カテゴリー「意見・主張」の27件の記事

2024年5月11日 (土)

LINEグループ

2024/05/11(LINEグループ)

仲間内でLINEグループを作って連絡事項などをメンバー全員に一斉に流す。
なかなか便利な機能だと思う。
自分も幾つかのLINEグループに参加している。

ただ、この機能、使い方にちょっと配慮して欲しい点がある。

昔、あるLINEグループに参加していたが抜けた事が有る。
そのLINEグループを作った主催者の価値観などに共鳴して参加していたが、ある時、新しいメンバーが加わった。
その結果、グループ内のメッセージのやり取りの殆どがその1人に集中した。

グループに対するメッセージの発信ではなくメンバー同士の2人の会話のようなものをグループLINEを使ってやり始めた。
少しはそういう事が有ってもいいとは思う。
しかし、その時の場合、自分は頻度が高過ぎると感じた。
個人間の挨拶や他のメンバーに関係しない雑談的な事は、頻度が高くなればグループLINEではなく個別に2者間のLINEでやって欲しいと思った。

直ぐ見るか、直ぐは見ないかを別にして、グループLINEでも来たメッセージは一応見る。
それは、一応読まないと自分にとって有用なものか不要なものかの判断が付かない為、読まざるを得ない。
そして、その内容が自分にとっては必要ないものだった場合、「何か無駄な作業をさせられた」と感じる。
(そういうのは個人差があると思うので、人によっては全然苦にならないという人も多いのかも)
(でも、自分は頭が固いのかもしれないが、「無駄」と感じる事がある)

結果、その時はそのLINEグループに参加している意義と無駄を量りにかけてグループから脱退した。
(有り体に言えば、いちいちメッセージを開いて見るのが煩わしかった)

LINEグループから脱退したのはその1回のみだが、今でも、LINEグループに発せられるメッセージで、「うっとおしい」「こういう問題は個別に発信すべき」だと感じるものは有る。

自分に関係ない個人間のやり取りの他に、「押し売り的な情報の発信」も自分が苦手なものの1つで、知りたい時にネットで調べれば済むようなものを発信して来たり、勘違いだったり、どうでもいいような細かい事を発信してくるのも困りものだと思っている。

あとグループLINEには「所期の目的」というのが有るハズで、それにそぐわない発信をいつもしている方も居たりする。
そういうのはいかがなものか、と思う。

以上、頭の固い爺さんの愚痴と思って頂けたら・・・。


例えば、年金の話とか、介護の話とか、VISAや入出国の手続きに関する話とか、そういう情報は人に聞くのは構わないし、日常の会話の話題としては大いに歓迎だが、目的の違うLINEグループ(注)にそういう情報を載せて無理やり押し付けて来るのは違うと思う。
(注)(年金とか介護とか入出国手続きとか健康管理とか、そういう目的で設定されたLINEグループで発信するのなら当然問題ない)
(尚、自分はそういう問題はチェンライまで来て暮らして居る様な方なら、基本的に自己責任、自己対応で当たる問題だと思っている)

或いは、もっと積極的にそういう問題の発信をしたいなら、そういうブログを作るのも1つの手だと思う。


今回は固い話で、写真が無いのも寂しいので。

Cafeのスタイル。


240511a
Horizon Cafe & Restaurant 2024/05/01撮影

日本茶を期待して「お茶」を頼んだら抹茶グリーンティ見たいのが出て来た。
「砂糖抜き」と言ったので甘くは無かったが「日本茶」を期待していたのでちょっとがっかり。
まあ、猫(?)みたいな絵がちょっと珍しかった。
良く描けてる。


240511b



240511c
GREEN DREAM Cafe 2024/05/06

タイのコーヒーはこういう葉っぱ見たいな絵柄が多い。


240511d
Chanal Cafe

ここのCafeも葉っぱ模様。


240511e
日本のドトールコーヒー

日本のCafeは模様無し。
もしかしたら模様の有るCafeも有って、自分が知らないだけ?。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2024年3月16日 (土)

都合のいい予想

2024/03/16(都合のいい予想)

株では無いが似たようなものとして為替取引というのが有る。
それで儲けようと思えばFXという方法があるらしいが、自分はやった事が無いし、やろうとも思わないので詳しい事は知らない。
ブログなどでFXで儲ける方法が書いて有るものが偶にあるが、自分は為替レートは読めないと思っているし、素人がFXなどでやる必勝法が有るとは思わないので、そういうブログはいかがわしいものと思っている。
まあ、その事を合理的に説明する事は出来ないが・・・。

本当に為替で儲けられるプロは居ると思うが、それは特殊な能力の持ち主だと思う。
素人が安易に儲けられる方法は無いと思っている。
ビギナーズラックの様なものは有るかも知れないが、素人が長期に渡って儲け続けられる方法は無いと思う。

なので、安易に為替の予測をする、それを確信的に言われる事には少し抵抗感を持つ(あくまで「少し」です)。

殆どのチェンライ在住の邦人にとって、円・バーツの為替レートの問題は大きな関心事である。
それは否定しない。
自分だってそうである。

ネットなどでの「円・バーツ」の情報は「ドル・円」の情報と比べると少ないので、本当の関心事は「円・バーツ」であってもそれが「ドル・円」の話にすり替わるのはある程度しょうがない。
(しかし、本当の問題は「円・バーツ」であるという事は正しく認識して置くべきである)

なので、邦人同士の会話では「ドル・円」の話がよく話題に上る。
最近の円安に対する愚痴であったり、今後のレートの予想であったり、いい交換レートの話であったり、そういう話は興味が有るので自分もよくそういう話に加わる。

チェンライの邦人の場合、「ドル・円」の話をする時、基本的に円高に成って欲しいという立場で話をする。
それは当然であり自分もそうだが、客観的に考えずに話をされる方が多いというのがちょっと気になる。

もう少し具体的に言うと、ネット等で「円高に成る」という記事を拾い集めて、それをもって「今後は円高に成る」という理論を展開して同意を求めて来るのには違和感を覚える。

そういう場合は自分はいつも「(そうなるかもしれませんが)為替は読めないと思っているので分かりません」と答えている。
まあ、それで話が終わればいい。

しかし中にはそれで済まない人も居る。
こちらが同意するまで、次々と「円高に成る」というニュースや記事を集めて言って来る。

自分の場合は株をやっているので、市場の値段は色々な立場の人の考えや需要と供給の関係で決まると思っている。
今知られているニュースなどは織り込んでいると思っている。
なので、例えば「日銀が利上げをすれば円高が進む」と言うのは十分あり得る事だが、現在の「ドル・円」相場はそういう可能性を既に織り込んでいる。
多分、今言われている様に来週中にも日銀の利上げが有れば今より更に円高に傾く可能性は大きいが、逆に利上げが引き延ばされれば円安に成る事だって否定できない。
利上げがあるにしても幅や方法(?)によっても為替に与える影響は異なる。
相場は常に変動しているが、円高に傾くにしろ円安に傾くにしろ、どの程度の変動幅に成るのか、時期的にも直ぐになのか、時間を掛けてなのかも分からない。

なので、来週日銀の「利上げがある→円高に成る」、と言われても安易に賛同出来ない。
(そうなる可能性は高いかもしれないが、そうならないかもしれない)

チェンライの邦人の一般的な発想方法として、
円高に成って欲しい→ネットで円高に成ると言っているニュースを探す→そういうニュースが複数有った→なので、円高に成る、
というのが多い気がする。

最初に結論(希望)が有って、それに沿って予想を組み立てている。

個人でそう思うのは構わないが株をやっている感覚からは、そういう事に安易に同調は出来ない。

「円高に成って欲しい」という思いの強い人の中にはこちらが同意する迄、そういう自分に都合のいいニュース(円高に成ると言うニュース)を集めて何度でも送って来る事がある。
(そういう場合は「それ程自信が有るのならFXでもやったら如何ですか」と言ったりする事も有る)

ちょっと違うが、自分が株を買う時、「この株は上がるかどうか」という事を考えるのに「上がる」という記事やユーチューブを幾つか見て参考にする。
ただし、「上がる」という理由だけを見て買うのは危険なので、「上がる」というその考えに間違いは無いか、「下がる」としたら何が考えられるか、他人の記事やユーチューブを鵜吞みにはしない、何か矛盾が無いかを疑って掛るという癖が付いている。

因みに、以前、チェンライの邦人の間に以下の様な文章が出回っていた↓。

--------------------

暮れにかけて皆さん困っていた円安も徐々に円⾼に向かって来まして、情報によりますと夏頃には130円を切り120円台に成るとも聞いています。何とかなってくれると嬉しいですね。

--------------------

多分、これも「円高に成って欲しい」という願望が先に有って、それを予想の様に言っているという気がする。
要するに「都合のいい予想」。

「成るとも聞いています」って具体的にどういう話か(出来れば情報の出所や根拠)を知りたい。
まあ、チェンライの邦人には「耳障りのいい話なら」何でもいいのかもしれない。
しかし、自分はそういう安易な立場はとらないし言わない。


参考までに今の大体の円レートです。

240315b
ドル円の直近1年程の推移表

昨年末(2024/12/29)のレートが1ドル141円、最近(2024/03/14)のレートが148.31円
今のところ、今年に入ってからは「円安」が進んでいる。
果たして、「夏頃」(例えば、あと4ヶ月程先の2024/07/16日頃)には130円を切る「円高」に成るか・・・まあ、為替は一気に動く時も有るので・・・?。


写真が無いのも寂しいので。

昔のおもひで。


242316c
2014/04/01 東京都、井の頭公園にて(ほぼ10年前)

井の頭公園は三鷹市だと思っていたが、調べて見たら幾つかの市にまたがっているらしい。
一般的には「吉祥寺の井の頭公園」という方が分かり易いかも。


242316d

もうそろそろ桜の咲く季節。
今回の帰国は4月2日を予定しているが、果たして今年も桜を見る事が出来るか・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2024年1月 6日 (土)

トムヤム味

2024/01/05(トムヤム味)


240106a
本日の夕食

見た目よりは美味しかった。

最初はトムヤム味の鶏鍋だったが、8割ぐらい食べて一旦火を切ってから、娘が来たので豚肉やえのき茸を追加して煮直した。
なので、トムヤムらしさは大分薄まったが、最初はもっと赤い色で、唐辛子が全面に出ていた。

元旦に食べた鍋の材料が一部残って居て、それに、鶏手羽などを付け足して鶏鍋にした。
余談だが「パパは鶏手羽は、鍋より唐揚げの方が好だよ」と言ったら、娘も「同じ」と同意していた。
流石、娘の味覚は自分に近い。

まあ、今回は全て奥さんの段取りによるものなので、これはしょうがない。
自分で料理するよりは食べるだけの方が楽でいい。

鍋の材料は元旦に奥さんが食堂から買って来た物でスープも付いていた。
スープは2種類あって、元旦は和風のスープで食べた。これは、まあまあ美味しかった。

今日はトムヤムスープが残っていたのでそれで鍋を作った。
ただ、具材が余り無かったので鶏手羽をBIG-Cで買って来て、それで鶏鍋にした。

トムヤム鍋で最初に鶏手羽を食べた時は「うわ~、辛い!」だった。
普通に胡麻ダレか、しゃぶしゃぶのタレを付ければ美味しいのに、何でこんなに辛くする必要があるんだ、と、ちょっとムカついた。

タイ料理に使う唐辛子って、元々、防腐効果や防虫効果を狙ったものが食材として定着したものの様な気がする。
タイは熱帯だし、タイ人は食材の管理が下手(古い物でも食べたり、食材の管理が衛生的でなかったり)なので、料理に使う食材が腐る寸前だったり、虫に食われていたりする事が多かったので、唐辛子を多用する様に成って、それが人々の好みとして定着したような気がする。
そうでなければ、元々美味しい物をわざわざ不味くして(激辛にして)食べる理由が見当たらない。

ちょっとしたピリ辛が美味しいと思う事は自分も有るが、タイ人の辛い物好き、唐辛子好きは常軌を逸している。

子供の頃からそういう味、そういう料理に親しんで来たタイ人が辛い物を好むのはしょうがないと思うが、不思議なのは日本人でもたまに、辛いトムヤムが好き、という人が居る事。
そういうのは本やネットの知識でタイの代表的料理がトムヤムクンという先入観が有って、それが「トムヤム味は美味しい」と言わせているような気がする。
中にはタイ通である事を強調したくて、タイの辛い物は美味しいと、言う人も居るかもしれない。

タイ料理は「甘さ」と「辛さ」と「酸っぱさ」の調和がとれている、などというもっともらしい説明が頭に有ると、そういう気になる事も無い事は無い。

要するに自分の舌で判断していない、もしくは出来ない。
普通に日本で子供の頃から日本食を食べて居れば、日本人の味覚を持っていると思うが、何故かそうでない人も居るらしい。


ちょっと話は飛躍するが、テレビなどマスコミの情報や本などの知識、現代ではユーチューブなどネット上の情報を鵜吞みにして、さも絶対的真実の様に、自分の考えの様に、語る人が居るが・・・特にチェンライの邦人には、そういう傾向が強い・・・そういうのは・・・。

ユーチューブなどのネット情報の受け売りでは無く、自分で考えた意見を言うべきだと思う。

もっとも、ネット情報すら見ない、「見れない」、というのも問題があるが・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年6月 5日 (月)

ブログの目的と効果

2023/06/05(ブログの目的と効果)

今回はいつもとちょっと毛色の違う記事です。

ブログを書く目的は幾つか有るが、一番は承認欲求で「自分を見て欲しい」「話を聞いて欲しい」「他者から認められたい」というもので、当然、読み手の反応を意識して書く。

読み手としては、日本在住でタイに興味が有る方を想定する場合も有るし、タイ在住の方を意識して書く事も有る。
誰を意識して書くかによって書き方を少し変える。
日本在住の方を意識して書く時は細かい説明を入れたり、タイ在住者を意識した時は読み手の共感力に期待したりする。

知り合いが読んでくれる事を期待して書く事もたまに有る。
タイ人が読む事は想定してないが、(身内を含めて)余りタイ人に批判的な事を書くのはちょっと心配な面も有る。
なので表現には特に気を使う(←そうでなくて、勢いで書く時もあるけど)。

ブログって、自慢話みたいな側面も有る。
(だから、ちょっと自慢話っぽい内容があっても、大目に見てね)

チェンライの田舎で暮らして居て社会から隔絶して埋もれてしまう、という不安感から書いて居るという面も有る。
(書き始めた頃は、特に、この気持ちが強かった)
(こんな所にも日本人が生活しているのを知って欲しい、とか、忘れないでね、みたいな)

ブログで自分の存在を喧伝する効果としては、何かの機会にブログの読者さんと知り合ってその後交流が続いたり、そこまで行かなくても何かの折に自分のブログを読んでくれている方とは話が通じ易い、というのは有る。
コメントで、共感や自分とは違う見方を教えて頂くのもありがたい。
(嫌がらせ的なコメントは無視するが、ここ数年、何故か殆ど無い)
(あと、稀に、非常に共感できる内容だが、他の読者の方がそのコメントを読んだ時の気持ちを考えて公開を躊躇うものも有る)


上記の様に基本的には読んで貰う事を前提に書いて居るが、後で自分が読んで役に立ちそうな事を「記録として残す」為に書く事も有る。
また「自分の考えを纏める」為に書く事も有る。
そういう場合は読み手の事を余り意識しないで書く傾向が強い。


「ビザ・年金・等、手続き関係」の記事は「記録として残す」という側面が強い。
「健康管理」や「旅行・地域」関係の記事、「日・タイ、往復」の記事もそういう側面が少し有る。


ブログを始めて約11年、書いた記事は約2200に上る(今調べたら公開中が2196件だった、未公開も含めれば2200を超える)が、これだけ貯まると自分の人生の記録として財産のような価値も出て来る。
読み返して参考に成る事も多い。

ココログには読者に文字列で検索する機能は公開されてないが、書き手には(自分には)未公開の記事も含めて、約2200全てのブログ記事の文字列を一瞬で検索する機能が付いている。

例えば、「健康診断」で検索すれば、50件ほどの記事が瞬時に表示されるし、「予防接種」で検索すれば20件ほどの記事が表示される。
観光地の地名や飲食店の店名で検索すれば、そこに行った時の記事が表示され、それを読めばその時の状況が思い出せる。
これは、年々記憶力が低下して来る身にとっては、それを補う効果が大きい。


「株」に関する記事は「考えを纏める」為に書くという側面が強い。

昔は、ちょっと自信が有ったので、自分の考えを皆さんに「勧める」という感じも少し有ったが、今は予想は外れまくりなので、想定はするがそれを勧めるものではない。

日々の値動きを追いかけ過ぎると、俯瞰的に見る事を怠りがちに成るので、考えを纏めてそれを記録して置く事によって歯止め的な効果を期待している。
そういう点では、別にブログで公開しなくてもいいし、実際、ブログに書かずに別に記録しているものも有るが、ブログに書くのは退路を断つみたいな意味も有る(公言した事は守らねば、という意識が働く)。

まあ、株の売買は自分にとってかなり大きな部分を占めているので「話を聞いて欲しい」という思いもあるし、投資を全くやらない方(或いは、投資を嫌っている方)には投資の意味を理解して欲しいという思いもある。


あと、ブログを書くのは結構、頭を使う(頭を悩ます)ので、頭の錆止め、ボケ防止にも少しは役立つ気がしている。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年12月30日 (金)

チェンライ雑記帳のスタンス

2022/12/30(チェンライ雑記帳のスタンス)

マムアン様から頂いたコメントに対する自分の回答(自分の立ち位置など)を読者の皆様にも、お伝えしたかったので1本の記事にしました。
尚、このコメントは前回の記事「2022/12/29(年末年始の食糧)」に対するものです。

----- マムアン様のコメント ----- 

迷人さんの言う利便性は、主に日本食材に関する入手可能性という意味ですよね。
それであれば、チェンライと日本の都市を比較しても無意味ですね。
今では日本のどんな中小都市でも、タイ最大都市であるバンコク(ましてはチェンライ)より日本食材は多彩でかつ安くて新鮮です。あたり前な話ですが…。
むしろ南国果物や屋台飯などは、日本よりタイの方が圧倒的に安くて美味しいですから、現在タイに住んでいる迷人さんは羨ましい限りです。
いつも日本料理屋さんばかりの記事が多いですので、もっとタイ料理を紹介して下さい。

----- それに対する自分の考え -----

マムアン様、度々貴重なご意見や情報を寄せていただき、誠にありがとうございます。
今回はちょっと長く成りますが、自分の考え、及びこのブログのスタンスを述べさせていただきます。

「南国果物や屋台飯などは、日本よりタイの方が圧倒的に安くて美味しい」とは自分は思わないです。
日本より安い、という事は部分的には有るかもしれませんが、「日本の方が料理も食材も圧倒的に美味しい」と思ってます。
これは、自分だけでなくチェンライに暮らして居る同胞も同じ考えの方が多いと思います。

確かに、南国果物で日本に無い美味しい物は有りますが、全般的には日本で売っている果物の方が好きです。
柿、イチゴ、梨、桃、スイカ、などは日本で売っている物の方が美味しいと自分は思います。
(スイカでも日本で売っているスイカの方が、より鮮烈な甘味が感じられて、タイではあまり食べないですが、夏に帰国した時には良く食べます)

食べ物の好き嫌いは個人の好みなのでしょうがないです。
自分はタイに住んで居ても、そこは妥協しない積りです。
タイに住んで居るからタイの物は美味しい、と思い込む事はしないです。

もちろん、そう自分の思い通りにはならないですから、タイの中でも美味しい物を見付ける努力はします。
そういう記事はたまには書いている積りでしたが「もっとタイ料理を紹介」というご意見は参考にさせて頂きます。

自分は圧倒的に日本の食べ物の方が好き(個人の好みの問題です)なので、自分にとっての利便性は、そういう物が手に入る、という事が大きいです。
タイに暮らして居るからタイの環境に甘んじる、と言う事はしたくないです。

タイのいい面が多いのでタイに暮らして居る分けですが、足りないものは努力して補って行こうと思ってます。
努力といっても、日本食の美味しい店を見付けるとか、美味しい食材を探すとか、お店に無ければ自分で料理するとか・・・。

別にタイで暮らさなければならない、と決めている分けでは無いので、自分にとっては日本との比較は重要です。

あと、タイへの移住を考えている方がこのブログを読まれる事を想定して書く事もありますので、実際に住んでみて感じた事をありのままに書く方が参考に成る事もあるのかな、と思ってます。

そういう方は、このブログだけではなく、色々なユーチューブとか旅行記事とかを見ると思いますが、その中の1つとして「タイに暮らして居て、こんな考えを持つ人が居る」という事を知って頂ければ幸いです。

文章の、勢いや、分かり易さ、簡潔さ、を考慮して自分の考えを断定的に書く事も有りますが、それは読まれる方が、そういうものだ、と思って頂けたらと思います。
旅行本なら「タイを良く見せる様に書く」ことはあると思いますが、ブログではそうならない様に注意してます。
思う様に書けない(表現出来ない)事も多いですが。
まあ、面白い様に、或いは受ける様に、脚色して書いたり大袈裟に書く事は有りますが・・・。

あと、たまに行くだけなので誤解しているかもしれないですが、食材の入手に関しては山梨県の小淵沢駅付近より、チェンライ市の中心部の方が若干便利かもしれない、と思ってます。
タイの田舎のチェンライでも、一応、中心部は都市のように出来ていますから。
それに以前(十数年前)より、食材に関しては日本の物、日本に似ている食材もかなり充実して来ました。
まあ、車で出掛ければ日本の方がよほど僻地で無い限り、いい食材が揃う、というのは確かだと思います。

尚、このコメント、他の読者の方にも知って頂きたいと思いましたので、「2022/12/30(チェンライ雑記帳のスタンス)」でブログ記事にしました。
(記事にしてから補正した箇所もあるので、原文のコメントとは若干違う部分も有ります)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2022年10月13日 (木)

ユーチューブの情報は疑ってかかれ

2022/10/12(ユーチューブの情報は疑ってかかれ)

今回の記事はあまり面白くもないかもです。


何となくユーチューブを見て居たら、こんな↓サムネイルの動画が見付かった。


221012a
ユーチューブに有ったサムネイル

エッ!、ソフトバンク倒産?。

ソフトバンクの株は結構持っているのでこれは見逃せない!。
慌てて動画を見たら、投稿日が2019年11月19日なので今から約3年前の話だった。

確かに3年程前にソフトバンクグループが倒産するという噂が広がった事がある。
しかし、それから3年に成るが未だにソフトバンクは潰れていない。
結果的に誤った情報が流布された事に成る。

しかもこの記事、ソフトバンクとソフトバンクグループを最初から間違えている。
(ソフトバンクとソフトバンクグループは資本関係は有るが別の会社)
(ソフトバンクグループは投資を主体とした会社で、その倒産が有りそうと言って居るのに、倒産したらソフトバンクの電話も繋がらなくなるかもしれない、という事を話して居た)

情報の正確性という面でも問題がある。


この手の不安を煽るようなユーチューブは結構多い。
書くのは自由だし、「倒産する」とは明確に言ってはいないし、程度の問題は有るが「倒産する危険が有る」というのは間違いではない。
どんな会社だって、倒産する可能性はZEROではないし、ソフトバンクグループの様な投資を主体とする業態はそうでない会社よりは倒産する可能性が大きいのは否定出来ない。

しかし、中身を見るとかなり明確に倒産する確率の高さを話して居る。


221012b
結論からいえばソフトバンクは倒産する可能性が十分にある


221012c
ていうか結構高いと僕は思っておりましてその要因として3つの・・・

テロップが少し変なのは音声を文字に変換する機器かソフトの性能が十分では無い為と思われるので、それはいい。

ただ内容が、結果的(この投稿から3年経過した今の時点で見ると)間違っている。

この手の動画はユーチューブには多い。
普通に考えれば可能性の薄い事を大袈裟に話したり、中には明らかに虚偽の話をしたり。
勘違い、或いは人目を引く為に故意に事実を歪曲して話したり、そういうものが多い気がする。

日本は自由の国なので、そういう行為を止める事は出来ないが、見る方は、安易にそれを受け入れず自分の判断力を研ぎ澄まして見る事が必要だと思う。

ユーチューブなどで色々な情報に触れるほうが、ネットも見ない人よりはいいとは思うが、安易にネットの情報を受け入れない、自分で真偽を判断する事は大切だと思う。

特に、右派系の人に、そういう真偽を判断せずにネットの情報を受け入れる傾向があるような気がする。

3年程前に、もう直ぐ中国の三峡ダムが決壊して下流域の6000万人が死ぬ、という噂がネットに流れた事があった。
自分は、中国人だってバカじゃない、可能性はZEROではないがまずそんな事は起きない、と思ったが、反中の人達はそれが起きるのが既定事実のような捉え方をしていた。

そういう話をして盛り上がるのは、まだしょうがないとして、実際にはそんな事は起こらなかった、という事は後で正しく認識するべきだと思う。
自分の考えに都合のいい話なら、事実はどうでもいい、という考えには賛同できない。
ユーチューブなどを見る時は、常に、「これは客観的に真実か否か」「妥当性が有るか否か」を考えながら見るという姿勢が必要だと思う。

宗教に嵌る人やノストラダムスの予言を信じたような人には、そういう客観的思考や理論的思考、科学的思考、事実を重視する姿勢が不足しているような気がする。


尚、以下に、2年半程前に前掲の「ソフトバンク倒産?、孫正義の嘘」を見た時にこのブログに記事を書いたので、参考までにそれを載せます。
(ユーチューブのアクセス数を上げるためにセンセーショナルなタイトルを付けたのだろうけど、こういうのはいい感じがしない)


-------------------- 2年半程前に書いた記事 --------------------

2020/02/09(ソフトバンクGは潰れるか)

そんな事、分からない。
しかし、今は、以下のように考えています。


株価の形成は大勢の人が、何を買えば儲かるか、損をしないで済むかを真剣に考えた結果だと思う。
丁半賭博やカジノで何処に賭けるかとは違う。
自分のような素人も混じるが、機関投資家などが、業績の推移、先の見通し等を客観的に分析した結果が株価に反映される。
それでも、株価が乱高下するのは、機関投資家といえども完全には読み切れない為だと思う。

同じ判断材料で読めば、結果は似た様なものに成るので、「上がる」、と判断された銘柄はみんなが買うので高値に向かって上がって行って、ある程度のところで収束する、或いは、ちょっと悪い材料が出れば反落する。

ただ、読み違いや、行き過ぎは有るけれども、大勢の参加者が真剣に判断した結果が株価なので、株価の妥当性というのはかなり信頼性の高いものである、と自分は考えて居る。


ここで、ソフトバンクGの問題。

ご承知の方も多いと思うが、この会社に関してはユーチューブで今にも潰れそうだという情報を発信する人が居て、それを読んで、「ソフトバンクGは危ないんじゃないの」、「売った方がいいんじゃないの」、と言われる方が結構居る。


M3_20200208191601
ソフトバンクGの日足

ソフトバンクGの最近の株価は上のグラフの様に成って居る。

先週は月曜(3日)から金曜(7日)まで、毎日上げている。特に最終日、金曜は突出して上げている。
金曜日の上げは、ちょっと特殊な事情(海外のファンドの買い)があったのが原因らしいが、それは置いとくとして、言いたい事はここ数ヶ月株価は下がっていない、むしろ上げているという事。

あれだけ、ユーチューブで叩かれても、株価は上げている。
これは、「ソフトバンクGは、そう簡単には潰れない」、と市場が(実際にお金を賭けている大勢の真剣に考える人達が)そう判断している為だと思う。

「みんなが言う事が正しい」、とは限らないが、このケースの場合、市場の答えはある程度信頼出きると思う。
直接投資してない、ユーチューバーの独り言よりは、市場の判断の方が自分は正しい可能性が高い、と思っている。

確かに、ユーチューブで刺激的な発言をされる方の動画は、上手く出来ていて、それだけ聞くと如何にもその通りに成りそうな気がして来るが、ここで、大事なのは自分で客観的に考える事だと思う。

まあ、実際に株式投資をしてない方は、そんなに真剣に考える必要もない、という事もあるが、人と話をする場合には、ちょっとは自分で考えてからの方がいい。

この事だけではなくて、チェンライにはユーチューブを見ただけで、それに感化されて、あたかも自分の意見の様に情報を発信する方が多い。
偏った意見でも、ネット上でそれを主張する人が多ければ、それが正しいと思い込む人も居る。
ネットの世界の真実というのは、必ずしも、一般的な真実とは一致しない。

自分で考えないで、ネットの受け売りというのは・・・。

少なくとも、客観的にそれが正しいのか、自分で考える癖は付けるべきだと思う。


まあ、確かにソフトバンクGは、他の一般的な会社よりは倒産する危険性は高いと思うが、そういう考えが広く言われているにも拘わらず値上がりしているのは、それだけ市場は「期待値が高い」(注)と判断しているからだと思う。
(注)(例えば、5年後に潰れて0に成る可能性が5割でも、5年後に事業が上手く行って3倍の株価に成る可能性が5割なら、100に対する期待値は150なのだから、投資する価値は有る)

株は基本的にそういうもので、少なくとも自分は一部の評論家(?)、ユーチューブで刺激的な考えを拡散する人より、市場の判断を信じる。
(刺激的な見解も参考にはするが鵜呑みにはしない)

因みに、今自分はソフトバンクGの株は持って無いが、ソフトバンクGの債権は持っている(第2回 ソフトバンクグループ株式会社 無担保社債(劣後特約付き)、利率2.5%、償還日 2022/02/09)ので、潰れるなら2022年2月10日以降にして欲しい。 (-_-;)

あと、影響は良く分からないのだけど、ソフトバンクの株も持っているので、ソフトバンクGが潰れたら、大分影響を受けると思うので、やっぱりソフトバンクGは潰れて欲しくない。

補足。

実は、ソフトバンクG株は昨年の9月末まで結構持っていた。


M2_20200208205601
ソフトバンクGの週足
大きなは400株売り、小さなは200株売り(ただし株式分割を考慮している)。
は 2020/02/07 終値5064円。

ソフトバンクGは平均買い単価が安かったので大分儲かった。

-------------------- 2年半程前に書いた記事終わり --------------------


株式投資の参考にユーチューブの記事を見る場合には直接損得が係わって来るので、主張の合理性、妥当性を真剣に考える。
なので、他の記事をみても、そういう疑って掛る癖が付いている。

あと、株式投資の場合には時間は掛かる事があるが、いくら損したか得したががハッキリと数字で把握できるので、結果の検証が客観的に行える。
ユーチューブの記事で政治的なものや地政学的なものは、客観的な結果の検証が難しかったり、直接自分の損得にかかわらないので、見た記事の妥当性の追求が疎かになりがちだが、そこは見た時に妥当性を考える、とか見た後の追跡も少しはした方が良い。
まあ、事後追跡は殆どの場合しないけど、頭の片隅に入っていればユーチューブの記事の信憑性を後々判断する材料には成る。

気を付けなければならないのは、自分の好むニュースだけを見て、真偽の判断をせず受け入れて、自分の考えとか思想とか価値観を形成する事で、そうすると社会の実態を正しく把握できず、歪んだ考えで固まってしまう。

そういう弊害は現実に結構ある気がする。


ポチッ ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年7月10日 (日)

選挙

2022/07/10(選挙)

今、選挙へ行って来た。
タイに居る時は選挙に行けないので、日本に居る時にたまたま選挙が有ればなるべく行くようにしている。


220710a
投票所のある桃井第一小学校付近

自分の場合、海外への転籍はしていないので、手続き上は杉並区民。なので、選挙のお知らせは自宅のポストに届く。
7月1日に帰国した時には参議院議員選挙のお知らせが既に家の郵便受けに入っていた。

実は、選挙は余り得意ではない。むしろ下手くそ。
今迄の勝率は多分3割ぐらい。
しかも、最近は殆ど外れで連敗を記録中。

でも、参加する事、意思表示をする事が大事だと思って選挙に行っている。
タイやビルマの様な軍事政権の国から比べれば日本の民主政治は一応上手く機能していると思う。
問題点を1つ挙げるとすれば、1票の格差の問題で、平等に国民の声が反映されない選挙システムに成っている。

働きたい人がその能力に応じて働けて、それに見合った収入の得られる社会。
リスクを取って起業したり投資をした人が、それに見合った収入を得られる社会。
基本的に国民の平等が保証されている社会。
ある程度の社会保障は必要だと思うが、やり過ぎない制度。
国際的に見て、日本という国を守れる政治、日本民族を守れる政治。

そんな政治を期待しているが・・・。


余談。

比例代表の投票で政党名の略称でも投票できるらしいのだけど、「民主党」っていうのが2つ有って、何だか良く分からない。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願い致します。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月22日 (金)

合理的な考えが好き

2022/04/21(合理的な考えが好き)

人の性格には2通りある。
迎合的に生きるタイプと合理性を追求するタイプ。

合理性を追求するタイプは、真実を見ようとする。事実を重視する。客観性を重視する。俯瞰的な見方もする。多角的な見方もする。相対的な見方もする。科学的な見方を心掛ける。

迎合的に生きるタイプは流され易い(以下、迎合派と呼ぶ)。
合理性を追求するタイプは流されまいと抵抗する(以下、合理派と呼ぶ)。

(「迎合派」という言葉はイマイチしっくりこないが、要は、事実を重視する、客観性を重視する、科学的な見方を心掛ける、タイプとは対極にあるタイプ)

迎合派は自分に都合のいい情報のみを受け入れる。
合理派は新しい情報に接した時に疑ってかかる。

都市伝説を信じ易いのは迎合派。

宗教を信じる人は迎合派。
信じない人は合理派。

迎合派は主観を重視する。
合理派は事実や客観性を重視する。

迎合派は視野が狭い。
合理派は比較的視野が広い。

迎合派は多数派。
合理派は少数派。

生きる上には迎合派の方が有利かもしれない。
合理派は孤立し易いので集団の中では不利。

例えば、集団の中でイジメが有った場合、それに乗るのが迎合派。それとは一線を引くのが合理派。

ロシア人でプロパガンダに乗ってプーチンを支持するのが迎合派。正しい情報を得てプーチンを支持しないのが合理派。

ここはタイなのだからタイ人の言う事に従うべきというのが迎合派。タイでタイ人の言う事でも間違っているものは間違っていると思うのが合理派。

伝統的価値観や主流派に付きたがるのが迎合派、右派も迎合派が多い。
多数派の考えを疑ってかかるのが合理派。集団の中で支配力の強い人の意見に必ずしも賛同しないのが合理派。


まあ、人の性格なんて単純に割り切れるものではないが傾向としてはこんなものがあるように自分は感じている。

何故突然こんな話をしたかと言うと、自分は「合理派」だと強く思う事が有ったから。
例え間違った考えだとしても、迎合派の人の様に相手に合わせれば楽だと思うが、自分にはなかなかそれが出来ない。

今現在、自分の周囲には迎合派の人が多い。
なので、自分もそれに合わせて、周囲の感覚に流された方が上手く行くかもしれないが、そういう事にストレスを感じる。

そういう傾向は昔から(若い時から)あったが、最近強く感じる様になった。
それは、タイ人という日本人とはかけ離れた価値観や感覚を持つ人達に囲まれているという事も大きい。
また、此処に暮らす邦人(日本人の高齢の男性)も、平均的な日本人と考え方や感覚が「少し違う」ような気がする、というのもある。

会社に居た頃の仲間はシステム関連の経験者が多く、物事を客観的に見て判断する人が多かった。
事実を正確に認識しようとする人が多かった。
なので、今と比べるとそういう点(合理的な話が通じないという苛立ち)でのストレスは少なかった。

今、自分の周りには合理的に考えればおかしな考えを持ったり、変な事をする人達が居る。
見栄を張る為に無駄な事をするとか、あり得ないものを信じるとか、事実と異なる話を平気でするとか。

そういう人達に対して、何んとか客観的な話に持って行こうとするが、そういう人達はそういう議論を嫌がるし、固定観念から抜け出そうとしないので、話が進まない。

その内、怒り出したり、議論の本質から外れた話をしだしたりする。
こういうのは疲れる。

しかし、もしかしたら、自分が「正しい」「客観的」と思っている事が実はそうでは無くて、単なる「頑固親父」に近付いているだけかもしれないとも思う。

まあ、でも、それでもいいと最近は思う様に成った。
(自分から見た)正論が分からない人には、正面から向き合わずにそれなりの接し方をすればいい。


余談。

麻雀や株は「運」の要素も大きいが長期的に見れば合理的な考えが、トータルで勝利をもたらす可能性が大きい。
迎合派の人がいくら能書きを並べても、最終的には(多分)合理的な考えを持つ方が勝つ。

議論では、人の意見を聞かず、且つ多数派である迎合派の人には負けるが、麻雀や株は結果の数字で何が正しいかハッキリする。


という話とは全く関係なく、本日の写真↓。


220421a
本日の昼食

オムレツとソーセージ、ブロッコリーとトマト

スタバで155バーツ。どれも美味しかった。


220421b
奥さんとセンタンのスタバにて

ケーキの上に乗っているのは紫芋だと思うけど、日本の味に通じるものがあって美味しかった。

全部で625バーツ。結構高いね。


220421c
タラート・ランムアンの果物売り場、2022年4月21日、15:00頃

ランムアン市場の一番奥の3号館が果物売り場。
ここは旬の果物が割と安く手に入る。

ドリアンを買うのは今年2回目。そろそろドリアンの季節。
なお、トゥリアンと言うと通じる。


220421d
ドリアンがいっぱい

こんなお店が3~4店有った。


220421e
タラート・ランムアンの3号館は果物売り場

ドリアンの他、オレンジ、スイカ、ココナッツ、パイナップル、リンゴ、芋、なども売っていた。

基本は卸売りらしいが、小売りもしているお店が多い。

写真に写っているのは3号館の4分の1ぐらいの範囲。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年8月21日 (土)

自分勝手なタイ人、うるさい日本人

2021/08/21(自分勝手なタイ人、うるさい日本人)

コンドーのフィットネスジムに1台の扇風機が置いて有る。
自分が行った時に1人がルームランナーを使っていて、そこに風が行くようにして扇風機を使っていた。

フィットネスルームにはエアコンも有るが、今は使っていない。

自分は先に筋トレマシンを使っていたが、ルームランナーを使用している人が帰ったので、そのマシンを自分も使う事にして、扇風機の向きを少しだけ変えて使っていた。
部屋の中は1人。

暫くしてもう一人入って来た。
自分の走っている向きからは出入口は振り向かないと見えない。
後ろの方でガサゴソ音がしていた。

ちょっとして、アレ・・・風が来なくなったぞ?・・・と思ったら扇風機の向きが変っていた。
走り終えて、後から入って来た人を見たら、若い女性だった(多分、タイ人)。
その女性が、扇風機の向きを自分の方に変えていた。
(備考。この話を今、奥さんにしたら「それは多分中国人」だと言っていた)

先に使っている人が居るという事は考えないのか?、自分の事しか見えないのか?(เห็นแก่ตัว (ヘンケートゥア))。


コンドーのベランダの先に上の階から物が落ちて来る事がたまに有る。
タオルなどは干してあった物が風で飛ん出来たりするから、そういうのはしょうがない。
箒(ほうき)が落ちていた事も有った。

しかし、煙草の吸殻が落ちて来るというのはどうかと思う。
マナーのかけらも無い人達だ。
1ヶ月ぐらい前にもあったし、つい最近も落ちていた。
ベランダで煙草を吸ってその吸殻をポイと捨てる人が居るらしい。

煙草の吸殻は、まだ捨てた状況の想像がつくが、分からないのはランブータン。
ランブータン(ンゴ)が4個ぐらい落ちていた(最近)。
なんで、こんな物を外にポイ捨てするのか、理解に苦しむ。

上の階にはファラン(白人)も住んでいるらしいので必ずしもタイ人とは限らないが、確率的に言ってタイ人の可能性が高い。
1つ上の階か、2つ上の階か、それより上の階かは分からないが。
(コンドーの構造上、1つ上の階が一番怪しい)


日本人の場合、そういういい加減さは少ないが、逆に過剰な正義感みたいなものを感じる。

昔の話だが、娘がまだ幼稚園の頃、アイスクリームの包み紙を落とした途端(捨てたのではない)、近くに居た4、50代ぐらいの女性から、すかさず「拾いなさいよ!」とヒステリックな叱責が飛んできた。
(言われなくても拾ったと思うけど)


更に昔、娘がまだ3~4歳の頃、自分が本を買っている時に泣き出した事がある。
中々泣き止まないので困ったなと思っていたのだが、少し離れた所で30歳ぐらいの男性が、こちらをチラチラと見ている。
ちょっと嫌な予感がしたが、案の定その人がつかつかとやって来て、「泣き止ませろ、何処かに連れて行け」みたいな事を言われた。
(しょうがないので、スーパーの屋上に連れて行って泣き止むのを待った)
タイなら、まずそういう事は無い。


タイ人のいい加減さと、日本人の神経質な細かさ、どっちかと言うと、その点に関しては自分はタイの方が暮らし易いと思う。
(タイ人は「悪い事」と思っても(自分の不利益にならない限り)他人に干渉しない。日本人は自分の価値観に合わないものは神経質に干渉する)
(上に挙げたのは2例だけですが、20年間タイに暮らして居て思った感想です)


余談。

ヤフーニュースの記事の一部に以下の様な記述が有った。

「過度な正義感などで嫌がらせなどの行動に出る「自粛警察」の存在。新型コロナウイルスの感染が広まり始めた去年4月以降、「自粛警察」による被害が相次ぎました。こうした嫌がらせは今も続いているようです」

こういうのは日本人以外にも有ると思うが、日本人に多い気がする。

ここまで行かなくても、少しでもコロナの危険性が大きいと感じた人達に対する、「誹謗中傷」「排斥」なども有る。
以前、地方で、東京ナンバーの車(品川や練馬など)を見つけて嫌がらせをした等の事がネットで話題に成った。

今も、「過度な警戒感による排斥」をする人が居る。
自分自身が危険だと思って近づかないのは自由だが、それを(排斥を)一般的な他者に対して発信するのは、いかがなものか、と思う。

何も「責任の無い」他者を排斥する、責任の無い弱点を攻撃する、そういうのは・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年7月19日 (月)

遂にボケたか?

2021/07/19(遂にボケたか?)

今日は月曜だが祝日で株式市場はお休みかと思っていた。
部屋に貼って有る日本のカレンダーには18日(日)と19日(月)は赤い数字で書かれている(平日は黒い数字)ので、今日19日が祝日である事は疑いのない事だと思っていた。

ニューヨーク市場も始まるのはタイ時間の夜8時半からなので、今日の昼間は株式市場の情報は見て居なかった。
で、午後8時頃(日本時間午後10時頃)に成って何となくユーチューブを見ていたら「株全面安」とか「日経平均 暴落○○」とか書いてある。
始めは、上岡さんとか高橋ダンさん(注)の、火曜日以降の今週の予測が書いてあるのか、或いは、先週の木金も結構下がったので、その事が書いてあるのかと思った。
(注)(上岡さんも高橋ダンさんも、ユーチューブで主に株などの投資の話をされている方です)

しかしユーチューブの記事を開いて見てみると、今日、日経平均が350円下がった、と言っている。

・・・アレ、今日は20日(火)だったか・・・?。
・・・1日日付を間違えたか・・・?。

と、一瞬思った・・・遂にボケて来たのか・・・?。

しかし、パソコンの右下の日付を見ると19日である事は間違いない。
だったら祝日はどうなったのだ?。

もしかしたら祝日でも株式市場は開いている特殊な祝日なのか?
タイには、そういう感じの特殊な祝日が有るので、日本にもそんな感じの祝日が出来たのか?。

頭が混乱して来た・・・グーグルで「7月19日祝日」で検索してみた。

グーグル検索の結果↓。

特措法に伴い、もともと祝日だった日は、今年は休日扱いではなくなり、海の日だった7月19日、山の日だった8月11日、スポーツの日だった10月11日は、今年に限り平日扱いとなる。 また、山の日となる8月8日は日曜のため、翌9日が振替休日となる

と、書かれていた。

文句を言ってもしょうがないけど、「勝手に変えるなよ」と思った。
(「特措法」を作ったのだから「勝手」ではないか)
まあ、日本に居ればカレンダーが変わった事は分かるだろうが、その辺がタイの田舎で暮らしてるという事か。

で、今現在(日本時間23:30)で CFD日経平均は-422円と、これも大きく下げている。
先週の木金も結構下がっていて、週明けの月曜も大きく下げている。明日も大きく下げそうな気配。

いよいよコロナバブルの終焉が来たか・・・?。

まあ、それはどうだか分からないが、今はタイに居て、今回は帰国する迄は株の売買は行わないと決めて居たので、出来れば帰国する迄は株は下げないで欲しいと思っていた。
でもまあ、下がってしまったらしょうがない。
また、上がる可能性もあるし。
それに、どうせならもっと大幅に下がれば買いのチャンスが巡って来るかもしれない。

自分の場合、上げ相場に乗って儲けるというより、下げている時に買って、上げて来たら売って儲ける、というやり方なので大きく下がって来ればチャンスが増える、と思っている。

それに今のところ、日本株以外はそれ程悪くない。


話は変わってコロナの今後。

上岡さんが言っていたが「イギリスなどは、コロナの新規感染者数が増えているが、規制は無くす方向に向かっている」、という話だった。
要は、イギリスなどはワクチンの接種が進んでいるので、後は、自己責任でコロナに掛かりたくない人はワクチンを接種すればいいし、逆にワクチンを打たないのも個人の自由で、今後は規制などして国が介入しない方向に進んでいるらしい。

アメリカの野球を見ても、沢山の観客の中で行われている。

ワクチンの接種の進んだ国は段々そういう方向に成って行くのだと思う。

ある、ユーチューバーの方が、タイもそういう方向に進んでいる様だ、と言っていた。
タイは、今は、逆に規制が強化されているが、出来るだけ早い時期に、ワクチン接種を希望する人はそれが出来るようにして、後は、経済や観光を正常化する方向に進んで欲しいと思っている。

勿論、日本も早くそうなって欲しい。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼