPYを取ったり、写真を撮りに街に出掛けたり。

空の色は少し黄色で、まだPM2.5は有るらしい。
後から邦人に聞いた話では、酷い時は500を超えたが、今は100ぐらいに成った、と言って居た。
PM2.5の単位は分からないが500が100に成ったという事は大分良くなった、という事だと思うが、23日(日)でも、明らかに普通の青空では無く、黄色がかった空の色だった。

翌日(24日)、VISA更新に出掛けた。
先に銀行に寄って「預金残高証明書」を貰ってからイミグレに。
実は、「預金残高証明書」を貰った時に、書式が前回と違う様に感じたのだが、それを銀行の係の人に上手く説明出来なかった。
(「ヒストリー(履歴)が欲しい」、と言った積りだが伝わらなかった)
(後から分った事、「STATEMENT OF SAVINGS ACCOUNT」という書類に履歴が書いて有る)

「VISA更新」に使うと言った事は銀行の人は分かったと思ったので、まあ、銀行の人がこれでいいと思っているのだから問題ないだろう、と思ったのが間違いだった。
イミグレで、書類一式を見せた時、イミグレの係の人から書類の不備を指摘された。

で、もう一度銀行に戻って書類を追加して貰った。
どうも、他の行員さんとのやり取りを聞いて居たら、最初の係の行員さんがVISA更新の手続きに必要な書類を理解していなかったらしい。
(逆に考えると、今までVISAの為の「預金残高証明書」を作ってくれた行員さんはVISAに何が必要か理解していた)

まあ、イミグレに行くのは2度手間に成ったが、2回目でVISAの申請はOKに成った。
ただし、(VISA入りの)パスポートは「明日取りに来てください」と言われた。

(VISA取りの仕方については、右サイドバーの「VISA等のタイ手続き仕方」の「03 タイVISA申請、事前の準備」と「06 タイのVISA申請書」に書いて有ります)


この日(24日)の夜はカラオケ。
日本から買って来たワインと摘みを少々お土産に持って行った。

皆さん、また宜しくお願い致します・・・。


翌25日(火)はパスポートをイミグレに取りに行く以外、これといった用事は無し。

家族で出掛けたついでに、奥さんがお勧めのレストランで昼食。


230427b
GOODという名前のレストランらしい

右上の茶色、タピオカ入りみたな飲料が奥さん。
左上の緑、抹茶ミルクが娘。
下、カフェラテ・ローンが自分。


230427a
本日の昼食

左上のベーコンとバジル入りのスパゲッティが自分の注文。
このスパゲッティ、メッチャ辛くて食べられなかった。

娘が食べるというので娘のスパゲッティと交換したが娘も辛過ぎて容易には食べられなかったらしい。

娘が注文した写真下のスパゲッティも結構辛かった。
奥さんが注文した、豚肉の煮物とゆで卵のセットは普通のタイ料理。


26日~28日、少しづつ良くなっているが、体調不良が続いている。

たまに、雨が降る事も有るので空の色も、大分青く成って来たが、まだPM2.5の影響は有るのか・・・?。


230426a
4月26日、昼頃の空の色

まだ少し黄色みがかっている?。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年3月10日 (金)

ブーゲンビリア

2023/03/09(ブーゲンビリア)

外出から帰って来た奥さんが車から何か言っている。
物を運ぶのを手伝って欲しいらしい。

車には鉢植えの花が積まれていた。


230309g
ブーゲンビリアなど

ブーゲンビリアは1鉢250バーツ。
下の方の3つの鉢は全部で380バーツらしい。

下の中央は「ミカン」だと奥さんが言っていたが良く分からない。
小さな緑の球体が付いていて「マナーオじゃないの」と聞いたら「マナーオじゃない、ミカンだ」と言っていた。

後ろに見える蘭の花は半年程前に買った物。

タイ人は意外(?)と花が好きらしい。
パーンの家の近くには花の咲く木の有る家が多かった。
(パパイヤ、マンゴー、バナナ、など食べられる物の生る木も多かった)

花の咲く木の種類は多いが、一番多いのはブーゲンビリア。
チェンライではちょっとした家の庭先や、道路の中央分離帯などにブーゲンビリアが植わっている。

ブーゲンビリアの良さは、花の量が多い(花の密度が高い)事、赤が一番多いが黄色・オレンジ・白・ピンク・紫など色の種類が豊富でどれも綺麗な事、木は5mぐらいの大きな木にも成るが大体は1~2mで、庭や道路沿いに置くには大きさが丁度いい事、花の咲いている期間が長い事(ほぼ1年中咲いている)などだが、多分、「育て易い(育ち易い)」というのもチェンライにブーゲンビリアが多い理由だと思う。

パーンの家にもブーゲンビリアが有ったが、強い木なので剪定しても平気で、形が整え易かった。

写真のブーゲンビリアは暫く鉢植えのまま家の前に飾って置くが、その内、土に植え替える積り。
ちゃんと根付いてくれるといいが・・・。

1年ほど前に今の家に住むようになった時に園芸店から沢山、花木を買って植えたのだけど、半分以上枯れてしまった。
今度は枯らさずにちゃんと根付くようにしないと・・・。
でも、コツが分からない。


もう一つ、きょう奥さんが持って来た物。


230309h
パイナップル、梨、ミカン、玉葱みたいな物

玉葱みたいのも食べられるらしい。

奥さんはお寺の何かの儀式に行って、終わった後に儀式に使った(飾った)物を持って来たらしい。
ミカンと梨は今食べたが、普通に食べられた。
玉葱みたいのは謎だが奥さんは食べられると言っていた。

儀式の時の写真は以下↓。


230309k
ワットホイパカンの何かの儀式

(バンコクから)芸能人が来たりして居て盛大だったらしい。

左の方の机の上の物を貰って来たらしい。

写真の玉葱みたいのは左側の緑の物らしい。
奥さんはドークブア(蓮の花?)と言っているがホントに食べられるのか・・・?。

何か怪しげ。お腹を壊したくないぞ・・・?。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼