カテゴリー「旅行・地域(チェンライ・北タイ)」の93件の記事

2022年9月 8日 (木)

久々の270°カフェ

2022/09/07(久々の270°カフェ)

奥さんの希望で久し振りに270°カフェにやって来た。
ここの売りは小高い丘の上にある眺望の良さ。


220907f
270°Cafe

右側の階段を登って行く。
前に来た時(約1年前)は上の白い建物しか無かった。
その下の黒い部分は増設されたらしい。
(儲かっているのかも)
(今日も建物内のテーブルは満席(1女+4女+2男+男女)、外の席にも6人ぐらいのファラン+1タイ人のグループが居た)
今回行ったのは上の白い建物。


220907e
上からの眺望

この眺めの良さがここの売りらしい。


220907k
本日の昼食

 こっち側が奥さんの注文。

自分は2時間程前に朝ご飯を食べたのでそれ程お腹が空いて無いが奥さんが居ると大体食べ切れない程の注文に成る。
しかもここは1品毎の量が多い。


220907d
本日のメニュー各種

左上、コームーヤーン。
コームーヤーンは店によっては脂身ばかり多い事があるが、ここは肉の部分が多くて美味しい。

右上、カオパット・サパロット(パイナップルご飯)。
奥さんの大好物。奥さん曰く「チーウィット・タマダー」の方が美味しい。
自分もそう思うが、ここのもまあまあ美味しい。日本人には食べ易い料理だと思う。
パイナップルをくり抜いた中に、パプリカや豚肉と炒めた(?)ご飯が入っている。

右下、スパゲッティカルボナーラ。
これだけ、自分の注文。他3品は奥さんの注文。
(他に、飲み物は、自分はアメリカンの上に桃が乗せて有るもの、奥さんはカフェ・モカだったと思う)
まあ、他のものも一緒に食べるのだけど。
チェンライで食べるスパゲッティカルボナーラは何処も同じ様な味で、凄く美味しいという事は無いが外れも無い。無難な選択。

左下、サーモン・サラダ。
カオポート(トウモロコシ)などのサラダの上にサーモンの刺身が乗っている。
ゴマダレ見たいのが掛っているのだけど、刺身には全く合わない。
刺身自体は美味しいので「惜しい!」と思っていたら、奥さんも同じ事を思ったらしく、「醤油とワサビが欲しい」とスタッフさんに頼んでいた。


220907g
スタッフさんが追加で持って来た醤油とワサビ

箸もスタッフさんにお願いして持って来て貰った。
(タイでは、食事の時、普通はスプーンとフォークしか出ない)
「コー(ください) タキアップ(箸)」と自分がタイ語で言った積りだったのだけど通じなかったので、手でチョキを見せたら分かったらしいが、奥さんが言い直していた。
(今、グーグル翻訳で発音を聞いたら、「コー タキヤ」と言ってたので今度はそれで言ってみよう)

同じ刺身でも、ゴマダレで食べるのとワサビ醤油で食べるのでは全然別の物。
ゴマダレで食べたサーモンは美味しいとは思えないが、ワサビ醤油で食べたサーモンはメッチャ旨かった。
奥さんもこの違いが分かるように成ったのは喜ばしい事だ。

まあ、全体的には美味しかったが、元々奥さんは少食だし、自分もしっかり食べた朝ご飯がまだ残って居たのでそんなには食べられない。
なので、カオパットサパロットとサーモンサラダの半分ぐらいは包んで貰って家へ持ち帰った。
いつも思うが、こういう事が普通に出来るのはタイのいいところ。

と言っても、食べ切れない程注文するのは、自分は嫌いだが。

もしかしたら、タイ人て「食べ切れない程」というのが好きな民族なのかもしれない。
食べ放題のお店(タイではビュッフェと呼んでいる)が多いのもそういう人が多い為かも。
それは、もしかしたら、昔の(今でも?)貧しさの裏返しかもしれない。

自分的にはもう十分だと思ったが、それで満足しないのが奥さんで。


220907h
ケーキのショーケース

持ち帰りでケーキを3個買った。
チェンライのケーキってどこも美味しくない。
「パラボラ」とか昔、某日本料理屋に有ったケーキはまだ「ましな方」だが、日本で食べるケーキと比べたら・・・。
パンもクリームも全然・・・。
(これは自分の感覚です。チェンライのケーキ類に肯定的な考えを持たれる方も多いです。)


220907b
右下がケーキのショーケース

店内には綺麗なドライフラワーが沢山飾って有る。


帰り道、最近では珍しい動物に出くわしたので写真を撮った↓。


220907a
水牛(クワーイ)、2022年9月7日、チェンライの旧空港付近にて

人を「クワーイ」に例える事は、タイでは酷く馬鹿にした言葉という話を何かの本で読んだ記憶がある。

道路沿いに車を止めて車の中からこの写真を撮ったが、クワーイさんが突然怒って車に突っ込んで来たら怖いと思って、急いで撮って移動した。
この体でこの角で車に突進して来たら、車のドアぐらい突き破られそうな感じ。

という事で、本日のお会計は1238バーツとチップ40バーツでした。
今、円がどんどん安く成っていて1バーツが3.9円ぐらい。
(今日のバンコク両替所の最優良レートで1万円が遂に2600バーツを切って、2555バーツ)
(対ドルだと8日午前2時現在、1ドル144円ぐらい)
それで計算すると (1238+40)×3.9=4984≒5000円。

ケーキのお土産付きでも、たかがチェンライの昼食に2人で5000円はちょっと勿体ない気がするが、奥さんは「安いね(安くていいね)」と言っていた。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年6月 9日 (木)

和風インスタ喫茶

2022/06/09(和風インスタ喫茶)

奥さんが「日本の喫茶店が有る」と言うので行って見た。

要は女子が着物を着て日本風のミニテーマパークで写真を撮ったりする喫茶店(だと思う)。
喫茶店の周囲にインスタ映えを意識したちょっと日本っぽい風景が作って有る。


220609f
和風インスタ喫茶の周囲

場所は何でこんな所に、という感じでチェンライ市の南側、国道1号線から空港バイパスに入って1kmぐらいの所に在る。
周囲は観光地でもない単なる田舎。

コンセプトや立地は「旅館(という名の和風の喫茶店)」に似ている。

チェンライの様な僻地でも、日本に対する関心・興味・憧れみたいなものが有るらしい。
チェンライの人が日本の「かわいい」文化に興味を持つのは不思議な感じがするが、多分、そういう事なのだと思う。
日本人としては悪い感じはしない。
タイ人の考える日本のイメージを知るにはいい場所だと思う。


220609a
和風インスタ喫茶の入口付近

右上 Samile がお店の名前らしい。
狸も居る。


220609b
サミールコーヒーの店内

日本の人形が沢山飾って有る。
狸も居る。


220609g
サミールコーヒーの店内

最初はラーメンでも有ったら食べようと思ったのだけど、飲食物は余り日本っぽい物は無かった。
タイに良くある甘々のドリンクが主体のお店。

和菓子みたいのが有って奥さんが注文したが、なかなか出て来なくて確認したら結局「時間が掛かる」と言われてケーキに変更した。
どうもお店の従業員教育や営業姿勢はタイらしくていい加減な感じ。

自分は和風のお店だと思って「お茶」を注文したが、期待に反して甘くて不味いお茶もどき飲料だった。
ここは飲食物は期待出来ない。

でも、お客が多くてタイ人で流行っている感じだった。


220609h
サミールコーヒーのテーブル席

左側に狸が居た。

店内にも日本的な飾り付けが色々有るが、店の周囲にも(タイ人から見て)インスタ映えしそうなスポットが幾つか作ってある。


220609c
鳥居

タイ人から見ると、日本的な風景と言えば「鳥居」(?)。
富士山が一番だと思うが、富士山の模型よりは鳥居の方が本物感が有る(?)。
五重塔も人気みたいだが、写真や絵なら兎も角、その模型を作るよりは鳥居の方が遥かに簡単そう。

「旅館」にも鳥居が有ったし、今は知らないがバンコクのターミナル21の日本フロアにも鳥居が有った。
2次元の写真や絵なら富士山が1番、五重塔が2番目か(?)。


220609d
土産物店(?)

インスタスポットだと思う。


220609e
インスタスポット

お店が有るように見えるが表面だけ。


220609j
着物を貸してくれるお店

女子は此処で着物を借りて写真を撮る。
男物も有るように見えた。


余談。

ブログを書いた後で調べたら「コンセプトカフェ」という言葉が有るらしい。
「メイドカフェ」とか「猫カフェ」とか「漫画をモチーフとしたカフェ」とか日本にも色々有るらしいが、タイにもコンセプトカフェは多い。
日本以上に多いかもしれない。

日本の様にスタッフが特徴的な恰好をするというものではなく、タイの場合(チェンライの場合?)は人形を使ったものが多い。
チェンライにも猫カフェがあるし、物語のキャラクターをモチーフとした人形が有るカフェも有る。
特定の国をイメージしたカフェも有る(外見が風車の喫茶店はオランダをイメージしたものだと思う)。
LINEのキャラクタが有るカフェも有る。

バンコクの事は分からないが、チェンライでは(スタバやドトールの様な)普通の喫茶店より、何らかの工夫がなされている喫茶店の方が多い。
この辺はエンタメ好きのタイ人の性格が良く現れている。


追記。

テレビを見て居たら、此処と似ているが少し違う「サミールコーヒー」が放送されていたので、もしかしたら他の県にも有るチェーン店かもしれない。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月28日 (木)

一仕事終えて

2022/04/27(一仕事終えて)

実はVISAの有効期限が今日までだった。
普通は1ヶ月前程に更新するが、今回はサボっていてギリギリの更新と成った。

更新は一応OKだったみたいだがパスポートをイミグレに預けて「明日(28日)、受け取りに来て下さい」という話に成った。
VISAの更新には奥さんと2人で行ったが、今回は奥さんが良く動いてくれた。

その話はまた別にブログに書く積りだが、今回の話はその後の話。

手続きは10:30頃に終わった。
自分も奥さんもまだ朝ご飯を食べて無かったので、良く協力してくれた奥さんに感謝して「食事に行く?」「どこでも、好きな所でいいよ」と言った。
奥さんの選択は「チーウィットタマダー」。

チーウィトタマダーに行くのは久し振り。
コロナ騒動が始まってからは来てないので、2年半振りぐらい。

余談。
過去のブログを調べたら 2019/12/20 に来た記録が有ったので、多分、それ以来。
ブログを書いていると昔の記録が調べ易いという利点がある。
「チーウィット」という文字列で簡単に検索出来た。

チーウィットタマダーはチェンライでは比較的いい方のレストランで、値段もやや高め。
ロケーションもコック河の川沿いのいい所に在る。
お店も比較的綺麗で味もまあまあ。


220428a
チーウィットタマダーの入口付近

車は飾りで置いて有るらしい。


220428b
チーウィットタマダーの店内

建物は幾つか有って、ここはメインの建物の1室。
天井が高い建物は解放感が有る。

他にはファランが1人、端の方の席でお茶を飲んでいた。
自分達の座ったテーブルの横に写真が置いて有って、どうやらオーナー御夫婦の写真らしい。
旦那さんはファランらしい。
なので、お店も何となくタイじゃなくて洋風な洒落た感じ。
(チェンライには、こういう出資者がファランていうお店が他にも割と有るらしい)

席としては川沿いのテーブル席の方が多いが、割と客がいた事と、室内の方がエアコンが効いて涼しそうだったので今日は此処にした。


220428c
本日の朝食(?)、2022年4月27日、11:00頃

時間的には昼食に近いが本日の1食目なので朝食(?)。


220428f
ブレックファストメニューの一つ

自分はブレックファストメニューの中のサーモンという記述に目が留まって、(時間が「朝食」には遅いかなと思ったが)「此れ出来ます?」と聞いたらOKだと言うので注文した。

玉子の下にパンが置いて有る。

多分玉子を4つか5つ使っていたと思う。
美味しかったが、玉子を食べ切れなかった。


220428g
奥さんはカオパット・サパロット

パイナップル入りチャーハンみたいな物。
奥さんの好物で、此処では良く注文する。

自分が注文しようと思っていたら先に奥さんが注文したので、自分は別の物にした。
このエビフライは太くて食べ応えのあるエビフライで美味しかった。
(2本の内、1本は奥さんが食べて、1本は自分が食べた)

チャーハンの量も多くて、奥さんは次のヤムウンセンを主に食べたので殆ど余ったので、包んで貰って持ち帰った。
持ち帰ったものは娘の昼食に成った。

あと、このサラダのミニトマトも美味しかった。


220428h
ヤムウンセン

250バーツのヤムウンセン。
ヤムウンセンとしてはかなり高めの値段。

まあ、美味しいのだけど・・・。

エビ、イカ、ムーヨー、挽肉、ピーナッツ、なんかの草、ウンセンなどが和えてある。
唐辛子も入っているが、自分の食べられるレベルの辛さ。

他には、奥さんが「スエーデン茶」と言って注文したお茶と、持ち帰りのケーキが1つで1000バーツちょっとだった。

ちょっと洒落た感じのお店で、まあまあ美味しい物を食べて1000バーツを少し超えるぐらいだからそれ程コスパは悪くない。


帰り際、敷地内に大きなカヌンが有ったので写真を撮った。
駐車場にも色々な果物が生って居たので、それも写真に撮った。


220428n
チーウィットタマダーとその駐車場に有った果物各種

左上、カヌン。
右上、ンゴ(ランブータン)。いが栗じゃない。ウニでもない。まだ未成熟なンゴ。成熟すると赤くなる。
左下、クルアイ(バナナ)。まだ小さい。バナナは殆ど季節に関係なくいつでも出来る。
右下、アボガド。まだ小さい。

この他にドリアンはチェンライでは生っているのは見掛けないが、市場では出回り始めた。
マムアン(マンゴー)も生り始めた。パーンの家でも生っている。

という事で、果物の豊富なタイでも、今の季節は特に果物が色々出て来る季節です。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年4月26日 (火)

白い喫茶店

2022/04/23(白い喫茶店)


220425o
CHANAL

CHANEL に似ているが良く分からない。
チャナルっていうお店か?。

シーブリン病院の裏の方の分譲地(?)に在るお店。


220425h
CHANAL の店内

まだ新しいお店らしい。
白に統一された綺麗なお店。

飲み物とクロワッサンのお店らしい。

天井が高くて解放感の有る店内。


220425k
入口から奥の方を見た店内

床面積の割にテーブルが少なくて広々とした感じ。

写真は撮らなっかったがテラス席も有る。


220425n
色んなクロワッサンが有る。

結構美味しい。

メニューは飲み物とクロワッサンだけの様だったが確認はしていない。

まだ家が建ってない分譲住宅地の中にポツンとある白い喫茶店。
どういう客層を狙ったお店なのか良く分からないが、お店は広々として綺麗で気持ちがいい。クロワッサンもまあまあ美味しいので、また来てもいいと思うお店だった。

チェンライにはこういうオーナーが趣味で作った様な喫茶店が多いが採算が合うのかちょっと気になる。
もしかしたら採算などどうでも良くて、金持ちが道楽でやっているのかもしれない。

(追記。センタンにこのお店と同じCHANALというロゴのクロワッサンの売店が2店舗有った。チェーン店なのか?)


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年3月31日 (木)

ラリター・カフェ

2022/03/29(ラリター・カフェ)


220330a
ラリター・カフェ入口

お店の名前が「Lalitta Cafe」というのだが、意味を調べたが分からない。
グーグル翻訳で調べても日本語に翻訳されない。
もしかしたら、お店のオーナーさんの名前かもしれない。

発音も良く分からない。ラリッタ・カフェか?。
「ラリる」というのは薬物中毒でろれつが回らない事を言うが、そういう意味では無いと思う。


220330p
巨大な岩山?

ディズニーランドのスプラッシュマウンテンみたいのが有る。
此処は超ミニサイズの遊園地か?。


220330o
滝の下には妖精みたいのも居る

ここは、チェンライ空港から東へ向かう道路、131号線で空港からは8km程の地点。
(131号線と交差する国道1号線からは5km程の地点)

此処にミニ遊園地みたいなカフェが在る。
奥さんが行って見たいと言うのでやって来た。
2人とも初めて。

敷地の広さは2ライ(2×1600㎡)ぐらいだと思う。
その中に、カフェらしき建物が4棟と花壇(主に欄の花)が沢山あって、スプラッシュマウンテンみたいなものが有る。

この岩山は本物の岩か或いはプラスチックか?。

入口で大人60バーツの入場料を払って入る。
入場券はカフェでの割引クーポンとして使える。


220330b
ラリターカフェ入口付近、インディートンラップ(Welcome)



220330c
欄の花の花壇

園内にはインスタ映えしそうなスポットがいたる所に有る。


220330f
スモークが焚かれている

火曜の15:00頃に行ったが、結構、お客さんが来ていた。


220330h
インスタ好きな人の為に有る様な施設

奥さんの「写真撮って」攻勢が大変だった。


220330k
本日の昼食



220330m
スパゲッティ・カルボナーラ、カオパット・プラームック、パックカナー・ナムマンホイ、ヤムウンセン

まあ美味しかったのだけど、ちょっと問題あり。
確信はないが、このプラームック(イカ)ちょっと問題ありだったかも。

という事で2人分の入場料120バーツ、食事と飲み物が418+2バーツだった。


チェンライはこういうちょっと凝った飲食施設が多い。
土地が多い為か、チェンライ人がこういうのが好きなのか・・・?。
しっかりとした娯楽施設が無いというのもあるかもしれないし、ちょっと幼稚というのもあるかもしれない。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


 

2022年3月19日 (土)

新・花弁当

2022/03/18(新・花弁当)

奥さんと食事でもしようと思いクラン・ウィアン(Klang Wiang)道路を走っていたら、赤丸白抜き桜の「はな」の看板が目に留まった。


220319a
花弁当

見覚えのある看板。
確か、チェンライ市街の北側、国道1号線でコック河の橋の手前、トマトの辺りに有ったお店の看板と同じだ。
弁当の持ち帰りも含めて3回ぐらい利用した事がある。

和食としてはリーズナブルだが、味が「ン?」なので、それ以来利用して無かったが、新しいお店に成ったようだ。
店構えも綺麗だし、もしかしたら掘り出し物かもしれない。
奥さんも「入ろう」というので入ってみた。


220319b
花弁当の店内(右端は裏側出口)

赤丸白抜き桜の看板が目立っている。
新しいお店、建物自体が新しいので綺麗で清潔な感じ。
店内の印象は悪くない。
以前の「花弁当」より2倍以上の広さが有る。

お店の人に聞いたら2ヶ月程まえに移転して来たらしい。


220319c
花弁当の店内(裏側出口付近から正面出入口方向を見る)



220319d
本日の昼食

麻婆豆腐、みそ汁、日本米のご飯、餃子、カニカマ。
写真に写ってないが飲み物はコーラ。

味は、ハッキリとは書き難いがタイ人のやっている、やや安いほうの和食のレベル。
一応、日本の麻婆豆腐の味には成っている。


220319e
奥さんは「蕎麦」

この蕎麦はまあまあ美味しかった。
写真では分かり難いが、結構、量は多い。

以上、全部で412バーツだったので、リーズナブルというのは以前の花弁当と変わってないようだ。

特筆すべきはメニューの多さで、メニュー表には200種類以上が書かれていた。
弁当(多分テイクアウト出来ると思う)とかアイスクリームとか、全て合わせると250種類ぐらいあった。
それが全て注文可能か否かは確認してないが。

兎に角、メニュー表には、

おでん、焼きそば、蕎麦、うどん、ラーメン各種、冷やし中華、天丼、鰻丼、牛丼、カツ丼、カレー、お好み焼き、おにぎり、寿司各種、刺身各種、餃子、焼き鳥(日本風)、フライ各種、揚げ出し豆腐、チャーシュー、サラダ各種など

考えられる一般的和食の殆どがメニューに含まれていた。

推測だが、今は考えられるメニューを全て掲げているが、そのうち余り出ない商品には「×」マークが付く様な気がする。


店内には「365日の紙飛行機」とか「ランナー」(サンプラザ中野さんではなく女性歌手のものだった)がBGMとして流れていた。
(多分、この曲を知っている人は自分以外は来ないのではないか)
(チェンライに日本人は多いが、演歌かムード歌謡以外は皆さん殆ど知らない)
(フォークソング、GS、ニューミュージック、も殆ど知らない)
(先日カラオケで「香水」をやったら、「新しい歌は知らない」と言われた・・・新しくないんですけど・・・)


220319f
花弁当の位置

右下、花弁当(閉業)から、左上、Hana bento に移った。

営業開始時間は確認してない。終了は22:00頃だったと思う。
定休日は水曜だったと思う。

独り言・・・。
多分、この意味が分かる人は数人しかいないと思うが、ノックさんもう10年以上お会いして無いがどうしているのだろう。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2022年1月 8日 (土)

網に座るカフェ

2022/01/06(網に座るカフェ)

少し高所恐怖症が入っている自分としては今日の喫茶店(?)はちょっと怖かった。
という話は後で書くとして、順番としては先ずワットホイパカンに行った話から。

奥さんは何故かこのお寺が気に入っているようで自分もたまに付き合わされる。


B2201082
ワットホイパカンの巨大な大仏(131号線から撮影)

(巨大な大仏てのは日本語としては変かな?。巨大な仏像が正しい?)

グーグルマップにはワットフゥアイプラーカンと書かれていた。
チェンライ空港から西に10km程の所にあるお寺。
数年前に出来た巨大仏像が目印。


B2201085
ワットホイパカンのお坊様

今日は此処でお坊様の有難いお言葉を拝聴する為にやって来た(らしい)。
まあ、自分は非科学的な事は余り好きじゃないが我慢して付き合うぐらいの事は出来る。

お寺(仏様?、お坊様?)に対する捧げ物(貢物?)を差し出すと、お坊様の有難いお言葉が聞けるシステムらしい。
これで今年1年安泰に暮らせるので良かった(なんて事はないと思うが)。
まあ、柔和な感じのいいお坊様ではあった。

・・・神仏に頼るなんてのは本質的に怠け者の行い、という気はするけど・・・


B2201086
アカ・コテージ入口

お寺参りが済んだ後は、比較的その近くの「アカ・コテージ」というカフェにやって来た。
奥さんの話では、見晴らしのいい(ウィウスワイ)カフェという事らしい。

四角い板には色々な願い事が書かれている様だった。
絵は描かれて無いが、用途と目的は日本の絵馬みたいな物だと思う。


B2201089
アカ・コテージから見える風景



B2201087
アカ・コテージの中

ここに席が有る他に、2階にも席があるし、一段下がった所にも席がある。


B22010810
一段下がった所の網の席



B22010812
網の席

確かに風通しと見晴らしはいい。


B22010814
奥さんとコーヒータイム

前面にはワットホイパカンの巨大大仏も見える。なかなかいい景色。

しかし・・・高所恐怖症ぎみの自分としてはかなり怖い・・・

写真でも、ちょっと(かなり?)へっぴり腰に成っているのが分かる(?)。

奥さんは「大丈夫(日本語)」というが「自分は約70キロ」、網が破れたらどうする・・・。
兎に角、手を付き、膝を付きながらでないと移動出来ない。立って歩くなんてもっての外。
足元がグラグラしている所でうっかりよろけて変な方に転んで落ちたら死ぬぞ。


B22010816
コーヒーなどと付近の景色

まあ、折角なのでコーヒーを飲みながら付近の風景を楽しみました。
(じっとしていれば、動かなければ、それ程怖くない)
(でも、心拍数は上がっていたと思う)


B22010820
本日の食べ物

このフライドチキンは意外と美味しかった。
KFCの辛いチキンよりははるかに美味しい。

写真中央付近の三角のケーキはリンゴケーキなのだけど、これも結構美味しかった。

本日のお会計は380バーツ。

もう一度来てもいいと思ったカフェでした。


タイ関連のブログ集へのリンクです。
応援のポチッ、宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2022年1月 4日 (火)

甘味処リリとスマホ

2022/01/02(甘味処リリとスマホ)

和風の甘味処の話です。

テスト&ゴーでタイに入国をしてから6日目、2回目のPCR検査を受けにシーブリン病院へ娘と出掛けた。
娘は通訳担当。
こういう手続き関係は奥さんより娘の方が役に立つ。

3時半頃に検査は終わって、ちょっと時間が有ったのでかねてから娘に「行こうよ」と誘われていた甘味処に行く事にした。
自分も娘もまだ行った事は無いが場所はグーグルマップで分かる。
しかし、地図を見ながら運転するのも面倒なので、娘をナビ担当に指名。

暫くしてスマホが「右方向です」とか話し始めた。
グーグルマップにそういうナビ機能が付いているのは知っていたが、使い方は知らなかった。
娘も知らなかったが、適当(?)にやってみたら出来たらしい。

使った事の有る人にとっては「今更」という話だと思うが、初めて使って見るとこれはかなり便利なツールだ。

タイで、それもチェンライなどという田舎で日本語で道案内が聞ける、便利な時代に成ったものだ。
(もしかしたら10年ぐらい前から有ったのかもしれない)


D2201021
甘味処リリ

川にせり出した桟敷に座って、お茶や甘味を楽しむ。

本日のメニューは、団子、抹茶アイス、ほうじ茶、などで500バーツ。
ちゃんと日本の味がした。

500バーツはやや高い気がしたが、味や雰囲気を考えればこのぐらいの値段は払っても良い。


D2201023
甘味処リリから見える風景

この川沿いには他にもレストラン(?)などの飲食施設も有って、ちょっとしたリゾートの様な雰囲気に成っている。


D2201025
リリの桟敷席、2022年1月2日、午後4時頃撮影

今日は「お正月」という事でお客さんが多かったと思われる。
ほぼ満席に近かった。
自分達が来た時に丁度ここの右隣の席が空いたので、運よくスンナリ座れた。

川に霧がかかっていて最初自然のものかと思ったが、人工的にミストを噴出している箇所が数ヶ所あった。
高度のせいか、ミストのせいか、川べりのためかは分からないが、街中より気温が3度ぐらい低く感じた。
ちょっと、ひんやりと涼しい感じ。


D2201027
左側がリリの桟敷席



D2201028
アイパッドを抱える娘



D22010220
返却口

流石和風の甘味処、「トレイはこちらへお戻しください。」と書いて有る。

因みに、支払いは注文した時にスマホで口座引き落としで支払って、出来た物はスマホぐらいの大きさの振動する機器を渡されて、ブッブーてなったら取りに行くシステム。
支払は多分現金でもいいような気がするが、スマホの操作は面倒くさい(てか、直ぐには出来ない)ので娘にやらせた。

スマホの普及はナビなど便利な機能もあるが、面倒くさい作業も増える。
(単に、デジタルの進歩についていけないだけ?)


D22010222
ティーハウス「リリ」の入口付近

どちらかと言うと「ソソ」に見えるが「リリ(RiRi)」が正解らしい。


リリへの行き方。

D22010223
スマホのグーグルマップの画面

ワットロンクンから東へ15kmぐらいの所。
チェンライの街の南、国道1号線と1020線の交差する辺りから車で30分ぐらい。

スマホを使って、上のグーグルマップの「ナビ開始」をタップすれば道案内をしてくれます。
(この詳しい使い方を聞かれても、まだ習得中なので答えられません)

「あんこ」とか「きな粉」は割とタイ人の女性にも受けるので、そういう人を連れて行くには、ちょっとお洒落な感じもしていいかもしれない。

道路から川沿いに進むと手前にCANARYという Cafe&Restaulant が有り、リリはその先。
(食事をするならCANARYがいいかもしれない)
(ロータリーを右に行く道が通行止めに成っていなければ、CANARYの脇を通らなくて直接リリの前に行けるかもしれない)


タイ関連のブログ集へのリンクです。
応援のポチッ、宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年10月11日 (月)

アクアテールカフェ3

2021/10/10(アクアテールカフェ3)

ちょっとした用事が有って空港付近に来たついでにアクアテールカフェに寄った。

お腹が空いて居る時、自分の場合は出掛ける前に食べる、というのがデフォルトだが、奥さんの場合は出掛けた先で食べるのがデフォルトらしい。
というより、自分は家で食べるのが普通と思っているが、奥さんは外で食べるのが普通と思っている節がある。
或いは、自分の場合、食事は作って食べる物と思っているが、奥さんの場合、食事は買うものと思っているらしい。
(タイ人の屋台好きの理由の一つはここから来ている気がする)

お腹が空いた時、自分は「何を作ろうか」と考えるが、奥さんは「何処に食べに行こうか」と考える。

なので、何かの用事で出掛けた時、奥さんに「お腹が空いたので、何処に行こうか」と誘われる事が多いが、その時、自分はお腹が空いてない事が多い。

今日も、自分は昼ご飯に牛丼を食べてお腹が空いてなかったが、奥さんは牛丼を食べないので、お腹が空いて居た様で、用事が終わった時、「何処かに食べに行こう」という話に成った。
しょうがないので、コーヒーぐらいなら付き合ってもいいか、という事で「アクアテール行く?」と言って、此処にやって来た。

アクアテールカフェは空港からは比較的近い。


S1_20211011014401
アクアテールカフェ

此処は小高い丘(?)の上に有って、雰囲気がいい。
飲み物や食べ物も種類は少ないが、そこそこ美味しいし、値段的にも雰囲気を加味すればコスパはいい。


S2_20211011014701
いつものお約束、記念撮影

まあ自分もブログを書いているので写真は撮るが、奥さんはそれ以上にSNS用に写真を撮りまくる。


S3_20211011014901
アクアテールカフェの店内

自分の注文は手前のカフェラテだけ。
他の3つ、ケーキとオムライスみたいのと、アイス・モカは奥さんの注文。
まあ、全部で290バーツだから、そんなに高くない。
スタバだったら軽く500バーツは超える。


S4_20211011015301
本日のメニュー

奥さん、3品も注文して、そんなに食べられるのかよ?、と思ったが、本当にお腹が空いて居たらしくて結構食べた。
まあ、オムライスみたいのは自分が半分手伝ったし、アイス・モカは半分以上残して持ち帰りしたが。


本日の新発見は此れ↓。


S5_20211011015801
綺麗な蝶々?

テーブルの上に瓶が置いて有って、中に蝶々らしき物が居る。
最初、動かなかったので死んでいるのかな?、と思って瓶を手に取って見たら、突然バタバタと動き出した(瓶の中で飛び回った)。

生きているのか?、本物の蝶々か?。


S6_20211011020201
蝶々?

動かなく成ったので良く見ると、どうやら本物ではない。
羽の模様も薄い金属の様な素材に書いたものらしい。

それにしても良く出来ている。

瓶の中を飛び回る様はまるで本物の蝶々のよう。
こんなの初めて見た。

静電気か何かで、人が瓶の蓋に触れると反発して羽をバタバタさせて飛び回るように見えるらしい。


S7_20211011020801
羽を開いて止まっている蝶

自分は余り物を欲しがらない方だが、このおもちゃ、欲しいと思った。


今日はもう1匹、動物との触れ合いがあった。


S8_20211011021101
なついて来た(?)子猫



S9
アクアテールカフェに居た子猫

掴み上げたいと思ったが、奥さんが動物に触れるとうるさいので、軽くタッチしただけ。

この後、直ぐに手を洗わされた。

カマキリやトンボは平気で手掴みするのに、犬とか猫は汚いと思っているらしい。
まあ、正解かもしれないが。

タイって意外と(?)犬とか猫の多い国です。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

2021年7月16日 (金)

山の中の、いらっしゃいませ

2021/07/14(山の中の、いらっしゃいませ)

「天空のレストラン」に行った帰りに、もう一軒、カフェを梯子した。
「YAYO FARM」から、此処「ABONZO COFFEE」までは車で10分ぐらい。


R9_20210715223601
ABONZO COFFEE の入口の看板

メースワイの山の中のカフェの入口に「いらっしゃいませ」の文字が有るのは不思議な感じ。
こんな所に日本人の観光客がそれ程来るのか・・・?。
自分の為に立てられた看板の様な気がした。


R15
ABONZO COFFEE

白のピックアップとシルバーのシビックが今回乗って来た車。
ピックアップの周りの数人が今回のメンバー。

写真中央の茶色い掲示板を拡大すると↓。


R16_20210715230501
ABONZO COFFEE シングルオリい゛(?)

シングレオリじゃない。レはルだと思う。
オリの後の「い゛」が分からない。「くら」じゃ意味が通じない。

「これ日本語だよ」と言ったが、意味を聞かれても分からなかった。


R17
猫のお出迎え

入口の手前では猫に出迎えられた・・・って言うより、怒ってるか?、猫ちゃん。


R10_20210715233501
ABONZO COFFEE 店内

BGMは日本語の歌が流れていたが、知らない曲だった。
多分、最近の曲だと思う。


R18_20210715234101
店内の看板

店内の看板を見て、先程の謎の日本語が「シングルオリジン」らしい事が分かったが、それでもこの意味が分からなかった。
今調べたら、「シングルオリジンコーヒーまたはシングルオリジンは、特定の地域・原産地のみで栽培されたコーヒーである。」事が分かった。
要するに、ここのコーヒーは DOICHANG(ドイチャン)コーヒーである事を強調したかったらしい。

因みに、此処や YAYO の付近数キロメートルの範囲には、辺鄙な所の割にはカフェが多い。
山の中で景色がいい場所というのが大きな立地条件だろうけど、ドイチャンコーヒーを飲ます、というのも売りなのかもしれない。
(もしかしたら、全くの勘違いかもしれないが)

という事で(?)、途中、雨も降って来たが、帰りの道は割といい道だったので無事にチェンライの街に着く事が出来た。

まあ、チェンライの地理の勉強には成った。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼