カテゴリー「旅行・地域(チェンライ・北タイ)」の46件の記事

2019年6月 7日 (金)

チーウィットタマダー

2019/06/07(チーウィットタマダー)

今日はチーウィットタマダーにやって来た。


O7
チーウィットタマダーから見るコック河

河の対岸の様に見えるのはコック河が2手に分かれた中州の様な所。コック河は普通はもっと幅の広い大きな河。

ちょっとした用事が有ってチェンライの街の北側(コック河の北側)に来た。
用事が終わって、お腹が空いていたので何処かに行こうか・・・。

で、奥さんの希望でコック河沿いのチーウィットタマダーにやって来た。

コック河沿いの洒落たレストランとしては、マノロムカフェもたまに行く。
しかし、マノロムカフェはレストランと言うよりは、ケーキなどのあるカフェという感じで、食事をするにはチーウィットタマダーの方がいいと思って此処に来た。



O1_1
コック河を臨む風景

左上に国道1号線が写っている。

入る前に(冷房の利いている)屋内の席か、(景色のいい)屋外の席か迷ったが、屋内の席はいっぱいだったので屋外の席へ。



O2_1
本日の昼食

奥さんは、カオパット・サパロット(パイナップル・炒飯)とヤムウンセン(←いつも同じものを食べている)。

自分はカフェラテと海鮮スパゲッティ(←これも、いつも同じに近い)だが、スパゲッティはまだ来てない。
(今日は、スパゲッティが出て来るのが遅かった)
(もしかしたら忘れたのかな、と思って声を掛けようとしたら出て来た)

BGMにスローテンポな曲が流れて、ゆったりとした雰囲気を演出している。

ちょっとだけ、その雰囲気↓。






動画を撮った時は気が付かなかったけど、結構、鳥のさえずりも聞こえる。

あと、音で言えば、中国人って一気に大勢入って来るので目立つ。中国語を話しながら・・・。

バンコクの観光地でも結構居たし・・・。

帰る時に見たら、駐車場にロットゥー(観光用のワゴン車)が沢山止まっていたので、中国の人達は団体で行動される方が多いらしい。




O3_1
カオパット・サパロット

パイナップルをくり抜いた中にカオパット(タイ風チャーハン)が入っている。奥さんの大好物。
パイナップルの甘味と酸味がアクセントに成ってちょっと美味しい。

果物とご飯の組み合わせには、カオニャオ・マムアンとかも有って、そういうのはタイ人の女性の好きな食べ物らしい。


O4
ヤムウンセン

今日のヤムウンセンはやたらナッツが多くて、写真ではウンセン(シラタキの様な物)が殆ど写って無い。

これも、奥さんの、というより、タイ人の女性の大好物らしい。自分は、特に美味しいとは思わないが・・・。

尤も、日本の「ところてん」も何が美味しいのか分からない。



O5
遅れて来た、自分のシーフード・スパゲッティ

これは、まあ、シーフード・スパゲッティとしてはあんまり・・・。
シーフードが少ないし、酸っぱ過ぎる。
シーフード・スパゲッティに関しては、マノロムカフェの方が美味しい。


今日の昼食は、全部で940バーツ。1000バーツ札で払って残りをチップにしたので丁度1000バーツだった。



O6
魚を獲る人

目の前のコック河で魚を獲る人がいて、沢山獲れるのか、大きな魚が獲れるのか、楽しみに見ていたが、小魚が数匹獲れただけみたいだった。



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年5月24日 (金)

タイのお寺は目立ちたがり屋(その8)(ワット・ロンスアテン)

2019/05/22(タイのお寺は目立ちたがり屋(その8)(ワット・ロンスアテン))


V11_2
ワット・ロンスアテン入り口付近

入り口からして、この目立つ2体の像、目立ちたがり屋のタイのお寺の面目躍如といった感じ。
それもその筈、このお寺を建てたスラーノックさんはあの白いお寺(ワット・ロンクン)を建てたチャルーンチャイ・コーシピパットさんのお弟子さんという話。
タイ国政府観光庁日本事務所の観光案内サイトより

ワット・ロンクンが「白いお寺(ホワイト・テンプル)」と呼ばれているのに対して、此処は「青いお寺(ブルーテンプル)」と呼ばれているらしい。
尤も、奥さんは「紫(ナムグン)のお寺」と呼んでいた。


Y19 
グーグル翻訳より

ワット・ロンスアテンの意味を調べて見たがイマイチ分からなかった。

ワット(寺)ロン(溝)スア(虎)テン(踊る)・・・虎が踊る寺・・・?。

そう言えば、最初の写真の左側の像の下に「虎」が居る。


V12


この2体の像は仏像なのか、それとも鬼なのか・・・?。顔つきからして鬼ではなさそうだが・・・。

ところで、この顔、インド人?、アラブ人?。男の顔である事は間違いないと思うけど・・・。


いきなり幾つかの疑問から始まったが、今日は奥さんとマノロムカフェ(前回の記事)に来たついでに寄って見た。
場所は、マノロムカフェの直ぐ近く。


V13
ロンスアテン寺の本堂

本堂の外観は普通のタイのお寺。

外国人の観光客も結構来ている。


V14
ご本尊(らしい)

青い仏像、内装も青が基調。

高い天井、風の通り抜けの良い広い空間、しかも色彩の基調が青で、此処にいると外に居るよりも涼しく感じる。

仏像の前に座ると、意外に落ち着く。くつろげる。


V15
本堂正面のナーガ

タイのお寺ではお馴染みのナーガ。

自分は蛇神様だと思っているが、それで間違いない?・・・たまに、ドラゴンか区別のつかないものもあるが・・・。


V16
お土産物屋

境内にはお土産物屋も有る。この辺もワットロンクンに似ているが規模は小さい。


V17_1
記念品売り場(らしい)

漢字で書いて有るので分かり易い。


V18
休息区

ここも漢字で書いて有るので分かり易い。

「禁止吸姻」は禁煙の意味だな・・・。


写真に収めた以外にも境内には青い色の目立つ建物が点在していて、ちょっと面白い景色が見える。
わざわざ行く程の価値が有るかどうかは微妙だが、マノロムカフェやチーウィットタマダーに寄ったついでに(或いは、その逆に)行って見るのも面白いと思う。


補足。

こういうお寺に興味のある方は、「タイのお寺は目立ちたがり屋」シリーズの1~7までもご参照下さい。

① タイのお寺は目立ちたがり屋(その1)(パーンのお寺)
② タイのお寺は目立ちたがり屋(その2)(パーンのお寺)
③ タイのお寺は目立ちたがり屋(その3)(巨大鬼の居るお寺)
④ タイのお寺は目立ちたがり屋(その4)(巨大鬼の居るお寺)
⑤ タイのお寺は目立ちたがり屋(その5)ワット・ロンクン
⑥ タイのお寺は目立ちたがり屋(その6)ワット・ホイパカン1
⑦ タイのお寺は目立ちたがり屋(その7)ワット・ホイパカン2



ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村



2019年5月23日 (木)

マノロムカフェ

2019/05/22(マノロムカフェ)

今日はマノロムカフェにやって来た。


V1_1
マノロムカフェ入り口付近

ちょっとした用事が有ってチェンライの街の北側(コック河の北側)に来た。
用事が終わって、ちょっとお腹が空いていたので何処かに行こうか・・・。

で、奥さんの希望でコック河沿いのマノロムカフェにやって来た。

コック河沿いの洒落たレストランとしては、チーウィットタマダーもたまに行く。
食事をするにはチーウィットタマダーの方がいいが、今日はお腹が空いていると言っても少しだし、奥さんは、「そんなにお腹が空いてない」、と言うので、マノロムカフェの方がいいかな、という感じで来た。


V2_1
マノロムカフェの木

マノロムカフェといえばコック河を臨む風景と、何よりこの大きな木。


V3_1
マノロムカフェの中

外のテーブル席も洒落た感じでいいのだけど、今は、ちょっと暑いのでエアコンの利いている屋内のテーブル席へ。


V4_1
屋外のテーブル席

もうちょっと暑くなければ、風に吹かれる屋外の席も気持ちいいのだけど。

写真、上の方に見える茶色の帯はコック河。


V5_1
コック河からは国道1号線が見える

最近の雨で河の水嵩は増している。


V6_1
コック河

対岸もリゾート施設っぽい。河の水はタイなので清流ではなく茶色。コック河はチェンライではメコンに次ぐ大河(だと思う)。

自分は、こういう水の有る風景が好きで、海でも湖でも河でもいい。

チェンライに海は無いが、川沿いや湖畔のリゾート施設(飲食施設)は結構有る。

タイ人はこういう水辺で憩うのが好きな人達で、それは自分の好みとも一致する。


V7
奥さん注文のアイスと自分のカフェラテ

ここはスパゲッティとかも有るが、どちらかと言うと、コーヒーやケーキなどのスィーツが主体のお店らしい。

「景色を眺めながら優雅(?)にお茶でも」、そういう線を狙っている気がする。女性を連れて来るにはいいお店だと思う。

左下の赤い実の様な食べ物、ちょっと美味しかった。
右の黄色いのは「たくあん」ではなく芋。


V8
シーフードスパゲッティ

エビ、ホタテ(?)、ムール貝、アサリ、イカ、など結構シーフードが入っていて海鮮好きの自分としては美味しかった。

ただし、唐辛子やハーブ類は出来るだけ除いて食べた。

タイ人(やイタリア人?)はこういう不味い物が好きらしい。変な人達だ・・・日本人でも段々増えているらしいけど・・・。

自分の様な正統派(と、思っている)和食人には理解できない。


尚、マノロムカフェに関する記事は過去に3回書いてます。行き方は「河と大きな木のあるレストラン(2日目)」の終わりの方に書いて有ります。


この後、近くにあるワット・ロンスアテンに行った・・・「タイのお寺は目立ちたがり屋(その8)(ワット・ロンスアテン)へ続く。


ポチッ↓。


にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

2019年3月30日 (土)

チェンライ、チェンマイ往復

今日(3月30日)は夕方から日本へ帰国の旅に出る。その前に今回のチェンライ滞在中にブログ用に撮った写真があるので、それを記事にします。

2019/03/26(チェンライ、チェンマイ往復)

先週の金曜日(22日)にVISAの申請をチェンマイの領事部で行なった。今日(26日(火))はその受け取りの日。
多分問題なく受け取れると思うが、奥さんが書いたタイ語の質問票に、奥さんが変な事を書いたらしく(タイ語なので自分は読めない)申請の時に領事部の窓口でひと悶着(それほど大袈裟なものではないけれど)有ったので、少し心配は有った。

ただ、今更その事を考えてもしかたがないので、受け取れるものと思って奥さんと出掛けた。

VISAの受け取りは午後なので、10時ちょっと過ぎに家を出た。

G1_1
WELCOME TO MAESUAI

チェンライの街から国道1号線を南下して、右折してチェンマイまで続く118号線に入る。
チェンマイ迄はこの道を一直線(と言っても、山道なのでぐにゃぐにゃ曲がっている所も多いですが)。
118号線に入って先ずはメースワイを目指す。

片道1車線、カーブの多い山道なので前に遅い車が居ると、抜くのはちょっと危ない。

G2_1
早速、交通事故に出くわす

黒い車のバンパーがぐしゃぐしゃに成っていた。

チェンライでは珍しくない風景・・・まあ、運転しているのがタイ人だからね・・・。

G3_1
メースワイの辺りにあるコーヒー屋(?)

何屋に成るのか分からないが、奥さんの大好物のカオニャオ・マムアンが有名な(奥さんの話による)お店。
チェンライ⇔チェンマイ間を往復する時は此処に寄る事が多い(VISAの申請に行った時も帰りに寄った)。

まあ、今日はVISAを受け取るだけなので、急ぐ旅でもないし、朝食代りにちょっと。

G4_1
ワンナムティプ(お店の名前)


G5_1
カオニャオ・マムアン

下のご飯にはタップリとナームカティ(ココナッツミルク、甘い)が掛かっている。

上に乗っているマムアン(マンゴー)も甘いので、これはご飯というよりスィーツ。
自分も嫌いじゃないので、朝飯代りに1皿食べた。

飲み物は、カフェラテが無かったので、100%天然オレンジジュース。

G11
お店の中

藁ぶきの屋根は有るが、四方は風通しのいいオープンエアの建物なので、涼しくて気持ちが良いい。

甘いものスキのタイ人を誘うのにはお勧めスポットです。ただ、ちょっと引っ込んで居るので分かり難い。

G6_1
右に見えるのは、アンコールワットのコピーらしい

この辺りにウィアンパパオの温泉が有る。

ここで、奥さんと運転手交代。ここからは、急カーブや坂道が多くて危険なので自分が運転する。

G7
もう直ぐチェンマイという辺りで工事中の道路

よく覚えてないけど2年ぐらい前も工事中だった気がする。

測ったら、約10kmも工事中の道が続いた・・・早く、何とかならないものか・・・。

G8
写真やや右の茶色の屋根の有る所がチェンマイ領事館の入り口

エアポートプラザの近くのエアポートビジネスパーク内に有る。車で来た場合はこの入り口から入らず1階の駐車場の辺りから入る。

VISAはあっさり取れた。領事部の窓口の部屋に入ってほんの1分ぐらいで、あっけなく取れた。

以前は、たまにチェンマイに来たのだからと、エアポートプラザに寄って見たりしたが、今は、チェンライでもセンタンが有るし、珍しくもないので直ぐにチェンライへ戻る。

領事館から118号線へ行く道をよく間違えるのだけど、今回もスーパーハイウェイの出口を間違えて遠回りをしてしまった。

G9
ウィアンパパオの温泉の玉子売のオバサン

帰り道は、ウィアンパパオの温泉に寄った(トイレ休憩、5バーツ)。

温泉玉子、1籠20バーツ。鶏の玉子なら3個。ウズラの玉子なら沢山。醤油の小袋が付いている。

G10
天然温泉

来た時と逆で、此処で運転を奥さんに交代してチェンライまでは奥さんの運転で。
途中でネーム(ソーセージみたいな物)とかカティアム(ニンニク)とか、お義母さんへのお土産を買っていた。
奥さんは、「寝てていいよ」、というのだけど、何となく怖くて寝れなかった。




以下の「タイ情報」をポチッとして頂けると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村




2019年2月17日 (日)

ラーチャパット大学の中を見た

2019/02/15(ラーチャパット大学の中を見た)

チェンライ市の北側、バンドゥーの方にあるラーチャパット大学に行く機会が有ったので、ついでに校内を写真に収めた。

ラーチャパット大学はチェンライではメーファールアン大学と並んで有名な大学。
レベル的にはどちらが上かは知らないが、市内に近い分だけラーチャパットの名前はよく聞く。

今回、ラーチャパット大学に行った経緯は、娘(中2)の学校で「星を見る催し」見たいのがラーチャパット大学の中で有って、送って行った為。

.
G11
星を見る催しのテント村

ラーチャパットの大学構内でテントを張って、今夜は此処で寝泊まりするらしい。

後から聞いた話では、「望遠鏡でジュピター(木星)を見た」、と言っていたので、そういう事をしたらしい。
(土星の方が輪っかが有って面白いのに)

娘の学校だけでは無くて、パーンのシリマート学校(小中一貫校)からも生徒が来ていたらしい。
娘は小学校までシリマートだったので昔の同級生が来ていた、と話していた。

.
G15
大学構内の道

ラーチャパット大学は湖(大きな池?)に面していて、対岸の飲み屋さんから眺めた事は何度も有るが中に入ったのは初めて。

広い大学だとは思っていたけど、想像以上に広かった。

娘が、先に着いていた友達に電話して案内して貰わなければ行き着くのに相当苦労したと思う。

.
G12
泰中友好なんとか、と書かれていた

沖縄のシーサー見たいのが2匹居た。中国の獅子・・・?。

娘を送り届けた星を見る会場の近く。

娘を送る間は余裕が無かったので、送り届けた後に出口(来た時は入り口)に向かって行く途中で写真を撮った。

.
G16_2
何かの建物


.
G18_2
セブンイレブン

娘は「大学の中にセブンイレブンが有る」と言って驚いていた…日本だって有るよ。

.
G19
セブンの隣にはコーヒーショップみたいのも有った

田舎の大学らしくない。

.
G21
何かの建物

新興宗教にありそうな建物。

.
G23
湖に面している所も有る



.
G26_2
何かの建物

図書館らしい。

.
G27
再び湖

湖沿いに道が有るのだけど、昔、誰かのブログでランニングコースが有る、と書いて有ったような気がするが、この湖沿いの道か・・・?。

.
G30_2
露店がいっぱい出ていた


.
G31
ステージ

何かやるらしいが分からない。

自分は、露店で何か美味しそうな物を探して買ってから帰った。


スピンアウト記事の予告 ⇒ 露店の様子は次回、「ラーチャパットの露店」、にて。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2019年1月18日 (金)

クンコン滝で林間学校

2019/01/17(クンコン滝で林間学校)

娘(中2)が、「学校(の行事)でクンコン滝に行くので送ってくれ」、と言って来た。

どうやら林間学校の様なものを2泊3日でやるらしい。

そういえば、昨年も同じ様な事をやっていた

クンコン滝は家から車で40分ぐらいの所に有る。

以前1回行った事は有る(注)が間違っては大変なので、前日にグーグルマップで道順を念入りに確認しておいた。
(注)(正確に言うと、クンコン滝には行った事が無い。行った事が有るのは滝の手前の駐車場まで。駐車場から滝までは歩いて1.4kmぐらいあるらしい)

集合時間と場所は、AM7時に現地集合。

学校からバス(など)で、みんなで行く分けではなく、個々バラバラに行くらしい。

チェンライ県には電車も無いし、現地へ向かうバスも無い。要するに全生徒、父兄が送り迎えをする事に成る。
(乗り合いバスなどをチャーターしてグループで送迎される生徒も居るかと思ったが、それらしい車は見掛けなかった)

この辺は、ある意味タイらしい。平日でも子供の送り迎えをする親は結構居る(家は奥さんが毎日送り迎えをしている)。
日本では、中学生にも成って親が送り迎えするなんて普通あり得ないがタイ人は意外と、そういう(バカな?)事を平気でする。
(それでも、娘に聞いたら、通学は通学専用の乗り合いバスでしている生徒が多い様だ)

治安の問題とか、交通機関が整備されていない、という事情も有るのだろうけど、歩くのが大嫌いとか、親も子供も自立心が足りないとか、タイ人の性格上の問題もある様に思う。

しかし、今回は他に手段がないのでしょうがない。今日は自分が送って行くしかない。
奥さんに任せてもいいけれど、たまには自分も協力しないと後々何を言われるか分からないし、方向音痴の奥さんに任せるのも危ない。

で、しょうがないので、今朝は5時半に起きて6時に家を(コンドーを)出て、娘をクンコン滝まで送って行った。
朝寝坊の自分としては5時半起きは結構辛い。
奥さんも一緒に付いて来た。

実は、自分も方向音痴の所が有って、前日、グーグルマップで道順を十分確認していたにも関わらず、ちょっとドキドキしながら運転していた。

日本と違って不利なのは、日本の車にはカーナビが有るがタイの車にはカーナビが無い(奥さんのCRVにはカーナビが有るけれど、自分のシビックには無い)事と、道路標識(道路脇の道案内)に日本語が無いので英語の案内が頼りだが、見落としやすいし、タイ語だけの案内も有るので分かり難い事。

なので、想定したルートから外れやすいし、一旦、想定したルートから外れると修正するのが難しい。

しかも、午前6時はまだ真っ暗だった。

暗闇の中を頭の中の地図で今の位置を確認しながら走るが、慎重に走らないと交差点の位置も見落としそうになる。

まあ、結局は頭の中の地図通りに終点の駐車場に着いて、少し明るく成りかけた駐車場の周りには、学生らしき人達が居たので、ホッと一安心。お父さんの仕事が果たせた。英語だったら、グッジョブ!ってところかな。

.
C2
クンコン滝の駐車場付近、午前6時45分頃

写真で見るより、もう少し暗い感じ。

娘の学校の生徒さん達が散らばって居る。

.
C4
テントも有る

娘(達)はこれから2泊はテント暮らしらしい。

流石に、早朝は(熱帯のタイでも)ちょっと寒い。

娘曰く・・・何故、こんな一番寒い時期にやるのだ・・・(プンプン)って感じ。

(推測).

暑い時期より寒い時期の方がいい。

(確かに4月~9月ぐらいまでのタイの日中の暑さは尋常じゃない)
(タイ人やタイに長く住んで居る日本人には今の季節、「寒い」という人が居るが、自分から見れば一番快適な季節)

蚊とかの虫が少ない時期の方がいい。

タイの寒季は乾期なので雨が少なくていい。

キャンプファイヤーは涼しいぐらいの方がいい。

(推測終わり)

.
C6
焚火を焚いている人も居た

7時集合と聞いて、6:40頃に着いたのだけど、もっと遅く来る車が沢山有って、新しい車がどんどん駐車場に入って来る。
で、生徒を降ろした車は直ぐに駐車場を出て行くように促されて奥さんと2人、帰路に就いた。

.
C8
クンコン滝下流の川、午前7時頃

この頃には、空も明るく成った。
折角なので、ちょっと川に降りて見た。

.
C9
納涼用の川床(?)から見る川

今は営業して無いが、多分、ここは季節には納涼用の川床に成るものだと思う。

以前、チェンライの日々さんとこの辺りの川床でビールを飲んでガイヤーンを食べた事が有るが、今度は、奥さんと娘を連れて来ようと思う。

今日は、娘を林間学校に無事送り届けるというミッションは完了したので、川をちょっと見ただけで帰った。


ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ


.

2018年12月30日 (日)

新しいBIG-Cに行って来た(クーポン食堂など)

2018/12/28(新しいBIG-Cに行って来た)(クーポン食堂など)

「新しいBIG-Cに行って来た(飲食店など)」の続きです。

.
K51
デイリークイーンなど

前回の記事で新BIG-C内の飲食店はほぼ記録したので、残り数店。

デイリークイーンはチェンライ空港店はたまに利用する。大体、食べるのはホットドックとコーラ。

.
K52
クーポン食堂

タイのショッピングセンターには必ずと言っていいほど、クーポン食堂がある。

写真右側がカード売り場。大体いつも、1人100バーツのカードを買う。

今回は奥さんと2人で100バーツのカードを2枚購入。
使ったのは奥さんが40バーツで自分が65バーツだったので、帰りに、ここで95バーツのおつりを受け取った。

.
K55
クーポン食堂のお店

何か美味しそうな物はないか・・・探すのはちょっと楽しみではあるが、大体、これといった物は無い。

.
K57
クィチャップ作成中


.
K59
本日の昼食

手前、自分のクィチャップ。奥、奥さんのクイティオ。

クィチャップ、具材は豚肉とか、モツ見たいな物とか、血を固めた豆腐の様な物とか、盛り沢山に入って居たが、味の方は・・・?、だった。

.
K63
お寿司

クーポン食堂の近くで売っていたお寿司がちょっと美味しそうに見えたので、少し買って帰った。

.
K65_2
持ち帰ったお寿司

マグロ、サーモン、玉子焼き、しめ鯖。1個10バーツで10個買うと1個おまけ。
全部で100バーツ、約340円。

奥さんがサーモンとマグロ。娘がサーモンとマグロと玉子焼き。残り6個を自分が食べた。

写真下の方にちらっと見えるのはみそ汁のお椀。

まあ、チェンライでお寿司が食べられると思えば・・・。

因みに、自分の好物のしめ鯖は「おしねい」の方が美味しかった。


飲食店以外で気に成ったお店は以下↓。

.
K67
小物屋

60バーツショップ。

センタンのダイソーの方が色々有って面白い。

.
K68
小物屋

お客は結構入って居た。

.
K70
映画館

センタンの MAJOR CINEPLEX は1年に1~2回ぐらい行く。

多分、此処も寒いので入る時は服装に注意。

.
K72
子供用のゲームセンター

家の娘(中2)にはもう用無し。

.
K74
ヘアサロン

ヘアサロンも有った。

中を見たら男性のお客も居た。

シャンプー&カットが250バーツ。このぐらいがチェンライの街の平均・・・?。

1年程前までは、パーンの田舎ではカットのみ45バーツぐらいだった。
(多分、今もそんなに高くないと思う)

.
K77
BIG-Cのスーパーマーケット

他のお店はみんな(?)テナント。ここが正にBIG-C(?)。

スーパーマーケット部分は旧BIG-Cより若干狭い感じがする。奥さんは旧BIG-Cの方がいい、と言っていた。

しかし、今日はついでなので沢山買い物をした(全部で4000バーツぐらい)。


新旧のBIG-Cが今後どうなるのか・・・?。

半年程前は、BIG-Cが移転して、跡地にはコンドミニアムが建つなんて噂がまことしやかに流れたけど、今は、チェンライ1号店と2号店の様に成っている。

まあ、自分としては旧BIG-Cが今のコンドーに近いので、出来るだけ長く営業して欲しいとは思っている。

でも、コック川の北側、バンドゥーや空港方面は色々なもの(物販施設や病院、新興宅地、道路など)が出来て、段々便利に成って来た。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

新しいBIG-Cに行って来た(飲食店など)

2018/12/28(新しいBIG-Cに行って来た)(飲食店など)

1ヶ月(?)程前にチェンライにBIG-Cの2号店が出来た。

場所は国道1号線から、空港へ向かう交差点の辺り。家からは車で15分~20分ぐらい。

試しに行って見ようと思っていたのだけど、初めの頃は「駐車場がいっぱいで入れなかった」という話も聞いていたので、躊躇っていた。

もうそろそろいいだろ~、という事で、28日(金)に出掛けて見た。

.
H11
新しいBIG-Cの入り口


.
H13
BIG-Cの中

今度のBIG-Cは平屋建て(旧BIG-Cは2階建て)。敷地面積は新BIG-Cの方が広そうだが、店舗面積は旧BIG-Cの1階と2階を足した方が広いかも知れない。

.
H15
クリスマスツリー、2018年12月28日撮影

奥さんが、お腹が空いている、と言うので先ずは食堂を捜した。

.
H17
やよい軒

バンコクでは数回入った事がある。チェンライではセンタンにも有るが(多分)(注)入った事は無い。
(注)(チェンライに住んでもう10年ぐらいに成るので、完全な記憶が無い)

日系のお店らしい。

.
H19
ミクお茶

何だか意味不明の名前だけど・・・。

.
H27
しゃぶし

日本食ブッフェのお店。

今日見たお店の中では1番混んでいて、順番待ちのお客が居た。

センタンのしゃぶし、には数回入った事が有る。

.
H21
ミスタードーナツ

日系のお店らしい・・・?。

「クロミツ コーヒー」何てカタカナの表示も有った。今度飲んで見ようかな。

ここまで、何となく日本っぽいお店・・・こんな田舎でも「日本」の存在感が割とある。

しかも、日本的感じのお店は、どこも混んでいた。

.
H23
KFC

KFCにはバンコクでも、旧BIG-CのKFCにも、割と入る。全部合わせると、もう数十回入っている。
日本では、チキンを買った事は有るが、お店で食べた事は無い。

ケンタッキーのおじさんにもモザイクをかけて見ました。

.
H25
カフェ・アマゾン

自分としては Café Amazon はPTTのガソリンスタンドに併設されているお店、というイメージなので、ショッピングセンターの中に有るのは違和感を感じる。

.
H29
左、ピザカンパニー。右、MK。

ピザカンパニーはセンタンに、MKはセンタンにも旧BIG-Cにも有ったと思う。

ピザカンパニーはセンタンで1回入った気がする。MKはバンコクでもチェンライでも入った事がある。全部で十数回は入って居る。

タイ人を誘って入るには、MKは無難な選択だと思う。


写真が10枚を超えたので、以下次回。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年12月26日 (水)

本日のルナ

2018/12/25(本日のルナ)

奥さんが、「食事に行きたい」と言うので、久々にルナに行った。

.
L6 
本日のルナ

赤い服を着て居るのは奥さん。今日はクリスマスなので「赤い服」という話だった。
(車から見たら、たまたまかも知れないけど、赤い服を着たカップルが歩いて居た)
(タイ人は、何かの行事と服の色を合わせる事が好きらしい)

お店に近付いて行ったら、中から、「こんにちは~」という男性の大きな声が聞こえて来た。

中には、知り合いの日本人。注文の品が出来るまで、暫し雑談。

.
L7 
本日の昼食

ラーメンを食べに来た。

奥さんはソーメン。

コーラは、とある忘年会のビンゴの景品。

奥さんが覚えていて、お店の隅に置いて有った物を、目敏く見付けた。何か、「物」に対する関心の高さ、特に、「物を貰う」、事に対する執着心の凄さを感じた。
(忘年会で、誰が何を貰ったかを覚えていた。
普通、そんな事、気にしないだろ~)

.
L8 
持ち帰り用の🍙おにぎり

帰ろうとしている時、顔見知りの日本人がもう一人来た。

ここ(ルナ)と作は、日本人多発地点。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

2018年12月19日 (水)

おしいね

2018/12/18(おしいね)

前回の記事、「おしねい」の続きです。

タイに、日本料理店もどきが出来るのはいい事だと思うのだけど、どのお店もイマイチ。

日本っぽいお店の造りにして、店名も日本風、メニューも刺身、寿司、天ぷら、鍋料理など日本らしい料理を揃えるが、肝心の味が付いて来ない。
日本人から見ると、「惜しいね」、という感じのお店が多い(注)。

(注)(全然、惜しくない、全く違う、似て非なる物、という意見の方も居ると思うが、ここはタイ人の努力を認めて、「おしいね」、という事で)

まあ、変なタイ料理よりはいいし、
タイで日本食もどきが500バーツで食べ放題、と考えれば、悪くは無い。たまには行く価値が有るお店かも知れない。

.
P20
奥さん

和食のお店に行きたがる割には、本当に和食の美味しさは分かってないと思う。

和食のお店に行きたがる理由のかなりの部分は、「見栄」の様な感じがする。

タイ人一般に、自分達の文化より日本の文化の方が上、という考えがあるらしい。なので、和食のレストランに出入り出来る自分は他のタイ人より偉い、和食が食べられるのも偉い、という考え。
実際、タイ料理のお店と比べれば日本食レストランの方が高いし、日本の物は何でもタイの物より「上」と思っているタイ人が多い。

.
P22
カオパット・サーモン(奥さんの注文)

なので、色々、日本っぽい料理が有ってもタイ料理が有れば、主としてそれを食べる。

ただ、このカオパット(タイ風チャーハン)、サケフレークを一緒に炒めた物が入っていたので、普通のカオパットよりは美味しかった。

.
P24
ヤム・プラームック(奥さんの注文)

タコのサラダ。辛いし、パクチーも入っているし、これはもう殆どタイ料理。

.
P26_2
サーモンサラダ

辛くは無い。甘いタレが掛かっている。日本人としては、この辺の料理を美味しいと思って食べるしかない。

.
P29
ビーフ・テリヤキ・スペシャル・寿司

各種お寿司なども注文出来る(ブッフェに含まれる)。

刺身類がイマイチだったので目先を変えて注文してみた。

日本のカルビ焼き肉寿司を期待したのだけど、此れもイマイチだった。肉の旨味が無い。


ここのお店のいい所は、サービスが割といい所。
タイ人の店員って、(用事を言い付けられるのが嫌なので)客の方を意図的に見ない様にしている店員が多いが、此処は、合図をすれば直ぐに気が付くし、直ぐに来て、注文したものも割と直ぐに持って来る。

尤も、自分から見れば店員が多過ぎ。数えたらブラブラしている店員が12人居たが、半分ぐらいでいい気がする。
仲間同士で雑談しているだけの店員が多過ぎ。

.
P31
DORY TERIYAKI OR SHIOYAKI

これは、ちょっと美味しかった。

マナーオを掛けたり、ワサビ醤油で食べたり。


全体的にそれ程美味しくないので、食欲もそれ程わかない。なので、ブッフェ形式で食べ放題なのだけれども、そんなにモリモリ・ムシャムシャ食べられない。

奥さんなんか、見栄で来ているだけ(?)なので殆ど食べない。

1人500バーツが高いか安いかは微妙だけど、家(うち)の場合、ここのブッフェは勿体ない。
単品のメニューには、ブッフェのメニューより(写真上では)美味しそうな物が有ったので、もし次回来る事があれば、次回は単品の組み合わせにして見ようと思う。

尤も、ブッフェのメニューでも美味しそうに見えて、食べたらガッカリが多かったので、写真だけでは分からないが。


で、本日のお会計は合計で1246バーツだった。1人500バーツのブッフェだけの積りだったのだけど、飲み物(コーラ、スイカジュース)が別会計なのか、サービス料10%とか取って居るのか、明細を確認しなかったので分からない。

お店には、11:10頃から12:20頃まで居たが(11時開店)、帰る頃には6組18人ぐらいの客が居た。窓側のテーブル席は殆ど埋まっていた。平日の昼間としては客の入りはまあまあかも知れない。

日本人がタイ人を連れて行くとしたら、雰囲気と量を期待する方にはいいかも知れない。

日本食の味が分かる日本人同士で行くお店では無い様な気がする。あくまで、タイ人の為の日本食レストランという感じ。

ブログ村のタイ情報にリンクしてます。ポチッとお願いします  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

.

より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼