カテゴリー「旅行・地域(チェンライ・北タイ)」の85件の記事

2021年10月11日 (月)

アクアテールカフェ3

2021/10/10(アクアテールカフェ3)

ちょっとした用事が有って空港付近に来たついでにアクアテールカフェに寄った。

お腹が空いて居る時、自分の場合は出掛ける前に食べる、というのがデフォルトだが、奥さんの場合は出掛けた先で食べるのがデフォルトらしい。
というより、自分は家で食べるのが普通と思っているが、奥さんは外で食べるのが普通と思っている節がある。
或いは、自分の場合、食事は作って食べる物と思っているが、奥さんの場合、食事は買うものと思っているらしい。
(タイ人の屋台好きの理由の一つはここから来ている気がする)

お腹が空いた時、自分は「何を作ろうか」と考えるが、奥さんは「何処に食べに行こうか」と考える。

なので、何かの用事で出掛けた時、奥さんに「お腹が空いたので、何処に行こうか」と誘われる事が多いが、その時、自分はお腹が空いてない事が多い。

今日も、自分は昼ご飯に牛丼を食べてお腹が空いてなかったが、奥さんは牛丼を食べないので、お腹が空いて居た様で、用事が終わった時、「何処かに食べに行こう」という話に成った。
しょうがないので、コーヒーぐらいなら付き合ってもいいか、という事で「アクアテール行く?」と言って、此処にやって来た。

アクアテールカフェは空港からは比較的近い。


S1_20211011014401
アクアテールカフェ

此処は小高い丘(?)の上に有って、雰囲気がいい。
飲み物や食べ物も種類は少ないが、そこそこ美味しいし、値段的にも雰囲気を加味すればコスパはいい。


S2_20211011014701
いつものお約束、記念撮影

まあ自分もブログを書いているので写真は撮るが、奥さんはそれ以上にSNS用に写真を撮りまくる。


S3_20211011014901
アクアテールカフェの店内

自分の注文は手前のカフェラテだけ。
他の3つ、ケーキとオムライスみたいのと、アイス・モカは奥さんの注文。
まあ、全部で290バーツだから、そんなに高くない。
スタバだったら軽く500バーツは超える。


S4_20211011015301
本日のメニュー

奥さん、3品も注文して、そんなに食べられるのかよ?、と思ったが、本当にお腹が空いて居たらしくて結構食べた。
まあ、オムライスみたいのは自分が半分手伝ったし、アイス・モカは半分以上残して持ち帰りしたが。


本日の新発見は此れ↓。


S5_20211011015801
綺麗な蝶々?

テーブルの上に瓶が置いて有って、中に蝶々らしき物が居る。
最初、動かなかったので死んでいるのかな?、と思って瓶を手に取って見たら、突然バタバタと動き出した(瓶の中で飛び回った)。

生きているのか?、本物の蝶々か?。


S6_20211011020201
蝶々?

動かなく成ったので良く見ると、どうやら本物ではない。
羽の模様も薄い金属の様な素材に書いたものらしい。

それにしても良く出来ている。

瓶の中を飛び回る様はまるで本物の蝶々のよう。
こんなの初めて見た。

静電気か何かで、人が瓶の蓋に触れると反発して羽をバタバタさせて飛び回るように見えるらしい。


S7_20211011020801
羽を開いて止まっている蝶

自分は余り物を欲しがらない方だが、このおもちゃ、欲しいと思った。


今日はもう1匹、動物との触れ合いがあった。


S8_20211011021101
なついて来た(?)子猫



S9
アクアテールカフェに居た子猫

掴み上げたいと思ったが、奥さんが動物に触れるとうるさいので、軽くタッチしただけ。

この後、直ぐに手を洗わされた。

カマキリやトンボは平気で手掴みするのに、犬とか猫は汚いと思っているらしい。
まあ、正解かもしれないが。

タイって意外と(?)犬とか猫の多い国です。



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

 

2021年7月16日 (金)

山の中の、いらっしゃいませ

2021/07/14(山の中の、いらっしゃいませ)

「天空のレストラン」に行った帰りに、もう一軒、カフェを梯子した。
「YAYO FARM」から、此処「ABONZO COFFEE」までは車で10分ぐらい。


R9_20210715223601
ABONZO COFFEE の入口の看板

メースワイの山の中のカフェの入口に「いらっしゃいませ」の文字が有るのは不思議な感じ。
こんな所に日本人の観光客がそれ程来るのか・・・?。
自分の為に立てられた看板の様な気がした。


R15
ABONZO COFFEE

白のピックアップとシルバーのシビックが今回乗って来た車。
ピックアップの周りの数人が今回のメンバー。

写真中央の茶色い掲示板を拡大すると↓。


R16_20210715230501
ABONZO COFFEE シングルオリい゛(?)

シングレオリじゃない。レはルだと思う。
オリの後の「い゛」が分からない。「くら」じゃ意味が通じない。

「これ日本語だよ」と言ったが、意味を聞かれても分からなかった。


R17
猫のお出迎え

入口の手前では猫に出迎えられた・・・って言うより、怒ってるか?、猫ちゃん。


R10_20210715233501
ABONZO COFFEE 店内

BGMは日本語の歌が流れていたが、知らない曲だった。
多分、最近の曲だと思う。


R18_20210715234101
店内の看板

店内の看板を見て、先程の謎の日本語が「シングルオリジン」らしい事が分かったが、それでもこの意味が分からなかった。
今調べたら、「シングルオリジンコーヒーまたはシングルオリジンは、特定の地域・原産地のみで栽培されたコーヒーである。」事が分かった。
要するに、ここのコーヒーは DOICHANG(ドイチャン)コーヒーである事を強調したかったらしい。

因みに、此処や YAYO の付近数キロメートルの範囲には、辺鄙な所の割にはカフェが多い。
山の中で景色がいい場所というのが大きな立地条件だろうけど、ドイチャンコーヒーを飲ます、というのも売りなのかもしれない。
(もしかしたら、全くの勘違いかもしれないが)

という事で(?)、途中、雨も降って来たが、帰りの道は割といい道だったので無事にチェンライの街に着く事が出来た。

まあ、チェンライの地理の勉強には成った。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


天空のレストラン

2021/07/14(天空のレストラン)

前回の記事「ちょっと怖い」の続きです。

奥さんに嫌々連れて来られたメースワイの山の中のカフェレストランはなかなか見晴らしのいいカフェレストランだった。
まあ、「天空のレストラン」はちょっと大袈裟だけど・・・。

チェンライには、こういう眺望のいい飲食施設が多いが、ここはその中でも上位に位置する。


R12_20210715221501
カフェレストランからの眺望

尚、チェンライには眺望などの立地を活かしたり、付帯する施設に特徴を持たせたりして集客する飲食店が多い。
後者には、日本がテーマパークに成っている「旅館」などが有る(ドラえもんやトトロの居るお店)。


R13
駐車場からレストランに行く竹橋

自分の場合、基本的にタイ人の安全管理は疑っている。
例えば日本なら、観光客の通る吊り橋は危なそうに見えても危険は無いと思って渡るが、タイの竹の橋は折れる可能性があると思っている。
なので、こういうのを渡るのは「ちょっと怖い」。


R4_20210715183201
谷に突き出ているブランコ

高所恐怖症が少し入っている自分は、最初、このブランコに辿り着くだけでも腰が引けていた。


R5_20210715183501
ブランコ遊び中

折角なので、設備が大丈夫そうなのを確認してからブランコをした。
でも、「ちょっと怖い」。

ついでなので、大袈裟に怖がって見せたら、奥さん達3人のオバさんには受けていた。
尚、今日のメンバーは自分と奥さん、他に奥さんと年齢の近い女性が2人、女の子(子供)が2人。
みんなタイ人。
何でこのメンバーに自分が入らなければならないのか意味が分からん。


R6_20210715185201
透明なブランコ(?)

これが一番怖かった。
一応、座ってみたが、スッポリ入って後ろに寄りかかる気には成らなかった。
理屈では落ちないと分かっても、この位置で、この形状の透明な所に寄り掛かるのは怖い。
それに、これを設置して管理しているのは間違いなくタイ人だし。


R7_20210715185601
遠くの山々を見つめ瞑想にふける(?)お坊様

お坊様も遊びに来ていた。こんな所で遊んで居ていいのか?。怖くないのか?。
まあ、お坊様だから神仏に守られているので危険は無いのだろう。


R8_20210715185801
YAYO の店内

広くて開放感のある店内。
客は、外人も居たが、タイ人の若者が多かった。


R14_20210715220301
本日の昼食など

自分はカフェラテとスパゲッティ。奥さんはオムライスのようなもの。
まあ、一応、美味しかった。

駐車場からレストランに行く竹橋の周りにコーヒーの木が有った。
これはもしかしたら、この土地の名産のドイチャン(DOICHANG)コーヒーかもしれない。
という事は、さっき飲んだカフェラテももしかしたらドイチャンコーヒーのカフェラテかもしれない。
(実は、コーヒーの微妙な味の違いは良く分らないです)


この後、もう1軒カフェに寄ったので、その話は次回。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年7月15日 (木)

ちょっと怖い

2021/07/14(ちょっと怖い)

基本的に、奥さんの友達付き合いには巻き込まれたくないのだが、昨日、奥さんから「明日、ドイチャンに行く?」、と誘われた時、特に断る理由も無かったので「いいよ」と返事した。
その時は、2人で食事にでも行くのかと思っていたが、今朝の話では、どうやら奥さんの友人達と出掛けるらしい。
そういう話なら行きたくないが、断ると険悪な雰囲気に成りそうだったので、渋々同行する事に成った。

大体、何で奥さんの友達付き合いに旦那が付き合わなければならないのか、意味が分からん。
女性は女性どおし、男性は男性どおしで遊ぶのが正しいし、日本人は日本人どおし、タイ人はタイ人どおしで遊んだ方が面白いと思うのだが、何故か、奥さんは自分の付き合いに私を混ぜようとする。

以前は、自分はATMの代わりなので、まあ、そういう事なのかと思う時も有ったが、最近の奥さんの友達はある意味、自分達より豊かでベンツを持って居たり、コンドーの部屋を多数保有して貸して居たりする。
パーンの田舎の奥さんの一族と出掛けて、たかられたり(タイ人からすると「たかる」という感覚は無いと思う)した事も良く有ったが、そういうのとは違う。

まあ、奥さんが「運転は私がする」というので、隣に座って1日か半日付き合うぐらいはしょうがないか、という事でついて行った。
で、ここまでは怖い話ではない。


車は2台で1台が奥さんの友人のピックアップトラック、もう1台が奥さんが運転するシビック。
ピックアップトラックの持ち主はベンツ(それも安物のベンツでは無くて、ベンツの中でもハイグレードのベンツの様に見える)も持っていて、この時、ちょっと違和感を覚えた。
何故、ベンツで来ないのだろ~?。

場所は奥さんは知らないらしく、友人の車に着いて行く。
奥さんが「ドイチャン」に行くと言ったのでチェンライの街の北の方、メーチャンとかメーサイの方に行くと思ったのだが、どうも方向が違う。
(これは自分がドイチャンの位置を勘違いしてました)


R11
本日の目的地、ヤヨ ファーム

後から調べて分かったのだが、行ったのはメースワイの山の中だった。


R1_20210715140701
道が無い?

最初に怖いと思ったのが此処。
道の上を川が流れている。
写真だと分かり難いかもしれないが、右から左に川が流れている。単なる水溜まりでは無い。

ピックアップトラックはスイスイと通れるが、乗用車のシビックは大丈夫なのか・・・?。
以前、国道1号線でも大雨の時に川の様に成った道を車で通った事は有るが、何度も通っている道なのでどうなっているかは想像がつくが、ここは初めての道なので、道路の状態が分からない。
水深の深い所に落ちたり、車の中に水が入って来たりはしないか?。
川の水で流される事は無いと思うが、横に滑ったりする事は無いのか?。

もう既に、大分山の中に入っているので、こんな所で立ち往生したら、助けを呼ぶのも大変だろうな、と思った。
隣で、運転している奥さんもビビッている。

しかし、ここまで来たらしょうがない。
奥さんに「行くしかないね、ゆっくり行けば(多分?)大丈夫だよ」、と行って先に進んだ。
まあ、大丈夫だったのだけど。

自分が怖いのは、此処がタイであるという事で、タイ人のマイペンライ精神が怖いと思った。
タイ人は事前に用意周到に危険を回避するという行動をとらない。
十分に危なそうな事でもマイペンライ(問題ない)で済ます。
それが、結果としてペンライ(問題あり)に成る事もよくある。

要するに、タイ人の安全管理に対して疑いを持っている。
なので、日本なら施設の管理者などが十分な安全対策を施しているので、「安全だと思う」事がタイだと、「安全でないかもしれない」、と思える事がある。

兎に角、ここは無事通過したが、この先も、登り下りの急な道、細い道が続いた。
左は急斜面とか、右側が急斜面の道も有ったり、見晴らしは良かったがちょっとハンドル操作をミスれば死ぬかもと思った。

第一、もし雨が降って来て、先程越えた川が増水したら帰れなくなる。
幸い、空模様は晴天なので大丈夫とは思うが、今の季節タイの天気は変わりやすいし、山の天気はなおさら変わりやすい。

先が分からない山道を行くのも不安だし、なかなか目的地に着かない。
ここを戻るのも大変だろうと思った。
急な下り坂も有って、下りはいいけど、逆は登れるのかな、という箇所も有る。

先導車を運転しているのが危機管理能力に欠けるタイ人というのも不安を募らせる。
結果的には問題なく帰れたし、先導していた車の運転手さん(奥さんの友人)は、道も良く知っていたし、タイ人としては危機管理能力の高い人らしい、と今は思っているが、その時は分からなかった。


R2_20210715150401
目的地、ヤヨ ファーム付近

結局、山の中の道を進む事、1時間弱で、目的地の YAYO FARM に着いた。
家からだと、1時間10分ぐらいなので、それ程遠い所ではない。
また、別ルートも有って、帰りは別ルートを通った。そのルートは川の中を渡る箇所は無いし、道の状態も良かった。


この後、「天空のレストラン」へ続く。
ここにも、タイ人を疑うとメチャ怖い設備が有った。


ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html


2021年6月23日 (水)

金刺身

2021/06/22(金刺身)

チェンライで「金刺身」というお店に初めて入った。
3年程前から有ったらしいが、今迄入った事が無かった。

今日はちょっとした用事で奥さんと外出したが、奥さんがお腹が空いたというので、チェンライの街の北側の「船のクイティオ(クイティオ・ルア)」のお店にやって来た。
しかし、火曜日はお休みらしく、お店は閉まっていた。

どうしようかを考えて、車を走らせたら近くに日本食らしきお店が有った。


X1_20210623012801
金刺身(KIN Sashimi)

お店の名前も、提灯が掲げてあるお店の見た目も、和食店らしい雰囲気。

元々クイティオ(タイ風ラーメン)を食べたい、と言っていた奥さんは「ラーメンが有れば食べたい」と言っている。
「金刺身」という店名から考えて、ラーメンは無いかもしれないと思ったが、奥さんは「それでもいい」と言うので入ってみる事にした。


X2_20210623013801
お店の入口付近

正面奥が入口。
その前に、風鈴の棚が有る。


X3_20210623014301
金刺身の店内1

右側にマインクラフトのキャラみたいな人形が置いて有る。


X4_20210623014601
金刺身の店内2

内装はタイのこういうお店としては割とシンプルで好感が持てる。
見た目が新しい感じだったので、最近出来たお店かと思って聞いたら、開店は3年程前らしい。

因みに午後4時~5時頃で客は自分達以外は、後から来た1組だけだった。


X5_20210623015201
本日の夕食

奥さんがトムヤム・ラーメン(189バーツ)。
自分がザル・ラーメン(175バーツ)。
焼きイカ(219バーツ)。
お茶(玄米茶)はチャージが付いていなかった。
メロンはサービス。多分、全員について来るらしい。

マナーオは何に付けるのか分からなかったが、奥さんは醤油とマナーオをイカに付けていた。

写真には写ってないが、京都抹茶プリン(79バーツ)、ペプシ(20バーツ)。

合計682バーツで700バーツ払った。


X6_20210623021201
自分の注文したザル・ラーメン

麺は奥さんのラーメンの麺と同じで、蕎麦じゃない。
これを麺つゆに付けて食べる。
麺つゆに入れる薬味のネギとワサビも有ったので全部入れた。

欠点としては、つゆの量が少なくて、麺と天ぷらを半分ぐらい食べたら、殆どつゆが無くなってしまったので、後は醤油を掛けて食べた。


X7_20210623022001
奥さんの注文したトムヤム・ラーメン

ちょっとだけ味見をしたが、まあ、普通のトムヤム・ラーメン。
大体、折角ラーメンを食べるのにトムヤム味は要らないが、それらしい味だった。不味くはない。
普通の和風ラーメン(醤油と味噌)もメニューに有ったので、多分それは美味しいと思う。


X8_20210623022401
イカ

イカは好きな食材なので、まあ一応美味しかった。
掛かっているタレも悪くない。


X9_20210623022501
京都抹茶プリン

小さくて可愛いらしいプリンだった。
ネーミングで「京都」が頭に付いていた。

これは普通に美味しかった。

全体的に少し高い気はするが、味は(今日食べた範囲では)まともだと思う。

多分、和食だけ考えれば「作」(チェンライの日本食レストラン)の方が美味しいし、コスパもいいと思うが、スイーツとか一緒に食べるのであれば、「作」に無い長所も有るので、一応、覚えて置く事にする。


場所。


Pmap20210622
チェンライの和食店MAP

「金刺身」は地図上方「⑩うまみ」の更に上方(北側)200m程の所に有る。
(「うまみ」から北に向かうと、「うまみ」と同じ左側に有る)
「クイティオ・ルア」からだと、北に100m程の所。

Klang Wiang RD を北に向かって走ると、
うまみ(右側)→約100m→クイティオ・ルア(右側)→約100m→金刺身(右側)



ブログ村ランキングに参加中。応援よろしくお願いします。

ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html




2021年5月28日 (金)

家族で焼肉

2021/05/23(家族で焼肉)

最近家族と外食する事が多い。
パターンとしては3パターンあり、多い順に、奥さんと自分、娘と自分、家族3人一緒。

今日はセンタンの「焼肉KOYAMA」に家族3人で来た。

1年程(?)前に出来たお店で、来るのは初めて。


J1_20210528022001
炭火

炭火で焼肉。
なんか本格的な感じ。

最初は、ちょっと暑くて嫌だな、と思ったが直ぐに気に成らなくなった。

基本はビュッフェらしい。
ビュッフェでも2つか3つ種類(ランク?)が有って、良く分らなかったので一番いいのにした。
3人で1600バーツ程だった。


J2_20210528023001
センタン1階、焼肉KOYAMAの店内

富士山と塔の絵は「作(チェンライの日本食レストラン)」と同じ。


J3_20210528023601
焼肉KOYAMAの店内、2021/05/23 午後6時頃

日曜の食事時とはいえ、今時の(コロナ禍の)レストランとしては混んでいた。
自分達が帰る時には、なんと満席に成った(4人席に2人でも満席と計算)。


J4_20210528024001
本日の夕食、準備中

焼き物の他には、カオパット(右下)、サラダ(カオパットの左上)、カニカマ、海苔、みそ汁、飲み物、等。
尚、アルコール類は別料金でビールが100バーツ前後。


J5_20210528024401
ムール貝、オクラ、イカ、牛肉、エビ

安いムーカタやタイスキのビュッフェでは牛肉が無い事が多いが、此処はお代わり自由で牛肉が有るのがいい。

エビは好きな食材だが、剥くのが面倒くさいのと、剥くと小さくなるのが欠点。
結局、みんなの分を剥かされた・・・コノヤロ~・・・奥さん仕事しろよ!。

この中では、牛肉が一番。


J6_20210528025101
ムール貝、豚肉、イカ、なんかの貝、牛肉

牛肉を食べない奥さんは豚肉。
自分と娘は、殆ど牛肉。

レバーとかもちょっと美味しかったが、やっぱり牛肉が一番。

係の人が割と気を配っていて追加の注文はし易かった。注文すれば直ぐに持って来た。

今日は、サーモンは品切れ、と最初に言われた。
他にも寿司とか有るみたいだったが、今日は頼まなかった。
兎に角、娘と2人で、ひたすら牛肉を焼いて食べた。
牛肉は十数皿頼んだが、1皿に薄っぺらな牛肉が5枚ぐらいなので、大した量ではない。


J7_20210528030201
アイスクリーム

例によって、奥さんは最後に甘い物を頼んでいた。
ゼリーの様な物とアイスクリーム。

奥さんの勧めで自分と娘もアイスクリームを頼んだが、このアイス、ビュッフェのアイスとしては美味しかった。


まあ、3人で1600バーツでそこそこ満足出来たので、たまには(1年に2回ぐらいは)来てもいいかな。


ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年5月 9日 (日)

スパゲッティ・ポーク

2021/05/08(スパゲッティ・ポーク)

休み中の娘が暇そうにしている。
自分もコロナで余り外に出ないので暇である。
奥さんも暇そうにしていた。

という事(?)で、3人で出掛ける事に成った。

自分はパーンの家へ行きたかったが、奥さんが「パーンには月曜日に行く」、と言うので、今日は 270°Coffeeに食事に行く事にした。


R1_20210509035001
途中、旧飛行場の滑走路を横切る水牛の群れを発見

これだけの水牛の群れに出会うのは珍しいので、写真を撮った。

此処は、週に2~3回散歩するコース。
夕方は、結構、此処でジョギングや散歩をする人が多いが、昼間は暑いので人は殆ど居ない。


R2_20210509035801
草を食む水牛(クワーイ)

どういう目的で飼っているのか・・・?。

昔(10年以上前)はパーンの家の辺りでも結構見かけたが、最近は余り見なくなった。


R5_20210509040601
270°Coffee

270°Coffee は旧飛行場の近くの小高い丘の上に有る


R6_20210509041201
270°Coffee の駐車場

駐車場からは階段(右の)か、左側から回り込む(左の)か、2つの行き方がある。


R7_20210509041901
カメラを向けたら飛び跳ねた娘(右側)

約2か月前(2021/03/09)に来た時よりも明らかに空の色が青い(PM2.5 が無くなっている)。

冷房がきいている店内か、開放的な外の席かちょっと迷った。
今日は今の季節としては涼しい方だったが、それでも暑いので店内の席へ。


R8_20210509042601
270°Coffe の店内

席の数としては外の方が倍以上有る。

自分達が来た時は他に客は居なかったが、食事をしている間に3組7人来たので、全部で4組10人。
土曜の3時頃で結構客が居た。
ここのロケーションの良さが人を引き付けているのだと思う。


R10_20210509043701
コームーヤーンとスパゲッティポーク

上。ここのコームーヤーンは美味しい。

下。スパゲッティカルボナーラを注文したら出て来たスパゲッティ。

まあ、間違いでは無いのだけど、自分のイメージしていた物とは違った。
豚肉がてんこ盛り。
この豚肉が旨ければいいのだけど、これがあんまり・・・。

タイでは、注文するものに困った時はスパゲッティカルボナーラを注文する事が多いが、それは、スパゲッティカルボナーラは何処で食べても比較的外れが無いから。
しかし、ここのは「外れ」だった。

このスパゲッティ、写真では分かり難いがかなり大盛。
自分は食べ物を残すのが嫌いだが、珍しく半分近く残した。

「これは、スパゲッティカルボナーラと言うよりはスパゲッティ豚肉だね」と言ったら、娘が「スパゲッティポークでしょ」と言っていた。
つい先日、娘に作らせて食べた生姜焼きに似ているが、味は全然不味い。

よく考えて見ると、タイって豚肉が美味しい料理が余り無い。
日本なら、トンカツとか、生姜焼きとか、角煮、とか有るし、中華(?)のチャーシューも美味しいが、それに匹敵する食べ方がタイには無い(?)。
コームーヤーンは当たれば美味しいが外れもあるし、ケーンケームーやラープイサーンもそんなに美味しい物じゃない。
ムーピンは脂っこい。
カームーはタイ料理としてはちょっと美味しいが、あくまで「タイ料理としては」、というレベルだし。

料理の仕方に問題があるのか、元々の豚肉が不味いのか。多分、その両方だと思う。


R12_20210509051601
左、カオパット・ムー。右、カオパット・サパロット。中央下、ナムピック・ナンパー。

ここはカオパット(タイ風チャーハン)も量が多い。普通の 1.5 人分ぐらいある。

左が娘が頼んだ豚チャーハン。右が奥さんが頼んだパイナップル・チャーハン。
両方に豚肉が入っているが、この豚肉もイマイチだった。

左のチャーハンにも、右のチャーハンにも黄色い物が入っているが、左の黄色は玉子、右の黄色はパイナップル(サパロット)。
両方とも、マナーオを掛けて食べた。

カオパットサパロットは奥さんの好物で奥さんは良く注文する。
そういう時、自分も味見をするが、パイナップルの甘みと酸味が有って、自分も結構好き。
この、カオパットサパロットもまあまあ美味しかった。

カオパットサパロットはパイナップルの果肉をくり抜いた中に盛り付けて来る事が多いが、そういうのはタイらしくていい。
ここのは、パイナップルが入っているだけで、そういう意味では趣に欠けていた。


R14_20210509055001
食事中の奥さん

右の飲み物がやたら背が高くて、しかもストローで更に高くなるので、飲み難そうだった。


R18_20210509055101
本日の昼食

右はサーモンサラダ。

この他に、各自が1つづつ飲み物(自分はラテローン、奥さんはカフェラウニーナームマパーオ、娘が桃の飲料)を頼んで合計 1172 バーツだった。

ここは、お店の感じは洒落ているが、料理は、所詮タイの田舎の人が作った物、という感じ。
でも、ロケーションの良さ(眺望の良さ)はチェンライ市内のお店では抜きん出ているので、そこに存在価値が有る。


ポチッ  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



2021年4月 6日 (火)

魅力的なコーヒー&ベーカリーハウス

2021/04/04(魅力的なコーヒー&ベーカリーハウス)

お店の名前は「Parabola(パラボラ)」というのだが Parabola=放物線 じゃ意味が分からないので、キャッチコピーの方の 「The fascinating Coffee & Bekery House」をグーグル翻訳して、記事のタイトルとした。
(parabolaに「放物線」以外の意味が有るのか?)


I1_20210406200701
パラボラのシュークリーム

知り合いが「シュークリームの美味しい店が有る」、と言うので来てみた。
自分はケーキ類は全般的に好きだが、中でもミルフィーユとシュークリームは大好き。


I5_20210406201001
パラボラの店内

それ程大きなお店ではない。
よくあるコーヒーハウスよりは少し大きいぐらい。


I6_20210406201301
お腹も空いていたので、食事も頼んだ

食事とケーキと飲み物を各2種類づつ注文。


I7_20210406201501
牛肉ご飯(?)

120バーツ。これは美味しかった。

市内からちょっと離れているが、これを食べに、何かのついでに寄ってみてもいい。


I8_20210406202101
ケーキ類

閉店間際だったので売り切れの品もある。
シュークリームは最後の一つを注文したので、もう棚には無い。

自分達が来たのが16:30で閉店が17:00だった。

ケーキは娘にお土産で買って帰った。


I9_20210406203201
娘にお土産で買って来たフルーツケーキ

これも美味しかったが、チョコレートケーキはかなり美味しかった。
タイとしては、美味しいケーキやシュークリームのお店だと思う。

日本と比べると・・・人それぞれ味覚は違うので・・・。

気に成る方は、行ってみて、感想をお聞かせください。


Photo_20210406203701
パラボラの位置

市内からだと国道1号線を北上して、メーファールアン大学へ通じるT字路から、北へ約7kmの地点(左側)に有る。
行き過ぎると、警察の検問所が有る。


I3_20210406204401
左、パラボラ。右、国道1号線。

写真の道路の一番奥辺りが緩い左カーブに成っていて、その先に警察の検問所がある。
市内方面に戻る時は、ここから20mぐらい先にUターン出来る所がある。


I2_20210406204701
国道から見たパラボラ



I4_20210406204901
パラボラの入口

自分達が来たのが閉店間近だったからかもしれないが、テイクアウトのお客さんが2組居た。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html

2021年3月20日 (土)

巨大なサソリ

2021/03/18(巨大なサソリ)

ちょっとした用事が有ってメーサイへ出掛けた。
メーサイはタイの最北県チェンライの中でも一番北に位置する。その先はミヤンマーのタチレク。


T3
大きなサソリ

タイとミヤンマーをつなぐ国境検問所(ボーダー)の近く(約400m)にある寺院、ワットプラタートドーイワーオに居るサソリ。

最初に見たのは20年程前、1人で観光旅行に来た時に見た。
チェンライに暮らし始めてからはメーサイには度々来ているが、ここに来たのは10年ほど前に1回だけ。この時も1人で来た。
今日は奥さんが来たい、と言うのでやって来た。なので、ここに来るのは3回目。


T4
横から見た、大きなサソリ

昔はもっと広々した所に居た気がするが、ハッキリした記憶は無い。


T7_20210319170401
サソリの前で記念撮影

お寺には客が殆ど居なかった。ほぼ貸し切り状態。

モーターサイでここまで乗って来たバイタクのおじさんが、暇そうにしてついて来て写真を撮ってくれた。
登りで1人20バーツ、2人で40バーツ払ったが、下りも1人20バーツ。
(バイクは写真を撮ったおじさんのバイクに奥さんが乗って、自分は少し若いお兄さんのバイクに乗って来た)

バイクはかなり急な坂を登って来た。ちょっと怖かった。


T10_20210320004701
見晴らし台なのか?

お寺の施設の見晴らし台から見える景色。


T11_20210320004801
見晴らし台の隅

自分はちょっと高所恐怖症なので、ここで写真を撮った時は心臓が少しドキドキした。


T15_20210320005001
ミヤンマーの仏塔(だと思う)

写真中央に見えるのはミヤンマーのシェダゴンパゴダだと思うのだけど、違うかもしれない。

(タイ)メーサイ⇔(ミヤンマー)タチレク間の国境は今現在コロナの影響で閉鎖されているので、今は簡単には行けない。

タチレクへは1年半程前に友人とカジノなどに遊びに行ったが、今はどうなっているのか・・・?。
閉鎖中という噂も聞いたが定かではない。

パゴダが霞んで見えるのはPM2.5の影響。

余談。
今思ったのだけど、写真を撮った時、その中央のプラスコード(?)(グーグルマップのコード)が記録されると後ででも何処だか分かって便利だと思う。
(同時にカメラの有る地点のコードも記録されるといい)
更に、マップがカメラに表示されると、カメラを向ければそれが何で有るかが分かって便利だと思う。
アイホンなどには既にそういう機能が有るのか否かは知らない。


T18
ボーダーの近くの商店街、平日(木曜)の15:30頃

割と人出がある。

この写真は坂の上から下を見て撮っているが、サソリの居る場所はここから上に(写真の反対側に)300m程登って行った所。


T20_20210320011601
食べ物の屋台が集合している

1つ前の写真の商店街を登って、ちょっと横道に入った辺り。

奥さんが、此処に来たがった理由の1つが、此処で何か食べたり、買い物をしたかった為らしい。


T22_20210320011801
カオレムフンとナムデーン

確信は無いけど、葛餅みたいのが入っていた。
それだけ取って、ナムオイを掛けて食べたら日本の葛餅と一緒で美味しいと思う。

カオレムフン(奥さんの発音がそう聞こえた)が30バーツ。ナムデーン(赤い水)が20バーツ。

背景の婦人服屋が、何となくメーサイという雰囲気を出している。


T24
アボカド屋

1キロ50バーツを2キロ買った。
(美味しいか不味いかはまだ食べてないので分からない)

食事の後はお買い物。


T29
本日のお買い物

アボカド2キロ100バーツ。カオラック(甘栗)500グラム100バーツ。カオソーイノーイ、1個30バーツを2個。
カオカンチン、5個で50バーツ。カオソイトート20バーツ。トゥアトート1個20バーツを2個。

カオソーイノーイ=オムレツみたいな感じの物。美味しいか不味いかは微妙。
カオカンチン=バナナの葉っぱでくるんである、茶色っぽい味付き御飯、まあまあ美味しい。
カオソーイトート=カオソーイの上乗ってるやつ。
トゥアトート=日本の塩豆みたいのが揚げてある。これは、ちょっと美味しい。


応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



 

2021年3月11日 (木)

花摘む娘の喫茶店

2021/03/11(花摘む娘の喫茶店)

相変わらず、飲食店シリーズです。

友人が「いいカフェがある」、と言うのでやって来た。

 
V1_20210311185301
バラリーカフェ

場所は、空港バイパスを北に向かって行って、ガウマシムのちょっと先。
コック河の橋を渡る手前で左折してちょっと行った辺り。


V21
バラリーカフェの位置



V2_20210311190701
バラリーカフェ入口

何でこんな所に突然カフェがあるのだ・・・?。
というような所に有る。


V3_20210311191701
バラリーカフェの敷地内

写真正面がカフェの建物。右側の黄色い建物は貸しコテージらしい。
この他にも貸しコテージらしい建物が有った。 


V5_20210311195001
カフェの店内

この他に中2階にも席がある(写真左上)。


V7_20210311195201
中2階の席

ついでなので、ちょっと見に来た。


V8_20210311195301
店の前の池

チェンライに多いちょっとお洒落な感じのカフェの条件。
コテージが併設されている、水場がある、比較的辺鄙な場所にある、という条件を満たしている。


友人が、「エスプレッソがいい」、と言うので真似をして注文した。
その直後に、係の店員さんが外に出て行ったので何となく見ていたら↓。


V14_20210311200701
ここに来た

花を摘んでいる様だった。


V16_20210311201201
帰る前に撮った写真



V20_20210311201301
店員さん

店員さんが何をしようとしたか、大体察しが付いたので、取って来た物を見せて貰った。

この花を取って来た。

何の花か聞いたら「クゥイマーイ」、と言っていた。
タイ航空に乗るとよく見かける花だ。


V12
暫くして出て来たコーヒー

予想通り、「クゥイマーイ」、の花が添えて有った。

この後、別の友人が頼んだコーヒーには黄色い花が添えて有った。
(今日は自分も含めて4人)


「クゥイマーイ」、を家に戻って調べたら、「กล้วยไม้ = 蘭の花」と成っていた。
กล้วย (クルワイとも聞こえる)はバナナだけど、バナナとは関係ないらしい)


今日は、昼食をしに行ったのだけど、友人が食べていたシーフードカレーが美味しそうだったので、今度、奥さんと来てみようと思う。
因みに自分は、スパゲッティカルボナーラを食べた。



応援ポチッ宜しくお願いします  ⇒ にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

にほんブログ村
http://meijin.air-nifty.com/blog/2019/08/post-6bb066.html



より以前の記事一覧

無料ブログはココログ

雑記帳フォト2014

  • 吉野家の牛丼
    吉野家の牛丼