カテゴリー「日本に帰国中の出来事」の209件の記事

2023年8月 8日 (火)

日本滞在雑記

2023/08/08(日本滞在雑記)

今回の6月28日~7月27日までの帰国の記事の最終回。
書き残した事を書きます。

<日本からタイへの戻り>


230808i
成田空港第一ターミナル、23番ゲート、2023/07/27 16:00頃撮影

今回の帰国は途中まで初訪日のお義兄さんが居たり、奥さんが居たりして、かなり気を使っての滞在だった。
そして、タイへの戻りが今回の帰国の最後のミッション。
タイに行き始めた20年程前やコロナの期間中は無事にバンコクのホテル(やアパート)に着くまで気が抜けなかったが、今は此処まで来ればもう(ほぼ)安心。

ZIPAIRのチェックインも大きな問題は無かったが、ひとつ変わった事は、チェックインを先に機械でやるように成っていた事。
実は、7月7日にお義兄さんを成田まで送って来た時もZIPAIRのチェックインは機械だったが、お義兄さんのパスポートが機械で読めなかったので窓口でやった。

今回は係の人に聞きながら機械の操作をして、パスポートは読めたのだが操作が終わっても搭乗券が出なかった。
何処か押してはいけない所をタップしたらしい。
結局、チェックインは今回も窓口でやった。
(このチェックインシステム、改善の余地がありそうな気がする)
(大体ZIPAIRのシステムって、チェックインカウンターや機内販売で現金が使えないって、かなり面倒くさいシステムもある)
(ネットのチケットの販売システムは使い易いと思うが)

出発時間の3時間ほど前にチェックイン窓口に(最初はチェックイン機械)に行ったが、どちらも混んで無かったので結果的にはあっさりチェックインの手続きは出来た。
奥さんの手続きは最初から窓口で問題なし。
自分の手続きは係の人から「帰りのチケットは?」と聞かれたが、パスポートの(タイ滞在)VISAの箇所を示して問題なし。

ZIPAIRの預入荷物はMAXが23kg。
(自分と奥さんの)2つの内、一つが23kg丁度ぐらいで、もう一つが24kgをちょっと超えるぐらいだった。
係の人に促されて、重い方から軽い方に500g程荷物を移し替えてOKに成った。
(推測だが、航空会社のMAX○○kgは○○kg台ならOKのような気がする。小数点以下は切り捨て)
(規定で決まっているのかもしれないが、お姉さん細かい。2つ合計でOKなのだから、ちょっとぐらいそのままでいいと思うが・・・?)
機内持ち込みの各7kgは問題無し。でも、これもギリギリ。
(奥さんが、兎に角、出来るだけタイに持って行こうとするので、抑えるのに神経がすり減った)


230808c
成田空港第一ターミナル、23番ゲート付近、15:49

出発は17:00(指定時間された搭乗時間は16:30)なので、まだ大分余裕が有る。

実際の搭乗時間は、「遅れます」というアナウンスが有って16:45に成った。
台風が台湾辺りに居たのでその影響かもしれないと思った。


<バンコクにて1泊>

帰国してタイに(チェンライに)戻る時にバンコクに1泊する事が多い。
ZIPAIRのバンコク到着後、その日にチェンライに向かう便が大体無い、というのも有るが、一番大きな理由はバンコクで両替をする為。

正確に比較した事は無いが、バンコクとチェンライでは優良両替店のレートが1万円に付き10~20バーツ違う。
100万円で1000バーツ~2000バーツの差。
1000バーツならわざわざバンコクでの両替で1日潰す事も無いが2000バーツなら1泊しても元が取れる。
それに、たまにはバンコクで1泊というのもいい。

しかし、今回は問題が幾つか有った。

1つは宿が取れていなかった事。
前日に奥さんにいつものホテルを予約して貰ったのだが、何故か予約が取れて無くてそのホテルに泊まる事が出来なかった。
まあ、タイだからこういう事も有る。

奥さんが予約の電話をした時に自分も隣で聞いていたので、予約しているのは間違いない。
このホテルは夜8時頃にフロントが閉まって、それ以降はヤーム(守衛さん)がチェックインの手続きをするが、多分、電話を受けた人が伝えるのを忘れたのだと思う。
ヤームに話が伝わって無いとチェックインは出来ないらしい。

このホテルはもう何十年も利用しているホテルでオーナーのおばさんとは顔見知りで、「今回は娘さんは来ないのですか」とか会話を交わす事も良く有ったが、ヤーム(守衛さん)から話を聞いたら最近他界されたらしい。
オーナーが変わってタガが緩んだのかもしれない。

ヤームとも知り合いで、彼の紹介で近くのホテルで泊まる事にした。
値段は、同じで1泊700バーツ。
小さいホテルだが、新しいらしく部屋も綺麗で、いつものホテルより少し狭いが、MRT(地下鉄)の駅にも近いので、今度からはこっちのホテルの方がいいかもしれない。


もう一つの問題は、バンコクに着いた翌日、7月28日はタイの王様の誕生日で祝日(?)だった事。
これ知らなかった。

両替はプラトゥーナムのスーパーリッチがレートがいい(注)のでそこに行く事が多いが、そこに行ったらお店が閉まっていた。
(注)(他にもレートのいいお店は有るし、いつも此処が一番いいレートとは限らないが、大体最優良レートかそれに近いレート)
この近くのグランドスーパーリッチも割とレートがいいので、そこで両替したが、もしもスーパーリッチが開いて居たら、もう少しレートが良かったかもしれない。

祝日でも営業している両替屋は多いが、日曜や祝日は若干レートが悪く成るような気がする。
もっとも今の(このブログを書いて居る8日夜の)最優良レートはサイアムエクスチェンジの1万円当たり2440バーツで、自分が両替した時は2450バーツなので、特に悪くは無かったかもしれない。
(2023/08/09 12:00 追記。10000円当たりのレートは、タニヤのバリュープラスとアソークのサイアムエクスチェンジが2435バーツで最優良レート。プラトゥーナムのスーパーリッチタイランドとナナのワスが2430バーツ)

(1万円が2500バーツだと、1バーツが4円。昔は、レート計算する時に1バーツ3円で計算していた時代が長かったけど、もうそういう時代は来ないのかな~。むしろ円安でどんどん悪くなって行くような気がする・・・まあ、先の事は分からないけど)

因みに、今回は131万円両替した。仮にチェンライとのレート差が15バーツとすれば、131×15=1965で、大体2000バーツの違い。
バンコクで滞在するコストは食費を除いて、宿泊費700バーツ、交通費1000バーツとすれば若干のプラスになる。
(まあ、たまにはバンコクで何かしたい、という方が大きい)
(宿泊費はケチって市内から少し遠い所にすれば400バーツのホテルも有る)


あと、バンコク→チェンライのチケットは1週間ほど前に Trip.com で買ったが、1人当たり13740円で、普通よりかなり高かった。
(タイスマイルの預入荷物20kgを含む)
7月28日は金曜日なので、金曜日は元々高い事が多いが、それにしても、いつもより高い気がした。
王様の誕生日が金曜で、他に何かの休みが月曜とか火曜に有って連休だったので高かったのかも、と思った。
最初から(今回の帰国の日程を決める前に)気が付いていれば、日本からタイに戻る日をずらしても良かった。

チケットを買う時に調べたら、同じ日のバンコク→チェンライはベトジェットの方が安かったが、荷物料金を加えるとタイスマイル(或いはTG)の方が安かった。
それと、バンコクに来た時のZIPAIRの預入荷物のMAXは23kg、タイスマイルは20kg。この差はお義兄さんに一旦預けて、郵送(?)でチェンライに送って貰った。
(28日はお義兄さんの車で空港まで送って貰った)
(日本で散々、車であっちこっち連れて行ったので、このぐらいはして貰っても)
(スワンナプーム空港で車を停める時に空きが無くて(お義兄さんが)かなり苦労した。これも王様の誕生日と連休の影響だと思う)


<足立の花火大会>

何だか、だらだらと長い記事に成ってしまった。
最後に、足立の花火大会の写真をまだ記事にして無かったのでそれだけ追加。


230808j
足立区、荒川の河川敷、2023/07/22撮影



230808k




230808b


まあ今回の帰国、大変だったけど、普段なかなかやらない事もして、今迄なかなか行かない所にも行って、色々面白かった。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年8月 3日 (木)

鎌倉の大仏など

2023/07/06(鎌倉の大仏など)

話はちょっと遡ります。

明日、7月7日はお義兄さんのタイへの帰国日(この記事は7月6日時点として書きます)。
「最後にもう1度、何処に行きたい」と奥さんに聞いたら「鎌倉の大仏」と言うので、そこに行く事にした。

梅雨にしては天気はいい。絶好なドライブ日和。
大仏を見た後は湘南海岸沿いにドライブでも。

道を間違えないか心配だったので、車に付いているカーナビの他に、スマホのグーグルマップにも行き先を入力した。
今のカーナビ、古いせいも有るのだろうけど使い難い。道を間違える事も有る。遠回りの道を指示して来る事もある。地図の更新をしてないのが原因かもしれない。

カーナビが「分岐を右に」と言った時に、グーグルマップが「分岐を左に」と言ったりする。
そういう場合はグーグルマップを信じる。

杉並から第三京浜経由で南下して横浜・相模湾方面へ鎌倉を目指す。
大仏の有る鎌倉高徳院には(多分)間違えずに着いた。


230802c
鎌倉の大仏

鎌倉の大仏には奥さんと2回(娘も一緒)、学校の旅行で1回、来た事が有る。
他にも有ったかもしれないので、今回が5回目ぐらい。
別に珍しくも無い。

大仏観光って、見て写真を撮ったらこれといってする事が無い。
100円ぐらいで大仏の前にお線香を上げられたので、そういうのが好きな奥さんにやらせた。
拝観料を払って大仏の中に入れるが、今日は閉まっていた。

大仏を取り囲む建物の裏手の方に、お土産物屋が有る。お義兄さんはそっちの方に興味を惹かれていた様だった。
そういえば、自分も学校の修学旅行などで旅行した時、お土産物屋でちょっとした飾りとか小物を買った事を思い出した。

お土産物屋では奥さんもお義兄さんも熱心に物色していたが、それでもそんなに長くは居ない。
次に、何処に行くか。

鶴岡八幡宮周辺の散策も考えたが、先ずは湘南海岸をドライブしよう。
チェンライは海の無い県、海から遠い内陸県なので、海洋国家日本の海をお義兄さんに見せよう。

そう思って、由比ガ浜方面から→稲村ケ崎→七里ガ浜→江の島方面へとドライブした。
サラッと行程を書いたが、実はどこが稲村ケ崎で何処が七里ガ浜かは分からない。
ただ、何となくサザンや加山さんのイメージ。古戦場というイメージでは無い。

江の島の手前の海岸沿いに洒落た感じのレストランが有ったのでそこで昼食。
お客さんは若い人が多かった。

昼食後、海沿いを更に西に進んで、何処かで車を停めて海を見ようと思て居たら、公園のパーキングが見えたのでそこで駐車して海を見に。


230802a
江の島と湘南の海

奥さんとお義兄さんは「津波が怖い」と言っていたが、やはり海の開放的な景色はいい。
暫し、引く波・寄せる波に見入っていた。


230802b
サーフィンをしている人達も居た。

上手くサーフボードに乗ったところを写真に撮ろうと構えていたが、なかなか決定的瞬間は来なかった。


この後、戻って鶴岡八幡宮に行くか、江の島でも行って見るか考えたが、時間も余り無いし、海も十分に見れたので帰る事にした。

帰りは来た道と違って、茅ケ崎の辺りから北上して杉並に帰った。
(多分、ちょっと道を間違えたが、そんなに時間的ロスは無かったと思う)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年7月31日 (月)

日本観光(浅草など)

2023/07/31(日本観光)(浅草など)

日本観光といっても東京周辺に限られます。

日本に奥さんとお義兄さんを連れて帰国したのが6月28日(水)早朝。
(バンコク発は27日夜)

そして、7月27日(木)日本発、7月28日(金)チェンライ着で日本から戻って来た。
(途中バンコク1泊)

丁度1ヶ月間の日本滞在だった。

今回は初来日のお義兄さんが一緒だった事なども有って、割と一生懸命観光をした。
その概略は。

6/29(木)東京(杉並区)→河口湖→小淵沢(北杜市)
河口湖では遊覧船や新倉山浅間神社から富士山を見たり、ロープウェイで登った山の上から河口湖付近の景色を見たり。
夜は小淵沢の温泉(露天風呂あり)に行ったり。

6/30(金)北杜市→松本城→北杜市
諏訪湖SAで河口湖を見たり、松本城を見たり、中に入って武具の展示を見たり。
夜はまたまた小淵沢の温泉。

7/1(土)北杜市の清里方面の観光
まきば公園で羊や山羊、清泉寮でアイスクリーム。
八ヶ岳高原ラインは山を切り開いた道で、チェンライ⇔チェンマイ間の道路と感じが似ている。
夕方は甲斐大泉温泉パノラマの湯。

7/2(日)北杜市→東京
家の近くの観音平からの眺望。
東京への帰り道、中央自動車道から富士山が綺麗に見えた。

7/4(火)浅草観光→銀座→新宿
都内の案内。
(この記事の後半に写真あり)

7/6(木)鎌倉の大仏→湘南海岸
大仏を見て、お土産を買って、海辺の洒落たレストランで食事して、湘南海岸公園で海を眺めて。

7/7(金)
お義兄さんを成田まで送る。

ここからは観光も奥さんと2人。

7/8(土)かっぱ橋七夕祭り
ビールを飲んだり、もんじゃ焼きコロッケを食べたり。

7/10(月)東京→横浜
山下公園、中華街でコース料理。

7/12~7/21
ここは自分の麻雀旅行とか家のメンテとか帯状疱疹ワクチンの接種とか眼科・皮膚科とか主に自分の用事。
奥さんとはショッピングの付き合いとか、インド料理とかタイ料理とか回転寿司とかスタバとかの飲食の付き合い。

7/22(土)
足立の花火大会。

7/25(火)東京湾アクアライン→木更津
海ほたる、木更津の三井アウトレットパーク。

7/27(木)東京→成田→バンコク

なんか忙(せわ)しなかった。
車も電車も良く乗った。

車は観光で

東京(杉並区)→河口湖→小淵沢(北杜市)→松本→小淵沢→清里→甲斐大泉→小淵沢→観音平(八ヶ岳中腹)→東京
東京→鎌倉→湘南海岸→東京
東京→海ほたる→木更津→海ほたる→東京

この他に、麻雀旅行で

東京→小淵沢→甲斐大泉→小淵沢→東京

電車も良く乗った。
電車の起点はJR荻窪駅か丸の内線荻窪駅で、

京成成田空港→荻窪
丸の内線荻窪→浅草→銀座→新宿→荻窪
荻窪→京成成田空港→荻窪
丸の内線荻窪→田原町 上野→(東京駅)→荻窪
丸の内線荻窪→(新宿3丁目)→みなとみらい線元町・中華街→(新宿3丁目)→荻窪
荻窪→(日暮里)→舎人ライナー足立小台→(日暮里)→荻窪
荻窪→京成成田空港

駅は(奥さんを座らせる為)出来るだけ始発駅から乗った。
なので、丸の内線荻窪駅や東京駅(中央線)をよく使った。成田空港や元町・中華街も始発、メトロの浅草も始発。

この他に、奥さんに関係ない遊びで、

荻窪→北千住→荻窪
荻窪→西船橋(千葉県)→荻窪 を2回


という感じで、まあよく遊んだ。
お陰で本来やる積りで来た各種作業が思った様に出来なかったが、それはまあしょうがない。
作業能力が落ちているから、そんなにあっちもこっちも出来ない。

という事で、以下は浅草観光をした時の写真。
尚、写真は自分が撮らなくても奥さんが沢山撮るので、後からブログを書く時は便利。


230731g
雷門、2023/7/4撮影

お義兄さんと一緒に。
お義兄さんといっても、自分よりは18歳ほど若い。

浅草と言えば先ずはこの絵・・・雷門。


230731a
浅草寺境内

浅草寺はタイ人にも割と人気の観光スポットらしい。
タイ人、お寺好きだからね。


230731n
お賽銭箱の前で

一応、ちょっとだけ、お賽銭を入れた。

境内の屋台で色々食べ歩きをする積りだったが、屋台が出て無かった。
仲見世でよく食べた饅頭屋も潰れたらしく無かった。

近くの商店街でタイ人(お義兄さんと奥さん)がお土産物を物色しながら散策して居たらロイヤルが有ったので、そこで食事をする事にした。


230731e
本日の昼食

餡子とアイスクリームとかケーキとかオムライス(自分)とかガパオライスとかフライドポテトとか色々食べた。
セットでフルーツポンチとかミニケーキとかスープとかも食べた。

ロイヤルに入った理由の一つは↓。


230731d
ロイヤルのクーポンを広げるお義兄さん

多分、この時点で12000円分のクーポンがあった。
支払は5000円分をクーポンで、300円分を現金でお義兄さんが払った。

1~2食、奢るのは問題無いが、10日間全部奢るのはモラルが無い(と思う)。
しかし、クーポンなら「もともとタダだから」という理由を付けて抵抗感が低い。
今回はそういう面でもクーポン(株主優待)が大いに役に立った。


(自分のイメージでは)東京といえば銀座と新宿。
という事で、チラッとだが銀座と新宿にも行った。
(「案内した」と言えるほど、自分も詳しくない)


230731k
新宿歌舞伎町の入口辺り

「新宿」と言っても具体的にどこを案内すれば良いか迷った。

都庁の展望台とか、西口の高層ビルとかも考えたが、一番新宿らしい所と言えば、やはり歌舞伎町。
ただし、この兄弟、お酒は殆どダメなのでそこら辺の飲み屋さんで一杯という事は無い。

一応、写真のドンキは入って見た。
お義兄さんは何か衣類を買っていた。
「しまむら」や「ユニクロ」、西友のクリアランスセールの方が、いい物が安く買えるような気がしたが、観光客の場合「新宿で買った」というのに意味が有るかもしれない。

自分は、ここに来る前に寄った「ビックカメラ」で家のガスコンロを買った。
東京ガスのセールスよりは安く買えたし、クーポンやポイントも有ったので設置費込みで46022円のところ、22878円で買えた。
(クーポンはビックカメラの優待が5000円分、コジマの優待が7000円分)
(更に、これにポイントが2288円付いた)


230731c
歌舞伎町のスターバックスコーヒー

散歩をしていたら、スタバ好きの奥さんが目ざとくスターバックスコーヒーを見付けて入った。
ゴジラが見えたりして、何となく歌舞伎町っぽい感じ、東宝っぽい感じだった。

随分昔にこの辺のゲームセンターで遊んだ事が有るが、様子がかなり変わってしまって良く分からないが、このスタバの有るビルの中にもゲームセンターが有った。
懐かしい感じがして、帰る前にちょっとだけやってみた。

帰る頃にはネオンが輝き始めて、益々、歌舞伎町らしい雰囲気に成って来た。

さて、ここまでで、どれだけお義兄さんに日本、東京、のイメージが伝わったか。
自分が感じたのはタイ人て、景色とか建物とか文化的な物より、「物」、もっとハッキリ言うと「お土産に成りそうな物」或いは「自分が持っていて自慢に成りそうな物」に興味・関心を示す人達だという事。

今迄は、奥さんが特別かもしれない、と思っていたがお義兄さんも似た様な感じだった。
まあ、でも、これがタイ人一般の特性なのか、奥さんの一族限定なのかは分からない。
中国人の爆買いも有名だからタイ人も金さえ有れば同じなのかもしれない。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年7月26日 (水)

海ほたる3

2023/07/25(海ほたる3)

日本滞在もあと僅か。
奥さんが何処かに行きたがっているので、もう1回出掛ける事にした。

奥さんの希望は「箱根に行って温泉黒玉子が食べたい」という事だが、ネットで調べると時間的に難しい。
「どうする、お店多分閉まっちゃうよ(大涌谷黒玉子館は16:15まで)」、ナビで調べるとギリギリ間に合いそうだが、ちょっと渋滞すれば間に合わない。

という事で、今回は箱根は諦めて東京湾の「海ほたる」に行く事にした。
海ほたるはコロナ前の2018年と2019年の2回行っているので今回が3回目。
過去2回とも奥さんと一緒(娘も一緒)。このブログにも書いて居る。なので今回の表題は「海ほたる3」。


230726g
海ほたるの甲板(?)にて

ベランダ?、屋上?、海ほたるは何となく「船っぽい」ので甲板。


230726c
海ほたると東京湾アクアライン

風がメチャクチャ強くて帽子が飛びそうだった。
天気は良かった。


230726d
海ほたるの甲板

Tシャツ、短パン、サンダル、は自分がタイに居る時の標準スタイル。
日本では短パン、サンダルの人は少ないが真夏の海上なので少しは居た。


230726e
海ほたる内から東京湾を望む



230726b
海ほたるの食堂で本日の昼食

時間的には3時頃なのでかなり遅い昼食。

奥さんが「あさりカレー」、自分が「あさりラーメン」。
あさりは元々自分の好物なのだけど、奥さんも気に入ったらしくて何処でも割と食べる。

写真のカレーには右側にちゃんとあさりが有るが、実は最初、あさりが入って無かった。
奥さんが「あさりが無い」と言うので、自分も確認したらあさりが何処にも無い。
看板には「あさりカレー」と商品名が大きく書いて有って、写真にもあさりがカレーの上に乗っている。
流石にこれは酷いと思って、お店に持って行って「あさりが入って無いのですが・・・」。
お店の人は「すいません」と言ってあさりを入れてくれた。

日本はしっかりしている、みたいな事をいつも奥さんに言っているが、「あさりカレー」であさりが入って無いってあり得ない。
お店の人はタイ人か・・・?・・・普通の日本人のおばさんだったけど。

この後、ちょっと珍しい事があった。

入口の方からガサガサと煩い人達がやって来て、プラカードを掲げたり、撮影用のカメラを持って近付いて来た。
どうやらテレビの撮影らしい。
夏休みの観光スポットとして海ほたるの特集でもやる積りなのか・・・?。

女優さんをスタッフが取り巻いているので見たら、かたせ梨乃さんだった。


230726k
かたせ梨乃さん

テレビの撮影ってこんな感じでやるのか。

女優さんがテンションをあげて、「あさりラーメン食べた~い」みたいな事を言っていた。

・・・それ、今、自分が食べているのですけど・・・

尚、写真左側、耳だけ自分。
(奥さんが咄嗟に撮った写真の一部)


海ほたるに来た目的の一つは此処から木更津の三井アウトレットパークに行く事。
買い物好きの奥さんは、そこで衣類などを買ってタイに持って行く。


230726m
木更津の三井アウトレットパーク

最初は空いて居ると思ったが、奥の方まで行ったらそうでも無かった。


230726n
リーバイスの前にて

1着買うと2着目から半額。
奥さんは1着3300円のTシャツを3着買って6600円。
安いのか高いのか分からない。
まあ、日本で買ったリーバイスという思い出には成ると思う。

因みに自分は1000円ぐらいのTシャツを地元の西友ストアで買う事が多い。
今は、ちょうど夏物のクリアランスセールをやっている頃なので、2着ぐらいタイに買って行く積り。


暫くパーク内を散策した後は、奥さんが「スターバックスコーヒー」に行きたいと言うので、そこに行く事に。
パーク内にもスタバが有って、そこに入りたがったが、海ほたるにもスタバが有って、そこにも入りたがっていたので海ほたるのスタバに行く事にした。


230726o
夕暮れの海ほたる



230726a
海ほたるのスターバックスコーヒー

スターバックスは奥さんの趣味みたいなもので、「(今回の訪日では)何処と何処に何回行った」と指を折って数えていた。
自分が麻雀で「(今回の帰国では)いつ、どこで、何回麻雀をやったか」というのと似ているかも。


まあ、これで今回の日本滞在のイベントは終了、明日(26日)は、お土産などを買って荷造り。
ブログにまだ書いてないイベントも幾つか有るので、それは追い追い書く積りです。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年7月10日 (月)

かっぱ橋七夕祭り

2023/07/08(かっぱ橋七夕祭り)

お義兄さんは昨日(7日)タイへ帰国した。
7月7日は七夕なので、成田まで送って行ったついでに何処かで七夕祭りの見学でもしようか、と思ったがどうも適当な所が無かった。
かっぱ橋の七夕祭りが6日~10日まで行われていて、そこに行こうかとも思ったが、道路が歩行者専用に成るのは土日だけ、8日9日だけらしい。
で、8日の土曜日に行く事にした。

奥さんはもう20回以上日本に来ているが、まだ七夕祭りの経験は無い。
(香港を旅行した時に七夕の笹飾りは見た事が有る)
折角この時期に日本に居るのだから七夕を見せるのも悪くない。
それに七夕は自分も好きな日本の行事。

家の近くでは、阿佐ヶ谷の七夕祭りが有名だが、阿佐ヶ谷の七夕は旧暦で8月開催なので、今回の来日期間(6月28日~7月27日)には無い。
まあ、どこでも七夕の雰囲気が味わえれば・・・。


230710e
かっぱ橋七夕祭り

この辺は調理器具、包丁などの販売で有名な所で、七夕に行く途中にちょっと覗いてみたが、数万円もする包丁がお店いっぱいに、ずらりと並べて有った。
きっと切れ味は凄いのだろうな~、欲しいな~、とは思ったが、ちゃんと手入れをしないと宝の持ち腐れになる。
自信を持って面倒臭がりの自分は手入れをしない(出来ない?)に決まっているので、見るだけでにした。


230710d
七夕の先にスカイツリー

ここの七夕の売りの一つはスカイツリーが一緒の絵に収まる事だと思う。
日本観光の印象としては強く残る気がした。


230710a
もんじゃ焼きコロッケ

そんな名前だったと思う。

食べ物の屋台も沢山出ていて、フランクフルトソーセージの店とか、ビール、ワイン、ウイスキーなどのアルコール類も有った。
ちょっと食欲のそそられる店には長い列が出来ていた。

自分は此処のコロッケとビールを買って食べ歩き。

昔懐かし、水風船の屋台や金魚すくいなどゲームの屋台も幾つか有った。


230710b
多分、ご当地キャラの河童

子供が取り巻いていて、奥さんは中々近寄れなかった。

・・・いや、だから、子供向けのキャラだから・・・大人があんまり・・・

他にはチンドン屋のパレードや、何かの踊り、着物を着た男女の踊りのパレードも自分達が帰る時にやって来た。


230710c
短冊に願い事を書いて・・・

もしかしたら、タイ語の短冊はこれ1つかもしれない。
ファラン(白人系の外国人)は結構居たが、タイ人は居なかった(タイ語は聞こえて来なかった)。
英語の短冊は幾つか有った。


まあ、もうお義兄さんも居なくなったので、毎日観光する必要も無いが、奥さんを全く放っとく分けにもいかず、3日に1回ぐらいは何か考えないと・・・。
それに自分も今まで知らなかった事、観光スポット、遊びのスポットの知識も少しは増えるし・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年7月 4日 (火)

タイ人と外食

2023/07/03(タイ人と外食)

初めて日本に来る外国人で日本語も読めないのでしょうがないが、日本の飲食店の注文システムはタイの人にとっては難しいらしい。

① 日本に来て最初に入ったのが荻窪駅前のサイゼリヤ。

行動は基本、自分と奥さんとお義兄さんの3人。

注文はスンナリ行った。
メニューに写真が出ているので、それを選択して注文票に番号を書くだけなので、これはタイ人でもほぼ問題なく注文可能。
注文票に番号を書くシステムはタイでもよくある。
むしろタイの方が多いくらい。
(タイはメニューの一覧表が有って、それに○を付けて注文する方式が多い)

ただ写真だけでは、表面のソースなどの下がご飯なのかマカロニなのか判断が出来ない。
字が読めればドリアとかグラタンとかで分かるので、それは自分が説明した。

肉の写真は鶏なのか豚なのか牛なのか、よく見れば分かるものも有るが、日本人に(私に)聞いた方が間違いがない。

問題は(という程、大袈裟な問題ではないが)注文した後に起きた。
奥さんが「水を取って来るね」と言って、お義兄さんも着いて行った。

奥さんはサイゼリヤは初めてではない(多分5~6回は行っている)ので、「珍しく気が利くじゃないか」と思って待って居たら、自分には水を持って来たが、他の2つはジュースだった。

タイにはドリンクバーというシステムは無いのか・・・?。
しょうがないので自分の分も含めてドリンクバーを3人分追加注文した。
サイゼリヤでジュース1杯300円は高いよな~(3人で900円)と思った。
「お代わりは出来ますよ」と言ったが、それは要らないらしかった。


230704a
サイゼリヤで昼食、2023/06/28日撮影
日本に来て最初の食事


② 夕食はジョナサンへ行った。

ここもメニューを見て注文するシステムで、注文は端末を操作して行う。
自分はササっとハンバーグとエビフライの盛り合わせを入力したが、他の2人はなかなか決まらない。
アレコレ説明してやっと決まったメニューを入力した。
(タイ人て割と自分の好みに拘るので選ぶのに時間が掛かる)
(まあ、それも来日の楽しみと考えるしかない)

結果として、この時、お義兄さんの指差したメニューをよく見ずに入力したのが失敗だった。
(この端末操作での入力は慣れない外国人にはハードルが高い)

ジョナサンは猫顔のロボットが配膳するシステム(人が配膳する事もある)。
注文の品は3~4回に分けて運ばれて来た。
全部揃った(と思って)食べて居たら、お兄さんがソワソワし始めた。

どうも注文したものが全部届いていないらしい。
何が無いのか分からなかったが、そういえば未だ請求書が来ていない。
係の人を(端末操作で)呼んで、「全部届いてますか?」「まだ請求書が来てないので、これから何が来るのですか?」と聞いた。
係の人の話では「全部です」「請求書が無いのならお持ちします」みたいな会話が有って請求書は届けられた。

お義兄さんはちょっと不服そうだったが、諦めて食べ始めた。
そこで、もう一度お義兄さんが注文したメニューを見てみたら、コーヒーとジュースの絵が付いている。
そうか・・・お兄さんはドリンクバーを注文したのだが、自分で取りに行く事が分からずにコーヒーとジュースが届くのを待って居たのだ。
確かにメニューにはコーヒーとジュースの絵の下に「ドリンクバー」と書かれていた。
一言、「コーヒーが来てない」とか「ジュースがまだ来てない」とか言ってくれれば分かったのに。

昼食の時、サイゼリヤでドリンクバーの事を説明したので勘のいい人なら、コーヒーが届かなかった時に気が付く(無理か?)と思うが。
そこで、もう一度考えて、請求書が来なかったのも推測が付いた。

ロボットからお義兄さんが注文したお皿を取った時、請求書はロボットに置いて有ったのを取らなかったらしい。
確かに知らなければ分からないか・・・でも自分は最初から(請求書を取る事を)分かったけど・・・。


230704d
ジョナサンにて夕食、2023/06/28日撮影
日本に来て初めての夕食(2食目の食事)


230704b
ジョナサンの配膳ロボット
お義兄さんの分の食事を運んで来たところ。
よく見るとお皿の後ろに請求書が写っている。


まあ、これで疑問は全て解消されてスッキリした。
後は、お兄さんがドリンクバーに行って好きな飲み物を取って来ればいい。

しかし、ドリンクバーのシステムもタイ人には難しいかも知れないので着いて行った。

コーヒーの自動抽出器はカフェオレとかココアとか幾つかの種類のボタンが有って、カップを置いて、欲しいボタンを押すだけで、ボタンに絵も付いているが、読めない人には分からない。
お義兄さんは自分と違って英語が出来るので英語が書いて有れば自分で操作出来るだろうが、日本語で「カフェオレ」と書いて有ってもわからない。

まあ、お義兄さんが何を欲しいかを聞いて自動抽出器を操作するのは雑作も無い。
しかし、その時、何か違和感のある事を言っていた。
後から考えると「私は要らない」「貴方が飲む」みたいな事を言っていた。
自分で注文して置いて、やっと、飲める状態に成って今更何を言っているのか理解出来なかった。

お義兄さんがジュースを取って、自分がお義兄さんの代りに入れたコーヒーを持って席に戻ったら、やっと、お義兄さんのやろうとした事が分かった。
お義兄さんは自分が差し出したコーヒーを自分の方に戻して来た。

「自分の分を上げるから貴方が飲みなさい」という事だった。
別に今コーヒーを飲みたくないし、余計なお世話だ。
だいいち、ドリンクバーというのはそういうものじゃない。

さっき、サイゼリヤで、ドリンクバーはそれを注文した人が飲み放題になる、と説明した積りだったが理解して無かったらしい。
タイでタイスキの食べ放題とかよくある、むしろ食べ放題(タイではビュッフェという)はタイの方が多い。
なので、飲み物のビュッフェと言う事で理解出来ると思ったのだが、無理だった。
(まあ、自分のタイ語が上手ければちゃんと伝わったのだろうけど)
(でも、何となく、タイ人て日本的ルール対する勘が鈍いような)


③ 食券の自動販売機の使い方が分からない。

最初は知らないのでしょうがないかも知れない。
食券の自動販売機とか飲料の自動販売機って最初にお金を入れるのが普通。
これを最初に欲しいもののボタンを押すので、いつまで経っても食券が買えない。
コーヒー飲料などの自動販売機でも先に欲しいもののボタンを押す。
まあ、1度はしょうがないが2度目からは普通分かると思うのだが・・・。

大体、自動販売機の使い方が分からないって、日本人としては考えられない。

あと、食券の自動販売機で注文内容がお店に伝わるシステムが今は多い。
発券した時に券売機の表示機に「番号でお呼びします」みたいな表示が出て、「待ってればいいのか」と日本人には分かるが、日本語が読めなければ分からない。
これはしょうがない。

お義兄さんが券売機で食券を買った時、このシステムのものが有った。
お義兄さんは食券をお店の人に渡そうとしたので、「待ってて」と言って椅子を指差したが意図が伝わらなかった。
何回か言って、やっと渋々という感じで座ったので、お店の前面の番号表示器を指差して説明した。
これは、番号が表示されたら直ぐに取りに行ったので分かったらしい。

「発券と同時に注文が厨房に伝わるシステムに成っている」と言う事を説明したかったのだが、タイ語が分からなかった。


④ 返却棚

自分の行くような店(要するに比較的コスパのいいお店)には返却棚が有って、食べ終わった食器等はそこに返却するお店が多い。
タイでもマクドナルドなどには返却コーナーの有るお店も有るが、返却システムの有るお店は殆ど無い。
なので長くタイに居てから帰国すると、返却が必要なお店でもそのまま置いて帰りそうになる。

お義兄さんにはそれは説明して有って、既に「返却」は経験済みで、それは覚えたらしい。
高速の双葉SAでレストランに入らず、返却が必要なお店に入った。
そこで、先に食べ終えたお義兄さんは食器を持って返却棚の方へ向かった。
「オッ、段々日本のシステムに慣れて来たな」と思って見て居たら、返却棚に置かず、その近くのカウンターの上へ置いた。
惜しかったね。まあ、返却棚の近くだからいいだろ~。
中国人だったら「返却口」にちゃんと返せただろ~な~。

それを奥さんも見ていて「あそこじゃない」「あっち(の棚)だよね」と言った。
奥さんの方が日本滞在経験が長いので、そこは分かっていた。


230704c
双葉SAでの昼食(自分の分のアジフライ定食)
ここの定食は量が多かった。
奥さんは「もつ煮うどん」を頼んだが、とても1人で食べ切れる量では無かった。
客をバカにしているのか、と思うぐらいの量(多過ぎる)だった。
一般的に、タイの外食は量が少ないお店が多いのでタイ人のお義兄さんは驚いていた。
「日本は量が多いね~」みたいな感じ。


⑤ 外食店では無いがセブンイレブンでの出来事

セブンで買い物をして1902円だった。
入金機には1902円と大きく分かり易く表示されている。
金額を指差して、ここにお金を入れてねと促した。
お義兄さんは1000円を入れてそこで止まった。

お金が1902円必要な事が分からなかったらしい。
何回か金額と入金口を指差して不足している事をアピールして、もう1000円入れてねと言ったが、反応するまでに随分時間が掛かった。

後からお兄さんと奥さんの話を聞いて、どうやら1902円も掛かると思わなかったらしい事が分かった。
何と何を買ってこれが幾らぐらいで、とか計算(?)していた。
結局レシートを紛失していて分からなかったらしいが、自分の見た感じでは1900円ぐらい掛かりそうなぐらい買っていた。
物価の感覚が違うのかもしれない。


①~⑤と細かい事を書いたが、タイ人と一緒に行動していると、日本人ほど勘が良くないように感じる。
これぐらいの事は分かるだろう、出来るだろうと思う事が、結構出来なかったりする。
結局全部自分でやった方が早い事も多いが、日本に慣れて貰う為に出来そうな事はやって貰っている。
しかし、なかなか思った様に動いてくれないので困る事が多い。

あと、バンコクのビジネスマンといっても、タイはまだ日本程機械化とかシステム化されてなくて、文化的に遅れている(?)。
機械操作が必要なものは日本人ほど上手く対応出来ない事が分かった。
言葉の問題は大きいが、文化的問題もかなりある気がする。


ちょっと違うが、昔、自分がタイに観光で来た時は自分で調べて行動した。
言葉やシステムが分からない時は周囲の人達を観察して、どうやって注文するかとか、足りない脳みそをフルに使って行動した。
今でも、言葉が分からなくて困る事は多いが、「こういうシステムに成っているハズだ」と見当を付けて行動した。

そこが、今のお義兄さんとは違う気がする。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html 

2023年7月 3日 (月)

疲れた

2023/07/02(疲れた)

今回の帰国は奥さんとお義兄さんが一緒。
何故か奥さんから「お義兄さんも一緒に日本に行く」と言われて、拒否はしなかったのだけど、自分が誘った分けでは無い。
「歓迎します」と言った訳でもない。
拒否をしなかっただけ。

一応「今は雨が多い季節なので、別の機会に来た方がいい」と言ったのだけど、一緒に来る事に成った。

本心は帰国してやりたい事もあるし、やらなければならない事もある。
奥さんだけでも大変なのに、もう1人タイ人が一緒とは・・・。
正直言って「頭が痛い」「面倒くさい」。

そうは言っても何にも分からないタイ人を迎えて放って置く分けにもいかない。
「何処に行きたいですか」と聞いても「特に無い」「何でもいい」みたいな返事しか帰って来ない。
ただ「あまり(料金の)高い所は困る」みたいな事は言われた。
「全てお任せします」みたいに言われても反って困る。
日本の観光はタイより金は掛るし・・・。

しょうがないので、天気の良さそうな日を調べて、富士山を見に河口湖に3人で行った。


河口湖では河口湖大橋や遊覧船からの富士山を見て、ロープウェイでの眺望を見て、タイ人に人気(らしい)新倉山浅間神社へ。


230702i
河口湖遊覧船からの河口湖と富士山の眺め、2023年6月29日撮影



230702a
ロープウェイからの河口湖の眺め



230702j
新倉山浅間神社

富士山と神社の塔と桜が一望に見えるという景色が売りの場所だが、6月29日では当然桜は見れない。
左側の緑が桜の季節にはピンクに染まるらしい。


ついでに北杜市の別荘へ連れて行って、次の日は諏訪湖と松本城の観光。


230702k
諏訪湖SAからの風景、2023年6月30日撮影

小雨が降っていた。


230702n
松本城

父の出身が松本で親戚も居た(今も居る)ので、自分は小さい頃から見ていた、馴染みのあるお城。


230702b
松本城の中

銃とか鎧とか戦国の武具が色々展示して有る。
天守閣までは5階(?)あって、登って行く階段はかなり急で、足を滑らせそうで少し危ない。


その次の日は小雨の中、八ヶ岳周辺のまきば公園(山羊とか羊に触れられる)とか清泉寮(ジャージー牛のアイスクリームが有名)の観光。


230702o 
まきば公園の羊、2023年7月1日撮影

因みに、羊はタイ語では「ケ」、山羊か「ぺ」、と言うらしい。

ついでに、お義兄さんが北杜市の別荘で「クワンを見た」と言っていた。
始めは何の事だか分からなかったが、勘で「鹿」の絵をネットで拾って見せたら、当たりだった。
自分も3回ぐらいしか北杜市の家で見た事が無いのに、お義兄さんは1度来ただけで鹿に遭遇した。
日本人でも野生の鹿を見る機会は滅多に無いが、もしかしたらお義兄さんツイているかも。


230702e
清泉寮のアイスクリーム

美味しいんだけど、450円はちょっと高い(?)。
まあ、観光料だと思えば。


更に、その次の日は東京に戻る前に、八ヶ岳の観音平を見てから東京へ。

230702d
観音平、お義兄さん、2023年7月2日撮影

ここは最初、行く予定は無かったのだけど、滅多に無いような晴天だったので、行って見た。
最高の見晴らしだった。


230702p
観音平、迷人


結局3泊4日で山梨県と長野県(の一部分)の観光をしたのでした。

尚、夜は3日共、八ヶ岳山麓の温泉(小淵沢と甲斐大泉?の市営?の温泉)へ。


230702f
温泉の休憩室にて食事中


という事で、日本の核心部分の観光ではないが、富士山とお城を見せたので旅行期間10日の前半部分としてはまあまあの案内は出来たかなと。

しかし、車の運転だけでも疲れるのに、タイ人2人を引き連れてだから、メッチャ疲れた。


230702c
お義兄さん

でもまあ、このお義兄さんはタイ人としては珍しく働き者で、庭の除草作業を買って出てくれた。
(買って出る=指図されたり頼まれたりしたわけでもないのに、自分からすすんで引き受ける)
本職はビジネスマンらしいのだが、農作業スタイルが様に成っているような・・・。

尚、身に纏っているものは、全て自分の亡き父が着ていたもの。

230702h
2023年7月2日、中央自動車道で東京へ戻る途中で見える富士山


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年4月18日 (火)

八ヶ岳山麓、朝

2023/04/16(八ヶ岳山麓、朝)

「八ヶ岳山麓午前0時」の続きです。
昨夜はビールを飲んで寝てしまった。

朝は8:30頃目が覚めた。
雨戸の開け閉めは面倒でしてなかったので、リビングと寝室には日が射さない。なのでゆっくり寝て居られた。


230418a
八ヶ岳山麓の家

ブログでは北杜市の家と言ったり、八ヶ岳山麓の家と言ったりしているが、自分では小淵沢の家と言っている。
昔の小淵沢町が町村合併で北杜市に成った。
場所は山梨県の西寄りで、更に数キロ西に進むと長野県。

父の出身地が長野県だったので、故郷に近い所に別荘を持ちたかったのかもしれない。
父方の親戚が集まるには丁度いい場所だったと思う。
父方の親戚は、松本、八王子、福生、御殿場などで、父は杉並なので、小淵沢はその中間地点ぐらいになる、と考えたのかもしれない。


230418b
別荘の私道

白樺は此処に家を建てた時に植えた物。
黄色い花も自生ではなく植えた物だと思う。

今は普通に私道を通れるが、1年放って置くと雑草が1mぐらい生えて通れなくなる。


230418c


写真上の方の桜、もう7割程散っている、これは植えたものでは無くこの土地を買った時から自生していた山桜だと思う。
ピンクの桜見たいのは(実は木の名前を良く知らない)植えた物だと思う。

この土地は春から夏に掛けて、木々に色々な花が咲いたり、新緑が楽しめたり、白樺の木が有ったりで、森や林の綺麗な地域。


230418e
家の近所

乗馬クラブが有ったり、小洒落たレストランが有ったり、ミニ別荘地みたいに成っている。
工房やペンションみたいのも有るが、営業しているのか看板だけなのか。
兎に角、この辺の施設は乗馬クラブ以外、余り繁盛している様には見えない。
ただ、別荘っぽい建物は多い。

父が此処の土地を買ったのは、バブルが始まる少し前。
その頃は別荘はほぼ無く、周囲は藪のような所が多かった。
観光的な施設としては乗馬クラブは昔から会った。

バブルが始まった頃から別荘がポツポツと建つようになって、工房とかレストランとかペンションが出来始めた。
土地価格も急騰したようで、父などは「してやったり!」と思ったのではないかと思う。

しかし多分、この成功体験が後に千葉県の大網に土地を買って、経済的には大失敗した遠因と成った気がする。
生活スタイルとして、夏は涼しい高原、冬は温暖な海寄りの千葉県、その間に便利な東京、としたという点は、経済的な損得とは別の話だが。

バブルが弾けて、此処の(小淵沢の)土地の価値は随分下がっていると思う。
千葉県の土地は撤去費用なども考えればほぼゼロと思っている。

バブルの頃から、洒落た建物が多い割には人の気配は少なかった。
不思議なのはバブルが弾けた後も、別荘らしき建物は増えていて、未だに新しい別荘や観光施設が出来たりしている。
多分、中央自動車道の小淵沢インターの近くで東京から車で来るにはそう遠くなく便利で有る事、高原の清々しい雰囲気は有る事、商業施設なども車で少し出掛ければまあまあ有る事などの理由で、別荘地としてのある程度の存在価値は有る、という事なのだと思う。


230418g
南側には南アルプス

黒い山より白い山、山は冠雪している時の方が山らしくていい。

このちょっと先の左側に「リゾナーレ八ヶ岳」という比較的大きな施設が有って、スパや波の出るプール、レストランや物販などがある。
娘が小さい頃に数回プールに連れて行った事がある。


230418k
北側には八ヶ岳

南アルプスよりは低いらしくて、例年だとまだ雪が残って居た気がするが、今年はもう無い(上の方にちょっとは有るのかな?)。

若い内に1回登って置けば良かった。
もう危ないな。

途中まで車で行った事は何十回って有るが・・・。


230418m
再び南アルプス(ここは信州)

信州のもっと標高の高い高原。高山植物の生えている様な高原程では無いが、この辺りも高原っぽい感じはする。


例えば、タイのチェンライとか1ヶ所に落ち着いてそこでのんびりと楽しく暮らす、というのもいいと思うが、都会と田舎、熱帯と温帯(亜寒帯?)、山と海、というように色々な引出しを持った生活というのもいいと思う。

刺激とかリセットとかは有った方がいい。
旅行好きというのはそういう人だと思う。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年4月16日 (日)

八ヶ岳山麓午前0時

2023/04/16(八ヶ岳山麓午前0時)


230416a 
2023/04/16 午前0時頃、中央自動車道 八ヶ岳PA

ちょっとした用事が有って、深夜に東京都杉並区から車を飛ばして八ヶ岳山麓までやって来た。


230416h
八ヶ岳山麓の家の私道

40年程前に植えた直径数センチ、高さ2mぐらいの白樺の木が随分、太く高く成っている。
暫く来てなかったので、もっと雑草が生えているかと思ったがそれ程でも無かった。
前回来た時に撒いた除草剤がまだ効いていたらしい。

夜中に1人、車を飛ばすと色々な事を考える。

此処には、最初、父や母と来た。
もう40年以上も昔の話。その頃は中央自動車道はまだ全線開通していなかった。

友人達と麻雀やテニス、観光などで遊びに来た事も有る。大勢で来てバーベキューをやった事も有る。

大阪に長期出張していた時は、大阪から仕事仲間を連れて遊びに来た事も有るし、東京に一時帰宅する時に途中で此処に寄ってから東京に帰った。
その頃、両親も此処と杉並の家と千葉の家を行ったり来たりしていたので、一緒に東京に連れて帰ったりした。

大阪に出張していた時は車で行って、此処は東京に戻る時の立ち寄り場所だった。

彼女と来た事も有る。松任谷さんの中央フリーウェイみたいな感じ。

タイの奥さんや娘を日本に連れて来た時は、1回は此処に来て山梨県や長野県の観光に連れて行った。
なので奥さんも娘も、10回ぐらいは此処に来ている。

今は、コロナで3年程連れて来られなくて、今年は連れて来ようと思っていたが娘の試験が有って今回は見送った。

最近ではたまに会社員時代の友人(全員退職済)と麻雀をやりに来る。
実は、今回もその予定だったのだが、ちょっとした事情により急遽取りやめと成った。

兎に角、夜中に1人車を運転していると暇なので色々な事を考える。

一時期は此処でペンションでもやろうと考えた事も有る。まあ、ちょっとだけだけど・・・。
そういうのが流行った時も有った。

人生何てどう転ぶか分からない。
タイに行かなければ(今の)奥さんや娘を連れて来る事は無かったし。
もしかしたら、別の人と来ていたかも知れない。

先の事だって分からない。
もしかしたら、数年後、此処で1人で暮らして居る、何て事もあるかもしれないし、奥さんや娘と此処で暮らして居る可能性だって0ではない。
まあ、もし日本で暮らすとすれば、生活に便利な東京暮らしに成ると思うが。
家族(自分、奥さん、娘)や、もしかしたら今はまだ知らない家族と此処に遊びに来る、何て事は有るかもしれない。

しかし、兎に角、今は1人。


230416b
家の近所のセブンイレブン

家に行っても(食べる物は)何も無いので途中でちょっと買い物をしてから家へ向かった。
日本でもタイでも、セブンイレブンは深夜族のみかた。


230416c
リビング

1人だと無駄に広い感じもする。


230416d
別の所から見たリビング



230416e
麻雀牌が置いて有る

この家は、今はたまに麻雀で利用している。

因みに、お風呂は有ったのだけどボイラーが壊れたので使えない。
その代わり、車で30分ぐらいの所に温泉施設があるので、そこに行く。

麻雀仲間と来た時も家族で来た時も・・・まあ、家でお風呂に入るより、温泉の施設の方が面白いと思う。
温泉と食事と観光がいっぺんに楽しめるみたいな。


230416f
寝室

和風な感じ。


230416g
本日の1人飲み会

ま、ちょっと寂しいけど。

実は1人ていうの、誰にも気を使わなくて良いので、自分は結構好きなのです。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2023年3月19日 (日)

桜が咲いた

2023/03/19(桜が咲いた)

きのうは一日中小雨が降っていて寒い日だったが、一転、今日は晴天に恵まれて、気温も上がって暖かい日に成った。


230319a
東京都杉並区、自宅付近の環状8号線

雲一つ無い晴天。

チェンライの黄色い空から比べると、日本の空は青い。
(チェンライはPM2.5の煙害で空が黄色く成っている)
(日本の方が工業化が進んでいたり、人口密度が高くて公害が大きそうだが、空の色は日本の方が(東京の方が)明らかに綺麗な色をしている)

この暖かさなら、もしかしたら桜が咲いているかも、と思って買い物に行く途中で探しながら歩いて居たら少し咲いていた。
ならば、最近運動不足だし、ちょっと遠出して見に行って見るか・・・。

という事で、家から徒歩30分程の善福寺公園へやって来た。


230319d
善福寺公園

まだ本格的に桜は咲いて無いが、もう咲き始めて居る。


230319b
善福寺公園周辺の桜



230319e
善福寺池、湖畔の桜

日当たりのいい所から咲き始めるみたいだ。

今日は日曜で、暖かい陽気に誘われて出て来た人が多かったようだ。
数組だがビニールシートを張ったり、公園のテーブルでお花見をしている人達も居た。


230319c


まだ蕾も多いが、場所によっては咲いている花も多い。

今年は、特に開花が早いらしく、なかでも東京の開花は早かったらしい。


余談ですが、最初、公園に来ている人達の口元を見てカウントしていた。
マスクを付けている人が32名、マスクをしてない人が23名だった。
マスク率、約6割。

ただし、顎にマスクをしていた人が7人程いた(この7人はマスク無しにカウント)。
そういう人は状況によって直ぐに口にマスクをする積りだと思う。
(自分も顎マスク、結構やる)

こんな所にまで来てマスクをしなくてもいいと思うのだが・・・。
もういい加減、コロナで騒ぐのは止められないものかと思う。
まあ、屋外という事もあるが、マスクをしない人が増えて来たというのは好ましい。

未だに、日本入国アプリ(ファストトラック)とかで入国者に嫌がらせしている厚○省とか何んとかならないものか・・・。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼