カテゴリー「タイの生活、チェンライの生活」の83件の記事

2020年3月10日 (火)

チェンマイで両替

2020/03/06(チェンマイで両替)

ちょっとした用事が有ってチェンマイに来た。
そのついでに、円→バーツの両替をした。

両替は日本からタイに来た時、バンコクで両替する事が多いが、前回、日本から来た時、成田→ドンムアン、ドンムアン→チェンライ、と一気に日本からチェンライに来たので日本円をバーツに替える機会が無かった。

レートを気にしなければドンムアンでも両替出来るし、スワンナプームならレートのいい両替所もあるらしいがドンムアンには(多分)レートのいい両替所は無い(注、追記参照)。
(注、追記、2020/03/10 コメントでドンムアン空港にもレートのいい両替所が有る、という情報を頂きました)

10万円ぐらいのお金なら、それ程レートを気にせず、チェンライのレートのいい両替所(2か所有るスーパーリッチ等)で両替してもいいが今回は自分としては大きなお金を持ち込んだので、バンコクに行く機会が有ればその時両替しようと思っていた。


尚、タイへの旅行の初心者等の為に、両替の基礎知識を紹介すると。

① 日本での両替は余程特殊な事情が無い限りしない方がいい。タイの両替レートから比べると、成田など、日本の両替所はボッタクリに近い。

② タイのホテルなどでの両替もしない方がいい。レートが悪過ぎる。

③ 旅行者なら、数万円ぐらいの少額の両替なら、銀行系の両替所(空港にも有る)でもいいが、市中のいい両替所を知っていれば、普通、そっちの方がレートはいい。

④ バンコクなど市中の両替所は近くに有っても両替レートが違う事が有る(多い?)ので金額が多いときは、見比べた方がいい。
なお、自分は経験は無いが、お金を誤魔化す悪質な両替所も有るという話を聞いたことが有る。
(多分、意図的ではないと思うが、チェンライのスーパーリッチで危うく誤魔化されそうに成った事は有る)

⑤ 一番レートのいい両替所は日々(或いは、時々刻々)変わるので、ネットで調べるという手も有るが、レートがいいので有名なお店は、いつ行っても大体最優良レートに近いので、覚えておくといい。

最近のバンコクでは、サイアムのP&Pパラゴンジュエリー、プラトゥーナムのスーパーリッチ、サイアムのサイアムエクスチェンジ、プラトゥーナムのグランドスーパーリッチ、プラディパットのリンダエクスチェンジ、シーロムのタニヤスピリット、シーロムのエックスワンカレンシー、BTSナナ駅付近のVASU(ワス)等がいいらしい。

上記のお店で自分がよく行くのはプラトゥーナムのスーパーリッチ。BTSナナ駅付近のVASUにも行った事が有る。

スワンナプーム空港にもレートのいいお店は有るらしいが、最近はドンムアン空港しか利用しないので知らない。

尚、レートの優良店は(自分の感触では)割と信用できる(それでも「間違い」は有るので注意は必要)。
プラトゥーナムのスーパーリッチでは自分が数え間違って少なく申告したのを修正してくれた事も有った。

⑥ 自分の感触では、一番レートのいいのはバンコク(の優良店)、次がチェンマイなど大都市(の優良店)、その次がチェンライなど中都市(の優良店)。銀行系はそれより低い。

で、これが今回のテーマで、バンコク、チェンマイ、チェンライ、の優良店でどれ程レートが違うのか、実際に両替したついでに調べて見た。
レート自体は時々刻々変わるが、地域間、優良店間、の差はそれ程変わらない気がするので、自分としても今後の参考にする積り。


明日のチェンマイ行きの前日(3月5日)、上記3か所の優良店のレートを調べた。

まず、チェンライの優良店でも、チェンマイの優良店と変わらなければ、わざわざチェンマイまで行って両替する必要は無い。
(今回チェンマイに行くのは娘のパスポートを取りにチェンマイ領事部に行くのが主な目的なのでチェンマイにはいずれにしても行く)

ちょっとした用事で時計台の近くのチェンライのスーパーリッチの方に行く用事が有ったので、ついでに覗いて見た。

10:20頃の時点で10000円が2900バーツだった。
ちょっと前より随分いいレートだが、今回は、此処で妥協は出来ない。

家に帰って、ネットで他の地区の優良店と比較↓した。


T1_20200308221401
バンコクの優良店のレート、3月5日10:40頃

この時点でバンコクの優良店は、チェンライより1万円につき25バーツいい。

(いつもは、こんなに差がない気がする)
(この日は午前中レートが段々良くなって行ったらしいので、それも(時間差も)ありそうな気がする)

次に、チェンマイの優良店のレートを調べた↓。
(ただし、バンコクのレートを調べた時間とチェンマイのレートを調べた時間は少し違うので単純な比較は出来ない)

S.Kエクスチェンジは10000円が2917バーツ。チェンライよりも1万円につき17バーツいい。
スーパーリッチチェンマイは10000円が2912バーツ。チェンライよりも1万円につき12バーツいいが、S.Kエクスチェンジよりは5バーツ悪い。

実際に両替するのは明日(3月6日(金))だが、これで、チェンライよりはチェンマイで両替した方がいいらしい事が分かった。
バンコクなら更にいいが、バンコクには当分行く予定がないので、やはり明日、チェンマイで両替する事に決めた。

チェンマイではS.Kエクスチェンジが良さそうだが、明日に成らなければ何処が1番かは分からない。
グーグルマップでS.Kエクスチェンジとチェンマイスーパーリッチの場所を調べたら、直ぐ近くだったので、現地で両方比べていい方のお店で両替する事にした。

因みに、この後、14:30頃、もう一度調べたら。

バンコク最優良レートはエックスワンカレンシーの10000円が2921バーツ。
バンコクのプラトゥーナムのスーパーリッチが10000円が2920バーツ。
チェンマイのS.Kエクスチェンジが10000円が2917バーツ。
チェンマイのスーパーリッチも10000円が2917バーツ。

S.Kエクスチェンジとチェンマイスーパーリッチが同じに成っている。
バンコクとチェンマイの差が少し縮まっている。

両替当日(3月6日)午後4時頃、チェンマイの両替所へ向かった。


T11_20200308225801
チェンマイのスーパーリッチ(左)とS.Kエクスチェンジ(右)

2つの両替所は向かい合った直ぐ近くに在った。

これは推測だけど、2つの両替所が競争した結果、チェンマイでも最もレートのいい両替所が至近距離に出来たのではないか?。

この時点でどちらがいいか分からなかったが、S.Kの方がいい予感がしたので、初めにスーパーリッチを見て、次に、S.Kをみて、S.Kの方が良ければそこで両替する。悪ければスーパーリッチに戻って両替する作戦にした。


T12_20200308230801
チェンマイのスーパーリッチ

スーパーリッチの両替レート、10000円が2955バーツ。昨日より随分いい(昨日2917)。


T13
チェンマイのS.Kエクスチェンジ

S.Kの両替レート、10000円が2960バーツ。スーパーリッチより5バーツいい。

勝負あり、S.Kエクスチェンジで両替する事に決定。

中は空いていた様に見えたが、順番の札を取って待っている内にレートが2957に下がった。
まあ、ここまで来たらもうしょうがない、下がってもスーパーリッチより2バーツいい。

両替の手続きを始めて最初に金額を言ったら、窓口のオバサンが電話をした。
こういう事は額の大きい両替をする時は、他の両替所でも良くある。
大きな金額は、両替所でも危険(?)なので最新のレートの確認を管理者にしているのだと思う。

結果(?)レートが2960に戻った。自分は2957でもしょうがないと思っていたが、大口サービスなのか、元の国際取引のレートが変わったのか分からないが、兎に角、良くなった。

もう、50回以上両替をしているが、こういうのは・・・(多分)初めて。
表示板には2957と表示されていたので、2957でも文句を言わなかったが、良心的(?)なお店なのかも知れない。
(ある人の話によると、交渉すればレートが良くなる事が有る、と言っていたが、そういう事なのか?)
(何も交渉してないけど)
(それとも、元々条件によってレートの違うのを自分が見落としたのか?)

まあ、兎に角、今回は(3月6日16時頃、チェンマイ、S.Kエクスチェンジにて)1万円=2960バーツで両替が出来た。
これは、最近としてはかなりいいレートで、前回、2019年8月2日にチェンライで両替した時のレート、1万円=2860バーツよりは、1万円に付き100バーツ、率にして約3.5%いいレートだった。


T15_20200309004001
2月21日~3月6日(両替日)までのバンコクの最優良レートの推移


追記(2020/03/09(月))。

気に成ったので、もう一度調べて見た。

14:20頃、チェンライの時計台のそばのスーパーリッチは10000円が3040バーツだった。

久々の3000超え。

しかし、自分は既に3日前に2960で両替したので、もうお金がない。

9日の夜チェンマイとバンコクのレートを調べたら。

バンコクの最優良レートは1か所だけ3070だったが、他の優良店(エックスワンカレンシー、グランドスーパーリッチ、プラトゥーナムのスーパーリッチ)は3065だった。
同時刻のチェンマイのS.Kエクスチェンジは3062だった。

ここ数日は、国際相場でもかなり変動が激しいし、同時刻の比較をするのが難しいので、地域別のレートの差は上手く把握できなかったが、大雑把な感触としては、優良店レートはチェンライよりチェンマイの方が10バーツ程いい、バンコクは更にそれより3~4バーツ程いい、という感じだった。

もう少し、安定している時に比較してみないと分からない。

もう一つ感じた事は、レートのいいお店ほど、国際相場を反映する事が早そうに感じた。ただし、此れも確信は無い。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2020年3月 4日 (水)

ある1日

2020/03/03(ある1日)

昨日、カラオケをやりながらチューハイと梅酒を飲み過ぎて、朝から調子が悪かった。
で、だらだらとネットのニュースを見たり、株価ボードを見たり。

昨日、予定通り住友金属鉱山を2700円で300株買って、朝の内はちょっとだけ2700円を超えていたが、直ぐに2700円を割って終値は2636.5円。
それは嬉しくないけど、なんか今、株価の値動きを見ているのが楽しい。新型コロナの行方がどうなるかも興味があるし、それと株価の関連を考えたりしていた。

昼過ぎ、奥さんに用事が有るので、娘を迎えに行ってくれ、と言われて3時半頃迎えに行った。
(普段は学校の送り迎えは奥さん)
学校の前で車を止めて待っていると、マスクをしている生徒が多い。
暫くして娘が来て、聞いたら、「昨日、マスクをして来る様に学校からメールが来たので、今日からみんながマスクをする様に成った」、と話していた。
「何か、おでこにセンサーの様な物を当てられた」、と話していた。体温測定をされたらしい。

一旦、家に戻って、娘がセンタンに行きたいと言うので、自分も少し食べ物でも買いに行きたいと思っていたので、一緒に行く事に。

娘の用事は、何か買いたい物が有るのかと思ったら、銀行に貯金に行くのだと。
3月分としてあげた「お小遣い」の一部を貯金するらしい。
この辺の性格は母親とは正反対で自分に近い。
自分も両親が郵便局員だった事も有るが、小学校3年ぐらいから貯金をする習慣が有った。
まあ、いいか悪いかは一概には言えないけど、直ぐ使っちゃうよりはいいかも知れない。

TOPSで、食材を買っていたら、隣に友人が居てこっちを見ていた。
娘を「普通に日本語が話せるんですね」、と言っていた。
自分と娘との日本語の会話で気が付いたらしい。

夕方から飲み会に行く話があって誘われたけど、「昨日、飲み過ぎて今日は調子が悪いのでパス」、した。

奥さんの用事と言うのは誰かと話が有ったらしく、センタンのスタバに居たらしい。
それも終わったらしくて、「スタバに来い」、と言うので、買い物が終わってから娘と2人でスタバに行った。

センタンの中を歩いていると、いつもより人が少ない。ガラガラという感じに近い。いったん減ったマスクをしている人もまた増えている。
本当か嘘かは知らないが、チェンライで(新型?)肺炎で死んだ人が出ているらしい。そんな噂(?)が広がっている。

この状況を写真に収めようと思ってカメラを取り出して気が付いた・・・そうだ、昨日電池切れに成ったのだ・・・。
という訳で、今日は写真無し。

帰り際、娘と意見が合って、出口に近い辺りにある上海小籠包のお店で、小籠包を買って帰る事にした。
奥さんは、隣のお店で、たこ焼き、の様な物を買っていた。

実は、このタイ風のたこ焼きみたいな物、シーフードで、イカやエビ、アサリ、カニカマ、等が入っていて、カツ節が掛けてある。
意外に美味しかった。
この、たこ焼きもどきのチョイスは娘がしたらしい。知らなかったので、娘が居ない時に全部食べたら、後で娘に怒られた。

先程スタバでハムチーズデニュッシュを食べたり、小籠包やたこ焼きもどき、を買って帰ったので、今日の夕食は無し。
TOPSで買った、食材が食卓に乗るのは明日以降に延期。

夜、奥さんは友達と遊びに行く、という事で、出掛けて行った。
奥さんが、外で遊ぶというのはいい事で、これで、自分も夜遊びがやり易くなる。

先程、センタンで会った友人から、後日の夜の飲み会のお誘いメールが来た。


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッと応援お願いします。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2019年12月24日 (火)

徒歩行動圏

2019/12/24(徒歩行動圏)

はじめに。

このブログでは、(自分の)タイでの生活を紹介する、生活スタイルを見てもらう、という事を意識して書いている側面があります。
その点で、どういう環境で暮らしているかというのは大きな要素で、場所に焦点を当てると、家の中、徒歩圏、徒歩以外の行動圏、という分け方も出来る。

その分類で、今回は「徒歩行動圏」について書いてみたいと思う。
徒歩行動圏がどうなっているかは、タイでの暮らしを理解する(理解して貰う)為の大きな要素だと思う。
という事で、今回(自分の頭の中の整理も兼ねて)纏めてみた。
(ただし、これはあくまでも自分の場合で、自分の価値観で纏めるので、タイに暮らす邦人一般の場合ではない)
(っていうか、タイに暮らす邦人と一括りに言っても、皆さんそれぞれ、その持つ背景も異なるし、価値観も違うので、何が「一般」と言えるのかも難しい)


ここから本文。

今のチェンライの住居、コンドーの立地は、結構、気に入っている。
大きいのはセンタン(セントラルプラザ)とBIG-Cが比較的近くにある事で、パーンの田舎から此処に移って来た理由の一つが、その立地の良さにあった。

兎に角、徒歩圏内に、マーケットや飲食店、各種施設、が有るというのは「健康で文化的な生活(日本国憲法からのパクリ表現)」を送る上で有利に働く。

以下は、各施設別に、到達時間、利点等を紹介する。


O1_20191224012101
写真奥がコンドーのフィットネスルーム

家のドアから2分。

筋トレやウオーキングマシンを使うために来る。
週に4~5回ぐらい来る。
食べ過ぎたと思った日の夜8時とか9時頃に2回目の運動に来る事もある。
暑い時は冷房も利いているので、運動し易い。

これが遠くだったら、ダイエットの為の運動は続いていなかったと思う。
気軽に何時でも運動が出来る環境はいい。


O2_20191224012901
コンドー内の超ミニセブンイレブン

徒歩2分。

おにぎりを偶に買う。奥さんや娘は、お菓子の様な物を稀に買っている。飲み物を買う事も有る。
おにぎりの味は、日本とそれ程変わらない(でも、日本の方が種類が有るし、味もちょっといい)
冷蔵庫の中に簡単に食べられる物が無い時、夜中にお腹が空いた時は便利。
(冷蔵庫の中の在庫を減らす効果も期待できる)
1個27バーツのおにぎりは、鮭、とびこ(?)、煮魚、など3種類ある。


O3_20191224013801
コンドーの前の歩道橋上より撮影

右奥に見えるのはBIG-C(スーパーマーケット)。
この歩道橋(今居る歩道橋)の先(写って無いが写真左側)にセンタンが有る。


O4_20191224014101
センタン(セントラルプラザ)入り口

家のドアから徒歩5分。

一番よく行くのはTOPSマーケットで月に3~4回行く。
(TOPSまでは家から徒歩6分)
割と、日本製の食品が有るのがいい。

センタンには、8番ラーメン、マクドナルド、スタバ、すきし、しゃぶし、バーベキュープラザ、FUJI、やよい軒、BLACKCANYON、S&P、MK、KFC、大同門、シズラー、スベンセン、ピザカンパニー、など飲食のチェーン店が20店舗程ある。
小規模な飲食店も十数店程入居している。クーポン食堂も有る。
ただ、此処で飲食をする事はそれ程無い。
スタバが月に2回ぐらい、8番ラーメン・マクドナルド・すきし・FUJI・BLACKCANYON、S&Pはそれぞれ年に1~5回ぐらい。小規模な食堂は月に0~1回ぐらい。

まあ、色々な(比較的まともな)飲食店が近くに有るという事は、(行かなくても)有るだけで安心感が有る。
昔、パーンの田舎に居た頃は、外に出ても不味いタイ料理店が数店しか無かったので、歩いて食べに出るという事は殆ど無かった。
気軽に、食べに出られないというのは、孤立感が有った。

電気代や電話料金(AIS)ネット(3BB)の支払いも窓口が有るので此処で行う。
銀行もバンコクBK、カシコンBK、SCB、等一通り揃っている。
郵便物の窓口も有る。

ロビンソンデパートも有るが、そこで買い物をする事は年に2~3回と少ない。
ダイソーは便利な日本グッズを売っているので、月に1回ぐらいは行く。娘はメイソウとかに友達と行くらしい。

あと、奥さんと娘は、寿司(もどき)とかヤマザキパンとか何かの飲料とかパンケーキとかを、よく買って来る(週に1~2回)。

兎に角、何でも揃う、何でも飲食出来る、役所関係以外の殆どの手続きが出来る、のでセンタンだけで、かなりの用が足りる。

色々合わせてセンタンには月に5~6回行く。1回行くだけで色々な用事をいっぺんに出来るのもいい。
(例えば、預金を下ろして、何かの払い込みをして、買い物して、スタバで飲食したり)

映画館もあるが、ここ数年は行ってない。

兎に角、どの施設でも家から徒歩10分以内で行けるので便利。
センタンだけで、ある程度文化的な生活を完結する事が出来る。


O7_20191224024301
BIG-C

センタン程ではないが、BIG-Cも便利。

家からは徒歩8分ぐらい。

ただし、BIG-Cでの買い物は大量に成る事が多いので車で来る事が多い。
(自分一人で徒歩で来る事もある)


O8_20191224025901
BIG-C1階

マーケットは2階にある。

BIG-Cにも銀行が有ったり、各種手続きが出来る所もあるがセンタンでやるので此処では利用しない。
BIG-Cは主に、日用品(その8割ぐらいは食品)の買い出しに使っている。
買い出しは週1回ぐらい。

買い出しに来たついでに、クーポン食堂やKFCなどで食事をする事もよくある。
MKや「おいしラーメン」にも偶に入る。

今の季節は金曜の夜に入り口付近の駐車場でビヤガーデンの様なものをやっているので、偶に来る事もある。

色々合わせて、BIG-Cには月に3~4回ぐらい来る。


O5_20191224030201
「作」(日本食レストラン)に行く抜け道

「作」にもよく歩いて行く。


O6_20191224030601
日本食レストラン「作」

家から「作」までは歩いて15分ぐらい。

1人で昼食を食べに来る事が多い(週に2回ぐらい)。その他に、夕食に1人または家族で来たり、カラオケに来たりする。
家族で来る時は車で来る。

「作」は、最初の頃はメニューが少なかったが、段々バリュエーションが増えて来たので、度々来ても飽きにくく成った。
一般的な日本食のメニューのかなりの部分をカバーするように成ったので、ここに来ればまともな日本食が食べられるという安心感がある。
チェンライでも、タイ人の経営する日本食っぽいお店は沢山あるが、微妙に或いは明らかに、味を外しているので、普通に日本食が食べられるお店が有るのは有難い。

なんだかんだで、「作」には週に3回ぐらい来ている。
外出先としては、センタンやBIG-Cを押さえて此処に来る事が1番多い。
なので、徒歩圏に「作」があるというのは大きい。


O9
タイレストラン、キンセープ・キンヌア

家から徒歩で12分ぐらい。

国道1号線を挟んでBIG-Cの反対側(西側)、やや北寄りに有る。

毎月1回行う水曜会は此処で行う事が多い。
その他に、此処の近くの飲み屋さんに行く事もある。
(以前、スパイが居た飲み屋さんで、奥さんに通報されたので、最近暫くは行ってない)


更にここからもう少し北へ歩いて行くと。


O10_20191224035501
通せんぼ

この辺の道は、「絶対通さないぞ」、という悪意を感じる所が多い・・・歩道を歩けない。

そういう事にもめげずに歩いて行くと。


O11_20191224035701
レストラン、ガウガウ

家から徒歩で15分ぐらい。

レストランというよりはビールのお店というイメージで以前は良く飲みに来たが、最近は暫く来ていない。
歩いて、来ようと思う範囲としてはこの辺が一番遠い所。
(この先に行っても近くに飲み屋さんは無い)

「作」でもガウガウでも歩いて15分ぐらいの距離。
(今の季節は涼しいのでそうでもないが)暑いタイでは、普通の徒歩圏としては15分ぐらいがいい所。
それ以上は、運動をする感覚でないと歩いて行くのは苦しい。
(タイ人は5分ぐらいでも歩くのを嫌がる)


以上が、今の所の自分の徒歩による行動範囲で、纏めると、コンドー内のフィットネスルームと超ミニ・セブンイレブン、センタンとBIG-C、作、キンセープ・キンヌア~ガウガウ辺りまでの飲食店、というのが自分の徒歩行動圏。
数としては少ない。

日本(東京都杉並区の家)と比べて行く所(ポイント)は少ないが、一応揃っているので、パーンの田舎に居た頃と比べれば遥かに暮らし易く成った。
パーンの田舎に居た頃は車ででも出掛けない限り、孤立感が半端なかったが、ここに来てそれはかなり改善された。

徒歩圏内に、運動施設、買い物や飲食、各種手続きが出来る窓口、友人との遊び場(飲み屋やカラオケ)、が有ってかなり暮らし易い環境に成った。
(特にチェンライの様に公共交通機関が発達してない所では、徒歩で友人との飲み会に行けるというのは大きい)

自然の豊富な田舎暮らしがいいか、便利な都会暮らしがいいか、というと自分は都会暮らしの方がいいと思っている。
チェンライは、県としては田舎だが、今の住まいは利便性としては、都会と比べてもそれ程悪くは無い、そんな感じがしている。

まあ、(東京都杉並区の)荻窪の家の方が便利だが、徒歩圏に友人との遊び場が有るという点では、此処も(今居るコンドーも)なかなかいい。
(日本の地元には友人、知り合いは居ない。近所の人と挨拶をするぐらいで、遊びに行く時は電車で出掛ける)

尚、パーンの家から此処に移って来た最大の理由は、市内の中学に入った娘の通学の為で、その点では、学校への送り迎えを毎日奥さんがしているので、娘が学校へ行ける徒歩圏(要するに学校の周りの)アパートかコンドミニアムを探した方が良かったかも知れない。





ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html





2019年11月30日 (土)

セブンイレブンがやって来た

2019/11/29(セブンイレブンがやって来た)

奥さんが、少し興奮気味に「ミー・セーヴェン」(セブンイレブンが有る)とか「マー・セーヴェン」(セブンイレブンが来た)とか言っている。

話を聞くと、コンドーの守衛さんの居る辺りにセブンイレブンが出来た、と言っているらしいのだが、あんな所にセブンイレブンが入るスペースが有ったのかな、と思って聞いていた。

「日本と同じ」、とも言っている。
確かに、日本にもセブンイレブンは有るが、タイにだってセブンイレブンは有る。わざわざ、「日本と同じ」という意味が分からない。


暫くしてコンドーのフィットネス・ジムに行った時に、奥さんの言っている意味が分かった。


E1_20191129191201
コンドーのセブンイレブン(この上が、フィットネスジム)
下の方に、なんか絵が描いて有るが、この絵は無い方がいいと思う。汚れている様に見える。

確かに・・・セブンイレブンだ・・・超ミニ・セブンイレブン。

でも、日本ではこのセブンイレブンは見た事が無い。少なくとも杉並区には(多分)無い。
では、なんで奥さんが「日本と同じ」、と言ったのか。
どうやら、奥さんは日本で見た自動販売機と同じ、という事を言いたかったらしい。

タイには余り自動販売機が無い。
自分もバンコクで数回見た記憶はあるが非常に珍しい。
(でも、チェンライの田舎にまで出来たという事は、バンコクでは増えているのかな?)
まして、こんな最新型の(タッチパネルの有る様な)自動販売機は(タイでは)初めて見た。


E2_20191129193501
コンドーに設置された自動販売機

注文は右側のタッチパネルで行う。
支払いはタッチパネルの右下からお札を入れる。左下に小銭を入れる所も有る。釣銭受けは、写真には写ってないが更に下の方に有る。

カードでの支払いも出来るらしいが、まだ使い方は分からない。
なんか、タイでカード払いってちょっと怖い。
現金なら誤操作や誤作動しても、例えば100バーツ入れた時、最大100バーツの損害で済むが、カードだとどうなるか分からない。
暫くは、現金払いで使った方が無難そう。

で、肝心な商品。どんな物が有るか。
袋菓子類、弁当、カップ麺、菓子パン、おにぎり、紙パック入り飲料、コーヒー、健康飲料、牛乳、炭酸飲料、水、お茶もどき飲料、など。
有るのは食べ物と飲み物だけ、品数も少ないが、少しは使えそうな感じがする。

因みに、周囲にタイ人が5~6人居たのだけど、彼らの声としては、「ビールが有れば・・・」、だった。
タイでも法的にビールの自動販売は難しいのかも知れないが、有れば確実に売れると思う。

コンドーの近くにはセンタンとBIG-Cがあるが、歩いて10分ぐらいかかるので、ちょっと面倒くさい。
もっと近くに、例えばコンドー内に、セブンイレブンの様なコンビニが有ったら便利だなと思っていた。
まあ、自動販売機1台じゃ大した事は無いが、それでも無いよりはいい。


奥さんが、早速使いたいらしくて、一緒にやって来た。
説明はタイ語なのだから、使い方を聞くのは自分で、教えるのは奥さん、だと思うのだがその辺は文明人(自分)と奥さんとの差で、使い方を教えて欲しいらしい。


E6_20191129202601
自動販売機の使い方

書いてあるじゃん・・・タイ語は読めないけど(英語と漢字の説明は少し分かる)。
まあ、絵を見れば大体分かる。

タッチパネルにもお金の入れ方や、商品の説明など、色々説明が表示されるが、これはタイ語だけなので分からない。
でも、これも絵と勘でなんとか分かる。


E7_20191129202901
奥さん、小銭を投入中


E9_20191129203001
タッチパネルで商品を選択

取り敢えず、自分のリクエストで「おにぎり」を注文。



タッチパネルで商品を選択(動画)

自動販売機が、「静岡」がどうだこうだ言っている?。

奥さん、「アッタ」。



商品を運ぶ(動画)

機械は日本製かな、タイ製かな・・・?。



商品を取り出し口に落とす(動画)


E21_20191129220101
セブンで買った🍙おにぎり

「引く」とか書いて有って日本っぽい。

何かの魚の卵のマヨネーズ味。とびこマヨ(?)。


E22_20191129220801
とびこマヨ(?)

具がいっぱい入っていて美味しい。合格点。27バーツ。

これが美味しかったので、後からもう一つ。


E31
本日の夕食

鮭のおにぎりとナスの味噌汁。
鮭のおにぎりはセブンの自動販売機で買ったもの。ナスの味噌汁はフリーズドライの味噌汁を日本から買って来た物。

どっちも美味しかった。和食はいい。

セブンイレブンの自動販売機、使える。






ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html






2019年8月21日 (水)

水曜会8

2019/08/21(水曜会8)

水曜会8の「8」には特に深い意味は無い。一応「8月」なので8とした。
「水曜会」というタイトルのブログ記事は既に有るので、題名が重ならない様にしただけ。

長い事ブログを書いてると、題名が被りそうに成る時がある。
(それは避けているので、多分、同じ題名の記事は無いハズ)
それだけ、生活がパターン化している、同じ事の繰り返しをしている、という事だと思う。

長い題名にすれば重複は避けられるけど、どうも長い題名は好きじゃない。


N1_20190821210401
飲み会中

今日は、いつものメンバー、いつもの場所。

メンバーは、お客さんが来たり(例えば日本からのお客さん)、稀にしか来ない方が来たり、日本に帰国中で参加出来ない人が居たり、して毎回変わるが、今回は昔からお馴染みのコアのメンバーだけだった。
(水曜会は基本的に、来る人拒まず、の飲み会)
本日集まったのは6人だったが、1人はこれからゴルフという事で途中退席。

場所もいつもの、チェンライ市内、BIG-Cの近くのキンセープ・キンヌア。
一応、イサーン料理がベースらしいが、洋風の料理も有るし、何でも屋。ただし、日本料理と呼べるものは無い。

まあ、いつものメンバー、いつものお店でマンネリ、ワンパターンだけど、それはそれで気楽でいい。


N2_20190821212101
キンキンに冷えたビール

下の方半分は氷。タイでは氷を入れてビールを飲むのが一般的。

因みに、今日の5人は、ビヤシンが4人、ビヤチャーンが1人。もう一人は、ゴルフに備えて飲み会には参加せず。


N4_20190821212601
本日の摘まみ1

ヤムウンセン・タレー(タイ風・海鮮・春雨サラダ)。


N5_20190821212901
本日の摘まみ2

コームーヤーン(豚の喉肉焼き)。

当たり外れの大きい料理で、外れだと脂身ばっかり、当りだと肉の部分が多い。
今日のコームーヤーンは当りだった。


N6_20190821213201
本日の摘まみ3

プラーニンのフリッター。
サクサクしていて美味しい。ただし、今回、自分はダイエットを考慮して食べなかった。


N7_20190821213601
カオパット?

此れから,ゴルフに行く方が注文。

「カオパット(タイ風チャーハン)」と言って注文したら出て来た「カオスワイ(単なるご飯)」。
注文取りのお姉さんが、「パット」を聞き逃したらしい。

まあ、これぐらいはお愛嬌。他におかずも有るし・・・。


N8_20190821214201
本日の摘まみ4

イカの煮物。マナーオ入り。
メンバーの一人がこのだし汁を気に入って、ウンセン(タイ風春雨)を追加して貰った。

右上にチラッと写っているのは、キノコとエビなどの炒め物。
自分としては、今日のメニューで一番はコームーヤーン。二番目がこのキノコとエビの炒め物だった。

きょうのメンバーは皆さん在タイ期間が長いので、タイ料理でも気に成らない、という方が多い。
自分も、タイ料理を好き、とは言わないけれども、他に無ければ食べる。それに、此処の料理は比較的日本人には食べ易い。


N3_20190821215301
ルイビトンの椅子?

何となくルイビトンのデザインに似ているけど、よく見ると違う。
ルイビトンは十字だけど、ここは星形。

まあ、タイらしくていい。


飲み会は12時から3時少し過ぎまで。
この後、自分ともう2人はコーヒー屋さんへ行って、更に雑談。
(コーヒー屋へ行く途中で30分ぐらい買い物。後日「日本製品のガラクタ屋」に記載予定)
ここのオーナーのお姉さんがメンバーの一人のお気に入りで、飲み会の後、たまに行く。
お互いに顔見知りなので、居心地がいい。タイのゆるい感じのお店。

このコーヒー屋さんは、カフェラテが1杯30バーツ。
自分はコーヒー通では無いので良く分からないが、スタバのコーヒーと変わらない気がする。
今日は2杯飲んだ。

コーヒー屋さんには6時まで居た。最初から最後まで居た人は飲み会からの通算で6時間居た事に成る。
自分は飲み会に少し遅れて行ったので、5時間15分ぐらい。
何となく時間が過ぎて行く。


今日思った事、自分の知っている範囲のチェンライの邦人は、歳は自分と同じくらいか少し上。
殆どが戦後生まれで、戦前に生まれた方も少し居る(空襲を覚えている方も居る)。
で、この方達のかなりの方が、日本(orタイ)で人生の1サイクルを経験済みの方。
結婚⇒子育て⇒子供の独立、を経験している。
(その後、奥様はどうなったかというのは3パターンあるが、そこは追及しない)
(あっ、でも書いて置かないと分からないので書くと、死別、離婚、婚姻中の3パターン)
(尚、自分はこれに当て嵌まらない)
自分の知っている範囲では、大雑把に言って半分以上の方(3人に2人ぐらい?)が日本(orタイ)で「子供の独立」まで経験済み。
(チェンライの邦人全体ではどうなるかは分からない。多分、自分の知っている範囲の人達よりは少ないと思う)

要するに、自分の周りには、今の生活は「おまけ」見たいなもので、余裕が感じられる方が多い。




ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村





2018年11月22日 (木)

コンドーでロイカトン

2018/11/22(コンドーでロイカトン)

今日(22日)と明日(23日)ぐらいはタイで2番目のお祭りロイカトン(1番目は4月のソンクラーン)。

かといって、もうタイに住んで17年程に成る。わざわざ、ロイカトンの為に何処かに出掛ける(注)のも面倒なので、今年は家に居る積りでいた。
(注)(ロイカトンのメインは川にカトンを流す行事なので、川のそば。近くにお寺でも有れば尚良い)

しかし、外から帰って来た奥さんが、「コンドーの入り口の所でロイカトンをやってる」、というので折角なので行って見る事にした。

「カトンも無料で配っているが、もう少ししか残って無いので早く行かないと無く成る」と言っている。

.
F1
コンドーの入り口付近に用意されたカトン

.
F3
コンドーの入り口付近

正面の建物の2階がいつもエクササイズをしているフィットネスジム。この裏にプールが有る。

奥さんが、入り口の所でロイカトンをやっていると言った時に、どういう事かピンときた。

.
F5
入り口付近の水溜

ここで、カトンを流す・・・と言っても、川じゃないので流れない。

多分、後で守衛さんか掃除のお姉さんが回収するのだと思う。

でも、ロイカトンの雰囲気はちょっとは有る。

まあ、安直に出来るので自分には向いている。

.
F9
カトンを持って記念撮影


.
F11
カトンを流す(積り)

川じゃなので流れが無いと思ったのだけど、何故か流れた。

.
F15
ロイカトン中

.
F17
カトン

流石にコムローイは無かった。

.
F20
猫と記念撮影

コンドーの誰かが飼っている猫らしく、近付いても逃げない。むしろ寄って来る。

触ると、奥さんが怒るので触れない。家(うち)の奥さん、トンボやカマキリは手掴みするくせに犬とか猫を触るのは嫌がる。

.
F22
コンドーのプール

ついでにフィットネスジムの裏側に有るプールの写真を撮った。

こういう風景は好きです。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年8月30日 (木)

チェンライの家の情報処理環境

2018/08/30(チェンライの家の情報処理環境)

実は、チェンライ在住の皆さんがどんな情報環境を持っているのか結構気に成る。

インターネットを使いこなしている人の割合とか、ネットを使う場合スマホなのかパソコンなのか。

プリンターとか外部記憶装置は有るか、他に便利な情報関連機器は有るか。
機器や関連商品は何所で買うか。日本で買うかタイで買うか。

言語環境はどうなっているか。日本語、タイ語、英語の組み合わせは。キーボードは。スクリーンキーボードの利用は。

LINEを使っているのか。日本のテレビはどうやって見ているのか、見ないのか。ネットニュースを見ている場合、何で見ているのか。

航空券の予約はどうしているのか。ネット予約か旅行代理店を利用しているのか。そもそも航空券なんて買わないのか。
ネット通販を利用している人はいるのか。
自分の知らない便利なネットの利用方法にはどんなものがあるか。

ちょっと意味は違うが、公共料金等の支払いはどうしているのか。

電話やネットの通信キャリアは何所なのか・・・etc.・・・色んな事が気に成る。

これは、単に興味があるというだけではなくて、色々な事が分かれば、チェンライでの生活をより便利に、快適に、合理的にする事が出来る気がする。


で、先ずは自分から。
しかし、自分の場合、そんなに大した物は持ってない。

.
H1
上、パソコン。下、プリンター。

一番良く使うのは日本で買ったDELLのパソコン。
一応、キーボードに平仮名が付いているのだけど、文字の入力はローマ字で入力する。
マウスは使わない(タッチパッドを使う)。

プリンターは日本で買ったCANONのプリンター。
Wi-Fiでパソコンと繋がっている。

プリンターは全く同じ機種の物が日本にも置いて有る。
同じ機種だとインクが互換性があって無駄がないと思って揃えた。使い方が同じなのもいい。

インクは(日本から買って来て)一応1セット常に置いておく様にしている。

プリンターは、航空券やホテルの予約のプリント等に使う。
娘が宿題で使う事も有る。
各種手続用紙の記入にも使う。COPY機能も付いているので、パスポートや奥さんの身分証明書のCOPYなどにも使う事がある。

USBメモリ(写真下右の金色の棒)やCD-ROMは持っているのだけど使った事は無い。
外付けハードディスクは手帳の様な形状の物を幾つか持っているが最近は使わない。映画が入っているが、もう全部見たので今は使わない。

.
H2
3BBのルーター

ネットは3BBの回線を使っている。

娘のパソコン(タイで買ったACERのパソコン)と自分のスマホもこのWi-Fiを使っている。


スマホは家族3人、それぞれ持っているが、自分のは日本で安く買った全然知られてないメーカーの物。
(実は、メーカー名しらない)

タイ国内のキャリアさんはAISで、プリペイド方式で使っている。電話は何所でも出来るけどネットは家かFREEのWi-Fiの有る所でしか出来ない。

日本に帰国する時もこのスマホは持って行く。
日本の家にもWi-Fiがあるので、タイの家族との連絡は主に、スマホのLINEにて、音声やLINEメールや画像で行う。
(通信料が掛からない)

因みに、このスマホ、タイからでも普通に日本に電話が掛かる。
タイ国内に(このスマホが)有っても、日本に有っても、電話番号等、掛け方は全く同じ。
なので、自分が日本に居るのを知らないでタイに居ると思って電話を掛けて来る人も居る。

そういう場合、まず、「今、日本に居ます」、と言ってから話を始める。
(そうしないと、「これから飲みに行く?」、何て誘われても、簡単には行けない)
(そういう場合、通信料はタイ国内分は掛けた方の負担、国際電話分は日本に居る自分の方の負担に成るらしい・・・この仕掛け、イマイチ良く分からない)

スマホの利用としては、LINEが60%ぐらい、音声電話(AIS利用)が30%ぐらい、残りがグーグルやアラームなど。
(多分娘はゲームが80%ぐらい、奥さんはインスタグラム?が80%ぐらい)

.
H3_2
パソコンの画面の例

パソコンのスタート画面はMicrosoft Edge を使う事が多い。

ニュース類は Microsoft Edge のスタート画面からか、Yahoo JAPAN で見る。

パソコンを使っている時間で一番長いのはこのブログ、ココログを開いている時。

NYダウや日本経済新聞スマートチャート、円からバーツに両替などの経済関連情報を見る事も多い。

後、ちょっと内緒のページから入って見るものもある。

航空会社やホテルなどの予約サイトは、ショートカットキーを使わず、グーグルから検索する事が多い。

他に良く使うソフト等としては、(有料の)セキュリティーソフト、グーグル翻訳、グーグルマップ、EXCEL、ペイント、メールなど。

このブログの写真や表などの加工は殆どペイントを使用している。麻雀の集計や株の集計はEXCELを使う事が多い。

.
H4_2
ココログのリアルタイム足跡画面の一部

ココログに、今、どういうパソコンやスマホから見られているかを検索する機能が有る。
 が今、自分が使っているパソコンの、OS、ブラウザー、画面サイズなどの情報。
(実は、正確な意味は理解してない)

この時点では少ないが、結構スマホで見ている方も多いらしい。
自分は自分のブログを見る時パソコンで見る。スマホでは滅多に見ないので、もしかしたら表や写真の類はスマホでは小さくて見難いかも知れないが、(申し訳ないが)それは考慮して無いです。

以上、自分の情報処理環境を何となく羅列しました。特に結論とかお勧めとか課題は無いですが、海外で暮らすには、日本以上に情報処理環境を整える事が生活のレベルUPには欠かせない、と自分は思っております。

今は、衰え行く記憶力や理解力と、環境の整備による利便性の向上とが、追い掛けっこしている現状です。

便利な情報機器を揃えれば揃える程いいとか、便利なソフトを色々出来るだけ使いこなした方がいいとか、は思っていません。
新しい事を覚えるのは大変だし、折角覚えてもソフトや機器の方が変わってしまって古い物は使えなく成るとか、結構そういう事が有るので、その辺も考えながら必要なら(手間の割に利便性がハッキリと大きいなら)新しい環境を整えるという作業をして行こうと思っています。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年8月 3日 (金)

本日のお出掛け(王様のお店など)

2018/08/03(本日のお出掛け)(王様のお店など)

部屋のLEDランプが2つ切れた。全部で7個の電球の内の2つ。
1つの時は放って置いたが2つに成ったので買いに行った。

奥さんの運転で、ホームセンター(家具や家電製品を売っている)のHOME‐PROへ。

.
W1
HOME‐PRO

電球や冷蔵庫、調理家電など電気製品は此処で買う事が多い。家からは車で7~8分。

チェンライだって、日本のビックカメラやヨドバシカメラの様なお店は有る。広さは、荻窪のコジマより広い。
文明の恩恵は此処チェンライまで届いて居る。

.
W2
電球売り場

壊れた電球を持て行って、「これと同じ物を3つ下さい」、と言って店員の人に選んで貰った。

.
W34
電球のチェック

電球を差し込むと(左)、ちゃんと点いた(右)。

新品の電球を買うのにチェックするって日本の感覚からいうと変だが、チェックせずに買って来て、家で電気が点かない事がたまに有る。

今回は3個共OKだった。

しかし、家のLED電球、1年ぐらいで壊れるってちょっと変。本来はもっと長持ちする物じゃないのか。

今、壊れているのは2つだけど、予備1個で3個買った。

電気製品なんて日本ではそんなに簡単に壊れる物ではないが、タイは何でも品質が悪い。

HOME-PROでのお買い物、全部で465バーツ(LED電球3個、電池4個、殺虫剤みたいな物)。


HOME-PROの後は、センタンへ。

センタンの2階のSCB(注)で、今回タイへ持って来たお金(バンコクで10000円当りを2995バーツで両替したお金)を預けてから、地下の王様のお店へ。

(注)(SCB、サイアムコマーシャルBANK、はコンドーのロビーにATMが置いて有るので引き出す時に便利)

.
W7
王様のお店(ROYAL PROJECTSHOP)

ここでは、野菜を買うのが主目的。

野菜はBIG-Cで買う事が多いが、タイ人の作る物って農薬とかちょっと不安なので、此処の方が安全な気がする。値段的にも若干安い物が多い。

王様の看板を背負っているのだから、そんなにいい加減な物は売らないだろう、という発想。
(でも、実際に作っているのはタイ人だし流通もタイ人だけど、そんなに疑ったら此処で暮らしていけない)

.
W8
王様のお店のマカダミアナッツ

塩味、海苔味、蜂蜜味、ワサビ味、ピザ味、など色々有る。良く買うのは海苔味と蜂蜜味。

.
W9
本日の王様のお店でのお買い物

マカダミアナッツ、ジュース、サラダ、レタス、アボガド、スモークポーク、ナス(写真に入れ忘れた)。
全部で661バーツ。

センタンの用事が済んで、まだお昼ご飯を食べてなかったので、「作」へ。
運転はず~っと奥さん(自分は運転きらい)。

.
W5
日本食レストラン作


.
W6
本日の昼食

珍しくマスターが居なくて、店員さん(女性)から、「(店長は)買い出しに行ってます」、と言われた。

カキフライが食べたかったので、カキフライを注文したが、「カキは切れている、今、買いに行っている所」、と言われた。

大体、タイ人の女の子がちゃんとした物を作れるか、若干不安だったので、メニューの焼き鯖を指さして、「これ出来る?」、と聞いたら、「出来る」、と答えたのでそれを注文。

まあ、タイ人でも焼くだけだから何とか成るだろ~。

奥さんは、サーモンを注文・・・これも焼くだけだから・・・。後、みそ汁とご飯も注文。

結果・・・普通にちゃんと出来た。

どこまで下ごしらえして有るのか知らないけど、魚を焼く以外は野菜などを切って並べるだけだから、教えれば出来るらしい。
(人参は茹でるのか?レンジでチンか?)

食べ終わってそろそろ帰ろうかと思っていた頃、店長が帰って来た。

「カキフライが食べたかったのに~」、って言ったら、仕入れて来たカキを見せてくれた。美味しそうなカキだった。

今度、食べに来よ。

作での食事280バーツ。


本日使ったお金の合計、HOME-PRO 465バーツ、王様のお店 661バーツ、作で食事 280バーツ、最後にガソリンを満タンに 1100バーツ。合計 2506バーツ。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年5月18日 (金)

チェンライで両替

2018/05/18(チェンライで両替)

両替は日本からお金を持って来た時、バンコクのスーパーリッチ・プラトゥーナムでする事が多いが、今回は日本からチェンライに戻る途中のバンコクで空港(ドンムアン空港)の外に出ず、そのまま国内線を乗り継いでチェンライに来たので、日本円を現金で持っていた。

6月に友人が日本から遊びに来る時、バンコクに行くのでその時に両替する積りで居た。

しかし、ちょっとした手違いでチェンライで資金不足に陥って、早急にバーツを補充する必要に迫られた。バンコクに行くまで待っていられない。

どおしよう・・・。チェンライで日本から持って来た円をバーツに両替しよう。

しかし、チェンライで両替した事は、実は1度も無い。両替所がどこに有るかさえ分からない。
(銀行に行けば両替出来るが、多分、銀行のレートは悪い)

で、ネットで調べた結果、どうやらチェンライのスーパーリッチがこの辺では一番レートがいいらしい。
何件か見たネットの記事は、1年ぐらい前の情報で少し古いが、じっくり調べる時間も無い。幾つかの両替所を周って比較するのも面倒なので、スーパーリッチに行ってみる事にした。

行く前にバンコクの「今の」、最優良レートを調べて著しく悪かったら考えよう。

朝10時の時点での最優良レートは1万円が2900バーツだった。きのうより少し悪いが、それはしょうがない。

先ずは、地図をプリントして・・・。

.
I1
スーパーリッチの所在地

本当はA4の大きさで、もう少し広い範囲をプリントした。

Baanpa Pragarn 通り(時計台の有る通り)を来て Samakkhi School の前で右折して、次の交差点を左折して3軒目か4軒目のお店。

.
I2
スーパーリッチ・チェンライ

.
I3
2018年5月18日(金)10:30頃のレート

1万円が2870バーツ。バンコクの最優良レートより2900-2870=30バーツ悪い。

まあ、このぐらいは今回は許容範囲だと思ったので、このレートで両替した。

しかし、後から聞いた話では、両替する額が大きければ、交渉すればもっといいレートを提示される事も有るという話だった。
今回はちょっと金額が大きかったので交渉すれば、もう1000バーツぐらい多く受け取れたかも知れない。一応聞くだけ聞いてみても良かった。

自分達(自分と奥さん)が行った時は、前にお客が1人居ただけで直ぐに出来たが、その後4組ぐらい直ぐ並んでいた(実際は、並ぶのではなく、順番の札を取る)。
(因みに、手続きの時はパスポートの提示と電話番号を聞かれた)

両替は簡単に終わったが、現金を受ける時、万の単位と千の単位が18(要するに1000バーツ札が18枚)(10万の単位は10万バーツの札束でくれる)の所、8しか渡されなかった。気が付いて直ぐに1万バーツ足りない事を指摘したから良かったが、ボーっとしてたら1万バーツ損する所だった。

まさか、意図的に間違えた、何て事はないと思うけど・・・?。


この後は、日本人会の金曜雑談会に出席してから、家へ帰った。

.
I4
昼食を兼ねて金曜雑談会に出席

左、自分の鯵の開き定食(180バーツ)。右、奥さんのブリカマ定食(290バーツ)。
この他に、ティラミス(これ美味しい)を1箱(550バーツ)購入して、合計1020バーツ。


銀行レートとの差が気に成ったので、家に戻ってからもう一度、バンコクの最優良レートを確認してみた。

.
I5
バンコクの最優良レート

この時点でも最優良レートは1万円が2900バーツなので、両替に出掛ける前に調べた数字と同じ。

なので、これ以下の銀行との比較もほぼ同時刻の数値と同じ様なものと思われる。

.
I6_2
銀行のレートは低いので順位が下の方に出て来る

例えば、カシコン銀行の両替レートは1万円が2838バーツ。

自分の両替したレートと比べると、2870-2838=32バーツ。

チェンライのスーパーリッチの方がカシコン銀行より、(1万円に付き)32バーツレートがいい事に成る。

因みに、自分がよく両替に利用する、バンコク・スーパーリッチ・プラトゥーナムのレートはこの時点で2890バーツで、最優良レートよりは10バーツ低く、チェンライスーパーリッチよりは20バーツ高かった。


追記

この日、銀行に行く用事が他に有ったので、ついでに銀行の両替レートの写真を撮って来た。

.
I7
2018年5月18日17:47、カシコン銀行の両替レート(センタン、チェンライにて)

タイの銀行は、ショッピングセンター内などでは、少し遅くまで営業している。

この時点でのレートはNOTES(お札)で10000円が2843バーツ。先ほどの表のカシコン銀行の2838バーツより5バーツいい。

これが、地域による差なのか、時間による変化なのかは分からない。いずれにしてもそんなに変わらないし、銀行レートの方が市中の両替所よりは悪い。
(因みに、18年ほど前、旅行で来た時、ホテルで両替したレートはメチャクチャ悪かった記憶が有る)


日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年1月29日 (月)

本日のセブンイレブン

2018/01(本日のセブンイレブン)

不思議な事に、何故かタイにもセブンイレブンがある。しかも、チェンライなどという田舎にもある。

.
F1
チェンライのセブンイレブン

チェンライのセブンは、PTT(ポトトー)のガソリンスタンドに併設されている事が多い。

.
F2
セブンの店内

店舗の外観や商品の陳列方法などは、日本のセブンと殆ど変わらない。

.
F3
日用品売り場

でも、売っている物は殆どタイの製品。

.
F4
調味料などの売り場

中央に「味の素」が有る。タイ人は日本人の事を味の素と言う(事もある)。
(あと、男性だと、「小堀」、と言われる事もある)

.
F5
アイスクリーム売り場

どちらかと言うと、日本で売っているアイスクリームの方が美味しい事が多いが、タイでも、まあまあのアイスを売っている。

.
F6
お摘み売り場

なとり、や、亀田、には敵わないが、タロー(イカ風味が多い)やドーゾ(煎餅みたいなもの)、も、まあまあ美味しい(?)。

.
F7
飲み物売り場

コーラは大体何処でも売っている。ジュース類も多い。ジュースの中には、日本で余り売ってない、熱帯の果物のジュースもある。
(熱帯の果物のジュースは普通は、余り美味しくない)

注意を要するのは「お茶もどき」の飲料で、慣れない日本人が「お茶」と思って買うと、余りの不味さに(或いは、余りの甘さに)飛び上がる。

.
F8
店内で買い物中の娘と奥さん

.
F9
まんじゅう

.
F10
サバ醤油焼き丼とソースカツ丼

試しに、買って見た。

.
F11
本日の夕食

セブンで買ったソーセージとお饅頭とソースカツ丼。

タイで売っているソーセージは一般的に日本で売っているもの程美味しくないが、食べられない事もない。

饅頭は中に、豚肉と玉子の加工食品らしき物が入っていた。これも、日本で食べる肉まんと比べれば全然不味いが食べられない事もない。

ソースカツ丼。容器から出してお皿に盛りつけるのは奥さんの拘り。他の物、例えばビニール袋に入っている食品や発泡スチロールに入っている弁当類なども、お皿に盛り直す。

このソースカツ丼は、カツがトンカツというより、何かの加工食品(カツもどき食品)の様だったが、食べられない事は無い。

全体に、タイのセブンで本当に満足して食べられる食品を探すのは難しいが、その辺の田舎のお店よりは、「まし」な物がある事が多い。

タイのセブンを日本のセブンと同じと考えるとガッカリする事が多いが、商品の品質、特に味は別の物、日本的な感じが見た目する物でも、「もどき商品」、と思っえばいい。
それでも、「もどき商品」も置いて無い店よりはセブンの方がいい。

日本ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼